バックスの名曲作品集を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

バックスの名曲作品集の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格




全集


バックス
Folk Tales 民話:イギリスのチェロ作品集

新品価格 ¥ 1,244 (定価の3%引き)



発売元:Naxos  発売日:2019-05-24
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バックス
ディーリアス&バックス:合唱作品集

新品価格 ¥ 1,244 (定価の3%引き)



発売元:NAXOS  発売日:2017-05-26
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バックス
リゲティ:ピアノ独奏, 2台ピアノ, 4手連弾のための作品集(チュン/バックス)

新品価格 ¥ 1,492

中古価格 ¥ 1,313 残り4個

発売元:Dynamic  発売日:2012-04-01
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バックス
バックス:ピアノ曲集 第4 集 2 台ピアノのための作品集

新品価格 ¥ 1,094

中古価格 ¥ 479 残り2個

発売元:Naxos  発売日:2007-11-14
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バックス
バックス:ピアノ作品集2 -

新品価格 ¥ 873 (定価の32%引き)

中古価格 ¥ 972 (定価の25%引き) 残り3個

発売元:Naxos  発売日:2006-08-01
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
イギリスピアノ音楽の確かな伝え手による録音 評価
2000年のリーズ国際ピアノコンクールで5位となったアシュリー・ウォス(アシュリー・ワス)によるアーノルド・バックス(Arnold Bax 1883-1953 )のピアノ作品集。
これで2枚目。
今回はピアノソナタ第3番、第4番それに「水の音楽」「冬の水」「田舎の調べ」といった小曲が収められ、73分を越える収録時間となっている。
ソナタ第3番は注目される作品。
ここではじめてバックスは多楽章構成のソナタに挑んでいる。
冒頭のエピソードは忘れられないものだ。
低音の絶えまぬ響きにささえられ、暗くも暖かみのある和音によりなんとも夢想的な旋律が奏でられる。
バックスの作品には全般にどこか行方のわからないような暗鬱とした彷徨のイメージがある。

バックスのピアノ作品に新しい光が! 評価
NAXOSとして確実にヒット作と思える企画。
なによりも演奏が素晴らしい。
ソナタはわかりにくい作品だがそれですら明快な解釈で聞くものに伝わってくる。
このピアニスト「ヴァス」という人はどうも只者ではないという印象。
ソナタより小品集がとても素敵だ。
(こうくると次回作の小品集は確実に買いだろう。
)エリックパーキンの全集と聞き比べるとよくわかる。
若い世代のバックス・スタイルだ。
これは面白いことになってきた。

発売元のレビュー
Sonates pour piano n° 3 et n° 4 - Water Music - Winter Waters / Ashley Wass, piano

特徴説明
Classical
Naxos
+Classical+Music
CD

バックス
バックス:ピアノ作品集1 -

新品価格 ¥ 506 (定価の60%引き)

中古価格 ¥ 298 (定価の77%引き) 残り5個

発売元:Naxos  発売日:2006-08-01
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
イギリスピアノ音楽の一つの代表的録音 評価
アーノルド・バックスのピアノ作品集。
収録曲はピアノソナタの第1番、第2番、流浪の夢、子守歌、ニーリッド、ウォッカ・ショップにてソナタ2曲に4つの小品というこになる。
ピアノはアシュリー・ワス。
イギリスの期待の新星らしい。
2000年のリーズピアノコンクールでは最終選考まで残った。
(ここ20年ではイギリス人ピアニストとしては二人目)。
バックスは4曲のピアノソナタを遺しているが、どれもなかなか聴き応えのある作品である。
また他の4つの小品も含めてここに収録されているものは1910年から1920年までの10年間に作曲されたもので、バックスが27才~から37才にかけての作品ということになる。

発売元のレビュー
Sonates pour piano n° 1 et n° 2 - Dream in exile - Nereid / Ashley Wass, piano

バックス
奄美の森に魅せられて~日本のゴーギャン、田中一村「最後のかざり絵」~

新品価格 ¥ 2,661

中古価格 ¥ 2,350 残り1個

発売元:スバック  発売日:2003-01-18
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バックス
バックス:室内楽曲集「ハープ五重奏曲」/「悲歌的三重奏曲」/「幻想ソナタ」/他

新品価格 ¥ 1,291

中古価格 ¥ 278 (定価の78%引き)

発売元:Naxos  発売日:2000-10-01
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


交響曲
バックス
Orchestral Works 9

新品価格 ¥ 709

中古価格 ¥ 612 残り4個

発売元:Chandos  発売日:2008-04-29
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
The Truth about the Russian dancers - From Dusk till Dawn / Orchestre Philharmonique de Londres - Bryden Thomson, direction

バックス
The Symphonies

新品価格 ¥ 3,767

中古価格 ¥ 4,147 残り8個

発売元:Chandos  発売日:2006-09-01
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
This 5-CD set includes all seven symphonies by Arnold Bax (1883-1953), the familiar tone poem Tintagel, and the Rogue's Comedy Overture in its premier recording. It also features Vernon Handley in two interviews--one with Lewis Foreman in the booklet, one with Andrew McGregor on the final disc. However, it's probably advisable to listen to it first, since Handley, one of Bax's most dedicated champions, has many illuminating things to say. Bax called himself "a brazen romantic....my music is the expression of emotional states." The symphonies, written between 1921 and 1939, certainly reflect both inner and outer events: the Irish Uprising, which deeply affected Bax, who loved Ireland and lost many friends to the "troubles," World War I and the looming threat of World War II. Perhaps the most striking and pervasive characteristic of the music is contrast. All the symphonies have three movements divided into many sections with different tempo indications, signaling changing mood and character. Indeed, moods change constantly, often abruptly and violently; dynamics surge and swell, climaxes build with increasingly ferocious power. The orchestration is masterful, creating color, texture, atmosphere and expression; at full throttle, the sound shakes the rafters. The music is predominantly serious, somber, dark, with outbursts of passion, turbulence, bitterness and anger, relieved by unexpectedly rambunctious and martial sections. Every symphony opens on low instruments, setting a dark, ominous mood, but several end with a triumphant flourish, while others fade away with an Epilogue in serenity or resignation. No. 7 is regarded as Bax's compositional farewell, No. 4 as "cheerful and blustery." The form is sometimes cyclical, with opening material returning in another guise, which, for the naked ear, is difficult to discern. Most memorable are the truly beautiful, luxuriously lyrical melodies that abound especially in the slow movements. The playing is first-rate throughout. --Edith Eisler

バックス
Orchestral Works 8: Enchanted Summer

新品価格 ¥ 999

中古価格 ¥ 1,000 残り4個

発売元:Chandos  発売日:2006-04-18
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バックス
バックス:交響曲第7番/交響詩「ティンタジェル城」

新品価格 ¥ 3,907

中古価格 ¥ 3,118 残り1個

発売元:Naxos  発売日:2004-01-01
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バックス
Orchestral Works 4

新品価格 ¥ 653

中古価格 ¥ 2,192 残り4個

発売元:Chandos  発売日:2003-11-25
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バックス
バックス:交響曲第4番/自然交響詩「ニンフォレプト」/他

新品価格 ¥ 1,094 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 698 (定価の45%引き) 残り8個

発売元:Naxos  発売日:2002-06-01
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バックス
バックス:交響曲第5番/他

新品価格 ¥ 1,275

中古価格 ¥ 244 残り3個

発売元:Naxos  発売日:2000-08-01
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バックス
バックス:交響曲第2番/交響詩「11月の森」

新品価格 ¥ 974

中古価格 ¥ 1 残り9個

発売元:Naxos  発売日:1999-08-01
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バックス
トロイメライ~ロマンティック・



中古価格 ¥ 249 残り9個

発売元:ポリドール  発売日:1996-04-21
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バックス
イギリス管弦楽名曲集 エルガー



中古価格 ¥ 610

発売元:日本クラウン  発売日:1995-12-16
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バックス
Bax;Complete Symphonies



中古価格 ¥ 3,550 残り7個

発売元:Chandos  発売日:1992-10-26
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
Never mind all the musical influences, Bax's soundworld is still deeply personal and distinctive, and it is applied to such wide-ranging emotions, from the rage of the first movement of the First Symphony to the desolation of, for example, the last movement of the Second. That peculiarly Baxian mysticism creeps in so often, so seductively, while themes like that of the Epilogue of the Third Symphony become embedded in the brain. Arching over everything is the influence of nature--especially seascape (try the Fourth Symphony) and weather--reminding us that so much of Bax's work was done at Morar in Inverness-shire. Forget all the British stiff-upper-lip stereotypes, this is music rich in passion and many a vision of ecstasy. There are moments when you might wish the admirable Bryden Thomson had displayed more drive and direction, more out-and-out passion, but these are committed performances which no lover of British music should be without. And the Chandos sound brings out all those dazzling Baxian colours like sunlight touching pebbles on a Scottish beach. --Andrew Green

バックス
バックス:交響曲第4番



中古価格 ¥ 4,395 残り1個

発売元:インポート・ミュージック・サービス  発売日:1989-06-22
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


オペラ
バックス
けがれなき薔薇~アヴェ・マリア~聖母マリアの祈り



中古価格 ¥ 4,671 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-02-25
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
異世界の光を感じるような、神秘的な録音 評価
聖母マリアを讃える声楽作品を集めたオムニバス集。
おいしい選曲、高品質な録音、美しい演奏、長時間収録(81分超)とあらゆる点から(たとえ宗教心を十分に持っていなくても)リスナーに満足感を与えてくれるアルバム。
ちなみに収録されている1~13の作曲者は、1.タヴナー(John Tavener 1944 - )、2.ジョスカン・デプレ(Josquin Desprez 1440 - 1521)、3.ストラヴィンスキー(Igor Stravinsky 1882 - 1971)、4.スウェイン(Glies Swayne 1946 - )、5.ムートン(Jean Mouton 1459 - 1522)、6.作曲者不詳(15世紀)、7.ハウエルズ(Herbert Howells 1892 - 1983)、8.アデス(Thomas Ades 1971 - )、9.パレストリーナ(Giovannni Palestrina 1525 - 1594)、10.マクミラン(James MacMillan 1959 - )、11.グリーグ(Edvard Grieg 1843 - 1907)、12.バックス(Arnord Bax 1883 - 1953)、13.グレツキ(Henryk Gorecki 1933 - )とルネサンスから近現代まできわめて多彩。

バックス
ディーバ キャスリーン・バトルの歌声 SVBP-44 [DVD]

新品価格 ¥ 3,000

中古価格 ¥ 835 残り5個

発売元:スバック  発売日:2005-11-23
  

バックス
Bax: Choral Works

新品価格 ¥ 3,400

中古価格 ¥ 1,728 残り5個

発売元:Chandos  発売日:1992-10-28
  

バックス  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
Even though Sir Arnold Bax (1883-1953) was prolific in his career, he wrote little choral music and no operas or solo vocal pieces. No one knows why, considering that Bax's music, in whatever mode, always adhered to very coherent melodies and themes, de rigueur for most vocal works in the Romantic or post-Romantic vein. The works on this release--from Bax's early and middle period--should really be seen as tone poems with the chorus and soloists as pleasant additions to the orchestra's palette. However, the choral lines tend to blur, a product of recording ambience. Still, Bax completests will want this. --Paul Cook



ピアノ、ヴァイオリン

PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加