ブーレーズの名曲作品集を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

ブーレーズの名曲作品集の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格




全集

ブーレーズ
ブラームス:交響曲全集

新品価格 ¥ 6,440

中古価格 ¥ 5,775 (定価の10%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-09-12
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
バルトーク:ピアノ協奏曲全集

新品価格 ¥ 1,604 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 1,541 (定価の16%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-12-20
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
どこかで聴いたクラシック~ベルリン・フィル・ベスト101

新品価格 ¥ 2,722 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,780 (定価の41%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-06-17
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
Pierre Boulez -Emotion & Analysis [DVD]

新品価格 ¥ 4,338

中古価格 ¥ 8,237 残り2個

発売元:Euroarts  発売日:2015-01-30
  

発売元のレビュー
This DVD-Box, a compilation of 10 DVDs, pays homage to Pierre Boulez in honor of his 90th birthday on the 26th of March, 2015. Not only do we celebrate a great conductor and composer but also his creativity and effort in supporting young, aspiring musicians as a teacher and mentor as well as his open and progressive approach to composition and music in general. These fantastic productions, each represent a stage in the great conductor’s life, therefore granting the viewer deep insights into the activities and growth of a musical legend. Revealing motivations, projects, opinions, and personal information through enlightening interviews. 3 documentaries and 9 concerts productions put together into one captivating Boulez-Box. Picture format DVD: NTSC 16:9 Sound format DVD: PCM Stereo, DD 5.1, DTS 5.1 Region code: 0 (worldwide) Running time: total running time 1.022 mins Subtitles: English, Deutsch, Français German FSK: 0

ブーレーズ
シェーンベルク:ヴァイオリン協奏曲&ピアノ協奏曲

新品価格 ¥ 972 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 698 (定価の35%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-08-17
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
シェーンベルク後期の精緻な筆致による二つの傑作協奏曲をブーレーズが指揮。
12音階と後期ロマン派が融合したシェーンベルクの作曲技法すべてが詰め込まれています。
奇才P・ゼルキンとのピアノ協奏曲の価値は不滅。
■録音:1984年&85年[デジタル録音]ピエール・アモイヤル(ヴァイオリン)/ピーター・ゼルキン(ピアノ)ロンドン交響楽団指揮:ピエール・ブーレーズ

ブーレーズ
ストラヴィンスキー:春の祭典/ドビュッシー:海/ブーレーズ:ノタシオン第7番

新品価格 ¥ 1,000 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 698 (定価の35%引き) 残り7個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-07-20
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
バレンボイムが、手兵シカゴ交響楽団の圧倒的なアンサンブルを駆使した迫真の演奏です。
「ノタシオン第7番」の同シリーズの第1~4番はバレンボイムにより初演され、第5~7番はシカゴ響により委嘱されたものです。
■録音: 2000年[デジタル録音]シカゴ交響楽団指揮:ダニエル・バレンボイム

ブーレーズ
パッヘルベルのカノン~バロック名曲集

新品価格 ¥ 1,555 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 1,046 (定価の37%引き)

発売元:SMJ(SME)(M)  発売日:2008-11-19
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
耳にも心にも優しい音楽 評価
どこかで耳にした事のある、有名なバロックの曲ばかりを集めた名曲集。
聴いていると静かでゆったりした気持ちになれるような選曲です。
演奏の質も良く、耳にも心にも優しい。
リラックスしたい時のBGMとしてもおすすめです。

ブーレーズ
ボレロ~フランス管弦楽名曲集

新品価格 ¥ 1,300

中古価格 ¥ 680 残り7個

発売元:SMJ(SME)(M)  発売日:2008-11-19
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ラヴェル:作品集

新品価格 ¥ 1,407 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 362 (定価の76%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-03-23
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラベルをクラシックとは呼びたくない 評価
『のだめ』を読んで、どうしてもラベルが聴きたくて、これを買いました。
とてもいい買い物でした。
ラベルっていわばオールタナティブなクラシックとでも呼ぶべきではないでしょうか。
とてもポップな部分があって親しみやすいです。
演奏もすばらしい。
どの曲も最高です。
とくにアルゲリッチのピアノがすばらしい。
彼女のファンにもなりました。

亡き王女のためのパヴァーヌ(舞踊) 評価
正直に言えば、普段クラシックはあまり聴かないのですが、 ゆったりとした、どこか物悲しい旋律が耳から離れません 他の曲も良い曲ですし、どのアルバムにしようか迷っているなら ぜひ『ラヴェル:作品集』を候補に!

クールな熱狂 評価
■ラヴェルで最も有名な「ボレロ」はカラヤン指揮ベルリン・フィルの1965年頃の演奏で。
カラヤンならではの対旋律の浮沈等興味深いが、サウンドがドイツ的重厚な華美に傾きがち。
最後の「初めての転調の驚き」や「輝かしいクライマックスからの崩壊としてのエンディング」も、予定調和的で驚きがない。
もっと冷徹でめくるめくしなやかさが欲しい。
■その点最高なのが次のピエール・ブーレーズ指揮ベルリン・フィルの新録音。
作曲者自身の言う「渦巻く雲の切れ目から、円舞曲を踊る人々の何組かがきらめいて見える。
雲は次第に晴れ、広大なホールの中で、円舞曲を踊り旋回する人々と群集にの姿がはっきりと見えてくる。

ブーレーズ
ヴェーベルン:オーケストラのための5つの小品



中古価格 ¥ 1,638 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ピエール・ブーレーズ

新品価格 ¥ 2,900

中古価格 ¥ 1,005 (定価の51%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2001-10-27
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ラヴェル:ボレロ / ラ・ヴァルス / ピアノ協奏曲 / ツィガーヌ



中古価格 ¥ 972 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-11-22
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ボレロもブーレーズで聞きたかったな 評価
最初のボレロはカラヤン指揮ベルリン・フィルの演奏。
ドイツ系の立派な演奏だが、最終部のハ長調からの展開部分の「雰囲気の一変」がうまく行っていない。
その点スリリングなのがブーレーズ指揮クリーブランドの「ラ・ヴァルス」だ。
背中がぞくぞくします。
アルゲリッチの名演に文句のつけようはないし、室内楽もセンスに富んでいる。

一聴の価値あり 評価
先日の「北の国から-遺言-」で「亡き王女のためのパヴァーヌ」が流れていました。
美しく優しく、且つ荘厳なイメージがドラマにぴったりでした。
先日の朝日新聞のbe(土曜版)では壇ふみさんがこの曲を紹介していました。
ネットで検索しているうちに、ここにたどりつき、購入しました。
2枚組で「ボレロ」や「ダフニスとクロエ」なども入っていてこの値段はとてもお得です。

ブーレーズ
ストラヴィンスキー:作品集



中古価格 ¥ 169

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-11-22
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
良い 評価
とても良い。
素晴らしい演奏だと思う。

Le Sacre du printemps 評価
突発的に「春の祭典」を聴きたくなったので軽い気持ちで探しに行ってみると、カラヤン・マルケヴィッチ・デュトワというすごい指揮者が揃っているこのCDを見つけてしまった。
カラヤン指揮する「春の祭典」はロシアの山猿まるだしのはげしさそして泥泥しさ、ややもすれば性的興奮まで喚起してしまうすさまじさだ(もっとも僕は、この曲に関して言えばマルケヴィッチ指揮のほうが好みである)。
ところで「春の祭典」のパリ初演では、こんなもの音楽ではないとさんざん批判されたという。
しかし現在ではこのとおり受け入れられている。
これは時代の流れなのか、人間の批判能力など所詮排他的なだけなのか?

ブーレーズ
ピアノ,バイオリンと13の管楽器のための室内協奏曲



中古価格 ¥ 780 残り6個

発売元:ポリドール  発売日:1993-02-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ウェーベルン全集



中古価格 ¥ 1,580 残り7個

発売元:CBSソニー  発売日:1989
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ブーレーズ
管弦楽曲集、ピアノ協奏曲 ブーレーズ(5CD)

新品価格 ¥ 1,783

中古価格 ¥ 1,230 残り1個

発売元:Sony Classical *cl*  発売日:2015-10-29
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ラヴェル:管弦楽曲集&歌曲集

新品価格 ¥ 4,320

中古価格 ¥ 6,847 残り3個

発売元:SMJ  発売日:2012-11-21
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
素晴らしい作品集 評価
ブーレーズは、私が大学に入った頃矢継ぎ早に素晴らしいレコーディングを放ち、一作一作が注目された。
生命力、色彩感に溢れた作品は、駄作など無い素晴らしさであった。
当時1番驚いたのは、バースタインが去った直後のニューヨークフィルとの録音である。
バースタインが指揮したレコーディングとは、全く別次元のオーケストラに大変身していた。
3流オーケストラから、一流オーケストラにだ。
ブーレーズ氏はオーケストラを育てて纏め上げる能力を備えていた。
ドビュッシー、ラベル、ストラビンスキー、バルトーク、全て非凡なる出来栄えです。
また同時にこれらの作曲家の名指揮者・名オーケストラの組み合わせによるレコーディングが意外と少なく、ブーレーズ氏のレコーディングは今持って最高レベルの出来栄えです。

内容紹介 
★ラヴェルのオーケストレーションを細心・精密に再現した70年代のブーレーズのラヴェルを集大成。
ブーレーズがCBSコロンビアに残した膨大な録音の中でも、ドビュッシーや新ウィーン楽派のそれとならんで、1969年~77年にかけてクリーヴランド、ニューヨーク、ロンドン、パリという彼の演奏活動拠点で収録されたラヴェルの作品は、最も重要な遺産といえるだろう。
作品解釈に主情を持ち込まず、作曲者が記した音符をあるがかまに、精緻に鳴らせてみせた完璧な演奏は、20世紀のラヴェル演奏史における一大メルクマールであり、細部を明晰にとらえた名録音がその見事さを今も私たちに再現してくれる。

メディア掲載レビューほか 
タワー・レコード“Sony Classical”スペシャル・セレクション第6期。
1970年代のピエール・ブーレーズ指揮によるオーケストレーションを細心・精密に再現したよるラヴェルの集大成アルバム。
LPにして約5枚半分のCBSコロンビアへの全ラヴェル録音をCD4枚にまとめた日本独自企画。
(C)RS

ブーレーズ
ドビュッシー:管弦楽曲集

新品価格 ¥ 1,538 (定価の20%引き)

中古価格 ¥ 1,350 (定価の30%引き)

発売元:SMJ  発売日:2012-11-21
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
タワー・レコード“Sony Classical”スペシャル・セレクション第6期。
ピエール・ブーレーズ指揮によるドビュッシーの集大成アルバム。
1966年~68年にかけて、ブーレーズがクレンペラー時代のニュー・フィルハーモニア管、およびセル時代のクリーヴランド管と録音したLP3枚分のドビュッシー・アルバム。
(C)RS

ブーレーズ
イディル・ビレット/アーカイヴ・エディション 第4集 ベルク・ウェーベルン・ブーレーズ作品集



中古価格 ¥ 786 残り1個

発売元:Naxos  発売日:2011-12-14
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ブーレーズ:作品集 (Boulez: Pli selon pli, Le visage nuptial, Notations, Sonatine, Sonate)



中古価格 ¥ 1,030 残り6個

発売元:Erato  発売日:2008-01-01
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ラヴェル:作品集(SACD)

新品価格 ¥ 5,936

中古価格 ¥ 8,265 残り2個

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2003-07-02
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
管と弦の<完全融合>の愉悦感 評価
ブーレーズの名盤(1974年の録音)。
ただし、ベルリン・フィル盤ありこれは旧録音である。
ラヴェルの音楽は、誇り高き本場フランスのオケで・・・といった先入主も(一部には)あるが、早くから米国などで受容された事実が示すように、本来、現代性、コスモポリタン性に富む。
しかし、管弦楽曲に関する限り、超一流のオケであることは必須要件だろう。
本盤のニューヨーク・フィルはその点では申し分のない技量である。
また、ラヴェルの魅力は、管と弦の<完全融合>のえもいわれぬ<愉悦感>にあると思うが、ブーレーズは実にブレンダー能力の高いシェフである。

若きブーレーズ 評価
90年代にBPO等と録音したラヴェルとは随分感じが違いますが、やはり名曲の名演であることには違いありません。
そして、マルチ・チャンネルになっていることにより、大オーケストラの個々のパートが聞き分けられるような気さえします。
どういう処理をしているのか分かりませんが、金管楽器の一部が後ろから聞こえたり、楽しめます。

ブーレーズ
クルターク/バートウィッスル/グリゼ:作品集

新品価格 ¥ 5,557

中古価格 ¥ 43,787 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2003-02-19
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
クセナキス:作品集



中古価格 ¥ 898

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2003-02-19
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ先生はクセナキスが嫌い? 評価
ふと思ったのですがブーレーズ先生はクセナキスの作品が嫌いなのではないでしょうか。
このアルバムのなかで終始クセナキスの超個性的作品とブーレーズ先生の完璧主義が浸透したアンサンブル・アンテルコンタンポラン(E.I)がぶつかり合って異様な緊張感が漂ってます。
この緊張感はブーレズ先生がE.Iの監督を辞任されてから別の指揮者とE.Iが録音したクセナキス作品集では感じません。
しかし、この異様な緊張感がかえって作品の魅力を引き立てているのも否定できない事実です。
好き嫌いが分かれる録音でしょうが私は大好きな録音です。

難しいです! 評価
20世紀のクラシック音楽家最大の鬼才、クセナキスのオーケストラ作品集。
クセナキスは数字理論や統計学を以て、これまでの作曲家とは全く異なるアプローチで曲を作っていった人。
その作風はピアノ曲や打楽器曲だとよく伝わってくるんだけど、オーケストラになると難しすぎて、僕にはよく分からない!ってのが正直な感想。
譜面を見れば、違う感慨も抱けるのだろうか。
ただ聴いたことのないような凄い音響であることは確か。
感性がぴたりとはまれば、どっぷりシンクロできるかもしれない。
僕がこのCDで気に入ったのは4曲目の“ノモスアルファ“という曲。

ブーレーズ
ドビュッシー:練習曲集



中古価格 ¥ 500

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-10-09
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ブーレーズ / ボレロ ~ラヴェル作品集



中古価格 ¥ 79

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ボレロは実はバレエ音楽 評価
1993年3月ベルリンで録音。
ブーレーズとベルリン・フィルの組み合わせの最初の作品である。
モーリス・ラヴェルは全部で5曲のバレエ音楽を残していて、本作の『マ・メール・ロア』と『ボレロ』がその内の2つということになる。
『ボレロ』が元々バレエ音楽だったと言うことを聴くとビックリする人も多いのではないだろうか。
スペイン風のバレエ音楽を希望したイダ・ルビンシテイン夫人の依頼で作曲されたのが『ボレロ』なのだ。
このユニークな曲にどんなバレエの振り付けが付いたかは僕は知らないが、今やシンクロにしてもフィギュア・スケートにしても引っ張りだこのこの曲であればどんな振り付けにも合うのかも知れない。

リズム感の良いブーレーズにうってつけの作品集 評価
ブーレーズのラヴェル録音はCBSに続き、2度目である。
CBS時代の若いブーレーズには、演奏に少し尖った所があり、それは、一面では魅力であったが、齢を重ねて、円熟した彼には、少し丸みが付き、万人に受け入れられる様になってきた。
昔からのファンにとっては、少し毒気が抜け、物足りないという感想になるかもしれないが、今回の録音は、よりスタンダードな演奏といって良い。
といって、ありきたりな演奏では、決して無くブーレーズはリズム感が良く、ラヴェルの作品にうってつけ。
夢のようなマメールロアや、有名なボレロほど、他の追随を許さない。

ブーレーズ
ラヴェル:管弦楽曲集



中古価格 ¥ 3,000 (定価の20%引き) 残り4個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:2000-07-05
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェルにはブレーズのような分析力のある指揮者が最適 評価
ブレーズはCBSでかなりラヴェルの録音を残している。
代表的なものはニューヨークフィルとクリーヴランド管弦楽団によるもので、これらにドビュッシーの代表作を加えた4枚セットも以前はあった。
ブレーズはもともと作曲家で、眼光紙背に通る分析力でフランス音楽に不可欠な各声部の明晰性をオケでも実現している。
個別的に見ると、ニューヨークフィルとの相性はあまりよくないようで、アインザッツがたがたのボレロなんかは聴いていて痛々しい。
トロンボーンは特に犯罪的。
またダフニスについても、ニューヨークフィルは上手いけれども色気というか音色の魅力がない。

ブーレーズ
ラ・マンドラゴール 20世紀フランス音楽作品集

新品価格 ¥ 2,935 (定価の6%引き)

中古価格 ¥ 190 (定価の93%引き)

発売元:フォンテック  発売日:1997-08-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ワーグナー:管弦楽曲集



中古価格 ¥ 743 残り6個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1995-04-21
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ブレーズ:作品集 フルートとピアノのためのソナチネ



中古価格 ¥ 9,800 残り1個

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1991-11-28
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ブレーズ:ラヴェル管弦楽曲集



中古価格 ¥ 1,250 残り4個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1991-03-21
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ヴァレーズ作品集



中古価格 ¥ 2,041 残り7個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1991-02-21
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


交響曲
ブーレーズ
マーラー:交響曲第9番



中古価格 ¥ 540

発売元:ポリドール  発売日:2015-07-03
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
曲と指揮者の個性が上手く化学変化を起こした一枚。 評価
その美しさからマーラーの書いた交響曲の最高傑作とされるこのシンフォニー第9番は、ワーグナーやヨハン・シュトラウス2世等に加え、自身の曲の引用を多数用いていることから、晩年の作曲家が「死」を前に自らの生を追想しているかのような受け止め方をされることが一般的だ。
かつては過剰な情念を込めて演奏されることの多かったマーラーだが、シェーンベルクから遡るように現代的視点で明晰な解析を行ったブーレーズの解釈は、特に古くからのマーラー・ファンの間では賛否両論だったのも事実である。
ただ、マーラーの核にある情念と躁鬱のうねりが苦手なライト・リスナーの僕にとっては、ブーレーズの明晰で緻密な解釈の方が聴き易い。

ブーレーズ
マーラー:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,555 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,250 (定価の27%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-09-17
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ドビュッシー:交響詩<海>、夜想曲、バレエ音楽<遊戯>他

新品価格 ¥ 1,080 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 3,067 残り4個

発売元:インディペンデントレーベル  発売日:2014-08-03
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
マーラー:交響曲第2番

新品価格 ¥ 3,980

中古価格 ¥ 1,082 (定価の41%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-05-11
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
理知的な「復活」 評価
聴いた印象は「悲劇的」のレビューで書いたものとさほど変わらない。
徹底的に整理整頓され、理知の光で全てを照射したかのような、明快な演奏。
音質も抜群である。
ただ、曲の内容からすると、やや淡白な感がなくもない。
剛直で峻厳なクレンペラー盤、濃厚でホットなバーンスタイン盤という超名盤があるだけに余計にそう感じるのだろうか?一聴の価値は十分にある。

Product Description 
Japanese only SHM-CD pressing. Part of the Grammophon Best 100 Series. Universal. 2011.

メディア掲載レビューほか 
英雄の死と復活をテーマに、生きることの意味を追求する哲学的な内容を持った《復活》には、怖れと甘美さ、戦慄と優美な憧れといった両極の感情が内在しており、また終楽章は最後の審判と復活を描いた一大叙事詩となっている。
ピエール・ブーレーズのマーラー交響曲ツィクルスからの1枚で、彼の明晰な分析に基づく透明感溢れる知的抑制の効いた演奏は、マーラー演奏史の新しい世紀を告げるものとしてきわめて高い評価を得ている。
(C)RS

ブーレーズ
ベルリオーズ:幻想交響曲、トリスティア

新品価格 ¥ 1,350 (定価の27%引き)

中古価格 ¥ 800 (定価の56%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-05-11
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
マーラー:交響曲第10番~アダージョ

新品価格 ¥ 1,579 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 983 (定価の49%引き)

発売元:SMJ  発売日:2010-11-24
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
清々しく響きわたる「リュッケルトによる5つの歌曲」。 評価
「交響曲第10番~アダージョ」を探していて、これを発見。
ブーレーズは、シェーンベルクの『浄夜』が素晴らしかったので現代に近い音楽演奏については信頼している。
演奏は端然としたもので、この生涯の最期に完成された音楽をそのままに形にする。
マーラーの魅力の1つはその真摯さ、誠実さにあるが、ブーレーズの妙に揺らさない、衒いのない指揮と演奏は、マーラーのその本質的特徴を音の中に浮かび上がらせる。
イヴォンヌ・ミントンの歌う「リュッケルトによる5つの歌曲」は大げさなところがなく、どこまでも清々しく、バックの演奏と共に響きわたる。
(ジャケットのイメージにぴったり)1曲目「わたしが美しいから」は、2分半ほどの短い歌で、ほとんど前奏がなく歌い始められる。

ブーレーズ
海~クラシック名曲集 [特販専用(流通限定商品)]



中古価格 ¥ 1,000 残り2個

発売元:(株)ソニー・ミュージックダイレクト(CDクラブ)  発売日:2009-08-01
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
マーラー:交響曲第8番 千人の交響曲

新品価格 ¥ 5,105

中古価格 ¥ 1,332 (定価の56%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-10-24
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
絶妙なバランスで構築された大聖堂を思わせる名演 評価
俗物的な見世物の感が強い8番をこれだけ冷静に構築したブーレーズの手腕にまずは拍手。
決して音楽に耽溺しない比類ないコントロールでまとめられた演奏に関しては否定する諸兄もおられようが小生は大いに評価したい。
エネルギッシュで音楽と一体になってむせび泣くバーンスタインや、機械的正確さで淡々と進められるクーベリックにはない「感情のバランス」がブレーズにはある。
そして、それはその表現の透明性、すなわち場面場面での音の響かせ方が明確であるという事からも良くわかる。
バーンスタインに代表される耽溺・崩壊型マーラーを好む人には全く向かない演奏だが、そういう人にこそ実は聴いて欲しい名演。

現在最高の「第8」 評価
ついに来たという演奏。
今まで約25年間この曲を聴き続けてきたが、これほど鮮明でバランスのとれた演奏は初めてである。
確かに最近はいくつかの素晴らしい演奏もあり、アバド、デイヴィス、シャイー盤など優れたものもたくさんあるが、テンポや音質、音量のバランスなど、どこか今ひとつ完璧ではない。
この録音に先立ちフェスティバルでの演奏を聴いたが、セッション録音では第一部のテンポも落ち着き、熱気も消え失せた分、絶妙のバランスと透明感が表れた。
「千人の交響曲」の決定版であると同時に、完成版としても強く推薦する。

ブーレーズ
ブルックナー:交響曲第8番

新品価格 ¥ 2,990

中古価格 ¥ 158 (定価の91%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
スコアが全て音になった名演 評価
1996年9月ハース、ザンクト・フローリアン修道院でのライヴ・レコーディング。
1996年10月11日は、アントン・ブルックナーの没後100年にあたり、それを記念して9月20-22日に、彼の生地でもあり、彼の霊柩が祀られているこの修道院で『ハース版』を演奏するという試みが行われた訳だ。
ただ一つ意外なのがこのブーレーズとブルックナーという組み合わせだろう。
古くはクナパーッブッシュだシューリヒトだ朝比奈だと決められた範疇の指揮者が振ってきたこの曲を現代音楽の代表的作曲家であり、別の『範疇』を住処としてきたブーレーズとウィーン・フィルという組み合わせで、しかもライヴで記念の演奏をやるということが、未だ古い演奏を神格化して聴いている『識者』には信じられなかったのではあるまいか。

意外にも優れた出来映え 評価
ブーレーズというと現代音楽家の大御所である。
指揮者としてもかなりの活動をしてCDも多くあるが、かつての60~70年代のものはどうにも良さが分らない。
スコアをそのままに何の解釈も加えず機械的に演奏したような印象を受ける。
音楽の素養のある者には素晴らしいのかもしれぬが自分のような素人にはどうも無理だ。
90年代に入りしばし中断してた活動を再開し、超メジャーオケとのグラモフォンに吹き込みはじめたものはバルトークやマーラー等どれもいい出来と思う。
全部が良いというわけではないが、かつてのギスギスした感じがなくなり角がとれたよう見受けられる。

ブーレーズ
ベートーヴェン : 交響曲第5番 「運命」他



中古価格 ¥ 2,650 残り5個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:2000-03-23
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
「運命」の運命を変える「運命」 評価
レビューのタイトルは、LP発売当時のキャッチコピーです。
ブーレーズのベートーヴェン録音はこれが最初で最後かも)。
あのクレンペラーの録音よりもゆっくりとした主題の演奏、全ての繰り返しの実施など、当時としては、画期的な録音であったが、あまりにも特異な演奏のため、当時のマスメディアは反発していた。
現在聴くと、さすがブーレーズ、してやったり!という感想を抱く。
ベートーヴェンの「運命」を一通り聴くなら外せない1枚。
これを聴かずに「運命」を語る事は出来ない。

レビュー 評価
1970年代にレコードで発売されたが、その後廃盤になったため、国内盤限定でCD化されたものである。
今更このような周知の作品についてとやかく言ことは、それだけで難儀なことではあるが、このCDに収められた演奏は、全く新しい(または異質な)アプローチでなされたものであり、演奏の良し悪しは別としても、少なくとも「運命」を知る多数のものにおいて意義深いものであるといえよう。
特に、テンポの緩やかさ及びリピート(とりわけ第三楽章において)の特異さ、管弦楽の見通しの良さなどは、この演奏当時の他の名演(カラヤン、クレンペラー、フルトヴェングラー等)と呼ばれるものと比べると、著しい差異を感じるものである。

ブーレーズ
マーラー : 交響曲第6番イ短調 「悲劇的」



中古価格 ¥ 540

発売元:ポリドール  発売日:1995-03-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ウィーンフィルでないと出せん音ですわな 評価
ウィーンフィルはマーラーゆかりのオーケストラやのに、マーラー録音は取り立てて多くない気がいたします。
ウィーンフィルだけで全集録音になって居るのは、マゼール盤だけではないやろか。
ウィーンフィル・ファンのわてにとっては、本盤は堪えられない一枚。
やはり純音楽的で、交響的ながら、ちょっと人工的な感じもするマゼールとのウィーンフィルと較べて、本盤ではアルマの主題は実に郷愁を誘うし、終楽章のカウベルの前にも、ノスタルジー一杯のウィーンフィル・サウンドが聴かれますがな。

ブーレーズに対する先入観なしで聴けば。 評価
私にとってブーレーズの初ディスクが本CDでした。
それまでは、巷におけるブーレーズの評価を気にして「食わず嫌い」をしていたのですが、1枚組ということもあって購入してみました。
それでビックリ。
「お、立派なマーラーの音楽だよこれ!」第一楽章冒頭は、バーンスタインよりも遅く始まり、意外にも濃厚な音響空間が広がります。

ブーレーズ
BOULEZ CONDUCTS RAVEL ラヴェル管弦楽名曲集 [12" Analog LP Record]



中古価格 ¥ 2,000 残り1個

発売元:CBS/SONY  発売日:1981
  

発売元のレビュー
世界クラシック音楽体系 ベスト・クラシック100 Vol.55 【収録曲】 ★SIDE 1★ 1. Daphnis Et Chloé Suite No. 2 2. Pavane For A Dead Princess ★SIDE 2★ 1. Rapsodie Espagnole 2. Alborada Del Gracioso

ブーレーズ
BOULEZ CONDUCTS WAGNER ワーグナー管弦楽名曲集 [12" Analog LP Record]



中古価格 ¥ 1,150 残り2個

発売元:CBS/SONY  発売日:1981
  

発売元のレビュー
世界クラシック音楽体系 ベスト・クラシック100 Vol.48 【収録曲】 ★SIDE 1★ 1. Meistersinger Prelude 2. Tannhauser Overture ★SIDE 2★ 1. Faust Overture 2. Tristan Und Isolde Prelude And Love-Death



オペラ
ブーレーズ
メシアン:ミのための詩



中古価格 ¥ 969 残り6個

発売元:ポリドール  発売日:2015-12-22
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
マーラー:歌曲集

新品価格 ¥ 1,500 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 1,404 (定価の18%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-09-17
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ワーグナー:楽劇《ラインの黄金》 [DVD]



中古価格 ¥ 4,250 残り6個

発売元:UNIVERSAL CLASSICS(P)(D)  発売日:2013-06-19
  

シュトゥットガルトの指環の最高傑作 評価
あまりにも意表を付く演出の連続で賛否両論真っ二つに割れたシュトゥットガルトの指環4部作では、この序夜「ラインの黄金」が最も完成度が高いといえるかもしれない。
なんといっても、出だしから演出が凄すぎる。
いきなりキャストの大半が、直立不動で登場するという破天荒ぶり。
この始まりからしてただならぬ雰囲気が充満しているのだが、この後に次々と起こる演出は半端じゃない奇抜さだが、実は「意味」や「暗示」という点では相当に分かりやすく行われていることに好感が持てる。
たとえば、まだ登場する時間でないところで、なぜかローゲがすでにフライアの脇で「りんご」の皮むきをやっているのだ(笑)。

やっと出ました! 評価
昔、LD時代に繰り返し見たブーレーズ盤。
やっとこのお値段で再発!発売当時は学生でヒマだったから夢中で聴き(見?)耽りました。
今は感受性も薄れ根気もなくなったのか、なかなか完聴はできなくなった長編のトップの章。
二人の巨人の演出など、楽しい『黄金』ですがやはり『指環』の中ではドラマチックシーンが少なくゾクゾクすることがあまり多くないかな?物語の荒唐無稽さ、大袈裟な音楽・・・これは中年になってからは受け入れが難しいですよ。
『指環』は是非10代の若いうちに聴いておくべきです。
この音楽体験を知らずにおくのは、勿体ないです。
LD時代、この盤で『指環』を知った私は長らく呪縛から開放されずにいました。

ブーレーズ
マーラー:カンタータ「嘆きの歌」/ベルク:ルル 組曲

新品価格 ¥ 2,547 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 1,540 (定価の46%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-04-17
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
マーラー:子供の不思議な角笛、交響曲第10番からアダージョ



中古価格 ¥ 1,637 (定価の46%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2010-09-22
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ドビュッシー:歌劇《ペレアスとメリザンド》全曲 [DVD]

新品価格 ¥ 7,980

中古価格 ¥ 3,050

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2006-06-07
  

圧巻 評価
このDVDは幕間がない。
ずっと音楽が鳴り続ける。
幕間にはオケや指揮者は登場しない。
楽譜の演奏されるページが表示される。
オケはWelish National Orchestraである。
舞台は狭いが、よく造られていて、このオペラにピッタリである。
20年以上前にKarajanの演奏をLPで聴いていたが、こんなのだったかなと思い出す。
シンボリックでタピスリーの様な舞台が、一枚一枚めくられるように進行する。
オケは殆ど強奏せず、ひたひたと舞台の影となり支えとなっている。
Hagleyは日本の女優で言うと伊吹ジュンに似ている。
振り付けの問題と思うが、妙になれなれしかったり、おてんばに見える場面があり、そぐわないが、その他は全くイメージ通りのMelisandeである。

このオペラの魅力を堪能できる 評価
音楽だけで聴いていると、どうしても眠くなりがちなこのオペラも、やはり映像がつくと音楽の魅力もいっそう引き立って聞こえる。
このオペラが大傑作であることを初めて認識できた。
ブーレーズとイギリス歌劇場というちょっと変わった取り合わせで録画・録音されているこのDVDの魅力は、なんといっても歌手である。
特にメリザンドのハグリーは歌もよいが、なんとも美しく魅力的な歌手で、美しさゆえに男の運命を滅ぼしてしまうこの役柄にぴったりだ。
またペレアスのアーチャも、王家の純粋無垢なボンボンの役にぴったりの歌手である。
ゴローのマクスウェルも、頑強だが愛のコミュニケーションを理解できない男の悲劇をよく出している。

ブーレーズ
ワーグナー:楽劇《ニーベルングの指環》全曲 [DVD]



中古価格 ¥ 39,299 (定価の2%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2006-01-28
  

ブーレーズ
ラヴェル:歌曲集〈シェエラザード〉

新品価格 ¥ 2,500 (定価の4%引き)

中古価格 ¥ 594 (定価の77%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
なんだこの音響はせっかくだから聴くぜ 評価
わたしにはブーレーズ自身の曲にもアンニュイなグルーヴみたいなものが感じられて、そんなものなんて一種の人種差別的な見方なのかも知れないけれどそんなブーレーズが大好きなのです。
浮遊するようなソプラノ、霧がかかったような音響(狙ってるのかな?)、無粋にたとえるならば「エレクトロニカのために作られたエレクトロニカ」には感じられない何かをフランス近代を代表するこの二名の作曲家による作品から引き出した名演奏だとぉもぃます。

緻密で美しい、愛された曲たち 評価
まず最初にフォン・オッターを独唱者に迎えた歌曲「シェエラザード」が収録されているが、この演奏の出来はすこぶる良い。
オッターのささやくようでいて力強い歌唱は聴いていてとてもリラックスできる。
オーケストラの響きも、郷愁を誘うようで素晴らしい。
「クープランの墓」も、ニューヨーク・フィルとの旧録音とは性格が異なるが、ノスタルジックでありながら、管楽器が美しく響く演奏だ。
「亡き王女のためのパヴァーヌ」は、何か狙いがあるのか、とても遠くから音が聴こえてくる。
それはそれで曲と合ってはいるのだが、少し弱々しいだろうか。
後半はドビュッシーの「神聖な舞曲と世俗的な舞曲」そして管弦楽付きの歌曲が入っている。

ブーレーズ
シェーンベルク:モーゼとアロン 全曲

新品価格 ¥ 3,427

中古価格 ¥ 1,050 (定価の69%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:2001-07-18
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シェーンベルク「モーゼとアロン」 評価
未完の3幕オペラ「モーゼとアロン」はシェーンベルクの代表作の一つ。
12音技法により作曲され、語り(シュプレッヒシュティンメ)、独唱、合唱を含む。
ドイツ語の台本は旧約聖書の「出エジプト記」を題材に、ユダヤ人の立場から独自の解釈を加えたもの。
第1・2幕はオーケストレーションも含め完成されているが第3幕は未完。
弟子のアルバン・ベルクが作曲した「ヴォツェック」に続く無調オペラの傑作の一つ。
ピエール・ブーレーズ指揮、BBC交響楽団演奏。
「室内交響曲第2番」(作品38)も収録(SONY、2枚組CD)

ブーレーズ
シェーンベルク:セレナーデ、5つの管弦楽曲、ナポレオンへの頌歌

新品価格 ¥ 2,036 (定価の5%引き)

中古価格 ¥ 798 (定価の63%引き) 残り7個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:2001-07-18
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シェーンベルク Op.16 評価
シェーンベルクの管弦楽のOp.16は、なかなか、街のCD屋で見つけられず、やっとアマゾンで手にしたので、ご機嫌だ。
音質もよく、作品も演奏も素晴らしい。

ブーレーズ
ベルク:ルル 3幕版全曲



中古価格 ¥ 9,313 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-08-23
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ストラータスの独特な声質に注目(耳?) 評価
ルル役をうたっているストラータスは、声質としては低めのメゾソプラノに近く、高域をうたう箇所では多少無理をしているようだ。
ベルクが「うたえないときはこっちを選択してネ!」と楽譜にわざわざ別指定した、<簡単バージョン>の方を採用している箇所がちらほらあったりする。
(特に、聴かせどころのはずの第2幕幕切れのあたりは、気になるかも)近年の『ルル』演奏では、めったにないことなので、逆の意味で珍しい音源だ。
他盤と聴き比べてみると面白い。
ストラータスの魅力は、「うた」と「地の声」との声質のギャップにある。
『ルル』は登場人物の感情の高ぶりや、ドラマの進展によって、「語り」からラップのような「うたうような語り」、「語るようなうた」、「うた」の間をモーフィングするように、意図的に作曲されている。

ブーレーズ
シェーンベルク:月に憑かれたピエロ、心のしげみ、ナポレオン・ボナパルトへの頌歌



中古価格 ¥ 2,200 残り3個

発売元:ポリドール  発売日:1998-10-01
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」 評価
シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」は、語り(「シュプレッヒシュティンメ」と呼ばれる、語りと歌の中間のような唱法の女声)、ピアノ、フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロのために書かれた、不気味で病的な声楽曲。
無調をベースにした表現主義音楽の傑作。
ピエール・ブーレーズ指揮、メンバー・オブ・アンサンブル・アンテルコンタンポラン演奏。
ブーレーズ3度目の録音。
ソプラノ/朗読はクリスティーネ・シェーファー



ピアノ、ヴァイオリン
ブーレーズ
バルトーク:ピアノ協奏曲第1番、第3番(UHQCD)

新品価格 ¥ 1,728

中古価格 ¥ 1,400 (定価の18%引き) 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2017-06-21
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
モーツァルト : ピアノ協奏曲 第21番 | 第26番 「戴冠式」 | 第25番 (Mozart : Piano Concertos No.21, 25, 26 / Pierre Boulez, Yvonne Loriod & Orchestre de la societe des concerts Lamoureux) (2CD) [Live Recording] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 3,275 (定価の25%引き)

中古価格 ¥ 1,870 (定価の57%引き) 残り4個

発売元:ALTUS  発売日:2016-07-13
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
スクリャービン / 交響曲 第4番 作品54「法悦の詩」



中古価格 ¥ 989 残り7個

発売元:ポリドール  発売日:2015-12-22
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
初めての方にお薦めするスクリャービン 評価
スクリャービンの作風は、初期のショパンを思わせる情緒たっぷりのものから、中・後期の、色をも表すという前衛的なものへと劇的に変化していった。
この中では2つの交響曲が中・後期、ピアノ協奏曲が初期のものに分類されると言って差し支えないだろう。
私が注目したのは、ウゴルウスキのソロによるピアノ協奏曲だった。
ウゴルスキというピアニスト自体、あまり知られていないかもしれない。
彼はソ連体制下でその活動を抑制されていたため、その名を知られる機会がしばらくなかったというわけなのだ。
しかし、その端正な瑞々しい音色、理性的な旋律の歌わせ方が私は特に気にいっている。

美しいウゴルスキのスクリャービン 評価
わたしはピアノ協奏曲が聴きたくてこのCDを買ったのですが、ウゴルスキの美しいピアノの音色が、スクリャービンの青年時代の心情の吐露のように聴こえ、非常に美しい仕上がりになっているのに驚きました。
ブーレーズの明快な指揮ぶりは健在ですが、決してそれが嫌味にはなっていません。
しっかりとしたバッグに支えられ、ウゴルスキのピアノが繰り広げ、非常に満足できました。

ブーレーズ
ブーレーズ:ピアノ・ソナタ第2番/ベルク:ピアノ・ソナタ第1番

新品価格 ¥ 3,543

中古価格 ¥ 1,680 残り2個

発売元:(unknown)  発売日:2014-06-04
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
Szymanowski: Symphony No.3 "Song of the Night", Violin Concerto No.1

新品価格 ¥ 1,635

中古価格 ¥ 1,634 残り2個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2012-01-24
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
シマノフスキ:交響曲第3番/ヴァイオリン協奏曲第1番

新品価格 ¥ 13,550

中古価格 ¥ 2,533 (定価の35%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2010-10-20
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
演奏、収録内容のみだったら文句なしの☆5つなのですが・・ 評価
カロル・シマノフスキ(Karol Szymanowski 1882 - 1937)はポーランドを代表する作曲家である。
音楽史の観点からポーランドという国をみると、なんといってもまず、偉人ショパンがいて、その後、クラク、ヴィエニアフスキ、タウジヒ、シャルヴェンカ、モシュコフスキ、ストヨフスキ、メルツェルといった人たちの名前が連なるのだけど、概ねロマン派のピアノやヴァイオリンといった器楽を中心に作曲活動を行っていた人で(それを考えるとショパンもそのカテゴリに入る)、シマノフスキのように大きく体系化して質の高い作品群を残した作曲家はいないと言っていい。
また、シマノフスキは、自身の音楽を変化させることで、ポーランドの音楽を進展・発展させた人とも言え、その功績はポーランドのみならず、音楽史全般においても重要と言ってさしつかえない。

ブーレーズ
シェーンベルク:ピアノ協奏曲

新品価格 ¥ 1,851

中古価格 ¥ 3,850 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-08-05
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
明晰だが彫りが浅い (?!) 評価
ピエール・ブレーズの指揮とあいまって,内田光子のピアノはこの曲を明晰にえがいている. グレン・グールドの演奏をききなれた私には,いささか耳慣れない部分もあるが,個々の部分をきくかぎりはもっともらしくひびいている. よく聴くと説得力をもっていることがわかる.しかし,このドラマティックな音楽をより立体的にきかせているのはグールドの演奏であるようにおもう. おそろしい間 (ま),起伏のあるテンポ,それらが彫りのふかい音楽をかたちづくっていく. やはり私はグールドに軍配をあげたい.

ブーレーズ
ブーレーズ:ピアノソナタ第1番&第2番&第3番



中古価格 ¥ 2,470 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-02-23
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
結晶体の音楽 評価
素晴らしく洗練されたピアノソナタ集である。
第2ソナタの迫力だけならポリーニに軍配が上がるが、曲全体の結晶のような美しさを聴くなら、ユンパネンの方が研ぎ澄まされていると思う。

ブーレーズ
バルトーク:ピアノ協奏曲第1番&第2番&第3番



中古価格 ¥ 207

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-02-23
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バルトークな70分 評価
彼はティンパニとバスドラム(大太鼓)がとっても好きなんだなってわかる、とてもとてもバルトークな曲ですね。
1番も2番もすごいんだなあ(ごめんなさい、分析的な言い方はするつもりはないので)。
1番のシカゴ、2番のベルリン、いやあとってもすごい。
3番は異質だし、おまけと思った方がいい。
しかし、圧巻なのは2番の3楽章。
曲自体も演奏もバーバリアンな作りで、まるでアルカポネが行進しているよう。
それにしても、ベルリンのものすごいアンサンブル、集中力に脱帽。
奏者一人一人が独立したソリストとしての自覚と才覚がないとこんな音は生まれない。

豪華ピアニストの競演 評価
バルトークの残した3曲のピアノ協奏曲を、それぞれ現在最もベストと思われるピアニストで録音してしまった豪華盤です。
デビュー時からDG専属のツィメルマンと、DGに移籍したばかりで売り出し中のグリモーはともかく、アンスネスはEMIのピアニストであり、わざわざこの企画のために引っ張り出してきたからには何かあると思わざるを得ません。
そして、演奏内容はそれを裏付けるものになっています。
第1番はピアノを打楽器として使用した画期的な作品です。
ツィメルマンは彼らしい精緻なピアニズムで弾いていますが、全体として抑え気味のトーンになっているため少々不満が残ります。

Amazonレビューのレビュー
   生誕80年を迎えたクラシック音楽界の知の中心人物、ピエール・ブーレーズがこのたび世に問うバルトークのピアノ協奏曲全集は、第1番がツィマーマンとシカゴ響、第2番がアンスネスとベルリン・フィル、第3番がグリモーとロンドン響――ピアニストとオーケストラをすべて変えてレコーディングするという豪華な企画となった。
   第1番は、ピアノの打楽器的な用法が斬新な、めくるめくリズムの饗宴。
ツィマーマンが冒頭の低音開始からゾクゾクするような緊迫感を放ち、シカゴ響の強靭な安定感とともに、聴き手を強烈な磁力で一気に引きずりこんでいく。
ツィマーマンならではの骨太で深い打鍵がたまらない。

ブーレーズ
ベルク:ヴァイオリン協奏曲 / バルトーク:ラプソディ



中古価格 ¥ 1,000

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1999-06-16
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
バルトーク:VN協奏曲第2番

新品価格 ¥ 9,980

中古価格 ¥ 743 (定価の76%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1999-05-22
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
ベルク : ピアノ、ヴァイオリンと13の管楽器のための室内協奏曲



中古価格 ¥ 2,000 (定価の4%引き) 残り1個

発売元:ポリドール  発売日:1996-10-02
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルクの作品は、再録音ですが、EIC.の演奏技術が凄い! 評価
アルバン・ベルクの「室内協奏曲」は以前、CBSへも録音していましたが、IRCAM所長時代にEIC.とバレンボイム、ズーカーマンとで再録音したものです。
ベルクの作品は、ウェーベルンと比較して、ややロマン派の色を帯びています。
その点、バレンボイム等の起用は正解だったでしょう。
「スベテノヨキモノは3つ」という法則性で、音符をドイツ語読みにして、作曲された作品ですので、譜面の読める方ほど楽しめる作品です。
ストラヴィンスキーの作品は、渡米後の作品ですが、元々はLP1枚分の録音からの抜粋となっています。
JAZZのビッグバンド用に書かれた作品ですので、3大バレーや新古典主義作品とは異なるストラヴィンスキーを楽しめます。

ブーレーズ
Chamber Concerto for Piano Violin & 13 Wind Instr.

新品価格 ¥ 9,583

中古価格 ¥ 1,299 残り4個

発売元:Sony  発売日:1995-12-07
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
No doctrinaire theorist, Berg composed communicative, emotional music without compromising his technical sophistication and atonal allegiances. The Chamber Concerto has its knotty moments, but also considerable charms. Barenboim's big-hearted, romantic pianism plays off Gawriloff's tart violin, the piquant winds, and Boulez's controlled leadership. The Three Pieces is as close as Berg ever came to writing a symphony; its mix of powerful orchestral outbursts and elegant section writing are reminiscent of Berg's beloved Mahler. The Violin Concerto's ardent warmth and tender lyricism, expressing Berg's meditations on death and redemption (including a direct quote from a Bach cantata) after the untimely passing of Manon Gropius, make it irresistible. The fine performance offers an alternative view to classic older recordings by Louis Krasner and Isaac Stern. Including most of his key instrumental works, this disc is an ideal introduction to Berg's genius. --Dan Davis

ブーレーズ
ブーレーズ:ピアノ・ソナタ第1番 - 第3番



中古価格 ¥ 590 残り8個

発売元:Naxos  発売日:1995-09-24
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブーレーズ
Boulez conducts Ligeti: Concertos for Cello, Violin & Piano

新品価格 ¥ 4,637

中古価格 ¥ 1,299 残り8個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:1994-10-11
  

ブーレーズ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
These are three of György Ligeti's more popular works, with the word "popular" used with some hesitation. Ligeti is about as post-modern as you can get. The works here are played quite aggressively by the Ensemble InterContemporain, but I prefer the Concerto for Piano and Orchestra on Sony 58945. I do like Boulez's take on the Concerto for Violoncello and Orchestra. It's a practically silent work, almost impossible to play--but the Ensemble InterContemporain pulls it off. The Concerto for Violin and Orchestra is also expertly played. Ligeti is an acquired taste. If Ligeti is your man, you'll want this release. --Paul Cook



PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加