竹松舞 のCDを紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。ベストアルバム、グレーテストヒッツ、ライブ版、名曲集を紹介します。  

竹松舞,の名曲,ベストCD,DVDの試聴,視聴,紹介,評判,レビュー,安売り価格,値段,中古価格


竹松舞
ヘンデル:ハープ協奏曲

新品価格 ¥ 5,599

中古価格 ¥ 500 (定価の53%引き) 残り6個

発売元:日本コロムビア  発売日:2011-12-21
  

竹松舞  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
【演奏】竹松舞(ハープ)、ジャン・フランソワ・パイヤール指揮、パイヤール室内管弦楽団(3,5)、BSCアンサンブル(1) 【録音】1999年7-8月、パリ、オーパス・システム・スタジオ、東京、日本コロムビア第1スタジオ

メディア掲載レビューほか 
クラシック廉価版ジャンルの雄、クレスト1000シリーズ。
本作は、竹松舞(ハープ)、ジャン・フランソワ・パイヤール指揮による、ヘンデルの「ハープ協奏曲」、ドビュッシーの「月の光」他を収録。
(C)RS

竹松舞
ロドリーゴ:セレナータ協奏曲



中古価格 ¥ 859 (定価の20%引き) 残り2個

発売元:日本コロムビア  発売日:2010-12-22
  

竹松舞  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
竹松舞
ファイヤーダンス

新品価格 ¥ 3,450

中古価格 ¥ 1,298 (定価の36%引き) 残り2個

発売元:日本コロムビア  発売日:2004-02-18
  

竹松舞  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
竹松さんの記念すべきデビュー作 評価
私は、竹松さんのCDをすべて持っているが、演奏内容はこのファイアーダンスが一番良いように思う。
このアルバムの竹松さんは、いまや大御所の吉野直子さんを思わせるハープの音の出し方、繊細な表現力などどれをとっても非常に素晴らしい。
また、私は、竹松さんがそれまでハープ奏者の誰もがしていなかったポップスをハープで引いて見せたり、自作の曲を披露したりするなど意欲に満ち溢れている点も素晴らしいと思う。
竹松さんがこの意欲を持ち続ければ、吉野直子さんを超える偉大なアーティストになる大器であろうと私は実感した。
このアルバムは、こんな才能溢れるハープ奏者竹松舞さんの大器の片鱗を思い知らされる一枚である。

しずかなきらぼしの如く 評価
・ハープ奏者として注目されつつ、大学卒業後は医師の道をあゆまれている竹松さん。
・ハープの音はピアノと同じように人の耳になじみやすく様々な表現方法によって、きら星のように心地よく響きます。
・本作は混じりけがなく、静かで落ちついた一枚に仕上がっていますがハープもピアノも他の楽器とのアンサンブルによって、さらなる魅力を発揮するため、本作も他の楽器との音のかさなりがあったほうが面白いと感じました。
・J-meloにおけるような竹松さんの演奏とお話をまた目にしたいと思います。

竹松舞
ZERO(ゼロ)

新品価格 ¥ 2,180 (定価の24%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き) 残り7個

発売元:日本コロムビア  発売日:2003-11-19
  

竹松舞  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
竹松舞
パヴァーヌ

新品価格 ¥ 3,020

中古価格 ¥ 337 (定価の88%引き) 残り7個

発売元:日本コロムビア  発売日:2002-08-21
  

竹松舞  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
心地よい「音粒」の連続 評価
図書館で何気なく在庫していたので、借りてみました。
10年程前に竹松さんの演奏をテレビで視聴していた、おぼろげな記憶がきっかけでした。
その時、ハープという楽器を具体的に知ることになりました。
私は趣味でクラシックギターをやっているので、その類似性。
具体的には弦楽器であること、撥(指で弾くタイプ)楽器であること、旋律と伴奏、ベース音全て単体の楽器で演奏できるという共通性に強く惹かれた記憶があります。
ギターは別名「小さなオーケストラ」ともよばれ、単独楽器でボリフォニックな演奏はピアノの独壇場と思われがちですが、ギターも劣らないのです。

竹松舞
コンチェルト・セレナータ

新品価格 ¥ 1,675

中古価格 ¥ 156

発売元:日本コロムビア  発売日:2002-01-19
  

竹松舞  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
私自身が素直に美しい、と思える曲を聴いて頂きたくてこの曲を贈ります。 評価
竹松舞さんのコメント:「私自身が素直に美しい、と思える曲を聴いて頂きたくてこの曲を贈ります。
共感して頂けると嬉しいです。
」 <p>選曲が素晴らしいです。
ハープのCDといえば独奏や室内楽が中心で、オーケストラによるハープ協奏曲の録音はそう多くはありません。
そんな中このCDは、2曲のハープ協奏曲を日本フィルとの競演で送ります。
ロドリーゴの「コンチェルト・セレナータ」とピエルネの「ハープ小協奏曲」 これもまた、両曲共録音が多くはないものです。
然し、両曲共ロマンチシズムを髣髴とさせる聴き応え満点の逸品です。

Amazonレビューのレビュー
   選曲がとてもいい。
ロドリーゴの「コンチェルト・セレナータ」、ピエルネの「ハープ小協奏曲」、ともに、20世紀に作曲されながら、19世紀風のロマンチシズムへのノスタルジーを強く呼び起こす、珍しくも聴き応ごたえある作品を竹松が意欲的に取り上げた。
 「コンチェルト・セレナータ」は、第1楽章ではまるでプーランク風のしゃれた管楽器との掛け合いなど、モダニズムのパリからイベリア半島への視線を感じさせる曲。
第3楽章でのスペイン舞曲に施されたなんともエキゾチックな装飾的和声を、きらきらとはじけるように撒き散らすところなど、竹松のチャーミングな感覚が発揮されている。

竹松舞
紀尾井ホールライヴ [DVD]

新品価格 ¥ 4,104

中古価格 ¥ 54 (定価の98%引き)

発売元:日本コロムビア  発売日:2000-05-20
  

竹松舞
月の光~竹松舞・イン・パリ

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 1

発売元:日本コロムビア  発売日:1999-10-21
  

竹松舞  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
演奏・曲目・完成度高し 評価
・RAVEL 序奏とアレグロ・DEBUSSY神聖な舞曲と世俗的な舞曲・HANDELハープ協奏曲バイヤール室内管弦楽団とBSCアンサンブルとの共演によるこれら3つの室内楽曲が、3つの小独奏曲(DEBUSSY月の光・亜麻色の髪の乙女、HASSELMANS五月の歌)を挟みつつ収録されています。
1曲1曲が、質の高い仕上がりになっています。
ハープの良さを満喫できる室内楽曲を繋いでいるこの粒揃いの小品群が、聴く手にはよい肩休めにもなり、充実した一時を得られることでしょう。
このCDにおいては、舞さんのしっかりとした演奏を、共演者陣と録音環境の良さが後援しているように思います。
ハープ演奏につきもののある残響(説明しがたいが、指と弦の摩擦が空気に乾いて反響するような?音)が、このCDでは殆ど聞こえません。

竹松舞
妖精伝説

新品価格 ¥ 3,750

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:日本コロムビア  発売日:1998-03-21
  

竹松舞  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
竹松舞
ファイヤー・ダンス



中古価格 ¥ 1

発売元:日本コロムビア  発売日:1997-06-21
  

竹松舞  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
なかなかすばらしい。 評価
デビュー作としては、すばらしいと思う。
ただ。

ジャケットの写真が???才能=プライド?ヨーロッパ風な豪華な雰囲気を出そうとジャケットの写真をしたのだろうか?

「ハープのソロ音楽として良い」 評価
ハープのソロのアルバムを初めて買った。
竹松さんはルックスのことがまず話題になるし、ジャケットではそれが前面に出ているが、音楽が鳴り始めると、素晴らしいハープの響きに引き込まれる。
選曲がいい。
レスピーギ「シチリアーナ」、ジョン・ケージ「ある風景の中で」、ドビュッシー「アラベスク」、エアロスミス「エンジェル」、アッセルマン「泉」、パッヘルベル「カノン」。





PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加