ドビュッシーの名曲作品集を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ドビュッシーの名曲作品集の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格


ピアノ名曲
ドビュッシー
月の光~ドビュッシー:ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 3,024



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-01-31
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 1,679 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 6,475 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-04-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集≪クラシック・マスターズ≫

新品価格 ¥ 1,353 (定価の10%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2014-08-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ミケランジェリ盤と双璧を成す不朽の名盤! 評価
ミケランジェリ盤と双璧を成す名盤中の名盤。
二人とも不世出の天才だが、性質はまるで違う。
一音たりとも無駄にせず、理知的でコントロールしつくされたミケランジェリに対し、フランソワはより軽妙洒脱で、感覚的だ。
それゆえ、多少の弾き崩しも厭わないのだが、それが反ってクレバーな感じがして、聴いていて面白い。
オケはクリュイタンス率いるパリ・コンセルヴァトワールだが、後にラヴェルの全集を残すだけあって、自家薬籠中といったところだろう。
昨今のヴィルトゥオーゾ型オケの端々まで揃ったアンサンブルとは違い、程よくずれた縦の線。
重心が軽く、木管が浮かび上がるようなバランス。

1931年度作品 評価
ラヴェルには親友がい、その親友は日本人だったそうだ。
その人を親友にした理由は、その人が「特に何の才能も有さない」からだったそうだ。
このことから何が分かるかというと、何も分かりはしない。
死の6年前の作品である。
ラヴェルさんの晩年は交通事故の後遺症で朦朧としていたというウワサなんで、この作品は事故以前の作品だろう。
話は当然ソレルが、「カインドオブブルー」録音直前のマイルス・デイビスさんとビルエバンスさんはラヴェルに夢中だったそうで、マイルス・デイビスさんはいつかのインタビューでラヴェルの「左手のための協奏曲」のタイトルの由来、「ピアニストの友人が戦争から帰ってきたら右腕を失っていた話」をわざわざ語り直している。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 1,142 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 5,873 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-05-15
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
デッカ ザ・ベスト1200。
本作は、今(2013年時)もなおフランス・ピアノ界の第一人者として活躍するパスカル・ロジェの残したドビュッシー録音から、人気の高い3曲を収録したアルバム。
確かなテクニックに裏打ちされたその清潔感あふれる演奏はまったく色あせることなく、ドビュッシー独特の色彩的な響きの魅力を伝えてくれる作品。
(C)RS

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 9,644

中古価格 ¥ 2,650 残り1個

発売元:EMIミュージックジャパン  発売日:2010-10-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
迸る感性、フランソワのドビュッシー 評価
サンソン・フランソワは持ち前の洗練された感性と即興的な閃きで演奏を進めていくタイプのピアニストだった。
このために作曲家がそうした能力を進展させるだけのスペースを与えた曲に関しては信じられないような独壇場の表現力を発揮する。
勿論本人がその気になれば、という前提があってのことだが・・・。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 873 (定価の29%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2010-09-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集



中古価格 ¥ 450 (定価の56%引き) 残り1個

発売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ  発売日:1999-04-07
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 5,180

中古価格 ¥ 406 (定価の78%引き) 残り9個

発売元:ポリドール  発売日:1997-09-05
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
月の光 ~ドビュッシー / ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 1,888 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,443 (定価の31%引き) 残り7個

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1995-07-25
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
疲れた帰り道に・・・ 評価
仕事で疲れた帰り道によく聞いています。
参考にと思って適当に買ったのですが、よく聞くCDになってしまいました。
これはスタジオではなくてどこか森に近いところで録音したのでしょうか。
バックに鳥のさえずりが聞こえるので、なんだか窓を大きく開いた部屋で弾いているような開放感に溢れていてとても落ち着いた気分になります。

期待どおり 評価
子供の領分・版画などを好んで弾くこともあって購入。
変なアクのない演奏で好感がもてます。
演奏研究の参考になるでしょう。

安心して聴ける、ドビュッシー入門盤 評価
ドビュッシーのピアノ曲が好きなのですが、イメージ的に感情を込めずクールな演奏が多いような気がします。
モニクアースのドビュッシーは、角が取れた柔らかい音色で、お気に入りのCDです。
寄せ集めなので、通しで聴くようにはできていないものの、入門盤として十分。
値段もリーズナブルですしね。
とりあえず、「月の光」「亜麻色の髪の乙女」以外も聴いてみたい人におすすめ。
ドラクエっぽい曲もあって、結構おもしろいですよ。

ドビュッシー
ドビュッシー/ピアノ名曲集 2つのアラベスク ANC120

新品価格 ¥ 800 (定価の60%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き) 残り6個

発売元:エフ・アイ・シー  
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
収録曲 ドビュッシー ピアノ名曲集 1.月の光 2.雨の庭 3.レントより遅く 4.夜想曲 5.グラドゥス・アド・バルナッスム博士 6.ゴリウォーグのケークウォーク 7.亜麻色の髪の乙女 8.沈める寺 9.花火 10.水の反映 11.金色の魚 12.喜びの島 13.水の精 14.グラナダの夕べ 15.夢 2つのアラベスク 16.第1番 17.第2番 ウェルナー・ハース(ピアノ) Recorded 1960~1962




全集
ドビュッシー
Claude Debussy - The Complete Works

新品価格 ¥ 8,509



発売元:Warner Classics  発売日:2017-12-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
This 33-CD set stands as the most complete collection of recordings of Debussy’s music ever made: it comprises all his known works, including four pieces in world premiere recordings which were made especially for this edition. Compiled in collaboration with renowned Debussy expert Denis Herlin (responsible for several critical editions of Debussy’s music for Durand, the composer’s publisher), the box comprises recordings carefully chosen for their artistic quality and their authenticity of spirit. They span more than a century, even including recordings made by Debussy himself – he was a superb pianist. Many other distinguished names are among the performers, including a suitably impressive contingent from France. Composer: Claude Debussy Other participants: Martha Argerich, Itzhak Perlman, Yehudi Menuhin, Daniel Barenboim, Natalie Dessay, Sir Simon Rattle, Aldo Ciccolini, Philippe Jaroussky, Gérard Souzay, Pierre-Laurent Aimard, Kent Nagano, Quatuor Ebène, Samson François, Roberto Alagna

ドビュッシー
The Complete Piano Music

新品価格 ¥ 1,427

中古価格 ¥ 2,650 残り2個

発売元:DOCUMENTS  発売日:2016-12-09
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
アンセルメ デッカレコーディングス フランス音楽集 32枚組

新品価格 ¥ 7,658



発売元:UNIVERSAL ITALY  発売日:2013-09-09
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
アンセルメのデッカ録音集大成 第1巻 評価
ここ数年ユニヴァーサル・イタリーの企画によるバジェット価格のセット物が矢継ぎ早にリリースされていて、それぞれが気の利いた内容を持っているためにクラシック・ファンには目が離せないが、エルネスト・アンセルメのデッカへの録音の集大成は、ドビュッシーの2種類の『ペレアスとメリザンド』を含むフランスの作曲家の作品をまとめたこの32枚組が第1巻で、今後も同シリーズの刊行が引き続き行われるようだ。
またこれ以外にも彼が得意としたロシア物や、デ・ファリャを始めとする彼の初演になる作品群は、次回以降に組み込まれるらしい。
幸いアンセルメの代表的なセッションはその殆んどがデッカに録音されていて、50年代から60年代にかけての比較的良好な音質に恵まれた音源がこのシリーズで網羅されることは、オールド・ファンにとって朗報には違いないが、反面LP盤を当時の正価で1枚1枚買い揃えた学生時代を思い出すと複雑な気持ちにならざるを得ない。

ドビュッシー
Piano Edition

新品価格 ¥ 2,749

中古価格 ¥ 1,610 残り2個

発売元:Decca  発売日:2012-05-08
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
When the eighteen-year-old Debussy set about writing the first piano piece of his that we know of, in the summer of 1880, there was very little in the French repertoire for the instrument that he could build on. Brief essays by Gounod and Massenet merely indicated that their real interest lay elsewhere, in the opera house. Berlioz was no pianist, while Bizet, wonderful keyboard player that he was (even Liszt admired him), left nothing for solo piano to match his set of duet pieces, Jeux d'enfants. Chabrier's piano music would soon become one of the young Claude's enthusiasms, but most of this was still to come in 1880, as were all but the first of Faur 's Nocturnes. The Danse boh mienne of 1880 does not give much in the way of promise of what lay ahead, nor does the movement of a symphony written at the same time which got no further than a version for piano duet. He composed these while acting as house pianist for Tchaikovsky's patroness Nadezhda von Meck, and in reply to her envoi of the Danse the Russian composer commented that it was "nice, but too short, with themes that don't go anywhere, and the form is bungled and not unified". Whether this harsh judgement put Debussy off writing piano music, we cannot know, but it is surprising that such a capable pianist should have written, or at least published, nothing for the instrument during the 1880s. He spent the most formative years of that decade first with an eye on the Prix de Rome, working at cantatas, choruses and fugues (the Cort ge and Air de danse from his winning entry of 1884 show what a master of light music he could be when the mood took him). After that came the two years in Rome itself, where he began the struggle to free himself from the influences of Massenet and later of Wagner. Reports of Debussy's playing from his student years tell us that he erred on the side of bombast, accompanied by a certain amount of puffing and blowing. This was in direct contrast with his keyboard manner in later years, when critics complained that they couldn't always hear him. Certainly there's no bombast about the piano works that began to appear at the turn of the decade, beginning with the delightful Petite Suite for piano duet, with its implicit reverence towards the f tes galantes of the eighteenth century, as described by Verlaine. The two Arabesques are examples of the way in which decoration in Debussy's music was increasingly doing the duty of more solid substance, and in this are echoed by the five other piano pieces that date from around 1890: Valse romantique suggests that he had now heard some Faur , while the titles Ballade slave and Tarantelle styrienne exploit the French penchant for the exotic with very little that's Slavic or Styrian (whatever that might be) in the music itself. Even the Fantaisie for piano and orchestra, completed in April 1890, treats the solo instrument as a concertante partner, although there is plenty of energy in the race to the final chord. Perhaps the first signs of Debussy's mature piano style appear in the Suite bergamasque which he gave to a publisher in 1890, but which for some reason did not appear until 1905. The famous "Clair de lune" was originally given the title "Promenade sentimentale" (which perhaps warns against turning the composer's Andante into an Adagio). Only in the 'Pr lude' does Debussy assume the grand manner -- with a self-deprecating smile? Dating from 1891, the Marche cossaise was the composer's first commission, using a piper's tune provided by John Meredith Read, who had been US consul-general for France. But almost as a decade earlier, Debussy's attention was now largely given to vocal and orchestral works -- the opera Pell as et M lisande, Pr lude l'apr s-midi d'un faune and the Nocturnes. The few piano pieces he did compose before 1903 -- the three Images oubli es (the epithet is not his) and the suite Pour le piano -- show him still searching for a coherent keyboard style and trying out pseudo-harpsichord figuration and, in the third Image, responses to visual stimuli. As these obviously bring in the whole question of Impressionism, it may be as well to mention the composer's only take on the movement. At work in 1908 on his orchestral Images, he told his publisher "I'm trying to write `something else' -- realities, in a manner of speaking -- what imbeciles call 'Impressionism', a term employed with the utmost inaccuracy, especially by art critics who use it as a label to stick on Turner, the finest creator of mystery in the whole of art!" Composing "realities" called for extreme technical accuracy, and this scientific approach did bring Debussy close to the Impressionist painters in the sense that their "atmospheric" canvases were profoundly influenced by the science of complementary colours. Nor was this all. As the novelist Edmond Duranty noted in 1879, while some new painters tried to render the trembling of leaves, the shimmer of water and the vibration of sun-drenched air, others aimed to paint the walk, movement and hustle and bustle of passers-by in the modern city of Paris, in this evoking "the fleeting beauty" Baudelaire talked of in his essay "The Painter of Modern Life". These two subjects, Nature and the modern city, together with the historical and geographical exotic, now led Debussy to compose some of his most beautiful and inventive music. With the Estampes of 1903, he truly found his mature piano style. They were written just after he had seen an exhibition of Turner's paintings in London, and they certainly contain their share of artistic mystery, whether in the gamelan-influenced textures of "Pagodes", the slightly acidulous Hispanicisms of "La soir e dans Grenade" (a nod here to Ravel's "Habanera" of 1895) or the refeshing showers of "Jardins sous la pluie" amid which a voice intones the composer's favourite popular song: "Nous n'irons plus au bois". Mystery abounds in Masques, which Debussy said was "the tragic expression of existence" -- a remark that might seem to go against the piece's dancing spirit, except that there are also disconcerting moments when logic seems to be in peril. In contrast, L'Isle joyeuse is one of the composer's most life-affirming works, rhythmically more stable than Masques and giving hints that La Mer lay just round the headland. Just as Debussy was never happy to be given any kind of label, so the titles of his pieces are, as with Masques, at times puzzling and even contradictory. Thus two of the three pieces in the first series of Images do not correspond explicitly with any painting or view of Nature. Instead, Debussy uses the word 'image' in a more symbolic sense. "Hommage Rameau", perhaps inspired by hearing the opera Castor et Pollux conducted by Vincent d'Indy in 1903, contains no reference that has ever been discovered to any work by Rameau, but is emblematic of that restrained dignity, free of heaviness or self-advertisement, that Debussy so treasured in the music of his predecessor. Likewise, "Mouvement" is an abstract piece, perhaps sharing with Edgar Degas, a painter Debussy knew and admired, a fascination with moving figures. "Reflets dans l'eau" and the three pieces of the second series are all pictures in music, whether imagined or, as in the case of "Poissons d'or", real: we hear the swoops and twitches of two large carp as featured on a Japanese plaque in black lacquer, touched up with mother-of-pearl and gold, that hung on the wall in the composer's study. The six delightful vignettes of Children's Corner, dedicated to his daughter Chouchou "with her father's tender apologies for what follows", end with the first of Debussy's popular or city pieces, "Golliwogg's Cake- Walk", and he continued the genre in the two books of Pr ludes, published in 1910 and 1913. 'Minstrels' depicts a group of red-jacketed musicians who played saxophones and guitars outside the Grand Hotel, Eastbourne when Debussy stayed there in 1905, and "General Lavine -- excentric" (Debussy's spelling) a music hall artist once described as "a comic juggler, half tramp and half warrior", hence the trumpet calls. A milder eccentric appears in the shape of Mr Pickwick, adorned with the initials that Debussy found so amusing and standing for "Perpetual President-Member Pickwick Club" -- a patriot too, as the opening bars proclaim. Elsewhere Nature is given full rein (wind, the evening air, hills, snow, fog, leaves, heather) together with bells, Spanish lovers, sails, dancers from Ancient Greece and Shakespeare, and finally fireworks. Ravel was not the only musician to immerse himself in 'these admirable masterpieces' of the first book in April 1910; and if the second book took longer to establish itself, that may be owing to its more advanced language -- by then Debussy had heard and been amazed by Stravinsky's Petrouchka. His last two major piano works both date from the summer and autumn of 1915. The war weighed heavily on him, all the more so because age and incipient cancer made him feel so helpless. The three movements of En blanc et noir all carry epigraphs that refer, directly or indirectly, to the "realities" of the war. In the first, all men are adjured to "dance" -- that is, to take part in the hostilities -- and the music sweeps along with irresistible brio. In the second, the enemies of France are portrayed by what Debussy called "the poisonous fumes" of "Ein' feste Burg", finally despatched by the "Marseillaise". The epigraph to the third, "Yver, vous n'estes qu'un villain" (Winter, you're nothing more than a criminal), maybe suggests a winter of the spirit, brought on by war. At all events there's no triumphalism here. Bleak chords sound out, energy dissipates, leaving mere ashes of optimism. The piano parts of the two sonatas, with violin and cello, are spare, precisely judged and a world away from reflections in the water and the sounds of bells through leaves, recalling his near-final words to a young composer: "Distrust the exceptional". If the twelve tudes are exceptional (and they are), it is not through any desire to astonish the bourgeois, but simply through Debussy's scientific analyses and "composition" (in the literal sense of "putting together") of his chosen data. Editing volumes of Chopin was the spur, as we can tell from the study in sixths, retaining Chopin's key of D flat major. But the one in fourths breaks wholly new ground, departing from the hallowed imposition of thirds on which harmony had been based for centuries. For years after Debussy's death these pieces were neglected: weird, driven by strange logic... and ferociously difficult to play. They look forward to the piano works of Boulez, Ligeti, Griffes and many others, not entirely renouncing sonorous luxury, but enlivening it with passages of wild energy and searching chromaticism -- music of the future, but minus the Wagnerian publicity. 2012 Roger Nichols 3/2012

ドビュッシー
Debussy Edition

新品価格 ¥ 4,646

中古価格 ¥ 3,550 残り2個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2012-05-01
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
収録内容です 評価
CD1夜想曲/交響詩「海」/クラリネットと管弦楽のための狂詩曲第1番/バレエ「遊戯」ピエール・ブーレーズ(指揮)、クリーヴランド管弦楽団、フランクリン・コーエン(Cl) [録音:1991年, 1993年]CD2牧神の午後への前奏曲/管弦楽のための「映像」/交響組曲「春」ピエール・ブーレーズ(指揮)、クリーヴランド管弦楽団 [録音:1991年]CD3ピアノと管弦楽のための幻想曲ジャン=ルドルフ・カールス(P)、アレクサンダー・ギブソン(指揮)、ロンドン交響楽団 [録音:1969年]神聖な舞曲と世俗的な舞曲*/スコットランド行進曲ヴェラ・バディングス(Hp*)、ベルナルド・ハイティンク(指揮)、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 [録音:1976年-1977年]英雄的な子守歌エドゥアルト・ヴァン・ベイヌム(指揮)、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 [録音:1957年]バレエ「カンマ」/舞曲(スティリー風タランテラ)リッカルド・シャイー(指揮)、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 [録音:1994年, 1986年]CD4〜5前奏曲集第1&2巻(全曲)クリスティアン・ツィマーマン(P) [録音:1991年]CD6映像第1集/映像第2集/組曲「子供の領分」アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(P) [録音:1971年]CD7練習曲集第1巻/練習曲集第2巻内田光子(P) [録音:1989年]CD8ベルガマスク組曲/忘れられていた映像/ピアノのために/版画/スケッチ帳より/喜びの島/2つのアラベスク/ハイドンを讃えて/夢/アルバムの1ページゾルターン・コチシュ(P) [録音:1983年, 1988年]CD9白と黒で/小組曲/リンダラハ/行列と舞踊音楽/ピアノ連弾のためのバラード/6つの古代碑銘/2台のピアノのための交響曲 ロ短調コンタルスキー兄弟(Pデュオ) [録音:1973年]CD10弦楽四重奏曲 ト短調 Op.10メロス弦楽四重奏団 [録音:1973年]ヴァイオリンとピアノのためのソナタオーギュスタン・デュメイ(Vn)、マリア・ジョアン・ピリス(P) [録音:1993年]チェロとピアノのためのソナタミッシャ・マイスキー(Vc)、マルタ・アルゲリッチ(P) [録音:2000年]フルート、ヴィオラとハープのためのソナタヴォルフガング・シュルツ(Fl)、ヴォルフラム・クリスト(Va)、マルギット・アナ・シュース(Hp) [録音:1989年]シランクスヴォルフガング・シュルツ(Fl) [録音:1989年]CD11忘れられたアリエッタ/シャルル・ボードレールの5つの詩/ジャヌ/カプリス/華やかな宴第1集ヴェロニク・ディエッチ(Sp)、フィリップ・カッサール(P) [録音:1993年]CD12ビリティスの3つの歌/美しい夕暮れ/マンドリン/ロマンス/まぼろし/ステファヌ・マラルメの3つの詩/星の輝く夜/感傷的な風景(言うに言われぬ静けさ)/カンタータ「選ばれし乙女」ヴェロニク・ディエッチ(Sp)、ドリス・ランプレヒト(Ms)、フィリップ・カッサール(P)、ベルナール・テテュ(指揮)、リヨン合唱団 [録音:1994年]CD13ヴェルレーヌの詩による3つの歌曲/眠りの森の美女/抒情的な散文/バンヴィルの詩による7つの歌曲/波、棕櫚、砂/弓/悲劇/ひそやかに/月の光/華やかな宴第2集ヴェロニク・ディエッチ(Sp)、エマニュエル・ストロッセ(P) [録音:1999年]CD14庭で/時は春(ロマンス)/アンジェラスの鐘/マドリード/蝶々/ロマンス/もう家もない子供たちのためのクリスマス/フランスの3つの歌/白夜/恋人たちの散歩道/華やかな宴/後悔/アリエルのロマンス/Il dort encore/フランソワ・ヴィヨンの3つのバラードヴェロニク・ディエッチ(Sp)、エマニュエル・ストロッセ(P) [録音:2002年]CD15〜16歌劇「ペレアスとメリザンド」(全曲)マリア・ユーイング(Sp)、パトリツィア・パーチェ(Sp)、クリスタ・ルートヴィヒ(A)、フランソワ・ル・ルー(Br)、ヨセ・ファン・ダム(Br)、ジャン=フィリップ・クールティス(Bs)、ルドルフ・マッツォーラ(Bs)、クラウディオ・アバド(指揮)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場合唱団 [録音:1991年]CD17聖史劇「聖セバスティアンの殉教」シュザンヌ・ダンコ(Sp)、ナンシー・ウー(A)、マリ=リーズ・ド・モンモラン(A)、エルネスト・アンセルメ(指揮)、スイス・ロマンド管弦楽団、トゥール・ド・ベイルス合唱団 [録音:1954年]シャルル・ドルレアンの3つの歌ジョン・エリオット・ガーディナー(指揮)、モンテヴェルディ合唱団 [録音:1992年]CD18バレエ「おもちゃ箱」(カプレ編)エルネスト・アンセルメ(指揮)、スイス・ロマンド管弦楽団 [録音:1957年]喜びの島/水の反映フリードリヒ・グルダ(P) [録音:1948年, 1947年]仮面/レントより遅く/バラード/小さな黒人/マズルカ/夜想曲/ボヘミア風舞曲ダニエル・エリクール(P) [録音:1961年]聖母に祈るために、母の要請によって作られたヴィヨンのバラード/洞窟/マンドリンエドゥアルト・リンデンベルク(指揮)、パリ音楽院管弦楽団 [録音:1950年]カンタータ「放蕩息子」より、リアのアリアインゲ・ボルク(Sp)、アナトール・フィストゥラーリ(指揮)、ロンドン交響楽団 [録音:1957年]

ドビュッシー
Debussy Collection

新品価格 ¥ 9,142

中古価格 ¥ 4,312 残り2個

発売元:Sony Classics  発売日:2012-03-13
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
様々な名演奏家による廉価なドビュッシーコレクション 評価
ドビュッシー生誕150年を記念したと思われる、様々な名演奏家によるコレクション。
1枚200円を切っていて、個人的には若干不満もあるが、星5つを妨げるものではない。
管弦楽曲は、てっきりブーレーズでまとめると思っていたら、海と牧神がミュンシュ、サックスとかピアノとの組み合わせのもの、聖セバスチアンがティルソン・トーマス、と言った具合。
ブーレーズやミュンシュはかつて輪郭がクリアーすぎて、ラベルはよいがドビュッシーとは合わないとか言われていたが、それは昔の、ドビュッシーは印象派で、曖昧模糊としていなければいけない、とかいう先入観からでたもので、ティルソントーマスの演奏も含めすぐれたもの。

ソニーかユニバーサルか、ふたつのドビュッシー作品集 評価
ドビュッシー生誕150周年を記念して既に複数のメーカーからセット物の作品集が相次いでリリースされているが、いわゆる全集物では、現時点ではソニーとユニバーサルのボックス・セットが双璧になっている。
双方とも18枚のCDから構成されていて、ドビュッシーの総てのジャンルからの作品を過不足なく収めている。
また当然ながら水準の高い演奏ばかりがセレクトされているので、後はどちらを選ぶかは鑑賞する人の好みにかかっている。
ジャンル別の振り分けを見るとユニバーサルでは歌曲にCD4枚を当てているのに対して、ソニーは2枚半で、その代わりに編曲ものを数枚取り入れている。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ曲全集 (Debussy : The Solo Piano Works / Noriko Ogawa) [6CD BOX]

新品価格 ¥ 3,617



発売元:BIS  発売日:2012-03-05
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー・ピアノ音楽全集の金字塔 評価
文字どおりドビュッシーのピアノ音楽のすべてが網羅された初めてのCD全集である。
ドビュッシー演奏で世界的に評価の高い小川典子と録音のクオリティを誇るBISがタッグを組んで10年以上をかけて成し遂げた偉業といってよい。
6枚組のCDのうち5枚はすでに単発でリリースされており評価も確立しているのでここでは触れない。
特筆すべきは最後の6枚目である。
ピアノとオーケストラのための幻想曲(ファンタジー)と5曲のフーガが収められている。
前者は録音の数も質もめぐまれない状況にあったが、この演奏を聴くと曲の真価が証明されたようで、ドビュッシーファンとして溜飲をさげると同時に、今後まちがいなく世界のオーケストラのレパートリーにとり入れられるだろうことを確信した。

発売元のレビュー
ドビュッシー:ピアノ曲全集・2つのアラベスク・ベルガマスク組曲・ピアノのために・舞曲・バラード・ロマンティックなワルツ・夢想・マズルカ・夜想曲・ボヘミア舞曲・忘れられた映像・映像 第1集・映像 第2集・版画・仮面・喜びの島・前奏曲集第1巻・前奏曲集第2巻・スケッチブックから・コンクール用小品・ハイドン賛歌・小さい黒人・子供の領分・レントよりも遅く・英雄の子守歌・アルバムのページ(傷病兵のための小品)・エレジー・おもちゃ箱・12の練習曲・新発見の練習曲(『組み合わされたアルペジオのための練習曲』の初稿。
1915)・間奏曲 (1880/2) ・6つの古代の墓碑銘・燃える炭火に照らされた夕べ (1917) ・フーガ集 (1881/3)*・ピアノと管弦楽のための幻想曲* *初出音源

特徴説明
2000年1月,8月、2002年2月,7月、2004年6月、2005年7月、2007年7月 旧ストックホルム音楽アカデミー
2009年7月 イギリス、ポットン・ホール
2011年8月 シンガポール、エスプラネード・ホール

ドビュッシー
ビューティフル クラシック

新品価格 ¥ 9,154

中古価格 ¥ 1,410 (定価の84%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサルミュージック  発売日:2008-12-25
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
「愛と歓び」「希望と平和」「追憶と郷愁」など、8つのテーマに沿った選曲で全98曲を収録した、8枚組CD-BOXです。
カラヤンやショルティなどの偉大な指揮者による演奏を、全てのCDプレーヤーで再生可能な、高音質のSHM-CDでご堪能ください。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品全集

新品価格 ¥ 3,774 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 3,423 (定価の18%引き) 残り3個

発売元:コロムビアミュージックエンタテインメント  発売日:2007-08-29
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
現在、ドビュッシーを弾かせたら、ベロフが最高。 評価
ピアニストにも得手、不得手がある。
いい音楽に出会いたければまずその演奏者を知ることが大事だろう。
ベロフはドビュッシーの作品を楽譜に忠実に、そしてとても楽しく聞かせてくれる。
ミケランジェリがオーケストラのようなカラーを紡ぎだす演奏家で、聞き手に緊張感を要求する演奏家だとすれば、ベロフはピアノ曲としての楽しさ、まるでPOPSやイージーリスニングのようにリラックスして聞ける。

フランス人のフランス人によるフランス人のための音楽 評価
フランス人作曲家ドビュッシーのピアノ曲をフランス人ピアニストのベロフが演奏する。
フランスの音楽の気配が漂っている。
楽譜をmidiでならすのでは分からない間合いがあります。
ああ、作曲家の意図は、こういうものなのかと理解できます。
ヨーロッパ、特にフランスは文書化の国と言われています。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ音楽全集



中古価格 ¥ 2,708

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2006-03-31
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
作品の魅力が自然に、かつ生き生きと感じられる、飽きのこない演奏 評価
これまで長年にわたって、繰り返し聴いてきた演奏です。
今もって飽きることがありません。
比類ない様式把握と構成力のもと、自由闊達で豊かな表現力と人間味が無理なく統合されており、ピアニストの個性(テクニック、音色、解釈・表現の傾向性)とドビュッシーの音楽との相性が最高です。
ドビュッシーのピアノ曲は他にも、ミケランジェリ、ベロフ(旧録音)、アース、フランソワ、コルトー、ロジェといった人たちを聴きましたが、どれも個性的な魅力はあれど違和感が拭えず、気がつくとこのギーゼキングばかり聴くようになり、これがあれば十分との結論で他は手放してしまいました(極端にいえば、ミケランジェリは息苦しく、ベロフは無機的、アースは鈍重、フランソワは様式感不足、コルトーは古すぎる解釈、ロジェは平板)。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品全集

新品価格 ¥ 3,110 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 2,700 (定価の21%引き) 残り2個

発売元:日本コロムビア  発売日:2005-06-29
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
録音が秀逸 評価
この全集は特に録音の状態が非常に良いです。
この点も評価に入れてよいと思います。
せっかくの名演も録音が悪いともったいないですので。
演奏も決して悪くはないです。
個人的には完全に満足とはいわないまでも、なかなかの好演奏だと思います。

あっさり でもドビュッシーはこれでいいの かも 評価
コンピューターで自動演奏してるような感じ悪い意味じゃなくてね あっさり強弱や緩急を、これ見よがしにやるタイプの演奏よりもドビュッシーは、このCDみたいな感じの方が自分は好きです音 ハーモニー 流れ自体の美しさがよく分かると思います

全集としては凄く聴きやすいです。 評価
技巧的な演奏ですが、そんなに速いペースで弾いてるわけでもなく、 独善的に突っ走ることの無いスタンダードな演奏だと思います。
やや迫力や感情面に乏しい部分も見受けられるので星4つにしましたが、 どの曲の演奏も高水準の出来栄えで、しかも全集でこの値段なので 大満足です。
今までモニク・アース盤、ウェルナー・ハース盤を持っていましたが、このCDもお気に入りとなりそうです。
演奏以外で不満を言えば、CDが袋のようなのに入ってるので、 いちいち取り出さないとディスクナンバーがわからないことです・・・

発売元のレビュー
一度読み込んだだけのほぼ新品です。
ケース・ディスクともに割れ、キズなどありません。
帯やライナーノーツ等すべて付属しています。
ご注文お待ちしています。

ドビュッシー
Debussy: Orchestral Works

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 1,190 残り2個

発売元:Decca  発売日:2004-04-13
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー : ピアノ作品全集 3

新品価格 ¥ 2,400

中古価格 ¥ 1,402 (定価の23%引き) 残り5個

発売元:日本コロムビア  発売日:1999-03-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:版画



中古価格 ¥ 10,749 残り4個

発売元:日本コロムビア  発売日:1998-10-10
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:管弦楽曲全集



中古価格 ¥ 1,396 (定価の76%引き) 残り6個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1997-03-05
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ曲全集(2)

新品価格 ¥ 9,644

中古価格 ¥ 703 (定価の60%引き) 残り9個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1997-02-19
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
名演奏!素晴らしい! 評価
ギーゼキングの当ディスク。
この曲集の作曲家であるドビュッシーは、おそらくこの演奏にほぼ近いエッセンスを意図して作曲したのだろうなと自分勝手に納得できてしまう素晴らしい演奏。
儚げなニュアンス、細部への緻密なタッチ、微笑みを誘い、時には淋しさを滲ませたりする繊細な音楽。
一方で曲想にあわせて躍動感やスピード感も失わない。
目の前の作業に手を止めて聞き入ってしまう。
これを別のドビュッシー弾きピアニストである名匠ミシェルベロフで聞くと、ドビュッシーの音楽が外向的で、自己主張が強くて、自分は他人に何も劣るところはないんだけど何か?と囁かれているように響く。

ドビュッシー
ドビュッシー : ピアノ独奏曲全集 第4巻

新品価格 ¥ 2,614 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 200 (定価の93%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1994-05-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ドビュッシー
UHQCD DENON Classics BEST ドビュッシー:前奏曲集第1巻、子供の領分 他

新品価格 ¥ 1,320 (定価の18%引き)



発売元:日本コロムビア  発売日:2017-01-18
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
千住真理子ベスト

新品価格 ¥ 2,595 (定価の19%引き)

中古価格 ¥ 1,755 (定価の45%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-11-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
千住真理子 BEST 評価
千住真理子さんのバイオリン:デュランティの音ってすばらしい。
こころが洗われる思いです。

Yum 評価
とても綺麗な音楽が流れます。
個人的に一番好きなのは、なんときらきら星でしたが・・。
1人二役で弾いているのですね。
子供向けの曲がここまで美しく聞こえることに驚きます。

ドビュッシー
THE BEST

新品価格 ¥ 1,582 (定価の26%引き)

中古価格 ¥ 2,290 残り1個

発売元:avex CLASSICS  発売日:2014-11-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
日本を代表する世界的アーティストの名盤がごっそり集結! まさに究極! (収録曲) ドビュッシー Claude Debussy (1862-1918) 1. アラベスク 第1番 2. アラベスク 第2番 3. 月の光 ~ 《ベルガマスク組曲》より モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791) 4. きらきら星変奏曲(フランスの歌「ああ、ママに言うわ」による12の変奏曲ハ長調K.265) 5. トルコ行進曲(ピアノ・ソナタ第11番イ長調K.331~第3楽章) ベートーヴェン Ludvig van Beethoven (1770-1828) 6. ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 作品31の2《テンペスト》~第3楽章 ショパン Frédéric Chopin (1810-1849) 7. バラード第1番 ト短調 作品23 8. ノクターン第8番 変ニ長調 作品27の2 リスト Franz Liszt (1811-1886) 9. ラ・カンパネラ 10. リゴレット・パラフレーズ 辻井伸行(ピアノ) Nobuyuki Tsujii, piano [録音] ベルリン、テルデックス・スタジオ 1-3:2013年7月、4&5:2012年3月、7&8:2010年1月、 9:2014年5月、10:2010年5月 ニューヨーク、カーネギーホール 6:2011年11月10日(ライヴ収録) (P) 2010-2014 AVEX CLASSICS INTERNATIONAL, INC.

ドビュッシー
ドビュッシー:管弦楽作品全集 第8集 24の前奏曲(P.ブレイナーによる管弦楽編曲版)

新品価格 ¥ 1,244 (定価の3%引き)



発売元:NAXOS  発売日:2012-10-24
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
1-12.前奏曲 第1巻[デルフォイの舞姫/帆/野を渡る風/音と香りは夕べの大気の中に漂う/アナカプリの丘/雪の上の足跡/西風の見たもの/亜麻色の髪の乙女/さえぎられたセレナード/沈める寺/パックの踊り/吟遊詩人]/13-24.前奏曲 第2巻[霧/枯葉/ビーノの門/妖精たちはあでやかな舞姫/ヒースの草むら/ラヴィーヌ将軍,風変りな/月の光が降り注ぐテラス/オンディーヌ/ピックウィック氏をたたえて/エジプトの壺/交代する三度/花火]BOXはリヨン管で創り上げたかった・・・というのが拘りでした。
そのため、あの時は別ヴァージョンで仕上げました。
でもバラで1枚1枚買ってくださった方には大変申し訳ない。

アーティストについて 
演奏: ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団/準・メルクル(指揮)

ドビュッシー
癒しのピアノ BEST

新品価格 ¥ 1,858 (定価の8%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-10-17
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
サロンのBGMにピッタリ! 評価
ちょっとおしゃれな大人な雰囲気を作るのにぴったりでした。
ピアノの音が心地よく、心が落ち着きます。

ドビュッシー
ドビュッシー:ベスト・オブ・ベスト

新品価格 ¥ 1,788 (定価の13%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-08-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:管弦楽作品集全集

新品価格 ¥ 4,484

中古価格 ¥ 3,888 残り1個

発売元:Naxos  発売日:2012-03-14
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
現代最高の構築的ドビュッシー! 評価
こういう全集を出せるのも、ナクソスの凄さ。
中央迄銀色塗装の、高音質オーストリアプレス!《CD1》1.牧神の午後への前奏曲/2-4.海/5.バレエ音楽「遊戯」/6-11.子どもの領分(A.カプレによる管弦楽編)《CD2》1.「ペレアスとメリザンド」交響曲(M.コンスタント編)/2-4.夜想曲/5.英雄の子守歌(管弦楽編)/6-8.12の練習曲より第9番,第10番,第12番《CD3》1-5.映像/6.ピアノのために-第2楽章「サラバンド」(M.ラヴェルによる管弦楽編)/7.舞曲(M.ラヴェルによる管弦楽編)/8.スコットランド行進曲(管弦楽編)/9.レントよりもおそく《CD4》1-7.聖セバスティアンの殉教[交響的断章(ユリの庭/法悦の踊りと第1幕の終曲/受難/よき羊飼い)/第2幕 魔法の部屋より前奏曲/第3幕 偽りの神の懐柔よりファンファーレ第1/第3幕 偽りの神の懐柔よりファンファーレ第2]/8.バレエ音楽「カンマー」(C.ケクランによる管弦楽補筆編)/9-10.リア王(J. ロジェ=デュカスによる管弦楽編)[ファンファーレによる序曲/リア王の眠り]11.セーヌ・リリック「放蕩息子」より「行列と踊りの歌」《CD5》1-7.おもちゃ箱(C.ドビュッシー,A.カプレによる管弦楽編)/8.バッカスの勝利(M.F.ガイヤールによる管弦楽編)/9-14.6つの古代の墓碑銘(E. アンセルメによる管弦楽編)《CD6》1-3.白と黒で(R.ホロウェイによる管弦楽編)/4-7.小組曲(H.ビュッセル編)/8-11.ベルガマスク組曲(G.クロエ編)/12.喜びの島(B.モリナーリ編)《CD7》1-12.前奏曲集 第1集(C.マシューズによる管弦楽編)/13-14.交響組曲「春」(H.ビュッセル編)《CD8》1-12.前奏曲集 第2集(C.マシューズによる管弦楽編)/13.版画 第1番「塔」(A.カプレ編)/14.版画 第2番「グラナダの夕べ」(H.ビュッセル編)/15-17.交響曲 ロ短調(T.フィーノによる管弦楽編)《CD9》1-2.幻想曲/3.クラリネットのための第1狂詩曲/4.幻想曲(管弦楽編曲:R.ロジェ=デュカス)/5-6.2つの舞曲「神聖な踊りと世俗の踊り」

ドビュッシー
ドビュッシー:映像/練習曲集

新品価格 ¥ 972 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 698 (定価の35%引き) 残り3個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-08-17
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
「音」と「響き」を忠実に再現した、エマールによる最もモダンなドビュッシー。
正確なリズム精度によるバランスと調和がクールに感じられる一方、蓄えられた熱いエネルギーが絶妙な場面でスリリングに噴出しています。
■録音:2002年[デジタル録音]ピエール=ロラン・エマール(ピアノ)

ドビュッシー
内田光子 プレミアム ベスト

新品価格 ¥ 2,314 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 807 (定価の68%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-04-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内田光子さんの演奏の幅広さを教えられました 評価
1枚目はモーツァルトのみ、2枚目はベートーヴェン、シューベルトとドビュッシーからの選曲です。
モーツァルトが生み出した中でも名曲と言われている『ピアノ協奏曲 第23番 イ長調』の第2楽章の美しく陰影に富んだ演奏が1枚目のアルバムの中で特に印象に残りました。
内田さんがピアノを弾きながら指揮をし、クリーヴランド管弦楽団がその音楽を慈しむように呼応している様がCDから伝わってきます。
第3楽章の端正なピアノはケレン味とは無縁の王道のモーツァルトがそこにありました。
粒立ちの良いタッチで、弾きながら指揮をするという難しさは凡人には伺い知れませんが、天才モーツァルトに聴いて欲しい演奏の一つです。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品全集-4

新品価格 ¥ 1,038 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 600 (定価の50%引き) 残り6個

発売元:日本コロムビア  発売日:2010-09-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
はっきりとした像を構築する名演奏 評価
テクニックも申し分ありませんが、それ以上にとても色彩豊かです。
一体いくつ引き出しがあるのか不思議に思うくらい変幻自在に音色が変わっていきます。
また、ペダルは必要最低限にとどめ、はっきりと像を浮かび上がらせているのが特徴的で、像がぼんやりとした神秘的な演奏とは対極をなす演奏といえるかもしれません。
私の好きな「喜びの島」は、平均よりかなりテンポが速めで、あれよあれよという間に展開していき、そのままの勢いを保ったまま歯切れよく終わります。
爽快感のある名演奏です。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品集3

新品価格 ¥ 1,038 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 1,279 残り4個

発売元:日本コロムビア  発売日:2010-08-18
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ベリー・ベスト・オブ・ジェームズ・ゴールウェイ

新品価格 ¥ 2,706 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 2,087 (定価の32%引き) 残り2個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2002-12-18
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
一素人の感想として 評価
 とある動画サイトで氏の演奏を聞き、その素晴らしさに感銘して購入しました。
私が聞いたのは今CDにも収録されている「ダニーボーイ」の演奏でしたが、自然と北欧の冷たい風景が浮かんでくるほどの名演奏でした。
 ゴールウェイ氏のフルートは、まるでフルートで歌っているようで、聞いていると心が気持ちよくなる演奏です。
例えば映画「タイタニック」のテーマソングである「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」ですが、公式のサントラに入っているものとゴールウェイ氏の演奏を聞き比べてみれば、(恐らく前者で演奏されている方も相当の方なのでしょうが)この違いはもうどうしようもなくなってしまいます。

愛する人とのディナーにぴったり 評価
シャミナード作曲のコンチェルティーノが欲しくて購入しましたが、他の曲も流れるようにロマンティックな演奏です。
ケルト音楽風の「タイタニック 愛のテーマ」は感動的です。
ゴールウェイさんはアイルランドの出身なのでケルト音楽には特に思い入れがあるのかもしれませんね。
<p>クラシックからポピュラーまでをCD2枚でカバーしたこの名演奏集はゴールウェイさんのファンでなくても愛聴版になることでしょう。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品全集第2集

新品価格 ¥ 1,847 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,180 (定価の42%引き) 残り4個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2001-07-25
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
レコード芸術2012,1月号で 評価
256ページにドビュッシー前奏曲集の解説が載っていました。
図書館にもありますので閲覧してみてください。
星4つにしたのは、この曲には多くの演奏が存在し、好みも岐れると思いますし、私も熱心に聴き比べはしていませんので。
日常生活を忘れさせてくれる異国情緒たっぷりの演奏と録音がお気に入りです。
個人的には文句なし星5つです。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品全集第1集

新品価格 ¥ 1,820 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の51%引き) 残り6個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2001-07-25
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やわらかく、あたたかな音と香りに満ちたドビュッシー 評価
 ドビュッシーのピアノの透きとおったやわらかさ、ほのかなあたたかさが、心地よく伝わってくる二枚組のCD。
同じピアニストによる『月の光〜ドビュッシー:ピアノ名曲集』がとても素晴らしかったので、曲の重複を差し引いても購入する価値ありと考えました。
 結果は、当たり! 前述の抜粋盤(二枚組CD)に比べて、曲の解説がずっと丁寧で充実していたこともありますが、同じ音源の演奏のはずなのに、こちらのオリジナル二枚組盤のほうが、アースのピアノの音がクリアーでやわらかみがあると感じました。
どうしてこういうことが起こるのか、私の気のせいなのか、CDの質のせいなのか、原因は分からないのですが。

クラシックに一味。 評価
私が「クラシックピアノを聴きたい!」と思って初めて選んだのがドビュッシーのこのCD。
(ピアノ作品が全て収録されているし、もちろん第2集も合わせて買いました。
)なぜドビュッシーだったかと言うと、映画監督の岩井俊二さんがドビュッシーを好きらしく、彼の映画音楽にも影響していると思ったため。
(私は彼の映画音楽が好きです。
)ドビュッシーの音楽は、クラシックに一味加えたという感じで、より個性的で独特な印象を受けます。
軽快で優しい曲が多く聴きやすいと思います。
クラシックはちょっと苦手という人にもお勧めだと思います。

ドビュッシー
ドビュッシー歌曲全集



中古価格 ¥ 9,800 残り3個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1998-12-16
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシーの歌曲の美しさが伝わる 評価
~ドビュッシーの全作曲のなかに占める歌曲の地位は相当なもの。
「海」などの管弦楽曲や「ベルガマスク組曲」などのピアノ曲を好んでいるだけではドビュッシーの偉大さは半分しかわからない。
ヴェルレーヌの詩によるMandolineなど個々には親しみやすく、取り上げられる機会の多いものもある。
しかし全貌を知ることのできる優れた歌曲全集は多くない。
古いもので~~はテイト(ソプラノ)とコルトー(ピアノ)による名演があるが、録音年代が古過ぎる。
アメリングの歌唱は、テイトをしのぐ出来栄え。
ボールドウィンのピアノ伴奏も悪くない。
ドビュッシーの音楽に魅せられた人にはお薦めできる。



ドビュッシー
月の光~ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ:作品集

新品価格 ¥ 3,024



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-03-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:前奏曲集第2巻、白と黒で

新品価格 ¥ 3,024



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-02-28
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品集 第5集

新品価格 ¥ 2,116 (定価の16%引き)



発売元:SWR  発売日:2018-01-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:前奏曲集[2枚組]

新品価格 ¥ 2,028 (定価の16%引き)



発売元:ONDINE  発売日:2018-01-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:前奏曲集第2巻

新品価格 ¥ 1,836



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-01-24
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品集

新品価格 ¥ 1,836



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-11-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:管弦楽曲集

新品価格 ¥ 1,634 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 1,500 (定価の22%引き) 残り3個

発売元:SMJ  発売日:2012-11-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:12の練習曲~ピアノ作品集Vol.5

新品価格 ¥ 1,065 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 750 (定価の39%引き) 残り2個

発売元:日本コロムビア  発売日:2012-06-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
復活したベロフの才能が輝く名盤 評価
私はこの曲は、ずっとポリーニが1992年にDGに入れたCDを聴いていたが、初めてポリ一二以外の物を聴いた。
録音時期はあまり変わらないが、音質は圧倒的にこちらが勝っている。
非常にクリアな録音で、ピアノの音の一つ一つの粒立ちがハッキリ聴こえる。
低音の豊かな響き、高音のきらめくような美しさが、適度な残響を伴って空間に存在している。
ベロフの演奏は、この優秀な録音にかなり助けられていると思う。
デビュー当時の極端な表現意欲はあまり変わっておらず、それに加えて完璧なテクニックを駆使して、圧倒的なスピード、パワーを見せつけている。
こうしたやり方は音が悪いと、ただの力自慢なだけにしか聴こえなくなってしまいそうだが、優秀な録音のおかげで、細かい表情づけや響きの移ろいのコントロールが余裕を持って聴こえて来る。

ドビュッシー
フリソン~サクソフォン作品集~

新品価格 ¥ 2,704 (定価の14%引き)



発売元:マイスター・ミュージック  発売日:2009-01-24
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー作品集

新品価格 ¥ 2,778 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 2,300 (定価の25%引き) 残り2個

発売元:オクタヴィアレコード  発売日:2008-01-23
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:作品集

新品価格 ¥ 7,978

中古価格 ¥ 930 (定価の39%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-03-23
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシーを知るなら 評価
ドビュッシーのピアノ曲以外の作品を聞きたくて購入したこの1枚。
よく曲目を見ずに購入したのですが以外にピアノ曲と半々の構成で、「ピアノ曲集」と銘打ったCDなどではいくつか抜粋されている「前奏曲集第1巻」が全曲聴け、また演奏もとてもすばらしかったです。
全体を通して聞くと映像の無い音だけの世界のはずなのに、とても美しい映像の映画を見たような気持ちになります。
交響詩「海」は特にすばらしい。
私は他の演奏家と比べてどうとか言えるほどクラシックに詳しくないのですが、ドビュッシーを知るにはとても良い一枚であり、良い買い物をしたと思います。

ドビュッシー
ドビュッシー:作品集



中古価格 ¥ 987 (定価の52%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-11-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
超お買得 これでドビュッシーの全てが分かる(?) 評価
よくもまあこれだけの名作を詰め込んだなあと思います(#^.^#)。
若き日のティルソン・トーマスの牧神の午後への前奏曲は佳演。
唯一の弦楽四重奏曲は素敵。
フルートソロのシランクスはランパルの独創が流石。
ピアノ独奏曲「版画」は彫の深いリヒテルの隠れた名演。
何と「神様」ミケランジェリの名演中の名演による「前奏曲集第1巻」があるかと思うと、大好きな(どことなく東洋的な響きが印象的な)チェロ・ソナタニ短調がかき鳴らされ。
唯一「(オーケストラのための)夜想曲」だけはフランス系の名演で聞きたかったなあ。
CDが薄いせいか前奏曲集など音が薄っぺらに聞こえるのが残念。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品集

新品価格 ¥ 937 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 483 (定価の55%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2000-06-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
定番曲ばかり。安心して聴けますよ。 評価
クラシック初心者の方にお薦めしたい一枚。
『ベルガマスク組曲』(有名な『月の光』はこの中の3曲目)、『2つのアラベスク』、夜に聴くとロマンチックな気分になれる『夢』など、ドビュッシーの定番曲だけを集めたCD。
ピアノを聴き始める方にお薦めです。
私が作成した"リストマニア"リスト「民主党とマスコミから日本を守るために」も参考にしていただけますと幸いです。

安心価格そして・・ 評価
ドビュッシーのピアノ曲の聴き比べの為、最初に購入した一枚です。
このお手ごろ価格でこの内容。
演奏がとくに好きになれなくてもいーや、位の 気持ちで聞きました。
期待はいいほうに裏切りましたね、凄くいい! 素直でいて心あたたまる、けばけばしい華やかさ、とは無縁の可憐さを感じさせる、 そんな演奏が聞けたような気がします。
もしかして、通の人、には普通すぎる演奏なのかもなぁ、と素人ながらに思ったりも しますが、気負わず、気をてらわず、ドビュッシーをドビュッシーの曲として、色彩豊かに弾いている・・いい演奏だ、と私は思います。
聞き比べの一枚として、またはのだめあたりからクラシックに興味持って、



交響曲
ドビュッシー
[ドビュッシー没後100年]印象派 ~ドビュッシーの世界

新品価格 ¥ 2,592



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2018-03-07
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン」、ドビュッシー:交響詩「海」 & イベール:寄港地(期間生産限定盤)

新品価格 ¥ 937 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 698 (定価の35%引き) 残り5個

発売元:SMJ  発売日:2015-05-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ザ・ドビュッシー~ドビュッシー名曲集

新品価格 ¥ 2,057



発売元:ビクターエンタテインメント  発売日:2012-07-25
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:管弦楽作品集第6集

新品価格 ¥ 1,133 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 864 (定価の33%引き) 残り1個

発売元:naxos  発売日:2011-07-13
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:海/牧神の午後への前奏曲/夜想曲/遊戯

新品価格 ¥ 1,688 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 588 (定価の68%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
カップリング替えで、海・夜想曲・牧神が一枚になったベスト盤! 評価
これまで、夜想曲だけが別になっていたので不便だったが、これで一枚に通常の名曲3曲が入り、しかも1曲目に牧神の午後への前奏曲となって、最高の名盤が誕生した。
演奏のフランス風の粋な響かせ方ではもう他を寄せ付けないし、オケが何より美しく、録音もこれまたベスト。
オーディオチェックやBGMとしても最高だ。
マルティノンやミュンシュ・・などど言っている方には、オケの音の純粋な美しさ、合奏力、管楽器奏者の技術、自然で豊かな響きの録音・・と、これだけ差があっては、どうすることもできない。
これこそが、地元フランスの批評家からフランスのオケ以上にフランス風と絶賛された演奏なのである。

ドビュッシー
亜麻色の髪の乙女~月の光/ドビュッシー:ピアノ名曲集



中古価格 ¥ 14,872 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-09-05
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
私は好きです!! 評価
ずっとこのCDが好きだったのですが、ある人に「真面目すぎてつまんない」という意味の事を言われて、ショックで聞いていませんでした。
でも数年ぶりに聞いたら、やっぱり好きです。
どれもいいですが、個人的には「月の光」が特に好きです。
月光の優しくて淡い、でも寂しい感じがよく出ていると思います。
よく電気を消して聞いたのを思い出しました。
人の意見に左右されないって、難しいですね・・・。

クリスタルクリア 評価
このCDを初めて聴いたときの衝撃は今でも忘れられません。
色々な作曲家のCDを出しているワイセンベルクですが 彼の持ち味が一番生きている1枚だと思います。
「クリスタルクリア」な彼の音は、 ドビュッシーの遠近感や色彩感を見事に表現していると思います。
個人的に「組み合わされたアルペジオ」がお気に入りです。

ドビュッシー
ドビュッシー:月の光(ピアノ名曲集)



中古価格 ¥ 432 (定価の67%引き) 残り6個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2004-06-23
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
交響詩「海」(ドビュッシー管弦楽名曲集)

新品価格 ¥ 1,551 (定価の11%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2002-06-19
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


オペラ
ドビュッシー
Songs 4

新品価格 ¥ 2,099



発売元:Hyperion UK  発売日:2018-02-02
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:《ペレアスとメリザンド》[DVD, 2枚組]

新品価格 ¥ 5,400



発売元:BelAir  発売日:2018-01-26
  

ドビュッシー
ドビュッシー:選ばれた乙女、フランソワ・ヴィヨンの3つのバラード、願い事、ようこそ春よ

新品価格 ¥ 1,458 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 8,762 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-01-27
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー&ラヴェル:歌曲集(Ravel, Debussy: Melodies)

新品価格 ¥ 1,074

中古価格 ¥ 1,073 残り2個

発売元:NEWTON CLASSICS  発売日:2013-12-25
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
マーラー&ドビュッシー : 初期歌曲集 (Debussy , Mahler : Melodies de jeunesse / Julie Fuchs , Alphonse Cemin) [輸入盤]

新品価格 ¥ 7,816

中古価格 ¥ 5,140 残り2個

発売元:APARTE  発売日:2013-03-27
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:歌曲集「月の光」

新品価格 ¥ 2,397 (定価の16%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2012-02-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー歌曲集

新品価格 ¥ 3,980



発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2006-07-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー 歌劇《ペレアスとメリザンド》 [DVD]

新品価格 ¥ 3,000 (定価の52%引き)

中古価格 ¥ 1,680 (定価の73%引き)

発売元:TDKコア  発売日:2006-07-26
  

ドビュッシー
5つのアヴェマリア

新品価格 ¥ 2,406 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 1,080 (定価の62%引き) 残り5個

発売元:Dreamusic  発売日:2005-11-23
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
名盤中の名盤です! 評価
バッハが好きでいろいろ聴いているときに出会った作品。
重厚な演奏でずっしりと身体に響き渡る。
かつ美しく壮大。
池松氏のことは名前ぐらいしか知らない方は多いと思いますが、多くの人に触れてもらいたい秀逸な作品。

ドビュッシー
ドビュッシー: 歌曲集 (debussy melodies)

新品価格 ¥ 7,976

中古価格 ¥ 770 残り5個

発売元:Naive  発売日:2003-07-15
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシーの歌曲 評価
フランス歌曲って今一つなじまなかったのですが、このCDでフランス歌曲のイメージが良くなりました。
輸入版のため、対訳詩は付いていませんが、フランス独特の官能美が味わえる作品だと思います。

Amazonレビューのレビュー
Soprano Sandrine Piau follows her exciting all-Mozart aria recital with a disc of Debussy melodies, where subtlety and declamatory elegance replace coloratura fireworks. Piau’s sparing use of vibrato testifies to her acclaim as a singer of early music, and it’s "authentic" for turn-of-the-century music too. Her refined soprano is a quality instrument, though some may prefer the richer voice of Juliane Banse, whose recent Mozart-Debussy recital on ECM duplicates some of the material. But Piau covers more ground, including the 1913 Trois poémes de Stéphane Mallarmé and a brace of early songs from the 1880s since her well-chosen program spans Debussy’s life-long interest in melodies. She captures his idiom well--just listen to the delicacy of her phrasing in C’est l’extase and the floating, disembodied close of De rêve and Soupir, among many such instances on this disc. Of special interest are the mellow-sounding piano accompaniments of Jos van Immerseel, playing an 1897 Erard, an instrument whose timbre Debussy would have expected in these songs. --Dan Davis

ドビュッシー
ドビュッシー:ペレアスとメリザンド 全曲



中古価格 ¥ 3,970 残り7個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2002-03-27
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ペレアスとメリザンド*歌劇 [DVD]



中古価格 ¥ 3,567 残り3個

発売元:ポリドール  発売日:2000-03-25
  

ドビュッシー
ドビュッシー歌曲集



中古価格 ¥ 1,274 (定価の28%引き) 残り4個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1998-09-23
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー : 月の光、亜麻色の髪の乙女

新品価格 ¥ 906 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 192 (定価の81%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1995-10-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
フランス印象派とは何か、を理解するのに絶好の一枚 評価
これは以前LPで出ていたものの焼き直しで、これから「フランスの印象派音楽って何」という人には絶好のオムニバス盤。
(ただしフォーレは印象派ではない)アントルモンはベロフのようにパワーや技巧で押すタイプの奏者でなく、音色へのこだわりや非常に深い洞察力を大事にしている個人的には最も好きなピアノ弾きの一人である。
ただしCBSのアルバム戦略自体には何もポリシーがなく、バヴァーヌで始まって花火で終わるという意味もわからないし、コンセプトもない。
とりあえず名曲で、日本人に受けそうなものを集めてみました、という典型的な商業主義的アプローチなのは残念。

正統派フランスピアニズムの薫り 評価
様々なピアニストが好んで取り上げるドビュッシーの曲たち、結構演奏者の層も厚いと思いますが、こういったフランスものを弾くアントルモンを聴くと、やはりコルトーやロンに続く正当なフランスピアニズムの継承者なんだな、と思います。
ただの雰囲気でなく、深い解釈で、見事に歌う演奏だと思います。
そして、そういった演奏でもいつ聴いても疲れない、ナチュラルで美しい姿を湛えている所が、さすがだと思います。

ドビュッシー
夢のあとに/フランス歌曲集



中古価格 ¥ 950 (定価の54%引き) 残り8個

発売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント  発売日:1994-09-05
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
フランス歌曲の宝石 評価
肩肘は張らない。
しかし決して気取っていない。
諧謔味があったり皮肉があったり、だけどそのむこうにはっとするほど素直な感情がある。
身を切る切なさがある。
フォーレの「夢のあとに」やドビュッシーの「美しい夕暮れ」などの超有名ナンバーもあるが、おすすめしたいのはプーランクの謎めいた色調の「あなたはこんなふう」、カントループの鄙びた「バイレロ」、そして情熱的にして切ないショーソンの「ライラックの花咲くとき」。

ドビュッシー
ドビュッシー*海*交響詩



中古価格 ¥ 9 (定価の99%引き) 残り2個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1993-06-09
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ピアノ、ヴァイオリン
ドビュッシー
イヴリー・ギトリス(ヴァイオリン) ~協奏曲とリサイタル[2CDs]

新品価格 ¥ 1,659



発売元:SWR  発売日:2016-02-24
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ヴァイオリン作品集 / ローラ・ボベスコ ~ ライヴ・イン・東京 1983 (Lola Bobesco ~ Live in Tokyo 1983 / Lola Bobesco , Violin | Shuku Iwasaki , Piano) (2CD)

新品価格 ¥ 3,275 (定価の25%引き)



発売元:TOKYO FM  発売日:2015-07-17
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
フランク&ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ(期間生産限定盤)

新品価格 ¥ 930 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 550 (定価の49%引き) 残り2個

発売元:SMJ  発売日:2015-05-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
フランク&ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ、他

新品価格 ¥ 5,382

中古価格 ¥ 5,474 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-01-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
フランク、ドビュッシー&ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ集

新品価格 ¥ 1,157 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 398 (定価の69%引き) 残り4個

発売元:SMJ  発売日:2012-10-03
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
作曲者直伝のラヴェル 評価
「ORFEO D'OR」レーベルから出ているザルツブルグでの「ツィガーヌ」に瞠目したフランチェスカッティのラヴェル作品がまとめて聴ける有難いCDが出たので飛び付きました。
この名人のフランス物のソナタ集は長らくCDカタログから消えていたのではないでしょうか。
LPで買うしかないのかなあ…と思っていたので、こんなに安価で嬉しいですね。
僕の耳には、カサドシュとのフランクやドビュッシーより、バルサムと共演したラヴェルの方が一段上に聞こえます。
というよりやはり技量と神経の働きの両方でこのヴィルトゥオーゾにはラヴェルがいちばんぴったりしているのではないでしょうか。

ドビュッシー
ヴァイオリンの詩/大津純子

新品価格 ¥ 2,107 (定価の2%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の53%引き) 残り2個

発売元:フォンテック  発売日:2007-11-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー、ラヴェル、ルクー:ヴァイオリン・ソナタ

新品価格 ¥ 898 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の7%引き) 残り1個

発売元:日本コロムビア  発売日:2005-12-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ルクーのこの曲を聴いて欲しい 評価
1987年10月5-6日、オランダ、ナイメヘン、コンセルトヘボウで録音。
制作・録音のスタッフは日本のDENONのスタッフが担当している。
カントロフとルヴィエのこのフランス音楽のシリーズは豊富に音源があるせいか色々な組み合わせで出されていたりするが、ぼくが最もオススメしたいのはこのアルバムだ。
なぜならルクーの『ヴァイオリンとピアノのためのソナタ(1881年)』が入っているからである。
ドビュッシーとラヴェルの曲の方は非常に有名で多くの演奏家によって録音が残されているが、ルクーのこの曲は大変に美しい曲であるにもかかわらず録音が少ない。

ピアノとバイオリン 評価
カントロフと ルヴィエによる演奏。
ピアノとバイオリンのバランスがよく、安心して聴いていられる。
ドビッシー、ラベル、ルクーを聞き比べることができる。

ドビュッシー
ドビュッシー、サン=サーンス、フォーレ&グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ集

新品価格 ¥ 4,916

中古価格 ¥ 864 (定価の50%引き)

発売元:BMG JAPAN  発売日:2001-12-19
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ハイフェッツのフランスもの 評価
ハイフェッツのフランスものが聴きたいと思って購入しました。
ドビュッシー、フォーレはハイフェッツならではの遊びごころが利いていてよかったです。
サン・サーンスは後半のパッセージが圧巻です。
ジャケットもおしゃれで気に入りました。
お奨めの1枚です。

上手い!見事!凄い!! 評価
ä¸-ç'€ã®å¤§ãƒ'ァイオリニスト、ハイフェッツといわゆるフランスものã‚'中心とã-た作å"ã¨ã®çµ„み合わせは一見不似合いのように見えるのだが、どうã-てそã‚"なã"とがあるだろうか。有無ã‚'いわせぬ名人技でè'き手ã‚'ねじ伏せてくれる。「テクニック鮮やかで、曲の見せå 'ã‚'心å¾-たæ¼"奏でäº'ã€...」のレベルじゃない。<p>ハイフェッツが弾くと、その曲のå...¨ã¦ã®éƒ¨åˆ†ãŒè¦‹ã›å 'となる。音符一つ一つが完å...¨ã«å½¼ã®ãƒ¢ãƒŽã¨ãªã‚Šã€æ›²ã¯å½¼ã®æ€ã†ãŒã¾ã¾ã®å­˜åœ¨ã¨ãªã‚‹ã€‚フランスの作曲家だろうが、åŒ-欧の作曲家の作å"ã ã‚ã†ãŒã€å½¼ãŒå¥ã§ã‚‹ã¨ã€â€œãƒã‚¤ãƒ•ã‚§ãƒƒãƒ„の音楽”となり、曲の国籍は見事に失われるのだ。特にサン=サーンスのソナタのæ¼"奏はãƒ'ァイオリンファンå¿...è'!<p>録音はモノラルだが、å½"時とã-ては最良のものではないだ!ã‚!!ã†ã‹ã€‚リマスタリングの状æ...‹ã‚‚ç' æ™'らã-い。

ドビュッシー
フランク&ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ

新品価格 ¥ 1,883

中古価格 ¥ 748 (定価の60%引き)

発売元:BMGインターナショナル  発売日:2001-06-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
フランク、フォーレ&ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ

新品価格 ¥ 1,593 (定価の10%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2001-02-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加