展覧会の絵、はげ山の一夜、ムソルグスキーの名曲作品集を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、の名曲作品集の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格


 展覧会の絵、はげ山の一夜
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵、死の歌と踊り、はげ山の一夜

新品価格 ¥ 1,944



発売元:キングレコード  発売日:2018-10-24
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 2,500 (定価の22%引き)

中古価格 ¥ 2,491 (定価の23%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-06-14
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ラヴェル編)/ラヴェル:組曲「マ・メール・ロワ」、スペイン狂詩曲

新品価格 ¥ 1,650 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,150 (定価の37%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-09-07
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」,交響詩「はげ山の一夜」 他

新品価格 ¥ 1,192 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 900 (定価の30%引き) 残り4個

  発売日:2015-07-08
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」、交響詩「はげ山の一夜」、他

新品価格 ¥ 3,200

中古価格 ¥ 2,100 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-09-18
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
「ベルリン・フィル×ドイツ・グラモフォン世紀の名盤100」シリーズ。
本作は、クラウディオ・アバド指揮によるムソルグスキー作品を集めたアルバム。
鋭敏なリズム感と豊かな歌心に満ちたアバドの指揮が、ベルリン・フィルからめくるめく音の絵巻を引き出す≪展覧会の絵≫や、原典版による≪はげ山の一夜≫に加え、ムソルグスキーのオリジナル合唱曲も収録。
(C)RS

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵/ストラヴィンスキー:春の祭典

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,553 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ディス・イズ・ロシア 評価
長らくムソルグスキーは敬遠していた。
ずっと「イモくさい」というイメージを持っていた。
例えばチャイコフスキーには西洋風の優雅な洗練があるのに、ムソルグスキーなんてコテコテにロシア民謡なんか入ってきて、それはそれはもうディス・イズ・ロシアという感じである。
若いころはそれを「うへえ」と思っていたものだ。
しかし、いい大人になってみて、今あらためて聴いてみると、悪くないのである。
本CDはカラヤンとベルリンフィルの、わりにさっぱりとしたムソルグスキー、それも堂々たる代表作〈展覧会の絵〉だ。
もちろん言うまでもなく、ラヴェルが管弦楽に仕立てたもので、オリジナルはピアノのための組曲である。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵、禿山の一夜           

新品価格 ¥ 924 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 898 (定価の12%引き) 残り5個

発売元:キングレコード  発売日:2011-10-05
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
マルケヴィチが世界最古の名門オーケストラ、ゲヴァントハウスを自在にドライヴしながら、精巧に、しかもロシア的情感をもって、ムソルグスキーの2つの名曲をまとめあげている。
キレとコクのある表現は、鬼才と呼ばれるにふさわしいマルケヴィチの代表盤。
このコンビ唯一の共演盤としても貴重だ。
■レコ芸推薦(初出&再発)●録音:1973年5月14~18日 ライプツィヒ贖罪教会 STEREO ADDベリー・ベスト・クラシック1000II~あの名盤が1,000円!最強クラシック廉価版シリーズ第2弾!1ドイツ・シャルプラッテン、キング、クラーヴェスから名曲&優秀録音を厳選。
第1期とは曲目のカブリなし。

メディア掲載レビューほか 
イーゴリ・マルケヴィチが世界最古の名門オーケストラ、ケヴァント・ハウスを自在にドライヴしながら、精巧に、しかもロシア的情感をもって、ムソルグスキーの2つの名曲をまとめあげている。
キレとコクのある表現は、鬼才と呼ばれるにふさわしい彼の代表盤。
(C)RS

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 1,320 (定価の28%引き)

中古価格 ¥ 959 (定価の48%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-09-07
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Product Description 
Japanese SHM-CD pressing. Part of the Deutsche Grammophon 'Basic Series'. Universal. 2011.

メディア掲載レビューほか 
友人の遺作展に着想を得て作曲された《展覧会の絵》はピアノ組曲だが、ラヴェルによる管弦楽技法の粋をこらした編曲でさらに人気曲となった。
本作はオリジナルのピアノ版とラヴェル編曲のオーケストラ版を聴き比べる1枚。
(C)RS

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵/ボレロ、他

新品価格 ¥ 1,415 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 1,188 (定価の27%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-10-21
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
1964年&1966年録音音源、ルビジウム・カッティングです。 評価
交響詩「海」:1964年3月録音組曲「展覧会の絵」:1965年11月録音ボレロ:1966年3月録音カラヤン&ベルリンフィルルビジウム・クロックにカッティングなので、従来の水晶発振の1万倍の精度を誇ります。
より鮮明に、かつ、自然な音になっているような気がする。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵、他

新品価格 ¥ 1,596 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の45%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
再編集で一層魅力を増したアシュケナージのロシアピアノ曲集 評価
かつてLONDONレーベルから出ていたアルバムに、さらにいくつか小品を追加した再編集盤だ。
タネーエフの「前奏曲とフーガ」とチャイコフスキーの「ドゥムカ」は“Steinway Legends”と題された別の企画モノに収録されていたが、リャードフ「音楽の玉手箱」、ボロディン「スケルツォ」についてはしばらく入手できるものがなかったので、待望の再リリースであり、アルバムとしての魅力を一層増したといえる。
ムソルグスキーの「展覧会の絵」をアシュケナージは2度録音しているが、こちらは82年録音の新しいもの。
私はこの楽曲が大好きで、多くの録音を所有しているが、このアシュケナージ盤とホロヴィッツ盤が双璧と思う。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵/禿山の一夜、他

新品価格 ¥ 1,632 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 985 (定価の46%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
展覧会の絵、禿山の一夜

新品価格 ¥ 450 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 324 (定価の36%引き) 残り4個

発売元:エイベックス・クラシックス  発売日:2007-12-05
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
隠れ名演 評価
テオドレ・クチャル指揮ウクライナ国立交響楽団による演奏。
「展覧会の絵」は、数ある名盤とも比肩しうるしっかりした演奏だと思います。
オーケストラの響きも、華やかさはないものの、なんとなくロシア的な土臭さがあります。
この演奏内容で¥500は絶対にお買い得。
「禿山の一夜」はなんとムソルグスキーのオリジナル版を使用。
リムスキー=コルサコフが編曲した、一般的に演奏されている「禿山の一夜」とはまた違った世界があります。
聴き比べると面白いですよ。
お薦めです。
ちなみに、NAXOSから発売されているオリジナル版(8.555924)にはこれに加えて、リムスキー=コルサコフ編曲版の「禿山の一夜」と「ホヴァンシチナ」前奏曲、「ソロチンスキーの市」からのゴパークも収録されています。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵



中古価格 ¥ 563 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
明るくてダイナミックな演奏。 評価
ムソルグスキー+ラヴェル「展覧会の絵」。
ベルリンフィルではカラヤン指揮の盤を所有しているので聴き比べてみました。
基本線はカラヤン盤を継承しつつも、より音が明るく、よりダイナミックな構成で、全体の印象は 「カラヤン盤をリニューアルさせた感じ」です。
特に目立った違いは、カラヤンが一つ一つの曲を丹念に演奏しているのに対し、アバド盤はそれに 加えて曲と曲との繋ぎが絶妙で、それがこの組曲全体をよりダイナミックしている。
楽しめる演奏だと思います。
出来れば両方を聴き較べると一層楽しめると思います。

名演奏 評価
ライブでウゴルスキの「展覧会の絵」を聞いたことがありますが、とにかく音量がでかい。
なおかつ技術的にも精緻で、その精緻さがミニマリスティック、というかオタク的で、とにかく圧倒的な感動を覚えました。
録音はライブ演奏には全く及びませんが、ウゴルスキの個性は、この曲や、メシアンの「鳥のカタログ」みたいな描写的な音楽にピッタリのようで、カッチリとした音色とどこまでも響いていく低音部、オタク的な細かさのダイナミック、と、とにかくひとつの究極の「展覧会の絵」であることは間違いありません。
これに比べると、最近出たキーシンの演奏すらロマン派にしか聞こえません。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 980 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 115 (定価の89%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2000-06-21
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
おすすめです。 評価
私は音楽に関しては素人ながらボレロが好きで数十枚集めてきましたが、全体的な評価ではこの演奏が一番良いかもしれないです。
良い意味でシンプル、且つ各パートとても広がりのある素晴らしい演奏なので、「ボレロを聴きたいけどどの演奏を買えばいいかわからない」という人にもおすすめです。

クリーヴランド管弦楽団の技巧が光る 評価
 ジョージ・セルによって世界屈指のオーケストラとなったクリーヴランド管弦楽団ですが、ドホナーニが音楽監督を務めていたこの時期でもその素晴らしいアンサンブルは健在で、特に管楽器の巧さが光ります。
 ムソルグスキーでもラヴェルでも、ところどころ表情が硬い感じがしないでもないものの、各曲でしっかりメリハリがつけられていて聴き手を飽きさせません。
「オーケストラの巧さ」という観点で見れば、これ以上の演奏はなかなか見つからないでしょう。
特に「ボレロ」はクリーヴランド管弦楽団の各楽器の素晴らしいソロが堪能できてお薦めです。
 録音は1989-1991年と新しく、音質良好です。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
禿山の一夜(ロシア管弦楽曲集)



中古価格 ¥ 2,000 残り4個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:1999-09-22
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー/組曲「展覧会の絵」-ラヴェル編、交響詩「禿山の一夜」、歌劇「ホヴァンシチナ」~前奏曲 ANC20

新品価格 ¥ 900

中古価格 ¥ 356 残り4個

発売元:エフ・アイ・シー  
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
収録曲 ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」~ラヴェル編 1.第1楽章/プロムナード-こびと 2.第2楽章/プロムナード-古い城 3.第3楽章/プロムナード-チェイリーの庭-ブイドロ 4.第4楽章/プロムナード-卵のからをつけたひなどりのおどり-サミュエル・ゴルデンベルクとシュミュイレ 5.第5楽章/リモージュの市場-カタコンブ 6.第6楽章/バーバヤーガの小屋-キエフの大門 7.交響詩「禿山の一夜」 8.歌劇「ホヴァンシチナ」~前奏曲 エルネスト・アンセルメ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団 Recorded 1960(1-6) 1964(7-8)




全集
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ホセ・セレブリエール:ストコフスキー・トランスクリプション集

新品価格 ¥ 2,401

中古価格 ¥ 5,980 残り2個

発売元:Naxos  発売日:2010-06-16
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
Bournemouth Symphony Orchestra - José Serebrier, direction



ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
展覧会の絵~オリジナル・ピアノ版~/小川典子、ムソルグスキーを弾く

新品価格 ¥ 1,979 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 4,110 残り1個

発売元:キングレコード  発売日:2017-10-25
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
UHQCD DENON Classics BEST ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 1,458 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,200 (定価の25%引き) 残り2個

発売元:日本コロムビア  発売日:2017-06-21
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵[ジュリアン・ユー編曲]/プロコフィエフ:古典交響曲

新品価格 ¥ 937 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 729 (定価の32%引き) 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-07-20
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
室内オーケストラ版「展覧会の絵」。
刺激的な打楽器を多用した音色、自由なオブリガートや効果音、東洋音楽的要素を取り入れたりと、小編成の欠点である薄さを逆に効果的に用いた、高密度で変化に富んだ演奏です。
■録音:2003年[デジタル録音]オーケストラ・アンサンブル金沢指揮:岩城宏之

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵/間奏曲/情熱的な即興曲/瞑想/夢

新品価格 ¥ 1,200

中古価格 ¥ 697 (定価の41%引き) 残り8個

発売元:日本コロムビア  発売日:2010-09-22
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
壮大な「展覧会の絵」 評価
メーカーが書いた帯にまで「怪演」とあるが、コケオドシの演奏ではなく、しっかりとした演奏である。
ムソルグスキーがインスピレーションを得たというハルトマンの絵からは想像しずらい~いや、私もハルトマンの絵の本物の生を見たことは無いのだが~強靭なタッチなよるスケールの大きな演奏である。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
Premium 999~ベリー・ベスト・クラシックス Vol.7 ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」他

新品価格 ¥ 19,800

中古価格 ¥ 4,868 残り4個

発売元:ビクターエンタテインメント  発売日:2010-06-23
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
これは名盤。必聴です。 評価
これは嬉しい再発。
1980年代初頭より始まった日本のビクター音楽産業(当時)による、フェドセーエフとモスクワ放送響の録音はどれも秀作ぞろいだが、なかでも本作は白眉といえる名盤だ。
1989年7月、モスクワ放送大ホールにて録音。
表題曲の「展覧会の絵」はフェドセーエフの十八番で、現在入手できるものだけでも三種の録音が存在する。
もっとも古いものが1976年(原盤メロディア、現在はVENEZIAで再発)、二番目が本作、そして三番目が1993年(ポニーキャニオン)である。
どれも秀逸な演奏だが、時代を下るにつれて「ロシア的な響き」が薄くなり、よりインターナショナルなオケへと変貌していく。

ロシア色に徹した『展覧会の絵』 評価
『展覧会の絵』は旧盤(1978年にLPレコードで出版されたもの、録音年月日は記載されていない)以来、2回目の録音。
その旧盤と比べると、フェドセーエフ独自の解釈・奏法は多少影を潜め、慣習となっている奏法を取り入れて演奏されている。
それでも、「ゴールデンベルグとシュムイレ」の最後は、ラヴェルの編曲で変更されている音をムソルグスキーの作曲通りの音に戻して演奏されている。
金管楽器の強烈なフォルテシモ、ビブラートのかかった独特の奏法は健在。
ラヴェルが編曲したということを忘れさせるロシア・スタイルに徹した演奏。
旧盤より、「良い言葉」でいえば多少洗練された、「悪い言葉」でいえば、個性が薄くなった分、強烈な印象はないが、面白い演奏であることは間違いない。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵



中古価格 ¥ 540

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2001-04-25
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
最初のところでガッカリしないでね 評価
アンセルメ指揮のこのディスク。
かつては「展覧会の絵」のファースト・チョイスにも勧められていたディスクだが、今聴くとちょっと古い。
スイス・ロマンド管弦楽団の音色に慣れていないと、ちょっとしょぼいと思われる向きも。
簡単に言うと、難点は「音程がわるい。
音色が軽い」ところである。
冒頭のプロムナード、トランペットの音符三つ目でガクッと来る。
しかし、頑張って聴き続けると、きっちりしたリズムやバランス、絶妙の色彩と味わいが聴こえてくる。
「テュイルリーの庭」の中間部や「卵の殻をつけた……」あたりの音色は上品で素晴らしい。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー : 展覧会の絵 (オーケストラ版/ピアノ版) / 禿山の一夜 / 歌曲集「死の歌と踊り」 他



中古価格 ¥ 1,417 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-11-22
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
展覧会の絵!! 評価
2枚組です。
まず1枚目、ジュリーニ指揮のシカゴ交響楽団のオーケストラ・ヴァージョン(ラヴェル編曲)を聴く。
若干スローテンポだがもたれる面は皆無。
シカゴの超人的な演奏能力とそこからとんでもない情感を引き出すジュリーニの指揮におなか一杯。
たおやかな旋律に身を任せていると、油断した頃に押し寄せる途轍もない強奏。

お買い得 評価
演奏者も選曲もすばらしい。
ムソルグスキーにあまりお金をつぎ込みたくない人にはまさに絶好のCD。
リヒテルの展覧会の絵はダイナミックな迫力ある演奏でたまりません。
なのにライブなので嫌がらせなほど咳が多く、演奏中にゲホゲホ、コホンコホン。
興ざめです。
それだけがほんとに惜しい。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
展覧会の絵&火の鳥

新品価格 ¥ 2,800

中古価格 ¥ 1,189 (定価の32%引き)

発売元:BMGメディアジャパン  発売日:1999-11-20
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
展覧会の絵&戦争ソナタ~超絶技巧名演集



中古価格 ¥ 1,192

発売元:BMGビクター  発売日:1997-04-23
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
絶対盤 評価
ラフマニノフも勿論超名演。
プロコフィエフ、カバレフスキー(甘く甘すぎず素晴らしい)、バーバー(現代みがありつつ凄みと聞きやすさ)、モシュコフスキーの「花火」は躍動感、音立ち凄い

ピアノ演奏史のひとつの極点! 評価
とにかくどの一曲をとってみても想像を越えた音楽体験が待ちうけています。
人間の指というのは、こんなに速く動くものなのか! ピアノというのはこんなに大きな音が出せる楽器なのか! こんなにぞっとするほど美しい音が鳴らせるものなのか! ピアノという楽器の性能を最大限に発揮させると、どれほどとんでもないものが出来あがるのか、その瞬間をあますところなく捉えた人類史に残るドキュメンタリーと言っても過言ではないと思います。
ホロヴィッツ自身の編曲作品がとりわけ凄絶な印象を与えます。
ここでのホロヴィッツは己と楽器の可能性を極限まで追求し、一人で演奏しているとは信じ難いような複雑なテクスチュアを、これまた信じ難いような轟音と痙攣するようなスピードで弾き切っていて、聴き手は唖然とするしかありません。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ベスト・オブ・トミタ・サウンドII

新品価格 ¥ 7,980

中古価格 ¥ 649 (定価の67%引き)

発売元:BMGビクター  発売日:1994-06-22
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:作品集

新品価格 ¥ 3,198

中古価格 ¥ 3,325 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-01
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
リヒテルの『展覧会の絵』が目当てで聴いたところが 評価
 CD2収録の『6つの歌曲』(マルケヴィッチ指揮 1962年録音)と、『ボリス・ゴドゥノフ』〜ハイライト5曲(カラヤン指揮 1970年録音)が、とびっきり素晴らしい演奏でした。
 『6つの歌曲』では、ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(ソプラノ)の力強く、凛として張りのある声が、とても素敵でした。
第6曲「ドニエプル川にて」が、殊によかった。
さらに、当CDのトリを飾るオペラ『ボリス・ゴドゥノフ』からの5曲がすごく良く、全く聴き惚れてしまいましたよ。
ニコライ・ギャウロフの太くてやわらかなバスの声もよかったんだけど、それ以上に、合唱とオケの演奏にやられましたね。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵、バラキレフ:イスラメイ、モーツァルト:ピアノ・ソナタ第6番、シューマン:トッカータ、他 カッチェン(1960、62)

新品価格 ¥ 5,371

中古価格 ¥ 7,692 残り1個

  発売日:2014-09-29
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
展覧会の絵、他~ロシア・ピアノ作品集



中古価格 ¥ 1,291 残り5個

発売元:(unknown)  発売日:2013-09-06
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー(ストコフスキー編):展覧会の絵、他~管弦楽曲集



中古価格 ¥ 756 (定価の38%引き) 残り2個

発売元:(unknown)  発売日:2012-12-12
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ニコライ・ペトロフの芸術(ムソルグスキー:展覧会の絵、ベルリオーズ:幻想交響曲(ピアノ版)、他)(3CD)



中古価格 ¥ 2,484 残り1個

発売元:Venezia  発売日:2009-11-18
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
展覧会の絵&はげ山の一夜~ロシア管弦楽曲名曲集



中古価格 ¥ 4,780 残り2個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2004-12-22
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
驚くべき演奏と録音 評価
冒頭のアドルフ・ハーセスのトランペットの見事なことと言ったら!各パートのソロの見事さは筆舌尽くしがたい。
それは禿山の一夜のクラリネットのブロディとフルートのペッグの終曲あたりの見事な掛け合いは他に聴いたことがない。
録音も驚くべき鮮度を保っている。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵(ロシア管弦楽曲集)



中古価格 ¥ 200 残り4個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2004-01-28
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
展覧会の絵~ロシア管弦楽曲名曲集



中古価格 ¥ 1,319 残り4個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2002-10-23
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
エリーゼのために / アシュケナージ珠玉のピアノ曲集

新品価格 ¥ 1,784 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 294 (定価の85%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1995-04-21
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
エリーゼって誰,どんな人? 評価
このCDには「エリーゼのために」など小品15曲が収められています.私は以下のコメントの殆どを「エリーゼのために」に当て,タイトルを考えます.2009-7-27の朝日新聞夕刊は,エリーゼはその名の通りのエリーゼだと報道し.私を驚かせました.従来エリーゼはベートーヴェンの耳の治療をしていた医者の従姉妹,テレーゼでした.エリーゼとテレーゼ,語呂が似ています.新説のエリーゼはソプラノ歌手エリーザベト・ベッケルで,彼女はテノール歌手の兄を追ってウイーンに移り住み,兄を通じてベートーヴェンを知りました.1807年のことです.彼女は10 代後半,その美しさは評判でした.このエリーゼはやがて作曲家フンメルと結婚し,第一子を出産します.その時の洗礼記録がウイーンの教会にあり,母親欄にマリア・エバ・エリーゼと記載されている.以上が朝日の記事の要約です.私は新説を信じます.このエリーゼは20年後にベートーヴェンを見舞います.彼は死のベッドに臥していました.Anton Neuerはこれらの模様を「MUSIC & MEDICINE」に書いていますので,私はそのところの核心部分を拙訳し,抄録します.抄録-1:ベートーヴェンが死んだのは1827年3月26日でした.同じ月の13日にフンメルは弟子と共にベートーヴェンを見舞います.ベートーヴェンはベッドに寝ていて,どこかが痛むのか,時々うめき声をあげていました.が,未だよく喋っていて,フンメルに,「あなたは幸せだよ.世話してくれる奥さんがいる,あなたを愛している奥さんが----,ああ,俺は惨めだ----」と言って深い吐息をつきました.弟子が日記にそう書いています.抄録-2:3月23日.つまり死の三日前,フンメルは弟子だけでなく妻も連れて訪れます.ベートーヴェンは疲弊しきっていて,既に会話はできません.目尻から汗がしたたり落ちていました.ベートーヴェンはハンカチを探しているようでしたが,見かねたフンメル夫人は上品なハンカチを取り出し,ベートーヴェンの顔を何度も,何度も拭いましした.ベートーヴェンの視線はフンメル夫人に注がれ,その目は無言のまま謝意を伝えていた.弟子はこのときのベートーヴェンの表情を生涯忘れることはない,と書き残します.私はベートーヴェンの深い吐息を以前から聴いています.カルテット第14番嬰ハ短調の第4楽章にそれがあります.彼は若かった頃から女房が欲しかった.恋女房が心底欲しかった.その気持ちを「魔笛」の主題によるチェロ変奏曲に書いています.しかし,望みは叶わず,「エリーゼのために」を書いたそのエリーゼに顔を優しく拭って貰って死出の旅に立つ.まるで小説です.フンメルはベートーヴェンの親友でした.エリーゼはベートーヴェンとフンメルの両者に愛され,フンメルを選びました.彼女の取り出したハンカチには万感の思いが籠もっていた筈.ベートーヴェンの葬儀はフンメルが仕切りました.シューベルトは松明を掲げて葬列を照らします.これらのこともAnton Neuerの著にあります.書き忘れていました.このCDにはベートーヴェンのソナタ二曲も収載されています.ソナチネと悲愴のアダージョ・カンタービレです.両者とも聴かせます.とくに後者の心に染みいるタッチは,アルフレート・ブレンデルの弾くそれより遙かに気持ちよく,このレビューを書き終えた私の寂寥感を十分に償いました.



交響曲
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵&はげ山の一夜(SACD HYBRID)

新品価格 ¥ 3,240



発売元:SMJ  発売日:2018-08-22
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン」&ムソルグスキー:展覧会の絵(1962/66年録音)(完全生産限定盤)

新品価格 ¥ 2,660 (定価の1%引き)

中古価格 ¥ 2,659 (定価の1%引き) 残り2個

発売元:SMJ  発売日:2018-06-27
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
「アーブル美術館」プレゼンツ「クラシック音楽の或る棚」名曲シリーズ 1 ムソルグスキー:「展覧会の絵」

新品価格 ¥ 1,449 (定価の10%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2017-09-13
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵&サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」(期間生産限定盤)

新品価格 ¥ 630 (定価の41%引き)

中古価格 ¥ 756 (定価の30%引き) 残り3個

発売元:SMJ  発売日:2016-09-07
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
《展覧会の絵》~ムソルグスキー&ボロディン:名曲集

新品価格 ¥ 1,944 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,490 (定価の31%引き) 残り2個

発売元:avex CLASSICS  発売日:2014-11-26
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵[ピーター・ブレイナー編曲]

新品価格 ¥ 1,244



発売元:Naxos  発売日:2013-12-18
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:「展覧会の絵」-ロシア名曲集-



中古価格 ¥ 1,840 残り2個

発売元:オクタヴィア・レコード  発売日:2001-02-23
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
展覧会の絵&くるみ割り人形 ~華麗なるオーケストラ名曲集

新品価格 ¥ 2,486 (定価の4%引き)

中古価格 ¥ 1,280 (定価の50%引き) 残り2個

発売元:BMGインターナショナル  発売日:2000-08-23
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
楽しさいっぱいのコンピレーション・アルバム 評価
トスカニーニのハイセンスな解釈とNBC交響楽団のすぐれたアンサンブルを堪能できる2枚組。
色彩感豊かな曲目での彼らの表現力は、まさに最高で、音声がモノラルであることなど問題にならない。
解説書によると、スコアに手を入れた個所があり、素人が聴いてもわかるものもあるが、硬いことは言わずに楽しみたい。
録音は、ほとんどの曲が1952~53年、カーネギー・ホール。
私はムソルグスキーの「展覧会の絵」は、この録音で初めて聴いた。
当時は「ブィドロ」の力感などに恐怖感さえ抱いたが、今回は「古い城」の寂しい叙情などに心引かれた。
もちろん金管楽器の輝かしい音色も素晴らしい。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
名曲コンサート/ウィリアム・テ



中古価格 ¥ 1,309 残り2個

発売元:ポリドール  発売日:1998-04-05
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 9,644

中古価格 ¥ 254 (定価の79%引き) 残り8個

発売元:ポリドール  発売日:1997-12-03
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


オペラ
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー/ラヴェル編:組曲「展覧会の絵」、プロコフィエフ:「古典交響曲」(SACDハイブリッド)

新品価格 ¥ 2,643 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 2,590 (定価の20%引き) 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2017-04-12
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
展覧会の絵

新品価格 ¥ 2,621 (定価の19%引き)

中古価格 ¥ 2,088 (定価の35%引き) 残り5個

発売元:日本コロムビア  発売日:2016-02-17
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」、ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」 (Prokofiev: Romeo and Juliet, Mussorgsky: Pictures at an Exhibition / Jun Markl, Orchestre National De Lyon)

新品価格 ¥ 2,700 (定価の23%引き)

中古価格 ¥ 2,249 (定価の35%引き) 残り4個

発売元:ALTUS  発売日:2010-09-10
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
フランス系の高貴、丁寧、実直な、唯一の日本公演となったライヴ、コーダの鐘の音が印象的。 評価
2007年秋、メルクル、リヨン国立管弦楽団は、お国もの、ドビュッシーやラベル、フランス音楽を携えて、来日公演を行いました。
これは、横浜でのライヴ録音、メルクルらしい中庸なテンポ、小細工なし、おフランスの香りぷんぷん、コーダの乾いた鐘の音は、ラヴェルの、ムソルグスキーへの追悼の音のようで、目頭が、熱くなってしまいました。
2011年は、来日出来なかったので、貴重な記録となります。
詩情豊かな熱演、愛聴盤。
この人の指揮姿は、しなやかで美しい。
童顔ですが、いい歳の取り方をしている。
リヨンからも、MDR響からも、離れられたメルクルさん、これからも、期待大。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 3,240

中古価格 ¥ 4,330 残り3個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:2001-05-09
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 1,600

中古価格 ¥ 751 残り8個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:2000-08-23
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵



中古価格 ¥ 509 残り6個

発売元:ポリドール  発売日:1996-04-21
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵



中古価格 ¥ 2,000 残り2個

発売元:ビクターエンタテインメント  発売日:1995-11-22
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 5,000

中古価格 ¥ 449 (定価の78%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1993-09-18
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ピアノ、ヴァイオリン
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(1941年録音)、ムソルグスキー:展覧会の絵(1951年ライヴ)(期間生産限定盤)

新品価格 ¥ 937 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 500 (定価の53%引き) 残り7個

発売元:SMJ  発売日:2015-04-22
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵(ピアノ&オーケストラ版)

新品価格 ¥ 4,170

中古価格 ¥ 648 (定価の36%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2014-12-01
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
お得すぎる1枚 評価
友人であったヴィクトル・ハルトマン(ガルトマン)の遺作展での10枚の絵画の印象を、 その半年後の1874年に音楽に仕立てたというムソルグスキーの展覧会の絵。
もちろんオリジナルはピアノ曲、クーセヴィツキーの編曲依頼によるオーケストラ版はラヴェルの手によるもの。
吹奏楽器の活躍のシーンが多いオーケストラ版は、絶頂期のカラヤン指揮のベルリンフィルによるもの。
ここではその吹奏楽器隊が切れ味鋭い演奏を聴かせてくれています。
カラヤンの指揮の下、あらゆるシーンにフレキシブルに対応してゆく鮮やかな演奏力は流石です。
そして後半のピアノ版

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
野平一郎 展覧会の絵 ロシア作品愛奏曲選

新品価格 ¥ 2,507 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 1,800 (定価の39%引き) 残り1個

発売元:ライヴノーツ  発売日:2014-04-25
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
展覧会の絵/Pictures at an Exhibition

新品価格 ¥ 2,523

中古価格 ¥ 1,499 残り1個

発売元:UN TOCOTO  発売日:2011-09-10
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
美術館にいるようです 評価
1stアルバム「四人は今日も」と全く雰囲気が違い、最初に聞いたときは「展覧会のエッ!」と思った。
しかし、2度・3度と聞いて、これぞまさしくHappy Tocoサウンドだと感じた。
榊原さんの「繊細とさと不気味さを合わせ持つアレンジ」が素晴らしい。
プロムナードでは、次はどんな絵が待っているのかワクワクさせる。
ひよこの踊りでは、小さな子供たちのダンスしている様子が目に浮かぶ。
このCDでダンスの振り付けをしたらどんな感じになるのだろうか・・?見てみたいものである。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 / ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」

新品価格 ¥ 4,063

中古価格 ¥ 708 (定価の59%引き) 残り6個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2007-11-07
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
稀代の名演 評価
ホロヴィッツ編曲版ということに賛否があるようですが、ライブでこれだけの予測不可能で完璧なまでの演奏を聴くと神がかり的とも感じました。
彼の違う年の演奏と比較してもこちらのほうが、感動的です。
それと、録音も良好ですし、カップリングのチャイコフスキーの協奏曲もなかなかの名演だと感じました。

一聴の価値有り 評価
凄まじい迫力、奔放なエネルギー。
もちろん音源はよくない。
名盤の多いチャイコフスキー。
しかし、この演奏を聞けばホロビッツが20世紀最高のピアニストの一人と目されている理由がわかるはず。
展覧会の絵も迫力満点の熱演。
ピアノファンなら是非。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 2,271 (定価の21%引き)

中古価格 ¥ 98 (定価の96%引き)

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2005-08-24
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
私の想うチャイコフスキーの感性 評価
チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番が好きで、ずっとリヒテルのを聴いていた。
ムラビンスキーとの競演盤は、個性激突を感じさせるスリリングな第一楽章から始まりながらも、第三楽章の掛け合いからエンディングまでの見事さは、いかにもチャイコフスキーの感を私に与えてくれた。
どう聴いても張り切りすぎのきらいが見えるカラヤンとの共演盤でもリヒテルはチャイコフスキーの情感を失わない演奏を聴かせてくれている。

渾身の演奏が目に浮かぶようです 評価
展覧会の絵をいくつか聞き比べていて、このCDもチャイコフスキーよりはムソルグスキーにひかれて買いました。
ですのでこのレヴューも展覧会寄りです・・・。
いやしかし、渾身のチャイコフスキーですね。
漫画などでよく、汗が飛んで光に当たってキラキラしている映像がありますが、特に1楽章のファンファーレの後がそんなイメージです。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
《展覧会の絵》〜ライヴ・イン・魚津

新品価格 ¥ 1,666

中古価格 ¥ 1,404 残り1個

発売元:若林工房  発売日:2005-03-24
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
CD-135 の音色が素晴らしいのだが 評価
彼女の演奏は言うに及ばず素晴らしいし1925年生のスタインウエーCD-135 の音色がとっても素晴らしい!!・・・のだがライブ録音なので会場のざわめき・雑音には困ったものだ。
2013-08-30 にも公開録音が行われるが同じ傾向の録音になるだろう。

発売元のレビュー
【レコード芸術 特選盤】イリーナ・メジューエワ初のライヴ・アルバム【曲目】〈ショパン〉 ポロネーズ 第1番 嬰ハ短調 作品26の1 エチュード 変イ長調 作品25の1《エオリアンハープ》 エチュード ホ長調 作品10の3《別れの曲》 エチュード ハ短調 作品10の12《革命》〈ムソルグスキ〉ー 展覧会の絵〈メトネル〉 おとぎ話 へ短調 作品26の3〈ショパン〉 プレリュード ロ長調 作品28の1 プレリュード イ長調 作品28の72004年12月、新川文化ホール(富山県魚津市)で行われたリサイタルを収録したもので、ショパンとムソルグスキーを中心としたプログラムです。
注目すべきはムソルグスキーの《展覧会の絵》。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
ムソルグスキー:展覧会の絵



中古価格 ¥ 756 (定価の38%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-12-20
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロシア風「展覧会の絵」 評価
このCDに収録されているオーケストラ版はアシュケナージの編曲。
有名なラヴェル編に比べ重厚素朴なロシア風。
華やかさは無いかわりに哀愁たっぷり。
最後の「キエフの大門」はラヴェル版より美しいと感じました。
また、ピアニストが編曲しただけあってムソルグスキーのオリジナル・ピアノ版がオーケストラで忠実に再現されている(たとえばラヴェル編で変更されている強弱指示。
ラヴェル編ではカットされている5回目のプロムナードなど)。
同時にアシュケナージ演奏のピアノ版も入っているので聞き比べるのも面白い。
オーソドックスな演奏で万人におすすめです。

大地に根ざしたロシアの音楽 評価
一言で言えば土の匂いを感じるような編曲である。
ラヴェル版の洒脱な雰囲気とは一線を画すものだ。
帝政ロシア治下で徐々に高まりつつあった民衆の不満・恨み・憎しみ…。
そういったものがこの演奏の根底に流れているかのようだ。
その際たるものが『ビドロ(虐げられた民衆)』であろう。
(従来『牛車』と呼ばれていたこの曲は実際にはポーランド独立のために立ち上がった人々がロシア軍に鎮圧され処刑される様を描いていた。
)国を思い、憂うる気持ちは間近まで迫っていた革命の足音を予感させる。
そしてロシア国民の勝利を高らかに告げる『キエフの大門』がフィナーレを飾る。

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、
シューマン : クライスレリアーナ&バッハ / シャコンヌ



中古価格 ¥ 1,500 残り9個

発売元:BMGメディアジャパン  発売日:1998-11-06
  

ムソルグスキー 展覧会の絵、禿山の一夜、  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
圧巻、キーシンのシャコンヌ! 評価
収録曲全て素晴らしいですが、他の皆さんも仰っているようにシャコンヌが「圧巻」です。
他のピアニストのシャコンヌも聴きましたが私の中ではキーシンが一番です。
まずは彼の卓越した、しかも安定したテクニックに驚きました。
そのテクニックがあるからこそ、彼なりの感性が全ての音に瑞々しくきらめいています。
途中の鐘のような高音部のところなど本当に聴いていて心地がいいです。
また最後のコーダに入る前の部分(彼はossiaを弾いていません)も素晴らしいです。
ossiaのほうが華やかな印象がありますが、低音を効かせてだんだん盛り上げていくところなど、鳥肌ものです。

圧倒的なバッハ=ブゾーニのシャコンヌ 評価
最初に収録されたバッハ=ブゾーニのシャコンヌがとにかく物凄くて驚かされました。
真正面から曲に取り組み、曖昧さや不明確なところが全く存在しない、圧倒的な演奏です。
この曲を聴くためだけに購入しても十分満足できるCDだと思います。
クライスレリアーナがメインのCDなのでこちらの感想も書くと(笑)、やはりキーシンらしい真直ぐな演奏だと思いました。
クララに対するシューマンの一途な想いが伝わってくる美しい演奏解釈です。
シューマンの神経症な面をこの曲に見出し、偏執的な解釈で演奏するピアニストも多いのですが、25歳の若者が弾くのであればこのくらい真直ぐな解釈の方が自然ではないかと思います。



PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加