ブルッフの楽譜、奏法技術を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ブルッフの楽譜、奏法技術の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格



入門編

奏法、技術

名曲、定番の楽譜
ブルッフ
ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 作品26 (ISR International Standard Rep)

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 1,145 残り6個

発売元:全音楽譜出版社  発売日:1998-12-10
  



ブルッフ
No.269 ブルッフ スコットランド幻想曲 (Kleine Partitur)

新品価格 ¥ 1,296



発売元:日本楽譜出版社  発売日:2001-11-19
  



ブルッフ
ブルッフ: 8つの小品(三重奏曲) Op.83/原典版/ヘンレ社/室内楽パート譜セット 三重奏

新品価格 ¥ 11,340



発売元:ヘンレ社  発売日:2015-02-02
  

内容紹介 
※ この商品は、為替の変動などの理由により、予告なく価格が改定される場合があります。
価格改定により、お客様に出荷される商品本体に印字されている価格が ご注文時の価格と異なる場合がありますが、ご注文時の価格が優先されますので 予めご了承ください。

ブルッフ
No.77 ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲 第1番 Op.26 (Kleine Partitur)

新品価格 ¥ 1,080

中古価格 ¥ 679 残り5個

発売元:日本楽譜出版社  発売日:2014-11-26
  

ブルッフ
ブルッフ: バイオリン協奏曲 第1番 ト短調 Op.26/オイレンブルグ社/小型スコア

新品価格 ¥ 3,456

中古価格 ¥ 2,426 残り1個

発売元:オイレンブルグ社  発売日:2012-02-01
  

内容紹介 
作曲者:BRUCH, Max商品名:Violin-Konzert Nr.1 g-moll Op.26楽器・形態:スコア バイオリン協奏曲出版社:Eulenburg Edition※ この商品は、為替の変動などの理由により、予告なく価格が改定される場合があります。
価格改定により、お客様に出荷される商品本体に印字されている価格が ご注文時の価格と異なる場合がありますが、ご注文時の価格が優先されますので 予めご了承ください。

ブルッフ
ブルッフ: スコットランド幻想曲 Op.46/ガラミアン編/インターナショナル・ミュージック社/ピアノ伴奏付バイオリン・ソロ楽譜

新品価格 ¥ 4,860



発売元:インターナショナル・ミュージック社  発売日:2010-02-10
  

ブルッフ
ブルッフ: バイオリン協奏曲 第1番 ト短調 Op.26/ヘンレ社/原典版/ピアノ伴奏付ソロ楽譜

新品価格 ¥ 4,536



発売元:ヘンレ社  発売日:2010-02-10
  

ブルッフ
ブルッフ: バイオリン協奏曲 第1番 ト短調 Op.26/メニューイン編/ペータース社/ピアノ伴奏付ソロ楽譜

新品価格 ¥ 4,644

中古価格 ¥ 4,385 残り1個

発売元:ペータース社  発売日:2010-02-10
  

ブルッフ
ブルッフ: バイオリン協奏曲 第1番 ト短調 Op.26/ストロース編/ペータース社/ピアノ伴奏付ソロ楽譜

新品価格 ¥ 3,672



発売元:ペータース社  発売日:2010-02-10
  

ブルッフ
ブルッフ: バイオリン協奏曲 第1番 ト短調 Op.26/フランチェスカッティ編/インターナショナル・ミュージック社/ピアノ伴奏付ソロ楽譜

新品価格 ¥ 3,456



発売元:インターナショナル・ミュージック社  発売日:2010-02-10
  

ブルッフ
うんち したのは だれよ!

新品価格 ¥ 1,404

中古価格 ¥ 310

発売元:偕成社  発売日:1993-11-01
  

ノリのいいうんこ系の本 評価
今まで、うんこ系の児童書は五味太郎氏の「みんなうんち」が最高峰だと思っていましたが、この本もかなりの出来です。
五味氏の「みんなうんち」は、ゆっくりじっくりした感じですが、こちらのほうがストーリーにノリと勢いがあります。
一匹のモグラが朝起きたら、頭の上にうんちが乗っている!というところから始まる衝撃のストーリー。
モグラは怒り狂いながら、うんこを頭に乗せたまま「これ誰がしたの!君か!?」と、トリ、牛、豚などを追及してまわる。
うんこを頭に乗せたまま切れているモグラも笑えるし、追及されて「自分ではないよ〜」と、怒るモグラの目の前で自ら盛大に(1ページまるまる使って)うんこしてくれる動物たちもすごい。

とにかくオススメ! 評価
世界中で翻訳されている絵本で、たくさんの人から愛されているのがよく分かります。
何度読んでも親も子供も飽きることがありません。
単に親が子供に読んであげるだけの絵本ではなく、読んでいる過程で自然に笑いや親子の会話がはずんでくるようなそんな絵本です。
決して可愛いとか、面白いだけの本ではなくて、観察する目が養われたり、想像する力もつく知育絵本でもあると思います。
我が家で今一押しの絵本です。

商品説明のレビュー
   タイトルを見て、グッと感じるものがあったら、もうページをめくりはじめたも同然。
事件の主役は、「ちゃいろで ふっくらとしていて、ちょっとばかりソーセージのよう」な、うんち。
被害者は、もぐらくん。
ある日、土からひょっこり顔を出したとたん、あたまにポットリ落ちてきた。
でも、目が悪いから犯人がわからない。
憤慨したもぐらくんは、頭にナゾのうんちを乗せたまま、犯人捜しにのりだした。
通りがかった動物たちに「きみ、ぼくのあたまに うんち おとさなかった?」と、尋ねるが、みんな「ピシャッ!」「ラタッタッタ!」「ピュルッ!」と、うんちを実演(?)して、ぬれぎぬをはらしていく。





PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加