モンテヴェルディの楽譜、奏法技術を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

モンテヴェルディの楽譜、奏法技術の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格



入門編

奏法、技術

名曲、定番の楽譜


モンテヴェルディ
クラシック音楽の歴史 (角川ソフィア文庫)

新品価格 ¥ 950

中古価格 ¥ 700 残り3個

発売元:KADOKAWA  発売日:2017-09-23
  

モンテヴェルディ
記譜法の歴史: モンテヴェルディからベートーヴェンへ

新品価格 ¥ 10,355

中古価格 ¥ 10,350 残り3個

発売元:春秋社  発売日:2015-07-24
  

内容紹介 
バロックからベートーヴェンまで西洋音楽の楽譜の変遷を克明に辿る労作。
貴重な一次資料130頁掲載。
演奏家への実践的な助言多数。

内容(「BOOK」データベースより) 
計量記譜法から現代の楽譜へ移行期の変化を追った貴重な研究。
楽譜など一次資料を克明に分析しその当時と演奏法と、記譜の理論を導き出した労作。
ファクシミリ図版250点を掲載。

モンテヴェルディ
モンテヴェルディ: マドリガル(無伴奏混声合唱) 第2集(伊語)/ペータース社/合唱ヴォーカル・スコア

新品価格 ¥ 2,160



発売元:ペータース社  発売日:2015-02-20
  

内容紹介 
※ この商品は、為替の変動などの理由により、予告なく価格が改定される場合があります。
価格改定により、お客様に出荷される商品本体に印字されている価格が ご注文時の価格と異なる場合がありますが、ご注文時の価格が優先されますので 予めご了承ください。

モンテヴェルディ
モンテヴェルディ: マドリガル(無伴奏混声合唱) 第3集(伊語)/ペータース社/合唱ヴォーカル・スコア

新品価格 ¥ 1,836



発売元:ペータース社  発売日:2015-02-20
  

内容紹介 
※ この商品は、為替の変動などの理由により、予告なく価格が改定される場合があります。
価格改定により、お客様に出荷される商品本体に印字されている価格が ご注文時の価格と異なる場合がありますが、ご注文時の価格が優先されますので 予めご了承ください。

モンテヴェルディ
モンテヴェルディ: マドリガル(無伴奏混声合唱) 第1集(伊語)/ペータース社/合唱ヴォーカル・スコア

新品価格 ¥ 1,836



発売元:ペータース社  発売日:2015-02-20
  

内容紹介 
※ この商品は、為替の変動などの理由により、予告なく価格が改定される場合があります。
価格改定により、お客様に出荷される商品本体に印字されている価格が ご注文時の価格と異なる場合がありますが、ご注文時の価格が優先されますので 予めご了承ください。

モンテヴェルディ
音楽は対話である モンテヴェルディ・バッハ・モーツァルトを巡る考察

新品価格 ¥ 2,700

中古価格 ¥ 5,600 残り4個

発売元:アカデミア・ミュージック  発売日:2006-11-15
  

モンテヴェルディ
モンテヴェルディ



中古価格 ¥ 21,000 残り1個

発売元:みすず書房  発売日:1998-12-10
  

モンテヴェルディ
大作曲家 モンテヴェルディ



中古価格 ¥ 12,743 残り4個

発売元:音楽之友社  発売日:1998-12-10
  

モンテヴェルディ
大作曲家11人の和声法(上) モンテヴェルディからドビュッシーまで

新品価格 ¥ 5,980

中古価格 ¥ 6,343 残り9個

発売元:全音楽譜出版社  発売日:1998-12-10
  

21世紀のスタンダードになるべき和声学教科書 評価
16世紀後半~17世紀初頭の旋法和声を出発点にした和声の実習書である。
出発点の取り方がすばらしいと思う。
一般に和声学の本というと「18世紀後半から19世紀初期の古典派の和声を基本にする」とうたったものが多いが、そこから見たのでは、ヨーロッパの民族音楽から芸術音楽の和声が育ってきたことがわかりにくいし、20世紀の和声を理解するときに遠回りになる。
もうひとつこの教科書のよいところは実作の分析と理論的考察、練習課題をからめているところだ。
芸大和声などは、古典派の和声を基本にするという点ですでに問題があるが、実は、課題を実習して出てくる響きがモーツァルトやベートーヴェンの響きですらないという大問題がある。

同様の本が少ないので価値がある 評価
実際の芸術作品から直接和声を学ぶという姿勢は正解である。
他の多くの書籍がひたすら和声モデルの実施に固執し、実際の作品をおろそかにしているのと異なり、本書のアプローチには賛成である。
ただし、解説があまりにも少なく、これでは読者はどうやって勉強していけばいいのかわからないのではないだろうか。
ひととおり和声の学習が終わっている者が対象なら話は別だが、その場合はもうワンランク上の解説を試みてほしいと思う。
特にこの上巻はモンテヴェルディから始まっているが、彼の作品は機能和声から成り立っているわけではないので、コード進行や機能表示などは何の意味もない。





PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加