ヴォーン・ウィリアムズの楽譜、奏法技術を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ヴォーン・ウィリアムズの楽譜、奏法技術の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格



入門編

奏法、技術

名曲、定番の楽譜


ヴォーン・ウィリアムズ
ヴォーン=ウィリアムズ: イギリス民謡組曲/ブージー & ホークス社/ニューヨーク/吹奏楽 スコアとパート譜セット

新品価格 ¥ 19,548



発売元:ブージー & ホークス社/ニューヨーク  発売日:2015-02-20
  

ヴォーン・ウィリアムズ
ヴォーン=ウィリアムズ: "バス・チューバ協奏曲/David Matthews編"/オックスフォード大学出版局/チューバとピアノ

新品価格 ¥ 4,536



発売元:オックスフォード大学出版局  発売日:2015-02-20
  

ヴォーン・ウィリアムズ
ヴォーン=ウィリアムズ: 私たちに平和をください(ソプラノ、バリトンソロ、混声四部、ピアノ伴奏): 合唱ヴォーカルスコア/オックスフォード大学出版局/合唱作品

新品価格 ¥ 3,240



発売元:オックスフォード大学出版局  発売日:2015-02-20
  

ヴォーン・ウィリアムズ
ヴォーン=ウィリアムズ: 音楽へのセレナード/オックスフォード大学出版局/合唱作品

新品価格 ¥ 2,592



発売元:オックスフォード大学出版局  発売日:2015-02-20
  

ヴォーン・ウィリアムズ
ヴォーン=ウィリアムズ: シェークスピアの詩による3つの歌/オックスフォード大学出版局/合唱作品

新品価格 ¥ 972



発売元:オックスフォード大学出版局  発売日:2015-02-20
  

ヴォーン・ウィリアムズ
世界最悪の旅―スコット南極探検隊 (中公文庫BIBLIO)

新品価格 ¥ 905

中古価格 ¥ 437 残り8個

発売元:中央公論新社  発売日:2002-12-01
  

人と自然と探検について考える事のできる本。 評価
 å-極探検はスコットVSアムンゼンという争いが描かれ、常に「勝è€...」であるアムンゼンの業績が称えられている。確かにアムンゼンはすã"い。彼の伝記に触発され、ä½"ã‚'鍛えるために冬にçª"ã‚'é-‹ã'て寝た経é¨"のある人はå°'なくない。わたã-もその一人である。 ã-かã-、スコット隊の探検もまた、ものすã"い精神とä½"力の持ち主é"であった。ã"の本ã‚'読ã‚"でいると、スコットの性格がå...¨ã¦å-極という地では裏目に出てã-まった事が明らかとなる。例えば、動物に対する優ã-さから犬ぞりã‚'使わずに機械ã‚'使った事が、最も大きなæ•-因であった。機械がå-極の地では凍りつき、役に立たなかった。自然は人é-"より強い。それã‚'噛み締めるようにどã‚"どã‚"悪åŒ-する状況の中、どうã-ようもない隊å"¡é"の想いが良く伝わるæ-‡ç« ã§ã‚ã‚!‹ã€‚私はã"の本ã‚'小学ç"Ÿã®æ™‚に読ã‚"だが、強烈な印象はおよそ10å¹'後の今でも残っている。スコットが最後に友人ジェイムズ・バリ(「ãƒ"ーターãƒ'ン」の作è€...)へ書き残ã-た遺書も、ç' æ™'らã-いものである。人は究極の状況に陥っても、ã"ã‚"なにも思いやりある存在でいられるのか。小学ç"ŸãªãŒã‚‰ã«æ³£ã„たものである。 何æ•...人はã"のよに過é...·ãªæ-...ã‚'するのか。名声もあるかもã-れない。ただã-、それは後からついてくるものであったり、ãƒ'トロンへの詭弁であったりする。何æ•...なら、人は「人がやったã"とが無い事」ã‚'ã-たいものなのである。結果的には失æ•-に終わったスコット隊のå†'険にも、ã"の精神が溢れていた。

ヴォーン・ウィリアムズ
民族音楽論



中古価格 ¥ 3,000 残り5個

発売元:雄山閣  発売日:1984-10
  

生きた音楽とは何だろうか 評価
ヴォーン・ウィリアムズの書いた内容については、大変興味深く、下の方も書いておられますので、他に何も言うこともありませんが、ただ訳がかなり悪いです。
現在では考えられないレベルです。
読んでいて意味がつかみにくいと思う個所があったら、まず誤訳か悪訳と思ってよいでしょう。
さらに言うと訳が悪いのみならず、文自体が抜けていることさえあります。
また原書に収録されている、「映画音楽を作曲する」や「グスターヴ・ホルスト」、「シベリウス」、「我々はエルガーから何を学んだか」といった多くのエッセイは、訳者があとがきで述べているところによると、「現在の読者にとって興味がなく、本書の成り立ちから見て必要性を感じない」ものであるらしく、割愛されています。

生きた音楽とは何だろうか 評価
民族音楽の研究家としても知られるイギリス音楽界の巨匠、ヴォーン=ウィリアムズが書いた幾つかの文章を纏めたもので、彼のファンのみならず、音楽ファン一般にも薦めたい一冊です。
作られた音楽よりも生まれて来た音楽を、リクツや理論でではなく、ハァトで音楽を、押し付けられたり教えられたりする音楽よりも、自分が心から共感出来る音楽を。
音楽の精髄に関する彼の確かな信念に支えられた本書は、万人に開かれたものとしての音楽の在り方の大切さを我々に語りかけてくれます。
内容は四部構成で以下の通り。
第1章民族音楽論第2章作曲について第3章ベートーヴェン〈第九交響〉についての考察第4章音楽的自叙伝





PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加