アイスラーの楽譜、奏法技術を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

アイスラーの楽譜、奏法技術の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格



入門編

奏法、技術

名曲、定番の楽譜


アイスラー
ゼロから考える経済学――未来のために考えておきたいこと

新品価格 ¥ 2,376

中古価格 ¥ 203

発売元:英治出版  発売日:2009-11-04
  

幸せな未来社会を築く処方箋 評価
この本の購入のきっかけは,広井良典氏が朝日新聞に書いた書評だ.著者は,トインビー,アダム・スミス.マルクス,ヘーゲルらとともに,偉大な思想家20人にただひとり選ばれた女性だそうだ.今の経済システムが私たちに幸せをもたらさないことは,多くの人がなんとなく感じているはずだが,どこをどのように変えていけばわからないというのが正直なところではないだろうか.今の経済学は,環境破壊や戦費などを納得できる形で経済指標に含ませることができない.外部不経済と呼ばれている部分だ.しかし,不完全な経済学にも最近では革新の兆しがあるようだ.この本は,幸せな未来社会を築くための処方箋が示されている.これまで,資本主義対社会主義などという対立軸で社会を観てきたが,それを超える視座を提示してくれる.支配のシステムと思いやりのシステム(パートナーシップのシステム)という対抗軸で,この世界を見ることができると説く.経済に関わるすべての領域を,家庭経済を中核として,無報酬の地域経済,市場経済,不法経済,政府経済そしてすべての基本となる自然経済に分けて考えるところが,とても興味深い.幸せな社会は,思いやりのシステム,世話を焼くシステムで可能となる.これまで主に女性が担当してきた仕事(家庭経済や無報酬の地域経済など)である.この価値を高めることで,子どもたちの能力を高め,やがて社会でその力を発揮することで,幸せな世界を造ることが出来るという理論だ.女性の地位を高め,その能力を発揮する社会をつくる,女性の本能的な能力は,ケアすることに優れている.自然,子ども,恵まれない人々への思いやりは,やがて一人ひとりの能力を高め,すべての人々のニーズを満たす持続可能な社会をつくると考える.地球に生きるすべての生きものにやさしくすることで,生きものが持つ本来の能力を存分に発揮させることができる.そうすることで,人間にとっても幸せな社会が持続するとしている.皆,ケアすること,ケアされることは,気持ちいいことであるはずだ.そのネットワークが壁を超えて繋がる.あらたな絆ができ,それが広く繋がっているほど,人はますます心地よいと感じるはずだ.ヒトをケアできるのは,ヒトしかいないという言葉が心に残る.現実の先進国で,これに近いシステムを作っているのは,北欧だ.著書でも何度も言及している.遅れをとっている日本は,北欧のシステムに学び,改善していくことが,幸せの国ををつくる早道だろう.この本は,多くの人に読んでもらいたい.とくに政治家やこれから政治を目指す人たちに読んでほしい.

アイスラー
ハード・レイン/雨の影 (ハヤカワ文庫)

新品価格 ¥ 17,756

中古価格 ¥ 1

発売元:早川書房  発売日:2009-03-31
  

ジョンの行く先は・・・ 評価
前作「レイン・フォール/雨の牙」から1年。
様々な相手から身を隠すため、東京を引き払い大阪に。
ジョンの死と言う噂も流され、やきもきする川村みどり。
この彼女の心が、実は今回の物語の事件に大きく影響します。
もっとも彼女はアメリカにおり、この本のラスト近くなって登場し、ジョンとの決着をつけます。
とにかく、この「ジョン・レノン」シリーズは非常に読みやすく、日本が舞台と言うこともあって、一気に読んでしまいました。
「謎」の複雑さは、前作の方が上だと思いますが、小説としては本作品の方がよく纏まっています。

アイスラー
レイン・フォール/雨の牙 (ハヤカワ文庫)

新品価格 ¥ 33,751

中古価格 ¥ 1

発売元:早川書房  発売日:2009-03-31
  

日本の暗部に迫るサスペンス 評価
主人公は、ジョン・レイン。
アメリカからも日本からも受け入れられない、ハーフの孤高の暗殺者です。
ヒロインは、アメリカでの生活経験のあるジャズ・ピアニスト川村みどり。
ジョンがみどりの父親を暗殺するところから、物語は始まります。
そして、次に来た指令がみどりの暗殺でした。
みどりに心惹かれるものを感じていたジョンは、事件の裏に潜む深いものを感じ探って行きます。
そうしてゆく内に、日本の暗部が見えてきます。
日本での滞在経験がある作者の日本への造詣の深さが、東京の町の精緻な描写と主人公たちのリアルな表現で、臨場感溢れる物語にしています。

日米ハーフの殺し屋ジョン・レインの “存在感”を描ききった力作 評価
バリー・アイスラーは、日本を舞台にしたこのデビュー・サスペンスで一躍注目を集めた。
そして<雨-レイン->のタイトルでシリーズ化されている。
また、主役の殺し屋ジョン・レインを椎名桔平が、そして相手役のジャズピアニストみどりを長谷川京子が演じて、かなり脚色されているらしいが映画にもなった。
日米ハーフのジョン・レインはヴェトナム戦争を体験したフリーランスの殺し屋だ。
彼はターゲットを自然死に見せかけて殺すことで、これまで幾度も政治がらみの暗殺を手がけてきた。
今回の依頼も難なくやってのけた。
しかし、暗殺したキャリア官僚が持っていたであろう、国家機密が隠されたディスクをめぐって、彼は国家的な陰謀の渦に巻き込まれることになる。

アイスラー
雨の掟 (ヴィレッジブックス)

新品価格 ¥ 1,037

中古価格 ¥ 154 残り6個

発売元:ヴィレッジブックス  発売日:2007-09-01
  

いわくありげなラスト 評価
まだまだ、いろいろとありそうですね。
最後に発覚する事実はまだまだ完全解決まで遠いということ…今回は掟ゆえに一度は依頼を失敗します。
それはジョンが忌み嫌うことだったから…そのためにたくさんの危機に見舞われます。
スパイに殺されそうになったりしますし。
しかしこの作品は割とワクワクする場面は控えめです。
珍しいことに。
ロマンスもあります。
やはり静かですね。
そして、ちょこっと笑わせてくれもします。
それはあの助平巨漢、ドッグスがいるからかな。
最後はこれまたすごいものです。
意外な人がある人を暗殺するのです。

アイスラー
雨の罠 (ヴィレッジブックス F ア 1-3)

新品価格 ¥ 33,815

中古価格 ¥ 466 残り2個

発売元:ヴィレッジブックス  発売日:2006-06
  

ノンストップ 評価
一度読んでしまうと「なぜか」読まずにはいられなくなってしまう「読んだら負け」な本。
とにかく構成がうまいそして翻訳作品とは思えないうその設定のない日本、その他の地域。
特に日本の描写には毎回舌を巻いております。
本当にリアルなんですから。
今回も静かに進んでいきます。
失恋、新たな恋の予感、そして計画の露呈。
最後の展開はちょっと特殊です。
でもそのケースでもなかなかいい仕事をしています。
「雨」氏は。
ラストも決まりすぎてもう言葉になりません。

アイスラー
雨の牙 (ヴィレッジブックス)



中古価格 ¥ 1

発売元:ソニーマガジンズ  発売日:2002-01
  

東京に待望のヒーロー誕生か? 評価
こんなリアルな東京があるとは知らなかった。
日本人の官僚を父に、アメリカ人の弁護士を母に持つジョン・レインは、まるでCIAの極秘作戦のマニュアルのように、驚くほどの緻密さと複雑に交錯する伏線とをもって、読者を東京の裏社会にゆっくりと引きずり込んでいく。
元アメリカ国務省の官僚で弁護士でもあるバリー・アイスラーの処女作は、東京に新たなヒーローを誕生させた。
テンポの速い語り口と、随所に散りばめらた人々や街並みの細密な描写には全く無駄がなく、その特徴をつかむ手腕には唸ってしまう。
さらに憎いのは、そこにはハリウッド映画のような脚色された日本はどこにも存在せず、あるのは素顔のままの、何気ない東京の日常だけが生き生きと描かれているところだ。

アイスラー
聖なる快楽―性、神話、身体の政治 (叢書・ウニベルシタス (596))

新品価格 ¥ 8,208

中古価格 ¥ 5,927 残り5個

発売元:法政大学出版局  発売日:1998-03-01
  

アイスラー
オキーフ/スティーグリッツ―愛をめぐる闘争と和解



中古価格 ¥ 2,000

発売元:朝日新聞社  発売日:1994-11
  

アイスラー
聖杯と剣―われらの歴史、われらの未来 (叢書・ウニベルシタス)

新品価格 ¥ 4,644

中古価格 ¥ 1,304

発売元:法政大学出版局  発売日:1991-10-01
  

アイスラー
ハンス・アイスラー 人と音楽 (晶文社アルヒーフ)



中古価格 ¥ 1,480 残り7個

発売元:晶文社  発売日:1985-02
  



アイスラー
Das allwissende Auge

新品価格 ¥ 1,312

中古価格 ¥ 4,703 残り1個

発売元:Edition M  発売日:2016-05-17
  




PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加