ラウタヴァーラの名曲作品集を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ラウタヴァーラの名曲作品集の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格




全集
ラウタヴァーラ
エイノユハニ・ラウタヴァーラ:合唱作品集

新品価格 ¥ 2,092

中古価格 ¥ 2,160 残り4個

発売元:ONDINE  発売日:2012-12-19
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
Vigilia - Credo - Canticum Mariae Virginis - Herran rukous - Missa duodecanonica - Rakkaus ei koskaan häviä... / Finnish Radio Chamber Choir - Timo Nuoranne & Eric-Olof Söderström, direction

Product Description 
After releasing two other boxes with Einojuhani Rautaavara's 8 Symphonies and 12 Concertos, Ondine is pleased to announce the new release of another 4 CD collector's box with Rautavaara's Choral Works. Featuring sacred as well as secular works, this release shows the diversity in terms of style, expression and content in the choral works Einojuhani Rautavaara has composed. They have brought him the status of the most significant living composer of choral music in Finland. Starting with first choral compositions in the 1950s, this is nowadays the most extensive category in his output. Rautavaara is since Sibelius perhaps the most internationally known and certainly most record selling living composer, with numerous international awards. These recordings feature the two mostly acclaimed Finnish mixed choirs, the Finnish Radio Chamber Choir and the Finnish Philharmonic Chorus, as well as the Helsinki Philharmonic Orchestra and conductors Timo Nuoranne, Eric-Olof S+ derstr+ m and Leif Segerstam. The recordings have been previously released by Ondine to international popular and critical acclaim.

ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:8つの交響曲 (Einojuhani Rautavaara: The 8 Symphonies)

新品価格 ¥ 2,472

中古価格 ¥ 2,277 残り8個

発売元:ONDINE  発売日:2012-01-30
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
 
Einojuhani Rautavaara may well be the most popular symphonist alive today. On the occasion of his 80th anniversary, Ondine pays homage to its longtime housecomposer by releasing the first-ever edition of the complete eight symphonies, in a special box set. Rautavaara is recognized as the greatest Finnish composer after Jean Sibelius. He has often described symphonic music as a journey through human life. Written between 1955 and 1999, the eight symphonies form a central pillar in Rautavaara s extensive artistic output and showcase the many stylistic periods in his fruitful career. They are hauntingly accessible to the listener and have proven wide audience appeal. The Seventh Symphony, Angel of Light (1994), became a best-seller and spurred Rautavaara to considerable international fame (including a Grammy® nomination), leading the Philadelphia Orchestra to commission the Eighth Symphony, The Journey (1999), for their centenary celebrations. The included recordings have been previously released by Ondine to international popular and critical acclaim, and were all produced in close collaboration with the composer.EINOJUHANI RAUTAVAARA (b. 1928)CD 1 [49 04]Symphony No. 1Symphony No. 2CD 2 [49 09]Symphony No. 3Symphony No. 4 Arabescata CD 3 [73 43]Symphony No. 5Symphony No. 6 Vincentiana CD 4 [67 10]Symphony No. 7 Angel of Light Symphony No. 8 The Journey NO of Belgium Mikko Franck (No. 1)Leipzig RSO Max Pommer (Nos. 2 5)Helsinki PO Max Pommer (No. 6)Helsinki PO Leif Segerstam (Nos. 7 & 8)Total Timing 03:59:00



ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:男声合唱のための作品全集

新品価格 ¥ 1,272

中古価格 ¥ 1,185 残り2個

発売元:ONDINE  発売日:2012-01-30
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
This new recording features his complete works for male choir - one of the most popular genres in this composer's artistic output. The two separately performing ensembles on this disc are native speakers: The YL Male Voice Choir (Helsinki University Choir) is one of the world's most prominent male voice choirs and the prominent commissioner and dedicatee of most of Rautavaara's - and also Jean Sibelius's - works for male voice choir. Only recently was the Choir featured on the critically acclaimed recording of Sibelius's Kullervo. The Talla Vocal Ensemble is a smaller group of 10 singers and was originally founded within the YL Male Voice Choir.

Product Description 
This new recording features his complete works for male choir - one of the most popular genres in this composer's artistic output. The two separately performing ensembles on this disc are native speakers: The YL Male Voice Choir (Helsinki University Choir) is one of the world's most prominent male voice choirs and the prominent commissioner and dedicatee of most of Rautavaara's - and also Jean Sibelius's - works for male voice choir. Only recently was the Choir featured on the critically acclaimed recording of Sibelius's Kullervo. The Talla Vocal Ensemble is a smaller group of 10 singers and was originally founded within the YL Male Voice Choir.

ラウタヴァーラ
ベスト・オブ・エイノユハニ・ラウタヴァーラ

新品価格 ¥ 1,097

中古価格 ¥ 418 残り2個

発売元:ONDINE  発売日:2012-01-30
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
人生の書-ラウタヴァーラ:男声

新品価格 ¥ 6,800

中古価格 ¥ 1,443 (定価の74%引き) 残り6個

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1999-08-25
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ラウタヴァーラ
エイノユハニ・ラウタヴァーラ:声楽作品集

新品価格 ¥ 1,215



発売元:ONDINE  発売日:2016-05-25
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
早朝に - フィンランド管弦楽名曲集

新品価格 ¥ 2,151 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 2,150 (定価の16%引き) 残り1個

発売元:Naxos  発売日:2015-11-07
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
アダージョ ~ 弦楽オーケストラのための作品集 (Adagio / Jose Serebrier) [輸入盤]

新品価格 ¥ 1,577 (定価の20%引き)

中古価格 ¥ 1,597 (定価の19%引き) 残り2個

発売元:ALBA  発売日:2013-12-02
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
St Michel Strings / Serebrier Jose

内容紹介 
''セレブリエール・アダージョ'' プッチーニからラウタヴァーラ、マデトヤそして自作まで 弦楽オケによる美しき癒しの音楽 [商品番号:ABCD-341] [DDD] [66'57''] [Import] [ALBA] 指揮者で作曲家としても知られるホセ・セレブリエールが、フィンランド、ミッケリ市のオーケストラ、聖ミケル・ストリングズを指揮したアルバム。
タイトルのとおり、ゆったとしたテンポの美しい作品のコレクションは、弦楽オーケストラのレパートリーとして定着したラウタヴァーラ、マデトヤ、トゥリーナ、プッチーニの作品、アメリカの作曲家4人の作品、そしてセレブリエール自身の曲が演奏されています。

ラウタヴァーラ
エイノユハニ・ラウタヴァーラ:宗教的合唱作品集

新品価格 ¥ 2,238 (定価の10%引き)



発売元:ONDINE  発売日:2013-08-21
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
1.トカール…ヴァイオリンとピアノのための/2-3.風の夜想曲…ヴィオラと電子楽器のための/4-6.カリス…ヴァイオリンとピアノのための/7.スピンとスペル…チェロ独奏のための/8.夜想曲…ヴァイオリン独奏のための/9.ニンファ…弦楽四重奏と電子楽器のライブのための録音 2012年10月5-6.8-9日 エスポー,セロサリ2012年10月14日に60歳の誕生日を迎えたサーリアホ(1952-)。
これを祝して制作された彼女の室内楽作品集の第1集となります(第2集は2014年リリース予定)。
鮮やかなオーケストレーションで知られるサーリアホ、この室内楽作品でもユニークなサウンドを追求するために、曲によっては電子楽器を用い、多彩な響きを紡ぎだすことに成功しています。

アーティストについて 
演奏: META4《メンバー:アンティ・ティカネン(ヴァイオリン)/ミンナ・ペンソラ(ヴァイオリン)/アッテ・キルペライネン(ヴィオラ)/トマス・ユープフェバッカ(チェロ)》/アンナ・ラークソ(ピアノ)/マルコ・ミョヘネン(電子楽器)

ラウタヴァーラ
トーマス/ラ・リュー/ヴァイル/ラウタヴァーラ/シュハンデル:声楽アンサンブル作品集(ジングフォニカー)

新品価格 ¥ 1,187

中古価格 ¥ 1,032 残り1個

発売元:Oehms  発売日:2013-08-05
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
Singphoniker,Die

 
As their name implies, anything theSingphoniker sings is approachedwith the same high standards.Inspired by the beloved 1930sclose harmony ensemble, theComedian Harmonists, theSingphoniker's repertoire rangesfrom beautiful Gregorian chant andRenaissance madrigals to tongue-in-cheek ventures into the world ofpopular music. This latest Singphoniker collectioncontains everything from traditionalspirituals to classical choralrepertoire (Orff, Rautavaara) to thesongs of popular music icons (EricClapton, Sting).

ラウタヴァーラ
エイノユハニ・ラウタヴァーラ:児童合唱のための作品集

新品価格 ¥ 1,215

中古価格 ¥ 1,913 残り2個

発売元:ONDINE  発売日:2011-12-21
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Review 
The Finns are crazy about singing. So it's no surprise that the Tapiola Children's Choir, founded back in 1963, has made 60 international tours, three of them circling the globe. Finland's most distinguished living composer, Einojuhani Rautavaara, began writing for the choir in the early 1970s. In this song about a carpenter and his son, one section of the ensemble repeats the Finnish word for 'shavings,' mimicking the back-and-forth sound of a carpenter's plane on wood. --NPR Deceptive Cadence

Product Description 
Really in stock ! Delivery is usually 5-8 working days.

ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:ヴァイオリンとピアノのための作品集

新品価格 ¥ 1,215

中古価格 ¥ 1,350 残り2個

発売元:ONDINE  発売日:2011-08-10
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
最近は専ら神秘的な作品を多く発表しているラウタヴァーラ(1928-)。
このアルバムでは、 世界初録音を含む最近の作品から初期の作品までを幅広く収録しています。
彼の作風の変遷 を味わうにもうってつけと言えるでしょう。
ヴァイオリンのクーシストは、今更何も付けく わえることもないほどの名手。
ここでも抒情的な曲から舞曲までを文句なく弾きこなしてい ます。
とりわけ面白いのが1952 年の「ピアノ組曲」で、こちらはフィンランド民謡から着 想を得たラウタヴァーラ24 歳の時の作品(作品番号1)ですが、ここでは基になった民謡を クーシストが漏れなく演奏するという試みで、民謡と交互に奏される「ラウタヴァーラによ る創造」の面白さを存分に楽しんでいただけるものとなっています。

アーティストについて 
ペッカ・クーシスト(ヴァイオリン)…1-11.13.15.17.19.21/パーヴァリ・ユンパネン (ピアノ)…1-8.10.12.14.16.18.20.22

ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:弦楽オーケストラのための作品集 - カント I - IV /ゾルターン・コダーイへのオマージュ /組曲/バラード

新品価格 ¥ 11,329

中古価格 ¥ 17,615 残り3個

発売元:ONDINE  発売日:2010-08-09
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
弦楽オケのための作品をすべて収録 評価
ラウタヴァーラの弦楽オーケストラのための作品全集。
カンガス指揮のオストロ・ボスニア管弦楽団である。
このアルバムは弦楽オーケストラのための作品集IとIIを合わせて2枚組みにしたもので、バラバラに買うよりだいぶ安い。
収録曲名を挙げると、(楽師たちディヴェルティメン弦楽のための組曲フランツ・リストのためのオマージュベラ・バルトークのための墓碑銘ゾルターン・コダーイへのオマージュカントIカントIIカントIIIカントIVハープと弦楽のためのバラードフィンランドの神話オストロボスニアのポルカ)となっている。
ラウタヴァーラの弦楽オーケストラのための作品をすべて収録したアルバムであるが、そのためかなり作曲年代が広範に渡っており、異なった作風の作品が楽しめる。

Amazonレビューのレビュー
The music of Finnish composer Einojuhani Rautavaara (b. 1928) is a wily mix of regional Romanticism and many of the European trends in atonality that began in the 1950s. Yet Rautavaara's music is both endurable by and accessible to the first-time listener. This two-CD set of works for string orchestra appeared on two Ondine discs, both released in 1995. It offers a wide range of works that highlight Rautavaara's compositional strengths and musical interests. Disc one contains his tone poems, works that tend toward the Romanticism of Sibelius, especially Pelimannit--The Fiddlers (1952) and the gorgeous Divertimento (1953). Disc two contains the more acerbic compositions of the latter part of the 20th century. Best here are Ballad for Harp and Strings (1973/1981) and Canto IV (1992). If you missed the original releases of this music, then track this one down. It's a must for Rautavaara fans. --Paul Cook

ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:管楽器のための作品集 - われらの時代のレクイエム/天使の遊び場/タランタラ/独立ファンファーレ

新品価格 ¥ 1,215

中古価格 ¥ 1,903 残り6個

発売元:ONDINE  発売日:2010-08-09
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:ピアノ作品集



中古価格 ¥ 756 (定価の41%引き) 残り1個

発売元:Naxos  発売日:1999-08-01
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラのピアノ作品 評価
以前、ある掲示板で過激なピアノ曲が話題となっておりスクリャービンが「18歳未満禁止。
」プロコフィエフが「R指定」だの書かれていましたが、そんなこといっているとラウタヴァーラのピアノ作品は破壊活動防止法が適応されます。
この過激さに対抗できるのはヘンリー・カウエルぐらいでは・・・・。
ピアノのミッコラは度々来日してラウタヴァーラや北欧物を中心に演奏しています。
またナクソスにラウタヴァーラのピアノ協奏曲を3つ録音しています。
ラウタヴァーラが好きな人は結構楽しめるんじゃないかと思います。

ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:作品集 [Import]

新品価格 ¥ 1,111

中古価格 ¥ 1,200 残り9個

発売元:Bis (Swe)  発売日:1993-03-24
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


交響曲
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:マンハッタン三部作/交響曲第3番[SACD] (Manhattan Trilogy)

新品価格 ¥ 1,641

中古価格 ¥ 1,048 残り9個

発売元:ONDINE  発売日:2012-01-30
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ノスタルジーに満ちたラウタヴァーラの管弦楽世界 評価
エイノユハニ・ラウタヴァーラ(Einojuhani Rautavaara 1928 - )はフィンランド出身の現代を代表する作曲家。
当盤はオンディーヌ・レーベルが力を入れているこの作曲者の作品チクルスの一環で、若き日の作品「交響曲第3番」と、2004年の作品である「マンハッタン三部作」が収録されている。
演奏はセーゲルスタム指揮のヘルシンキフィル、録音は2006年。
ラウタヴァーラは現代の作曲家であるが、いわゆる現代音楽的な気難しさとは一線を画する作風である。
シベリウス的な静物画的・情緒的な作品が多い。
セーゲルスタムは彼の作品を深く理解する音楽家の一人で、これまでもオンディーヌに注目すべき録音を行ってきた。

ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:真実と偽りのユニコーン/われらの時代の歌/柳の木陰で

新品価格 ¥ 1,363

中古価格 ¥ 3,161 残り1個

発売元:ONDINE  発売日:2010-08-09
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:交響曲第6番/チェロ協奏曲

新品価格 ¥ 1,215

中古価格 ¥ 3,632 残り4個

発売元:ONDINE  発売日:2010-08-09
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:ハープ協奏曲/交響曲第8番

新品価格 ¥ 1,215

中古価格 ¥ 1,130 残り9個

発売元:ONDINE  発売日:2010-08-09
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:交響曲第7番/お告げ

新品価格 ¥ 3,699

中古価格 ¥ 1,062 残り8個

発売元:ONDINE  発売日:2010-08-09
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
20世紀末を代表する楽曲 評価
現代で間違いなくもっとも人気のある作曲家の一人となったエイノユハニ・ラウタヴァーラ(Einojuhani Rautavaara 難しい名前だ・・・)。
その名声をとどろかせた出世作ともいえるのが、ここに収録された交響曲第7番・・・その名も「光の天使」である。
この曲はラウタヴァーラによる天使シリーズ(他に「天使と聖母マリアの訪問」やコントラバス協奏曲「黄昏の天使」がある)の一環と考えられる。
20世紀末のちょっと世の不安感が高まるような時期に、これらの作品を世に送り出した作曲者の慧眼もあるかもしれないが、この「光の天使」はすばらしい楽曲である。
ここで聴くラウタヴァーラはすでに特徴的なスタイルを確立した感がある。

Amazonレビューのレビュー
Angel of Light is Einojuhani Rautavaara's seventh symphony. Written in 1994, Angel of Light is a slowly unfolding sonic landscape of misty impressions and elevated language. It has no program, but the music does evoke a serene mood and is very hymn-like. This is one of Rautavaar's most "user-friendly" symphonies. Annuciations (1976-77) employs a large wind orchestra and concertante brass quintet, as well as an organ. The spectrum of sound Rautavaara gets from this combination has to be heard to believed. Rautavaara's music is the shimmer of the aurora borealis. Spooky. Enlightening. --Paul Cook

ラウタヴァーラ
Rautavaara: Piano Concerto No. 3 "Gift of Dreams", Autumn Gardens / Ashkenazy

新品価格 ¥ 1,215

中古価格 ¥ 997 残り9個

発売元:ONDINE  発売日:2010-08-09
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
Vladimir Ashkenazy asked especially if he might both play the solo part and conduct the Helsinki Philharmonic in Einojuhani Rautavaara's Piano Concerto No.3 "Gift of Dreams". The disc includes 13 minutes of conversation between the two men in which they discuss the proposition. There is some concern about the constant time-changes but the overall leisurely pace of the piece nullifies any risk. True, the energico movement nudges the listener awake but on the whole the work is as sleepy as its title. Indeed the conversation turns out to be the liveliest thing on the disc. The piano concerto is coupled with the tone poem Autumn Gardens whose three somnolent movements ooze hazily into one. The running semiquavers which course through most of the work are indistinct and the steady prominent chords above them have a hypnotic effect. The work intensifies as it progresses but there is too little contrast between the movements' pastel shades and when the tubular bells sound at the end of the work, they are like door-chimes announcing the arrival of one's taxi. Rescue at last! --Rick Jones

ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:交響曲第8 番「旅」他

新品価格 ¥ 1,291

中古価格 ¥ 864 (定価の33%引き) 残り1個

発売元:Naxos  発売日:2008-04-09
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:交響曲第7番「光の天使」/天使と訪れ



中古価格 ¥ 972 (定価の24%引き) 残り3個

発売元:Naxos  発売日:2003-04-01
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
不思議な光の交錯する彼岸音楽 評価
ラウタヴァーラは現役の作曲の中でも特に見逃せない作曲家である。
陰鬱な空の色とそこに交錯する光を思わせる独特の作風。
なんともいえぬ美しさに満ちている。
ラヴェルやレスピーギを思わせるがもっと全体としてはモノローグ。
そして不安定(このへんはスクリャービン的)。
つねにこまやかに色彩を変化させる。
麻薬的陶酔音楽。
ラウタヴァーラの名声を不動のものとした第7交響曲は彼岸のイメージただよう。
たしかに光を感じる。
オーケストレーションはラヴェルとともにストラヴィンスキーを連想させる卓越したものとなっている。
廉価版なので、作曲家を知る一枚としてもてごろなディスクと言えよう。

ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:カントゥス・アルクティクス/ピアノ協奏曲第1番 Op. 45/交響曲第3番 Op. 20



中古価格 ¥ 2,642 残り2個

発売元:Naxos  発売日:1999-05-01
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
抒情が炸裂! 評価
面白いのは「鳥とオーケストラのための協奏曲」なるサヴタイトルを持つカントゥス・アークティクスだ。
これは管弦楽曲なのだが、ひたすら北極圏で収録された鳥たちの鳴き声を背景に奏でられる。
とにかく美しい。
サウンドトラック的のように夢みるような効果を持つ。
心は北極圏の氷山のある風景にトリップする。
ピアノ協奏曲も力強い響きと荘厳な美しさに満ちた傑作。

抒情が炸裂! 評価
このCDのオビに「雄大で清冽な抒情が炸裂!」と書いてあってよく考えるとメチャクチャなコピーですが聞いてみるとどうもこれがその通りのようです。
冗談みたいに壮大な曲があったりして気分が盛り上がります。
北極の鳥の鳴き声とオーケストラの共演というのもおもしろいです。

ラウタヴァーラの代表作 評価
カントゥス・アークティスはよく考えたらけっして斬新なアイディアではありませんが魅力的な曲です。
(古くはレスピーギからテープと合奏させていますしね。
)それと、聞いてて思ったのですが、なぜか他の録音とでは鳥の鳴き声のテープが違うのです・・・。
だからと言う訳ではないのですが、このアルバムでは第3交響曲をオススメします。
なかなか耳にする機会が無い秘曲をナクソス価格で聞けるのはうれしい限りです。



オペラ
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:歌劇「朝日の家」 (Rautavaara: The House of the Sun)

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 2,009 残り7個

発売元:ONDINE  発売日:2012-01-30
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:シェイクスピアのソネット/オルフェウスへのソネット/歌曲集「恋人たち」/歌曲集「神の道」

新品価格 ¥ 1,372

中古価格 ¥ 2,112 残り6個

発売元:ONDINE  発売日:2012-01-30
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:歌劇「カイヴォス」

新品価格 ¥ 1,283

中古価格 ¥ 990 残り3個

発売元:ONDINE  発売日:2012-01-30
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:歌劇「ヴィンセント」

新品価格 ¥ 2,097

中古価格 ¥ 1,500

発売元:ONDINE  発売日:2010-08-09
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:大聖堂/最初の悲歌/涅槃の法/実用ドイツ語/フェデリーコ・ガルシア・ロルカの詩による組曲

新品価格 ¥ 2,440

中古価格 ¥ 1,499 残り5個

発売元:ONDINE  発売日:2010-08-09
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:サンポの略奪

新品価格 ¥ 1,348

中古価格 ¥ 1,278 残り8個

発売元:ONDINE  発売日:2010-08-09
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:歌曲集 [ImpOrt]

新品価格 ¥ 1,537

中古価格 ¥ 1,903 残り6個

発売元:Bis  発売日:2003-11-03
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ピアノ、ヴァイオリン
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:ピアノ協奏曲第3番「夢の贈り物」/交響曲第7番「光の天使」(ONDINEレーベルカタログ付)

新品価格 ¥ 527 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 110 (定価の83%引き) 残り5個

発売元:ONDINE  発売日:2011-01-12
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
「夢の贈り物」「光の天使」 評価
2010年版レーベル・カタログを付けて再編集・廉価発売されたラウタヴァーラ・アルバムです。
カタログ番号:ODE-699-2ピアノ協奏曲第3番「夢の贈り物」27:57 ( 10:03 / 11:56 /5:58 )交響曲第7番「光の天使」37:53 ( 12:06 / 5:52 / 10:16 / 9:40 )内容紹介のところにも書いてありますが、オリジナル・アルバムはこちら(、)。
ONDINEやauditeが毎年発売している事でお馴染みのデジパックにレーベル・カタログを“貼り付けて”いる廉価盤です。
ですので解説の類は無く(半ページ分のラウタヴァーラの来歴はある)、CDもデジパック・ケースに挟み込むタイプですので神経質な方には向いていない商品でしょう。

発売元のレビュー
OND 6992; ONDINE - Finlandia;

ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:ピアノ協奏曲第1番, 第2番

新品価格 ¥ 2,122

中古価格 ¥ 1,300 残り7個

発売元:ONDINE  発売日:2010-08-09
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:ヴァイオリン協奏曲/至福の島/天使たちの訪れ

新品価格 ¥ 2,464

中古価格 ¥ 385 残り7個

発売元:ONDINE  発売日:2010-08-09
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:ヴァイオリン協奏曲 (1977) 交響曲第8番「旅」(1999) [Import]

新品価格 ¥ 2,048

中古価格 ¥ 1,899 残り7個

発売元:Bis  発売日:2004-06-28
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
現代音楽と毛嫌いせずに…… 評価
現代音楽と聞いて顔をしかめる人でも、ラウタヴァーラの交響曲には耳を傾けてくれるだろう。
何の予備知識がなくても、この作曲家が北欧の出身だということは、弦の響かせ方で想像がつく。
シベリウスもそうだが、真冬の厳しい冷気と春のほのあたたかな陽差しが音にあらわれているからだ。
実際、ラウタヴァーラはフィンランド出身だ。
交響曲第8番には、「旅」という標題が付けられている。
作曲家が自身の人生を音楽にするという試みは、『英雄の生涯』などの先例もある。
しかし、自画自賛めいた『英雄の生涯』とは、なんという違いだろう。
カップリングされているヴァイオリン協奏曲も、弦の扱いに長けたラウタヴァーラの本領が存分に発揮されている。

ラウタヴァーラ
ラウタヴァーラ:ピアノ協奏曲第2番/第3番/至福の島



中古価格 ¥ 919 (定価の28%引き) 残り2個

発売元:Naxos  発売日:2003-11-01
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
20世紀ピアノ協奏曲の優秀作 評価
ラウタヴァーラは現代音楽の中でもとりわけ「響き」や「調和」を重視するタイプの作曲家ではないかと思う。
同じフィンランド生まれというだけでシベリウスの流れをくむと勝手に決めつけている解説が多いけれど、晩年のシベリウスのそぎ落とした様な簡素さとはベクトルは完全に違う。
とにかく音は芳醇、不用意な耳には雑音あるいは環境音楽のようにしか聞こえない部分があるのも確かだ。
安易な耳には安易に聴かれかねないことを承知の上で発表されるこの音楽、いったん深みにはまるとなかなか抜け出せない。

ラウタヴァーラのピアノ協奏曲 評価
最近は、第7交響曲でかなり人気が高まってきたラウタヴァーラですが、このアルバムではピアノ協奏曲第2番と3番が聞けます。
2曲ともラウタヴァーラの個性的なピアニズムが縦横無尽に繰り広げられ、異常なほどのエネルギーと迫力に満ち溢れています。
カップリングの至福の島もなかなかの怪作です。
ピアノ協奏曲のソリストL.ミッコラはラウタヴァーラをはじめ北欧物の作品を得意とするフィンランド生まれの女流ピアニストでこのアルバムでも名演を聞かせてくれます。

ラウタヴァーラ
エイノユハミ・ラウタヴァーラの個展



中古価格 ¥ 4,950 残り2個

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1997-04-25
  

ラウタヴァーラ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加