ルーセルの楽譜、奏法技術を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ルーセルの楽譜、奏法技術の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格



入門編
ルーセル
パリのフランス語入門



中古価格 ¥ 1,110 残り7個

発売元:三省堂  発売日:2000-12
  

フランス旅行する前に読んでおくとよいかも 評価
本文では、「呑んだあとにはラーメン」をフランス語で説明しようと試みてみたり、各地域の名物や名所にちょっとずつ触れていたり、国際郵便で記念切手を使うべきではない理由の説明があったり、時差を忘れていて「大惨事」を引き起こしてみたり、ことばの学習への動機が低下してしまった時に読むと、思わず「ぐっ」と来る内容の最終章、本文を離れたところでは、他のテキストにない切り口からのフランス語コラムあり観光本にも出ていないお薦めなお店の紹介があったり、仏映画の解説があったり、Dialogue30全体が一つのストーリーになっているから、1冊仕上げるのに、興味がそがれることが少ないのでとてもよい構成だと思います。

今すぐパリへ行こう! 評価
大学の授業に使ったものですが、会話本としても文法書としてもエッセイとしても、とても面白い本です!レイアウトもとてもきれいですし、先生がお取りになった写真もたくさんのっていてシックです。
エッセイも料理から映画までと幅広く、興味の幅を広げてくれるものばかり。
簡略ですが地図も載っていますし、おすすめのレストランまでも紹介されています。
おまけに、先生の声がとっても素敵です(笑)。
レベルも初級から中級までずっと使えるものなので損はないですよ!!



奏法、技術

名曲、定番の楽譜


ルーセル
トーム・アン(三訂版)

新品価格 ¥ 2,376



発売元:第三書房  発売日:2017-04-15
  

ルーセル
戦略的サプライチェーンマネジメント ―― 競争優位を生み出す5つの原則

新品価格 ¥ 3,240

中古価格 ¥ 2,300

発売元:英治出版  発売日:2015-02-03
  

網羅的です。 評価
SCMの実務についているわけでも、製造業で働いているわけでもない者です。
顧客のビジネス理解のため、以前から腑に落ちるSCMの入門書を探していました。
これまで国内のSCM入門書であったものは、キーワードごとに解説がされているものが多く、何となくこの言葉はこういう意味なんだな、と理解はできても、実際に何をどうするのか、ということがピンと来ないものが大半でした。
本書は、タイトルに惹かれ購入したものの、私のような門外漢向け入門書と言えるものでらありませんが、そもそもSCMとは何を狙い、どうPDSしていくのかという勘所を掴むには、十分得るもののある書と思います。

巻末の「詳細目次」が便利で有難い 評価
サプライチェーンという言葉が流行りだしてから20年ぐらいは経過しただろうか。
最初題名を見たとき、「なぜ今更サプライチェーン?」とも思ったが、『ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か』 (エリヤフ・ゴールドラット)はもはや古典化し相変わらず売れ続けているし、よく考えるとSCMという言葉は他の3文字流行言葉とは違い企業経営における基本用語として定着してきたのかなとも思う。
本書はサプライチェーンプロセスを記述、評価するための共通言語としてのサプライチェーン運用参照モデルSCORの開発に携わった著者によるベンチマークをベースとした最新の事例集であり、コンサル会社による教科書的な理論書ではないので、多少の注意は必要である。

ルーセル
アフリカの印象 (平凡社ライブラリー)

新品価格 ¥ 18,840

中古価格 ¥ 1,900 残り8個

発売元:平凡社  発売日:2007-06
  

想像力をフル回転 評価
文学におけるシュルレアリスム。
奇想天外という他は無いが、気ままに書いたものではなく、「文章を解体する」という緻密な作業の結果ということに驚かされる。
物語の前半で、アフリカはポニュケレ国の首都エジェルの広場で繰り広げられる、奇妙な処刑と祝祭の見世物の様子が綴られる。
後半にその祝祭に至るまでの経緯が示され、読者はようやく物語の全体像をつかむことができるという構成になっている。
お時間のない向きは、後半を先に読んだ方が、早く理解できると思う。
絶対実写化不可能なイメージの洪水に、脳みその普段使わない部分がチクチクと刺激される快感を味わえる。

ルーセル
ロクス・ソルス (平凡社ライブラリー)

新品価格 ¥ 1,620

中古価格 ¥ 879

発売元:平凡社  発売日:2004-08
  

燃える想像力 評価
ロクス・ソルス壮のマッドサイエンティストな人たち、時には狂気に追われて、時には情熱にかられて産み出される超個人的な作品群、それらは個々にまつわる神秘的な事件と共に可能性として現実にいる私を刺激する。
「そんなばかな…」「なにもそこまで…」と思いながらそれらに呑み込まれて最後に笑いました。

読み通して、ようやくわかる。 評価
この本の魅力は、奇抜な発明品の陳列ではなくその発明品に付随するエピソードにあります。
正直いって発明品の詳細な記述にはいささかうんざりします。
しかし、いったんその意味不明の発明品の由来に話が移るとたちまち話に引き込まれてしまいます。
特に印象深かったのは、特殊な薬を脳に注入されて、生前のもっとも運命的な一瞬の場面を演じ続ける死者の件です。
数々の死者が演じる様はそれだけでは何をしているのかちんぷんかんぷん。
でも、その死者の説明がされるやいなや、その豊かな物語性にたちまち魅了されてしまいます。
なるほど、この本は多大なる感銘や、心ゆさぶる感動とは無縁ですが、ひじょうに忘れがたい妙な魅力にあふれています。

ルーセル
レーモン・ルーセル (叢書・ウニベルシタス)

新品価格 ¥ 3,456

中古価格 ¥ 1,790 残り5個

発売元:法政大学出版局  発売日:2000
  

ルーセル
レーモン・ルーセルの謎―彼はいかにして或る種の本を書いたか

新品価格 ¥ 3,240

中古価格 ¥ 1,800 残り6個

発売元:国書刊行会  発売日:1998-10
  

ルーセル
レーモン・ルーセル―無垢な人



中古価格 ¥ 1,080 残り7個

発売元:ペヨトル工房  発売日:1991-11
  

ルーセル
レーモン・ルーセルの生涯



中古価格 ¥ 619

発売元:リブロポート  発売日:1989-07
  

ルーセル
ロクス・ソルス



中古価格 ¥ 546

発売元:ペヨトル工房  発売日:1987-05
  

燃える想像力 評価
ロクス・ソルス壮のマッドサイエンティストな人たち、時には狂気に追われて、時には情熱にかられて産み出される超個人的な作品群、それらは個々にまつわる神秘的な事件と共に可能性として現実にいる私を刺激する。
「そんなばかな…」「なにもそこまで…」と思いながらそれらに呑み込まれて最後に笑いました。

読み通して、ようやくわかる。 評価
この本の魅力は、奇抜な発明品の陳列ではなくその発明品に付随するエピソードにあります。
正直いって発明品の詳細な記述にはいささかうんざりします。
しかし、いったんその意味不明の発明品の由来に話が移るとたちまち話に引き込まれてしまいます。
特に印象深かったのは、特殊な薬を脳に注入されて、生前のもっとも運命的な一瞬の場面を演じ続ける死者の件です。
数々の死者が演じる様はそれだけでは何をしているのかちんぷんかんぷん。
でも、その死者の説明がされるやいなや、その豊かな物語性にたちまち魅了されてしまいます。
なるほど、この本は多大なる感銘や、心ゆさぶる感動とは無縁ですが、ひじょうに忘れがたい妙な魅力にあふれています。





PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加