ストラヴィンスキーの楽譜、奏法技術を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ストラヴィンスキーの楽譜、奏法技術の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格


火の鳥

入門編
ストラヴィンスキー
音楽入門 (角川ソフィア文庫)

新品価格 ¥ 821

中古価格 ¥ 171

発売元:KADOKAWA/角川学芸出版  発売日:2016-06-18
  



奏法、技術
ストラヴィンスキー
オーケストラ作品の抜粋練習曲集 (ドイツ・オーケストラ・ユニオン公認試験問題集): ホルン篇/ペータース社

新品価格 ¥ 6,048



発売元:ペータース社  発売日:2010-06-01
  

ストラヴィンスキー
オーケストラ作品の抜粋練習曲集 (ドイツ・オーケストラ・ユニオン公認試験問題集): トロンボーン篇/ペータース社

新品価格 ¥ 5,508



発売元:ペータース社  発売日:2010-06-01
  



名曲、定番の楽譜


ストラヴィンスキー
エドガー・ヴァレーズ: 孤独な射手の肖像

新品価格 ¥ 5,184

中古価格 ¥ 4,000

発売元:春秋社  発売日:2019-01-07
  

ストラヴィンスキー
輸入楽譜/スコア/ストラヴィンスキー:葬送の歌

新品価格 ¥ 4,212



発売元:Boosey&Hawkes  発売日:2017
  

発売元のレビュー
輸入楽譜/スコア/ストラヴィンスキー:葬送の歌Stravinsky,I.:Funeral Song Op.5Boosey&Hawkes

ストラヴィンスキー
私の人生の年代記―ストラヴィンスキー自伝 (転換期を読む 16)

新品価格 ¥ 2,376

中古価格 ¥ 1,885 (定価の20%引き) 残り8個

発売元:未来社  発売日:2013-03-01
  

内容紹介 
バレエ・リュスとの共作で音楽界を震撼させた異才がその半生を記した自伝を完訳。
革命と戦争に翻弄されるロシア人としての複雑な思いを秘めつつ、音楽との出会いから、独自の理論を確立する青年時代、『春の祭典』に結実する盟友ディアギレフ、ニジンスキーらとの創作の日々を経て、国際的作曲家として飛躍するまでが語られる。

著者について 
イーゴリ・ストラヴィンスキー(Igor Fyodorovitch Stravinsky)1882年生まれ、ロシアの作曲家、指揮者、ピアニスト。
ロシア・バレエ団のために作曲した『火の鳥』(1910年)『ペトルーシュカ』(1911年)『春の祭典』(1913年)で作曲家としての地位を確立。
1939年にアメリカ合衆国に移住、1971年、ニューヨークにて死去。
笠羽映子(かさばえいこ)東京藝術大学卒、音楽学博士。
現在、早稲田大学社会科学総合学術院教授。
訳書にストラヴィンスキー『音楽の詩学』(未來社)『ブーレーズ作曲家論選』(筑摩書房)『ブーレーズは語る』(青土社)『ドビュッシー書簡集1884-1918』(音楽之友社)ほか。

ストラヴィンスキー
現代作曲家探訪記~楽譜からのぞく世界~

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 1,890 残り9個

発売元:ヤマハミュージックメディア  発売日:2013-02-24
  

人生の達人 評価
林光(二文字なのでなんとなく「さん」をつけたくなります)さんが、20年間今のヤマハの「楽譜音楽書展望」に連載したエッセイ。
主に現代音楽作曲家の楽譜をとおして記述した世界は、20年というとんでもなく長い時間にも関わらず、停滞がなく、鋭い眼光はいっそう鋭く、かろやかな諧謔はいよいよ深みをまし、素人にたいしても楽譜の語る何かを伝えています。
先週の4月7日(日)の日経新聞「読書」欄で紹介されていたもの。
現代音楽といっても林光さんの時代(1931年から2012年)を全部カバ−しているので、少しは私たち素人がなじんでいる作曲家も登場する。
新聞では「万華鏡のよう」と書いてあるが、毎回違った音楽家による楽譜(ばかりか楽譜から除く世界)を紹介しておりまさに万華鏡か。

ストラヴィンスキー
音楽の詩学 (転換期を読む)

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 1,380 残り8個

発売元:未来社  発売日:2012-08-01
  

内容説明 
『火の鳥』『ペトルーシュカ』『春の祭典』ほか、ディアギレフ率いるロシア・バレエ団との共作で音楽界に衝撃を与えた作曲家による、ハーヴァード大学での名講義を初めて完訳。
ときに哲学的に、ときに辛辣に、その作曲理論・音楽史観から祖国への複雑な感情までを語りつくす。

内容(「BOOK」データベースより) 
『春の祭典』ほかバレエ・リュスとの共作で音楽界に衝撃を与えた異才によるハーヴァード大学での詩学講座を初めて完訳。
ときに哲学的に、ときに辛辣に、その作曲理論・音楽史観から祖国への複雑な感情まで語りつくす。

著者について 
イーゴリ・ストラヴィンスキー(Igor Strawinsky)1882年、帝政ロシアに生まれる。
リムスキー=コルサコフに師事し、ロシア・バレエ団との共作で作曲家としての地位を確立。
スイス、フランスでの活動を経て1939年にアメリカへ亡命、1971年、ニューヨークで死去。
笠羽映子(かさば・えいこ)東京藝術大学卒、音楽学博士(パリ第4大学)。
早稲田大学社会科学総合学術院教授。
訳書にルシュール『ドビュッシー書簡集 1884-1918』『伝記 クロード・ドビュッシー』、ブーレーズ『現代音楽を考える』『ブーレーズ作曲家論選』ほか。

ストラヴィンスキー
ストラヴィンスキー: 「ペトルーシュカ」より3つの楽章/ブージー & ホークス社/ピアノ・ソロ用編曲

新品価格 ¥ 4,212



発売元:ブージー & ホークス社  発売日:2010-03-01
  

ストラヴィンスキー
ストラヴィンスキー: イタリア組曲/ブージー & ホークス社/ピアノ伴奏付バイオリン・ソロ楽譜

新品価格 ¥ 4,536



発売元:ブージー & ホークス社  発売日:2010-02-10
  

ストラヴィンスキー
ストラヴィンスキー: ペトルーシュカ (1947年版)/ブージー & ホークス社/全曲版大型スコア

新品価格 ¥ 7,560



発売元:ブージー & ホークス社  発売日:2009-11-01
  

ストラヴィンスキー
ストラヴィンスキー (作曲家別名曲解説ライブラリー)



中古価格 ¥ 9,798 残り2個

発売元:音楽之友社  発売日:1998-12-10
  

もう少し厚ければ・・・ 評価
船山隆氏による伝記(10頁ほど)と全作品リストがついており、曲目解説も見やすく、データベースとしての使い勝手はよい。
不満な点は、曲目解説のチョイスで音列主義時代の軽視が目立つこと。
「カンタータ」も「ディラン・トマス追悼」も「カンティクム・サクルム」も「洪水」も「変奏曲」も載っていないというのは・・・???他方、原始主義時代、新古典主義時代の代表曲はほぼ網羅されており、この作曲家のファンならまず手元に置いておきたい本という評価に変わりはない。

ストラヴィンスキー
ストラヴィンスキー: 春の祭典/ブージー & ホークス社/大型スコア

新品価格 ¥ 7,884



発売元:ブージー & ホークス社  
  

ストラヴィンスキー
Igor Stravinsky: Four Russian Peasant Songs (Upper or Lower Voices) / イーゴリ・ストラヴィンスキー:4つのロシア農民の歌 (高声または低声) 合唱 楽譜



中古価格 ¥ 3,102 残り1個

  
  




ストラヴィンスキー
An Autobiography

新品価格 ¥ 1,811 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 1,813 (定価の13%引き) 残り8個

発売元:Norton  発売日:2013-01-23
  

ストラヴィンスキー
ピアノピース-379 ピアノラグミュージック (全音ピアノピース)

新品価格 ¥ 648

中古価格 ¥ 328 残り3個

発売元:全音楽譜出版社  発売日:1998-12-10
  

ストラヴィンスキー
ストラヴィンスキー=春の祭典



中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:日本コロムビア㈱  
  



PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加