ラヴェル ボレロの名曲作品集を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ラヴェル ボレロの名曲作品集の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格




全集
ラヴェル ボレロ
バーンスタイン・メモリアルBOX [DVD]

新品価格 ¥ 29,880

中古価格 ¥ 14,279 残り3個

発売元:ニホンモニター株式会社ドリームライフ事業部  発売日:2008-06-25
  

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ



中古価格 ¥ 540 (定価の70%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-09-05
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ボレロが燃えています。 評価
ラヴェルというとデュトワ指揮モントリオール響が最高ですが、ボレロをはじめ、スペイン狂詩曲・マ・メールロアもロンドン響の音色とアバドの演出はデュトワにひけをとらない名演です。

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ、《マ・メール・ロワ》他



中古価格 ¥ 889 (定価の69%引き) 残り6個

発売元:ポリドール  発売日:1994-05-16
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ラヴェル ボレロ
ラヴェル管弦楽曲全集-ボレロ シェエラザード序曲 スペイン狂詩曲 ラ・ヴァルス ダフニスとクロエ ツィガーヌ 高貴で感傷的なワルツ マ・メール・ロワ クープランの墓 死せる王女のためのパヴァーヌ 道化

新品価格 ¥ 81,800



発売元:ユニバーサルミュージック  発売日:2013-01-23
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
クリュイタンス盤と並び称される、指揮者ジャン・マルティノンによるラヴェルの管弦楽曲集。
クリュイタンス以上に明晰で繊細なアプローチは「これぞフランス的」といえる内容。
スマートであり、かつダンディな美学が最高度に打ち出された魅力的な名演が展開されている一枚。
1973~74年に録音。
(C)RS

ラヴェル ボレロ
ボレロ!

新品価格 ¥ 937 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 213 (定価の80%引き) 残り6個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-07-20
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
新進気鋭の指揮者のボレロ 評価
話題の指揮者のボレロに興味が有り、聴いてみました。
好みの問題だと思いますが、わたくしには、退屈な演奏でした。

内容紹介 
ラムルー管への佐渡の熱い意気込みは、フランスの繊細さを残しつつドラマティックな高揚感にあふれています。
ラヴェルやシャブリエの練り上げられた精巧な音楽から、内面に封じられた情熱をえぐり出すスリリングな演奏。
■録音:1999年[デジタル録音]コンセール・ラムルー管弦楽団 指揮:佐渡 裕

ラヴェル ボレロ
ボレロ~フランス管弦楽名曲集

新品価格 ¥ 1,300 (定価の22%引き)

中古価格 ¥ 308 (定価の81%引き) 残り5個

発売元:SMJ(SME)(M)  発売日:2008-11-19
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
テレビCMで聴いたベスト・クラシックVol.1 ボレロ EJS-2006

新品価格 ¥ 275 (定価の74%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサルミュージック  発売日:2008-09-01
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ラヴェル:作品集

新品価格 ¥ 1,287 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 391 (定価の74%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-03-23
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラベルをクラシックとは呼びたくない 評価
『のだめ』を読んで、どうしてもラベルが聴きたくて、これを買いました。
とてもいい買い物でした。
ラベルっていわばオールタナティブなクラシックとでも呼ぶべきではないでしょうか。
とてもポップな部分があって親しみやすいです。
演奏もすばらしい。
どの曲も最高です。
とくにアルゲリッチのピアノがすばらしい。
彼女のファンにもなりました。

亡き王女のためのパヴァーヌ(舞踊) 評価
正直に言えば、普段クラシックはあまり聴かないのですが、 ゆったりとした、どこか物悲しい旋律が耳から離れません 他の曲も良い曲ですし、どのアルバムにしようか迷っているなら ぜひ『ラヴェル:作品集』を候補に!

クールな熱狂 評価
■ラヴェルで最も有名な「ボレロ」はカラヤン指揮ベルリン・フィルの1965年頃の演奏で。
カラヤンならではの対旋律の浮沈等興味深いが、サウンドがドイツ的重厚な華美に傾きがち。
最後の「初めての転調の驚き」や「輝かしいクライマックスからの崩壊としてのエンディング」も、予定調和的で驚きがない。
もっと冷徹でめくるめくしなやかさが欲しい。
■その点最高なのが次のピエール・ブーレーズ指揮ベルリン・フィルの新録音。
作曲者自身の言う「渦巻く雲の切れ目から、円舞曲を踊る人々の何組かがきらめいて見える。
雲は次第に晴れ、広大なホールの中で、円舞曲を踊り旋回する人々と群集にの姿がはっきりと見えてくる。

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ / ラ・ヴァルス / ピアノ協奏曲 / ツィガーヌ



中古価格 ¥ 773 (定価の62%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-11-22
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ボレロもブーレーズで聞きたかったな 評価
最初のボレロはカラヤン指揮ベルリン・フィルの演奏。
ドイツ系の立派な演奏だが、最終部のハ長調からの展開部分の「雰囲気の一変」がうまく行っていない。
その点スリリングなのがブーレーズ指揮クリーブランドの「ラ・ヴァルス」だ。
背中がぞくぞくします。
アルゲリッチの名演に文句のつけようはないし、室内楽もセンスに富んでいる。

一聴の価値あり 評価
先日の「北の国から-遺言-」で「亡き王女のためのパヴァーヌ」が流れていました。
美しく優しく、且つ荘厳なイメージがドラマにぴったりでした。
先日の朝日新聞のbe(土曜版)では壇ふみさんがこの曲を紹介していました。
ネットで検索しているうちに、ここにたどりつき、購入しました。
2枚組で「ボレロ」や「ダフニスとクロエ」なども入っていてこの値段はとてもお得です。

ラヴェル ボレロ
ボレロ(ラヴェル管弦楽曲全集 第1集)



中古価格 ¥ 1,476 (定価の17%引き) 残り7個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1998-12-09
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ベスト・オブ・ラヴェル

新品価格 ¥ 920 (定価の28%引き)

中古価格 ¥ 540 (定価の58%引き) 残り4個

発売元:Naxos  発売日:1997-12-01
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ボレロ/アンセルメ・ラベル・ベスト・アルバム



中古価格 ¥ 648 (定価の58%引き) 残り3個

発売元:キングレコード  発売日:1997-11-06
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
普通 評価
これと言って耳障りなところが無い、ごく普通のオーソドックスな演奏。
それが良いところと言える。
最初に聴くCDとしてお勧めできるし、万人に良いと思われる演奏だろう。

ラヴェル ボレロ
ボレロ/アンセルメ・ラベル・ベスト・アルバム



中古価格 ¥ 258 (定価の75%引き) 残り8個

発売元:キングレコード  発売日:1996-09-05
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
普通 評価
これと言って耳障りなところが無い、ごく普通のオーソドックスな演奏。
それが良いところと言える。
最初に聴くCDとしてお勧めできるし、万人に良いと思われる演奏だろう。

ラヴェル ボレロ
ボレロ/ラヴェル・ベスト・アル



中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き) 残り9個

発売元:キングレコード  発売日:1994-05-25
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ、道化師の朝の歌、スペイン狂詩曲、ラ・ヴァルス

新品価格 ¥ 1,542 (定価の10%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ

新品価格 ¥ 2,400

中古価格 ¥ 322 (定価の68%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2014-12-01
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
小3の息子がハマりました 評価
「のだめ」からオーケストラにはまりだした小3の息子が、私のLDからドンジョルジュのボレロを見つけ出し、かけたところ、CDを買ってくれ、というまでになりました。
狂喜しつつ、パヴァーヌも楽しんでいます。

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:管弦楽作品集

新品価格 ¥ 1,100 (定価の40%引き)

中古価格 ¥ 383 (定価の79%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-05-11
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ボレロ~ラヴェル:管弦楽曲集

新品価格 ¥ 1,521 (定価の17%引き)

中古価格 ¥ 1,171 (定価の36%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やさしさが伝わるボレロです 評価
色々な指揮者がボレロを振っていますが、このデュトワの演奏は滑らかで優しさに溢れています。
最後へ向けた盛り上がりが有名なボレロですが、この演奏は中盤の各楽器のソロが際立っています。
同収録の各曲も名演奏です。
お買い得の一枚でしょう。

精緻で端麗なラヴェル 評価
デュトワは、N響でおなじみの日本とも親交の深い指揮者であり、日本のクラシック音楽の発展に重要な貢献をこれまで果たしてきた。
それまでのドイツ音楽中心であったレパートリーに、デュトワによってフランス系、ラテン系の音楽をN響に開拓した事は大きく評価されるべきである。
特に、フランス音楽にかけては現代で右に出るものはいないほどのスペシャリストであり、それはスイス出身というだけでなく、シャルル・ミュンシュに師事した経歴も挙げられよう。
そのデュトワが1980年代にカナダのモントリオール交響楽団と残した一連の録音は、未だそれらの曲の第一に推薦されるほどの完成度の高さを誇っており、「フランス以上にフランス的」という言辞がそれを物語っている。

ラヴェル ボレロ
ドビュッシー&ラヴェル集

新品価格 ¥ 9,980

中古価格 ¥ 1,130 (定価の42%引き) 残り2個

発売元:EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)  発売日:2009-01-21
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ボレロ/ラ・ヴァルス~ラヴェル:2台のピアノのための作品集

新品価格 ¥ 898 (定価の16%引き)



発売元:日本コロムビア  発売日:2008-12-17
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ボレロ(ラヴェル:管弦楽曲集第1集)



中古価格 ¥ 1,035 (定価の61%引き) 残り2個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2008-09-26
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
音楽の万華鏡 評価
昨年来復活したばかりのクリュイタンスとパリ音楽院管弦楽団の一連のフランス物のうちの一枚が早くもHQCDとして再リリースされた。
マテリアル自体の革新での音質向上はSHM−CDに先を越されただけに今回EMIミュージック・ジャパンの企画は二番煎じの感が否めない。
ミュージック・メディア産業界でも消費者獲得が過酷な状況にあっては鑑賞者の為のオーガナイズなどあったものではないが、一方熱心なクラシック・オーディオファンにとっては聞き捨てならないのも事実だ。
肝心の音質だがこのCDに限って言えば、音質改良の意図は成功している。
前出のCDに比較して音の伸びが良く楽器ごとの音像が明確になり、その結果オーケストラ全体の臨場感がアップした。

ラヴェル ボレロ
ボレロ~ラヴェル:管弦楽曲集



中古価格 ¥ 946 (定価の48%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-06-25
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やっぱりフランス人 評価
これまでいろいろなボレロを聴き比べました。
有名なオケ、有名な指揮者いろいろありますが、ラベルを演奏させるならやっぱりフランス人でしょ。
モントリオール響はフランスの血が流れているなと思いました。
例えば、河内音頭なら河内家菊水丸だし、八木節なら上州のおじさんだし、ビバルディならイムジチに決まってますよね。
毎日のようにそれを演奏している人には敵いません。
特にラベルはフランスですよ。
ベルリンフィルがやったて駄目、これはどうしようもないこと。
それにしてもこの演奏は、正確無比、盛り上がり最高、録音も良い。
素晴らしいです。

華麗で気品溢れる決定盤 評価
これを聞かずに何を聞くというような事を書いていらっしゃる方がおりますが、まさにその通り、昔から何度も再発されている名盤中の名盤です。
自分は中学の時に学校の部活の先輩からカセット(!、ロンドンから出てたんです!)を借りて、何回も繰り返し聞きました。
20年以上経った今CDで聞いても、その感動は全く衰えません。
一番のお薦めはスペイン狂詩曲ですが他の演奏もすばらしい。
目玉の「ボレロ」も悪くないのですが、最後の方の盛り上がってきてここぞという時に、バスチューバがどう聞いても音を外してます。
結構ずっこける人もいるかも。
ただ、ボレロの録音は沢山あれど、優秀な部類の演奏である事は確かです。

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ(ラヴェル管弦楽曲集)

新品価格 ¥ 12,986

中古価格 ¥ 182 (定価の89%引き) 残り9個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2002-10-25
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
とろけるように優雅なラ・ヴァルス 評価
カラヤンがパリ管弦楽団の音楽監督をつとめていた時期に録音された音源によるディスクの1つです。
ボレロはベルリンフィル、それ以外はパリ管弦楽団による演奏です。
1970年代はカラヤンの最も充実していた時期のようで、その間の録音には名盤が目白押しです。
このディスクでは、ラ・ヴァルスがその白眉といえるでしょう。
おそらくカラヤン唯一の録音ですが、 ふくよかで、とろけるように優雅で壮麗な演奏です。
ワルツというよりも「幻想曲」といった趣でしょうか。
他の曲も名演ですし、カラヤンとパリ管の数少ない競演ですので、その意味でも価値の高いディスクと

光の中に翳りを・・・ 評価
ラヴェルの代表的な管弦楽曲を5作品(うち組曲2作品)収録したもので、ボレロはベルリンフィル、それ以外はパリ管弦楽団を指揮したもの、カラヤンがBPO以外のオケを振った数少ない貴重な作品集である。
そのためボレロとそれに続く曲目で音から受ける印象がかなり違うのが聴き所のひとつである。
ボレロ以外はフランスの典型的なオーケストラらしく音が重々しくなく、透明で色彩的。
加えて指揮がカラヤンのためかフランスのオケにありがちなアバウトさも少なく精緻な作りである。
ことに印象的だったのは、すべての曲にいえるが、「明-光」と「暗-影」をコントラストとして対立させるのではなく、むしろ一方のなかにもう一方を感じさせるような仕上がりになっていることである。

ラヴェル ボレロ
ブーレーズ / ボレロ ~ラヴェル作品集



中古価格 ¥ 420 (定価の78%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ボレロは実はバレエ音楽 評価
1993年3月ベルリンで録音。
ブーレーズとベルリン・フィルの組み合わせの最初の作品である。
モーリス・ラヴェルは全部で5曲のバレエ音楽を残していて、本作の『マ・メール・ロア』と『ボレロ』がその内の2つということになる。
『ボレロ』が元々バレエ音楽だったと言うことを聴くとビックリする人も多いのではないだろうか。
スペイン風のバレエ音楽を希望したイダ・ルビンシテイン夫人の依頼で作曲されたのが『ボレロ』なのだ。
このユニークな曲にどんなバレエの振り付けが付いたかは僕は知らないが、今やシンクロにしてもフィギュア・スケートにしても引っ張りだこのこの曲であればどんな振り付けにも合うのかも知れない。

リズム感の良いブーレーズにうってつけの作品集 評価
ブーレーズのラヴェル録音はCBSに続き、2度目である。
CBS時代の若いブーレーズには、演奏に少し尖った所があり、それは、一面では魅力であったが、齢を重ねて、円熟した彼には、少し丸みが付き、万人に受け入れられる様になってきた。
昔からのファンにとっては、少し毒気が抜け、物足りないという感想になるかもしれないが、今回の録音は、よりスタンダードな演奏といって良い。
といって、ありきたりな演奏では、決して無くブーレーズはリズム感が良く、ラヴェルの作品にうってつけ。
夢のようなマメールロアや、有名なボレロほど、他の追随を許さない。

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:管弦楽曲集第1集

新品価格 ¥ 5,850

中古価格 ¥ 582 (定価の66%引き) 残り8個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2001-09-27
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
少し期待はずれだったボレロ 評価
アンドレ・クリュイタンス指揮/パリ音楽院管弦楽団の「ボレロ」は、ボレロ好きの間で評判が良いらしいので聴いてみた。
が、正直思ったほどではなかった。
曲の前半ではテンポがふっと速くなったり一瞬抑えたり、スピード調節に苦心してる感じがする。
特にスネアドラムは、聴いていて少し気持ち悪くなった。
酔ったというか…。
後半ではトランペットがイッパイイッパイな感じで、しかも盛大に音をはずす。
割と素人の私が「えっ」と驚くんだから、初聴きの人でも「あれ?」と思うのでは…。
あの外し方は結構、目立っていた。
「それもご愛敬」と思えないこともないけれど、私はちょっと引っ掛かるものを感じた。

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ



中古価格 ¥ 835 (定価の37%引き) 残り5個

発売元:ポリドール  発売日:1998-12-16
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
桐朋学園で斎藤秀雄に師事した小澤征爾は、59年ブザンソン国際青年指揮者コンク―ルで、翌60年にはカラヤン国際指揮者コンクールで、いずれも第1位となり、一躍国際舞台へさっそうと登場、以後、現在に至るまで世界の音楽シーンの第一線で活躍を続けている。
   小澤の棒は常に軽快でありながら奥行きの深さを兼ね備える、爽快な美意識に彩られており、しかつめらしくない重厚さでわれわれに感動を与えてくれる。
伝統的なドイツ古典やロマン派においてその特性は、ヨーロッパ系の指揮者にはまねのできない貴重な個性を発揮するのだが、こういったエスプリを求められる作品においてはさらにいっそうチャーミングである。

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ



中古価格 ¥ 600 (定価の67%引き) 残り3個

発売元:日本コロムビア  発売日:1998-07-18
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ

新品価格 ¥ 5,000

中古価格 ¥ 397 (定価の68%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1996-12-02
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェルとドビュッシーのコンピ 評価
【カラヤン文庫】シリーズでの一枚です。
てっとり早く、カラヤンのフランス印象派を聴けるので購入しました。
フランス風ではありませんが、カラヤン風に聴き応えがあります。
【カラヤン文庫】はなかなか面白いシリーズで、デザインが統一されたジャケットも魅力的ですが、既得のCDといろいろダブるので全部はそろえれませんでした。

ラヴェル ボレロ
ボレロ~ラヴェル名管弦楽曲集



中古価格 ¥ 87 (定価の95%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1993-04-24
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
色彩感あふれる名演 評価
ラヴェルの音楽は”完璧”でなければならない。
ごまかしはいっさい通用しない。
少なくとも、完璧を目指さない指揮者にラヴェルを振る資格はないということだ。
ダフニスとクロエはいわずと知れた名曲であり、数多くの指揮者がこの作品を振っているが、そのほとんどが、超絶的なテクニックをうまくごまかし(実際は全然ごまかし切れてはないのだが)、迫力で押し流そうとしているものが多い。
それに比べ、デュトワは、最初の12連譜から音楽を作っている。
他の指揮者の演奏を聞いていただくと分かるのだが、だいたいが、その連譜のもつ重要性を理解せずに振っているように聞こえる。

音の織り成す色彩感が秀逸 評価
音の魔術師と言われるラベル、その演奏には繊細な感性が要求されます。
デュトワと、その手兵であるモントリオールなら、買う前から期待せずにはいられませんでした。
そして、聞いて見て、まさにこれぞラベルと言う名演でした。
ボレロの軽快にして、弾けて、広がる音、中でも逝ける王女のためのパヴァーヌには聞き惚れてしまいました。
音と音が重なって、その重なる瞬間の間、その間に微かに響く余韻、一つ一つの音にまで繊細、そして流れるような優美なその演奏は、叙情的なこの曲のよさを12分に引き出した名演中の名演と言えるでしょう。
まるで、曲に描かれた情景が目に浮かぶかのような演奏です。



交響曲
ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ、スペイン狂詩曲、「ダフニスとクロエ」組曲第2番(UHQCD)

新品価格 ¥ 1,728



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2017-05-17
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ラヴェル:「ボレロ」「亡き王女のためのパヴァーヌ」他

新品価格 ¥ 1,409 (定価の14%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-03-27
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やっぱり小澤征爾 評価
今まで聴いたボレロと違うのは何だろう。
うまく分析できないけど、何かが違う。
聴いていて、心躍る感じがする。
そう、小澤さんが振ると、踊る感じや躍る感じがする。

メディア掲載レビューほか 
小澤征爾がドイツ・グラモフォン、フィリップス・レーベルに録音した名盤を再発売。
本作は、小澤征爾が1974年に録音したLP4枚分のラヴェル作品集からの6曲を収録したアルバム。
《道化師の朝の歌》のファゴット・ソロ、《亡き王女のためのパヴァーヌ》のホルン・ソロなど、ボストン響管楽器セクションの妙技が光る演奏を収録。
(C)RS

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ、スペイン狂詩曲/ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」

新品価格 ¥ 1,531 (定価の17%引き)

中古価格 ¥ 911 (定価の50%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-03-20
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
美しきフランス 評価
「ミニョン」は南国の要素が入っている軽やかな「序曲」全曲版は入手困難でしょうが、スタンダードな「君よ知るや南の国」のメロディーが織り込まれていて“あれだ”と思い出すのではないでしょう。
「序曲」でさえも取り上げる指揮者が少ないが小澤はやってくれます。
歌劇場指揮者ならではのスピリッツ。
「ファウスト」「パリの喜び」ハイライトといったバレエ音楽や名曲「狂詩曲スペイン」とバラエティに富んだ選曲。
10年くらい前に購入したCDがこうして再発売されたので現役版フランス音楽はデュトワ、モントリオール交響楽団の「」の2つがフランス音楽マイベストになりました。

メディア掲載レビューほか 
全てデジタル録音、ルビジウム・クロック・カッティングのクリアな音質をさらに高品質SHM-CD仕様で楽しめる「カラヤン定番」シリーズ。
本作は、指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンによる3回目の録音となったボレロ、《展覧会の絵》と、2回目の録音のスペイン狂詩曲を収録したアルバム。
円熟のカラヤンとベルリン・フィルの名人芸を堪能できる一枚。
(C)RS

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ、他

新品価格 ¥ 1,234

中古価格 ¥ 1,000 (定価の18%引き) 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2010-09-22
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ、他

新品価格 ¥ 2,200

中古価格 ¥ 650 (定価の45%引き) 残り2個

発売元:EMIミュージックジャパン  発売日:2010-09-22
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
まさにフランス音楽・・・ 評価
通常たいていの指揮者はセッション録音では端正な安全運転志向の演奏をするものですが、ここで聴かれる一連の演奏は即興性の極みでそういう安全運転とは無縁の演奏です。
ボレロの最後に向けて徐々にアチェランドをかけて盛り上げていく様など聴きなれた曲にもかかわらず思わず興奮してしまいました。
「ダフニスとクロエ」もいたるところでテンポは変動し、夜明けの弦は歌いぬき、パントマイムのフルートは往年の名手ランパルかと見まがうほどの美しい歌を聞かせ、全員の踊りは血沸き肉踊る熱狂の音楽です。
スペイン奇想曲もパヴァーヌももちろん濃厚なすばらしい演奏です。

まさにフランス音楽・・・ 評価
シャルル・ミュンシュ指揮パリ管によるラヴェル作品集です。
1968年9月~10月にかけて収録されたディスクで、収録曲は以下の4曲。
なお、この録音直後にミュンシュはアメリカで急逝しています。
(収録曲)1.ボレロ17:052.亡き王女のためのパヴァーヌ06:513.スペイン狂詩曲05:01+02:04+02:55+06:294.バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲05:45+07:16+04:39ミュンシュの演奏は楷書体の豪快さと、即興性に基づくスリリングさと熱さにその特徴があるように思います。
しかし、その裏の面としてアバウトなところや雑な部分も少なからず存在することも事実です。

ラヴェル ボレロ
ボレロ、亡き王女のためのパヴァーヌ~ラヴェル名曲集

新品価格 ¥ 7,980

中古価格 ¥ 971 残り4個

発売元:エイベックス・クラシックス  発売日:2007-12-05
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ボレロ(ラヴェル管弦楽名曲集)

新品価格 ¥ 1,337

中古価格 ¥ 864 (定価の35%引き) 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2004-06-23
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ボレロ(ラヴェル管弦楽名曲集)

新品価格 ¥ 10,000

中古価格 ¥ 373 (定価の72%引き)

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2004-06-23
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
一癖も二癖もあるが、快演! 評価
シャルル・ミュンシュが晩年にパリ管弦楽団を指揮して収録したラヴェルの管弦楽曲集のディスク。
1968年の収録である。
「ボレロ」は非常に遅いテンポだが、途中で加速していくという、聴き手を飲み込むような演奏である。
未聴の方はぜひ一度聴いていただきたい。
「亡き王女のためのパヴァーヌ」は、パリ音楽院管弦楽団から発展したこのオーケストラの独壇場であり、クリュイタンス盤の演奏に極めて近似した柔らかいホルンの音色が聴き物だ。

ボレロもいいですが。 評価
もちろんボレロもいいのですが、私は最後に入っている亡き王女~に目から鱗な新鮮な驚きをおぼえました。
たいていはセンチメンタルな演奏が多くてそんなものだと思っていましたが、もともとはパヴァーヌ、舞踏曲であってエレジーではないのです。
勝手な印象かもしれませんが、悲しみとか絶望とかをやさしく音で包んで空に還してあげている、そんなみずみずしい強さを感じました。

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:管弦楽名曲集

新品価格 ¥ 642 (定価の40%引き)

中古価格 ¥ 241 (定価の77%引き) 残り7個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2004-01-21
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ



中古価格 ¥ 926 (定価の49%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-10-22
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
カラヤンのフランス音楽最後の録音 評価
ボレロ、スペイン狂詩曲はデジタル録音だけあって、生々しいうえに、テンポの落ち着いたどっしりした演奏で、フランス音楽の演奏としてはむしろ異色かもしれませんが、こういうのもありかと私は思います。
そして、展覧会の絵・・・カラヤンとベルリン・フィルの底力、最高のオーケストレーションです。
オリジナル・イメージ・ビット・プロセッシングでさらにまとまりのある音になっています。

弾けないボレロ。それもアリかな。 評価
カラヤン氏とベルリンフィルは「ボレロ」を3度録音しています。
今回録音のボレロは前回録音のものとは大分異なっています。
通常「ボレロ」は曲の終盤に劇的に弾けるのであり、それが魅力のひとつでもあります。
前回録音のものは地味ながらもこのパターンを踏襲した造りなのですが、今回録音の「ボレロ」は終盤になっても弾けない。
あたかも行進曲(それも奇妙な行進曲)のような様相を呈してきます。
それでいながら次第に陶酔と興奮に文字通り「引きずり込んで」ゆく本質はしっかり兼ね備えているのも事実です。
ラヴェルの曲の特徴はその対象となるものを「観察者」の視点で細密画のように音で描いていく点ですが、「ボレロ」のようなある意味「抽象的」な曲は幅広い解釈を許容するのかもしれませんね。

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ

新品価格 ¥ 1,000 (定価の65%引き)

中古価格 ¥ 507 (定価の82%引き)

発売元:キングレコード  発売日:2003-09-18
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
良いと思います 評価
このCDはレビューを参考にさせて頂いて購入しました。
最高評価と最低評価がこれほど極端なのは少ないと思いますが・・・  最低評価意見をしっかり踏まえて聴きましたけど、ボクは星5つ。
ボクは西本氏のファンで、演奏会には数回行きましたが、本録音は氏の面目躍如といったダイナミックでこだわりのある演奏と思います。
テンポが速い演奏も多いけど、しっかりオケがドライブされていて、聞き応えにつながっていると思います。
けどやっぱり、アンダンテ・カンタービレとかのしっとりした曲は更にすばらしいです。
ドラムの音が大きすぎるといった批評もありますが、確かに容赦ない低音成分とダイナミックレンジですね。

クラシックを知らなくても楽しめる 評価
浅田真央ちゃんが、演技で使用していた「仮面舞踏会」が聴きたくて購入しました。
クラシックの知識もなく、ド素人なわたしでも「どこかで聴いたことがある」という曲がたくさん収録されていたので、とても聴きやすかったです。
指揮者が女性ということもあってか、全ての曲が優しい感じがしました。

Amazonレビューのレビュー
   ロシアのバレエ音楽を数多く録音している西本智実は、今回のアルバムでもハチャトゥリアンの「ガイーヌ」を取り上げた。
チャカチャカとしたメロディー、腹に響くティンパニーの強打でおなじみの「剣の舞」をはじめ、ズンチャ、ズンチャのリズムに乗って進んでいく「ゴパック」、小太鼓のリム・ショットが印象的な「レズギンカ」など、パーカッションにリードされる曲が気楽に楽しめていい。
   ボロディンの「ダッタン人の踊り」もまたパーカッションが活躍する曲で、ムソルグスキーの「禿山の一夜」は劇画調とでもいうべき大胆なケレン味が特徴だ。
ロシア音楽の中でも、こうしたお高くとまっていない曲にはそこはかとないB級感が漂っていて独特の魅力がある。

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:管弦楽名曲集~ボレロ《RCAエッセンシャル・コレクション8》



中古価格 ¥ 1 残り3個

発売元:不明  発売日:2001-06-30
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ボレロ~ラヴェル:管弦楽名曲集

新品価格 ¥ 1,600 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 700 (定価の59%引き) 残り4個

発売元:BMGメディアジャパン  発売日:1999-11-20
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ボレロで遊びすぎ!でも上手い! 評価
いまや作曲家としても有名になったマゼールの指揮による、ウィーン・フィルの白熱したボレロです。
しかもウィーン・フィルはあれだけの歴史を持つオーケストラなのに、ボレロを録音したのがこれが初めて。
ライヴなどでは、イタリアの指揮者「リッカルド・ムーティ」(2004年ニューイヤー・コンサートの指揮者)の演奏があったくらいで、本格録音はこれが最初です。

帰ってくることができないほど過酷な冒険 評価
あいかわらず確信犯的ラディカルな解釈で楽しめるマゼールのフランス音楽なのであるが、ラヴェルの曲を集めた当盤ではディスクの最初に、案外と馴染みの深くない「ダフニスとクロエ第1組曲」を配置し、合唱抜きで演奏することによって、またしても「いったい何が始まったのか」と思わせることに成功しているようだ。

イメージ豊かなダフニス、懲り過ぎのボレロ 評価
「ダフニスとクロエ」からの二つの組曲、それに「スペイン狂詩曲」を高く評価したい。
とくに「ダフニス」第1組曲の魅力を教えてもらった気がする。
夜更けの海岸に吹き寄せてくる海風、やがて繰り広げられる海賊たちの宴がイメージ豊かに表現されてゆく。
第2組曲の「夜明け」は華やかだがバランスのとれたトーンで演奏され、「全員の踊り」は比較的落ち着いたテンポだが力強さもある。

ラヴェル ボレロ
ボレロ!~ラヴェル管弦楽名曲



中古価格 ¥ 600 (定価の77%引き) 残り5個

発売元:BMGビクター  発売日:1997-03-21
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ボレロ~ラヴェル名曲集

新品価格 ¥ 27,244

中古価格 ¥ 4,128 残り5個

発売元:BMGビクター  発売日:1994-06-22
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
(^c^) { この躍動感あふれるラヴェルをお聞きあれ 評価
評判が良かったのでブーレーズのラヴェルを聴いて、オーケストラの隅ずみの音まで聞こえ素晴らしいと思いました。
でもこのミュンシュの演奏を聴いて、録音がずっと古いのに、やっぱり音が隅ずみまで聞こえ、うまく鳴っているんだと分かりました。
また!ミュンシュはリズムも重くならず、ろまんちっくで、冷たい音楽にならず、やっぱりラヴェルはすごいと思わせてしまいます。
ミュンシュのラヴェルはどちらかというと、夢の世界のらべる、より現実の生き生きしたらべる、という感触です。



オペラ
ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ、スペイン狂詩曲、バレエ「マ・メール・ロワ」、海原の小舟、道化師の朝の歌

新品価格 ¥ 2,900

中古価格 ¥ 1,080 (定価の37%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2013-11-13
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
「ベルリン・フィル×ドイツ・グラモフォン世紀の名盤100」シリーズ。
本作は、20世紀を代表する巨匠、ピエール・ブーレーズとベルリン・フィルの初録音となったアルバム。
作曲家ラヴェルの視点から作品を見据えるブーレーズのアプローチの冴えと、それを音として表すベルリン・フィルの演奏が見事な一枚。
(C)RS

ラヴェル ボレロ
ボレロ!!

新品価格 ¥ 2,528 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 430 (定価の85%引き) 残り9個

発売元:キングレコード  発売日:2002-11-22
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ、スペイン狂詩曲、他

新品価格 ¥ 1,390 (定価の28%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き) 残り8個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:2000-11-01
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ボレロ!



中古価格 ¥ 281 (定価の89%引き)

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1999-06-23
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ノリが違いますね 評価
佐渡裕大爆発といったところ。
ノリノリで聴いてしまいました。
シャブリエの「スペイン」は、ちょっとこれ以上のものは望めないと思います。
実際、もっと上手な演奏はいくらでもあると思います。
しかし、もっと「いい演奏」となると。
だって、スピーカーを通してライヴ感が伝わってくるんですよ。
佐渡裕の息遣いも彼の動きにそのままシンクロするラムルーの音も、届くんです。
ちょっとないですよ、これだけ熱い演奏は。
ちなみに「VIVA!バーンスタイン」もめちゃめちゃおすすめです。

熱い!! 評価
佐渡さん指揮の録音を初めて聴いた。
熱い。
とにかく熱い。
佐渡さんとオーケストラの熱い思いが伝わってくる。
だから当然演奏も素晴らしい。
ラヴェルも良いが、シャブリエの演奏はもっといい。
他の録音も、聴いてみたくなった。

ラヴェル ボレロ
ボレロ~スペイン歌曲集



中古価格 ¥ 912 (定価の71%引き)

発売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント  発売日:1997-12-21
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ファジャの歌曲が収録されているところが個人的に○ 評価
ファジャの歌曲が収録されているところが個人的に好みです。
アントン・ルービンシュタインによる曲にものすごくそそる要素があり、何度も聞いてしまいます。
お勧めです。

スペインへの憧憬 評価
このアルバムが話題にならないのが不思議。
スペインにインスピレーションを受けたロシア歌曲を筆頭に、ファリャグラナドスのスペイン歌曲。
中でも現代ロシアのマルク・ミンコフがガルシア・ロルカの詩のロシア語訳につけた”風景”という曲が気に入りました。
彼女の低音から高音までの幅広い声を駆使して、熱く歌いあげられたアルバム。
啖呵を切るようなところもかっこいいです。

ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ



中古価格 ¥ 197 (定価の80%引き) 残り6個

発売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント  発売日:1997-04-25
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ピアノ、ヴァイオリン
ラヴェル ボレロ
ムソルグスキー: 展覧会の絵、ラヴェル: ボレロ、ラ・ヴァルス ピアノ・ミーツ・パーカッション(2台ピアノと2群の打楽器)

新品価格 ¥ 2,150



発売元:Preiser  発売日:2017-01-19
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
山下洋輔/ピアノ協奏曲(エンカウンター)+山下洋輔のボレロ

新品価格 ¥ 2,332 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 529 (定価の79%引き) 残り7個

発売元:エイベックス・エンタテインメント  発売日:2007-12-19
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
爽かな一日のはじまりに~シネマ・ブレックファースト

新品価格 ¥ 16,800

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き) 残り6個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1994-08-21
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
ラヴェル:ボレロ~2台のピアノのための作品集



中古価格 ¥ 3,980 残り2個

発売元:キング・インターナショナル  発売日:1991-07-05
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル ボレロ
レヴェル ボレロ サンサーンス 死の舞踏 デュカス 魔法使いの弟子



中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:CBS/SONY  発売日:1989
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
ラヴェル:①ボレロ②ラ・ヴァルス③スペイン狂詩曲④道化師の朝の歌サンサーンス:交響詩「死の舞踏」(ソロヴァイオリン/ロリン・マゼール)デュカス:魔法使いの弟子◆ロリン・マゼール指揮/フランス国立管弦楽団

ラヴェル ボレロ
心の常備薬(6)ボレロ



中古価格 ¥ 20,981 残り2個

  
  

ラヴェル ボレロ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
心の健康は、いい音楽を聴くことからはじまる。
だれもが聴いたことのある名曲ばかりです。
クラシック初心者の方にもオススメ!! ストレス解消/さわやか<SONG LIST>1.バレー音楽《春の祭典》春のロンド<ストラヴィンスキー>  指揮:ピエール・ブーレーズ  フランス国立放送管弦楽団2.ボレロ<ラヴェル>  指揮:シャルル・ミュンシュ  ボストン交響楽団3.大序曲《1812年》作品49<チャイコフスキー>  指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  ドン・コサック合唱団4.アイネ・クライネ・ナハトムジーク第2楽章<モーツァルト>  指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団5.白鳥<サン=サーンス>  チェロ:ピエール・フルニエ   指揮:ジャン=マリー・オーベルソン  パリコンサート管弦楽団6.「フィガロの結婚」序曲<モーツァルト>  指揮:ブルーノ・ワルター  コロンビア交響楽団7.ホルン協奏曲第1番~第1楽章<モーツァルト>  ホルン:アラン・シヴィル   指揮:オットー・クレンペラー  フィルハーモニア管弦楽団8.ピアノ五重奏曲イ長調《ます》D.667-スケルツォ<シューベルト>  ピアノ:イングリット・ヘブラー9.交響詩「フィンランディア」<シベリウス>  指揮:マルコム・サージェント  ニュー・フィルハーモニア管弦楽団10.組曲「グランド・キャニオン」~日の出<グローフェ>  指揮:レオナルド・バーンスタイン  ニューヨーク・フィルハーモニック

 
心の健康は、いい音楽を聴くことからはじまる。
だれもが聴いたことのある名曲ばかりです。
クラシック初心者の方にもオススメ!! ストレス解消/さわやか<SONG LIST>1.バレー音楽《春の祭典》春のロンド<ストラヴィンスキー>  指揮:ピエール・ブーレーズ  フランス国立放送管弦楽団2.ボレロ<ラヴェル>  指揮:シャルル・ミュンシュ  ボストン交響楽団3.大序曲《1812年》作品49<チャイコフスキー>  指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  ドン・コサック合唱団4.アイネ・クライネ・ナハトムジーク第2楽章<モーツァルト>  指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団5.白鳥<サン=サーンス>  チェロ:ピエール・フルニエ   指揮:ジャン=マリー・オーベルソン  パリコンサート管弦楽団6.「フィガロの結婚」序曲<モーツァルト>  指揮:ブルーノ・ワルター  コロンビア交響楽団7.ホルン協奏曲第1番~第1楽章<モーツァルト>  ホルン:アラン・シヴィル   指揮:オットー・クレンペラー  フィルハーモニア管弦楽団8.ピアノ五重奏曲イ長調《ます》D.667-スケルツォ<シューベルト>  ピアノ:イングリット・ヘブラー9.交響詩「フィンランディア」<シベリウス>  指揮:マルコム・サージェント  ニュー・フィルハーモニア管弦楽団10.組曲「グランド・キャニオン」~日の出<グローフェ>  指揮:レオナルド・バーンスタイン  ニューヨーク・フィルハーモニック



PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加