ドビュッシーの名曲作品集を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ドビュッシーの名曲作品集の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格


ピアノ名曲
ドビュッシー
月の光~ドビュッシー:ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 2,665 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 2,048 (定価の32%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-01-31
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 1,575 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 985 (定価の46%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-04-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー・ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 1,050 (定価の2%引き)

中古価格 ¥ 2,645 残り2個

発売元:キングレコード  発売日:2015-10-28
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集≪クラシック・マスターズ≫

新品価格 ¥ 1,361 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 87 (定価の94%引き) 残り6個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2014-08-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 3,543

中古価格 ¥ 998 (定価の19%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-05-15
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
デッカ ザ・ベスト1200。
本作は、今(2013年時)もなおフランス・ピアノ界の第一人者として活躍するパスカル・ロジェの残したドビュッシー録音から、人気の高い3曲を収録したアルバム。
確かなテクニックに裏打ちされたその清潔感あふれる演奏はまったく色あせることなく、ドビュッシー独特の色彩的な響きの魅力を伝えてくれる作品。
(C)RS

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 9,999

中古価格 ¥ 2,790 残り5個

発売元:EMIミュージックジャパン  発売日:2010-10-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
迸る感性、フランソワのドビュッシー 評価
サンソン・フランソワは持ち前の洗練された感性と即興的な閃きで演奏を進めていくタイプのピアニストだった。
このために作曲家がそうした能力を進展させるだけのスペースを与えた曲に関しては信じられないような独壇場の表現力を発揮する。
勿論本人がその気になれば、という前提があってのことだが・・・。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集



中古価格 ¥ 999 (定価の16%引き) 残り9個

発売元:EMIミュージックジャパン  発売日:2010-09-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシーを得意とするピアニストのCDでは、最も好みの演奏です。 評価
ミケランジェリ、ワイセンベルク、モニク・アース、フランソワとその他にも、今まで何人ものドビュッシー弾きが世に輩出されてきましたが、色々と聴き比べをした結果、自分的にピアノの音色とテンポが一番好みだったのが、若い頃のこのベロフの録音でした。
音色はいたってオーソドックスですが、テンポの間の取り方がベタつかず、軽やかで小気味よいんです。
今までベロフのドビュッシーを聴いてなかった方には、当盤がお値段も手頃でお薦めです。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 776 (定価の37%引き)

中古価格 ¥ 676 (定価の45%引き) 残り3個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2010-09-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
亜麻色の髪の乙女~月の光/ドビュッシー:ピアノ名曲集



中古価格 ¥ 1,237 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-09-05
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
私は好きです!! 評価
ずっとこのCDが好きだったのですが、ある人に「真面目すぎてつまんない」という意味の事を言われて、ショックで聞いていませんでした。
でも数年ぶりに聞いたら、やっぱり好きです。
どれもいいですが、個人的には「月の光」が特に好きです。
月光の優しくて淡い、でも寂しい感じがよく出ていると思います。
よく電気を消して聞いたのを思い出しました。
人の意見に左右されないって、難しいですね・・・。

クリスタルクリア 評価
このCDを初めて聴いたときの衝撃は今でも忘れられません。
色々な作曲家のCDを出しているワイセンベルクですが 彼の持ち味が一番生きている1枚だと思います。
「クリスタルクリア」な彼の音は、 ドビュッシーの遠近感や色彩感を見事に表現していると思います。
個人的に「組み合わされたアルペジオ」がお気に入りです。

ドビュッシー
月の光 ~ドビュッシー / ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 1,888 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 898 (定価の57%引き)

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1995-07-25
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
疲れた帰り道に・・・ 評価
仕事で疲れた帰り道によく聞いています。
参考にと思って適当に買ったのですが、よく聞くCDになってしまいました。
これはスタジオではなくてどこか森に近いところで録音したのでしょうか。
バックに鳥のさえずりが聞こえるので、なんだか窓を大きく開いた部屋で弾いているような開放感に溢れていてとても落ち着いた気分になります。

期待どおり 評価
子供の領分・版画などを好んで弾くこともあって購入。
変なアクのない演奏で好感がもてます。
演奏研究の参考になるでしょう。

安心して聴ける、ドビュッシー入門盤 評価
ドビュッシーのピアノ曲が好きなのですが、イメージ的に感情を込めずクールな演奏が多いような気がします。
モニクアースのドビュッシーは、角が取れた柔らかい音色で、お気に入りのCDです。
寄せ集めなので、通しで聴くようにはできていないものの、入門盤として十分。
値段もリーズナブルですしね。
とりあえず、「月の光」「亜麻色の髪の乙女」以外も聴いてみたい人におすすめ。
ドラクエっぽい曲もあって、結構おもしろいですよ。




全集
ドビュッシー
Debussy Complete Works - The Centenary Edition

新品価格 ¥ 7,307

中古価格 ¥ 12,933 残り1個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2018-02-16
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
ドビュッシー没後100周年記念、CD22枚組+DVD2枚組セット限定盤 ●19世紀後半から20世紀前半に最も大きな影響を与えた作曲家の一人、クロード・ドビュッシーの没後100周年を記念し、出版された全作品がCD22枚組とDVD2枚組のセットで発売されます。
DVDには歌劇『ペレアスとメリザンド』が収録されています。
●マウリツィオ・ポリーニ、ピエール=ローラン・エマール、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ、ジャン=イヴ・ティボーデ、モニク・アース、ピエール・ブーレーズ、シャルル・デュトワ、ダニエル・バレンボイムから、さらにラファウ・ブレハッチ、チョ・ソンジンといった若いスターまで、評判のドビュッシー演奏家・指揮者による素晴らしい演奏でお聴きいただけます。

ドビュッシー
Debussy: the Complete Works

新品価格 ¥ 7,486

中古価格 ¥ 6,500 残り2個

発売元:Warner Classics  発売日:2017-12-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
This 33-CD set stands as the most complete collection of recordings of Debussy’s music ever made: it comprises all his known works, including four pieces in world premiere recordings which were made especially for this edition. Compiled in collaboration with renowned Debussy expert Denis Herlin (responsible for several critical editions of Debussy’s music for Durand, the composer’s publisher), the box comprises recordings carefully chosen for their artistic quality and their authenticity of spirit. They span more than a century, even including recordings made by Debussy himself – he was a superb pianist. Many other distinguished names are among the performers, including a suitably impressive contingent from France. Composer: Claude Debussy Other participants: Martha Argerich, Itzhak Perlman, Yehudi Menuhin, Daniel Barenboim, Natalie Dessay, Sir Simon Rattle, Aldo Ciccolini, Philippe Jaroussky, Gérard Souzay, Pierre-Laurent Aimard, Kent Nagano, Quatuor Ebène, Samson François, Roberto Alagna

ドビュッシー
Walter Gieseking - Debussy: the Piano Works

新品価格 ¥ 986

中古価格 ¥ 3,532 残り2個

発売元:Warner Classics  発売日:2017-08-18
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
The affinity of Walter Gieseking for the music of Debussy is nothing less than legendary. As Gramophone magazine wrote: “Debussy and Gieseking form an inseparable union where creator and recreator become one and the same person. Had Debussy lived to hear Gieseking he would surely have marvelled at such an uncanny identification with his very spirit.” These miraculous recordings, dating from the early 1950s, continue to set a standard in the interpretation of the French master’s music.

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ曲全集(3)

新品価格 ¥ 9,999

中古価格 ¥ 698 (定価の60%引き)

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2015-12-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
アンセルメ デッカレコーディングス フランス音楽集 32枚組

新品価格 ¥ 8,233

中古価格 ¥ 7,645 残り4個

発売元:UNIVERSAL ITALY  発売日:2013-09-09
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
アンセルメのデッカ録音集大成 第1巻 評価
ここ数年ユニヴァーサル・イタリーの企画によるバジェット価格のセット物が矢継ぎ早にリリースされていて、それぞれが気の利いた内容を持っているためにクラシック・ファンには目が離せないが、エルネスト・アンセルメのデッカへの録音の集大成は、ドビュッシーの2種類の『ペレアスとメリザンド』を含むフランスの作曲家の作品をまとめたこの32枚組が第1巻で、今後も同シリーズの刊行が引き続き行われるようだ。
またこれ以外にも彼が得意としたロシア物や、デ・ファリャを始めとする彼の初演になる作品群は、次回以降に組み込まれるらしい。
幸いアンセルメの代表的なセッションはその殆んどがデッカに録音されていて、50年代から60年代にかけての比較的良好な音質に恵まれた音源がこのシリーズで網羅されることは、オールド・ファンにとって朗報には違いないが、反面LP盤を当時の正価で1枚1枚買い揃えた学生時代を思い出すと複雑な気持ちにならざるを得ない。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノデュオのための作品全集 (Debussy: Complete Music For Piano Duo)

新品価格 ¥ 1,399

中古価格 ¥ 1,537 残り3個

発売元:BRILLIANT CLASSICS  発売日:2013-04-17
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
交響曲ロ短調、アンダンテ・カンタービレ、序曲「ディアーヌ」、バッカスの勝利、間奏曲、管弦楽のための第1組曲、ディヴェルティシメント、カンタータ「放蕩息子」より前奏曲、付曲、舞曲風のアリア、交響組曲「春」、小組曲、民謡の主題によるスコットランド行進曲、牧神の午後への前奏曲、リンダラハ、海、神聖な舞曲と世俗的な舞曲、6つの古代碑銘、白と黒で

商品の説明 
Massimiliano Damerini & Marco Rapetti, piano

ドビュッシー
Debussy・Ravel: Ochestral Works

新品価格 ¥ 2,450

中古価格 ¥ 1,500

発売元:Warner Classics  発売日:2012-09-09
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ジャン・マルティノン、リニューアルのボックス・セット 評価
ジャン・マルティノンは晩年自国のフランス音楽の録音に精力的に取り組んだ。
中でも最も評価の高いものがこの8枚のCDに収められたドビュッシーとラヴェルのオーケストラル・ワーク集だ。
EMIクラシック・バジェット・シリーズのひとつで、一応今回も限定盤になっているが、既に2002年にリリースされたものと全く同一内容の10年ぶりのリニューアル盤になる。
またこのうち1974年に録音された4枚のドビュッシーはオランダ・ブリリアントからもライセンス・リイシュー盤としても出ているし、日本盤としては独自のリマスタリング盤やSACD仕様もあり、カスタマーの選択にもバラエティーに富んだ名盤だ。

文句なし 評価
最近「ダフニスとクロエ」にハマってるんで買ってみた。
いやはやすばらしい。
壮大で、緻密だ。
フランス音楽も捨てたもんやないなあほかにドビュッシーの「海」が入ってるのがうれしい

発売元のレビュー
ドビュッシー、ラヴェル:管弦楽作品集 マルティノン&フランス国立放送管、パリ管(8CD限定盤)

ドビュッシー
Piano Edition



中古価格 ¥ 12,608 残り4個

発売元:Decca  発売日:2012-05-08
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
When the eighteen-year-old Debussy set about writing the first piano piece of his that we know of, in the summer of 1880, there was very little in the French repertoire for the instrument that he could build on. Brief essays by Gounod and Massenet merely indicated that their real interest lay elsewhere, in the opera house. Berlioz was no pianist, while Bizet, wonderful keyboard player that he was (even Liszt admired him), left nothing for solo piano to match his set of duet pieces, Jeux d'enfants. Chabrier's piano music would soon become one of the young Claude's enthusiasms, but most of this was still to come in 1880, as were all but the first of Faur 's Nocturnes. The Danse boh mienne of 1880 does not give much in the way of promise of what lay ahead, nor does the movement of a symphony written at the same time which got no further than a version for piano duet. He composed these while acting as house pianist for Tchaikovsky's patroness Nadezhda von Meck, and in reply to her envoi of the Danse the Russian composer commented that it was "nice, but too short, with themes that don't go anywhere, and the form is bungled and not unified". Whether this harsh judgement put Debussy off writing piano music, we cannot know, but it is surprising that such a capable pianist should have written, or at least published, nothing for the instrument during the 1880s. He spent the most formative years of that decade first with an eye on the Prix de Rome, working at cantatas, choruses and fugues (the Cort ge and Air de danse from his winning entry of 1884 show what a master of light music he could be when the mood took him). After that came the two years in Rome itself, where he began the struggle to free himself from the influences of Massenet and later of Wagner. Reports of Debussy's playing from his student years tell us that he erred on the side of bombast, accompanied by a certain amount of puffing and blowing. This was in direct contrast with his keyboard manner in later years, when critics complained that they couldn't always hear him. Certainly there's no bombast about the piano works that began to appear at the turn of the decade, beginning with the delightful Petite Suite for piano duet, with its implicit reverence towards the f tes galantes of the eighteenth century, as described by Verlaine. The two Arabesques are examples of the way in which decoration in Debussy's music was increasingly doing the duty of more solid substance, and in this are echoed by the five other piano pieces that date from around 1890: Valse romantique suggests that he had now heard some Faur , while the titles Ballade slave and Tarantelle styrienne exploit the French penchant for the exotic with very little that's Slavic or Styrian (whatever that might be) in the music itself. Even the Fantaisie for piano and orchestra, completed in April 1890, treats the solo instrument as a concertante partner, although there is plenty of energy in the race to the final chord. Perhaps the first signs of Debussy's mature piano style appear in the Suite bergamasque which he gave to a publisher in 1890, but which for some reason did not appear until 1905. The famous "Clair de lune" was originally given the title "Promenade sentimentale" (which perhaps warns against turning the composer's Andante into an Adagio). Only in the 'Pr lude' does Debussy assume the grand manner -- with a self-deprecating smile? Dating from 1891, the Marche cossaise was the composer's first commission, using a piper's tune provided by John Meredith Read, who had been US consul-general for France. But almost as a decade earlier, Debussy's attention was now largely given to vocal and orchestral works -- the opera Pell as et M lisande, Pr lude l'apr s-midi d'un faune and the Nocturnes. The few piano pieces he did compose before 1903 -- the three Images oubli es (the epithet is not his) and the suite Pour le piano -- show him still searching for a coherent keyboard style and trying out pseudo-harpsichord figuration and, in the third Image, responses to visual stimuli. As these obviously bring in the whole question of Impressionism, it may be as well to mention the composer's only take on the movement. At work in 1908 on his orchestral Images, he told his publisher "I'm trying to write `something else' -- realities, in a manner of speaking -- what imbeciles call 'Impressionism', a term employed with the utmost inaccuracy, especially by art critics who use it as a label to stick on Turner, the finest creator of mystery in the whole of art!" Composing "realities" called for extreme technical accuracy, and this scientific approach did bring Debussy close to the Impressionist painters in the sense that their "atmospheric" canvases were profoundly influenced by the science of complementary colours. Nor was this all. As the novelist Edmond Duranty noted in 1879, while some new painters tried to render the trembling of leaves, the shimmer of water and the vibration of sun-drenched air, others aimed to paint the walk, movement and hustle and bustle of passers-by in the modern city of Paris, in this evoking "the fleeting beauty" Baudelaire talked of in his essay "The Painter of Modern Life". These two subjects, Nature and the modern city, together with the historical and geographical exotic, now led Debussy to compose some of his most beautiful and inventive music. With the Estampes of 1903, he truly found his mature piano style. They were written just after he had seen an exhibition of Turner's paintings in London, and they certainly contain their share of artistic mystery, whether in the gamelan-influenced textures of "Pagodes", the slightly acidulous Hispanicisms of "La soir e dans Grenade" (a nod here to Ravel's "Habanera" of 1895) or the refeshing showers of "Jardins sous la pluie" amid which a voice intones the composer's favourite popular song: "Nous n'irons plus au bois". Mystery abounds in Masques, which Debussy said was "the tragic expression of existence" -- a remark that might seem to go against the piece's dancing spirit, except that there are also disconcerting moments when logic seems to be in peril. In contrast, L'Isle joyeuse is one of the composer's most life-affirming works, rhythmically more stable than Masques and giving hints that La Mer lay just round the headland. Just as Debussy was never happy to be given any kind of label, so the titles of his pieces are, as with Masques, at times puzzling and even contradictory. Thus two of the three pieces in the first series of Images do not correspond explicitly with any painting or view of Nature. Instead, Debussy uses the word 'image' in a more symbolic sense. "Hommage Rameau", perhaps inspired by hearing the opera Castor et Pollux conducted by Vincent d'Indy in 1903, contains no reference that has ever been discovered to any work by Rameau, but is emblematic of that restrained dignity, free of heaviness or self-advertisement, that Debussy so treasured in the music of his predecessor. Likewise, "Mouvement" is an abstract piece, perhaps sharing with Edgar Degas, a painter Debussy knew and admired, a fascination with moving figures. "Reflets dans l'eau" and the three pieces of the second series are all pictures in music, whether imagined or, as in the case of "Poissons d'or", real: we hear the swoops and twitches of two large carp as featured on a Japanese plaque in black lacquer, touched up with mother-of-pearl and gold, that hung on the wall in the composer's study. The six delightful vignettes of Children's Corner, dedicated to his daughter Chouchou "with her father's tender apologies for what follows", end with the first of Debussy's popular or city pieces, "Golliwogg's Cake- Walk", and he continued the genre in the two books of Pr ludes, published in 1910 and 1913. 'Minstrels' depicts a group of red-jacketed musicians who played saxophones and guitars outside the Grand Hotel, Eastbourne when Debussy stayed there in 1905, and "General Lavine -- excentric" (Debussy's spelling) a music hall artist once described as "a comic juggler, half tramp and half warrior", hence the trumpet calls. A milder eccentric appears in the shape of Mr Pickwick, adorned with the initials that Debussy found so amusing and standing for "Perpetual President-Member Pickwick Club" -- a patriot too, as the opening bars proclaim. Elsewhere Nature is given full rein (wind, the evening air, hills, snow, fog, leaves, heather) together with bells, Spanish lovers, sails, dancers from Ancient Greece and Shakespeare, and finally fireworks. Ravel was not the only musician to immerse himself in 'these admirable masterpieces' of the first book in April 1910; and if the second book took longer to establish itself, that may be owing to its more advanced language -- by then Debussy had heard and been amazed by Stravinsky's Petrouchka. His last two major piano works both date from the summer and autumn of 1915. The war weighed heavily on him, all the more so because age and incipient cancer made him feel so helpless. The three movements of En blanc et noir all carry epigraphs that refer, directly or indirectly, to the "realities" of the war. In the first, all men are adjured to "dance" -- that is, to take part in the hostilities -- and the music sweeps along with irresistible brio. In the second, the enemies of France are portrayed by what Debussy called "the poisonous fumes" of "Ein' feste Burg", finally despatched by the "Marseillaise". The epigraph to the third, "Yver, vous n'estes qu'un villain" (Winter, you're nothing more than a criminal), maybe suggests a winter of the spirit, brought on by war. At all events there's no triumphalism here. Bleak chords sound out, energy dissipates, leaving mere ashes of optimism. The piano parts of the two sonatas, with violin and cello, are spare, precisely judged and a world away from reflections in the water and the sounds of bells through leaves, recalling his near-final words to a young composer: "Distrust the exceptional". If the twelve tudes are exceptional (and they are), it is not through any desire to astonish the bourgeois, but simply through Debussy's scientific analyses and "composition" (in the literal sense of "putting together") of his chosen data. Editing volumes of Chopin was the spur, as we can tell from the study in sixths, retaining Chopin's key of D flat major. But the one in fourths breaks wholly new ground, departing from the hallowed imposition of thirds on which harmony had been based for centuries. For years after Debussy's death these pieces were neglected: weird, driven by strange logic... and ferociously difficult to play. They look forward to the piano works of Boulez, Ligeti, Griffes and many others, not entirely renouncing sonorous luxury, but enlivening it with passages of wild energy and searching chromaticism -- music of the future, but minus the Wagnerian publicity. 2012 Roger Nichols 3/2012

ドビュッシー
Debussy Edition

新品価格 ¥ 7,030

中古価格 ¥ 5,810 残り3個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2012-05-01
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
収録内容です 評価
CD1夜想曲/交響詩「海」/クラリネットと管弦楽のための狂詩曲第1番/バレエ「遊戯」ピエール・ブーレーズ(指揮)、クリーヴランド管弦楽団、フランクリン・コーエン(Cl) [録音:1991年, 1993年]CD2牧神の午後への前奏曲/管弦楽のための「映像」/交響組曲「春」ピエール・ブーレーズ(指揮)、クリーヴランド管弦楽団 [録音:1991年]CD3ピアノと管弦楽のための幻想曲ジャン=ルドルフ・カールス(P)、アレクサンダー・ギブソン(指揮)、ロンドン交響楽団 [録音:1969年]神聖な舞曲と世俗的な舞曲*/スコットランド行進曲ヴェラ・バディングス(Hp*)、ベルナルド・ハイティンク(指揮)、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 [録音:1976年-1977年]英雄的な子守歌エドゥアルト・ヴァン・ベイヌム(指揮)、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 [録音:1957年]バレエ「カンマ」/舞曲(スティリー風タランテラ)リッカルド・シャイー(指揮)、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 [録音:1994年, 1986年]CD4〜5前奏曲集第1&2巻(全曲)クリスティアン・ツィマーマン(P) [録音:1991年]CD6映像第1集/映像第2集/組曲「子供の領分」アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(P) [録音:1971年]CD7練習曲集第1巻/練習曲集第2巻内田光子(P) [録音:1989年]CD8ベルガマスク組曲/忘れられていた映像/ピアノのために/版画/スケッチ帳より/喜びの島/2つのアラベスク/ハイドンを讃えて/夢/アルバムの1ページゾルターン・コチシュ(P) [録音:1983年, 1988年]CD9白と黒で/小組曲/リンダラハ/行列と舞踊音楽/ピアノ連弾のためのバラード/6つの古代碑銘/2台のピアノのための交響曲 ロ短調コンタルスキー兄弟(Pデュオ) [録音:1973年]CD10弦楽四重奏曲 ト短調 Op.10メロス弦楽四重奏団 [録音:1973年]ヴァイオリンとピアノのためのソナタオーギュスタン・デュメイ(Vn)、マリア・ジョアン・ピリス(P) [録音:1993年]チェロとピアノのためのソナタミッシャ・マイスキー(Vc)、マルタ・アルゲリッチ(P) [録音:2000年]フルート、ヴィオラとハープのためのソナタヴォルフガング・シュルツ(Fl)、ヴォルフラム・クリスト(Va)、マルギット・アナ・シュース(Hp) [録音:1989年]シランクスヴォルフガング・シュルツ(Fl) [録音:1989年]CD11忘れられたアリエッタ/シャルル・ボードレールの5つの詩/ジャヌ/カプリス/華やかな宴第1集ヴェロニク・ディエッチ(Sp)、フィリップ・カッサール(P) [録音:1993年]CD12ビリティスの3つの歌/美しい夕暮れ/マンドリン/ロマンス/まぼろし/ステファヌ・マラルメの3つの詩/星の輝く夜/感傷的な風景(言うに言われぬ静けさ)/カンタータ「選ばれし乙女」ヴェロニク・ディエッチ(Sp)、ドリス・ランプレヒト(Ms)、フィリップ・カッサール(P)、ベルナール・テテュ(指揮)、リヨン合唱団 [録音:1994年]CD13ヴェルレーヌの詩による3つの歌曲/眠りの森の美女/抒情的な散文/バンヴィルの詩による7つの歌曲/波、棕櫚、砂/弓/悲劇/ひそやかに/月の光/華やかな宴第2集ヴェロニク・ディエッチ(Sp)、エマニュエル・ストロッセ(P) [録音:1999年]CD14庭で/時は春(ロマンス)/アンジェラスの鐘/マドリード/蝶々/ロマンス/もう家もない子供たちのためのクリスマス/フランスの3つの歌/白夜/恋人たちの散歩道/華やかな宴/後悔/アリエルのロマンス/Il dort encore/フランソワ・ヴィヨンの3つのバラードヴェロニク・ディエッチ(Sp)、エマニュエル・ストロッセ(P) [録音:2002年]CD15〜16歌劇「ペレアスとメリザンド」(全曲)マリア・ユーイング(Sp)、パトリツィア・パーチェ(Sp)、クリスタ・ルートヴィヒ(A)、フランソワ・ル・ルー(Br)、ヨセ・ファン・ダム(Br)、ジャン=フィリップ・クールティス(Bs)、ルドルフ・マッツォーラ(Bs)、クラウディオ・アバド(指揮)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場合唱団 [録音:1991年]CD17聖史劇「聖セバスティアンの殉教」シュザンヌ・ダンコ(Sp)、ナンシー・ウー(A)、マリ=リーズ・ド・モンモラン(A)、エルネスト・アンセルメ(指揮)、スイス・ロマンド管弦楽団、トゥール・ド・ベイルス合唱団 [録音:1954年]シャルル・ドルレアンの3つの歌ジョン・エリオット・ガーディナー(指揮)、モンテヴェルディ合唱団 [録音:1992年]CD18バレエ「おもちゃ箱」(カプレ編)エルネスト・アンセルメ(指揮)、スイス・ロマンド管弦楽団 [録音:1957年]喜びの島/水の反映フリードリヒ・グルダ(P) [録音:1948年, 1947年]仮面/レントより遅く/バラード/小さな黒人/マズルカ/夜想曲/ボヘミア風舞曲ダニエル・エリクール(P) [録音:1961年]聖母に祈るために、母の要請によって作られたヴィヨンのバラード/洞窟/マンドリンエドゥアルト・リンデンベルク(指揮)、パリ音楽院管弦楽団 [録音:1950年]カンタータ「放蕩息子」より、リアのアリアインゲ・ボルク(Sp)、アナトール・フィストゥラーリ(指揮)、ロンドン交響楽団 [録音:1957年]

ドビュッシー
Debussy Collection

新品価格 ¥ 7,653

中古価格 ¥ 4,000 残り6個

発売元:Sony Classics  発売日:2012-03-13
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
様々な名演奏家による廉価なドビュッシーコレクション 評価
ドビュッシー生誕150年を記念したと思われる、様々な名演奏家によるコレクション。
1枚200円を切っていて、個人的には若干不満もあるが、星5つを妨げるものではない。
管弦楽曲は、てっきりブーレーズでまとめると思っていたら、海と牧神がミュンシュ、サックスとかピアノとの組み合わせのもの、聖セバスチアンがティルソン・トーマス、と言った具合。
ブーレーズやミュンシュはかつて輪郭がクリアーすぎて、ラベルはよいがドビュッシーとは合わないとか言われていたが、それは昔の、ドビュッシーは印象派で、曖昧模糊としていなければいけない、とかいう先入観からでたもので、ティルソントーマスの演奏も含めすぐれたもの。

ソニーかユニバーサルか、ふたつのドビュッシー作品集 評価
ドビュッシー生誕150周年を記念して既に複数のメーカーからセット物の作品集が相次いでリリースされているが、いわゆる全集物では、現時点ではソニーとユニバーサルのボックス・セットが双璧になっている。
双方とも18枚のCDから構成されていて、ドビュッシーの総てのジャンルからの作品を過不足なく収めている。
また当然ながら水準の高い演奏ばかりがセレクトされているので、後はどちらを選ぶかは鑑賞する人の好みにかかっている。
ジャンル別の振り分けを見るとユニバーサルでは歌曲にCD4枚を当てているのに対して、ソニーは2枚半で、その代わりに編曲ものを数枚取り入れている。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ曲全集 (Debussy : The Solo Piano Works / Noriko Ogawa) [6CD BOX]

新品価格 ¥ 3,602

中古価格 ¥ 3,153 残り4個

発売元:BIS  発売日:2012-02-10
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー・ピアノ音楽全集の金字塔 評価
文字どおりドビュッシーのピアノ音楽のすべてが網羅された初めてのCD全集である。
ドビュッシー演奏で世界的に評価の高い小川典子と録音のクオリティを誇るBISがタッグを組んで10年以上をかけて成し遂げた偉業といってよい。
6枚組のCDのうち5枚はすでに単発でリリースされており評価も確立しているのでここでは触れない。
特筆すべきは最後の6枚目である。
ピアノとオーケストラのための幻想曲(ファンタジー)と5曲のフーガが収められている。
前者は録音の数も質もめぐまれない状況にあったが、この演奏を聴くと曲の真価が証明されたようで、ドビュッシーファンとして溜飲をさげると同時に、今後まちがいなく世界のオーケストラのレパートリーにとり入れられるだろうことを確信した。

発売元のレビュー
ドビュッシー:ピアノ曲全集・2つのアラベスク・ベルガマスク組曲・ピアノのために・舞曲・バラード・ロマンティックなワルツ・夢想・マズルカ・夜想曲・ボヘミア舞曲・忘れられた映像・映像 第1集・映像 第2集・版画・仮面・喜びの島・前奏曲集第1巻・前奏曲集第2巻・スケッチブックから・コンクール用小品・ハイドン賛歌・小さい黒人・子供の領分・レントよりも遅く・英雄の子守歌・アルバムのページ(傷病兵のための小品)・エレジー・おもちゃ箱・12の練習曲・新発見の練習曲(『組み合わされたアルペジオのための練習曲』の初稿。
1915)・間奏曲 (1880/2) ・6つの古代の墓碑銘・燃える炭火に照らされた夕べ (1917) ・フーガ集 (1881/3)*・ピアノと管弦楽のための幻想曲* *初出音源

特徴説明
2000年1月,8月、2002年2月,7月、2004年6月、2005年7月、2007年7月 旧ストックホルム音楽アカデミー
2009年7月 イギリス、ポットン・ホール
2011年8月 シンガポール、エスプラネード・ホール

ドビュッシー
ルーセル:交響曲全集 (Roussel: The Complete Symphonies)

新品価格 ¥ 1,567

中古価格 ¥ 1,384 残り4個

発売元:Naxos  発売日:2010-12-15
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
Royal Scottish National Orchestra - Stéphane Denève, direction

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品全集

新品価格 ¥ 3,335 (定価の20%引き)

中古価格 ¥ 2,870 (定価の31%引き)

発売元:コロムビアミュージックエンタテインメント  発売日:2007-08-29
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
現在、ドビュッシーを弾かせたら、ベロフが最高。 評価
ピアニストにも得手、不得手がある。
いい音楽に出会いたければまずその演奏者を知ることが大事だろう。
ベロフはドビュッシーの作品を楽譜に忠実に、そしてとても楽しく聞かせてくれる。
ミケランジェリがオーケストラのようなカラーを紡ぎだす演奏家で、聞き手に緊張感を要求する演奏家だとすれば、ベロフはピアノ曲としての楽しさ、まるでPOPSやイージーリスニングのようにリラックスして聞ける。

フランス人のフランス人によるフランス人のための音楽 評価
フランス人作曲家ドビュッシーのピアノ曲をフランス人ピアニストのベロフが演奏する。
フランスの音楽の気配が漂っている。
楽譜をmidiでならすのでは分からない間合いがあります。
ああ、作曲家の意図は、こういうものなのかと理解できます。
ヨーロッパ、特にフランスは文書化の国と言われています。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ音楽全集



中古価格 ¥ 1,655

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2006-03-31
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
作品の魅力が自然に、かつ生き生きと感じられる、飽きのこない演奏 評価
これまで長年にわたって、繰り返し聴いてきた演奏です。
今もって飽きることがありません。
比類ない様式把握と構成力のもと、自由闊達で豊かな表現力と人間味が無理なく統合されており、ピアニストの個性(テクニック、音色、解釈・表現の傾向性)とドビュッシーの音楽との相性が最高です。
ドビュッシーのピアノ曲は他にも、ミケランジェリ、ベロフ(旧録音)、アース、フランソワ、コルトー、ロジェといった人たちを聴きましたが、どれも個性的な魅力はあれど違和感が拭えず、気がつくとこのギーゼキングばかり聴くようになり、これがあれば十分との結論で他は手放してしまいました(極端にいえば、ミケランジェリは息苦しく、ベロフは無機的、アースは鈍重、フランソワは様式感不足、コルトーは古すぎる解釈、ロジェは平板)。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品全集

新品価格 ¥ 2,735 (定価の20%引き)

中古価格 ¥ 3,445 残り3個

発売元:日本コロムビア  発売日:2005-06-29
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
録音が秀逸 評価
この全集は特に録音の状態が非常に良いです。
この点も評価に入れてよいと思います。
せっかくの名演も録音が悪いともったいないですので。
演奏も決して悪くはないです。
個人的には完全に満足とはいわないまでも、なかなかの好演奏だと思います。

あっさり でもドビュッシーはこれでいいの かも 評価
コンピューターで自動演奏してるような感じ悪い意味じゃなくてね あっさり強弱や緩急を、これ見よがしにやるタイプの演奏よりもドビュッシーは、このCDみたいな感じの方が自分は好きです音 ハーモニー 流れ自体の美しさがよく分かると思います

全集としては凄く聴きやすいです。 評価
技巧的な演奏ですが、そんなに速いペースで弾いてるわけでもなく、 独善的に突っ走ることの無いスタンダードな演奏だと思います。
やや迫力や感情面に乏しい部分も見受けられるので星4つにしましたが、 どの曲の演奏も高水準の出来栄えで、しかも全集でこの値段なので 大満足です。
今までモニク・アース盤、ウェルナー・ハース盤を持っていましたが、このCDもお気に入りとなりそうです。
演奏以外で不満を言えば、CDが袋のようなのに入ってるので、 いちいち取り出さないとディスクナンバーがわからないことです・・・

発売元のレビュー
一度読み込んだだけのほぼ新品です。
ケース・ディスクともに割れ、キズなどありません。
帯やライナーノーツ等すべて付属しています。
ご注文お待ちしています。

ドビュッシー
ドビュッシー作品集



中古価格 ¥ 5,000 残り2個

発売元:日本コロムビア  発売日:1998-10-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ラヴェル / ボレロ&ストラヴィンスキー / ペトルーシュカ



中古価格 ¥ 3,650 残り3個

発売元:BMGビクター  発売日:1997-04-23
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:管弦楽曲全集



中古価格 ¥ 2,180 残り5個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1997-03-05
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ドビュッシー
UHQCD DENON Classics BEST ドビュッシー:前奏曲集第1巻、子供の領分 他

新品価格 ¥ 1,417 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 1,254 (定価の22%引き) 残り2個

発売元:日本コロムビア  発売日:2017-01-18
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
千住真理子ベスト

新品価格 ¥ 1,931 (定価の40%引き)

中古価格 ¥ 1,630 (定価の49%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-11-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
千住真理子 BEST 評価
千住真理子さんのバイオリン:デュランティの音ってすばらしい。
こころが洗われる思いです。

Yum 評価
とても綺麗な音楽が流れます。
個人的に一番好きなのは、なんときらきら星でしたが・・。
1人二役で弾いているのですね。
子供向けの曲がここまで美しく聞こえることに驚きます。

ドビュッシー
THE BEST

新品価格 ¥ 1,696 (定価の21%引き)

中古価格 ¥ 1,622 (定価の24%引き) 残り5個

発売元:avex CLASSICS  発売日:2014-11-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
日本を代表する世界的アーティストの名盤がごっそり集結! まさに究極! (収録曲) ドビュッシー Claude Debussy (1862-1918) 1. アラベスク 第1番 2. アラベスク 第2番 3. 月の光 ~ 《ベルガマスク組曲》より モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791) 4. きらきら星変奏曲(フランスの歌「ああ、ママに言うわ」による12の変奏曲ハ長調K.265) 5. トルコ行進曲(ピアノ・ソナタ第11番イ長調K.331~第3楽章) ベートーヴェン Ludvig van Beethoven (1770-1828) 6. ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 作品31の2《テンペスト》~第3楽章 ショパン Frédéric Chopin (1810-1849) 7. バラード第1番 ト短調 作品23 8. ノクターン第8番 変ニ長調 作品27の2 リスト Franz Liszt (1811-1886) 9. ラ・カンパネラ 10. リゴレット・パラフレーズ 辻井伸行(ピアノ) Nobuyuki Tsujii, piano [録音] ベルリン、テルデックス・スタジオ 1-3:2013年7月、4&5:2012年3月、7&8:2010年1月、 9:2014年5月、10:2010年5月 ニューヨーク、カーネギーホール 6:2011年11月10日(ライヴ収録) (P) 2010-2014 AVEX CLASSICS INTERNATIONAL, INC.

ドビュッシー
ドビュッシー:ベスト・オブ・ベスト

新品価格 ¥ 2,039

中古価格 ¥ 1,090 (定価の47%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-08-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:管弦楽作品集全集

新品価格 ¥ 4,497

中古価格 ¥ 3,348 残り7個

発売元:Naxos  発売日:2012-03-14
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
現代最高の構築的ドビュッシー! 評価
こういう全集を出せるのも、ナクソスの凄さ。
中央迄銀色塗装の、高音質オーストリアプレス!《CD1》1.牧神の午後への前奏曲/2-4.海/5.バレエ音楽「遊戯」/6-11.子どもの領分(A.カプレによる管弦楽編)《CD2》1.「ペレアスとメリザンド」交響曲(M.コンスタント編)/2-4.夜想曲/5.英雄の子守歌(管弦楽編)/6-8.12の練習曲より第9番,第10番,第12番《CD3》1-5.映像/6.ピアノのために-第2楽章「サラバンド」(M.ラヴェルによる管弦楽編)/7.舞曲(M.ラヴェルによる管弦楽編)/8.スコットランド行進曲(管弦楽編)/9.レントよりもおそく《CD4》1-7.聖セバスティアンの殉教[交響的断章(ユリの庭/法悦の踊りと第1幕の終曲/受難/よき羊飼い)/第2幕 魔法の部屋より前奏曲/第3幕 偽りの神の懐柔よりファンファーレ第1/第3幕 偽りの神の懐柔よりファンファーレ第2]/8.バレエ音楽「カンマー」(C.ケクランによる管弦楽補筆編)/9-10.リア王(J. ロジェ=デュカスによる管弦楽編)[ファンファーレによる序曲/リア王の眠り]11.セーヌ・リリック「放蕩息子」より「行列と踊りの歌」《CD5》1-7.おもちゃ箱(C.ドビュッシー,A.カプレによる管弦楽編)/8.バッカスの勝利(M.F.ガイヤールによる管弦楽編)/9-14.6つの古代の墓碑銘(E. アンセルメによる管弦楽編)《CD6》1-3.白と黒で(R.ホロウェイによる管弦楽編)/4-7.小組曲(H.ビュッセル編)/8-11.ベルガマスク組曲(G.クロエ編)/12.喜びの島(B.モリナーリ編)《CD7》1-12.前奏曲集 第1集(C.マシューズによる管弦楽編)/13-14.交響組曲「春」(H.ビュッセル編)《CD8》1-12.前奏曲集 第2集(C.マシューズによる管弦楽編)/13.版画 第1番「塔」(A.カプレ編)/14.版画 第2番「グラナダの夕べ」(H.ビュッセル編)/15-17.交響曲 ロ短調(T.フィーノによる管弦楽編)《CD9》1-2.幻想曲/3.クラリネットのための第1狂詩曲/4.幻想曲(管弦楽編曲:R.ロジェ=デュカス)/5-6.2つの舞曲「神聖な踊りと世俗の踊り」

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ曲全集

新品価格 ¥ 6,885 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 9,384 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2012-01-18
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品全集-4

新品価格 ¥ 1,090 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 423 (定価の64%引き) 残り9個

発売元:日本コロムビア  発売日:2010-09-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
はっきりとした像を構築する名演奏 評価
テクニックも申し分ありませんが、それ以上にとても色彩豊かです。
一体いくつ引き出しがあるのか不思議に思うくらい変幻自在に音色が変わっていきます。
また、ペダルは必要最低限にとどめ、はっきりと像を浮かび上がらせているのが特徴的で、像がぼんやりとした神秘的な演奏とは対極をなす演奏といえるかもしれません。
私の好きな「喜びの島」は、平均よりかなりテンポが速めで、あれよあれよという間に展開していき、そのままの勢いを保ったまま歯切れよく終わります。
爽快感のある名演奏です。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品集3

新品価格 ¥ 956 (定価の22%引き)

中古価格 ¥ 450 (定価の63%引き)

発売元:日本コロムビア  発売日:2010-08-18
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
前橋汀子 ベスト・コレクション

新品価格 ¥ 2,680 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 1,776 (定価の43%引き) 残り8個

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2008-01-23
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
 評価
このCDの最後の曲、シャコンヌを聞いているとき、悲しくもないのに涙が出てきました。
あまりにも美しい音色に心がしいんとしてしまって。

ベスト盤なんか出している場合ではない 評価
 このディスクが、星5つであることは疑いようがない。
 だが、前橋汀子さん。
ベスト盤なんか出している場合ではない。
 テクニックの衰えが多少あろうとも、前橋節満載のベートーヴェンとブラームスのヴァイオリン協奏曲を録音すべきだ。
もちろん、DSD Recording で。
 買ってくれる人がいない?  だったら、私が貯金全部取り崩して、1000枚でも、2000枚でも買ってあげます。
 前橋汀子さんの芸術性をこのまま封印してしまうのは、余りにも惜しすぎます。
 皆さんからもお願いしてください。
 署名活動でもしましょうか。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品全集第1集

新品価格 ¥ 1,879 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 685 (定価の66%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2001-07-25
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やわらかく、あたたかな音と香りに満ちたドビュッシー 評価
 ドビュッシーのピアノの透きとおったやわらかさ、ほのかなあたたかさが、心地よく伝わってくる二枚組のCD。
同じピアニストによる『月の光〜ドビュッシー:ピアノ名曲集』がとても素晴らしかったので、曲の重複を差し引いても購入する価値ありと考えました。
 結果は、当たり! 前述の抜粋盤(二枚組CD)に比べて、曲の解説がずっと丁寧で充実していたこともありますが、同じ音源の演奏のはずなのに、こちらのオリジナル二枚組盤のほうが、アースのピアノの音がクリアーでやわらかみがあると感じました。
どうしてこういうことが起こるのか、私の気のせいなのか、CDの質のせいなのか、原因は分からないのですが。

クラシックに一味。 評価
私が「クラシックピアノを聴きたい!」と思って初めて選んだのがドビュッシーのこのCD。
(ピアノ作品が全て収録されているし、もちろん第2集も合わせて買いました。
)なぜドビュッシーだったかと言うと、映画監督の岩井俊二さんがドビュッシーを好きらしく、彼の映画音楽にも影響していると思ったため。
(私は彼の映画音楽が好きです。
)ドビュッシーの音楽は、クラシックに一味加えたという感じで、より個性的で独特な印象を受けます。
軽快で優しい曲が多く聴きやすいと思います。
クラシックはちょっと苦手という人にもお勧めだと思います。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品全集第2集

新品価格 ¥ 1,530 (定価の25%引き)

中古価格 ¥ 672 (定価の67%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2001-07-25
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
レコード芸術2012,1月号で 評価
256ページにドビュッシー前奏曲集の解説が載っていました。
図書館にもありますので閲覧してみてください。
星4つにしたのは、この曲には多くの演奏が存在し、好みも岐れると思いますし、私も熱心に聴き比べはしていませんので。
日常生活を忘れさせてくれる異国情緒たっぷりの演奏と録音がお気に入りです。
個人的には文句なし星5つです。

ドビュッシー
夢のあとに~ベスト・アルバム

新品価格 ¥ 1,377 (定価の27%引き)

中古価格 ¥ 150 (定価の92%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1996-10-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容満載のベスト・アルバム 評価
惜しくも昨年現役を引退された宮本さんのベスト・アルバム。
 色々なスタンダード曲が楽しめるという点でお薦めです。
初めて聴いたマルチェッロのオーボエ協奏曲やモーツァルトのアンダンテハ長調など本当にいい感じです。
 ただ個人的にはクライスラーやフォーレの曲はどうしても弦楽器のイメージが強烈にありすぎて、オーボエのやさしい響きでは少し物足りない、という印象があります。
 G線上のアリアやアヴェ・マリアのように思いっきりジャジーなアレンジがなされている曲の方がむしろ開き直って楽しめました。
 オーボエってオーケストラの中ではマイナーな存在ですが、ジャズやフュージョンとの相性がいいのですね。

あと 評価
世界を代表すると言っても過言ではないオーボエ奏者宮本文昭さんの96年作成のアルバムです。
私は、彼の繊細で技術の高いオーボエの音色がとても大好きです。
最近では、彼のオーボエと他の楽器とのコラボでどちらかと言うとオーケストラ演奏なCDが多いように思うのですが、これは彼の音色(オーボエ)を中心としたCDになっています。
採用されている曲も世界的に有名なクラシックばかりで、オーボエに合うリズムで演奏されているので初心者の方でもなんだか懐かしい落ち着いた気持ちになれる一枚です。



ドビュッシー
ドビュッシー、フォーレ、ラヴェル:ピアノとオーケストラのための作品集

新品価格 ¥ 2,430



発売元:SOMM Recordings  発売日:2019-05-24
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
月の光~ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ:作品集

新品価格 ¥ 2,380 (定価の21%引き)

中古価格 ¥ 2,000 (定価の33%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-03-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:管弦楽曲集(UHQCD)

新品価格 ¥ 2,196 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 4,985 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2017-05-17
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー & ラヴェル:弦楽四重奏曲集(クラシック・マスターズ)

新品価格 ¥ 1,243 (定価の17%引き)

中古価格 ¥ 769 (定価の49%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2014-07-16
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ曲集

新品価格 ¥ 1,768 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,262 (定価の35%引き) 残り5個

発売元:SMJ  発売日:2013-11-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:管弦楽曲集

新品価格 ¥ 1,598 (定価の17%引き)

中古価格 ¥ 1,404 (定価の27%引き)

発売元:SMJ  発売日:2012-11-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー&ラヴェル:弦楽四重奏曲集

新品価格 ¥ 925 (定価の28%引き)

中古価格 ¥ 1,200 (定価の6%引き) 残り5個

発売元:SMJ  発売日:2012-10-03
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:映像/練習曲集

新品価格 ¥ 972 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 458 (定価の57%引き) 残り5個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-08-17
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:管弦楽作品集第6集

新品価格 ¥ 9,980

中古価格 ¥ 756 (定価の41%引き) 残り2個

発売元:naxos  発売日:2011-07-13
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:管弦楽作品集 第5集

新品価格 ¥ 1,200

中古価格 ¥ 680 残り3個

発売元:Naxos  発売日:2011-04-13
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やっぱり管弦楽の方が好き 評価
ドビュッシーと言えば、ピアノ曲が有名で、このCDにも入っている「喜びの島」なんかもピアノ版がポピュラーだけど、個人的には管弦楽版の色彩感がまさにドビュッシーらしくて(アレンジは別人がしていますが)楽しかったです。
今回は「おもちゃ箱」を自分たちのオーケストラのコンサートで演奏することになったので参考音源として購入しましたが、「版画」や「喜びの島」も楽しく聴かせていただきました。
夏の夜のBGMにいいかも。

ドビュッシー
ドビュッシー:管弦楽作品集 第4集

新品価格 ¥ 1,244 (定価の3%引き)

中古価格 ¥ 900 (定価の30%引き) 残り3個

発売元:NAXOS  発売日:2010-11-17
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
フランス連弾曲集フォーレ:ドリー、ドビュッシー:小組曲、ラヴェル:マ・メール・ロワ他

新品価格 ¥ 2,827 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 2,314 (定価の25%引き) 残り6個

発売元:オクタヴィア・レコード  発売日:2010-08-25
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
連弾のお手本だけではもったいない、実に洗練された音楽の玉手箱! 評価
我が家では小生はじめ小学生の娘達もピアノを嗜む為、よく連弾をするのでお手本と思って購入したが、とんでもない!ここにはモーツアルトからはじまりシューベルトを得て培われ、フランスで華を開いた連弾というピアノ音楽のエッセンスが凝縮されています。
連弾侮るなかれ!毎日聴いても飽きない、香り高い上質の音楽を楽しめるディスクです。

ドビュッシー
ドビュッシー&ラヴェル:2台ピアノのための作品集

新品価格 ¥ 2,856

中古価格 ¥ 990 (定価の65%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-09-16
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
アシュケナージ親子による名演奏!!! 評価
ヴォフカ、ウラジーミル・アシュケナージ親子による6曲の「2台のピアノのための作品」集。
ドビュッシーとラヴェルから、それぞれ3曲ずつが選び出されています。
この一枚を聴くのに、このパートは、ウラジーミルかな、ヴォフカかな、と思いつつ聴くのは、大変な楽しみです。
これは、ウラジーミルか、と思っていると、どうも、違うようだ、ヴォフカかな、と思っているとまた違うようで、楽しさが倍加します。

実は珍しいアシュケナージ父子の共演盤 評価
アシュケナージがその子息、ヴォフカ・アシュケナージとデッカレーベルからドビュッシーとラヴェルの作品集をリリースした。
実はこの両者のピアニストとしての共演というのがめったにない。
いまカタログで探してみたが、唯一あるのが、20年以上前に録音されたバルトークの「2台のピアノと打楽器のためのソナタ」だけである。

ドビュッシー
ドビュッシー:管弦楽曲集

新品価格 ¥ 933 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 864 (定価の19%引き) 残り6個

発売元:日本コロムビア  発売日:2007-12-19
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
おすすめ。 評価
特に「小組曲」を聴きたくて購入。
演奏は、繊細かつ集中力がある。
テンポを微妙に動かしながら鳴らせるところは鳴らせる、上品ではあるが、雰囲気だけの演奏に陥っていないところが気に入りました。
人によっては、誇張されている感じを受けるかもしれないが、嫌みがないので、繰り返し聞けます。
録音も良い。
レコードではパイヤール盤を愛聴していましたが、そこでは気がつかなかった、新たな曲の魅力をそこここで感じることができ、満足しています。
その他の曲も好演で、値段を考えると絶対のおすすめです。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ作品集

新品価格 ¥ 937 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 243 (定価の77%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2000-06-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
定番曲ばかり。安心して聴けますよ。 評価
クラシック初心者の方にお薦めしたい一枚。
『ベルガマスク組曲』(有名な『月の光』はこの中の3曲目)、『2つのアラベスク』、夜に聴くとロマンチックな気分になれる『夢』など、ドビュッシーの定番曲だけを集めたCD。
ピアノを聴き始める方にお薦めです。
私が作成した"リストマニア"リスト「民主党とマスコミから日本を守るために」も参考にしていただけますと幸いです。

安心価格そして・・ 評価
ドビュッシーのピアノ曲の聴き比べの為、最初に購入した一枚です。
このお手ごろ価格でこの内容。
演奏がとくに好きになれなくてもいーや、位の 気持ちで聞きました。
期待はいいほうに裏切りましたね、凄くいい! 素直でいて心あたたまる、けばけばしい華やかさ、とは無縁の可憐さを感じさせる、 そんな演奏が聞けたような気がします。
もしかして、通の人、には普通すぎる演奏なのかもなぁ、と素人ながらに思ったりも しますが、気負わず、気をてらわず、ドビュッシーをドビュッシーの曲として、色彩豊かに弾いている・・いい演奏だ、と私は思います。
聞き比べの一枚として、またはのだめあたりからクラシックに興味持って、

ドビュッシー
ドビュッシー ソロ・ピアノ作品集

新品価格 ¥ 2,721 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 968 (定価の67%引き)

発売元:BMGメディアジャパン  発売日:1997-09-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
色彩感豊かな音色 評価
以前から仲道さんの大ファンでしたが、このCDは更に抜群の音楽です。
「これぞドビュッシー!!」すべての演奏が、淡い色遣いの絵画の如く色鮮やかに展開します。
素晴らしいピアノテクニック、更にそれ以上の素晴らしい表現力に魅了されてしまいました。

ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ曲集



中古価格 ¥ 1,125

発売元:ポリドール  発売日:1994-10-01
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
月の光 評価
ピアノをされてる方で、始められて3ー4年ぐらい経った時、ドビュッシーの月の光を弾きたいと思われる方も、結構多いのではないかと思います。
私もそうでした。
あの透明感のある音楽(と私は思っております)、良いですよねー。
ロジェの弾く月の光は、まさに私が理想としてる「月の光」そのものでした。
もちろん他の曲も私にはすごくしっくりくるものでした。
私には専門的なことは良く分りませんが、今から月の光を弾こうと思われているピアノ愛好家の方、ドビュッシーの音楽を探しておられる方、全てのドビュッシーのファンにぜひお勧めしたいCDです。

ドビュッシー
ドビュッシー: 12の練習曲 / ベルク: ピアノ・ソナタ 作品1



中古価格 ¥ 676

発売元:ポリドール  発売日:1993-12-15
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
この曲最大の名盤 評価
僕はかつてこれほどまでに完璧な演奏を聞いたことがない!!まずこの演奏を語るにはポリーニのことから語らなくてはならない!その昔ポリーニは技巧と客観性を重視するあまりイマジネーションとファンタジーに乏しい恨みがあった!機械が演奏したような演奏。
そう感じたのは僕だけではあるまい!!しかし90年に入ってからのポリーニはそういったものを感じさせない。
客観性の中に叙情性を取り込むことに成功したのである!美しく磨きぬかれた音、心通わせた花のような美しさ!!それをポリーニの完璧な技巧で聴くことができるのだ!!これを聞いた者は神という存在を信じずにはいられないそういった感動に襲われるといえよう!まさにこの演奏は人類の至宝といえよう!!ちなみにカップリングのベルグも最美だ!!



交響曲
ドビュッシー
1966年岡山ライヴ ~ ドヴォルザーク : 交響曲第8番 | ドビュッシー : 牧神の午後への前奏曲、海 / ヘルベルト・フォン・カラヤン | ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 [CD] [国内プレス] [日本語帯解説付]

新品価格 ¥ 2,970



発売元:KING INTERNATIONAL  発売日:2019-06-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ピアノ名曲集

新品価格 ¥ 1,296

中古価格 ¥ 1,580 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2019-02-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
サン=サーンス:交響曲第3番《オルガン付》、他

新品価格 ¥ 1,549 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 1,180 (定価の35%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-01-24
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:交響詩《海》、牧神の午後への前奏曲/ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ、他

新品価格 ¥ 1,339 (定価の27%引き)

中古価格 ¥ 1,280 (定価の30%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-11-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」

新品価格 ¥ 2,177 (定価の32%引き)

中古価格 ¥ 2,174 (定価の32%引き) 残り8個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2017-10-25
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:交響詩「海」、牧神の午後への前奏曲、夜想曲他

新品価格 ¥ 1,103 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 898 (定価の30%引き) 残り8個

発売元:SMJ  発売日:2015-10-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン」、ドビュッシー:交響詩「海」 & イベール:寄港地(期間生産限定盤)

新品価格 ¥ 895 (定価の17%引き)

中古価格 ¥ 350 (定価の67%引き) 残り7個

発売元:SMJ  発売日:2015-05-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:海/夜想曲/牧神の午後への前奏曲/小組曲/おもちゃ箱

新品価格 ¥ 2,574

中古価格 ¥ 2,232 残り3個

発売元:CAPRICCIO  発売日:2009-04-01
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:弦楽四重奏曲

新品価格 ¥ 2,800

中古価格 ¥ 200 (定価の81%引き)

発売元:日本コロムビア  発売日:2003-03-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


オペラ
ドビュッシー
演奏活動40周年記念 souvenirs 〜記憶〜

新品価格 ¥ 3,024



発売元:ALM RECORDS  発売日:2019-06-07
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ウィーンわが夢の街 ―My Best Selection―

新品価格 ¥ 3,240



発売元:オクタヴィア・レコード  発売日:2019-04-17
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ラヴェル:「子供と魔法」、ドビュッシー:「放蕩息子」

新品価格 ¥ 3,468 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 6,106 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2017-04-26
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー&ラヴェル:歌曲集(Ravel, Debussy: Melodies)

新品価格 ¥ 1,073

中古価格 ¥ 1,294 残り4個

発売元:NEWTON CLASSICS  発売日:2013-12-25
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:歌曲集「月の光」

新品価格 ¥ 5,507

中古価格 ¥ 2,314 (定価の19%引き) 残り7個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2012-02-22
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:歌劇《ペレアスとメリザンド》全曲 [DVD]

新品価格 ¥ 7,980

中古価格 ¥ 3,100 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2006-06-07
  

圧巻 評価
このDVDは幕間がない。
ずっと音楽が鳴り続ける。
幕間にはオケや指揮者は登場しない。
楽譜の演奏されるページが表示される。
オケはWelish National Orchestraである。
舞台は狭いが、よく造られていて、このオペラにピッタリである。
20年以上前にKarajanの演奏をLPで聴いていたが、こんなのだったかなと思い出す。
シンボリックでタピスリーの様な舞台が、一枚一枚めくられるように進行する。
オケは殆ど強奏せず、ひたひたと舞台の影となり支えとなっている。
Hagleyは日本の女優で言うと伊吹ジュンに似ている。
振り付けの問題と思うが、妙になれなれしかったり、おてんばに見える場面があり、そぐわないが、その他は全くイメージ通りのMelisandeである。

このオペラの魅力を堪能できる 評価
音楽だけで聴いていると、どうしても眠くなりがちなこのオペラも、やはり映像がつくと音楽の魅力もいっそう引き立って聞こえる。
このオペラが大傑作であることを初めて認識できた。
ブーレーズとイギリス歌劇場というちょっと変わった取り合わせで録画・録音されているこのDVDの魅力は、なんといっても歌手である。
特にメリザンドのハグリーは歌もよいが、なんとも美しく魅力的な歌手で、美しさゆえに男の運命を滅ぼしてしまうこの役柄にぴったりだ。
またペレアスのアーチャも、王家の純粋無垢なボンボンの役にぴったりの歌手である。
ゴローのマクスウェルも、頑強だが愛のコミュニケーションを理解できない男の悲劇をよく出している。

ドビュッシー
5つのアヴェマリア

新品価格 ¥ 2,010 (定価の30%引き)

中古価格 ¥ 1,218 (定価の57%引き) 残り8個

発売元:Dreamusic  発売日:2005-11-23
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
名盤中の名盤です! 評価
バッハが好きでいろいろ聴いているときに出会った作品。
重厚な演奏でずっしりと身体に響き渡る。
かつ美しく壮大。
池松氏のことは名前ぐらいしか知らない方は多いと思いますが、多くの人に触れてもらいたい秀逸な作品。

発売元のレビュー
5つのアヴェマリア   のCDです。

ドビュッシー
ドビュッシー、モーツァルト歌曲集

新品価格 ¥ 12,000



発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-05-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
実にECMらしいアルバムだと思う 評価
2001年1月録音。
オリジナル・ナンバーは、ECM New Series 1772 。
ドビュッシーとモーツァルトの歌曲を数曲ずつサンドイッチにしながら進む構成と、若手ソプラノ歌手ジュリアン・バンゼ (Juliane Banse1969年7月10日生まれ- )とアンドラーシュ・シフの組み合わせに、ECMらしいなぁ、とまず思った。
クラシックしか聴かない方はピンとこないと思うが、マンフレート・アイヒャーという人は『組み合わせ』の天才なのだ。
既にジャズの世界で思いがけない組み合わせによる新しい音楽の創造を数限りなく成功させてきた。
ジャズにおけるECMの歴史は正に『新しい組み合わせ』の歴史でもあるとジャズを聴かれる方は思っていると思う。

ドビュッシー
ドビュッシー:ペレアスとメリザンド 全曲

新品価格 ¥ 18,000

中古価格 ¥ 9,800 残り6個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2002-03-27
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:美しい夕暮れ



中古価格 ¥ 1,280 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-03-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
リラの花咲くころ ~ドビュッシー / ショーソン歌曲集



中古価格 ¥ 1,144 残り4個

発売元:ポリドール  発売日:2000-03-25
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー歌曲全集



中古価格 ¥ 15,690 残り4個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1998-12-16
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシーの歌曲の美しさが伝わる 評価
~ドビュッシーの全作曲のなかに占める歌曲の地位は相当なもの。
「海」などの管弦楽曲や「ベルガマスク組曲」などのピアノ曲を好んでいるだけではドビュッシーの偉大さは半分しかわからない。
ヴェルレーヌの詩によるMandolineなど個々には親しみやすく、取り上げられる機会の多いものもある。
しかし全貌を知ることのできる優れた歌曲全集は多くない。
古いもので~~はテイト(ソプラノ)とコルトー(ピアノ)による名演があるが、録音年代が古過ぎる。
アメリングの歌唱は、テイトをしのぐ出来栄え。
ボールドウィンのピアノ伴奏も悪くない。
ドビュッシーの音楽に魅せられた人にはお薦めできる。

ドビュッシー
ドビュッシー歌曲集



中古価格 ¥ 1,080 残り3個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1997-07-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
なんとジェームズ・レヴァインが伴奏 評価
現メトロポリタン歌劇場の音楽監督である、ジェームズ・レヴァインがフランスの香りを漂わせ、繊細なドビュッシーのピアノ伴奏による歌曲をドーン・アップショウとのコンビでヴァニエ歌曲集、ボードレールの五篇の詩、忘れられたアリエッタの3つの作品集をレコーディングしています。

ドビュッシー
美しい夕暮れ(ドビュッシー歌曲



中古価格 ¥ 3,922 残り2個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1994-12-14
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
Debussy: Pelleas et Melisande / Abbado, Wiener Philharmoniker

新品価格 ¥ 2,960

中古価格 ¥ 1,140

発売元:Dg Imports  発売日:1992-11-10
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
On paper, this recording is not necessarily promising. Neither Claudio Abbado nor the Vienna Philharmonic is noted for Debussy, and the enigmatic sense of restraint required by the role of Mélisande would not seem right for the hyperdramatic Maria Ewing. Nonetheless, this is among the best modern recordings available. The mysterious story of two lovers with questionable pasts drawn to each other with equal parts telepathy and sexuality is interpreted by Abbado with great confidence and rhythmic animation. Ewing channels her dramatic sense into a performance of great intensity and specificity, but in keeping with the opera's dreamy atmosphere. Other singers are old hands at their roles, with François Le Roux as Pelléas and Jose van Dam as Golaud. And in a bit of luxurious casting, Christa Ludwig sings the brief role of Genevieve with the French language bringing out a softness in her voice that's welcome to anyone who has spent decades hearing her sing in German. --David Patrick Stearns

ドビュッシー
ドビュッシー:歌曲全集



中古価格 ¥ 18,099 残り1個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1992-03-11
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ペレアスとメリザンド*歌劇



中古価格 ¥ 2,646 残り9個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1990-10-24
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ピアノ、ヴァイオリン
ドビュッシー
パリのヴァイオリン・ソナタ集 ドビュッシー・ラヴェル・プーランク

新品価格 ¥ 2,219 (定価の31%引き)

中古価格 ¥ 2,580 (定価の20%引き) 残り7個

発売元:キングレコード  発売日:2018-05-16
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
フランク/ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ 他

新品価格 ¥ 1,638 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,150 (定価の37%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-09-07
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
フランク&ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ(期間生産限定盤)

新品価格 ¥ 630 (定価の41%引き)

中古価格 ¥ 579 (定価の46%引き) 残り5個

発売元:SMJ  発売日:2015-05-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ/ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ/他

新品価格 ¥ 3,543

中古価格 ¥ 3,290 残り5個

発売元:インディペンデントレーベル  発売日:2012-06-08
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ラヴェル:室内楽作品集&ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ

新品価格 ¥ 1,294 (定価の30%引き)

中古価格 ¥ 3,793 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-08-17
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー プーランク フランク ~フランス三大ヴァイオリン・ソナタ集~

新品価格 ¥ 2,065 (定価の28%引き)

中古価格 ¥ 1,480 (定価の48%引き) 残り3個

発売元:NYS CLASSICS  発売日:2008-12-17
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー:前奏曲集 第1巻、映像第1集、第2集

新品価格 ¥ 1,844

中古価格 ¥ 1,094 (定価の40%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2008-01-23
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
クリスタルで出来た夢 評価
まるで鳥の羽で軽く触れられるような感触。
「亜麻色の髪の乙女」。
和音の響かせ方、間の取り方、テンポの設定、タッチの選択、そして彼の透明感あふれる音色。
どれが変わってもこの曲の印象は変わってしまうだろうというぎりぎりのバランスを持っている。
そう作られている。
これこそ、感覚と思考が同一地平にある世界だ。
他のどの曲についてもそれは言える。
では、神経質でピリピリしているのか?それは感じない。
曲に対する愛情が伝わってくる。
ドビュッシーにしかない詩情を尊敬している。
そんな感じすらする。
ドビュッシーの描こうとした幻想あふれる情景や夢を、ミケランジェリほどに再現できた演奏家は希有だったと思う。

至高の演奏、究極の美しさ!!! 評価
20世紀を代表する伝説的なピアニスト・ミケランジェリその代名詞ともいえるのがドビュッシー《前奏曲集》《映像》多くのピアニストによって演奏される曲目ですが純粋な音の美しさという観点からは、他の追随を許しません。
レコーディング時には、ピアノの位置すら細かく指示した―という逸話が残るほど、極度の完ぺき主義者だったミケランジェリらしく聞く側にもそれなりの緊張感が要されるアルバムですが一音一音まで磨きぬかれた美しさはまさに至高。
心身ともにベストなコンディションでじっくりと味わいつくしたいアルバムです☆☆

ドビュッシー
ルクー、ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ

新品価格 ¥ 3,800

中古価格 ¥ 1,480 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-10-17
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー、ラヴェル、ルクー:ヴァイオリン・ソナタ

新品価格 ¥ 598 (定価の44%引き)

中古価格 ¥ 500 (定価の53%引き) 残り7個

発売元:日本コロムビア  発売日:2005-12-21
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ルクーのこの曲を聴いて欲しい 評価
1987年10月5-6日、オランダ、ナイメヘン、コンセルトヘボウで録音。
制作・録音のスタッフは日本のDENONのスタッフが担当している。
カントロフとルヴィエのこのフランス音楽のシリーズは豊富に音源があるせいか色々な組み合わせで出されていたりするが、ぼくが最もオススメしたいのはこのアルバムだ。
なぜならルクーの『ヴァイオリンとピアノのためのソナタ(1881年)』が入っているからである。
ドビュッシーとラヴェルの曲の方は非常に有名で多くの演奏家によって録音が残されているが、ルクーのこの曲は大変に美しい曲であるにもかかわらず録音が少ない。

ピアノとバイオリン 評価
カントロフと ルヴィエによる演奏。
ピアノとバイオリンのバランスがよく、安心して聴いていられる。
ドビッシー、ラベル、ルクーを聞き比べることができる。

ドビュッシー
フランク&ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ

新品価格 ¥ 1,887

中古価格 ¥ 830 (定価の56%引き)

発売元:BMGインターナショナル  発売日:2001-06-20
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドビュッシー
ドビュッシー : ヴァイオリン・ソナタ



中古価格 ¥ 3,000 残り1個

発売元:ポリドール  発売日:1997-07-02
  

ドビュッシー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加