マーラーの名曲作品集を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。入門編、名曲、スタンダードの楽譜を紹介します。  

マーラーの名曲作品集の紹介,評判,レビュー,安売り価格,中古価格




全集
マーラー
Mahler: the Complete Symphonie

新品価格 ¥ 2,372

中古価格 ¥ 2,376 残り4個

発売元:Warner Classics  発売日:2017-08-18
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
“For Mahler,” Sir Simon Rattle has said, "the symphony is where you can tell the most important truths.” The composer’s works have been crucial to his career – indeed, it was the epic Symphony No. 2 that first inspired him to become a musician. Spanning nearly two decades, these recordings of the complete symphonies, including Deryck Cooke’s completion of No. 10, were made with the two ensembles most closely identified with Rattle’s name: the City of Birmingham Symphony Orchestra and the Berliner Philharmoniker.

マーラー
COMPLETE SYMPHONIES 1-

新品価格 ¥ 4,016

中古価格 ¥ 4,980 残り2個

発売元:SIGNC  発売日:2017-04-12
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
Boulez Conducts Mahler-Complete Recordings

新品価格 ¥ 4,157

中古価格 ¥ 4,103 残り5個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2013-11-19
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売日はいつかな? 予約したのは2年前だよ。 評価
私がこの商品を予約注文したのは「2011/3/24」だった。
てっきり、ブーレーズ指揮による他のボックスセットと同じような体裁で、マーラー交響曲全集が発売されるものと考えていた。
しかし、待てど暮らせど、まだ発売されない。
deutschegrammophon.comにも、まだ発売予定が掲載されていないのだ。
ブーレーズ指揮・マーラー作品の新商品である『嘆きの歌』の、日本国内での発売予定日は4月17日。
もしこの「Boulez Conducts Mahler」が、新盤『嘆きの歌』をも含んだ、ブーレーズがグラモフォンに録音したマーラー作品の集成ならば、当然のことながら、発売は今年4月以降だろう。

マーラー
Mahler: Symphonies 2, 4, 7 & 9 / Das Lied von der Erde

新品価格 ¥ 1,684

中古価格 ¥ 1,404 残り5個

発売元:Warner Classics  発売日:2013-05-06
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
 
To celebrate the 40th anniversary of Otto Klemperer's death, EMI Classics pays tribute to the incomparable conductor with the release of an extensive edition of 11 luxurious yet affordably-priced boxsets. Three new sets devoted to Mahler, Bach, Rameau, Handel, Gluck & Haydn and 20th Century Music are coming out this May. Otto Klemperer had a remarkable career as a young man but it was at the age of 70 that he started a series of recordings that would not only establish him as an internationally renowned conductor but provide EMI with a catalogue of recordings that became and remain touchstones.Gustav Mahler's works are full of abrupt changes of mood. His influence on his successors was enormous and numerous composers Zemlinsky, Schönberg, Berg, Webern, Shostakovitch, Britten and Copland are just a few to acknowledge their debt. His influence also spread to the world of popular music. Paul McCartney wrote "I have always adored Mahler, and Mahler was a major influence on the music of The Beatles. John and me used to sit and do the Kindertotenlieder and Wunderhorn for hours, we'd take turns singing and playing the piano. We thought Mahler was great."This 6-CD collection records Mahler's most remarkable works. Otto Klemperer regarded Mahler as his the best he ever saw and although eternally grateful that he recorded the works contained in this collection it is sad that he never committed so many more to disc. Whilst all of them demand attention it is those of the "Resurrection" Symphony (No. 2), Symphony No, 9 and Das Lied von der Erde in particular that have always been ranked as of the highest rank and in their latest remasterings literally defy their age.

マーラー
マーラー: 交響曲全集 / ゲルギエフ&ロンドン交響楽団 (Mahler : Symphonies Nos 1-9 / Valery Gergiev, London Symphony Orchestra) (10SACD Hybrid) [輸入盤]

新品価格 ¥ 5,999

中古価格 ¥ 14,521 残り1個

発売元:LSO Live  発売日:2012-10-20
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
一気呵成、同一オケによるライブ録音 評価
ゲルギエフのマーラー交響曲全集は、8番をのぞきすべてロンドン、バービカンホールでのロンドン交響楽団とのライヴ録音。
かつ3、6、4、1、7、2、10、8、5番の9曲をこの順で2007年9月からわずか1年間で収録。
50台後半のいかにもエネルギッシュなゲルギエフらしい一気呵成な対応である。
手兵のオーケストラを一定期間、集中させ全番に一貫した解釈をほどこすうえではこの短期決戦のライヴ録音は有効だが、その実、相当な自信に裏づけされたものだろう。
全般に、バーンスタイン流の強烈にパッショネイトな<没入型>でもなく、シノーポリ流の切開手術のような<分析型>でもなく、音楽構成をおおきく捉えて細部をよく彫琢し、かつメロディの美しさとリズムの躍動感を際立たせた演奏。

内容紹介 
超優秀録音 「アニヴァーサリーの台風の目」が登場! ゲルギエフ&LSOによるマーラーの交響曲全集 [商品番号:LSO-0730] [10SACD Hybrid] [5.1/5.0 マルチチャンネルステレオ] [Import] [LSO Live] 2007年収録の第6番でスタートし、2011年の第9番で完結したゲルギエフ指揮ロンドン交響楽団によるマーラーの交響曲全集が、SACD Hybrid盤10枚組のBOX セットとなって登場。
分売リリース11枚分の収録内容はそのままに、収録順を組み換えることで枚数を抑えてのリリースとなりました。
このシリーズは、すべてコンサートでの演奏をライヴ録音しているところにその特徴があり、実演における白熱の模様がストレートに肌で感じられるのも魅力のひとつといえ、第6番や第7番などはその最たる例で、極端なテンポ設定や荒削りでユニークなアプローチも話題騒然となりました。

マーラー
The Complete Mahler Symphonies

新品価格 ¥ 3,531

中古価格 ¥ 2,480 残り5個

発売元:SONYC  発売日:2012-06-18
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラーと言えばバーンスタインといってよいのではないでしょうか 評価
まず最初にこのCDはジャケットからの取り出しに気を付ける必要があります。
中に3点ほど折りたたみ式のジャケットがありますが、折りたたんだ内側からCDを取り出すのでうまく取り出さないとCDの盤面を紙がすって傷を付けやすくなっています。
また、傷を付けないように開きすぎるとジャケットが破けます。
CDスローブを別に購入して使ったほうが良いようですね。
さて、今から40年ほど前にマーラーブームというのがあった。
この時期日本ではマーラーはそれほど人気がある作曲家ではなかったと記憶しているが、たしか「大地の歌」がブームになってウイスキーのCMでも流れたことがきっかけとなって一般にもマーラーの音楽が広がったのではないかと思うのだ。

BOXセットの神盤ではないかと・・・ 評価
このBOXは予約をして買いましたが、質、量とも大変満足です。
計12枚!しかも一番から第十番までジャケットのようなデザインで別々にパッケージングされています!見た感じは5000円はするだろうなという感じです。
価格が価格ですので音は半信半疑でしたがすごくクリアーな音でかつ迫力もあります。
もともとクラシックはあまり聴きませんが、オーディオを新調したので、スケールの大きな交響曲が一番良く分かるとのこと。
そのオーディオの真価を試すのが購入の一番の動機でした。
小さな音も拾うはずですが、雑音も極力抑えられており、交響曲の醍醐味でもあるここぞという場面での量感も充分満足していただけるものだと思います。

発売元のレビュー
バーンスタイン/マーラー:交響曲全集レナード・バーンスタインによる第1回目のマーラー交響曲全集は、20世紀におけるマーラー演奏史に残る金字塔の一つ。

特徴説明
レーベル:Sony Classical
ディスク枚数: 12

マーラー
Mahler: Symphonies Nos. 2, 4, 7 & 9; Das Lied von der Erde; Lieder

新品価格 ¥ 9,686

中古価格 ¥ 1,080

発売元:EMI CLASSICS  発売日:2011-10-17
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
無題 評価
クレンペラー指揮のマーラー交響曲2番、4番、9番、大地の歌、そして名盤か奇盤か賛否両論の長大な7番。
昔からのマーラーファンの中には、宝物のように大切にしている方もいらしゃるような名盤揃いです。
このような廉価で発売される事により、新にマーラーをひいてはクラシック音楽が好きになる方が増えれば喜ばしい限りであると思います。

内容紹介 
Virgin Classics presents the latest addition to the popular SUPER-BUDGET BOXED SET series. These six titles are devoted to the works of some of the most well-known composers of our time: Bach, Mahler, Mozart, Debussy, Schubert and Saint-Sa ns. Featuring world class performances by Elisabeth Schwarzkopf, Aldo Ciccolini, Paul Tortelier, Otto Klemperer and others

Product Description 
2011 six CD collection devoted to the works of one of the most well-known composers of our time. Featuring world class performances and recordings.

マーラー
Mahler: Complete Symphonies Klaus Tennstedt

新品価格 ¥ 3,421

中古価格 ¥ 2,800 残り6個

発売元:Warner Classics  発売日:2011-05-11
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
スコアに忠実に各パートのソロを聞かす熱演です 評価
クラウス・テンシュテットは東ドイツの指揮者ですが、西ドイツに亡命後ハレ管弦楽団や北ドイツ放送管弦楽団の指揮、さらにアメリカ、イギリスへ行き、ロンドンフィルファーモニックでマーラーの素晴らしい演奏指揮者の地位を得ましたが、なぜか評価は晩年になってから(1928年―1999年)で、クラシックCDの名盤には名前は記載されていない、いわば素人の入門クラシック愛好家には、隠れた実力者です。

特徴説明
定評のあるクラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィルのマーラー交響曲全集(1977年-1986年、セッション録音)に加え、1988年から1993年にかけておこなわれたライヴ録音を加えた16枚組のマーラー交響曲全集です

大地の歌、交響曲第10番第1楽章を含んだセッション録音全集と、第5番・第6番・第7番のライブ録音(※この3曲は2種類の録音が収録されていることになります)とで構成されています


マーラー
Gustav Mahler: Complete Edition

新品価格 ¥ 8,060

中古価格 ¥ 4,000 残り7個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2010-06-21
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
迷ったら両方買うのが正解・・・だろうか? 評価
生誕150年という節目の年に照準を合わせ、メジャー各社の大盤振る舞いが続くマーラー音源。
なかでも注目はこのDGと、ほぼ同時に出たEMIの指揮者/オケ混成ボックスセット対決だろう。
どちらも魅力的な内容なので、購入を迷う方も多いかもしれない。
ここで両者を簡単に比較してみよう。
仕様はどちらもクラムシェルボックスに紙製内ジャケ。
ブックレットは写真を多数掲載するDGがやや豪華。
ただしEMIは歌詞をディスク内に収容してポイントを稼ぐ。
DGは歌詞を割愛しているが、必要ならネットで探せる。
組枚数はDGが2枚多く内容充実と思えるが、収録時間は逆にEMIが30分ほど長い。

グラモフォンかEMIか・・・ふたつのコンプリート・エディション 評価
2011年のマーラー生誕150周年、そして没後100年を記念した限定ボックス・セットで、現存する彼の真作を網羅した18枚のCDで構成されている。
こうした全集物では、その会社と契約しているアーティストしか登場しないために、いきおい演奏者が偏向的になりがちだが、このセットで特徴的なのは総ての交響曲に異なった指揮者とオーケストラを配分して、各曲の代表的な演奏が鑑賞できるという趣向だ。
また今回もグラモフォンだけでなく、傘下のフィリップスやデッカの音源も採用されている。
勿論録音時期も方式も若干違うので、その点では統一性を欠いているのも事実だが、マーラーのようにそれぞれの曲に多彩な個性を与えた作曲家の作品には、むしろこうした八方美人的な企画が功を奏している。

マーラー
マーラー:交響曲全集、歌曲集



中古価格 ¥ 19,800 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2008-08-20
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー演奏史に残る最高の名盤 評価
バーンスタインは指揮者として、作曲者として、そしてなによりもユダヤ人としてマーラーと共通するところがある。
そのバーンスタインが晩年に残した2度目のマーラー交響曲全集がこれ。
演奏内容はどれをとっても素晴らしく、バーンスタインとマーラーの魂が一体となったようなこの録音は、強く人の心をうつ・・・・。
いつまでも聴き続けていきたい最高の名盤。

全曲通して名盤揃いかというと 評価
4番にボーイズソプラノを起用して外したり、8番・10番については、ユニテル音源で音質が悪いなど、若干の問題点はありますが、バーンスタインの金字塔であることは間違いの無い事実です。
ただ、全曲で32,000円はちと高い。

マーラー
マーラー:交響曲全集 (Rattle, Mahler: The Complete Symphonies) (14 CD)

新品価格 ¥ 5,186

中古価格 ¥ 3,132 (定価の33%引き)

発売元:EMI  発売日:2007-09-16
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
忘れかけていた感動が 評価
マーラーの音楽は他とは別格。
文学の世界に叙事詩と叙情詩という表現があるが、モーツァルト等の音楽は優秀には違いないものの、所詮、叙事音楽の域を脱していない。
マーラーのは、それらとは一線を画した叙情音楽で、旋律に気が注入され、人の魂を揺さぶる力がある。
ラトルの全集は、オケが今一つ、録音も冴えないし、テンポが急に変わるのも気になる。
全体的なまとまりに欠け、何番が自分の所持している中でベストと推奨できるものもない。
では、なぜ星5つなのか?それは、あれこれ聞き飽きて、忘れかけていた感動を甦らせてくれる箇所が幾つも存在するからだ。

マーラー
マーラー:交響曲全集

新品価格 ¥ 9,648 (定価の5%引き)

中古価格 ¥ 6,010 (定価の41%引き) 残り2個

発売元:日本コロムビア  発売日:2005-08-24
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー演奏のひとつの美しい形 評価
 全体を通して、気品と端正さ、各パートの丁寧な歌いまわし、全体を束ねる独特の集中力で、作品の奥に光を当てつつ、牧歌的かつ爽快にまとめられた「ボヘミアのマーラー」の名演奏だと思いました。
 確かにいわゆる「分裂症的な」側面をどぎつく、あるいは「悲劇的な」面をひたすら情熱的に表現するわけではなく、音色的にもやや地味と言えるかもしれません。
 しかし決して淡白なのではなく、隅々までみずみずしく響かせつつ対位法的な構図や音色変化を確実に表現していて、しばしば和声上の発見があり、時に驚くような爆発的高揚感も見せる一筋縄でいかないところもあって、「マーラーを聞いた」納得感と幸福感を心ゆくまで味わいました。

8番についてのレビュー!! 評価
8番「千人の交響曲」の第2部は、LPでは3面にわたりました。
ちょうど面の変わり目と思われる箇所(2カ所)で、不自然な音の空白があります。
マスタリングの問題だと思いますが、 全体の流れ、演奏が素晴らしいだけに、非常に気になります。
また、この巨大な楽章が、1つのトラックにまとめられているのも残念なところ。
名演を廉価で提供してくださるのは嬉しい限りなのですが、 とはいっても、もう少し手をかけてほしかった。
それにしても、この重厚壮大な作品群を、 深みと高揚感を保持しつつ、疲れさせずに聞かせるノイマンて、 やはり巨匠ですね。

マーラー
Mahler: Complete Symphonies 1-10

新品価格 ¥ 6,147

中古価格 ¥ 5,170 残り4個

発売元:Decca  発売日:2005-07-12
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
お勧めできる 評価
オーケストラは上手い。
リズム感のよさ、音の濁りのなさ、各楽器の出し入れの巧妙さ、といったシャイーの良さがよくでている。
全曲粒がそろっており、お勧めできる。
番号のある交響曲のみ。
「大地の歌」やシャイーとACOが録音している「不思議な角笛」などの歌曲は含まれていない。
そこが唯一残念ではある。

マーラー
Klaus Tennstedt Mahler: The Complete Symphonies

新品価格 ¥ 6,486

中古価格 ¥ 1,129

発売元:EMI Classics  発売日:1998-11-03
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
録音が悪いものの本質を聴くべし 評価
~ほんまにごつい演奏です。
録音が悪く、たとえば私が最近聴き込んでいる3番などは、1 - 5楽章まで(disque 3)の録音レベルと6楽章(disque~~ 4)の録音レベルが違っちゃとります。
全体を通しての演奏の特徴は、端的にいうとクライマックスへの熱狂やろうと思います。
テンシュテットはバーンスタインと並び称されていて、最近では若い指揮者の名盤もあるようですが、バーンスタインは熱狂といっても人間的な豊かさに溢れた激しさ、垣間見せる狂気、に対し、テンシュテットはテンションの高いコンサート~~の乗りかと思っとります。
9番や10番アダージョになると、ちょっとノリが付いて行けませんが、値段も考えると、マーラーを聴くのにベストな選択といえる製品とおすすめいたしやす。

録音レベルが低いことがそんなにこのCDの評価を下げているのですか。。 評価
初めてレビューを書きます。

テンシュテットのこの全集を購入しようと思っているところですが、ここの評価で迷っています。
他で私が聞いた限りではこの全集を絶賛にちかく評価される意見のほうが多いのですが。

他にバーンステイン、クーベリック、アバド、ショルティ、ハイティクヲ候補に考えています。

これからマーラーを聞こうという殆どマーラー未体験の初心者です。
 書き込みの主旨は二つありります。
一つ、全集をどれか一つ選ぶとすればどれがよいのか。
後は一つ一つ聞き足していけばよいと思っていますので。

二つ、録音についてですが、私の拙い経験からいっても録音が気に入るかどうかは非常に大きな要素ではありますが、これは人の好みもあるので断定的に評価を下すのは難しいのではないか、ここのレビューで書かれている録音レベルの低さはそれほど評価に影響するほどのものなのですか。

Amazonレビューのレビュー
Hot on the heels of DG's new reissue of the Bernstein's complete Mahler symphonies and song cycles, EMI has repackaged Klaus Tennstedt's recordings of all 10 symphonies. Although he remade symphonies 5 through 7, these are his first versions, essentially the same performances that used to be available in three separate boxes at mid price. Now at budget price, and at virtually a third of the cost of DG's Bernstein set, Tennstedt's Mahler is one hell of a bargain. The performances aren't as consistent as Bernstein's. The London Philharmonic was never a great Mahler orchestra, and minor errors are fairly common, especially in the Sixth Symphony, which was the conductor's own favorite among all his recordings despite the lapses in the brass section. It's a performance of frightening intensity, and it's easy to understand his affection for it. All of Tennstedt's Mahler features such spontaneity, emotional honesty, and real human warmth that reservations about execution and sound largely fall by the wayside. Hearing it again is a deeply moving experience. --David Hurwitz

マーラー
Mahler: The Symphonies

新品価格 ¥ 4,792

中古価格 ¥ 3,240 残り3個

発売元:Decca  発売日:1992-02-11
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
新古典主義的解釈のマーラー全集 評価
マーラーの交響曲全集は、バーンスタインが先に成し遂げているが、かなりロマン派的に(マーラーの曲自体がロマン派最後に属する)テンポを自在に変化させ、好き嫌いが分かれるのに対して、ショルティは、やや軽快に(といってもマーラーの曲想を変える程ではない)、インテンポに近い解釈で指揮しています。
全曲録音は、ロンドン交響楽団やコンセルトヘボウを指揮して最初に終えていますが、デジタル録音時代になり、第1~4番、9番をシカゴ交響楽団と再録音し、オーケストラをシカゴ交響楽団で統一した全集が、このセットです。
そのため、再録音ではない曲は、最初のアナログ録音が採用されています。

ショルティらしい 評価
サー・ゲオルグ・ショルティ指揮&シカゴ交響楽団によるマーラー交響曲全集。
1970年~1983年の録音。
一つ一つの出来が素晴らしく安定感のある演奏。
特に1番、5番、6番、7番、8番が名演。
ショルティが初めての人にも聴きやすい演奏になっています。

Amazonレビューのレビュー
Gygy Solti has come in for his share of hard knocks as a Mahler interpreter, and no one will pretend that he has the same sort of intuitive empathy for this music that Leonard Bernstein has. But he does have the Chicago Symphony Orchestra--no mean advantage--and many of these performances have come up sounding rather well. London also has been smart to include his first (and better) performance of the Fifth, and he generally does quite well by Symphonies Nos. 2, 6, 7, 8, and 9 as well. There may be better performances of the other symphonies available, and every music lover will have personal preferences, but at a budget price this set offers pretty impressive value for the money. It deserves its success. --David Hurwitz



マーラー
UHQCD DENON Classics BEST マーラー:交響曲第4番

新品価格 ¥ 1,620



発売元:日本コロムビア  発売日:2017-11-22
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
UHQCD DENON Classics BEST マーラー:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,317 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 1,018 (定価の37%引き) 残り1個

発売元:日本コロムビア  発売日:2017-01-18
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
ラトル&ベルリン・フィル ザ・ベスト

新品価格 ¥ 2,392 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 2,100 (定価の22%引き) 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2016-04-20
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー交響曲全集



中古価格 ¥ 6,030 (定価の38%引き) 残り2個

発売元:EMIミュージックジャパン  発売日:2015-12-11
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
素晴らしいマーラーが聴けます 評価
マーラーを聴くリファレンス的演奏だと思います。
オーディオ的にも録音が素晴らしいです。
EMIの録音は全般的にバランスの良い録音が多いですが、絶品だと評価したいです。
演奏の方ですが、いつ聴いても心が満たされ素直に受け入れることができるマーラーだと感じます。
マーラーは生と死を見つめながら作曲をしていたと聞きましたが、彼の心情が演奏でどう表現されているかということも大事かもしれませんが、もっと大事なのは聴き手の心情ではないでしょうか。
マーラーを聴きどう解釈しようと聴き手の自由だと私は思っております。
(評論家の解説にあてはめながら聴く必要は無い!)時にはバーンスタインやバルビローリを求めることもあり、冷静に見つめるインバルを求めることもあります。

マーラー
マーラー:交響曲全集 (11CD) [Import] (SYMPHONIES NOS 1-9)

新品価格 ¥ 9,259

中古価格 ¥ 14,349 残り1個

発売元:SUPRA  発売日:2014-01-24
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ノイマンの遺言を聴いてみてください 評価
私の勘違いでなければ、マーラーの全曲録音を終えて、直後にノイマンは亡くなったのだと思う。
すなわち、彼の遺言である。
まだ、アナログレコード全盛のころで、彼の録音は、亡くなる直前は 廃盤になってしまう、マーラーの録音が多くて、7番などは、手に入らなかった思い出がある。
それが、今、全曲揃って、しかも、当時に比べて、遥かに安価な値段で聴けるのである。
アバドやバーンスタインもいいけれど、当時のチェコ・フィルの演奏を聴いてみて頂きたい。
古き良き時代の、アンソロジーである。
持っていて、決して損はしないと思う。
特に、何番が傑出している、という事はないけれども、

発売元のレビュー
Symphonies n°1 à 10 / Solistes - Ch忖r & Orchestre Philharmonique Tchèque, dir. Vaclav Neumann

マーラー
小澤征爾: マーラー交響曲全集 14枚組

新品価格 ¥ 6,942



発売元:UNIVERSAL ITALY  発売日:2013-06-15
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:ベスト・オブ・ベスト



中古価格 ¥ 280 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2010-10-20
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:交響曲「大地の歌」

新品価格 ¥ 914 (定価の8%引き)



発売元:King Records =music=  発売日:2010-10-06
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
雑駁 評価
晩年のブルックナーばっかりやる、生き神様扱いされてた朝比奈さんはあんまり好きじゃなかった。
いろんな曲を力強くガシガシやる朝比奈さんのほうが好きだった。
この録音も生き神様になる前の録音。
朝比奈さんはマーラーについて「雑駁ですな」と評していたようだけど、朝比奈隆という指揮者自体、良くも悪くも雑駁な指揮者だったように思う。
この録音を聴くにつけ、朝比奈さんにはもっとマーラーを振って欲しかったなと感じる。

マーラー
マーラー:交響曲第1番<巨人>

新品価格 ¥ 1,111 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 201 (定価の83%引き) 残り4個

発売元:日本コロムビア  発売日:2010-09-22
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
派手さは無いが、渋みのある演奏で曲の魅力を解き明かす 評価
他のレビューでも言われていますが、インバルのマーラーは明晰で、アンサンブル重視、大編成のオーケストラの音、綺麗なハーモニー、一つ一つが把握できます。
マーラーは指揮者であったこともあり、管弦楽は非常に洗練されており、曲の魅力を惹きだす上でインバルのアプローチは一つの確かに正しい解釈であると思います。
弦の演奏がそこまで濃くなく、曲のペースもきちっと守って攻撃性が無いため、表現力に欠けているのでは、と思うことは否めないです。
しかし、曲の途中でそういうことを思っても、クライマックスを迎えるときには圧倒されるようなエネルギーに満ちています。

マーラー
マーラー:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,038 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 561 (定価の53%引き) 残り7個

発売元:日本コロムビア  発売日:2010-08-18
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
名盤とは 評価
第1楽章〜第5楽章までの流れのお手本を示す名盤である。
トランペットの葬送行進曲で始まる第一楽章の曲調の変化のさせ方、突然嵐が巻き吹く激しさで始まる第2楽章は第一主題と第二主題が入れ替わり、陰陽をあわせ激しくでうねるような音作りがされている。
このオーケストレーションによってメロディーの美しさが最大限に表現されている。
第3楽章のホルン、弦と管のテンポの明るい応酬。
第4楽章のアダージョはCDを聴いていて気持ち良い。
聴き手とは逆に細心の注意を払わなければこのような音作りはできない。
第5楽章では、第1〜第4楽章まで我慢に我慢を重ねて演奏してきたオーケストラは一挙に解き放たれたかのように明るくテンポのよいメロディーを奏でる。

フルトヴェングラーやメンゲルベルクの見解を的確に理解できる演奏 評価
多くの評論家が指摘しているように、この交響曲には第2楽章までの悲劇がスケルツォ以降の明るさによって無にされてしまう不自然さがあると思われます。
大多数の演奏の場合、スケルツォ以降が明るく綺麗すぎ、その違和感が浮き彫りになっている印象が拭えません。
この、交響曲に突然の変異をもたらすスケルツォについて、メンゲルベルクは、「苦しみを忘れようと虚しく試みる」と評しています(この演奏の初出CDの解説より)が、インバルのテンポの遅い演奏は、まさにそうしたメンゲルベルクの解釈を音にしたものと言えるかもしれません。
これにより、最初の二つの楽章の悲劇が消えてしまわず、アダージェットの瞑想を経てフィナーレの歓喜に至るプロセスが違和感なく体験できる演奏になっているのです。

マーラー
マーラー:交響曲全集

新品価格 ¥ 8,486 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 5,606 (定価の40%引き) 残り6個

発売元:コロムビアミュージックエンタテインメント  発売日:2010-05-19
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
インパクトは無いが、録音・演奏も良好。 評価
2010年は「ショパン」と「シューマン」の生誕200年でクラシック愛好家にとっては、記念すべきメモリアル・イヤーなワケだが、この二人の大作曲家と共にもう一人、彼らより50年後輩で生誕150年を迎えたのが「マーラー」である。
1860年生まれの彼は2010年が生誕150年、1911年に亡くなったので来年2011年は没後100年と二年連続でメモリアル・イヤーが行われるという、なんともラッキー(?)な作曲家でもあるのだ‥!(わずか50歳で亡くなってしまったとは‥!)メモリアル・イヤーということで、記念演奏会や録音なども沢山企画されているが、以前に発売された「交響曲全集」も幾つか再発売されるが、当インバル盤もその一つである。

マーラー
マーラー:交響曲第1番「巨人」

新品価格 ¥ 1,496 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 317 (定価の81%引き) 残り8個

発売元:SMJ(SME)(M)  発売日:2008-11-19
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
愛弟子ワルター 評価
愛弟子のワルターが指揮した「巨人」は当然のごとく、この曲の中心的役割をなすべき名盤中の名盤です。
モノーラルからステレオに移り変わろうとしていた「レコードの時代(ワルター盤)」から今日に至るまで、この名盤を超えるものはまだ出現していなくせいぜい肩を並べる程度だと思います。
マーラーの作品は総じて「物悲しく長く天国的に美しい」のが特徴で交響曲の中でも「復活」や4番同様に親しみ易いです。
バーンスタイン、テンシュテット等の名盤と聴き比べるのもクラッシック音楽を楽しむ為の一つの手段だと思います、これからクラッシックに親しもうとする方には是非とも持っていたい1枚です。

初めての人にも安心してお薦めできる名盤 評価
私はあまりいいマーラーのリスナーではないのですが(なにしろ長大な曲が多く、実演を聴いた事がない私にとってはCDで聴き続けるのはちょっときついため)、そんな私でもこのこの交響曲第一番はすんなり入り込めました。
 マーラーの作品の中では音楽的完成度が低いのかもしれませんが、ここには親しみやすい“歌曲の精神”が溢れていて、聴いていて実に楽しいです。
 覚えやすくてちょっと民謡風の美しい旋律も魅力的です。
 それでいてワルターの演奏はこのやや小ぶりの曲を迫力いっぱい、艶いっぱいに奏でていてくれて、本当に理屈ぬきに楽しませてくれます。

マーラー
心を満たすクラシック 5癒しのアダージョ BESTHEARTFUL CLASSICS (5) ADAGIO



中古価格 ¥ 1

発売元:Warner Music Japan =music=  発売日:2008-03-19
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:交響曲全集



中古価格 ¥ 27,462 残り2個

発売元:ポリドール  発売日:2007-06-12
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
絶妙なサウンドさばき 評価
私がCSOに興味を持ったのはこの全集を購入したことに始まる。
ニューヨークやボストンとは違う、過剰なロマンチシズムに流れない、小気味よく、まあ鳴らすところはとことん鳴らすオーケストラスタイルはマーラーの交響曲によって成されたものと考えても過言ではないと思う。
この全集に収められている各曲はいずれも名演であり、コストパフォーマンスは非常に良いと思えるはず。

マーラー
決定版 マーラーのすべて



中古価格 ¥ 99 残り5個

発売元:ポリドール  発売日:1999-03-03
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


マーラー
ミヒャエル・ギーレン・エディション 第6集 1988-2014 マーラー:交響曲全集、歌曲集

新品価格 ¥ 6,341 (定価の25%引き)

中古価格 ¥ 6,048 (定価の29%引き) 残り1個

発売元:SWR music  発売日:2017-09-22
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:歌曲集「子供の不思議な角笛」(SACDハイブリッド)

新品価格 ¥ 2,916 (定価の9%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2015-12-02
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
R.シュトラウス&マーラー:ピアノ四重奏曲集・歌曲集

新品価格 ¥ 2,450 (定価の12%引き)



発売元:SMJ  発売日:2014-08-27
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:さすらう若人の歌、リュッケルト歌曲集&若き日の歌

新品価格 ¥ 1,157 (定価の9%引き)



発売元:SMJ  発売日:2012-11-21
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラーの遺産 ~マーラー,ベルク,シェーンベルク,ショスタコーヴィチ,ブリテン:歌曲集

新品価格 ¥ 1,483

中古価格 ¥ 1,309 残り4個

発売元:ONDINE  発売日:2012-09-19
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
Ouvres de Mahler, Berg, Schönberg, Chostakovitch & Britten / Virpi Räisänen, mezzo-soprano - Marita Viitasalo, piano

マーラー
R.シュトラウス,ワーグナー,マーラー:無伴奏合唱作品集

新品価格 ¥ 1,335

中古価格 ¥ 920 残り1個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2012-03-14
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
Chor des Bayerischen Rundfunks - Peter Dijkstra, direction

マーラー
シューベルト/シェーンベルク/R. シュトラウス/ドヴォルザーク/マーラー/ブラームス:声楽作品集(ポップ)(1980, 1983)

新品価格 ¥ 2,619

中古価格 ¥ 2,548 残り1個

発売元:ナクソス・ジャパン(株)  発売日:2010-11-16
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:子供の不思議な角笛、交響曲第10番からアダージョ

新品価格 ¥ 2,462 (定価の20%引き)

中古価格 ¥ 2,010 (定価の34%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2010-09-22
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:さすらう若人の歌



中古価格 ¥ 1,080 (定価の30%引き) 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2008-03-26
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:交響曲第2番「復活」終楽章/メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 他

新品価格 ¥ 1,157 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 870 (定価の32%引き) 残り3個

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2007-11-07
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
これはすごい 評価
名人スターンのメンコンに加えてバーンスタインの豪華な指揮でライブ演奏は文句のつけようがありません

マーラー
アダージョ・カラヤンGOLD

新品価格 ¥ 3,000

中古価格 ¥ 619 (定価の69%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2006-08-16
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
新ウィーン楽派の室内楽作品集:マーラー:ピアノ四重奏曲/シェーンベルク:ヴァイオリンとピアノのための小品/他

新品価格 ¥ 5,599

中古価格 ¥ 780 (定価の24%引き) 残り7個

発売元:(unknown)  発売日:2006-06-03
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:子供の不思議な角笛

新品価格 ¥ 1,337



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2005-12-21
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:作品集

新品価格 ¥ 1,390 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 324 (定価の79%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-03-23
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
買わなきゃ損! 評価
1番「巨人」について かなり個性的な演奏です。
多くの指揮者が、さわやかに、あっさりと演奏してしまうのに対し、バーンスタインは極限までテンポを揺らす(ところどころ曲が違うのではとさえ思う)。
なんというか、少しドロドロしているとでもいったような演奏となっている。
しかし、最低限の推進力は失わず、随所で「アメリカ的」な所を聞かせてくれる、おもしろい演奏である。
決して聞き苦しいわけではなく、個々まで強いデフォルメを、これもありかなと思わせるのは、やはりバーンスタインの凄さであろう。
5番について この演奏は、本当に超名演である。

これが1番かな 評価
マーラーの5番はDVD・CDといろいろ聴きましたがバーンスタイン&ウィーンフィルがベストかなと思います。
(これを聴くまではハイティンク&ベルリンでしたが)このCDはカップリングで「巨人」も入っているし買って損なし!でしょう。

マーラー
マーラー:作品集(2)



中古価格 ¥ 9,800 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-01-30
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー: 交響曲第1番「巨人」/第5番



中古価格 ¥ 770 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-11-22
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バーンスタインのマーラーを知る良い機会 評価
バーンスタインは聴き手に非常にはっきりと好き嫌いが分れる指揮者です。
特にマーラーにおいて、尋常でない彼の、のめり込みが良くも悪くも、個性というものを確立させています。
一言で言うと、非常に濃く激しいマーラーです。
このCDに収められている、第1番と第5番は、いずれも2度目の全集に含まれる名演中の名演で、マーラーファンからは長らく絶賛され続けています。
特に第5番は「そこまで濃く重く演出する必要があるのか」と思うくらいの徹底ぶりで、一音一音に彼の異様なまでのこだわりが、ひしひしと感じられる驚異の演奏で、過去の名曲名盤で第1位に3回も輝いている決定的な名演です。

試聴盤 評価
バーンスタインは好きという人と嫌いという人がはっきり別れるので、初心者の方は全集を買う前にこのCDで試聴してみた方が良いと思います。
一番も五番もマーラーの代表作なのでバーンスタインの音楽性がだいたい分ります。
そういう意味では星五つ。
どう感じるかはご自身で判断すべきでしょう。
しかし、バーンスタインがマーラーを振り始めた頃から名演奏が出てくるようになった事を考えると非常に重要な存在だと思います。

マーラー
世紀の大作曲家自作自演集@〔マーラー;葬送行進曲/グリーグ;ちょうちょう他〕自動ピアノ・ロールに依る作曲者自作自演(D)



中古価格 ¥ 8,940 残り2個

発売元:ビクターエンタテインメント株式会社  発売日:1987-02-21
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


交響曲
マーラー
マーラー : 交響曲 第4番 ト長調 (Mahler : Symphonie Nr.4 / Hans Schmidt-Isserstedt | NDR Sinfonieorchester Hamburg) [CD] [Live Recording] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 3,510



発売元:ALTUS  発売日:2018-03-20
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー : 交響曲 第1番 ニ長調 「巨人」 (Mahler : Symphonie Nr.1 ''Der Titan'' / Hans Schmidt-Isserstedt | NDR Sinfonieorchester Hamburg) [CD] [Live Recording] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 3,510



発売元:ALTUS  発売日:2018-03-20
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:交響曲第9番

新品価格 ¥ 2,700



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-03-07
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
花から花へ

新品価格 ¥ 1,836



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-11-22
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
「アーブル美術館」プレゼンツ「クラシック音楽の或る棚」名曲シリーズ 17 マーラー:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,620



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2017-09-13
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:交響曲第8番「一千人の交響曲」(期間生産限定盤)

新品価格 ¥ 994 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 1,200 残り1個

発売元:SMJ  発売日:2016-09-07
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:交響曲第5番(期間生産限定盤)

新品価格 ¥ 920 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 810 (定価の25%引き) 残り4個

発売元:SMJ  発売日:2015-04-22
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
ギターで聴く クラシック名曲20

新品価格 ¥ 2,480 (定価の11%引き)



発売元:ウッドノート・スタジオ  発売日:2014-04-10
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
Khora-Niemandslied ソプラノ名曲集-

新品価格 ¥ 2,787 (定価の9%引き)



発売元:エクストン  発売日:2012-12-19
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
半田美和子の良さを堪能できるCD 評価
半田さんがアルバムを制作されることは風の便りに耳にしていたが、こんな充実した内容になるとは思っていなかった。
ポピュラーな曲を控えめに配しつつ、歌手ご本人が是非歌いたい、聞いてもらいたい曲を積極的に取り入れた全く意欲的なアルバムになったのではないだろうか。
それにしても、1曲目のマーラーのなんと深く心地良いことか。
半田美和子らしさがこの1曲に凝縮されているようにも思えるし、歌劇「ルル」こそがそれらしい1曲とも思える。
いや、ソルヴェイグの歌でしょう、という声も聞こえる。
アルバムとして通して聞くのもいいかもしれないが、その日の気分で1曲か2曲だけ選んでしっかり聴くことをおすすめする。

マーラー
ドイツ・リート名曲集 (Liederreise / Angelika Kirchschlager (mezzosopran), Robert Lehrbaumer (klavier)) [輸入盤]

新品価格 ¥ 2,504



発売元:Preiser Records  発売日:2012-07-04
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
合唱名曲集 (Choral Works) [10CD Box]

新品価格 ¥ 4,821

中古価格 ¥ 5,188 残り2個

発売元:Harmonia Mundi France  発売日:2011-11-04
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
交響戦艦ショスタコーヴィチ ~ ヒーロー風クラシック名曲集

新品価格 ¥ 1,928

中古価格 ¥ 803 (定価の58%引き) 残り7個

発売元:Naxos  発売日:2011-02-23
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
笑って良し、真面目に聴いて良しな名曲集 評価
ショスタコーヴィチの5番とマーラーの1番が抜粋なのはちょっと残念ですが、これは良い物です。
ネタでもなんでもクラシックの取っ掛かりとして聴いても、普通にクラシック好きが聴いても楽しめるのではないかと思います。

笑って良し、真面目に聴いて良しな名曲集 評価
ショスタコーヴィチの5番とマーラーの1番が抜粋なのはちょっと残念ですが、これは良い物です。
ネタでもなんでもクラシックの取っ掛かりとして聴いても、普通にクラシック好きが聴いても楽しめるのではないかと思います。

ちょっと疲れるかも 評価
テンションの上がる名曲揃いですが、このテンションで1時間以上というのはちょっと厳しいものがあるかもです。
有名曲とマイナー曲が程よくミックスされており初心者だけでなくクラシック愛好家にも楽しめるものになっていると思います。
自分でこの手のものを編集しようとすると作曲家の偏りや録音状態の不安定さが際立ってしまうだけにこういった企画ものもありがたいと思います。

マーラー
マーラー:交響曲第1番<巨人>(花の章付き)

新品価格 ¥ 1,110 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 538 (定価の56%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-07-15
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
無垢で無邪気な子供のようなかわいらしさと楽しさ、天使のようなやさしさに溢れています。 評価
 純真な子供が遊び、唄い、やさしく話しかけ、無邪気に・・・そして元気よく、遊びまわるような・・・・・爽やかで美しく、楽しさと快活さに溢れた演奏です。
 どこまでもメロディーはやさしく、豊かで美しく、そしてさわやかで、元気で快活な子供の無邪気な笑いすら、聞こえそうです。
 演奏にはどこにもに押付けがましさや猛々しさがなく、天使のようなさわやかさと無邪気で楽しい子供のような元気と愛らしさに溢れており、そこには淡々とした「音楽美」が存在します。
 ボストン交響楽団の弦楽器と管楽器は、童話やメルヘンを奏でるようなデリカシーと表現で小沢の指揮に応えています。

サイトウ・キネン・オーケストラ版と比較視聴してほしい! 評価
小澤征爾がボストン交響楽団常任指揮者に就任してから3年ほど経ったときに行なった録音。
原典版で<花の章>がついている貴重な1枚。
まだ40代の録音でエネルギッシュな演奏に注目!価格を低く抑えて再発売されたのもうれしいですね。

マーラー
マーラー:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 648 (定価の47%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-02-21
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ド迫力の名演 評価
バーンスタイン、カラヤン、テンシュテット、インバルなどなど多くのマエストロが録音している5番ですが、このショルティ盤は素晴らしい。
他の録音より演奏時間が短く(速く)手軽に聴けるのは勿論、演奏面でも大満足の完成度。
冒頭のトランペットソロからラストのホルンの咆哮まで、金管メインで聴きたい方は必聴。
シカゴ響はやっぱ上手いなー。
ショルティとシカゴ響のベストタッグの本領が発揮された一枚であると思います。

戦線を力づくで突破する重戦車のような大迫力・・・! 評価
 ショルティ、シカゴ交響楽団の黄金時代の録音。
 最新鋭の大機動部隊が一糸乱れずに総力攻撃をかけるような大迫力です。
 冒頭のトランペットのファンファーレの突き刺さるような強烈な高音と迫力、終楽章での強烈な発展と爆発はショッキングなくらいです。
マーラー音楽の持つ、緻密で精密な美しさ・輝かしさと軍隊的な破壊力・爆発力が見事に両立した名演と思います。
 指揮者とオーケストラの持つハイテク兵器のような精密かつ強力な演奏力が楽曲の持つ破壊力や爆発力、前進力と見事にマッチしたユニークかつ独創的な演奏です。
 アメリカでこのアルバムはグラミー賞を受賞していますが、日本での評価が低い事は不思議です。

マーラー
NHK DVD名曲アルバム 楽聖たちへの旅「マーラーとリヒャルト・シュトラウス~後期ロマン派と近代の



中古価格 ¥ 417 (定価の94%引き) 残り7個

発売元:テイチクエンタテインメント  発売日:2000-09-21
  

マーラー
名曲コンサート/パッヘルベルの



中古価格 ¥ 579 (定価の68%引き) 残り5個

発売元:ポリドール  発売日:1998-04-05
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
名曲アルバム Vol.19 classic masterpieces vol.19

新品価格 ¥ 2,000

中古価格 ¥ 1,641 (定価の17%引き) 残り2個

  
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


オペラ
マーラー
マーラー:交響曲第3番

新品価格 ¥ 2,100 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 1,100 (定価の55%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
「至福」こそがこの曲の主題。影の表現を要求すべきではない。 評価
さすがはショルティ・CSOのコンビという他ない。
音作り、強弱、緩急といったダイナミズム、激しさ、甘美さ、優しさ、暗さ、どれをとっても明確で一転の曇りもなく、スコアの音を忠実に全て聞かせてくれる。
今まで他の指揮者では聞こえず、納得できず、残っていたもやもやが全て吹き飛ばされた。

影の部分もほしかったが、美しくヴィヴィッドなショルティ=シカゴの名コンビは不滅ですわな 評価
1982年録音。
ショルティらしく、管弦ともヴィヴィッドで明るい音。
最初の楽章等、室内楽的な静音パートとダイナミックなトゥッティパートのダイナミックなコントラストも大きく、オーディオファンも楽しめるダイナミックな演奏です。
3楽章など、ショルティらしく丁寧にリズムをとって、クリアに各フレーズを表現しようというところが大いに共感できる。

マーラー
マーラー:交響曲「大地の歌」

新品価格 ¥ 1,050 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 700 (定価の43%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
葬列のあとを吹く風のような「大地の歌」 評価
マーラーはことさら死生観や厭世観を作品に反映してきたけれど、その究極点にあると言えるのがこの「大地の歌」ということになる。
それにしても、交響曲の概念を様々に解釈したマーラーであるが、男声と女声が代わる代わる独唱するという一つの「形態」を生んだのもマーラーということになるわけで、この「ジャンル」はその後、ツェムリンスキーの「叙情交響曲」に代表され、ショスタコーヴィチの「死者の歌」までやや形を変えながらも受け継がれていくことになる。
マーラーが古代中国の漢詩にどれほどの関心があったのか分からないが、このような重要な作品で用いられていることを考えると、やはり「死生観」のようなものに共鳴するところがあったのではないか。

蒼い世界の中で、マンドリンの音が、かすかに震えるように 評価
・・・という楽曲解説を図書館で読んで興味を持ち、帰りがけにレコード屋でLPを買った今は遠い昔(ジャケットもまるで同じデザインで泣かせる)。
曲全体の半分を占める長大な最終楽章のラスト、それまでにない緊張と感動に満ちて、永遠と思えるほどに長く引き延ばされたヴァイオリンのクレッシェンドが、永遠の春を讃えるアルトの最後の歌〜それは同時に、マーラーにとっての最後の人間の歌声〜を導きだす。
チェレスタの音色が遠い星のようにきらめく中、マンドリンとハープが去りゆく詩人の琴のようにかすんで消えてゆく、その「永遠に…」のため息は実は彼の十番目の交響曲、第九番の冒頭の旋律。

マーラー
マーラー:交響曲第2番「復活」

新品価格 ¥ 3,748

中古価格 ¥ 2,250 (定価の40%引き) 残り4個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2014-12-03
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:歌曲集

新品価格 ¥ 1,500 (定価の13%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-09-17
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:さすらう若人の歌、亡き子を偲ぶ歌、リュッケルト・リーダー

新品価格 ¥ 1,157 (定価の10%引き)



発売元:インディペンデントレーベル  発売日:2014-08-03
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:交響曲「大地の歌」

新品価格 ¥ 1,102 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,354 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ワルター、クレンペラーで感動できないアナタへ!最適の「大地の歌」入門! 評価
大地の歌、と言えばマーラー晩年の最高傑作、という人がたくさんいる。
吉田秀和氏絶賛のクレンペラー(表現が重厚で深刻過ぎ、歌手も真面目過ぎ・立派過ぎ/ヴィブラートが濃すぎ)、宇野功芳氏溺愛のワルター/ウィーンpo・フェリアー(モノーラル録音と何か癖がある、まとまりのない雑さ)・・そして、フィッシャーディースカウの絶唱が聴ける、バーンスタイン盤(キングの声と落ち着きのないオケ)。
しかし、そのどれもが、録音も鋭角的で、何か殺伐としている。
美しい演奏、とは違う。
精神的な、文学的な部分を重視しているとでも言うべきか。
作曲者の心情、歌詞の内容、スコアに忠実といった面が強いのかもしれない。

マーラー
マーラー:少年の不思議な角笛[オーケストラ伴奏版&ピアノ伴奏版]

新品価格 ¥ 1,626 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 1,389 (定価の28%引き) 残り6個

発売元:SMJ  発売日:2011-11-09
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
英雄たちの歌~カウフマン・ドイツ・アリアス

新品価格 ¥ 2,398 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 8,100 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-04-06
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:交響曲第2番 復活

新品価格 ¥ 3,380 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 1,579 (定価の58%引き)

発売元:EMIミュージックジャパン  発売日:2010-06-02
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:交響曲第8番《千人の交響曲》

新品価格 ¥ 1,482 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 928 (定価の43%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-10-21
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
これは素晴らしい!ショルティの屈指の名演と言って良いのではないかな。 評価
実はこの曲、バーンスタインのライブを見て盛り上がってるし凄い演奏だとは思ったが何が何だか解らない曲って感じだった…正直な所。
流石はショルティだなあ…と思う。
凄い曲の構造が解る、彼のマタイ受難曲を聴いた時と同じ爽やかな感動がある。
ことさらに盛り上げようとしない滋味溢れる美しい演奏…弱奏やソリストのアリアが際立ち素晴らしい…柔らかで慎ましやかな女性合唱も、抑え気味な男性合唱も、初々しい少年合唱も最高のバランスです。
エンディングの粛々とした歩みの聖なる響きには神々しさが宿っているかのようです。

マーラー・ファンなら楽しめる筈です 評価
オーケストラは、まあまあです。
歌手も、まあまあです。
全体としては、楽しめました。
マーラーにしては、一寸、物足りないのは、それほどドラマチックではないからでしょうか?

マーラー
マーラー:歌曲集「子供の不思議な角笛」

新品価格 ¥ 1,338 (定価の13%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2008-03-26
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
VKJK0428 MDRエディション71マーラー:交響曲「大地の歌」(室内管弦楽版)2歌曲集「さすらう若人の歌」(室内管弦楽版)

新品価格 ¥ 1,503

中古価格 ¥ 37 残り5個

発売元:Querstand Records  発売日:2006-10-10
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー&コルンゴルト歌曲集

新品価格 ¥ 1,900 (定価の21%引き)

中古価格 ¥ 1,045 (定価の56%引き) 残り3個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1997-03-21
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
満足できました 評価
ディスクも説明書も綺麗で、曲内容も豊富でとても満足できました。

マーラー
マーラー歌曲集



中古価格 ¥ 600 (定価の25%引き) 残り8個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1991-01-21
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ピアノ、ヴァイオリン
マーラー
ブラームス:ピアノ四重奏曲 第2番/マーラー:ピアノ四重奏曲 イ短調

新品価格 ¥ 1,244 (定価の3%引き)



発売元:NAXOS  発売日:2017-02-24
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
ブラームス : ヴァイオリン協奏曲 | 弦楽六重奏曲 第2番 (Brahms : Violin Concerto | String Sextet no.2 / Isabelle Faust | Mahler Chamber Orchestra | Daniel Harding) [SACDシングルレイヤー] [日本語帯・解説付] [Limited Edition]

新品価格 ¥ 39,800

中古価格 ¥ 6,700 残り4個

発売元:harmonia mundi France / King International  発売日:2015-07-14
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
メンデルスゾーン&シューマン:ヴァイオリン協奏曲集

新品価格 ¥ 2,128 (定価の1%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2015-01-20
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
ショーソン : ピアノ四重奏曲 | マーラー : ピアノ四重奏曲 (Chausson & Mahler : Piano Quartets / Ensemble MONSOLO ~ Samika Honda, Sylvain Durantel, Julien Lazignac, Emmanuel Christien)

新品価格 ¥ 1,769 (定価の45%引き)

中古価格 ¥ 2,500 (定価の22%引き) 残り2個

発売元:たまゆら  発売日:2014-12-04
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:亡き子をしのぶ歌/ベルク:ヴァイオリン協奏曲、アルテンベルク歌曲集(MAHLER, G.: Kindertotenlieder / BERG, A.: Violin Concerto / 5 Altenberglieder)

新品価格 ¥ 1,322

中古価格 ¥ 1,321 残り2個

発売元:Capriccio  発売日:2013-06-19
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
Mahler : Kindertotenlieder (arr. A. Schönberg & R. Riehn) - Berg : C-to pour violon (v. de Schönberg, arr. A. N. Tarkmann - Altenberg Lieder (v. de Schönberg, arr. Diderik Wagenaar) / Marion Eckstein, m. soprano - Winfried Rademacher, violon - Linos Ens.

マーラー
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー - マーラー:嘆きの歌/ヤナーチェク:バラード「ヴァイオリン弾きの子ども」

新品価格 ¥ 2,017

中古価格 ¥ 1,188 残り1個

発売元:ICA CLASSICS  発売日:2012-09-19
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
マーラー:交響曲第6番 (Mahler: Symphony No. 6; Piano Quartet)

新品価格 ¥ 1,995

中古価格 ¥ 1,500 残り5個

発売元:ONDINE  発売日:2012-01-30
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
Mahler himself called his Sixth Symphony the "Tragic," and described it as posing "riddles" accessible only to those who had "digested" his earlier symphonies. As always, he made extensive alterations not only during rehearsals but also after the publication of the score and the 1906 premiere, producing two authentic versions; the existence of a third is in dispute. He revised the orchestration, including the number of the famous hammer strokes, and changed the sequence of the two middle movements, causing still unresolved confusion and dissention. This recording opts for the sequence of the first version and the instrumentation of the second. Cast in four movements, the Symphony is purely orchestral and relatively traditional; however, its initial vehemence and ultimate bleak despair contrast starkly with Mahler's successful personal and professional life at the time. His wife later explained this with dubious autobiographical and symbolic interpretations involving herself, their children, even premonitions about Mahler's own health and the still undreamed of future European catastrophes. She also described it as his most personal, deeply felt work, recalling that they both wept when he first played it for her. Indeed, its emotional immediacy, its extreme mood swings--from driving violence to melting lyricism, from playfulness to bitter parody, from triumph to hopelessness--seem to mirror Mahler's mercurial, tormented personality. The performance is austere, intense, and expansive, but never sentimental, lush, or really warm, even in the profoundly moving Andante. The climaxes soar ecstatically, the Scherzo is diabolical, the opening menacing, the trills and hammer blows terrifying. The single-movement Piano Quartet, a student work, is mostly of historical interest, thematically, harmonically and texturally so primitive that the metamorphosis to Mahler's "real" style appears quite miraculous. The orchestra's fine principals with Eschenbach as pianist do their imaginative best, adding dynamics, rubatos, drama, and excitement. --Edith Eisler

マーラー
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲、ヴァイオリン・ソナタ (Shostakovich : Piano Concertos, Sonata for Violin & Piano Op.134 / Alexander Melnikov, Isabelle Faust)

新品価格 ¥ 1,700

中古価格 ¥ 1,950 残り6個

発売元:Harmonia Mundi France  発売日:2012-01-25
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
現代ロシア・ピアニズムの存在感を示すメルニコフの快演 評価
質の高いアルバムのリリースが続くアレクサンドル・メルニコフ(Alexander Melnikov 1973-)による2011年録音のショスタコーヴィチ Dmitrii Shostakovich 1906-1975)アルバム。
収録曲は、テオドール・クルレンツィス (Teodor Currentzis 1962-)指揮マーラー室内管弦楽団のバックでピアノ協奏曲第1番と第2番。
それにヴァイオリンにイザベラ・ファウスト(Isabelle Faust 1972-)を招いてのヴァイオリン・ソナタの3曲。

発売元のレビュー
HMF 902104; HARMONIA MUNDI - Francia; Classica Orchestrale per Piano

マーラー
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.77/弦楽六重奏曲 第2番 ト長調 Op.36 (Brahms : Violin Concerto String Sextet no.2) [輸入盤・日本語解説書付]

新品価格 ¥ 3,061

中古価格 ¥ 1,780 (定価の42%引き) 残り5個

発売元:HARMONIA MUNDI, FRANCE / King International  発売日:2011-08-03
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/パガニーニの主題による狂詩曲

新品価格 ¥ 2,593 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,475 (定価の48%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-03-02
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ユジャ・ワンのラフマニノフ‥! 評価
ユジャ・ワンの初めてのピアノ協奏曲の録音が遂に登場!曲目は、つい先だって来日した時にも演奏されたラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」と、同じくラフマニノフの名作「ピアノ協奏曲第2番」。
その来日の際にプログラムに入れられていた協奏曲に、ラフマニノフと同様に難曲で知られるプロコフィエフの「ピアノ協奏曲第2番」を選曲するぐらいだから、初めての協奏曲の録音の曲目は少し意外性のある選曲か、逆にオーソドックスなポピュラーな名曲で選ぶのか?いろんな憶測をしていたのだが‥結果は後者、ポピュラーな名作ピアノ協奏曲では王道中の王道であるラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」と「パガニーニの主題による狂詩曲」が選曲された。

待ってました! 評価
やっと待ち望んでいた録音が出ました。
同じ曲でいくつものアルバムを持っていますが最高の一つでしょう。
男性ピアニストよりも爽快な弾きっぷりには脱帽です。

マーラー
Mahler Playing Mahler on Mahler's Grand Piano

新品価格 ¥ 4,145



発売元:Preiser Records  発売日:2010-09-28
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
ベートーヴェン(マーラー編):弦楽四重奏曲第11番「セリオーソ」; ブラームス(シェーンベルク編):ピアノ四重奏曲第1番

新品価格 ¥ 1,900

中古価格 ¥ 1,418 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-12-04
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
まさに「ブラームスの交響曲第5番」でしょう! 評価
マーラー編曲によるベートーヴェンの弦楽四重奏曲第11番「セリオーソ」の弦楽合奏版とシェーンベルク編曲によるブラームスのピアノ四重奏曲第1番の管弦楽版を収録。
ドホナーニ指揮ウィーンフィルの演奏で録音は1995年。
いずれも原曲偏重の現代ではあまり省みられない作品だと思うが、本当に聴いていて楽しい。
どうしてこのような企画がもっと持ち上がらないのだろうか。
いずれにしてもこれらの楽曲に素晴らしい録音してくれたドホナーニとデッカには頭が下がる思いでいっぱいである。
ベートーヴェンの名曲の編曲は、原曲が手の付けようのない完璧なものだっただけに、マーラーほどの人物でなければ思いつかなかったかもしれない。

マーラー
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲



中古価格 ¥ 2,400 (定価の6%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2008-10-22
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
新たな解釈による幸福な時間への誘い 評価
こんな解釈、消化方法もあったのかと目から鱗の衝撃を受けました。
初めて耳にした時に夢中になり、何度も聞く度に新たな発見があり、再び感動する演奏です。
これまでに何度も聞き馴染んできた曲ですが音楽には演奏者によってこんなにも千変万化するものであると改めて認識をしました。
ヤンセンとオーケストラが会話をするかの様な感触、或いはオーケストラがヤンセンをやさしく、尊敬をもってサポートする様な感触が全体を通して伝わってきて音楽を聴く喜びを感じます。
ヤンセンもまたオーケストラを信頼し、尊敬していると思わせる感覚が強く感じられ、そのことが聞く者を幸福な気持ちにさせてくれるのかと思います。

聴くたび考えさせられる 評価
不思議な才能だ。
あえてゆっくり弾いて「どう?」と試されているような錯覚に陥る。
しかもその演奏方法は彼女なりの裏付けがあって、1回聴くたびに、本当は何が言いたかったのだろう、と考えられさせるものなのだ。
すべての演奏法があらゆる先達のバイオリニストたちによって試みられ、もう新しいことは何も残っていないと考えられていた21世紀の今、ヤンセンの問いかける意味は新しい。
こういう試行がないとクラシックは伝統芸能として消えていく運命にある。
シュタットフェルトのゴールドベルクを評価する人向け、ではある。

マーラー
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲集

新品価格 ¥ 1,964

中古価格 ¥ 1,728 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2004-10-27
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラー
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番&第3番



中古価格 ¥ 1,229

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2004-09-22
  

マーラー  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
どうして上↑のような評価をするのか分からない・・・ 評価
朝のFM放送で、たまたま流れてきたものに聞きほれて、迷わず購入。
一言で言って「本当にすばらしい演奏」・・・これだけ。
3番2楽章のロマンティックな表現は、他のどのCDも比較にならないほどうっとりする。
実は私は趣味のアマチュアオケで、3番を演ったことがあり、この3番にはカナリの思い入れとこだわりが。
このアルゲリッチの演奏は、その期待に充分応えてくれている。
他の批評でイマイチの声があるが、チャイコフスキーとベートーヴェンに同じものを求めることに、大きな疑問を感じ、この曲でこれ以上何を望むのか?と首を傾げたくなる・・・この演奏は、それくらいに素晴らしい。

アルゲリッチ/アバド ベートーヴェンピアノ協奏曲3番 評価
アルゲリッチのピアノを久しぶりに聴いた。
私にとって、アルゲリッチの演奏というのは何か特別な期待みたいなものがあって、ベートーヴェンの3番コンチェルトの演奏とはどうあるべきなのか?という視点ではなく、アルゲリッチが弾くとどうなるのか?という興味の方が大きい。
やはり、コンドラシンとのチャイコフスキーのコンチェルトに代表される、聴き手の感情を一気にさらっていくような激しさを私は一番に期待してしまう。
しかしこのベートーヴェンの3番は違っていた。
アバドの緻密なオケに追随しようとするかのように、本来のアルゲリッチらしさが聴けなかった。



PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加