ベルクの楽譜、奏法技術を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ベルクの楽譜、奏法技術の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格



入門編
ベルク
国家の神話 (講談社学術文庫)

新品価格 ¥ 1,976

中古価格 ¥ 1,600 残り4個

発売元:講談社  発売日:2018-02-11
  

ベルク
〈あいだ〉を開く―レンマの地平 (世界思想社現代哲学叢書)

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 3,877 残り4個

発売元:世界思想社  発売日:2014-10-25
  

ベルク
ムカつく相手にガツンと言ってやるオトナの批判術

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 108

発売元:CCCメディアハウス  発売日:2012-10-11
  

ベルク
名曲・名演の違いを探る!! CDでわかるクラシック入門



中古価格 ¥ 486 残り9個

発売元:ナツメ社  発売日:2011-03-18
  

ヒロカミらしい、一風変わった入門書 評価
広上さんのことを知る者として、「ヒロカミが監修したクラシック本」に興味があり購入した。
内容は私のようなクラシック中毒者が読んでも、目からウロコの本である。
本書は、大きく2部にわかれており、前半は、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」をテーマに、クラシック音楽の魅力を伝えようと試みるものである。
「指揮者によって、同じ曲でもこんなに違う」ということを、2つの演奏で比較することに始まり、「運命」はこんな感じに出来ていると、作曲家の創意工夫をわかりやすく分析し、さらに、各楽器の用法の例まで紹介する。
若干駆け足ながらも、必要なポイントはおさえており、専門的なことまできちんとわかりやすく伝えるのに成功していると思う。

内容紹介 
クラシック音楽の楽しみは、名曲、名演奏の違いを聞き分けるところからはじまります。
まずクラシックの代表曲である『運命』冒頭の有名な動機を、巨匠カラヤンとノリントンとラトルはどのように演奏し、その違いは何なのか徹底的に知ることでこの世界に入門します。
それから様々なクラシックの名曲を聴き比べながら、作曲家が思いを込めて描く楽譜の約束ごと。
それを演奏家はどのように工夫して表現しているのか。
本書では実際の音に即して、わかりやすく具体的に解説しています。
「本当にクラシック通になるための」はじめての入門書です。
主要目次 PARTI『運命』でわかる! クラシック音楽 第1章 音楽の約束ごと 第2章 楽器と演奏の知識 PARTII [名曲]でわかる! クラシック音楽 第1章 音楽のかたち 第2章 音楽の約束ごと 第3章 楽器と演奏の知識 第4章 音楽の歴史

ベルク
風景という知―近代のパラダイムを超えて―

新品価格 ¥ 15,773

中古価格 ¥ 4,869

発売元:世界思想社  発売日:2011-03-17
  

内容紹介 
いつの時代にも生きられていた風景の確かな趣味、近代の主客二元論が置き去りにしてきた〈風景という知〉をいかにして取り戻すか。
この〈小さな風景の物語〉にはそのための貴重な手がかりが込められている。
「ベルク風景論」最上のエッセンス。

内容(「BOOK」データベースより) 
ベルク風景論最上のエッセンス!―美しい風景を蘇らせるために。
いつの時代にも生きられていた風景の確かな趣味、近代の主客二元論が置き去りにしてきた“風景という知”を、いかにして取り戻すか。
この“小さな風景の物語”には、そのための貴重な手がかりが込められている。

ベルク
コーランの新しい読み方

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 400

発売元:晶文社  発売日:2005-11
  

ベルク
グサリとくる一言をはね返す心の護身術

新品価格 ¥ 1,100

中古価格 ¥ 1

発売元:草思社  発売日:2002-04
  

ベルク
工科系の数学〈3〉線形代数

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 622

発売元:サイエンス社  発売日:2000-09-01
  

ベルク
工科系の数学〈6〉関数論

新品価格 ¥ 2,376

中古価格 ¥ 1,000

発売元:サイエンス社  発売日:2000-01-01
  

ベルク
工科系の数学〈8〉偏微分方程式、変分法

新品価格 ¥ 8,672

中古価格 ¥ 687 残り8個

発売元:サイエンス社  発売日:2000-01-01
  

ベルク
工科系の数学 (7)



中古価格 ¥ 8,290 残り2個

発売元:サイエンス社  発売日:1999-01-01
  

ベルク
工科系の数学 (5)

新品価格 ¥ 2,484

中古価格 ¥ 154

発売元:サイエンス社  発売日:1997-12-01
  

発売元のレビュー
表紙綺麗です

ベルク
工科系の数学 (4)

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 947

発売元:サイエンス社  発売日:1996-12-01
  

ベルク
工科系の数学 (1)

新品価格 ¥ 1,836

中古価格 ¥ 607 残り6個

発売元:サイエンス社  発売日:1996-12-01
  

ベルク
工科系の数学 (2)

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 88 残り6個

発売元:サイエンス社  発売日:1996-12-01
  

ベルク
転落者の告白―東独議長ホーネッカー



中古価格 ¥ 700 残り7個

発売元:時事通信社  発売日:1991-10
  

ベルク
材料工学BASIC (BASIC理工学応用シリーズ)



中古価格 ¥ 3,980 残り1個

発売元:啓学出版  発売日:1988-01
  

ベルク
現象学への招待―<見ること>をめぐる断章



中古価格 ¥ 942 残り7個

発売元:川島書店  発売日:1982-05
  



奏法、技術

名曲、定番の楽譜
ベルク
新ウィーン楽派 (作曲家別名曲解説ライブラリー 16)



中古価格 ¥ 2,362

発売元:音楽之友社  発売日:1998-12-10
  



ベルク
Sanfte Selbstbehauptung: Die 5 besten Strategien, sich souveraen durchzusetzen



中古価格 ¥ 3,625 残り1個

  
  



ベルク
新宿駅の小さな店ベルクは、なぜいつも満席なのか? 熱狂的に愛されるお店・会社をつくる6つの秘密

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 1,200 残り1個

発売元:現代書林  発売日:2018-09-19
  

ベルク
フェインベルク 子どものためのアルバム: New Edition 解説付 (標準版ピアノ楽譜)

新品価格 ¥ 1,404

中古価格 ¥ 1,147 残り1個

発売元:音楽之友社  発売日:2018-08-27
  

ベルク
弁護士アイゼンベルク (創元推理文庫)

新品価格 ¥ 1,512

中古価格 ¥ 466

発売元:東京創元社  発売日:2018-04-28
  

ベルク
アルバン・ベルク: 地獄のアリア

新品価格 ¥ 4,104

中古価格 ¥ 7,438 残り4個

発売元:春秋社  発売日:2015-10-22
  

ベルク
「食の職」新宿ベルク: 安くて本格的な味の秘密 (ちくま文庫)

新品価格 ¥ 799

中古価格 ¥ 66

発売元:筑摩書房  発売日:2015-04-08
  

内容紹介 
新宿駅構内の安くて小さな店で本格的な味に出会えるのはなぜか? 副店長と職人がその技を伝える。
メニュー開発の秘密、苦心と喜び。
解説 久住昌之

内容(「BOOK」データベースより) 
「最高のビジネス書」と絶賛された『新宿駅最後の小さなお店ベルク』の第2弾!安くて愛される「味」の秘訣は?「他店では恐ろしくてできないことをやる」というメニュー開発の秘密や、「苦しいときこそ人を増やす」人事の方法まで。
第2章では、コーヒー、ソーセージ、パンの職人が味の秘密が語る。
2万人以上が立ち退き反対署名した驚異のお店の副店長入魂の書。

ベルク
新宿駅最後の小さなお店ベルク: 個人店が生き残るには? (ちくま文庫)

新品価格 ¥ 799

中古価格 ¥ 128

発売元:筑摩書房  発売日:2014-12-10
  

抱き寄せ本2冊 Part 2 (ペンネーム ときめきき) by プロ得 評価
真熟の旧マップにスライド伝説の『新宿駅最後の小さなお店ベルク』の扉をスライドすると今はなき壁にプロジェクション・マッピングのテロップで夏目雅子の俳句が流れる歌は『さらば青春』私は読みかけにはしない傍らにある本さえ読むがいいプロダクションの女社長が今よみがえるベルク本を読み始める太宰治の『水仙』を朗読してくれた本文(142頁)中々の父ヒントになる本にヒットしたキセキ『二十四の瞳』や『瀬戸内少年野球団』を始め実は本を抱き寄せて読む姿勢その姿を読者の子供たちにプロデュ-スしてくれていたと誰も教えてくれなかった大事な事を教えてくれた抱き寄せ本2冊ありがとうメモリアルブックを見リアルブックを読み終え涙がフロント・ドロップ別けてもリアル別れても

ベルク
食の職 小さなお店ベルクの発想 (P‐Vine BOOKs)

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 173 (定価の89%引き)

発売元:スペースシャワーネットワーク  発売日:2010-08-02
  

愛される味と仕事。やはり理由がありますね 評価
”当初からベルクさんのスタッフのコーヒーに対する意気込み、情熱、そこだよね。
そこが楽しみ。
自分のつくったコーヒーに感動してくれるわけだから””ベルクで召し上がってるのも正真正銘。
おおいばりで食べてもらいたいですよ。
よそのやつと、いま自分が舌で覚えてるやつと食べたときにはっきりと差が感じられる。
それが大事なんですよ””美味しいものをどうつくるかだから。
美味しいものを出すためにどの素材を使ってあげようって考えて、高くなるんだったら仕方ないし。
高くて売れないんだったら、またどうしようって努力すればいい。
そんだけ”ベルクを支える職人さんの本音の言葉にググッと来ます。

ベルクに行こう 評価
ベルク本、第2弾。
今回は、迫川尚子副店長による、ベルクが食材を仕入れている3大職人(コーヒー職人久野富雄-サンパウロコーヒーフーズ・ソーセージ職人河野仲友-マイスター東金屋・パン職人高橋康弘-峰屋)との対談をメインとした内容。
しかし、私が最も興味深く読んだのは、第1章「お店の味をつくる」のヴァイスブルスト(ミュンヘン名物の白ソーセージ)を定番メニューにするくだりだった。
東金屋のヴァイスブルストは美味しい。
私は以前からこれをレギュラーメニューにして欲しいと常々思っていた。
ミュンヘンのヴァイスブルストは、一部の店のものを除き、塩辛すぎる。

ベルク
新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには? (P-Vine Books)

新品価格 ¥ 1,728

中古価格 ¥ 211 (定価の87%引き)

発売元:スペースシャワーネットワーク  発売日:2008-07-04
  

自分の言葉で語られるゆえの説得力、そして何より格好いい生き方 評価
ややもするとビジネス本はコンサルタント用語を散りばめてお茶を濁すことが多く、どの本を読んでいても似たり寄ったりで、ということが多いのだが、この本は違う。
試行錯誤を積み重ねてきた中で”熟成”されてきた様々な”現場”の知恵が気取ることなく自分の言葉で語られているのである。
そこには胡散臭さのかけらも無い。
確かに大資本の展開するチェーン店も良いし否定するつもりは無いが、こういう味のある個人店も大切にしないと町がつまらなくなってしまう。
これは飲食店に限らない。
大企業で世の中が仕切られてしまうよりは、雑多で個性的な中小企業・個人事業がひしめき合う状態のほうが豊かな社会なのではないか、と思うのである。

18年×1日平均1500人の声無き声が後押しする本! 評価
JR新宿駅東口、左端の改札を出てすぐ左折&徒歩約10秒の場所に位置するビア&カフェ「ベルク」。
本書はその経営者である別姓の夫婦が、互いに切り拓いてきた道を回想(ときには現在進行形の話も)するかたちで本文が進められてゆく。
「本当は飲食店なんてやりたくなかった」世間知らずの一人の若者(著者)が、親に頭を下げ、一念発起して一番下っ端から親の経営する喫茶店に入り現在の「ベルク」の土台を作ってゆく。
そのとき著者は28歳。
それから18年の歳月が過ぎ、「ベルク」は親の代の純喫茶から、1日平均1500人もの利用客でにぎわうビア&カフェへと成長した。

ベルク
風土の日本―自然と文化の通態 (ちくま学芸文庫)

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 800 (定価の50%引き)

発売元:筑摩書房  発売日:1992-09-01
  

この溢れるセンス 評価
若き日を新宿区戸塚でくらした著者(1942年生)が、1986年にエディシオン・ガリマール社から上梓した上質の日本論『野生と人為(人工)』の邦訳。
「風土」、ミリュー(Milieu)、含蓄あるこの概念を、ベルクは「ある社会の、空間と自然に対する関係」と定義づけると同時に、他方「自然」という概念を、「人間によっても、人間のためにも、意味を持たないもの」、とスリリングに規定したうえで、季節と起伏に富む日本をめぐり、いかにもフランス人的な軽快感に溢れた学問的記述を紡いでいく。
歴史から捨象されたハイデガーの「現存在」を、いわば歴史化・自然化した和辻哲郎の見識、これを一定程度評価しつつも、さらにベルクは意欲的な筆致で、いわば出来の良い日本論にとどまった和辻の『風土』の一歩先を行こうとする。

ベルク
日本の風景・西欧の景観 そして造景の時代 (講談社現代新書)

新品価格 ¥ 842

中古価格 ¥ 24

発売元:講談社  発売日:1990-06-12
  

風景の発見 評価
一昔前、セカンドハウスだなんだと言って、都会の人間が自然の中に別荘のようなものを持つというのが流行った(今もあるのかな?)。
そういうことをしている人たちは、自然の中に家を構えるというその目標を達成したとき、きっとこう思ったのだろう、「ああ、これで失われた自然美に囲まれた生活ができる」と。
しかし、この本の著者、オーギュスタン・ベルクに言わせれば、「んなもんは、最初からない」、ということになるだろう。
本書は、主に絵画という芸術空間における「自然の風景」というものが、近代化、ジャポニズムなどの影響を受けつつ、後発的に<発見>されたことを明かす。

風景の発見 評価
全体につづられている日本と西洋の比較よりも、最後で語られている「モダン=風景の発見(主客分離)」と「ポストモダン=風景の終焉→「造景」の時代(景色を見る→参加する)」を対比した部分が興味深い。
準拠モデルとしての地球(有限性と特有性)という発想は、特有性という観点がある点で地球全体主義=資源主義を超えている。
個人的には、この本の姉妹編ともいうべき『都市のコスモロジー』のほうが啓発的だった。





PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加