トゥリーナの楽譜、奏法技術を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

トゥリーナの楽譜、奏法技術の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格



入門編
トゥリーナ
トゥリーナ ピアノ作品集

新品価格 ¥ 3,080

中古価格 ¥ 5,981 残り1個

発売元:ヤマハミュージックメディア  発売日:2011-09-05
  

内容紹介 
スペインの作曲家トゥリーナのピアノ作品集です。
彼の多くの作品は、伝統的なアンダルシアの民族音楽に影響を受け、優美でノスタルジックな曲調を特徴としています。
今回膨大な作品の中から、スペイン音楽のスペシャリストであるピアニストの上原氏が選曲をし、トゥリーナ音楽入門者にもお勧めの1冊です。
校訂・運指・解説:上原由記音氏。
■収録曲 [全14曲を収録][1] ミニアチュールより [2] 1.サンブラ [3] 2.誘惑の踊り [4] VI.ヘネラリーフェ [5] 5.サクロ・モンテ [6] 2.リズムの輪 [7] VI.ダンサ・リトミカ [8] 5.セギリーヤ [9] 2.花売り娘 [10] 4.美しいムルシアの娘 [11] 2.センチメンタルなアンダルシアの女 [12] 2.真夜中の聖木曜日 [13] 2.夢 [14] 3.サパテアード



奏法、技術

名曲、定番の楽譜


トゥリーナ
英国貴族、領地を野生に戻す―野生動物の復活と自然の大遷移

新品価格 ¥ 2,970



発売元:築地書館  発売日:2019-12-26
  

トゥリーナ
バンド・スコア U2・ベスト[ワイド版]

新品価格 ¥ 3,960

中古価格 ¥ 3,340 (定価の15%引き) 残り3個

発売元:シンコーミュージック  発売日:2019-11-02
  

トゥリーナ
毒父の家 僕を虐待した父は幼女殺害犯だった

新品価格 ¥ 1,650

中古価格 ¥ 1,230 (定価の25%引き) 残り8個

発売元:サンクチュアリ出版  発売日:2019-09-14
  

トゥリーナ
クリエイティヴ・マインドの心理学──アーティストが創造的生活を続けるために

新品価格 ¥ 2,640

中古価格 ¥ 937

発売元:アルテスパブリッシング  発売日:2016-12-20
  

トゥリーナ
フィンランド・森の精霊と旅をする - Tree People (トゥリー・ピープル) -

新品価格 ¥ 1,980

中古価格 ¥ 382

発売元:プロダクション・エイシア  発売日:2009-05-20
  

神聖な綴り・・・ 評価
 この本を入院中にずっと見ていて,退院したら必ずフィンランドに行きたいと思っていました。
そして,実際にほとんど知識もなく,フィンランド語も読めない話せないのに,ただ森を散策してみたいというだけで訪れた国立公園。
ありふれた旅行情報誌や言葉は必要なく,数時間歩いているだけで本当にいろんな力をもらった気がしました。
森の精霊と旅をする・・・その精霊たちが道案内をしてくれたり,きのこやベリー白樺やジュニパーなどめいいっぱい五感を楽しませてくれたんだなと思っています。
この本が私の旅の1ページを大きくかえてくれるきっかけになり感謝しています。

精霊と旅ができます 評価
写真と文章で構成されていて、まるで映画を見ているような感覚になります。
ひとつひとつの言葉が意味を持ち、美しいだけではない写真に目を奪われます。
森も人間も、同じ生き物なんだと感じさせてくれます。
イチかバチか買ってみましたが、私にとっては当たりでした。
静かに読みふけりたい そんな一冊です。

トゥリーナ
執着のコードを切る12ステップ

新品価格 ¥ 2,200

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:ヴォイス  発売日:2008-09-19
  

トゥリーナ
エンパシー 共感力のスイッチをオン/オフしよう

新品価格 ¥ 5,000

中古価格 ¥ 1,270

発売元:ヴォイス  発売日:2006-06-23
  

トゥリーナ
普及版 リトル・トリー

新品価格 ¥ 1,100

中古価格 ¥ 5

発売元:めるくまーる  発売日:2001-11-01
  

KKK所属ゴーストライター作家の先入観を持って読み返したが。 評価
随分前に読んで感動した記憶があり、我が子にも薦めた。
最近、KKK所属のゴーストライターであったとのレヴューを見て、ショックを受けた。
当然、否定派はいるが、それでも作品自体の評価は変わらないという肯定派もいることに、何かしら不可思議な想いが巡った。
自分自身、作者が欺瞞と裏切りに満ちた全くの偽モノであるという強い先入観を持って、読み返した結果は、、、、、「からだの心と霊の心」「天狼星(シリウス)を見つめ心がつながる」etc、、、感動を覚えるシーンはすんなりと自分の心に響いてきた。
どうしても、読者を裏切っている内容が見つからなかった、感じられなかったのが正直のところである。

先住民の世界観に対し抱く憧憬を描いたフィクション 評価
著者のフォレスト・カーター(アサ・アール・カーター)は人種隔離主義を唱え悪名高い政治家ジョージ・ウォレスのスピーチライターであり、自身もKKKの行動派団体を立ち上げ(同団体は拉致監禁、未遂を含めた殺人容疑あり)た事は知った上で読みました。
小説家転向前の自身の経歴を一切隠匿した事実と作中に描かれたチェロキーの「涙の旅路」の極端な落差を感じました。
が、考えてみれば70年代以降KKKは急減速し「追いやられる者」として先住民にシンパシーを感じていたのかもしれませんし、「政治家」という言葉に現される巨悪や宗教に対する批判(ウォレスの場合、負け犬の遠吠えかもしれません。

トゥリーナ
U2/ヨシュアトゥリー U2 THE JOSHUA TREE バンドスコア (バンド・スコア)



中古価格 ¥ 7,005 残り2個

発売元:株式会社リットーミュージック  発売日:1988
  





PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加