ブーレーズの名曲作品集を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ブーレーズの名曲作品集の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格




全集
ブーレーズ
Conductors & Orchestras

新品価格 ¥ 2,004

中古価格 ¥ 2,100 残り3個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2017-04-28
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ストラヴィンスキー:火の鳥(1910年全曲版)&ナイチンゲールの歌(期間生産限定盤)

新品価格 ¥ 930 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 750 (定価の30%引き)

発売元:SMJ  発売日:2015-04-22
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
これが全世界を100年間感動させてきたクラシックの名盤だ! ラフマニノフから五嶋みどりまで、2大クラシック・レーベル、ソニー・クラシカルとRCA RED SEALを中心にソニー・ミュージックが所有する多彩なクラシックの名盤・銘盤・超盤・定盤・迷盤・奇盤・珍盤・お宝盤を、新規ライナーノーツ、一部世界・日本初CD化も含む驚愕の価格1,000円+税で100タイトルを2ヶ月にわたってリリース。
ロシアの伝承童話に基づくバレエ音楽「火の鳥」と、アンデルセン童話に基づく交響詩「ナイチンゲールの歌」はともに、ストラヴィンスキー初期の名作。
なかでも「火の鳥」はストラヴィンスキーの出世作で、この作品の成功をきっかけに現代の音楽に通ずる扉のひとつが開け放たれた。

メディア掲載レビューほか 
“ソニー・クラシカル名盤コレクション1000”第1弾。
本作は、ストラヴィンスキー初期の名作である、ロシアの伝承童話に基づくバレエ音楽「火の鳥」と、アンデルセン童話に基づく交響詩「ナイチンゲールの歌」の1975年録音盤。
作曲家として同時代の音楽を牽引してきた指揮者ピエール・ブーレーズの生命力あふれる演奏が、収録曲の魅力を十分に届けてくれる。
(C)RS

ブーレーズ
Pierre Boulez: The Complete Erato Recordings

新品価格 ¥ 4,475

中古価格 ¥ 4,120 残り2個

発売元:ERATO  発売日:2015-03-06
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
Composer: Iannis Xenakis, Franco Donatoni, Gérard Grisey, Hugues Dufourt, Brian Ferneyhough, Jonathan Harvey, York Höller Other participants: Yvonne Loriod, Peter Serkin, Phyllis Bryn-Julson, Ann Murray, Felicity Palmer, Anthony Rolfe-Johnson, Simon Estes, Orchestre National de France, Chicago Symphony Orchestra, BBC Symphony Orchestra  Exploring 20th-century repertoire – both acknowledged masterpieces and new discoveries – this 14-CD anthology reflects the diverse aesthetic strands of Pierre Boulez’s programming over the course of his ground-breaking and influential career. These Erato recordings, made between 1966 and 1992, feature composers otherwise absent from Boulez’s discography – Xenakis, Donatoni, Grisey, Dufourt, Ferneyhough, Harvey and Höller – and the first CD release of the interpretation of Stravinsky’s incantatory Les Soucoupes in the version for female voices and four horns.

ブーレーズ
Boulez: 20th Century

新品価格 ¥ 10,220

中古価格 ¥ 11,670 残り5個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2015-02-10
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
Pierre Boulez -Emotion & Analysis [DVD]

新品価格 ¥ 4,512

中古価格 ¥ 7,119 残り1個

発売元:Euroarts  発売日:2015-01-30
  

発売元のレビュー
This DVD-Box, a compilation of 10 DVDs, pays homage to Pierre Boulez in honor of his 90th birthday on the 26th of March, 2015. Not only do we celebrate a great conductor and composer but also his creativity and effort in supporting young, aspiring musicians as a teacher and mentor as well as his open and progressive approach to composition and music in general. These fantastic productions, each represent a stage in the great conductor’s life, therefore granting the viewer deep insights into the activities and growth of a musical legend. Revealing motivations, projects, opinions, and personal information through enlightening interviews. 3 documentaries and 9 concerts productions put together into one captivating Boulez-Box. Picture format DVD: NTSC 16:9 Sound format DVD: PCM Stereo, DD 5.1, DTS 5.1 Region code: 0 (worldwide) Running time: total running time 1.022 mins Subtitles: English, Deutsch, Français German FSK: 0

ブーレーズ
Boulez Conducts Mahler-Complete Recordings

新品価格 ¥ 6,109

中古価格 ¥ 5,220 残り6個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2013-11-19
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売日はいつかな? 予約したのは2年前だよ。 評価
私がこの商品を予約注文したのは「2011/3/24」だった。
てっきり、ブーレーズ指揮による他のボックスセットと同じような体裁で、マーラー交響曲全集が発売されるものと考えていた。
しかし、待てど暮らせど、まだ発売されない。
deutschegrammophon.comにも、まだ発売予定が掲載されていないのだ。
ブーレーズ指揮・マーラー作品の新商品である『嘆きの歌』の、日本国内での発売予定日は4月17日。
もしこの「Boulez Conducts Mahler」が、新盤『嘆きの歌』をも含んだ、ブーレーズがグラモフォンに録音したマーラー作品の集成ならば、当然のことながら、発売は今年4月以降だろう。

ブーレーズ
Complete Works

新品価格 ¥ 7,903

中古価格 ¥ 11,269 残り2個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2013-07-23
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
Boulez Conducts Ravel and Debussy

新品価格 ¥ 2,504

中古価格 ¥ 2,500 残り2個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2012-05-08
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
”凛”とした、ラヴェル。 評価
今の時代にラヴェルを聴くには、ブーレーズの感性が一番会うのかも。
透明感、無駄に揺らさない、大げさな強弱に頼らない。
淡々とした語り口なのに、繊細でやさしい。
あんまり言葉を並べるとうそ臭くなるな・・・。
なんというか、”凛”としてるのです、要は。
この人のストラヴィンスキーも”凛”としてたけど。
あっ、Debussyも良いです。
ボクはラヴェルを聴きたくて買ったけども。
録音もよいですよ。

買ってよかった。 評価
この値段でラヴェルとドビュッシーの管弦楽曲がそろうのであれば(全部ではないのかもしれませんが)、円高もそう悪いものではない、などと思ってしまう。
演奏も好い。
クラシック聴き始めて2,3年のいまだビギナークラスの僕にはぴったりでありました。

イージーリスニングには好適 評価
イージーリスニングには好適だが、まっとうなオーディオを前にかつての名演と比べるなら、価格相応な廉価な演奏といわざるを得ない。
まず、音が悪い。
確かにノイズはなく、音はなめらかだが、ホールの感覚も、楽器奏者の姿もなく、どこからともなくエコーの効いた演奏が聞こえて来るのは不気味とさえいえる。
さらに、全体にメリハリがなく、のんきな音の流れは録音用以外の何物でもなく、客が入っていたら、文句を言う以外何も出来ない。
なにより、ブーレーズが悪い。
こんなトロトロした演奏、覇気のないソリストたち、仕上がった録音に満足を唱えているなら、本当に老人になったなとしか言えない。

ブーレーズ
Boulez Conducts Stravinsky

新品価格 ¥ 3,121

中古価格 ¥ 2,450 残り5個

発売元:Dg Imports  発売日:2012-04-10
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介〜ブーレーズのストラヴィンスキー:彼方へと希求する讃歌 評価
【収録情報】CD1・バレエ音楽『火の鳥』全曲・幻想曲『花火』Op.4・オーケストラのための4つのエチュードシカゴ交響楽団録音時期:1992年12月録音場所:シカゴ、オーケストラ・ホール録音方式:デジタル(セッション)CD2・バレエ音楽『ぺトルーシュカ』(1911年版)・バレエ音楽『春の祭典』クリーヴランド管弦楽団録音時期:1991年3月録音場所:クリーヴランド、メイソニック・オーディトリアム録音方式:デジタル(セッション)CD3・幻想的スケルツォOp.3・カンタータ『星の王』・交響詩『うぐいすの歌』・組曲『兵士の物語』クリーヴランド管弦楽団&合唱団録音時期:1994年11月、1996年2月録音場所:クリーヴランド、メイソニック・オーディトリアム録音方式:デジタル(セッション)CD4・管楽器のための交響曲・詩篇交響曲・3楽章の交響曲ベルリン放送合唱団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団録音時期:1996年2月録音場所:ベルリン、フィルハーモニー録音方式:デジタル(セッション)CD5・エボニー・コンチェルト・クラリネット・ソロのための3つの小品・コンチェルティーノ(弦楽四重奏版)・15人の器楽奏者のための『8つのミニチュア』・協奏曲変ホ長調『ダンバートン・オークス』・エレジー(ヴィオラ・ソロ版)・フュルステンベルクのマックス公の墓碑銘・弦楽四重奏のための二重カノンジェラール・コセ(ヴィオラ)ミシェル・アリニョン(クラリネット)アンサンブル・アンテルコンタンポラン録音時期:1980-1982年録音場所:パリ、IRCAM録音方式:ステレオ(セッション)CD6・パストラールOp.1・ベルレーヌの2つの詩・バーリモントの2つの詩・3つの日本の抒情詩・わが幼き頃の思い出(3つの小さな歌曲)・プリバウトキ(戯歌)・猫の子守歌・4つの歌曲・チーリン・ボン・パラーシャの歌(マヴラ)・シェイクスピアの3つの歌曲・ディラン・トマスの追悼のために・J.F.K.のための悲歌・ヴォルフ:2つの聖歌曲(ストラヴィンスキー編曲)フィリス・ブリン=ジュルソン(ソプラノ)アン・マレイ(メゾ・ソプラノ)ロバート・ティアー(テノール)ジョン・シャーリー=カーク(バリトン)アンサンブル・アンテルコンタンポラン録音時期:1980年録音場所:パリ、IRCAM録音方式:ステレオ(セッション)

ブーレーズ
Boulez: Original Album Classics

新品価格 ¥ 10,973

中古価格 ¥ 864 残り5個

発売元:Sony Bmg Europe  発売日:2009-10-05
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
Alban Berg: Lulu (Complete opera in 3 acts)

新品価格 ¥ 2,920

中古価格 ¥ 1,620 残り7個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2001-09-11
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
One of the bewitchments of this performance is that Pierre Boulez leaves unreconciled the two conflicting tendencies of Berg's music--on the one hand, grand Romantic opera; on the other, dodecaphony. Their clash is the hinge of Berg's exhilarating composition, and, once perceived correctly, it's a drama of almost unbearable intensity. The dense instrumental texture is brought out in stunning detail. Yes, Teresa Stratas is occasionally unsteady in the title role. But this is the King Lear of opera roles: probably unperformable and altogether unforgettable. --Joshua Cody

ブーレーズ
Complete Webern

新品価格 ¥ 21,189

中古価格 ¥ 16,688 残り1個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2000-05-09
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
これでウェーベルンは入学から卒業まで完璧 評価
古い話で恐縮ですが,サントリーホールがオープンして間もない頃,都響が若杉弘の指揮でウェーベルンの「夏風の中で」を日本初演したのを聴いたことがあります。
ウェーベルン最初期、つまり後期ロマン派が爛熟を迎える時期の作品で、むせ返るような旋律とオーケストレーションに圧倒されました。
時期を同じくして発売されたブレーズ指揮のウェーベルン全集(ソニー)には残念ながらこの作品番号のない、新しく発見された曲は入っていませんでした。
(ま、それでも究極のミニマリズムといえそうなウェーベルンの作品を、ブレーズやジュリアード弦楽四重奏団のかなり「とんがった」演奏をおさめたこのセットは、僕の宝物の一つでしたが)さてそのブレーズが二十世紀の最後にウェーベルン全集を再録音しました。

Amazonレビューのレビュー
Pierre Boulez's Complete Webern Edition appears just over two decades after his last traversal. Not literally complete, but with enough early works to set the mature ones in the right context. These days, Webern is no longer seen so much as new music guru, as a major composer pure and simple--his expression as concise as it is intense. Performance-wise, there's a quality of musicianship here that few previous recordings have matched; familiarity with the idiom certainly plays its part, but so does Boulez's belief that what we're hearing needs to be presented with conviction. Try the Passacaglia, sensuous music that combines the sound-world of Brahms and Mahler, or the string quartet or orchestra pieces--miniatures in duration, but whole dramas of expression. Ease of performance doesn't always make this music easy to get to grips with: the song cycles need several hearings to grasp the meaning behind the compression, while the later instrumental and choral works have a luminous austerity that looks back to Bach and beyond to renaissance masters such as Schütz and Issac. While much of Webern's music has long been admired, only now is it becoming possible to respond to it through the heart as well as brain. This set, superbly packaged and comprehensively documented, marks a major step forward, and deserves investigating by anyone keen to appreciate something of the music's quiet, calm essence in an often strident, dislocated century. --Richard Whitehouse

ブーレーズ
Complete Works, Opus 1-31



中古価格 ¥ 1,600 残り4個

発売元:Sbme Import  発売日:1991-02-26
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ヴェーベルンの全集 評価
ヴェーベルンの作品番号付きの曲を全曲収録した全集。
「弦楽四重奏のための5楽章」、「大管弦楽のための6つの小品」、「管弦楽のための5つの小品」、「弦楽三重奏曲」、「弦楽四重奏曲」、「カンタータ」第1番、第2番他。
12音技法と音列主義の厳格な適用。
極度に純化され圧縮された簡潔な音楽。
指揮はピエール・ブーレーズ。
演奏はジュリアード四重奏団とロンドン交響楽団。
J.S.バッハの「6声のリチェルカーレ」(「音楽の捧げ物」より。
ヴェーベルン編曲)とシューベルトの「ドイツ舞曲」(ヴェーベルン編曲・指揮)も収録

Amazonレビューのレビュー
This collection presents all Webern's works with opus numbers in chronological order, allowing listeners to scrutinize the inner workings of this influential composer's intense, compressed style from the lush Passacaglia to the starkness of his late vocal works. A broadcast recording of Webern conducting a group of Schubert Dances makes a lively bonus. --Jed Distler



ブーレーズ
バルトーク:ピアノ協奏曲全集

新品価格 ¥ 1,796 (定価の2%引き)

中古価格 ¥ 3,929 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-12-20
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
どこかで聴いたクラシック~ベルリン・フィル・ベスト101

新品価格 ¥ 2,722 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 2,145 (定価の29%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-06-17
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ピエール・ブーレーズ/エラート録音全集(14CD)

新品価格 ¥ 5,020



発売元:WARNER ERATO  発売日:2015-03-06
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
シェーンベルク:ヴァイオリン協奏曲&ピアノ協奏曲

新品価格 ¥ 972 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 850 (定価の21%引き) 残り7個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-08-17
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
シェーンベルク後期の精緻な筆致による二つの傑作協奏曲をブーレーズが指揮。
12音階と後期ロマン派が融合したシェーンベルクの作曲技法すべてが詰め込まれています。
奇才P・ゼルキンとのピアノ協奏曲の価値は不滅。
■録音:1984年&85年[デジタル録音]ピエール・アモイヤル(ヴァイオリン)/ピーター・ゼルキン(ピアノ)ロンドン交響楽団指揮:ピエール・ブーレーズ

ブーレーズ
ストラヴィンスキー:春の祭典/ドビュッシー:海/ブーレーズ:ノタシオン第7番

新品価格 ¥ 1,080

中古価格 ¥ 199 (定価の81%引き) 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-07-20
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
バレンボイムが、手兵シカゴ交響楽団の圧倒的なアンサンブルを駆使した迫真の演奏です。
「ノタシオン第7番」の同シリーズの第1~4番はバレンボイムにより初演され、第5~7番はシカゴ響により委嘱されたものです。
■録音: 2000年[デジタル録音]シカゴ交響楽団指揮:ダニエル・バレンボイム

ブーレーズ
パッヘルベルのカノン~バロック名曲集

新品価格 ¥ 1,555 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 980 (定価の41%引き) 残り6個

発売元:SMJ(SME)(M)  発売日:2008-11-19
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
耳にも心にも優しい音楽 評価
どこかで耳にした事のある、有名なバロックの曲ばかりを集めた名曲集。
聴いていると静かでゆったりした気持ちになれるような選曲です。
演奏の質も良く、耳にも心にも優しい。
リラックスしたい時のBGMとしてもおすすめです。

ブーレーズ
ボレロ~フランス管弦楽名曲集

新品価格 ¥ 1,300 (定価の22%引き)

中古価格 ¥ 779 (定価の53%引き) 残り6個

発売元:SMJ(SME)(M)  発売日:2008-11-19
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
メシアン:管弦楽曲、室内楽曲集



中古価格 ¥ 10,000 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2008-07-23
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ラヴェル:作品集

新品価格 ¥ 1,213 (定価の21%引き)

中古価格 ¥ 690 (定価の55%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-03-23
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラベルをクラシックとは呼びたくない 評価
『のだめ』を読んで、どうしてもラベルが聴きたくて、これを買いました。
とてもいい買い物でした。
ラベルっていわばオールタナティブなクラシックとでも呼ぶべきではないでしょうか。
とてもポップな部分があって親しみやすいです。
演奏もすばらしい。
どの曲も最高です。
とくにアルゲリッチのピアノがすばらしい。
彼女のファンにもなりました。

亡き王女のためのパヴァーヌ(舞踊) 評価
正直に言えば、普段クラシックはあまり聴かないのですが、 ゆったりとした、どこか物悲しい旋律が耳から離れません 他の曲も良い曲ですし、どのアルバムにしようか迷っているなら ぜひ『ラヴェル:作品集』を候補に!

クールな熱狂 評価
■ラヴェルで最も有名な「ボレロ」はカラヤン指揮ベルリン・フィルの1965年頃の演奏で。
カラヤンならではの対旋律の浮沈等興味深いが、サウンドがドイツ的重厚な華美に傾きがち。
最後の「初めての転調の驚き」や「輝かしいクライマックスからの崩壊としてのエンディング」も、予定調和的で驚きがない。
もっと冷徹でめくるめくしなやかさが欲しい。
■その点最高なのが次のピエール・ブーレーズ指揮ベルリン・フィルの新録音。
作曲者自身の言う「渦巻く雲の切れ目から、円舞曲を踊る人々の何組かがきらめいて見える。
雲は次第に晴れ、広大なホールの中で、円舞曲を踊り旋回する人々と群集にの姿がはっきりと見えてくる。

ブーレーズ
ヴェーベルン:オーケストラのための5つの小品



中古価格 ¥ 1,388 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ピエール・ブーレーズ

新品価格 ¥ 2,900



発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2001-10-27
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ラヴェル:ボレロ / ラ・ヴァルス / ピアノ協奏曲 / ツィガーヌ



中古価格 ¥ 1,980 (定価の3%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-11-22
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ボレロもブーレーズで聞きたかったな 評価
最初のボレロはカラヤン指揮ベルリン・フィルの演奏。
ドイツ系の立派な演奏だが、最終部のハ長調からの展開部分の「雰囲気の一変」がうまく行っていない。
その点スリリングなのがブーレーズ指揮クリーブランドの「ラ・ヴァルス」だ。
背中がぞくぞくします。
アルゲリッチの名演に文句のつけようはないし、室内楽もセンスに富んでいる。

一聴の価値あり 評価
先日の「北の国から-遺言-」で「亡き王女のためのパヴァーヌ」が流れていました。
美しく優しく、且つ荘厳なイメージがドラマにぴったりでした。
先日の朝日新聞のbe(土曜版)では壇ふみさんがこの曲を紹介していました。
ネットで検索しているうちに、ここにたどりつき、購入しました。
2枚組で「ボレロ」や「ダフニスとクロエ」なども入っていてこの値段はとてもお得です。

ブーレーズ
ストラヴィンスキー:作品集



中古価格 ¥ 150

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-11-22
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
良い 評価
とても良い。
素晴らしい演奏だと思う。

Le Sacre du printemps 評価
突発的に「春の祭典」を聴きたくなったので軽い気持ちで探しに行ってみると、カラヤン・マルケヴィッチ・デュトワというすごい指揮者が揃っているこのCDを見つけてしまった。
カラヤン指揮する「春の祭典」はロシアの山猿まるだしのはげしさそして泥泥しさ、ややもすれば性的興奮まで喚起してしまうすさまじさだ(もっとも僕は、この曲に関して言えばマルケヴィッチ指揮のほうが好みである)。
ところで「春の祭典」のパリ初演では、こんなもの音楽ではないとさんざん批判されたという。
しかし現在ではこのとおり受け入れられている。
これは時代の流れなのか、人間の批判能力など所詮排他的なだけなのか?

ブーレーズ
浄夜



中古価格 ¥ 4,500 残り2個

発売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント  発売日:1994-10-05
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ウェーベルン全集 / ピエール・ブーレーズ



中古価格 ¥ 1,998 残り1個

発売元:CBSソニー  発売日:1989
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ブーレーズ
管弦楽作品集、『青ひげ公の城』全曲 ブーレーズ&ニューヨーク・フィル、BBC響、ニムスゲルン、トロヤノス(4CD)

新品価格 ¥ 1,909

中古価格 ¥ 1,380 残り3個

発売元:Sony Classical *cl*  発売日:2014-02-24
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ラヴェル:管弦楽曲集&歌曲集

新品価格 ¥ 4,320

中古価格 ¥ 2,569 (定価の40%引き) 残り9個

発売元:SMJ  発売日:2012-11-21
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
素晴らしい作品集 評価
ブーレーズは、私が大学に入った頃矢継ぎ早に素晴らしいレコーディングを放ち、一作一作が注目された。
生命力、色彩感に溢れた作品は、駄作など無い素晴らしさであった。
当時1番驚いたのは、バースタインが去った直後のニューヨークフィルとの録音である。
バースタインが指揮したレコーディングとは、全く別次元のオーケストラに大変身していた。
3流オーケストラから、一流オーケストラにだ。
ブーレーズ氏はオーケストラを育てて纏め上げる能力を備えていた。
ドビュッシー、ラベル、ストラビンスキー、バルトーク、全て非凡なる出来栄えです。
また同時にこれらの作曲家の名指揮者・名オーケストラの組み合わせによるレコーディングが意外と少なく、ブーレーズ氏のレコーディングは今持って最高レベルの出来栄えです。

ブーレーズ
ドビュッシー:管弦楽曲集

新品価格 ¥ 1,750 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,420 (定価の26%引き)

発売元:SMJ  発売日:2012-11-21
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ブーレーズ:作品集 (Boulez: Pli selon pli, Le visage nuptial, Notations, Sonatine, Sonate)



中古価格 ¥ 2,498 残り6個

発売元:Erato  発売日:2008-01-01
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ラヴェル:作品集(SACD)

新品価格 ¥ 6,248



発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2003-07-02
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
管と弦の<完全融合>の愉悦感 評価
ブーレーズの名盤(1974年の録音)。
ただし、ベルリン・フィル盤ありこれは旧録音である。
ラヴェルの音楽は、誇り高き本場フランスのオケで・・・といった先入主も(一部には)あるが、早くから米国などで受容された事実が示すように、本来、現代性、コスモポリタン性に富む。
しかし、管弦楽曲に関する限り、超一流のオケであることは必須要件だろう。
本盤のニューヨーク・フィルはその点では申し分のない技量である。
また、ラヴェルの魅力は、管と弦の<完全融合>のえもいわれぬ<愉悦感>にあると思うが、ブーレーズは実にブレンダー能力の高いシェフである。

若きブーレーズ 評価
90年代にBPO等と録音したラヴェルとは随分感じが違いますが、やはり名曲の名演であることには違いありません。
そして、マルチ・チャンネルになっていることにより、大オーケストラの個々のパートが聞き分けられるような気さえします。
どういう処理をしているのか分かりませんが、金管楽器の一部が後ろから聞こえたり、楽しめます。

ブーレーズ
クセナキス:作品集



中古価格 ¥ 670 (定価の58%引き) 残り8個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2003-02-19
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ先生はクセナキスが嫌い? 評価
ふと思ったのですがブーレーズ先生はクセナキスの作品が嫌いなのではないでしょうか。
このアルバムのなかで終始クセナキスの超個性的作品とブーレーズ先生の完璧主義が浸透したアンサンブル・アンテルコンタンポラン(E.I)がぶつかり合って異様な緊張感が漂ってます。
この緊張感はブーレズ先生がE.Iの監督を辞任されてから別の指揮者とE.Iが録音したクセナキス作品集では感じません。
しかし、この異様な緊張感がかえって作品の魅力を引き立てているのも否定できない事実です。
好き嫌いが分かれる録音でしょうが私は大好きな録音です。

難しいです! 評価
20世紀のクラシック音楽家最大の鬼才、クセナキスのオーケストラ作品集。
クセナキスは数字理論や統計学を以て、これまでの作曲家とは全く異なるアプローチで曲を作っていった人。
その作風はピアノ曲や打楽器曲だとよく伝わってくるんだけど、オーケストラになると難しすぎて、僕にはよく分からない!ってのが正直な感想。
譜面を見れば、違う感慨も抱けるのだろうか。
ただ聴いたことのないような凄い音響であることは確か。
感性がぴたりとはまれば、どっぷりシンクロできるかもしれない。
僕がこのCDで気に入ったのは4曲目の“ノモスアルファ“という曲。

ブーレーズ
ドビュッシー:練習曲集



中古価格 ¥ 1,260 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-10-09
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ブーレーズ / ボレロ ~ラヴェル作品集



中古価格 ¥ 300

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ボレロは実はバレエ音楽 評価
1993年3月ベルリンで録音。
ブーレーズとベルリン・フィルの組み合わせの最初の作品である。
モーリス・ラヴェルは全部で5曲のバレエ音楽を残していて、本作の『マ・メール・ロア』と『ボレロ』がその内の2つということになる。
『ボレロ』が元々バレエ音楽だったと言うことを聴くとビックリする人も多いのではないだろうか。
スペイン風のバレエ音楽を希望したイダ・ルビンシテイン夫人の依頼で作曲されたのが『ボレロ』なのだ。
このユニークな曲にどんなバレエの振り付けが付いたかは僕は知らないが、今やシンクロにしてもフィギュア・スケートにしても引っ張りだこのこの曲であればどんな振り付けにも合うのかも知れない。

リズム感の良いブーレーズにうってつけの作品集 評価
ブーレーズのラヴェル録音はCBSに続き、2度目である。
CBS時代の若いブーレーズには、演奏に少し尖った所があり、それは、一面では魅力であったが、齢を重ねて、円熟した彼には、少し丸みが付き、万人に受け入れられる様になってきた。
昔からのファンにとっては、少し毒気が抜け、物足りないという感想になるかもしれないが、今回の録音は、よりスタンダードな演奏といって良い。
といって、ありきたりな演奏では、決して無くブーレーズはリズム感が良く、ラヴェルの作品にうってつけ。
夢のようなマメールロアや、有名なボレロほど、他の追随を許さない。

ブーレーズ
ブーレーズ / シュル・アンシーズ(1996-1998)



中古価格 ¥ 3,580 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-10-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
スル・オンシースとMessagesquisseの鋭い演奏 評価
スル・オンシース(SUR INCISES)の演奏は明らかに躍動感があり、ピアノとマリンバ(ヴィブラフォン?)の超絶技巧的な演奏が鋭く咬みあい、ハープも交えた絶妙のアンサンブルを魅せる。
これはとても良い演奏。
2曲目の Messagesquisse(なんと発音するのか分からない)のチェロアンサンブルも非常に素晴らしいハーモニーを作り上げ、鮮明な演奏で、この楽曲の完成度の高さ、精巧さを理解でき、曲の素晴らしさが発見できる演奏になっている。
最後のアンテム2(ANTHEMES 2)は、バイオリンとそれに事象的に付随するエレクトロニックスの音とのアンサンブル曲なのだが、どうもエレクトロニックスの音がバイオリンの音色(特に柔軟性の無い音程)と合っておらず、エレクトロニックスに無理やり音色を決め付けられてしまっているような感じが否めない。

ブーレーズ
ラヴェル:管弦楽曲集

新品価格 ¥ 3,258

中古価格 ¥ 3,000 残り1個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:2000-07-05
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェルにはブレーズのような分析力のある指揮者が最適 評価
ブレーズはCBSでかなりラヴェルの録音を残している。
代表的なものはニューヨークフィルとクリーヴランド管弦楽団によるもので、これらにドビュッシーの代表作を加えた4枚セットも以前はあった。
ブレーズはもともと作曲家で、眼光紙背に通る分析力でフランス音楽に不可欠な各声部の明晰性をオケでも実現している。
個別的に見ると、ニューヨークフィルとの相性はあまりよくないようで、アインザッツがたがたのボレロなんかは聴いていて痛々しい。
トロンボーンは特に犯罪的。
またダフニスについても、ニューヨークフィルは上手いけれども色気というか音色の魅力がない。

ブーレーズ
ウィーンの新風 / ヴェーベルン作品集



中古価格 ¥ 2,049 残り2個

発売元:ポリドール  発売日:1999-12-22
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ワーグナー:管弦楽曲集



中古価格 ¥ 850 残り5個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1995-04-21
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ブレーズ:ラヴェル管弦楽曲集



中古価格 ¥ 1,250 残り4個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1991-03-21
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


交響曲
ブーレーズ
マーラー:歌曲集

新品価格 ¥ 1,533 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 3,547 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-09-17
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
マーラー:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,100 (定価の36%引き)

中古価格 ¥ 1,150 (定価の33%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-09-17
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲、管弦楽のための映像、交響組曲<春>

新品価格 ¥ 1,132 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 590 (定価の54%引き) 残り1個

発売元:インディペンデントレーベル  発売日:2014-08-03
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ベルリオーズ:幻想交響曲&レリオ

新品価格 ¥ 1,750 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,188 (定価の38%引き) 残り8個

発売元:SMJ  発売日:2013-11-20
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
マーラー:交響曲第2番

新品価格 ¥ 1,490 (定価の19%引き)

中古価格 ¥ 799 (定価の56%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-05-11
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
理知的な「復活」 評価
聴いた印象は「悲劇的」のレビューで書いたものとさほど変わらない。
徹底的に整理整頓され、理知の光で全てを照射したかのような、明快な演奏。
音質も抜群である。
ただ、曲の内容からすると、やや淡白な感がなくもない。
剛直で峻厳なクレンペラー盤、濃厚でホットなバーンスタイン盤という超名盤があるだけに余計にそう感じるのだろうか?一聴の価値は十分にある。

ブーレーズ
海~クラシック名曲集 [特販専用(流通限定商品)]



中古価格 ¥ 1,000 残り1個

発売元:(株)ソニー・ミュージックダイレクト(CDクラブ)  発売日:2009-08-01
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
マーラー:交響曲第3番



中古価格 ¥ 1,200

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-12-18
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
最速の第3番 評価
2001年2月ウィーンで録音。
僕の記憶ではウィーン・フィルと組んでこのマーラーの第3番を振った指揮者はブーレーズで3人目である。
あとの二人はクラウディオ・アバドとロリン・マゼール。
この3つの演奏を時間で比較してみると以下のようになる。
アバド1980年9月19・26日録音34:17→9:29→16:57→10:43→4:30→26:38マゼール1985年4月18・19日録音36:52→11:42→18:19→9:21→4:20→29:51ブーレーズ2001年2月録音 33:34→9:27→16:38→9:17→4:05→22:226楽章全てにおいてブーレーズの演奏が最も速いということが分かる。

明晰で名人芸だけではない、「音楽への感謝」を伴う大名盤★★★★★ 評価
計画停電のため、夜闇が押し寄せ仕事が続行できないため、お気に入りの本盤をパソコンで聴いています。
1楽章、パソコンのためいつものデノンDCD1650-SRのダイナミックな音ではないですが、いつになく、宿命に向かうような遅いテンポで進んでいくように聴こえます。
ウィーンの金管はいつものふくよかな響きよりも、強靭で力強い。

ブーレーズ
ベートーヴェン : 交響曲第5番 「運命」他

新品価格 ¥ 13,225

中古価格 ¥ 1,800 (定価の30%引き) 残り2個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:2000-03-23
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
「運命」の運命を変える「運命」 評価
レビューのタイトルは、LP発売当時のキャッチコピーです。
ブーレーズのベートーヴェン録音はこれが最初で最後かも)。
あのクレンペラーの録音よりもゆっくりとした主題の演奏、全ての繰り返しの実施など、当時としては、画期的な録音であったが、あまりにも特異な演奏のため、当時のマスメディアは反発していた。
現在聴くと、さすがブーレーズ、してやったり!という感想を抱く。
ベートーヴェンの「運命」を一通り聴くなら外せない1枚。
これを聴かずに「運命」を語る事は出来ない。

レビュー 評価
1970年代にレコードで発売されたが、その後廃盤になったため、国内盤限定でCD化されたものである。
今更このような周知の作品についてとやかく言ことは、それだけで難儀なことではあるが、このCDに収められた演奏は、全く新しい(または異質な)アプローチでなされたものであり、演奏の良し悪しは別としても、少なくとも「運命」を知る多数のものにおいて意義深いものであるといえよう。
特に、テンポの緩やかさ及びリピート(とりわけ第三楽章において)の特異さ、管弦楽の見通しの良さなどは、この演奏当時の他の名演(カラヤン、クレンペラー、フルトヴェングラー等)と呼ばれるものと比べると、著しい差異を感じるものである。

ブーレーズ
ベルリオーズ:幻想交響曲

新品価格 ¥ 1,350 (定価の48%引き)

中古価格 ¥ 540 (定価の79%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1997-04-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
マーラー:交響曲第7番

新品価格 ¥ 9,450

中古価格 ¥ 1,000 (定価の61%引き) 残り3個

発売元:ポリドール  発売日:1996-03-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ごく一部分にだけ聴こえてくる叙情的なフレーズにだけ酔いしれて、あとはあっけにとられるようなそっけない演奏 評価
ブーレーズ先生のマーラーは不思議と熱い、と5番の終楽章を聴いて思い、また5番や3, 6番の緩徐楽章を聴いてうなり、またシカゴでの9, 1番は実にパワフルでかつ精緻やと思います。
ブーレーズ先生のチクルスのせいか、バーンスタインの3度に亘るマーラー全集(そのうち一回はウィーンでの映像付きのもの)もかなり値落ちしました。
精緻でパワフル、かつ特にウィーンでは抑制した叙情というんですか、抑えた叙情が却って聴き手の心の琴線を掻き立てるんですが、ここがマーラー作品の多面性なんでしょうか、夜の舞踏やざわめきからクライマックスを迎えるこの7番では、ロマン派からウィーン学派へ移行するマーラーを多分後者の方に寄せて解釈されはっとるんでしょうか、わてには感動が沸きません。

ブーレーズ
マーラー : 交響曲第6番イ短調 「悲劇的」



中古価格 ¥ 236

発売元:ポリドール  発売日:1995-03-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ウィーンフィルでないと出せん音ですわな 評価
ウィーンフィルはマーラーゆかりのオーケストラやのに、マーラー録音は取り立てて多くない気がいたします。
ウィーンフィルだけで全集録音になって居るのは、マゼール盤だけではないやろか。
ウィーンフィル・ファンのわてにとっては、本盤は堪えられない一枚。
やはり純音楽的で、交響的ながら、ちょっと人工的な感じもするマゼールとのウィーンフィルと較べて、本盤ではアルマの主題は実に郷愁を誘うし、終楽章のカウベルの前にも、ノスタルジー一杯のウィーンフィル・サウンドが聴かれますがな。

ブーレーズに対する先入観なしで聴けば。 評価
私にとってブーレーズの初ディスクが本CDでした。
それまでは、巷におけるブーレーズの評価を気にして「食わず嫌い」をしていたのですが、1枚組ということもあって購入してみました。
それでビックリ。
「お、立派なマーラーの音楽だよこれ!」第一楽章冒頭は、バーンスタインよりも遅く始まり、意外にも濃厚な音響空間が広がります。

ブーレーズ
BOULEZ CONDUCTS WAGNER ワーグナー管弦楽名曲集 [12" Analog LP Record]



中古価格 ¥ 1,150 残り2個

発売元:CBS/SONY  発売日:1981
  

発売元のレビュー
世界クラシック音楽体系 ベスト・クラシック100 Vol.48 【収録曲】 ★SIDE 1★ 1. Meistersinger Prelude 2. Tannhauser Overture ★SIDE 2★ 1. Faust Overture 2. Tristan Und Isolde Prelude And Love-Death

ブーレーズ
BOULEZ CONDUCTS RAVEL ラヴェル管弦楽名曲集 [12" Analog LP Record]



中古価格 ¥ 1,150 残り2個

発売元:CBS/SONY  発売日:1981
  

発売元のレビュー
世界クラシック音楽体系 ベスト・クラシック100 Vol.55 【収録曲】 ★SIDE 1★ 1. Daphnis Et Chloé Suite No. 2 2. Pavane For A Dead Princess ★SIDE 2★ 1. Rapsodie Espagnole 2. Alborada Del Gracioso



オペラ
ブーレーズ
ラヴェル:ボレロ、スペイン狂詩曲、バレエ「マ・メール・ロワ」、海原の小舟、道化師の朝の歌

新品価格 ¥ 3,900

中古価格 ¥ 1,180 (定価の31%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2013-11-13
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
マーラー:カンタータ「嘆きの歌」/ベルク:ルル 組曲

新品価格 ¥ 2,650 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 2,399 (定価の16%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-04-17
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
マーラー:子供の不思議な角笛、交響曲第10番からアダージョ

新品価格 ¥ 9,644

中古価格 ¥ 1,979 (定価の35%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2010-09-22
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
マーラー:交響曲第8番 千人の交響曲

新品価格 ¥ 5,059

中古価格 ¥ 1,343 (定価の56%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-10-24
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
絶妙なバランスで構築された大聖堂を思わせる名演 評価
俗物的な見世物の感が強い8番をこれだけ冷静に構築したブーレーズの手腕にまずは拍手。
決して音楽に耽溺しない比類ないコントロールでまとめられた演奏に関しては否定する諸兄もおられようが小生は大いに評価したい。
エネルギッシュで音楽と一体になってむせび泣くバーンスタインや、機械的正確さで淡々と進められるクーベリックにはない「感情のバランス」がブレーズにはある。
そして、それはその表現の透明性、すなわち場面場面での音の響かせ方が明確であるという事からも良くわかる。
バーンスタインに代表される耽溺・崩壊型マーラーを好む人には全く向かない演奏だが、そういう人にこそ実は聴いて欲しい名演。

現在最高の「第8」 評価
ついに来たという演奏。
今まで約25年間この曲を聴き続けてきたが、これほど鮮明でバランスのとれた演奏は初めてである。
確かに最近はいくつかの素晴らしい演奏もあり、アバド、デイヴィス、シャイー盤など優れたものもたくさんあるが、テンポや音質、音量のバランスなど、どこか今ひとつ完璧ではない。
この録音に先立ちフェスティバルでの演奏を聴いたが、セッション録音では第一部のテンポも落ち着き、熱気も消え失せた分、絶妙のバランスと透明感が表れた。
「千人の交響曲」の決定版であると同時に、完成版としても強く推薦する。

ブーレーズ
マーラー:さすらう若人の歌



中古価格 ¥ 6,228 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-02-23
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
80才になるブーレーズのマーラーチクルスもあと少し! 評価
DGへのマーラー録音も残すところ第2番と第8番、そして第10番はどのヴァージョンにするのだろう?という予想を覆し、マーラーの交響曲とは切り離せない歌曲集の登場となった。
そう、さすらう若人の歌は第1番のモチーフであった。
と言う事は「不思議な角笛」も録音するのだろうか?おっと、話がそれたが、このCDは、さすらう若人の歌を除き、女性歌手に歌わせている。
バーンスタインは、バリトンのトーマス・ハンプソンでこの3つの歌曲を歌わせているのと対称的である。
何よりもリュッケルトによる5つの歌曲では、バーンスタイン盤では、第5曲「私はこの世にとって無いようなもの」を最後に、しかもCDの最後にもって来ており、いつも語られるマーラーの「死」の意識を強調しているのに対して、ブーレーズは第4曲「真夜中に」を最後に置き、「死」の後に神への祈りで締めくくり、「光」が差し込むような曲の配置をしている。

ブーレーズ
Romeo Et Juliet / Les Nuits D'Ete



中古価格 ¥ 2,592 残り5個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2003-10-14
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ラヴェル:歌曲集〈シェエラザード〉



中古価格 ¥ 888 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
なんだこの音響はせっかくだから聴くぜ 評価
わたしにはブーレーズ自身の曲にもアンニュイなグルーヴみたいなものが感じられて、そんなものなんて一種の人種差別的な見方なのかも知れないけれどそんなブーレーズが大好きなのです。
浮遊するようなソプラノ、霧がかかったような音響(狙ってるのかな?)、無粋にたとえるならば「エレクトロニカのために作られたエレクトロニカ」には感じられない何かをフランス近代を代表するこの二名の作曲家による作品から引き出した名演奏だとぉもぃます。

緻密で美しい、愛された曲たち 評価
まず最初にフォン・オッターを独唱者に迎えた歌曲「シェエラザード」が収録されているが、この演奏の出来はすこぶる良い。
オッターのささやくようでいて力強い歌唱は聴いていてとてもリラックスできる。
オーケストラの響きも、郷愁を誘うようで素晴らしい。
「クープランの墓」も、ニューヨーク・フィルとの旧録音とは性格が異なるが、ノスタルジックでありながら、管楽器が美しく響く演奏だ。
「亡き王女のためのパヴァーヌ」は、何か狙いがあるのか、とても遠くから音が聴こえてくる。
それはそれで曲と合ってはいるのだが、少し弱々しいだろうか。
後半はドビュッシーの「神聖な舞曲と世俗的な舞曲」そして管弦楽付きの歌曲が入っている。

ブーレーズ
シェーンベルク:グレの歌



中古価格 ¥ 1,080 残り2個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:2001-07-18
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
楷書の芸 評価
今やヴェテランとして円熟味を増したブーレーズだが、1970年代後期の壮年期の録音である。
きわめてアグレッシブな演奏だが、決して情に溺れようとせず、音符の一つ一つを大事にする。
古代ギリシャ彫刻の如き、端正のとれた楷書のような感を受ける。
ソリストも粒ぞろいで、ヴァルデマール王のマックラッケンとトウーベのジョーンズの相聞歌のコントラストの絶妙さ、ミントンの「山鳩の歌」のドラマチックさなど聴きどころ満載だが、圧巻は、G・ライヒによる語りだろう。
声の質と言い、表現力と言い、貫録というか、まさに「真打登場」と言うべきだろう。
これが、最後の「仰げ!太陽を!」の混成八部合唱の壮麗さにつながるのだから、何をかいわんやである。

ブーレーズ
シェーンベルク:セレナーデ、5つの管弦楽曲、ナポレオンへの頌歌

新品価格 ¥ 1,990 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 798 (定価の63%引き) 残り5個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:2001-07-18
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シェーンベルク Op.16 評価
シェーンベルクの管弦楽のOp.16は、なかなか、街のCD屋で見つけられず、やっとアマゾンで手にしたので、ご機嫌だ。
音質もよく、作品も演奏も素晴らしい。

ブーレーズ
ベルク:ルル 3幕版全曲



中古価格 ¥ 10,350 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-08-23
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ストラータスの独特な声質に注目(耳?) 評価
ルル役をうたっているストラータスは、声質としては低めのメゾソプラノに近く、高域をうたう箇所では多少無理をしているようだ。
ベルクが「うたえないときはこっちを選択してネ!」と楽譜にわざわざ別指定した、<簡単バージョン>の方を採用している箇所がちらほらあったりする。
(特に、聴かせどころのはずの第2幕幕切れのあたりは、気になるかも)近年の『ルル』演奏では、めったにないことなので、逆の意味で珍しい音源だ。
他盤と聴き比べてみると面白い。
ストラータスの魅力は、「うた」と「地の声」との声質のギャップにある。
『ルル』は登場人物の感情の高ぶりや、ドラマの進展によって、「語り」からラップのような「うたうような語り」、「語るようなうた」、「うた」の間をモーフィングするように、意図的に作曲されている。

ブーレーズ
シェーンベルク:月に憑かれたピエロ、心のしげみ、ナポレオン・ボナパルトへの頌歌



中古価格 ¥ 1,750 残り5個

発売元:ポリドール  発売日:1998-10-01
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」 評価
シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」は、語り(「シュプレッヒシュティンメ」と呼ばれる、語りと歌の中間のような唱法の女声)、ピアノ、フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロのために書かれた、不気味で病的な声楽曲。
無調をベースにした表現主義音楽の傑作。
ピエール・ブーレーズ指揮、メンバー・オブ・アンサンブル・アンテルコンタンポラン演奏。
ブーレーズ3度目の録音。
ソプラノ/朗読はクリスティーネ・シェーファー

ブーレーズ
ブーレーズ・スペシャル・サンプラー

新品価格 ¥ 2,780

中古価格 ¥ 290 (定価の76%引き) 残り5個

発売元:ポリドール  発売日:1995-03-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ベルク:ルル



中古価格 ¥ 2,970 残り1個

発売元:ポリドール  発売日:1993-01-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ピアノ、ヴァイオリン
ブーレーズ
スクリャービン / 交響曲 第4番 作品54「法悦の詩」



中古価格 ¥ 1,133

発売元:ポリドール  発売日:2015-12-22
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
初めての方にお薦めするスクリャービン 評価
スクリャービンの作風は、初期のショパンを思わせる情緒たっぷりのものから、中・後期の、色をも表すという前衛的なものへと劇的に変化していった。
この中では2つの交響曲が中・後期、ピアノ協奏曲が初期のものに分類されると言って差し支えないだろう。
私が注目したのは、ウゴルウスキのソロによるピアノ協奏曲だった。
ウゴルスキというピアニスト自体、あまり知られていないかもしれない。
彼はソ連体制下でその活動を抑制されていたため、その名を知られる機会がしばらくなかったというわけなのだ。
しかし、その端正な瑞々しい音色、理性的な旋律の歌わせ方が私は特に気にいっている。

美しいウゴルスキのスクリャービン 評価
わたしはピアノ協奏曲が聴きたくてこのCDを買ったのですが、ウゴルスキの美しいピアノの音色が、スクリャービンの青年時代の心情の吐露のように聴こえ、非常に美しい仕上がりになっているのに驚きました。
ブーレーズの明快な指揮ぶりは健在ですが、決してそれが嫌味にはなっていません。
しっかりとしたバッグに支えられ、ウゴルスキのピアノが繰り広げ、非常に満足できました。

ブーレーズ
ブーレーズ:ピアノ・ソナタ第2番/ベルク:ピアノ・ソナタ第1番

新品価格 ¥ 3,854



発売元:(unknown)  発売日:2014-06-04
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番&第2番/ヴィオラ協奏曲



中古価格 ¥ 1,188 残り3個

発売元:ユニバーサルミュージック  発売日:2012-09-19
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
二十歳過ぎたら・・ 評価
ユダヤなのに反ユダヤ的言動という偏見は別として、バルトークと関係深かったのもわかるが、どうも線が細くて、もっと自分に合う演奏があるはずだと思ってしまう。
無伴奏など特に種類が少なく比較しづらいのだが、自分の好むバルトークではない。
ただ聴きたい曲がセットになっているのは便利。

ブーレーズ
Szymanowski: Symphony No.3 "Song of the Night", Violin Concerto No.1

新品価格 ¥ 1,649

中古価格 ¥ 1,683 残り2個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2012-01-24
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
シマノフスキ:交響曲第3番/ヴァイオリン協奏曲第1番

新品価格 ¥ 13,550

中古価格 ¥ 13,541 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2010-10-20
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
演奏、収録内容のみだったら文句なしの☆5つなのですが・・ 評価
カロル・シマノフスキ(Karol Szymanowski 1882 - 1937)はポーランドを代表する作曲家である。
音楽史の観点からポーランドという国をみると、なんといってもまず、偉人ショパンがいて、その後、クラク、ヴィエニアフスキ、タウジヒ、シャルヴェンカ、モシュコフスキ、ストヨフスキ、メルツェルといった人たちの名前が連なるのだけど、概ねロマン派のピアノやヴァイオリンといった器楽を中心に作曲活動を行っていた人で(それを考えるとショパンもそのカテゴリに入る)、シマノフスキのように大きく体系化して質の高い作品群を残した作曲家はいないと言っていい。
また、シマノフスキは、自身の音楽を変化させることで、ポーランドの音楽を進展・発展させた人とも言え、その功績はポーランドのみならず、音楽史全般においても重要と言ってさしつかえない。

ブーレーズ
ブーレーズ:ピアノソナタ第1番&第2番&第3番

新品価格 ¥ 3,146

中古価格 ¥ 2,480 (定価の21%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-02-23
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
結晶体の音楽 評価
素晴らしく洗練されたピアノソナタ集である。
第2ソナタの迫力だけならポリーニに軍配が上がるが、曲全体の結晶のような美しさを聴くなら、ユンパネンの方が研ぎ澄まされていると思う。

ブーレーズ
バルトーク:ピアノ協奏曲第1番&第2番&第3番



中古価格 ¥ 1,200

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-02-23
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バルトークな70分 評価
彼はティンパニとバスドラム(大太鼓)がとっても好きなんだなってわかる、とてもとてもバルトークな曲ですね。
1番も2番もすごいんだなあ(ごめんなさい、分析的な言い方はするつもりはないので)。
1番のシカゴ、2番のベルリン、いやあとってもすごい。
3番は異質だし、おまけと思った方がいい。
しかし、圧巻なのは2番の3楽章。
曲自体も演奏もバーバリアンな作りで、まるでアルカポネが行進しているよう。
それにしても、ベルリンのものすごいアンサンブル、集中力に脱帽。
奏者一人一人が独立したソリストとしての自覚と才覚がないとこんな音は生まれない。

豪華ピアニストの競演 評価
バルトークの残した3曲のピアノ協奏曲を、それぞれ現在最もベストと思われるピアニストで録音してしまった豪華盤です。
デビュー時からDG専属のツィメルマンと、DGに移籍したばかりで売り出し中のグリモーはともかく、アンスネスはEMIのピアニストであり、わざわざこの企画のために引っ張り出してきたからには何かあると思わざるを得ません。
そして、演奏内容はそれを裏付けるものになっています。
第1番はピアノを打楽器として使用した画期的な作品です。
ツィメルマンは彼らしい精緻なピアニズムで弾いていますが、全体として抑え気味のトーンになっているため少々不満が残ります。

Amazonレビューのレビュー
   生誕80年を迎えたクラシック音楽界の知の中心人物、ピエール・ブーレーズがこのたび世に問うバルトークのピアノ協奏曲全集は、第1番がツィマーマンとシカゴ響、第2番がアンスネスとベルリン・フィル、第3番がグリモーとロンドン響――ピアニストとオーケストラをすべて変えてレコーディングするという豪華な企画となった。
   第1番は、ピアノの打楽器的な用法が斬新な、めくるめくリズムの饗宴。
ツィマーマンが冒頭の低音開始からゾクゾクするような緊迫感を放ち、シカゴ響の強靭な安定感とともに、聴き手を強烈な磁力で一気に引きずりこんでいく。
ツィマーマンならではの骨太で深い打鍵がたまらない。

ブーレーズ
ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番、ヴィオラ協奏曲、無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、他 メニューイン、ドラティ指揮、他(2CD)

新品価格 ¥ 1,181



  発売日:2003-10-21
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番



中古価格 ¥ 8,262 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズのバルトーク 評価
これはシャハムの解釈を聴くというよりもブーレーズの指揮っぷりを聴く録音。
シャハムはその録音の多種多様さからも判るように、どんな曲でも嫌味なく弾きこなせるヴァイオリニストだ。
音色ももちろん十分に美しい上に、たとえば精魂込めすぎる感のある若い頃のみどりやチョンのように聴き疲れしない。
これがシャハムの美点なのだが、同時にあまりに簡単に聴こえすぎて印象に残らない演奏になっていることも多い。
これはシャハムのそうした特徴を十分に「利用した」ブーレーズの完全指揮の下に弾かれたバルトークだ。
シャハムはブーレーズの指揮によく従い、数々の超絶技巧を軽々とこなし、決して対決はしない。

ブーレーズ
ラヴェル:ピアノ協奏曲

新品価格 ¥ 5,974

中古価格 ¥ 960 (定価の50%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
素晴らしい 評価
スタンダードでオーソドックスな作品に対して常に高水準のパフォーマンスを見せてきたツィマーマンだが、このアルバムでは珍しく奇を衒ってラヴェル、またそのの中でも特段に前衛性の強い曲を扱い、しかも大成功を収めている。
怒濤のようなフォルティッシモ中にも透徹された凛々しいリズム感を決して失わないブーレーズのタクトは正確無比、エモーショナルな表情を発揮する新境地ツィマーマンとのコンビは聴いていて爽快だ。
特に「左手」に関しては叙情性だけに流されない極めて堅固な二人の解釈がそこにはあった。
録音は素晴らしい。
前の二曲がマソニック・オーディトリアムでの収録であり、独特の円形空間に放射される音の粒がキラキラと目に見えるようであり、咆哮するグランカッサの砲弾が空間へ瞬時に溶け込んで行く。

Amazonレビューのレビュー
   鋭敏、玄妙な音色が次々と繰り出される、夢幻のようなラヴェルである。
こうした曲を指揮するときのブーレーズは、完璧といいたいくらいの音色の透明感、見通しのよさがあり、どんな遠くの微細な音も彼方から輝いて見える。
まるで氷細工か宝石のように透明なオーケストラだ。
そこに逞しい太陽の光の如く降り注ぐのがツィマーマンのピアノである。
ひとつひとつの音に確信に満ちた力がこもる、この実在感がツィマーマンの魅力。
往々にして不健全とみなされがちなラヴェルの音楽が、ダイヤモンドのように淡く贅沢に輝いている。
ト長調の協奏曲では、この曲に顕著なジャズ的要素を求める向きには、もう少しスウィング感が欲しいかもしれないが、この無類の仕上がりの立派さの前には、それもないものねだりかもしれない。

ブーレーズ
ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」からの3楽章



中古価格 ¥ 299

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2001-10-24
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
これは凄い、オケ版しか知らない方は必聴 評価
もはや定盤とも言える名盤ですが・・・私はオケ版のペトルーシュカしか知りませんでしたので、この演奏を聴いた時は心底驚きました。
「ピアノとはオーケストラである」と良く言われますが、まさにその言葉通り!1種類の音色しか無いはずなのに、眼前にフルオーケストラが広がっているかのような演奏です。
ピアノはこれほどまでに多種多様な表現ができるのかと、ただただ驚くばかりでした。
元々ピアノの活躍する曲なのでなおさらなのですが・・・しかしこんな演奏を、たった2本の腕でどうやって演奏しているのかと驚くばかりです。
さすがにラスト付近のフーガ(カノン?)調の部分では、パーシャル切れしたMIDI演奏のように切れ切れになってしまいますが(^−^;それにしても凄い、凄すぎる。

LP2枚分を1CDに収録した超お買い得品! 評価
LP時代は、ストラヴィンスキーとプロコフィエフが片面ずつで1LP、そしてもう1枚はウェーベルンが前菜でブーレーズがメインディッシュとして収録されたもの。
どれも若きポリーニが超絶技巧で弾きこなしております。
ブーレーズ作品は、師匠メシアンの奥様イヴォンヌ・ロリオが弾く事ができず、悔し涙にくれたという、師匠の恩を仇で返すような若きブーレーズらしさと、いつもの冷徹さを飛び越えた迫力充分な作品。
このCDでは、ウェーベルンが最後になっていますが、ポリーニの圧倒的な熱情いっぱいのブーレーズの後、短くも美しいウェーベルンで、聴き手の気持ちを静めてくれる(ポリーニが弾くとウェーベルンも緊張感一杯ですが)という構成か?とにかくこれは、買うしかありません。

ブーレーズ
シェーンベルク :ピアノ協奏曲 作品42

新品価格 ¥ 2,620

中古価格 ¥ 499 (定価の80%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-11-22
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
新ウィーン楽派は美しく、聴いてて楽しいもの 評価
タイトルは内田の演奏を聴いて浮かんだ言葉である。
僕はシェーンベルクやヴェーベルン、ベルクを弾くのが好きだ。
聴くのも。
彼らを難解な現代音楽として捉えている人もいるが、まず彼らの使う音は厳選されていてそれぞれが輝く瞬間を与えられている。
つまり無駄がない。
確かに古典、ロマンにおける一種の歌を想像している人にすると耐えられないだろう。
弾き手も音が少なく作曲家が言いたいことが濃密に凝縮されているのでこれらを容易に弾こうと思えば骨が折れる。
しかしツボにはまると彼らの音楽は、例えばモーツァルトの音遊びみたいに何かしら視界がはっきりしてくるに違いない。

ブーレーズ
ベルク : ピアノ、ヴァイオリンと13の管楽器のための室内協奏曲



中古価格 ¥ 2,000 (定価の4%引き) 残り1個

発売元:ポリドール  発売日:1996-10-02
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルクの作品は、再録音ですが、EIC.の演奏技術が凄い! 評価
アルバン・ベルクの「室内協奏曲」は以前、CBSへも録音していましたが、IRCAM所長時代にEIC.とバレンボイム、ズーカーマンとで再録音したものです。
ベルクの作品は、ウェーベルンと比較して、ややロマン派の色を帯びています。
その点、バレンボイム等の起用は正解だったでしょう。
「スベテノヨキモノは3つ」という法則性で、音符をドイツ語読みにして、作曲された作品ですので、譜面の読める方ほど楽しめる作品です。
ストラヴィンスキーの作品は、渡米後の作品ですが、元々はLP1枚分の録音からの抜粋となっています。
JAZZのビッグバンド用に書かれた作品ですので、3大バレーや新古典主義作品とは異なるストラヴィンスキーを楽しめます。

ブーレーズ
Chamber Concerto for Piano Violin & 13 Wind Instr.

新品価格 ¥ 9,551

中古価格 ¥ 11,324 残り1個

発売元:Sony  発売日:1995-12-07
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
No doctrinaire theorist, Berg composed communicative, emotional music without compromising his technical sophistication and atonal allegiances. The Chamber Concerto has its knotty moments, but also considerable charms. Barenboim's big-hearted, romantic pianism plays off Gawriloff's tart violin, the piquant winds, and Boulez's controlled leadership. The Three Pieces is as close as Berg ever came to writing a symphony; its mix of powerful orchestral outbursts and elegant section writing are reminiscent of Berg's beloved Mahler. The Violin Concerto's ardent warmth and tender lyricism, expressing Berg's meditations on death and redemption (including a direct quote from a Bach cantata) after the untimely passing of Manon Gropius, make it irresistible. The fine performance offers an alternative view to classic older recordings by Louis Krasner and Isaac Stern. Including most of his key instrumental works, this disc is an ideal introduction to Berg's genius. --Dan Davis

ブーレーズ
ブーレーズ:ピアノ・ソナタ第1番 - 第3番



中古価格 ¥ 902 残り4個

発売元:Naxos  発売日:1995-09-24
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
Boulez conducts Ligeti: Concertos for Cello, Violin & Piano

新品価格 ¥ 2,675

中古価格 ¥ 407 残り8個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:1994-10-11
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
These are three of György Ligeti's more popular works, with the word "popular" used with some hesitation. Ligeti is about as post-modern as you can get. The works here are played quite aggressively by the Ensemble InterContemporain, but I prefer the Concerto for Piano and Orchestra on Sony 58945. I do like Boulez's take on the Concerto for Violoncello and Orchestra. It's a practically silent work, almost impossible to play--but the Ensemble InterContemporain pulls it off. The Concerto for Violin and Orchestra is also expertly played. Ligeti is an acquired taste. If Ligeti is your man, you'll want this release. --Paul Cook



PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加