ベルクの楽譜、奏法技術を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ベルクの楽譜、奏法技術の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格



入門編
ベルク
国家の神話 (講談社学術文庫)

新品価格 ¥ 1,976

中古価格 ¥ 1,719 残り3個

発売元:講談社  発売日:2018-02-11
  

ベルク
文庫 いつもテンパってしまう人の気持ち切り替え術 (草思社文庫)

新品価格 ¥ 799

中古価格 ¥ 1

発売元:草思社  発売日:2016-08-02
  

ベルク
〈あいだ〉を開く―レンマの地平 (世界思想社現代哲学叢書)

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 3,888 残り3個

発売元:世界思想社  発売日:2014-10-25
  

ベルク
ムカつく相手にガツンと言ってやるオトナの批判術

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 144

発売元:CCCメディアハウス  発売日:2012-10-11
  

ベルク
名曲・名演の違いを探る!! CDでわかるクラシック入門

新品価格 ¥ 1,706

中古価格 ¥ 974 残り9個

発売元:ナツメ社  発売日:2011-03-18
  

ヒロカミらしい、一風変わった入門書 評価
広上さんのことを知る者として、「ヒロカミが監修したクラシック本」に興味があり購入した。
内容は私のようなクラシック中毒者が読んでも、目からウロコの本である。
本書は、大きく2部にわかれており、前半は、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」をテーマに、クラシック音楽の魅力を伝えようと試みるものである。
「指揮者によって、同じ曲でもこんなに違う」ということを、2つの演奏で比較することに始まり、「運命」はこんな感じに出来ていると、作曲家の創意工夫をわかりやすく分析し、さらに、各楽器の用法の例まで紹介する。
若干駆け足ながらも、必要なポイントはおさえており、専門的なことまできちんとわかりやすく伝えるのに成功していると思う。

内容紹介 
クラシック音楽の楽しみは、名曲、名演奏の違いを聞き分けるところからはじまります。
まずクラシックの代表曲である『運命』冒頭の有名な動機を、巨匠カラヤンとノリントンとラトルはどのように演奏し、その違いは何なのか徹底的に知ることでこの世界に入門します。
それから様々なクラシックの名曲を聴き比べながら、作曲家が思いを込めて描く楽譜の約束ごと。
それを演奏家はどのように工夫して表現しているのか。
本書では実際の音に即して、わかりやすく具体的に解説しています。
「本当にクラシック通になるための」はじめての入門書です。
主要目次 PARTI『運命』でわかる! クラシック音楽 第1章 音楽の約束ごと 第2章 楽器と演奏の知識 PARTII [名曲]でわかる! クラシック音楽 第1章 音楽のかたち 第2章 音楽の約束ごと 第3章 楽器と演奏の知識 第4章 音楽の歴史

ベルク
コーランの新しい読み方

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 400

発売元:晶文社  発売日:2005-11
  

ベルク
工科系の数学〈3〉線形代数

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 692 残り9個

発売元:サイエンス社  発売日:2000-09-01
  

ベルク
工科系の数学〈8〉偏微分方程式、変分法

新品価格 ¥ 8,100

中古価格 ¥ 878 残り7個

発売元:サイエンス社  発売日:2000-01-01
  

ベルク
工科系の数学〈6〉関数論

新品価格 ¥ 2,376

中古価格 ¥ 1

発売元:サイエンス社  発売日:2000-01-01
  

ベルク
工科系の数学 (7)



中古価格 ¥ 1 残り3個

発売元:サイエンス社  発売日:1999-01-01
  

ベルク
工科系の数学 (5)

新品価格 ¥ 2,484

中古価格 ¥ 1

発売元:サイエンス社  発売日:1997-12-01
  

発売元のレビュー
表紙綺麗です

ベルク
工科系の数学 (4)

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 947

発売元:サイエンス社  発売日:1996-12-01
  

ベルク
工科系の数学 (1)

新品価格 ¥ 1,836

中古価格 ¥ 679 残り9個

発売元:サイエンス社  発売日:1996-12-01
  

ベルク
工科系の数学 (2)

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 177

発売元:サイエンス社  発売日:1996-12-01
  

ベルク
軍国主義と政軍関係―国際的論争の歴史

新品価格 ¥ 3,670

中古価格 ¥ 2,050 残り6個

発売元:南窓社  発売日:1991-01
  

発売元のレビュー
今日でも論議の多い「軍国主義」の概念について、現代アメリカのドイツ第二次帝政研究の第一人者よる研究書。
併せて日本の「軍国主義概念」との比較も重要な書。

ベルク
材料工学BASIC (BASIC理工学応用シリーズ)



中古価格 ¥ 3,980 残り1個

発売元:啓学出版  発売日:1988-01
  

ベルク
現象学への招待―<見ること>をめぐる断章



中古価格 ¥ 1,300 残り7個

発売元:川島書店  発売日:1982-05
  

ベルク
超音波入門 ((科学普及新書))



中古価格 ¥ 387 残り3個

発売元:東京図書  
  



奏法、技術

名曲、定番の楽譜
ベルク
新ウィーン楽派 (作曲家別名曲解説ライブラリー 16)



中古価格 ¥ 2,586

発売元:音楽之友社  発売日:1998-12-10
  



ベルク
Sanfte Selbstbehauptung: Die 5 besten Strategien, sich souveraen durchzusetzen



中古価格 ¥ 3,889 残り1個

  
  



ベルク
弁護士アイゼンベルク (創元推理文庫)

新品価格 ¥ 1,512

中古価格 ¥ 1,243 残り3個

発売元:東京創元社  発売日:2018-04-28
  

ベルク
バームベルク公爵領の転生令嬢は婚約を破棄したい (アイリスNEO)

新品価格 ¥ 1,296

中古価格 ¥ 326

発売元:一迅社  発売日:2018-04-03
  

ベルク
「食の職」新宿ベルク: 安くて本格的な味の秘密 (ちくま文庫)

新品価格 ¥ 799

中古価格 ¥ 1

発売元:筑摩書房  発売日:2015-04-08
  

内容紹介 
新宿駅構内の安くて小さな店で本格的な味に出会えるのはなぜか? 副店長と職人がその技を伝える。
メニュー開発の秘密、苦心と喜び。
解説 久住昌之

内容(「BOOK」データベースより) 
「最高のビジネス書」と絶賛された『新宿駅最後の小さなお店ベルク』の第2弾!安くて愛される「味」の秘訣は?「他店では恐ろしくてできないことをやる」というメニュー開発の秘密や、「苦しいときこそ人を増やす」人事の方法まで。
第2章では、コーヒー、ソーセージ、パンの職人が味の秘密が語る。
2万人以上が立ち退き反対署名した驚異のお店の副店長入魂の書。

ベルク
新宿駅最後の小さなお店ベルク: 個人店が生き残るには? (ちくま文庫)

新品価格 ¥ 799

中古価格 ¥ 70

発売元:筑摩書房  発売日:2014-12-10
  

抱き寄せ本2冊 Part 2 (ペンネーム ときめきき) by プロ得 評価
真熟の旧マップにスライド伝説の『新宿駅最後の小さなお店ベルク』の扉をスライドすると今はなき壁にプロジェクション・マッピングのテロップで夏目雅子の俳句が流れる歌は『さらば青春』私は読みかけにはしない傍らにある本さえ読むがいいプロダクションの女社長が今よみがえるベルク本を読み始める太宰治の『水仙』を朗読してくれた本文(142頁)中々の父ヒントになる本にヒットしたキセキ『二十四の瞳』や『瀬戸内少年野球団』を始め実は本を抱き寄せて読む姿勢その姿を読者の子供たちにプロデュ-スしてくれていたと誰も教えてくれなかった大事な事を教えてくれた抱き寄せ本2冊ありがとうメモリアルブックを見リアルブックを読み終え涙がフロント・ドロップ別けてもリアル別れても

ベルク
No.332 ベルク/ヴァイオリン協奏曲 (Kleine Partitur)

新品価格 ¥ 1,404

中古価格 ¥ 1,170 残り2個

発売元:日本楽譜出版社  発売日:2013-05-29
  

ベルク
ベルク : ピアノ・ソナタ Op.1/ウニヴァザール社

新品価格 ¥ 2,916



発売元:ウニヴァザール社  発売日:2010-03-15
  

ベルク
ベルク: ピアノ・ソナタ Op.1/ヘンレ社/原典版

新品価格 ¥ 3,024



発売元:ヘンレ社  発売日:2009-08-01
  

ベルク
新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには? (P-Vine Books)

新品価格 ¥ 1,728

中古価格 ¥ 829

発売元:スペースシャワーネットワーク  発売日:2008-07-04
  

自分の言葉で語られるゆえの説得力、そして何より格好いい生き方 評価
ややもするとビジネス本はコンサルタント用語を散りばめてお茶を濁すことが多く、どの本を読んでいても似たり寄ったりで、ということが多いのだが、この本は違う。
試行錯誤を積み重ねてきた中で”熟成”されてきた様々な”現場”の知恵が気取ることなく自分の言葉で語られているのである。
そこには胡散臭さのかけらも無い。
確かに大資本の展開するチェーン店も良いし否定するつもりは無いが、こういう味のある個人店も大切にしないと町がつまらなくなってしまう。
これは飲食店に限らない。
大企業で世の中が仕切られてしまうよりは、雑多で個性的な中小企業・個人事業がひしめき合う状態のほうが豊かな社会なのではないか、と思うのである。

18年×1日平均1500人の声無き声が後押しする本! 評価
JR新宿駅東口、左端の改札を出てすぐ左折&徒歩約10秒の場所に位置するビア&カフェ「ベルク」。
本書はその経営者である別姓の夫婦が、互いに切り拓いてきた道を回想(ときには現在進行形の話も)するかたちで本文が進められてゆく。
「本当は飲食店なんてやりたくなかった」世間知らずの一人の若者(著者)が、親に頭を下げ、一念発起して一番下っ端から親の経営する喫茶店に入り現在の「ベルク」の土台を作ってゆく。
そのとき著者は28歳。
それから18年の歳月が過ぎ、「ベルク」は親の代の純喫茶から、1日平均1500人もの利用客でにぎわうビア&カフェへと成長した。





PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加