ダッタン人の踊り のCDを紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。ベストアルバム、グレーテストヒッツ、ライブ版、名曲集を紹介します。  

ダウランド ダッタン人の踊り,の名曲,ベストCD,DVDの試聴,視聴,紹介,評判,レビュー,安売り価格,値段,中古価格


ダウランド ダッタン人の踊り
ダッタン人の踊り~オペラ・バレエ名曲集(期間生産限定盤)

新品価格 ¥ 1,080



発売元:SMJ  発売日:2018-08-22
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ダウランド ダッタン人の踊り
ボロディン:交響曲第2番&中央アジアの草原にて、ダッタン人の踊り(期間生産限定盤)

新品価格 ¥ 620 (定価の42%引き)

中古価格 ¥ 3,343 残り3個

発売元:SMJ  発売日:2016-09-07
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ダウランド ダッタン人の踊り
R.コルサコフ:シェエラザード/ボロディン:ダッタン人の踊り

新品価格 ¥ 1,361 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,622 残り3個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2015-08-05
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ダウランド ダッタン人の踊り
だったん人の踊り~ボロディン:名曲集

新品価格 ¥ 1,166 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 3,043 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-20
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
“ドイツ・グラモフォン ザ・ベスト1200”VOL.2。
ネーメ・ヤルヴィ指揮、エーテボリ交響楽団によるアレクサンドル・ボロディン名曲集。
1876年に完成し翌年の初演が大成功を収めた交響曲第2番、ロシア皇帝アレクサンドル2世の即位25周年記念として1880年に作曲された≪中央アジアの草原にて≫、未完成ながらも最もボロディンの個性が発揮されていると言われる≪イーゴリ公≫など、ロシア的情緒に満ちた楽曲群を収録。
1989年~1991年録音。
(C)RS

ダウランド ダッタン人の踊り
ムソルグズキー:展覧会の絵&ボロディン:ダッタン人の踊り他

新品価格 ¥ 1,157 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 892 (定価の30%引き) 残り6個

発売元:SMJ  発売日:2014-10-22
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
★20世紀のオーケストラ美学が結晶化された、セル&クリーヴランド管の音色美。
1963年録音の「展覧会の絵」は、セルとクリーヴランド管が成し遂げた20世紀オーケストラ美学の頂点に立つ名演。
「セルの完璧な楽器」とも称されたクリーヴランド管の圧倒的な底力が、作品のあらゆる局面にも刻み込まれている。
各奏者の名人技、パート間の完璧なバランス、そして全体の有機的な響きなど、カラヤン&ベルリン・フィルやオーマンディ&フィラデルフィア管と並ぶ、20世紀で最も個性的かつ革新的なオーケストラ演奏画刻み込まれている。
カップリングの4曲は1958年に録音されたロシアの作曲家による華麗なショウピースで、EPIC時代のSTEREORAMAの超優秀録音として知られていたLPに収録されていた作品である。

メディア掲載レビューほか 
タワー・レコード“Sony Classical”スペシャル・セレクション第8期。
本作は、ジョージ・セルとクリーヴランド管が成し遂げた20世紀オーケストラ美学の頂点に立つムソルグズキーの「展覧会の絵」(1963年録音)を収録したアルバム。
各奏者の名人技、パート間の完璧なバランス、そして全体の有機的な響きなど、個性的かつ革新的なオーケストラ演奏が刻み込まれた作品。
(C)RS

ダウランド ダッタン人の踊り
R.コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」/ボロディン:だったん人の踊り

新品価格 ¥ 1,514 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 3,529 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-03-12
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
美麗なる『シェエラザード』 評価
『シェエラザード』は1967年1月、『だったん人の踊り』は1970年12月、いずれもベルリン、イエス・キリスト教会での収録。
カラヤンが『シェエラザード』を取り上げたのはこの1967年盤の一度だけ。
なぜこの一度だけだったのかは分からないが、美麗にして雄大なる出来映えである。
艶やかで豊潤な弦、力強く重厚な金管、そして名コンマスであったミシェル・シュヴァルベによる雄弁なヴァイオリン・ソロがそれぞれに素晴らしい。
管弦楽の波状攻撃のような第1楽章、しなやかでうねるような美音が聴き手に迫ってくる第3楽章が特に圧倒的。
カラヤンの棒の魔術をいかんなく堪能できる。

メディア掲載レビューほか 
ヘルベルト・フォン・カラヤン没後25年(2014年時)記念、カラヤン名盤1600 第1回発売『カラヤンが愛した交響曲・管弦楽曲』。
本作は、カラヤン唯一の録音となったR.コルサコフの交響組曲≪シェエラザード≫に、1970年録音の歌劇≪イーゴリ公≫からの楽曲をカップリングしたアルバム。
(C)RS

ダウランド ダッタン人の踊り
だったん人の踊り/ロシア音楽コンサート

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 2,972 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-05-15
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
天賦の才のなせる技 評価
いにしえのファンにとっては、エルネスト・アンセルメ/スイス・ロマンド管弦楽団の演奏といえば、特定のジャンルでは泣く子も黙るくらいの「権威」がありました。
久しぶりに、そのサウンドに浸りたくて耳を傾けました。
やはり只者ではない。
録音は1957ー1964年にかけてばらつきがあり、その古さは否めませんがアンセルメの偉大な足跡をトレースするにはこれで良しとしましょう。
アンセルメのロシア音楽が「権威」なのは、彼がデュアギレフのロシアバレエ団の指揮者として徹底して研鑽を積んできたこととの関係が大きいと思います。
また、どちらかと言えば濃密な、また時にエキゾチックという名の異端的なロシア音楽が、アンセンメのタクトにかかると近代的な、普遍的な作品に昇華されるような魔力があります。

メディア掲載レビューほか 
デッカ ザ・ベスト1200。
大地のぬくもりを感じさせる、どことなく憂愁の色合いを帯びた旋律と、原色的で大らかなサウンドが特色のロシア音楽。
本作は、そんな醍醐味を伝えてくれる名曲ばかりを収録したアルバム。
エルネスト・アンセルメは、民族的をいたずらに強調することなく、持ち前の洗練された感性で作品のロマンティックな魅力を引き出している。
(C)RS

ダウランド ダッタン人の踊り
R.コルサコフ:シェエラザード

新品価格 ¥ 2,999

中古価格 ¥ 354 (定価の65%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-11-01
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
異国情緒あふれる音のドラマ。オーケストラの魅力を存分に堪能! 評価
 遡ること学生時代、カラヤンのこのレコード(!)をレコード屋さんで注文して購入した思い出があります。
当時、評判などをあれこれ調べて、カラヤンのにしようと小遣いをためて買いました。
初めて聴いた”シェエラザード”は、なんとも異国情緒タップリの雰囲気で圧倒されました。
今となってはCDで聴くしかないのですが、時が経ても、カラヤンのレガートで、目を瞑って大きく手を振る指揮姿が目に浮かぶようで、BPOの豪壮な音の波間につつまれて一気に聴いてしまいます。
 それから蛇足かもしれませんが、カラヤンのディスクでしかまだ聴いたことがない、1楽章の海の主題が流れ出した時に、合いの手でピチカートがフォルテ(?)で鳴らされる箇所、ここは海の描写をとてもリアリティにしていると思います。

メディア掲載レビュー 
`ドイツ・グラモフォン・ザ・ベスト1000`シリーズ。
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団による、リムスキー=コルサコフ「交響組曲《シェエラザード》」、ボロディン「歌劇《イーゴリ公》~ダッタンの娘たちの踊り/ダッタン人の踊り」を収録した、1967、70年録音盤。

ダウランド ダッタン人の踊り
R.コルサコフ:シェエラザード、他

新品価格 ¥ 1,452 (定価の21%引き)

中古価格 ¥ 1,080 (定価の41%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
妖艶かつ大胆な 評価
ゲルギエフは基本的に賛否が真っ二つに別れるようでどのCDのレビューを見ても大体真っ二つ、ある意味面白い指揮者である。
シェエラザードも他の録音同様ゲルギエフらしく豪快に、いわゆるロシア的な演奏しているが、ヴァイオリンソロの部分はとてもエロティックに奏されており、妖艶なソロと大胆なトゥッティの対比が大変面白い。
個人的にはとても気に入っている。

秀演ですが二番煎じです 評価
とても優れた、面白い演奏です。
ロシア情緒に溢れ、ゲルギエフのエネルギッシュな指揮振りも目に浮かぶようで、とても臨場感のある録音です。
でも、基本的には、打楽器と弦・管楽器のバランスを整えた以外、基本的な構造・解釈はフェドセーエフ(ヴィクターの録音版)の解釈と酷似しています。
ヴァイオリン・ソロの演奏スタイルは多少違いますが、テンポ設定やアーティキュレーションの指示などは、そっくりです。
ゲルギエフの、この演奏を先に聴くと、いかにも、この演奏が他の演奏家の演奏と格段に異なっているように聞こえますが、ぜひ、フェドセーエフ指揮モスクワ放送交響楽団の演奏を聴いてみて下さい。

ダウランド ダッタン人の踊り
ダッタン人の踊り

新品価格 ¥ 1,260

中古価格 ¥ 11 (定価の99%引き) 残り8個

発売元:DREAMUSIC( C)(M)  発売日:2008-04-30
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
山下達郎、絶賛 評価
FM東京のサンデーソングブックで、パーソナリティーの山下達郎さんが「一押し」と言っていました。
声量が素晴らしく、聞いていてとても気分がスカッとしました。
これまで「ダッタン人の踊り」は演奏でしか知らなかったので、歌だとまた違った良さがありました。
番組では、いろいろなジャンルの歌が歌える人だと紹介されていましたので、これからの活躍が期待されます。

藤澤ノリマサ~ボイスマジック 評価
とにかくまずは試聴してほしい。
藤澤ノリマサの声は貴方の耳ではなく魂に届く。
もしかして貴方は複数の人間が歌っている様に感じるかも知れない。
しかし彼ひとりの声である。
音大出身の彼はポップス的発声とクラシック的発声を見事に使いわける。
ミルフィーユの様に重なった藤澤ノリマサの声に恋してください。

すごい 評価
感動しました。
特にダッタン人の踊りは原曲も好きだったのですが、このトランスアレンジが凄く気に入りました。
クラシックだけでなく、トランスなどテクノ音楽が好きな人にもおすすめします!



ダウランド ダッタン人の踊り
R.コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」/ボロディン:だったん人の踊り

新品価格 ¥ 1,602 (定価の17%引き)

中古価格 ¥ 1,300 (定価の33%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-03-08
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ダウランド ダッタン人の踊り
1812年、だったん人の踊り~ロシア音楽コンサート



中古価格 ¥ 1,080 (定価の33%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-06-24
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
“DECCA New定盤”シリーズ第1回。
1984年、25歳のエサ=ペッカ・サロネンがバイエルン放送響を振ったデビュー盤で、19世紀ロシアの民族情緒たっぷりの名曲集。
若々しい情熱のもとに、躍動感溢れるフレッシュな演奏を展開し、サロネンの実力を世に知らしめた記念すべきアルバム。
(C)RS

ダウランド ダッタン人の踊り
ボロディン:交響曲全集、だったん人の踊り 他

新品価格 ¥ 2,187 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,053 (定価の56%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-05-14
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
デッカ創立85周年(2014年時)記念「デッカ クラシック・ベスト50」。
本作は、「だったん人の踊り」「中央アジアの草原にて」をはじめとしたボロディンの人気作品に3曲の交響曲をカップリングしたアルバム。
デッカの豪華アーティストたちによる演奏で、民族情緒あふれる美しいメロディを堪能できる一枚。
(C)RS

ダウランド ダッタン人の踊り
チャイコフスキー:交響曲第5番/ボロディン:だったん人の踊り

新品価格 ¥ 2,000

中古価格 ¥ 1,150 残り3個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2012-07-25
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
派手ではあるが 評価
巷で言われる程奇をてらった?演奏ではありませんでした。
迫力満点です。

メディア掲載レビュー 
EMIクラシックス名盤999シリーズ!ルーマニア出身、東欧作品で一世を風靡した指揮者、コンスタンティン・シルヴェストリの名盤。
オーケストラとの協調が見事。
第4楽章の後半のテンポ設定など、巨匠と名の付く人ならではのもので、まさに演奏家が音楽を創出していた時代の遺産といえる内容。
(C)RS

ダウランド ダッタン人の踊り
R.コルサコフ:シェエラザード&ボロディン:だったん人の踊り



中古価格 ¥ 835 (定価の18%引き) 残り6個

発売元:EMIミュージックジャパン  発売日:2012-06-27
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
世界のオザワ☆ 評価
小澤さんのCD、間違いなく永久保存で決まりです。
大好きな曲で、しかも小澤征爾さんの指揮☆じっくり聞かせていただきました。

荒削りではあるけれど、躍動感満載 評価
若干ばらばら感があり、不慣れなのかなあと思わせるシェラザードですが、何と言っても躍動感があって、わくわくするのは一番かもしれない。
シェラザードのベストでは無いと思うけれど、ベターではある。

ダウランド ダッタン人の踊り
ボロディン:歌劇「イーゴリ公」(ハイライト)/ 交響詩「中央アジアの草原にて」



中古価格 ¥ 2,080 残り1個

発売元:Naxos  発売日:2005-10-01
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ダウランド ダッタン人の踊り
R.コルサコフ:シェエラザード&だったん人の踊り

新品価格 ¥ 3,000

中古価格 ¥ 353 (定価の67%引き)

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2003-02-26
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
R.コルサコフ:シェエラザード&だったん人の踊り [CD] 小澤征爾、 リムスキー=コルサコフ、 ボロディン; シカゴ交響楽団



ダウランド ダッタン人の踊り
ボロディン:交響曲 第2番 ロ短調

新品価格 ¥ 1,848 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 1,620 (定価の25%引き) 残り1個

発売元:SWR CLASSIC  発売日:2018-02-23
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ダウランド ダッタン人の踊り
ドヴォルザーク/チャイコフスキー/ボロディン:弦楽四重奏曲

新品価格 ¥ 1,496 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 1,280 (定価の30%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-09-07
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ダウランド ダッタン人の踊り
BORODIN EDITION

新品価格 ¥ 7,984

中古価格 ¥ 11,860 残り2個

発売元:BRILI  発売日:2012-11-15
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
Symphonies n°1 à n°3 - Quatuors à cordes n°1 & n°2 - Quintette avec piano - Quintette à cordes - Serenata alla spagnola - Sextuor à cordes - Trios à cordes - Trio avec piano - Musique pour piano - Mélodies... / Artistes divers

ダウランド ダッタン人の踊り
ボロディン:交響曲 第1番-第3番

新品価格 ¥ 1,291



発売元:Naxos  発売日:2011-09-14
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ダウランド ダッタン人の踊り
ボロディン:交響曲全集

新品価格 ¥ 1,741 (定価の19%引き)

中古価格 ¥ 1,076 (定価の50%引き)

発売元:BMG JAPAN  発売日:2002-07-24
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
凄演 評価
~ムソルグスキー、リムスキー=コルサコフ等とともにロシア五人組と称されるボロディンは「中央アジアの草原にて」など管弦楽作品に素晴らしいものが多い。
交響曲は第二番が古くから親しまれてきた名曲。
しかし録音となるとめぼしいものが乏しかった。
スヴェトラーノフの全集はできばえに関わりなく貴重なものであるが、これは民族色も豊かで、オーケストラ~~も凄まじく鳴りわたる豪快な演奏。
木管ソロも十分な技量を備えていて、大満足のいく名演奏だ。
~

ボロディンを知りませんでした 評価
このCDを聴くまでボロディンを知りませんでした。
もちろん曲も全く知らない曲でしたが、非常に聴きやすい、「いい曲」でした。
抽象的な表現ですが、これしか言葉が思い付きません。
BGMにいいかと思います。

ダウランド ダッタン人の踊り
Borodin: String Quartets Nos. 1 & 2

新品価格 ¥ 978

中古価格 ¥ 1,250 残り6個

発売元:Chandos  発売日:2002-01-22
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やっと探しました。 評価
兄のために購入しました。
アマゾンでやっと見つけました。
とても喜んでいました。

Amazonレビューのレビュー
Alexander Borodin was one of those remarkable people who can pursue several equally successful careers. He studied various instruments as a boy, began to compose in his teens, and became famous in music, chemistry, and medicine. His two quartets are thoroughly romantic. The first, heard less frequently, is never less than pleasant and often felicitous, with many lovely melodies; a mournful, very Russian slow movement; and a scintillating, feathery Scherzo, whose Trio, primarily in harmonics, has a celestial sound. The second quartet is greatly superior and more concise, the thematic material more inspired and better developed. It is famous for its slow movement, "Notturno," a tender, rapturous dialogue between cello and first violin, which has been described as a love scene between Borodin and his wife of 20 years, to whom the work is dedicated. Toward the end, however, it suddenly becomes melancholy, as if in foreboding: Borodin died six years later, only 55 years old. The playing here is breathtakingly beautiful. The date of the original recording is not mentioned, though on the picture the players look very young. The Quartet was formed by its leader, Rostislav Dubinsky, and cellist Valentin Berlinsky in 1945; the other two members joined in the early '50s. These are the musicians heard on this disc; they played together until 1975, when Dubinsky emigrated to America. The four players are absolutely equal. Their technical command is complete, their ensemble seamlessly integrated, their tone flawlessly pure, smooth as silk, and warm as velvet; the first violin soars radiantly. They bring out every mood and nuance with deep, inward expressiveness, but with a noble restraint that precludes sentimentality; they hardly slide and never exaggerate. The Quartet still exists, but Berlinsky is the only original member left. --Edith Eisler



ダウランド ダッタン人の踊り
Shostakovich: The Complete String Quartets - Piano Quintet

新品価格 ¥ 4,818



発売元:Decca  発売日:2018-09-28
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ダウランド ダッタン人の踊り
チャイコフスキー:1812年

新品価格 ¥ 926 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 540 (定価の47%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2015-07-08
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
のだめからこのCDにたどり着いた方へ 評価
私もそうですが、のだめ見てクラシックっていいなと思った、ビギナーの方。
映画で聴いた1812年に感動した方。
その中でものだめファンの方はサントラの方が楽しめるんじゃないでしょうかね。
このCDにはボレロ入ってませんし笑。
一方、私のように雑食の音楽好きで1812に冷や汗出ちゃった方はこのCDはお気をつけあそばせ。
うちの貧粗なスピーカーでも今まで聴いたことのない音像が聴こえてきました。
ロックだソウルだジャズだテクノだレゲエだ…どのジャンルでも聴けない音像。
どのジャンルに対してもすごい刺激としてフィードバックできるカンフル剤。
それがクラシック。

この演奏の魅力は迫力だけじゃない 評価
もう30年以上、聞き続けているストコフスキーの1812年。
この演奏の本当の魅力は、大砲の迫力とかではなく、中間部のしみじみとした叙情(ここでも必要以上のリタルダンドで、情緒を煽るが)や、戦闘場面の弦楽器の歌い回し(とくにフレーズ開始のアクセントの付け方は、はっと息をのむほど効果的)にあると思います。
決して正統的とはいえないが、この音楽の魅力を引き出すためのアイディアがあふれている。
とても心に残る1812年だと思う。
ストコフスキー、ブラボーッ!!

ダウランド ダッタン人の踊り
SYMPHONIES NOS.1-3

新品価格 ¥ 746

中古価格 ¥ 508 残り2個

発売元:BRILLIANT CLASSICS  発売日:2013-01-10
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
Symphony Orchestra of the Bolshoi Theatre - Armenian Philharmonic Orchestra - Mark Ermler & Loris Tjeknavorian, direction

ダウランド ダッタン人の踊り
Essential Borodin 2

新品価格 ¥ 1,004

中古価格 ¥ 273 残り3個

発売元:Decca Import  発売日:2008-09-02
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ダウランド ダッタン人の踊り
Essential Borodin

新品価格 ¥ 1,137

中古価格 ¥ 1,152

発売元:Decca Import  発売日:2007-06-12
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ダウランド ダッタン人の踊り
チャイコフスキー:交響曲第1番

新品価格 ¥ 1,142 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 737 (定価の43%引き) 残り8個

発売元:日本コロムビア  発売日:2004-07-21
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
兎に角美しい 評価
両曲共、もっと激しい録音は一杯ある。
それにも関らず当を評価出来るのは「美音」に尽きる。

いいと思います 評価
全般に、はつらつとした活気にみなぎった、軽快ながら緊張感あふれるよい演奏だと思います。
スメターチェクは名指揮者と言えるのではないでしょうか。

いぶし銀の名演 評価
チェコの名指揮者ヴァーツラフ・スメターチェクがプラハ響とチェコフィルを 指揮したチャイコフスキー交響曲第1番「冬の日の幻想」とボロディン交響曲 第2番が収められたディスクです。
録音年はチャイコフスキーが1961年6月、 ボロディンが1970年10月となっています。
どちらの曲も名職人によるいぶし銀の名演というべき味わい深いものです。
全体的に禁欲的で落ち着いた音楽運びですが、歌うべきところは歌わせる、 リズムが躍動するところは快活にと、当然のことを自然に実行できているのは 見事の一言です。
惜しむらくは録音年が古いことに起因する音質面の問題です

ダウランド ダッタン人の踊り
Complete String Quartets / Souvenir De Florence

新品価格 ¥ 2,230

中古価格 ¥ 3,051 残り2個

発売元:Chandos  発売日:2001-01-23
  

ダウランド ダッタン人の踊り  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ダウランド ダッタン人の踊り
ピアノソロ 中上級 フィギュアスケート名曲集~氷上に響くメロディ~ 2018-2019

新品価格 ¥ 2,160



発売元:ヤマハミュージックメディア  発売日:2018-12-24
  

ダウランド ダッタン人の踊り
WSB-12-8 ブラスロック楽譜 だったん人の踊り Brass Rock

新品価格 ¥ 6,804



発売元:ウィンズスコア  発売日:2018-11-28
  

ダウランド ダッタン人の踊り
新エレクトーン・レパートリー 5級 Vol.2

新品価格 ¥ 1,620



発売元:ヤマハミュージックメディア  発売日:2018-04-28
  

ダウランド ダッタン人の踊り
ボロディン:ポロヴェツ人の踊りと合唱(ダッタン人の踊り) (zen-on score)

新品価格 ¥ 800

中古価格 ¥ 3,632 残り3個

発売元:全音楽譜出版社  発売日:2018-01-15
  

ダウランド ダッタン人の踊り
No.90 ボロディン ダッタン人の踊り (Kleine Partitur)

新品価格 ¥ 972

中古価格 ¥ 498 残り5個

発売元:日本楽譜出版社  発売日:2017-11-20
  

発売元のレビュー
楽譜/スコア/日本楽譜/ボロディン:ダッタン人の踊り出版社 日本楽譜

ダウランド ダッタン人の踊り
ボロディン: オペラ「イーゴリ公」より ダッタン人の踊り/ベライエフ社/合唱作品

新品価格 ¥ 3,996

中古価格 ¥ 3,200 残り1個

発売元:ベライエフ社  発売日:2015-02-20
  

ダウランド ダッタン人の踊り
ピアノピース-545 ダッタン人の踊り 歌劇「イーゴリ公」より/ボロディン (全音ピアノピ-ス 545)

新品価格 ¥ 540

中古価格 ¥ 2,987 残り1個

発売元:全音楽譜出版社  発売日:2014-08-11
  

ダウランド ダッタン人の踊り
ボロディン: オペラ「イーゴリ公」よりダッタン人の踊り/オイレンブルグ社/小型スコア

新品価格 ¥ 3,564

中古価格 ¥ 2,200 残り1個

発売元:オイレンブルグ社  発売日:2012-02-01
  

ダウランド ダッタン人の踊り
ボロディン: オペラ「イーゴリ公」より ダッタン人の踊り/ベライエフ社/ピアノ・ソロ用編曲

新品価格 ¥ 3,456



発売元:ベライエフ社  発売日:2010-03-15
  

ダウランド ダッタン人の踊り
ダッタン人の踊り/Polovetsian Dance from Prince Igor … ボロディン(Borodin) 【弦楽四重奏】

新品価格 ¥ 1,296



発売元:レーヴ音楽出版  発売日:2009-12-29
  

ダウランド ダッタン人の踊り
器楽合奏 だったん人の踊り

新品価格 ¥ 3,564



発売元:ブレーメン  発売日:2009-04-01
  

発売元のレビュー
編曲:吉川浩司  サイズ:A4  ページ数:15 パート数:15  パート譜:有り ホ短調(シャープ1)→イ短調(シャープ無し、フラット無し)→ト長調(シャープ1) 難易度:上級   演奏時間(約3:57)   子供達だけで演奏出来る様に編曲しています。
使用楽器:鍵盤ハーモニカを中心にマリンバ、ビブラフォーン、シンセサイザー、大太鼓、小太鼓等。

ダウランド ダッタン人の踊り
スコア ボロディン 歌劇《イーゴリ公》より ポーロヴェツ人の踊りと合唱(ダッタン人の踊り) (Zen‐on score)



中古価格 ¥ 900 残り6個

発売元:全音楽譜出版社  発売日:2002-02-22
  

哀愁と強烈さという多彩なメロディ 評価
「イーゴリ公」は遊牧民族と戦った中世ロシアの英雄を主人公とした作品である。
「ポーロヴィッツ人の踊り」は古くは「ダッタン人の踊り」で知られた曲であるが、民族的にはポーロヴィッツ人が正しい。
捕虜になったイーゴリ公にハン(遊牧民の首領)が自分の力を見せつける宴会シーンで演奏される曲である。
この説明からはハンを称える勇壮なメロディを想起するが、ハンに遠方から連れてこられた奴隷の踊り子達の望郷の念も込められている。
哀愁と強烈さという多彩なメロディが特徴で、ロシア音楽の奥深さを感じさせる。



ダウランド ダッタン人の踊り
ピアノのための名曲楽譜シリーズ ボロディン vol.2 (Hélène-Polka、Tarantella) (パブリックドメイン 楽譜ライブラリーPOD)

新品価格 ¥ 1,080



発売元:ISM Publishing Lab.  発売日:2016-09-29
  

ダウランド ダッタン人の踊り
オイレンブルクスコア ボロディン 弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調 (オイレンブルク・スコア)

新品価格 ¥ 756

中古価格 ¥ 252 残り4個

発売元:全音楽譜出版社  発売日:2009-02-18
  

ダウランド ダッタン人の踊り
No.29 ボロディン 中央アジアの草原にて (Kleine Partitur)

新品価格 ¥ 432

中古価格 ¥ 400 残り4個

発売元:日本楽譜出版社  発売日:2009-02-05
  

ダウランド ダッタン人の踊り
スコア ボロディン 歌劇《イーゴリ公》より 序曲,ポーロヴェツ人の行進 (Zen‐on score)

新品価格 ¥ 1,080

中古価格 ¥ 1,214 残り3個

発売元:全音楽譜出版社  発売日:2008-08-26
  

ダウランド ダッタン人の踊り
NO.277 ボロディン 弦楽四重奏 第2番 (Kleine Partitur)

新品価格 ¥ 540

中古価格 ¥ 50 残り5個

発売元:日本楽譜出版社  発売日:2005-09-02
  

ダウランド ダッタン人の踊り
OGT-66 ボロディン 歌劇「イーゴリ公」序曲 (ミニチュア・スコア)

新品価格 ¥ 864

中古価格 ¥ 399 残り8個

発売元:音楽之友社  発売日:2001-08-16
  

ダウランド ダッタン人の踊り
スコア ボロディン 交響曲第2番 (Zen‐on score)

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 1,900 (定価の12%引き) 残り3個

発売元:全音楽譜出版社  発売日:1998-12-10
  

とても良い曲です。 評価
スコアを見ながら聴いていますが、中々良いメロディーがあって楽しい。



PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加