ヴィクトリアの楽譜、奏法技術を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ヴィクトリアの楽譜、奏法技術の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格



入門編
ヴィクトリア
禅と戦争: 禅仏教の戦争協力

新品価格 ¥ 3,240

中古価格 ¥ 6,480 残り2個

発売元:えにし書房  発売日:2015-12-08
  

ヴィクトリア
ヴィクトリア時代の思潮とJ.S.ミル―文芸・宗教・倫理・経済

新品価格 ¥ 2,767

中古価格 ¥ 2,736 残り3個

発売元:三和書籍  発売日:2013-04-01
  

内容紹介 
本書は、ミルというヴィクトリア時代を代表する知識人を媒介に、時代の思潮全体をできる限り鳥瞰し各領域を架橋することを目指した。
とりわけ、わが国のミル研究では時代精神としての“科学” の影に隠れがちであった側面、功利主義・科学主義の反面であるロマン主義や宗教、文芸や古典趣味などについて、ヴィクトリア時代の文脈において捉え直すところに特色を出そうとした。
併せて、現代の大衆社会、消費社会の原型が形作られたヴィクトリア時代を代表する思想家ミルの現代にとっての先駆的意義についても、わが国の研究では見過ごされがちであったその認識論、幸福論、正義論を通じて提示しようと試みた。

内容(「BOOK」データベースより) 
本書は、ミルというヴィクトリア時代を代表する知識人を媒介に、時代の思潮全体をできる限り鳥瞰し各領域を架橋することを目指した。
とりわけ、わが国のミル研究では時代精神としての“科学”の影に隠れがちであった側面、功利主義・科学主義の反面であるロマン主義や宗教、文芸や古典趣味などについて、ヴィクトリア時代の文脈において捉え直すところに特色を出そうとした。
併せて、現代の大衆社会、消費社会の原型が形作られたヴィクトリア時代を代表する思想家ミルの現代にとっての先駆的意義についても、わが国の研究では見過ごされがちであったその認識論、幸福論、正義論を通じて提示しようと試みた。

ヴィクトリア
ベナー ナースを育てる

新品価格 ¥ 4,320

中古価格 ¥ 4,062 残り2個

発売元:医学書院  発売日:2011-11-15
  

ヴィクトリア
体の中から「キレイ」になれる50の習慣 (ワニ文庫)



中古価格 ¥ 1

発売元:ベストセラーズ  発売日:2002-10
  

ヴィクトリア
看護を教える人への14章

新品価格 ¥ 13,001

中古価格 ¥ 500 残り4個

発売元:医学書院  発売日:1998-02
  

ヴィクトリア
娘の恋愛能力は父親が決める―愛に悩む女性のために



中古価格 ¥ 2,980 残り1個

発売元:PHP研究所  発売日:1997-10-01
  

ヴィクトリア
女性を捏造した男たち―ヴィクトリア時代の性差の科学

新品価格 ¥ 3,456

中古価格 ¥ 530

発売元:工作舎  発売日:1994-05
  

ヴィクトリア
英国心霊主義の抬頭―ヴィクトリア・エドワード朝時代の社会精神史

新品価格 ¥ 25,274

中古価格 ¥ 4,497 残り9個

発売元:工作舎  発売日:1992-01
  

ヴィクトリア
柔らかいファシズム (有斐閣選書)



中古価格 ¥ 281

発売元:有斐閣  発売日:1989-04
  



奏法、技術

名曲、定番の楽譜

ヴィクトリア
世界のベストマッサージテクニック (GAIA BOOKS)

新品価格 ¥ 3,023

中古価格 ¥ 700

発売元:産調出版  発売日:2011-09-28
  

内容紹介 
喜び、リラクセーション、痛み緩和のための世界の革新的ボディワーク 世界の「タッチセラピー」のテクニック! 触感は深遠な感覚で、鎮め、癒し、喜びを与える無限の力があります。
世界のさまざまな文化の中には、数々の驚くべきマッサージやボディワークが存在しています。
それらをリラクセーションやストレス緩和、健康維持に役立てる方法を、この美しいガイドブックが伝授します。
スタートからフィニッシュまでのひとつ一つのステップごとの写真。
あなたも手や体を動かしながら、“触れて癒す”ユニークでエキサイティングな方法を習得しましょう。
*こねるようなストロークで筋肉を伸ばすスウェーデン式マッサージ *温かく流れる動きを凝りに浸透させるホットストーンマッサージ *ストレッチを助けて体を調整するタイ式ヨーガマッサージ *集中的な圧でエネルギー経路を刺激するリフレクソロジー *感覚的なストロークで体と心を穏やかにするロミロミ *体を密着させて優しい絆をつくるタンツ *優しく揺らして筋肉と関節を緩めるポラリティ *押して痛みを和らげ、けがの治癒を速める指圧



ヴィクトリア
図説 ヴィクトリア朝百貨事典 (ふくろうの本)

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 1,535 残り5個

発売元:河出書房新社  発売日:2017-08-19
  

ヴィクトリア
ヴィクトリア朝英国人の日常生活 上:貴族から労働者階級まで

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 1,819 残り4個

発売元:原書房  発売日:2017-07-11
  

ヴィクトリア
アンティークシルバーのある暮らし: Antique Silver Collection

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 1,580 残り3個

発売元:誠文堂新光社  発売日:2017-05-11
  

ヴィクトリア
ウィリアム・モリスの美しい塗り絵: ロンドン、ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアムのコレクションより (大人の塗り絵シリーズ)

新品価格 ¥ 1,512

中古価格 ¥ 1,246 残り7個

発売元:河出書房新社  発売日:2016-11-22
  

ヴィクトリア
塗り絵の美術館コレクション1可愛いヴィクトリア朝挿絵から夢二まで

新品価格 ¥ 1,404

中古価格 ¥ 2,759 残り2個

発売元:ひかりのくに  発売日:2016-10-24
  

ヴィクトリア
ヴィクトリア時代の衣装と暮らし (制服・衣装ブックス)

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 1,240

発売元:新紀元社  発売日:2015-09-09
  

ヴィクトリア
ヴィクトリア (岩波文庫)

新品価格 ¥ 648

中古価格 ¥ 51

発売元:岩波書店  発売日:2015-08-18
  

ヴィクトリア
図説 ヴィクトリア朝の暮らし: ビートン夫人に学ぶ英国流ライフスタイル (ふくろうの本/世界の文化)

新品価格 ¥ 1,998

中古価格 ¥ 1,630 残り4個

発売元:河出書房新社  発売日:2015-05-26
  

ヴィクトリア
ステンドグラス 至宝の光 (掛川市ステンドグラス美術館コレクション)

新品価格 ¥ 2,916

中古価格 ¥ 2,250 残り4個

発売元:株式会社 日貿出版社  発売日:2015-03-06
  

1レビュー 評価
掛川ステンドグラス美術館のコレクションの紹介だけでなく、英国のステンドグラス史を知ることのできる、素晴らしい解説書。
読んでも、見ても楽しめる一冊。

ヴィクトリア
これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝―なぜ生まれ、どう使われてきたのか

新品価格 ¥ 1,512

中古価格 ¥ 215

発売元:メディアパル  発売日:2012-06-01
  

アンティークからヴィクトリア時代を丸ごと理解する 評価
ヴィクトリア女王が君臨する1937年~1901年の「日の沈まない帝国」の首都、ロンドン。
本書は、時代の主役として英国文化を牽引したミドル・クラスの暮らしと、そのライフスタイルに欠かすことのできない服飾、装身具、小物、食器、家具調度のデザインに顕現した"ヴィクトリア・スタイル"とその時代背景を、現在でも入手可能なアンティークを交えて解説する。
・18世紀の貴族社会から19世紀の都市中間層へ、田舎の大邸宅から都市のタウンハウスへと、時代をリードする主役と舞台が移り、家具調度の"リバイバル"デザインの流行と小型化が進む。
アップライト・ピアノ、ウッド・チェア、ホール・スタンドなど、現代日本でも馴染みのあるモノは、ヴィクトリア時代に発祥するのか。

アンティークからヴィクトリア時代を丸ごと理解する 評価
ヴィクトリア時代に生まれた様々なモノと背景について、わかりやすい文章でまとめられています。
でも、アンティーク・ビギナーを対象にした本でありながら、写真や挿絵が少なすぎます。
ムスタッシュカップやムスタッシュスプーン、印章指輪、スモーカーズ・ボウ、脱進機、スノードーム、トラヴェリング・デスク、クロモ・リトグラフなど、文章だけでそれをイメージできるビギナーが一体どれだけいるでしょうか?複数の執筆者で構成されているためか、一部内容に重複も見られ(特にリバティなど)、評価は辛口にならざるをえません。

ヴィクトリア
ヴィクトリア朝時代のインターネット

新品価格 ¥ 2,480

中古価格 ¥ 2,142 残り9個

発売元:エヌティティ出版  発売日:2011-12-21
  

世界が革命的に小さくなった驚くべき時代の嚆矢 評価
1830年代に整備されはじめた電気通信網、テレグラフが社会に与えた影響は、こんにちのインターネットを凌駕するものであったことが、面白エピソードを交えて語られる。
何事もそうだが、最初にコトを成し遂げた人物の努力と執念は想像を絶する。
世界初の光学式テレグラフを発明・実用化したシャップ、1850年頃爆発的に普及した電気式テレグラフ=電信をこの世に生み出した英国人クックと米国人モールスこそ、エジソンやベルに劣らず賞賛されるべきだろう。
海底横断ケーブルは世界中=欧州と北米、インド、アフリカ、中国、そして日本を電信網に接続し、時間と空間の概念を一変させた。

言葉をとおして思いを伝え合う って人間だけがするんだったんだなあ~ということを思い出しました。 評価
技術が発達すると、思わぬサイドエフェクト(予期せぬ効用)やダウンサイド(ハッカーや悪用する人)があったり、それでもブライトサイド(良い面)のためにこうしてコミュニケーションの選択肢を増やしてきたんですね!ヴィクトリア時代からインターネットがあったなんて驚きです!1700年代のフランスの修道院でのインターネットの実験の話・・・200人の修道士たちが25Ftの電線をもって1マイルの列を、そこに電気を走らせて・・。
などなど驚きの話ばかりでした。
普段何気なく使ってきたインターネットや通信技術ですがこんなところから始まったんだ・・・と思うと、有難く使わせていただいているんだなあという気持ちになりました。

ヴィクトリア
私の旅ノート 垣間見た異国の印象

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 850 残り2個

発売元:鳥影社  発売日:2011-05-20
  

ヴィクトリア
ヴィクトリア女王―大英帝国の“戦う女王” (中公新書)

新品価格 ¥ 929

中古価格 ¥ 220

発売元:中央公論新社  発売日:2007-10-01
  

新たに気づかされる、女王の凄さ 評価
ヴィクトリア女王は、世界史でもとりわけ名が知れた人物のひとりでしょう。
その概説かつ19世紀英国史を垣間見ることができる良書です。
文章も、読者に気を遣ってか、それとも著者自信が愉しくなってきたのかと言わんばかり読みやすい仕上がり。
アルバートとのなれそめ、ヨーロッパ王室、皇室との関連、女王の外交や政党政治議会との関わり方などなど、素直に勉強になる一冊だと思います。

「女帝」らしい一生 評価
立憲君主政治の代表格たるイギリスのことであり、どうしても「君臨すれども統治せず」と言う言葉が染着いていました。
ですから、ヴィクトリア女王の時代が「太陽の沈まない帝国」の時代であるとしても、「女王」の力と言うものはそれほどないだろうと思っていました。
ところが、この本を読んでいく内に、そうした先入観念が一気に吹き飛ばされました。
64年間と言う長きにわたる在位の期間は、並の人間ではとても考えられない大変な「重労働」だったでしょう。
イギリス、いや大英帝国の国民の期待を一身に受けていたのですから・・・。
更に、この時代はイギリスの全盛期の時代であると言う認識が強かっただけに、度重なる戦争だけでなく、内なる議会とのやりとりの壮絶さは、想像をはるかに超えるものでした。

ヴィクトリア
隔週刊 世界遺産DVDコレクション 14 デアゴスティーニ(キリマンジャロ国立公園、セレンゲティ国立公園、ヴィクトリアの滝)



中古価格 ¥ 980 残り3個

  発売日:2005
  

ヴィクトリア
美術フォーラム21 第5号 海外から日本の美術を見る。

新品価格 ¥ 2,940



発売元:醍醐書房  発売日:2001-12-25
  

ヴィクトリア
図説 ヴィクトリア朝百貨事典 (ふくろうの本)

新品価格 ¥ 7,202

中古価格 ¥ 566

発売元:河出書房新社  発売日:2001-09-01
  

百貨店的百科事典 評価
簡潔な文章とふんだんな絵や写真でヴィクトリア朝の日常生活がわかりやすく紹介されている百貨店的百科事典。
英国史に詳しくなくとも世界の工場として経済的な発展を遂げた英国が、1930年以降に一大消費大国へと成長していく過程がわかりやすく解説されている。
この時代に発明されたもの─例えばウスターソース、マーガリン、コルセット、傘、石けん、マッチ、ローソク、キオスク、デパート等々。

物を通じて伝わるヴィクトリア朝 評価
ヴィクトリア朝に関わる食品や衣装、生活用品、薬やクリスマスの風習、それに動物園など、今の生活に通じる様々な事物の起源や、当事どのように扱われていたかを、豊富な写真や図で解説してくれる良書です。
和書でこの値段、内容の本は非常に珍しく、まったくヴィクトリア朝を知らない人でも、人間の暮らしに関心を持っているならば、十分に楽しめる内容です。

ヴィクトリア
下着の誕生―ヴィクトリア朝の社会史 (講談社選書メチエ)



中古価格 ¥ 455

発売元:講談社  発売日:2000-07
  

ヴィクトリア時代を女性の下着という観点から迫った社会心理学 評価
副題にヴィクトリア朝の社会史とあるように、当時の社会通念や常識、女性感、美人論、世調などを下着という一番肌に近い”服”から見渡した1冊。
著者戸矢氏は東大文学部社会心理学科で、心理学出身らしく、当時の広告や記事や日記等からの心理分析が中心。
分析対象はクリノリンの最盛期からバッスルスタイル後期までの約40-50年間。
コルセット、ペチコート、ブルマー、ドロワース、ブラジャー、オールンインワン等、数々の誕生の背景や意義、変遷等を当時の銅版画(おそらく広告挿絵)や広告記事、当時の識者の意見や有名人の日記等から細かく紹介。
特に女性誌におけるコルセットはするべきか否かの女性による論争は面白かった。

下着から社会を見る 評価
ヴィクトリア朝時代の女性下着についての、細かく解説しながら変遷を追っていますが、単に下着の話に終わらずに、そこから見えてくる当時の世相を描いています。
当時の女性雑誌などを資料としているので、イメージとしては、カルスタ的歴史学、といったところでしょうか。
著者の修士論文を土台にした本のようですが、難しい議論が続くのではなく、いろいろな関心から切り込まれているので無理なく読めます。
ヴィクトリア朝も、遠い昔というよりは、今も昔も女性雑誌が読まれているのは変わらない。
そうした筆者の考えが見えるようで、全体的に身近な雰囲気になっているのかなと思います。





PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加