ヴァイスの楽譜、奏法技術を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ヴァイスの楽譜、奏法技術の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格



入門編
ヴァイス
愛の心理学

新品価格 ¥ 4,104

中古価格 ¥ 8,208 残り1個

発売元:北大路書房  発売日:2009-10-01
  

ヴァイス
カフカスの防衛―「エーデルヴァイス作戦」ドイツ軍、油田地帯へ (独ソ戦車戦シリーズ)

新品価格 ¥ 2,376

中古価格 ¥ 1,388 残り6個

発売元:大日本絵画  発売日:2004-07-01
  

マニアックだなあ 評価
このシリーズは今まであまり注目されていない独ソ戦の戦いを抽出してまとめているものだが、この本で書かれている内容も単独ではあまり本をみかけない。
B軍集団が行ったスターリングラード戦があまりに有名なので、このA軍集団が行った油田奪取作戦の方は大抵の戦史で脇役扱いだ。
しかしブラウ作戦が最初に考えられた時はこちらが本筋でスターリングラードは側面支援だったはずなのだ。
この本を読んでわかるのは、ソ連にとっても重要な油田なのでそれこそ熾烈な争いがここで行われたことだ。
(当たり前だが)なかなかこの戦いを詳しく書いた本が無いのでこれは貴重な資料だと思う。

ヴァイス
核融合エネルギー入門 (文庫クセジュ875)

新品価格 ¥ 5,463

中古価格 ¥ 199

発売元:白水社  発売日:2004-05-25
  

今世紀中葉までに実現する核融合発電 評価
本書の作者は人類がエネルギー不足と地球温暖化の危機に直面するのは、2050年以前と予想する。
それまで無尽蔵と言われる核融合発電を実現しなければならない。
核融合反応の原料は海水に重水素であるが、海水10リットルに含まれる重水素を核融合反応させると、石油300リットルに匹敵するエネルギーが得られるという優れものだ。
人口は70億人を超えているので早く実現してもらいたい。
核融合発電の達成には高温プラズマの安定的な維持と発電に向けたエンジニアリングの開発の両方が必要だ。
前者のプラズマ研究は日欧米の世界三大トカマク実験装置で大きな進展があり、現在日米欧露中韓印の7極が共同して、フランスに国際熱核融合実験炉(ITER)を建設中だ。

ヴァイス
ドイツ成年後見ハンドブック―ドイツ世話法の概説 (成年後見シリーズ)



中古価格 ¥ 2,191

発売元:勁草書房  発売日:2000-06
  

ヴァイス
人はなぜ迷信を信じるのか―思いこみの心理学



中古価格 ¥ 1,027 残り9個

発売元:朝日新聞社  発売日:1999-05
  



奏法、技術

名曲、定番の楽譜
ヴァイス
ゼンオンギターライブラリー ギターのための ヴァイス名曲選集 (ゼンオン・ギター・ライブラリー)

新品価格 ¥ 2,484

中古価格 ¥ 1,972 残り3個

発売元:全音楽譜出版社  発売日:2018-04-03
  



ヴァイス
敗れた者たち



中古価格 ¥ 505 残り9個

発売元:筑摩書房  発売日:1987-06
  



ヴァイス
ヴァイス 麻布警察署刑事課潜入捜査 (角川文庫)

新品価格 ¥ 734

中古価格 ¥ 125

発売元:KADOKAWA  発売日:2016-12-22
  

ヴァイス
ユリイカ 2015年5月号 特集=ポール・トーマス・アンダーソン -『ブギーナイツ』『マグノリア』から『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』、そして『インヒアレント・ヴァイス』へ

新品価格 ¥ 1,404

中古価格 ¥ 899 残り4個

発売元:青土社  発売日:2015-04-27
  

内容紹介 
世界三大映画祭すべてにおいて監督賞を受賞した気鋭の映画監督、ポール・トーマス・アンダーソン。
世界文学を代表する小説家、トマス・ピンチョン『インヒアレント・ヴァイス』の映画化で、大きな話題を呼んでいる。
鬼才と鬼才が邂逅する今作品を起点に、ポール・トーマス・アンダーソンをめぐる映画史的状況を考察する。
目次* 【インタビュー】 ポール・トーマス・アンダーソン/ホアキン・フェニックス(『インヒアレント・ヴァイス』主演俳優)/ジョシュ・ブローリン(『インヒアレント・ヴァイス』出演俳優) 【対談】 佐藤良明×柳下毅一郎 【エッセイ】 松田青子/横田 創 【論考】 栩木玲子/三浦哲哉/真魚八重子/篠儀直子/難波阿丹/大久保清朗 佐々木 敦/大和田俊之/斉藤 環 【作品ガイド】 PTA全作品解題(渡邉大輔)

ヴァイス
魔界戦記ディスガイア10周年記念 メモリアルブック

新品価格 ¥ 2,790

中古価格 ¥ 597 残り9個

発売元:SBクリエイティブ  発売日:2014-01-11
  

イラスト盛りだくさん! 評価
文字情報のインタビューは20Pほどで、ほとんどのページがイラストで埋め尽くされているので、何となく眺めているだけでとても楽しいです。
本の構成が良いですね。
以下詳細です。
ディスガイアシリーズの主要キャラ、職業ユニット、モンスターのイラストがずらり勢ぞろいしています。
キャラと職業ユニットは歴代カットインイラストが並べて見れるので、これは歴代ファンにとっては懐かしく、絵柄の進展が面白いです。
各キャラ、ユニット、モンスター全てにゲーム上の設定やコメントが付いていて図鑑っぽくなっています。
イラストギャラリーが70Pほどあるのですが、これもすごい!歴代ゲームパッケージのほかに、『ディスガイア3』〜『ディスガイアD2』までの各店舗の予約特典のイラスト、ゲーム雑誌の表紙、CDジャケットイラストなどが1Pに一枚ずつ掲載されています。

ヴァイス
LAヴァイス (Thomas Pynchon Complete Collection)

新品価格 ¥ 3,888

中古価格 ¥ 1,452

発売元:新潮社  発売日:2012-04-01
  

語られたある世界について 評価
ロスの私立探偵が70年代の洛陽悪徳都市で例によって例のごとく繰り広げるという、まあんずアホ馬鹿パラノイア物語だなあ。
ここでは60年代の明るい歌と踊りは影をひそめ、ニクソン流の新資本主義と現実主義が新たな法と秩序の締め付けをあたりかまわず強要してくるんだが、本書のとんちき主人公は「舗道の敷石の下はピーチ!」などとうそぶきながらすでにあらかた失われた60年代のノリでハッパを吸い吸い、時代の巨悪に向かって孤立無援の蟷螂の斧を振りかざそうとするんだね、これが。
既にして悲愴であり滑稽そのもののテイタラクであるが、ピンチョンときたら今が21世紀のはじめであると知りながら、あえてこの不毛と苦渋の時代におのれの分身を突入させて、もういちど宴のあとのアホ馬鹿踊をやらかそうとしているみたいだ。

ヴァイス
ヴァイスシュヴァルツ ポータブル ザ・コンプリートガイド

新品価格 ¥ 2,268

中古価格 ¥ 19 残り7個

発売元:アスキー・メディアワークス  発売日:2011-12-22
  

ヴァイス
ヴァイスシュヴァルツ ガイドブック2009 (ホビージャパンMOOK)

新品価格 ¥ 2,057

中古価格 ¥ 1

発売元:ホビージャパン  発売日:2009-09-30
  

ヴァイス
ヴァイスの空 (CR COMICS)

新品価格 ¥ 670

中古価格 ¥ 90 残り8個

発売元:ジャイブ  発売日:2009-01-01
  

童心に帰る! 評価
空がなく、すべてが管理された世界。
少年・ヴァイスは、変わり者の友人・ネロと共に「本物の空が見たい」と建物の壁を昇っては失敗というのを繰り返していました。
そんなある日、黒衣の美少女ノワールと出会いが、ふたりをこの世界の謎に迫る冒険へと導いてゆきます。
ネタそのものはそれほど新しいものではありませんが、独特の世界とキャラクターによる雰囲気が良いです。
レゴブロックで作られたような街、奇っ怪、巨大な生物のいる密林。
レトロフューチャーなロボットや、それを管理する黒衣の一族たち。
閉鎖され、行き詰まった世界を、好奇心と勇気を持った子供が変える物語というのもイイです。

初見だけど懐かしい 評価
理想の管理社会は欺瞞に満ちた虚構であった、というベタ~なストーリーだが、ありきたり、と言う無かれ!!これを『王道』と言うのです。
学習誌のマンガだから単純明快なストーリーって事もあるんでしょうが、それだけに単純に分かり易くて面白かった。
昔好きだった少年漫画ってこんな感じだったよなぁ・・・。
手描き感にこだわった独特の『カサハラ』タッチにあさりよしとお氏のアイデアも加わって、世界観はその辺の漫画とは一味違います。
ケチつけるとしたら、真空で人間が沸騰する説ですが、最近は否定的な意見も多いですよね。
自分は全然気になりませんでしたが、学習誌掲載作の為、左綴じで左開きなのでご用心。

ヴァイス
P&G式 世界が欲しがる人材の育て方 日本人初のヴァイスプレジデントはこうして生まれた

新品価格 ¥ 1,282

中古価格 ¥ 1

発売元:ダイヤモンド社  発売日:2008-08-22
  

If you put your mind to it, you can accomplish anything. 評価
taiyaki#96リーダーシップとは、ポジションにあるのではなく、リーダーとしてみんなから受け入れられるビヘイビアにある。
この言葉が気に入りました。
3Eリーダーシップとして、Envision、Energize、Enableが大切と説いています。
否定的なレビューが多い気がします。
でも世界のP&Gを日本でここまでメジャーにしたんだから、自慢話が多いのは当然かも。
当時はダイバーシティーなんて概念もなかったわけで、女性として、理不尽に戦わなければならないこともあったでしょうし。
自分の功績を堂々と主張するだけの押し出しが強くなければ、チャンスも回ってことなかったんじゃないでしょうか。

ビジネススキルかな… 評価
人材育成方法についてより、むしろビジネススキルについて有効な意見が散見されました。
具体的には、■セミナーで勉強して、それを誰かに伝えて、教わった人が第三者に伝えるスリーピープルティーチング■外部セミナーで勉強したことを、職場で発表する場を設定することによって、自分はより深く、聴衆も学ぶことができる、という手法。
■必要なメモのみをファクトブックというかたちにまとめる(ファイリング手法)要らないメモは捨てる…頭が痛いです。
(その他、鋭い分析だなと感じた点は)●商品が売れていない現場の雰囲気は、責任のなすり付け合いになりがち⇒メンバーの視線を変えることでチーム再生(視線を外に向けさせる)●アイデアキラー(「それ、昔やったことあるよ」「それは、前に失敗した方法だよ」「面白くない」「コストがかかる」「現実的でない」)を封印する●よきにしろ悪しきにしろ、部下の間に様々な経験をすることが一番(自分が得られるもをを最大化するためには、自分の側のアプローチを変えて学ぶ姿勢でがんばること)《一番強く感じたことは、やはり…》女性の中間管理職が強く伸びているということです。

ヴァイス
Google誕生 —ガレージで生まれたサーチ・モンスター

新品価格 ¥ 8,971

中古価格 ¥ 1,189 残り9個

発売元:イースト・プレス  発売日:2006-05-31
  

良くも悪くも成功物語 評価
Googleの創設以来の桁外れの成功物語。
Google登場の頃より使っていたファンとしては、とても楽しく読め、よりGoogleを理解した気分になれた。
ただし、通常のビジネス書を読んで得られるようなTake Awayはこの本には期待できない。
何せ素晴らしい天才であり、かつ人をひきつける魅力も持つ稀有な二人が、時期と運と周りの人に恵まれ、ほぼ挫折も失敗もなしに桁外れの成功をしていくというストーリーである。

"google guys"の破天荒なドラマ 評価
googleの創設者サーゲイ・ブリンとラリー・ペイジが出会い、googleをたちあげ、現在に至るまでの躍進劇を詳細に綴った物語。
才気と血気にあふれる二人の、既成概念に真っ向から喧嘩を売る"尖った"行動のエピソードが次から次へと盛り沢山で、読み物としても面白い本です。
しかし、この物語の一番のメッセージは、その行動の源である彼らの一貫した価値観と理想です。

発売元のレビュー
世界を一変させた、グーグルという検索エンジン。
慣例や常識を覆す、グーグルという企業。
それらを生んだ、情熱的で型破りな若き天才たち。
綿密な取材と膨大なインタビューで初めて明かされる、Google革命の舞台裏。

ヴァイス
All that Wei〓―A collection of all Wei〓 stories,for all Wei〓 fans



中古価格 ¥ 476 残り4個

発売元:ムービック  発売日:2000-05
  

ヴァイス
ヤァ!ヴァイス4―ヴァイス・アンソロジィコミック (A collection)



中古価格 ¥ 1 残り5個

発売元:ムービック  発売日:1999-02
  

ヴァイス
ヤァ!ヴァイス―ヴァイス・アンソロジィコミック (3) (A collection)



中古価格 ¥ 1 残り7個

発売元:ムービック  発売日:1998-12
  

ヴァイス
ヤァ!ヴァイス―ヴァイス・アンソロジィコミック (2) (A collection)



中古価格 ¥ 1

発売元:ムービック  発売日:1998-11
  

ヴァイス
Ja! weis―ヴァイス・アンソロジィコミック (A collection)



中古価格 ¥ 1

発売元:ムービック  発売日:1998-08
  



ヴァイス
ソンエリュミエール

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 1,199

発売元:フォイル  発売日:2013-02-13
  

内容紹介 
2011年3月の東日本大震災と福島までの原子力発電事故は、安全と幸福と自由という社会の基盤を根底から覆した。
人間の自由を実現するための民主主義社会が選びとって来た経済や社会のシステムは、今や人間社会を脅かすものになってしまった。
そんな絶望の中にありながら、世の中の矛盾に正面から向き合い、立ち続ける可能性を探った展覧会。
絶望自体も取り込み、未来への種として、生き抜こうとするはかなくも生命ある存在の有り様を見つめる。

著者について 
参加作家(本書掲載順)■木村太陽/岸本清子/サイトウ・マコト/アンディ・ウォーホル/ヤン・ファーブル/田嶋悦子/ゲルハルト・リヒター/草間彌生/ゴードン・マッタ=クラーク/秋山陽/カールステン・ニコライ/マグナス・ヴァリン/粟津潔/ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス/フランシスコ・デ・ゴヤ/Chim↑Pom/鈴木ヒラク/ジェイク&ディノス・チャップマン/奈良美智/ラファエル・ロサノ=へメル/パトリック・ブラン/日比野克彦/村上隆/ピピロッティ・リスト/梅田哲也




PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加