ベートーヴェンの名曲、ベストアルバム のCDを紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。ベストアルバム、グレーテストヒッツ、ライブ版、名曲集を紹介します。  

ベートーヴェン,の名曲,ベストCD,DVDの試聴,視聴,紹介,評判,レビュー,安売り価格,値段,中古価格


交響曲第5番 運命
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」、「エグモント序曲」、大フーガ

新品価格 ¥ 3,024



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-11-07
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番・第6番

新品価格 ¥ 942 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 455 (定価の55%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-12-05
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第7番

新品価格 ¥ 1,500 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 1,080 (定価の41%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-09-07
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 684 (定価の44%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
絶頂期のジュリーニ・ロスフィル録音の凄さに感動! 評価
LPでそれぞれ発売され、後にCD発売されているが、LPで聴いて以来、ジュリーニの指揮の素晴らしさに、感動を抑えられない。
当時は音の良さは勿論、ポピュラーな第5番をこれ程までに磨き上げられた音楽にしたジュリーニの功績にただただ脱帽である。
この2曲をクセを感じさせず、しかも、ジュリーニの解釈が良い方向に向いており、それぞれの曲の価値を高めていると言う点で、大推薦盤です。

誠実な音の絵巻 評価
イタリア人の指揮で、アメリカのオケ。
それも西海岸の。
それでドイツの定番曲を演奏。
これだけで偏見をもちそうなものだが、一聴すれば、驚愕するに違いないと思う。
特にシューマン。
冒頭から芯があり、高貴なるカンタービレが響きわたり、豊饒にして雄渾な音色に引き込まれる。
奇をてらわず、ひたすらに音楽に奉仕するジュリーニの敬謙で清々しい姿が浮き上がる。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第4番&第5番「運命」

新品価格 ¥ 2,527 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,749 (定価の37%引き)

発売元:SMJ  発売日:2016-02-03
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」(リスト編曲ピアノ版)(期間生産限定盤)

新品価格 ¥ 630 (定価の41%引き)

中古価格 ¥ 648 (定価の40%引き) 残り3個

発売元:SMJ  発売日:2015-05-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」

新品価格 ¥ 1,103 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 663 (定価の46%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-05-15
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
1960年代を代表する名演 評価
ベートーヴェンの5番、1940~50年代はフルトヴェングラー、トスカニーニの両巨星の演奏が、前者はドイツ精神主義の精華、後者は機能主義的アプローチの模範として尊重された。
1960年代以降はステレオ録音が登場し、大勢は音響も加味して評価する方向となり、先行して人気を得たのはライナー/シカゴ響(1960年)だったと思う。
一方、カラヤンはベルリン・フィルとのベートーヴェン交響曲全集を60年代から累次にわたって世に問い絶大な影響力を及ぼす。
では、ライヴァル・オケたるウィーン・フィルはどうか? イッセルシュテットが1968年全集を収録し大きな注目を集めた。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」

新品価格 ¥ 1,583 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の45%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-09-07
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
傑作 評価
クリア且つダイナミックな演奏。
持っておいて絶対に損はしないと思います。
「運命」と「田園」という曲目の組み合わせの面から、クラシック音楽初心者の方にもおすすめです。

発売元のレビュー
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」

特徴説明
ASIN: B0053MFK3M 版型/Binding: CD

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》&7番

新品価格 ¥ 1,037 (定価の36%引き)

中古価格 ¥ 798 (定価の51%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-10-21
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
今まで聞いた中で最も感銘を受けてた演奏 評価
名曲だけに、今までいろいろな演奏を聴き、それぞれに感銘を受けました。
この演奏は、推進力、精神性、造形、オケの力量・音色という多様な面で最もバランスの取れた「聴かせる」空前絶後の素晴しい演奏だと思いました。
また、録音・音質も優れています。

C.クライバー VS E.クライバー 評価
 一世を風靡したウイーンの名指揮者エーリッヒ・クライバー(1890ー1956年)はベートーヴェンをこよなく愛し得意としていた。
5番&6番のカップリングはいまも歴史的な名盤として記録されている。
その子、カルロス・クライバー(1930ー2004年)はベルリン生まれ、ブエノスアイレス育ちで、「親子鷹」ながら父はカルロスが指揮者になることを強く反対したと伝えられる。
 カルロスは父の使った総譜を研究し尽くして指揮台に上がったようだが、この5番&7番は、没後約20年後、父もここで名盤を紡いだ同じウイーン・フィルとの宿命の録音(1974、1976年)であり、余人の理解の及ばぬ、父を超克せんとする<格闘技>的な迫力にあふれている。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番<運命>&7番

新品価格 ¥ 1,363 (定価の26%引き)

中古価格 ¥ 648 (定価の64%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン 交響曲全集 CD6枚組 6CD-305

新品価格 ¥ 1,556 (定価の19%引き)

中古価格 ¥ 3,913 残り1個

発売元:キープ株式会社  発売日:2008-07-01
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番&第7番

新品価格 ¥ 1,095 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 498 (定価の59%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-11-16
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
絶妙のバランス 評価
ベートベンの生命力、バーンスタインのアグレッシブ、ウィーンフィルの緻密さが見事にバランスされ最高の出来に仕上がっている。
古臭さは微塵も無く、新曲を聞いているかのような感動を得る。
何度となく聞いているはずなのだが、何度聴いても新しい発見、発想を与えてくれる。
是非、固定概念に囚われないで耳を傾けて欲しい。
ベートベン、バーンスタイン、ウィーンフィルの素晴らしさを再認識させる必聴の一枚。

「運命」というニックネームにとらわれず聴いてみよう 評価
オーケストラの指揮者の役割の1つは、曲をスタートさせること。
曲をどのくらいのテンポでどういうリズムでスタートさせるかを伝えること。
指揮棒が振りおろされた瞬間が最初の拍の頭となる。
第5番の第一楽章の超有名な出だしの「ダダダダーン」の最初の「ダ」は1拍目の頭ではない。
その前に「八分休符」がある。
「八分休符」の無音の時間のあと、クラリネット、バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスがユニゾンで同時にフォルテシモでスタートする。
これだけの何十人もの奏者がどうやってタイミングを合わせるのか。
しかもステージの端から端まで空間的に離れているから音が伝わる時間差も微調整して、聴衆に同時に聞こえるように合わせている。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,299 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 432 (定価の72%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2004-08-25
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
しんぶんの評価通りの凄い迫力 評価
健常期から中途失聴に至るベートーベンの半生を書いた記事の中で ずば抜けてインパクトのありそうに紹介されていた演奏。
読後1年経って切抜きを読み返し、発注して驚きました。
ナチス支配からの解放を心から喜んでいる演奏家の 魂の叫びが交響していると思いました。

第1楽章の問題も解決。リマスターによって、音質改善 評価
フルトベングラーが非ナチ化(戦犯)裁判に勝利し、復帰第一回目の演奏会3日目の録音である(1947/5/27)。
第五交響曲を、これほどドラマチックに、いわば即興的に燃えて演奏した例はない。
1943年の、木造のベルリンフィルが焼け落ちる前の、叩きつけるようなライブとともに、持っておきたい至高の名演の一つである。
同一日の録音、同一音源でも、本物に初めて出会えた感があるので、この日の CD を他のプロデュースで買い多くの友人にプレゼントしてきた贖罪を含め、コメントしたい。
LP 1400 番台の疑似ステレオ盤を NHK-FM エアチェックして、驚愕した。
しかも、1楽章の終わりでは、楽員の興奮のあまりか、ピッチが少しずつずり上がってしまっている。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番



中古価格 ¥ 1

発売元:ポリドール  発売日:1998-05-13
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
カラヤンの名盤 評価
私はカラヤンが残した運命の記録の中で、この1977年盤が最も好きです。
もちろん運命に関してはどの年代のものの当たり外れなく素晴らしいのですが、中でもこの演奏はそれまでカラヤンの特徴とされていたトスカニーニ張りのダイナミックで力強い演奏の上に70年代特有の繊細華麗さが加わり、まるでルーベンスやベラスケスのバロック絵画を観ているようです。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番



中古価格 ¥ 1,688 残り4個

発売元:ポリドール  発売日:1997-12-21
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番、第6番



中古価格 ¥ 252

発売元:ポリドール  発売日:1997-09-05
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
重厚な運命、柔らかい田園 評価
交響曲第5番は前回の録音よりも重厚な演奏になっていて、まさに運命の足音を聞くようです。
第6番は1960年代の録音では流れるような演奏、1970年代の録音ではカラヤン美学が確立された、固めの演奏で、この1980年代の演奏ではその固さを開放して、とても柔らかい演奏になっています。
それは弦楽器の演奏で顕著です。

推進力抜群の運命、やや硬質な田園 評価
カラヤン指揮ベルリンフィルによるベートーヴェンの運命と田園です。
1982年11月に収録されており、デジタル録音です。
さらに、OIBPシステムによってリマスターされています。
運命は非常に音楽的な推進力を伴っており、一気呵成にたたみかけて音楽を深堀りし、最後まで突き抜けるような演奏です。
田園は緻密に構築していったという感じでやや硬質な演奏となっています。
日本における評論家諸氏の評価は必ずしも芳しいものとは言えません。
特に宇野功芳氏などはかなり厳しい評価を下していることは周知の事実です。
ただ、この演奏を聴く限り運命は名演奏の名に恥じぬ立派で見事なものだと思いました。

Amazonレビューのレビュー
   ベートーヴェンの交響曲は、一般的に奇数番号の作品が男性的で、偶数番号の作品が女性的と言われるが、この2曲はその典型的な例である。
したがって対照的な2曲を聴き比べながら楽しむことのできる組み合わせのCDである。
   カラヤンは、その栄光と名声に満ちた人生のなかで、生涯自らの「美意識」をひたすら追求した。
同時に、常に新しいメディアを開拓し、その力を最大限に活用することにも余念がなかった。
そのため、得意とするレパートリーは一定の間隔をおいて何度も繰り返しレコ―ディングし、ベートーヴェンの作品もモノラル時代から数多くの録音が残されている。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番



中古価格 ¥ 240

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:1995-08-30
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドラマティックな名演 評価
「運命」&「未完成」というカップリングはLP時代にはよくやられた、いわば定番。
その定番の中のさらに定番といえるのが、このフルトヴェングラー=ウィーン・フィル盤。
雄渾でドラマティック、説得力に満ちた名演。
「運命」のほうがブライトクランクの効果がよく効いているようである。



交響曲第6番 田園
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」、「レオノーレ」序曲第3番

新品価格 ¥ 1,728

中古価格 ¥ 1,740 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2018-06-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」

新品価格 ¥ 1,555 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 978 (定価の43%引き) 残り7個

発売元:SMJ  発売日:2016-12-07
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」&第8番

新品価格 ¥ 13,550

中古価格 ¥ 1,039 (定価の69%引き) 残り2個

発売元:EMIミュージックジャパン  発売日:2015-06-25
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
フルトヴェングラー生誕125年企画・アビー・ロード・スタジオによる最新リマスター音源をSACDハイブリッド盤で! ●録音:1948年11月&1952年12月 ●制作にあたってのマスター素材は、EMIグループのメインともいうべきアビー・ロード・スタジオにてその管理するオリジナル素材から出来る限り良好な状態の素材から、全アイテムとも本発売のためにあらためてリマスタリングを敢行、アビー・ロード・スタジオのSurround Mastering & Restoration Engineerのサイモン・ギブソンをチーフにイアン・ジョーンズ含む全4名のエンジニア・スタッフを投入、アビー・ロード・スタジオの総力を挙げてのリマスタリングといっても過言ではない。

メディア掲載レビューほか 
カラヤンの前にベルリン・フィルの音楽監督を務め、20世紀を代表する指揮者とされるヴィルヘルム・フルトヴェングラーの音源を、アビー・ロード・スタジオにてリマスタリングを敢行。
楽音と録音会場全体の音響をできるかぎり忠実に再現。
ベートーヴェン交響曲第6番「田園」、第8番を収録。
(C)RS

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」&第8番

新品価格 ¥ 920 (定価の29%引き)

中古価格 ¥ 1,257 (定価の3%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲 第6番「田園」他

新品価格 ¥ 711

中古価格 ¥ 1,274 残り3個

発売元:LPO  発売日:2015-04-27
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第6番

新品価格 ¥ 1,898

中古価格 ¥ 60 (定価の94%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2014-12-01
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ハイテンポの中に表情豊かな田園交響曲 評価
かなりハイテンポな演奏である。
このスピードで果して「田園」が楽しめるのかな?と思いつつ聞いてゆく内に、カラヤン氏のねらいが見えてきた。
このスピードは、ここちよい緊張感を与えてくれている。
そして、べルリンフィルの高い演奏技術に支えられて、このスピードの中でとても表情豊かで各パートのどのメロディも生き生きと聞えてくる。
隅々にいたるまでハイレベルの気配りがよくなされているのを感ずる。
「交響曲No.4」のレビューにも書いたが、よく歌わせている、という印象である。
カラヤン氏の演奏の特徴は、どんなスピードでも(遅くても早くても)よく歌わせ、躍動感がある。

べートーヴェンが想像した田園光景、ディズニーのギリシャ神話の牧歌的な光景…どっちも一緒? 評価
 「ファンタジア」の5曲目が、このベートーヴェンの交響曲第6番「田園」。
「ファンタジア」ではベートーヴェンが思い浮かべた牧歌的な光景を、ギリシャ神話に例えてみたようですが、なんとも心癒される出来でした。
一人一人、それぞれの牧歌的光景を思い浮かべる………金子みすずの「みんな違って、みんないい」という言葉が思い出しました。
 次回は「時の踊り」です。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」

新品価格 ¥ 1,080

中古価格 ¥ 432 (定価の60%引き)

発売元:キングレコード  発売日:2014-10-08
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第6番<田園>/シューベルト:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,192 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 632 (定価の51%引き) 残り5個

発売元:インディペンデントレーベル  発売日:2014-08-03
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団 ベートーベン交響曲第6番/第7番 [DVD]

新品価格 ¥ 6,649



発売元:NHKエンタープライズ  発売日:2013-09-27
  

発売元のレビュー
マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団 ベートーベン交響曲第6番/第7番 [DVD]   です。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」、第8番

新品価格 ¥ 750 (定価の39%引き)

中古価格 ¥ 461 (定価の62%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲 第4番 変ロ長調 作品60 ベートーヴェン:交響曲 第6番 へ長調 作品68「田園」

新品価格 ¥ 1,613

中古価格 ¥ 683 残り3個

発売元:Challenge Classics  発売日:2010-07-22
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:田園/シューベルト:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,508 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 864 (定価の47%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-10-21
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
素晴らしい〜 評価
長い間(レコードの時代から)ベートーベンの「田園」はワルター指揮が一番と信奉し(擦り切れるまで聞いた35年間)それ以外はじっくり聞いてこなかった様な気がします。
最近、この盤を手にし聞きこむにつれ感じた事は、全体をとおして「ゆったり」、「朗々」と歌いあげており「感謝の祈り」の部分は絶品もので感動モノです!カール・ベームとウイーン・フィルが奏でる音楽は長い間連れ沿ってきた夫婦のごとく、そこはかとなく「温かみ」と「安らぎ」を与えてくれる一枚で在り、シューベルトの5番(めったに聞けない)を聞けるのも嬉しい限りです。

アルカディアを想起させる二つの交響曲 評価
ベートーヴェンは田園を何よりも好んだと伝えられる。
難聴が酷くなった後は、人間よりも自然を愛し、そこに神の声を見出したのであった。
スケッチ帳に 森の中で 自分は幸福だ 樹々は語る 汝を通して おお神よ 何と素晴らしき どの樹もみんな自分に語るではないか。
聖なるかな。
聖なるかな。
森の中は恍惚たり。
と告白している。
                                        (音楽之友社 ミニチュアスコアの解説より) 絶対音楽の使徒たるベートーヴェンが標題や題名を付記することは稀であるが、「田園交響曲」は楽聖が愛した田園を主題とする楽曲であることは自身が標題、題名を付記したことから明らかである。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」 、第6番「田園」

新品価格 ¥ 6,119

中古価格 ¥ 1,746 (定価の60%引き) 残り9個

発売元:ALTUS  発売日:2009-07-17
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
これ以後、世の中の田園の演奏スタイルが変わった。 評価
私は、当時この放送をNHK-FMで聞きました。
次の日、レコード店へベーム・ウィーンを買いに行きました。
残念ながら、この放送の時のように、最後まで緊張が続かないように思いました。
ところが、数年前、このCDが発売されていることが判りました。
実況ですから、演奏にアラもありますが、この緊張感はすごいです。
この演奏の後で、世の中の田園の演奏スタイルが変わったような気がします。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」

新品価格 ¥ 6,480

中古価格 ¥ 654 (定価の64%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-09-05
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
カラヤン最高の「運命」 評価
ステレオになってから4種類ぐらいの「運命」が存在すると思いますが、 晩年のこの「運命」素晴らしい演奏です。
昔のカラヤンの「運命」かなり速い部類でしたが、速さは若干和らぎ その分「歌」のある演奏となっています。
田園は私もカール・ベーム版を推薦します。

吼える「運命」!歌う「田園」! 評価
今までのカラヤンの「運命」の中でも随一の出来だと思います。
デジタル録音により音質の不安が消え、思い切った演奏が可能になったからでしょう。
70年代の録音よりも派手さ、かっこよさが格段に上がった第4楽章の冒頭は咆哮のよう。
有名な第1楽章でも、カラヤン得意のレガート奏法による重厚な響き。
カラヤンはこれが自分の最後の「運命」になる、と予感していたように思われます。
決してベートーヴェンという巨人の影に隠れない、いや、寧ろその巨人そのものを表したダイナミックな演奏だと思います。
「田園」はこの運命と対称的な明るく牧歌的な感じ。

発売元のレビュー
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」

特徴説明
ASIN: B000STC5HO

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調 作品68「田園」



中古価格 ¥ 4,925 残り3個

発売元:キング・インターナショナル  発売日:2004-03-24
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
6番では最高のもの 評価
ベートーヴェンの交響曲の中では、6番はテーマがテーマだけにのんべんだらりと演奏してできなくはない唯一の交響曲で、私はこの演奏を聴くまで時間がもったいないのでいつも6番は聞かないできたのだが、こんな6番がありえたのかと目からうろこが落ちる思いがした。
この演奏を聴くことによってフルトヴェングラーやカラヤンの6番もわかるようになった気がする。
このCDの隠れた聴き所は演奏が終わった後の奇妙な拍手である。
演奏終了後、曲の終わりを誰も知らないかのように、一瞬しんとし、ぱらぱらと拍手が起こる。
そしてまた戸惑ったような雰囲気が流れ、やがて拍手が少しずつ増えていき、鳴り止まぬ喝采となる。

生命力みなぎる「田園」のライブ 評価
生気あふれる素晴らしい演奏。
特に第1楽章は生命の横溢を感じさせる快演で、花が咲き乱れ、蝶が舞い、鳥がさえずり、リスが走る回る光景が、あたかも目の前に展開されていく様を見るようだ。
第2楽章では、木管楽器の表情豊かな歌が絶品。
第3楽章の楽しさ、第4楽章の激しさ、第5楽章の美しさも期待通りだ。
このコンサートのCD化は、後年クライバー自身望んだものだったのにも関わらず、どういう訳か、正規に保存されていたテープが劣化していて使い物にならなかったという。
しかし、クライバーの手元にカセットテープが残っていたことは幸いだった。
気になるのが音質だが、楽器間の音量バランス、響きの豊かさ、適度な分離など、好感の持てる録音であり、オーディオマニアでない限り充分楽しめるレベルだと思う。

Amazonレビューのレビュー
   カルロス・クライバー(1930-)が最後に指揮してから一体何年が経つのだろう。
いまや“指揮台に立つだけで奇跡を巻き起こす超カリスマ指揮者”もまったく活動を停止してしまい、隠遁の身となってしまった。
まだカルロスが生きているのに、こうしてとうとう20年以上も前のライヴ録音(1983年11月7日・ミュンヘン)までが発掘されるのは、うれしいような悲しいような、ファンとしては複雑な思いにさせられる。
   しかし、このディスクの内容は聴き手の期待感をはるかに上回る、霊感に満ちた、信じ難いほどの個性的な名演である。
響きの密度の濃さはただごとではない。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」

新品価格 ¥ 2,052

中古価格 ¥ 975 (定価の52%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1999-01-21
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ワルターの最高傑作 評価
ワルターの最高傑作のひとつでも在り「田園」の最高傑作でも在ると思います。
レコード時代からワルター盤は名盤中の名盤として燦然と輝き今日に於いてもその輝きは失われていません。
まして市場原理主義の様な殺伐とした現代にこそ温かみがある音楽が必要だと思います。
特に嵐が過ぎ去り感謝の祈りあたりが絶品で多くの人に聞いて頂きたい1枚です、特にイライラしている方にお勧めです。

人類共有の至宝・ワルターの『田園』 評価
ベートーヴェンの交響曲第6番『田園』は、ベートーヴェンの9曲の交響曲のうち、もっとものびやかで牧歌的な情緒をたたえた秀逸な作品として知られる。
鋭角的なリスナーに緊張を強いるようなところがなく、心の安らぎが得られる作品である。
このブルーノ・ワルターの指揮するコロンビア交響楽団の『田園』は、数ある『田園』のレコード(CD)の中でも、もっともこの曲の特長にふさわしい歴史的名演である。
ブルーノ・ワルターは20世紀を代表する巨匠のひとりで、戦前にはウィーン・フィルの音楽監督としてヨーロッパで活躍し、同オーケストラと録音した『田園』のレコード(モノラル・SP)も傑出した名演奏だったが、第二次大戦中にナチスの迫害を逃れてアメリカに移住し、一時ニューヨーク・フィルの音楽監督にも就任したが、晩年に至り、その比類のない才能を惜しんだCBSのプロデューサー、ジョン・マックルーアによって、ワルターのためのスタジオ・レコーディング・オーケストラを組織して、ベートーヴェンやモーツァルトなどの作品の録音を精力的に行なった。



交響曲第9番 喜びの歌
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第9番

新品価格 ¥ 1,810 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 27 (定価の98%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2015-06-11
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
第九あれこれ 評価
私が第九第4楽章の合唱を初めて歌ったのは15年前です。
それ以降、数名の指揮者で第4楽章を歌いました。
このCDには譜面に忠実ながらメリハリがあり「あつい演奏」を感じました。
ライブ録音という事もありますが。
合唱を担当した栗友会の演奏も私は好きです。

音楽は骨太で、非常に堂々とした演奏です 評価
合唱団員として10数回、第9のステージにたってきました。
10年前には、佐渡裕さんの指揮で第9を歌いました、大阪のシンフォニーホールの年末を彩る「炎の第9」のステージです。
大きく手足を広げて指揮台に立ち、身体全身を使って舞台で飛び跳ねるような指揮をする佐渡さんを見ている内に、合唱団員も思わず情熱を声に傾けて精一杯歌っていきます。
そのダイナミックなベートーヴェンの表現は、客席にも確実に伝わり、強烈な印象を残しました。
&lt;p&gt;このCDも、自分が舞台で歌っている情景を思い浮かべながら聞いていました。
あの時の佐渡さんの姿を彷彿とさせてくれるような演奏でした。

Amazonレビューのレビュー
   もはや交響曲という殻、さらには音楽という枠自体を突き破らんばかりの、衝動的なエネルギー、大噴火するような思想。
ベートーヴェン、特に第5や第9を演奏するということは、そういうとてつもなく破天荒で、天才的なものを表現しなければならないということだ。
そこの、一番大事な問題の前には、細かいあれこれは結局二次的でさまつなことに過ぎない。
特に第9からは、オーケストラの優劣も技術も、国籍も人種も、何もかも超越した、理屈では説明しきれない「何物か」が感じられなければならない。
   佐渡の演奏には、もっとも大切なその核心部分が確かにある。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

新品価格 ¥ 1,166 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 836 (定価の35%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第9番 合唱付き

新品価格 ¥ 2,576 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 1,980 (定価の34%引き) 残り9個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2014-11-12
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
“ICH bin nicht nazis” takagi よ、 バカ丸出しのレビューを書くな。 評価
>戦後の記録を見ると、フルトヴェングラーは異常に頻繁に「合唱」を振っているのが判る。
異常に頻繁というほどではない。
戦後の資料(オーケストラに関係なく指揮した全ての回数)によれば、総計35回。
《運命》は72回も振っている。
「ブラ1」は45回。
>これまでは、彼がこの曲を好んでいたからだと考えていたし、一般の理解も、彼の考えと>「合唱」の精神は合致するから何回も指揮したのだ、ということになっていた。
それは書き手の思い込み。
でも、まあ先に行こう。
考え方は人それぞれ。
>では、なぜ、ヒトラーの誕生日に「合唱」が何度も繰り返し演奏されて来たのだろう。

Ich bin nicht nazis 評価
戦後の記録を見ると、フルトヴェングラーは異常に頻繁に「合唱」を振っているのが判る。
これまでは、彼がこの曲を好んでいたからだと考えていたし、一般の理解も、彼の考えと「合唱」の精神は合致するから何回も指揮したのだ、ということになっていた。
では、なぜ、ヒトラーの誕生日に「合唱」が何度も繰り返し演奏されて来たのだろう。
皆さんも考えて下さい。
ここにいるのは、人類愛にあふれた、人間性に富んだ指揮者ではありません。
自分の理想と歴史と言う現実に押しつぶされそうになりながら、もがき、苦しみ、抗う、一個の人間、、、ではありませんか。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱つき」

新品価格 ¥ 972 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 638 (定価の40%引き) 残り4個

発売元:キングレコード  発売日:2014-10-08
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン/第九「歓喜の歌」(テノール1・パート用)

新品価格 ¥ 2,571



発売元:Ishiyama Land  発売日:2013-04-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン/第九「歓喜の歌」(テノール2・パート用)

新品価格 ¥ 2,571



発売元:Ishiyama Land  発売日:2013-04-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン/第九「歓喜の歌」(アルト・パート用)

新品価格 ¥ 2,464 (定価の4%引き)



発売元:Ishiyama Land  発売日:2013-04-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 500 (定価の59%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バーンスタインのベートーベン交響曲 評価
バーンスタインのベートーベン交響曲は単発では所有していたが、全集としては所有していなかったので買い求めた。
しかもウィーンフルとの協演である。
なかでも交響曲第9番ニ短調作品125「合唱」は出色。
晩年、ベルリンの壁崩壊記念野外演奏も良かったが、あの時点では世紀の瞬間と言う高揚感が有った事は事実、その分聴衆も興奮していたが、こちらのウィーンフィルとの9番は沁みる。
ルネ・コロのテノールも良い。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

新品価格 ¥ 1,666 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 277 (定価の85%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-09-07
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ズービン・メータ『第九』~ 復興支援演奏会 in ミュンヘン[SACD-hybrid]



中古価格 ¥ 6,782 残り6個

発売元:Naxos Japan  発売日:2011-06-29
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
圧倒的な高音質と迫力 評価
2011年5月録音という最新の録音技術とSACDによる、音の分離、音域、ダイナミックレンジが素晴らしい。
しかもミュンヘンの3楽団3合唱団が日本の東北大震災支援のために協力した類希なチャリティ合同演奏ということで、「総ての人は友達」の大合唱に会場の熱気が伝わってくるようだ。
指揮者のズービン・メータは震災時に日本にいて、日本人の冷静さに感動したという。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 (Beethoven: Symphony No. 9)



中古価格 ¥ 1,948 残り4個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2010-11-24
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
私的には大満足!ヤンソンスを初めて良いと思った…彼は天才だ。 評価
ローマ教皇聖下、しかもミュンヘン大の厳格なラッツィンガー教授であって強硬右派の神学者、異端審理の担当枢機卿であったベネディクト16世の御前で緊張しない人などいる訳無いです。
しかし、演奏に関してはヤンソンスの意図的なものでは?この曲のピリオド演奏における室内楽的なアプローチを咀嚼した上で、派手な祝祭的な演奏ばかりが喜ばれる(正直、私も嫌いじゃないし(笑))風潮に「異議あり!」と彼は凛として決然と胸を張る、そんな「志」の高さが伝わってくる良い演奏だと思う。
フルトベングラーで言えば、53年のウィーンのライブに近い、重厚さを抑えて、優美さ流麗さを聴かせる…そして、第四楽章はまるでミサ曲のように荘厳…いやぁバイエルンの合唱は宗教作品が上手いだけに深みがあり天国天国な美しい響きで素晴らしいです。

発売元のレビュー
Krassimira Stoyanova, soprano - Lioba Braun, alto - Michael Schade, ténor - Michael Volle, baryon - Chor und Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks - Mariss Jansons, direction

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第9番<合唱>

新品価格 ¥ 1,086 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 800 (定価の35%引き)

発売元:日本コロムビア  発売日:2010-09-22
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
私が知る限りでは至高の第九 評価
2010年1月8日、オトマール・スウィトナーさんがお亡くなりになりました。
私は個人的に、スウィトナーさんの演奏が大好きでした。
スウィトナーさんの音楽は、格調高く、歌に満ちているのが特徴でしたが、時に内に秘めた熱いものが溢れ出て、とても情熱的な演奏をすることもありました。
N響を指揮した『幻想交響曲』はそのよい例でしょう。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第9番<合唱>

新品価格 ¥ 1,666 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 870 (定価の52%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
21世紀の「第9」のスタンダードの演奏の一つ 評価
ベートーヴェンの第9のステージを様々な指揮者の元で10数回歌ってきましたので、どのCDの演奏もまず第4楽章の合唱の出来不出来で判断しています。
東京オペラシンガーズの輝くばかりの明るい響きは、アマチュアでは到底出せないもので、立派の一言です。
過去にこんな声量のある合唱団の第9は聴いたことがありません。
ソリスト集団の「東京オペラシンガーズ」ならではの演奏です。
80名足らずでよく響くサイトウ・キネン・オーケストラに引けを取らないと言うことだけでも驚異的です。
それだけの質の高さを確保しているからこそ、安心して聴けるのです。

『2002年』という年は、小澤征爾氏にとって非常に重要な年だった 評価
2002年9月5・7・9日、松本市の長野県松本文化会館にてライヴ録音。
この『2002年』という年は、小澤征爾氏にとって非常に重要な年で、2002年1月1日にはニュー・イャー・コンサートを日本人ではじめて指揮をまかされ、秋には29年間率いたボストン交響楽団を離れ、ウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任したのだ。
これがいかに凄いことか、そしてその小澤氏が音楽総監督になっているサイトウ・キネン・オーケストラの面々の歓びは容易に予想できる。
サイトウ・キネン・オーケストラの起源は、桐朋学園創立者の一人である斎藤秀雄の没後10年記念として1984年9月に東京・大阪で開かれた「斎藤秀雄メモリアル・コンサート」にて、斎藤の弟子であった小澤征爾と秋山和慶を中心に、国内外で活躍する斎藤の教え子たちなどが結集して臨時編成された桐朋学園斎藤秀雄メモリアル・オーケストラだ。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第9番

新品価格 ¥ 2,113 (定価の17%引き)

中古価格 ¥ 1,016 (定価の60%引き) 残り9個

発売元:キングレコード  発売日:2006-11-22
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
喫驚、唖然のとんでもない第9 評価
とんでもない演奏だ!!演奏者は明らかに皆、フルトヴェングラー伝説の『バイロイト』超えを確信したのではないか。
ハーモニーがどうとか、縦横があってないとかはこの際どうでも良いことだ。
第1楽章から終楽章のラストまで、音楽には無尽の勢いがあり、歓喜に溢れ、これが70年代の日本のオーケストラであることなど忘れてしまう。
フィナーレの終結部分など『バイロイト』に勝るとも劣らぬ。
日本のオケがどうとかよりも、マタチッチが数少ない本物の巨匠であること、それがハッキリとわかる。
凄い指揮者だ。

壮絶な熱演 評価
こくのあるすばらしい演奏です。
始めから終わりまで熱い血が流れており、音楽が生きています。
わたしは時が経つのを忘れて聴き入ってしまいました。
オーケストラ団員たちのマタチッチに対する共感と気力によるところが大きいのではないでしょうか。
マタチッチの独創性、スケールの大きさもすばらしいです。
2楽章でのティンパ二の強打と間の取り方、3楽章の暖かい音、4楽章終結部の一気阿世に駆け抜ける様など最高です。
他にも聴き所、はっとさせられるところは多数あり、書いたらきりがありません。
細部では管楽器が鳴りきらない部分やアンサンブルが乱れて雑に聞こえる部分もあります。

ベートーヴェン
喜びの歌~クラシック名曲集



中古価格 ¥ 1,080 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2006-02-08
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第9番

新品価格 ¥ 1,050

中古価格 ¥ 1

発売元:日本コロムビア  発売日:2003-07-23
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
標準的「第9」 評価
何というか、ごく普通の「第9」です。
この価格ですから、初めてこの曲を聴かれる方には十分おすすめできるものですが、既に数枚のこの曲のディスクをお持ちの方があえて購入するほどではないかな、というのが正直なところです。
インバルらしい腰の据わった安定感はありますし、合唱、独唱もまずまず優秀と、普通に良くできた1枚で、初出時は「レコード芸術」誌で特選盤になったと記憶しています。
が、やはり近年のベートーヴェン演奏の激変を知ってしまった耳には、残念ながら新しい発見はあまりありません。
ブルックナーでいち早く初稿を使って録音した彼のこと、もし今改めてベートーヴェンを演奏したら、かなり違うものになるのではないでしょうか。

ベートーヴェン
喜びの歌~クラシック名曲集

新品価格 ¥ 7,800

中古価格 ¥ 424 (定価の83%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-08-23
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
待ち遠しい!!「喜びの歌~クラシック名曲集 評価
20代の頃、LPレコードを持っていた。
黒縁のめがねごしに見える聡明な顔が大人っぽさを強調していて思わず購入したもの。
繰り返し聴いては、癒された。
透明な、しかも存在感のある声で、地中海の海・空・風を運んでくれた。
&lt;p&gt;そこから20年の年月を経て、急に、突然思いだしその声に会いたくなった。
年月に風化されない彼女の声と。
クラシックを歌っている珍しいものに決めた。
再会の喜びと期待に...星五つーっ。

いいんだけど、本当にこれがナナのやりたことなのかな 評価
これ最近出たディスクなんですね。
びっくりしました。
てっきり、同じコンセプトで作られた1989年のアルバムと同じ頃に作られたものだと思っていました。
前作よりはオペラ作品のカバーの比重が減り、変わりにクラシックの名盤が増えています。
EUROの通貨導入を直前にしたためでしょうか、euroの参加国(例外のロシアもあるけど)から幅広く曲を選びそれぞれいろいろな言語で歌っています。
この言語の選択にはみんな一家言あるでしょうね。
例えば英語での”喜びの歌”はちょっとねとかね。
お勧めは、offenbachやtchaikovskyとブラームス。
ただこのようなカバーディスクが本当に彼女の本質を忠実に現しているのかな。

ベートーヴェン
メモリアル・カラヤン

新品価格 ¥ 550 (定価の79%引き)

中古価格 ¥ 498 (定価の80%引き) 残り9個

発売元:ポリドール  発売日:1998-04-05
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
カラヤンを振りかえる 評価
このCDにおさめられている曲を全部もっている人も、そうでない人も、カラヤンという偉大な人物を振りかえってみるには、ちょうどいい資料集かもしれないですね。
とくに一番興味をひくのが、初録音の魔笛序曲です。
テンポが速いのなんの。
30歳のカラヤンの若さと勢いを感じます。
それと私がこのCDブックについている写真で一番好きなのは、カラヤンがバイクに乗っているものです。
これを見ると数字では歳をとっていても、彼のなかには若さ、探求心、挑戦心があふれているんだなあ、と思います。

ベートーヴェン
アヴェ・マリア~心のうた



中古価格 ¥ 898 残り7個

発売元:ポリドール  発売日:1993-09-01
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ペーター・シュライアーの芸術-1/ベートーベン・リサイタル



中古価格 ¥ 2,500 残り5個

発売元:日本コロムビア  発売日:1989-09-21
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


交響曲第3番 英雄
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

新品価格 ¥ 1,728

中古価格 ¥ 1,400 (定価の18%引き) 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2018-06-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

新品価格 ¥ 11,594



発売元:MEMORIES  発売日:2018-05-26
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第3番・第8番

新品価格 ¥ 920 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 400 (定価の61%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-12-05
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン : 交響曲 第3番 「英雄」 (Ludwig van Beethoven : Symphony No.3 ''Eroica'' / Wilhelm Furtwangler, Vienna Philharmonic Orchestra) (November 1952 Vienna)

新品価格 ¥ 2,324 (定価の21%引き)



発売元:GRAND SLAM  発売日:2017-01-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」&第4番

新品価格 ¥ 1,166 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 2,919 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第3番

新品価格 ¥ 2,484



発売元:インディーズ・メーカー  発売日:2015-01-30
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
前2作では全員前向きに演奏する配置をとったが、「英雄」では、新たな試みとして弦は半円形のクァルテット6組を2列に配置している。
さらに、今回新たな試みとして、複数の録音方式で収録しておりハイブリッドSACD盤(NF55803)は4種の録音方式を一枚に、いずれも全楽章を収録、このCD盤(NF255803)は、そのうちの新録音方式Aと、モノラル(録音方式M)の1楽章をエクストラ・トラックとして収録しています。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第3番<英雄>、コリオラン 序曲

新品価格 ¥ 1,218 (定価の6%引き)

中古価格 ¥ 540 (定価の58%引き)

発売元:インディペンデントレーベル  発売日:2014-08-03
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」《クラシック・マスターズ 》

新品価格 ¥ 1,316 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 808 (定価の46%引き) 残り9個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2014-06-18
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」&第8番

新品価格 ¥ 1,555 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 3,425 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-03-26
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」、「レオノーレ」序曲第3番

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 617 (定価の50%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
レオノーレを見直すきっかけ 評価
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」は超メジャーな存在だがカップリングされているレオノーレは何時も何かと抱き合わせである。
しかしバーンスタインとウィーフィルハーモニーのこの演奏でレオノーレを見直すきっかけになった。
新鮮な楽しみを与えて貰った。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第3番



中古価格 ¥ 57 (定価の94%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-11-01
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
迷ったら、カラヤン。 評価
クラシックのCDを選ぶのは、難しいですね。
私の場合、迷ったら”カラヤン”です。
BPO&カラヤンは、最高峰というイメージを未だに抱いています。
カラヤンを聞いてから、他の指揮者に向かうのが、私にとっての基本形です。

あくまで華麗な音楽 評価
初めて買ったレコードがこの3が燃えるカラヤンのエロイカでした。
実にかっこよく、香りたつようなような音楽で、これ以外のエロイカは物足りなく感じてしまいます。

このジャケットのようにオレンジ色に燃え立つ”オーラ”があります。 評価
 カラヤン指揮の演奏の特徴、それは万人が認めるところの「流麗さ」。
 まるでオーケストラが一つの大きな大きな生き物のように挙動し、その皮膚は輝き、その筋肉はあくまでもしなやかに躍動する。
贅肉のないアスリートのように。
また、決して不自然にならないその語り口は音楽を至純な息吹で蘇らせる。
彼はオレンジ色に燃え立つオーラを発するかのようにオーケストラを鳴らして、この変ホ長調交響曲”英雄”を颯爽と描いてみせた。
カラヤン黄金期の70年代の当録音は、きらめく輝かしさと勢いという点で他の年代のものより、私は好きだ。
(一方で、このジャケットデザインが好きというのもある・・・)

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」&第8番

新品価格 ¥ 1,200 (定価の35%引き)

中古価格 ¥ 617 (定価の66%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-09-07
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第3番

新品価格 ¥ 9,980

中古価格 ¥ 236 (定価の77%引き)

発売元:BMGメディアジャパン  発売日:2008-12-24
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
確固とした造形に繊細なニュアンスを秘めた最高のエロイカ 評価
よく言われるように、トスカニーニは、決して、機械的な正確さだけを追う「タイム・キーパー」ではなかったし、彼の作り出す音楽の表情も、きびしさだけではなく、繊細なニュアンスに富んでいる。
そのことを示す好例が、この交響曲第3番の演奏ではないだろうか。
第1楽章は、解説書にあるように、最初の二つの音符が、それに続く部分よりも、ゆっくりと演奏され、序奏としての性格を保っており、そのために古典的な様式感がしっかりと伝わってくる。
主部では、適切なテンポがつねに保たれているが、もちろん単調なものではなく、メロディラインの性格に則して、微妙な変化を見せてゆく。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第3番《英雄》[ウラニアのエロイカ/第2世代復刻/紙ジャケット仕様]

新品価格 ¥ 2,236 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,813 (定価の27%引き) 残り2個

発売元:delta classics  発売日:2007-01-31
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ウラニアのエロイカを聞きました。 評価
知人に紹介されてウラニアのエロイカを購入しました。
古い録音であるにもかかわらず、すばらしく鮮明な音で音楽が残されている事に強い感銘を受けます。
その音楽じたいも素晴らしい存在として残されていると思われます。

これは凄い 評価
いきなり第1楽章から疾走感に参ってしまいました。
速いだけなら現代の演奏でも聴けますが、テンポを落として歌わせたり、小休止があったり、メリハリがありダイナミックな演奏です。
しかも、ウィーンフィルの弦の艶やかな音が美しい。
第2楽章の終結前の音楽が止まってしまうのではないかと思われる弱奏によるリタルダントもなんともいえません。
第3楽章のテンポを落としてのホルンの強奏・・・。
魅力を挙げていくときりがありません。
わたしは「エロイカ」の魅力がなかなかわからず、フルトヴェングラーの1952年のスタジオ録音で初めてその魅力がわかったのですが、さらに違う世界があったとは驚きです。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:英雄*交響曲第3番変ホ長調 [DVD]

新品価格 ¥ 13,439

中古価格 ¥ 7,480 残り5個

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2002-09-04
  



交響曲
ベートーヴェン
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン : 交響曲全集 (Ludwig Van Beethoven : Symphonien 1–9 / Berliner Philharmoniker & Sir Simon Rattle) [5SACD Hybrid] [Live Recording] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 6,878 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 7,426 (定価の1%引き) 残り2個

発売元:Berliner Philharmoniker Recordings  発売日:2018-09-01
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲 第4番/第5番[日本語解説付き]

新品価格 ¥ 2,099 (定価の22%引き)



発売元:Wiener Symphoniker  発売日:2018-07-13
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン交響曲全集 ( CD6枚組 ) BCC-520

新品価格 ¥ 1,588 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 1,421 (定価の26%引き) 残り3個

発売元:キープ株式会社  発売日:2012-05-28
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
安定感。 評価
1番から9番まで基本的に音は良かったです。
6番はかなりスローペースでびっくりですが聴けないという事もなくいい出来だと感じました。
それと私が比較的苦手意識のあった3番も私にとってペースや音作りなどちょうど良い感じで聴きやすく、3番の苦手意識が和らぎました。
(カラヤンのフィルハーモニア時代の古い録音や、ワインガルトナーの録音の3番と比べての話です。
)個人的には8番や7番が大好きな交響曲なので、悪い出来ではないのですが、気に入った録音と比べてしまいますので、星5つでないのは私の好みの問題で☆一つ引かせていただいた感じです。

発売元のレビュー
Disc1:交響曲第1番ハ長調 作品21・Disc2:交響曲第3番変ホ長調「英雄」 作品55・Disc3:交響曲第4番変ロ長調 作品60 ・Disc4:交響曲第6番ヘ長調「田園」 作品68・Disc5:交響曲第7番イ長調 作品92・Disc6:交響曲第9番ニ短調「合唱」 作品125

特徴説明
CD 6枚組
英国ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団



ピアノソナタ
ベートーヴェン
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》・第14番《月光》・第23番《熱情》

新品価格 ¥ 1,683 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 3,929 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-12-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ「月光」「悲愴」「熱情」 ほか

新品価格 ¥ 1,550 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 3,558 残り1個

発売元:SMJ  発売日:2016-12-07
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番&第31番&第32番

新品価格 ¥ 1,563 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 3,652 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-09-07
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ「悲愴」「月光」「熱情」

新品価格 ¥ 1,166 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,089 (定価の15%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集

新品価格 ¥ 5,777 (定価の17%引き)

中古価格 ¥ 5,616 (定価の19%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-11-19
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:四大ピアノ・ソナタ集

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 791 (定価の35%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-05-15
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:ピアノソナタ全集 9枚組

新品価格 ¥ 3,299

中古価格 ¥ 3,253 残り2個

発売元:Brilliant Classics  発売日:2010-12-07
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
Alfred Brendel, piano

ベートーヴェン
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ<悲愴><月光><熱情>

新品価格 ¥ 1,666 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,257 (定価の32%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
とても良かった 評価
芸術は人の好みにより評価が分かれてしまうが、このアシュケナージの演奏は非常にオーソドックスな演奏で誰でも好きになるのではないだろうか。
とても良かった。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ「悲愴」「月光」「熱情」

新品価格 ¥ 1,650 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の45%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2008-01-23
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バレンボイムを堪能できる一枚 評価
人によって評価のわかれるバレンボイムですが、私は好きです。
バレンボイムのピアニズムは、繊細で色彩豊かな音色、叙情的な美しさがあります。
私が聴いていて「音に酔う」ような感覚を覚えるのは、バレンボイムのピアノだけです。
特に「月光」の美しさは特筆もの。
重苦しくなく、肩肘張らずに聴けるベートーヴェンです。
このCDは80年代の録音ですが、EMIから66年録音盤も出ているので、バレンボイム好きの方は、聴き比べてみるのも楽しいかもしれません。

私は好き。 評価
他の方も書かれていますが、バレンボイムさんの演奏方法は好き嫌いがわかれるようですね。
確かに他の演奏家と比べると『ため』があるような気がしますが、私はこの『ため』が好きなので購入してよかったです。
バレンボイムのピアノ演奏、ベートーヴェンのソナタは初めてという方に気軽に聴いてもらいたい一枚だと思います。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ

新品価格 ¥ 1,048

中古価格 ¥ 200

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1995-10-21
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
華麗にして瑞々しい 評価
ベートーベンのソナタしかもここに収録されているナンバーだと、色々聞き比べがしてみたくなるものですが、正直言って私はどれも聞く毎に、それぞれの良さがある・・・という一般的なことしか言えなくなってしまうのですが、このぜルキンは結構好きですね。
際立って特にハデというのではないですが、どこか華麗でありつつ瑞々しくもあり、また聞いていると自然に気持ちが乗って来るような感じです。
また言い方を変えれば、この方の演奏の乗りというかうねりみたいなのが、本来の曲の流れを無理なく表しているのでしょう、全体を通して違和感がなくだから、自然に気持ちが入り込めてしまえる、といったところでしょうか。

音の輝く月光 評価
 ベートーヴェンの三大ソナタに「テレーゼ」を加えた作品集。
特に「月光」は曲に深くのめり込んだ名演という感じである。
個人的にはギレリスの「月光」が厳冬の冷え冷えとした空に輝く月ならば、こちらは、中秋の名月のように暖かさを感じさせる演奏である。
ギレリスの硬質な力強い音も好きだが、ゼルキンのような深い精神性と暖かさを感じさせる演奏もまた良い。
バックハウスやグルダ、ルービンシュタインなどと聞き比べてみると、それぞれの味が合ってまた新鮮に聞くことができる。
飾り気のない直球勝負「悲壮」「熱情」もそれぞれ素晴らしい。
ベートーヴェンのソナタ録音には慎重であったといわれるゼルキンが、全集を完成せずに亡くなってしまったことが本当に惜しまれる。



管弦楽
ベートーヴェン
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番&第14番

新品価格 ¥ 3,024



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-12-05
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第14番(弦楽合奏版)&序曲集

新品価格 ¥ 4,644



発売元:ユニバーサルクラシック  発売日:2018-10-24
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:後期3大ピアノ・ソナタ 第30番~第32番

新品価格 ¥ 3,024



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2018-10-10
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:弦楽四重奏第14番&第16番

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 1,813 (定価の6%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-07-04
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第2番&第12番

新品価格 ¥ 5,566

中古価格 ¥ 5,179 残り1個

発売元:フォンテック  発売日:2017-07-12
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番「ラズモフスキー第1番」&第10番「ハープ」

新品価格 ¥ 1,649 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 3,324 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-04-26
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第10番「ハープ」、第14番

新品価格 ¥ 1,080

中古価格 ¥ 756 (定価の30%引き) 残り3個

発売元:キングレコード  発売日:2014-10-08
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:後期弦楽四重奏曲集(第12-16番、大フーガ)

新品価格 ¥ 2,271 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 1,728 (定価の30%引き) 残り3個

発売元:(unknown)  発売日:2013-12-06
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集

新品価格 ¥ 2,418

中古価格 ¥ 3,000 残り5個

発売元:Brilliant Classics  発売日:2013-07-09
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
Disc 1 1: Allegro Con Brio 2: Adagio Affettuoso Ed Appassionato 3: Scherzo: Allegro Molto - Trio 4: Allegro 5: Allegro 6: Adagio Cantabile - Allegro - Tempo I 7: Scherzo: Allegro - Trio 8: Allegro Molto, Quasi Presto 9: Allegro 10: Andante Con Moto 11: Allegro 12: Presto Disc 2 1: Allegro Ma Non Tanto 2: Scherzo: Andante Scherzo, Quasi Allegretto 3: Menuetto: Allegretto - Trio 4: Allegro 5: Allegro 6: Menuetto - Trio 7: Andante Cantabile 8: Allegro 9: Allegro Con Brio 10: Adagio Ma Non Troppo 11: Scherzo. Allegro - Trio 12: Adagio (La Malinconia) - Allegretto Quasi Allegro 13: Minuet in a Flat Major Disc 3 1: Allegro 2: Allegretto Vivace E Sempre Scherzando 3: Adagio Molto E Mesto 4: Allegro (Thème Russe) 5: Allegro 6: Molto Adagio 7: Allegretto 8: Finale. Presto Disc 4 1: Introduzione. Andante Con Moto - Allegro Vivace 2: Andante Con Moto, Quasi Allegretto 3: Menuetto. Grazioso - Trio 4: Allegro Molto 5: Poco Adagio - Allegro 6: Adagio Ma Non Troppo 7: Presto 8: Allegretto Con Variazioni Disc 5 1: Allegro Con Brio 2: Allegretto Ma Non Troppo 3: Allegro Assai Vivace, Ma Serioso 4: Larghetto Espressivo - Allegretto Agitato - Allegro 5: Adagio Ma Non Troppo - Allegro 6: Presto 7: Andante Con Moto, Ma Non Troppo 8: Alla Danza Tedesca. Allegro Assai 9: Cavatina. Adagio Molto Espressivo 10: Finale. Allegro 11: Große Fuge in B Flat Major, Op. 133 Disc 6 1: Maestoso - Allegro 2: Adagio Ma Non Troppo E Molto Cantabile 3: Scherzando Vivace 4: Finale 5: Adagio Ma Non Troppo E Molto Espressivo 6: Allegro Molto Vivace 7: Allegro Molto Moderato - Adagio - Più Vivace 8: Andante Ma Non Troppo E Molto Cantabile 9: Presto 10: Adagio Quasi Un Poco Andante 11: Allegro Disc 7 1: Assai Sostenuto - Allegro 2: Allegro Ma Non Troppo 3: Molto Adagio. Heiliger Dankgesang Eines Genesenen an Die Gottheit in Der Lydischen Tonart 4: Alla Marcia, Assai Vivace 5: Finale. Allegro Appassionato 6: Allegretto 7: Vivace 8: Lento Assai, Cantante E Tranquillo 9: Grave Ma Non Troppo Tratto - Allegro

ベートーヴェン
Beethoven: The String Quartets

新品価格 ¥ 2,473

中古価格 ¥ 1,512

発売元:Membran  発売日:2012-12-19
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
Beethoven: The Complete String Quartets

新品価格 ¥ 2,536

中古価格 ¥ 1,560

発売元:Warner Classics  発売日:2012-09-03
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
鋭い切り込みとクールな情熱 評価
ベートーヴェンの音楽に内在する可能性を鮮烈に引き出した演奏で、初めて彼らの弦楽四重奏を聴いた時には、例えばOp.95『セリオーソ』の極限まで高揚するようなアグレッシブなアタックや第1ヴァイオリンを受け持つギュンター・ピヒラーのスタンド・プレー的な独特のディナーミクにいくらか違和感を持ったが、曲を追って聴き込んでいくうちに決して表面的でグロテスクなパフォーマンスではないことに気付いた。
そこには外側に表出されるサウンドの斬新さとは裏腹に曲の内部へ掘り下げていく表現の凝縮を感知させることにも成功しているからだ。
しかも彼らのアンサンブルは精緻を極めていて、4人の士気の高さとともに音色には特有の透明感がある。

アルバンベルク弦楽四重奏団 評価
1978年〜1983年の間に録音されたベートーヴェンによる弦楽四重奏曲全集。
大フーガも収録。
録音状態は良好。
良好すぎてボリュームを上げると奏者のブレス音が聞こえるぐらい。
定評あるの再版であり、こっちのほうが実際安い。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第12番/第14番

新品価格 ¥ 1,086 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 756 (定価の38%引き) 残り2個

発売元:日本コロムビア  発売日:2012-06-20
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
THE BUDAPEST STRING QUART

新品価格 ¥ 1,949

中古価格 ¥ 1,900

発売元:SONYC  発売日:2010-11-05
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン弦楽四重奏曲のスタンダード 評価
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集では、おそらくアルバンベルク弦楽四重奏団の演奏がもっとも有名で評価も高いものと思います。
このブダペストQはアルバンベルクQが出るまでは代表的なステレオ録音とされていたもので、実際LPレコードで繰り返し聞いたものです。
アルバンベルクQとブダペストQを聴き比べると、隙のないアルバンベルク、人の息づかいが聞こえるブダペストと言ったところでしょうか。
音づくりの違いもあって、アルバンベルクQの演奏はまるで機械が演奏しているような、あるいは宇宙の彼方から音楽だけが響いてくるような感じがするのに対して、ブダペストQは弓のこすれる音が聞こえるような、楽譜をめくるのがみえるような、いかにも四人のメンバーが力を合わせてベートーヴェンの音楽を作り上げていくのが感動的です。

ベートーヴェン
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集

新品価格 ¥ 5,700 (定価の24%引き)

中古価格 ¥ 3,720 (定価の50%引き) 残り8個

発売元:SMJ  発売日:2010-08-25
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集

新品価格 ¥ 5,730 (定価の21%引き)

中古価格 ¥ 5,390 (定価の26%引き) 残り3個

発売元:日本コロムビア  発売日:2009-11-18
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェンを知るためには絶対聴いておくべき傑作 評価
ベートーヴェンの場合、多分に大衆受けを狙った交響曲とは異なり、弦楽四重奏曲とピアノソナタはかなり内省的、個人的な作品となっている。
中でも弦楽四重奏曲は、甥の自殺未遂と病に苦しむ死の4ヶ月くらい前まで書き続けられており、ベートーヴェンの音楽を知るためには欠かせないものだ。
弦楽四重奏は、ベートーヴェンの直接的な感情の発露の場所となっている。
スメタナ四重奏団のこの作品は初期のデジタル録音だが、オフマイク気味で、コンサートホールで聴いているような感じを受ける。
弦楽器だけで構成された室内楽曲が、比較的、穏やかに捕えられている。

ベートーヴェン
ベートーヴェン

新品価格 ¥ 5,108

中古価格 ¥ 1,250 (定価の59%引き) 残り6個

発売元:オクタヴィア・レコード  発売日:2008-12-12
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:3つの二重奏~クラリネットとファゴットのための二重奏曲集~

新品価格 ¥ 2,882 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 1,449 (定価の53%引き) 残り2個

発売元:マイスター・ミュージック  発売日:2008-02-25
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベートーヴェン
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15番&第16番

新品価格 ¥ 989 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 279 (定価の74%引き)

発売元:日本コロムビア  発売日:2004-03-24
  

ベートーヴェン  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
天上の音楽 評価
貧乏学生だった昔,学食の昼食を何食か抜いて浮いたお金でレコードを買っていた.いろいろな曲を買いたいから,廉価盤や輸入盤を探してはレコードを増やしていった.そんな身には,同じ曲の別の演奏家を買うなどはとんでもない贅沢で,考えられないことだった.大好きなベートーヴェンの弦楽四重奏曲も例外ではなく,当時あこがれであったスメタナにするか,ブダペストにするか一週間以上悩んでいた.なにしろ,廉価盤ではないのだから.その結果,ブダペストにした.その選択自体は後悔していない.とてもすばらしいもので,毎夜毎夜ヘッドフォンで聴き続けた(スピーカーがあまりに貧弱だったから).興奮し,歓喜し,落涙する日々だった.そのときの自分の感動を大切にしたいので,その後社会人になってからも,アルバンベルクも,ジュリアードも,ラサールも聴く気になれなかった.しかし,スメタナだけは自分の中で心の痛みのような憧れとして残っていた.そして,ふとしたことから,ついにスメタナを聴いた.モルトアダージョの,天上を思わせる澄み切った響きはどうだ!こんな音楽がこの世に存在していいのか.こんな音楽を聴いた人間はどうすればいいのか.悲しいわけではないのに,涙があふれてとまらない.今日までの自分の人生を振り返って,幸せで満足なのに,寂しい.なんという音楽なのだ,ベートーヴェンは!そしてスメタナは!!ああ,聴くんじゃなかった,スメタナなんて.これから死ぬまで,いつもいつも迷い続けるだろう.「今日の夜はスメタナにするか,ブダペストにするか.それとも我慢するか.」だって,聴くチャンスが,実際に聴いてしまうたびに一回ずつ減るのだから.



ベートーヴェン
ベートーヴェン

新品価格 ¥ 7,560



発売元:法政大学出版局  発売日:2018-08-07
  

ベートーヴェン
ベートーヴェンの生涯 (平凡社ライブラリー)

新品価格 ¥ 1,512

中古価格 ¥ 1,114 残り7個

発売元:平凡社  発売日:2018-05-12
  

ベートーヴェン
いまに生きるベートーヴェン: 生涯・作品と演奏法の変遷 (ONTOMO MOOK)

新品価格 ¥ 1,836

中古価格 ¥ 4,534 残り1個

発売元:音楽之友社  発売日:2017-11-28
  

ベートーヴェン
ベートーヴェン (作曲家別名曲解説ライブラリー)

新品価格 ¥ 7,020

中古価格 ¥ 1,629

発売元:音楽之友社  発売日:2013-02-21
  

大変便利な名曲解説書 評価
本書はベートーヴェンの作品のうち170曲余りについて約550ページに渡り、ジャンル別に「概説」と「解説」を書いたものである。
平均して1曲あたり3ページというところか。
「概説」は、その曲が書かれた経緯、時代背景、ベートーヴェンの交友関係や健康状態、初演や出版の状況、誰に献呈したのかなどが書いてあり、「解説」ではその曲の楽章ごとに譜例をあげながら、主題、動機、展開部、再現部など曲自体の説明がある。
もちろん、曲によって概説等のページ数に差があり、一番ページ数が多いのは「フィデリオ」であるのは当然として、次いで「英雄」「第九」「荘厳ミサ曲」などは8ページに渡って概説と解説が載っている一方で、「アデライーデ」「君を愛す」などの歌曲は1ページあたり2曲という分量である。

発売元のレビュー
「最新名曲解説全集」を作曲家別に増補再編。
詳細な解説と豊富な譜例で、大作曲家の名曲を的確に理解できる座右のシリーズ。

ベートーヴェン
作曲家 人と作品 ベートーヴェン (作曲家・人と作品)

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 1,444

発売元:音楽之友社  発売日:2012-08-22
  

サリエリ、テレーゼ、ラズモフスキー、ディアベリらの肖像画を初めて見ましたがな 評価
新潮社からのシリーズ、作曲家毎に著者が違います。
このシリーズの「ブラームス」では、主要作品やターニングポイントとなる作品を時代背景と共によう分からせてくれたんですが、本作はあまた存在するであろうこの楽聖の伝記を適宜ピックアップした(ただし、かなり細かいことも記載されており、音楽史的ともいえる)ような作。
写真が挿入されている点が特徴で、普通の伝記とは違うところですけども、これまた「ブラームス」では写真の前後で本文の切れ目となっているのが、本作は写真を挟んで文章が続いている箇所が多く、ページを行ったり来たりで読みにくい。
1824年5月7日の第九交響曲初演での儲けが期待はずれであったため、演奏会後の慰労会は「不機嫌になっていたベートーヴェンのやるかたない憤懣の爆発となった。

ベートーヴェン
ベートーヴェン: 交響曲 第9番 Op.125より「歓喜の歌」(独語)/ベーレンライター社/ピアノ伴奏付合唱ヴォーカルスコア

新品価格 ¥ 1,728



発売元:ベーレンライター社  発売日:2012-01-01
  

やはり、ベーレンライター 評価
ベースの紙質と色が断然違います。
印刷精度も高く、目が疲れません。

発売元のレビュー
Beethoven,L.v:Symphony No.9 d-moll op.125 Finale

ベートーヴェン
ベートーヴェン : バイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61/ヘンレ社/原典版/ピアノ伴奏付ソロ楽譜

新品価格 ¥ 3,780

中古価格 ¥ 3,543 残り1個

発売元:ヘンレ社  発売日:2010-02-10
  

ベートーヴェン
ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ集 第1巻/ヘンレ社/原典版

新品価格 ¥ 5,100 (定価の18%引き)



発売元:ヘンレ社  発売日:2009-08-01
  

洋書での販売がお得 評価
にも同じことを書きました。
同じ本があちこちに載るのは紛らわしくて困ります。
ウィーン原典版などに比べるとやや内容が古いような気がしますが、ベートーヴェンのソナタでは決定版の一つとされている良い楽譜です。
この1巻は第1-15番を収録。
16番は17.18の3曲と作品番号がセットになっているので、2巻に収録されています。
紙質も良く、とても分厚い割にめくりやすく、糸で綴じてあるので壊れる心配もありません。
ただしとても重く、持ち運びが大変です。
洋書として掲載されている、も、内容は同じものなので、こちらを買った方がお得です。
2巻は洋書としての扱いがないようです。

ベートーヴェン
ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ集 第2巻/ヘンレ社/原典版

新品価格 ¥ 6,264

中古価格 ¥ 4,790 残り3個

発売元:ヘンレ社  発売日:2009-08-01
  

重くて分厚い 評価
にも同じことを書きました。
同じ本があちこちに載るのは紛らわしくて困りますね。
第16-32番を収録。
良い本ですが、1巻にも増してとても分厚く重い本です。
電話帳くらいあり、漬物石の代わりにもなりそうなくらい重いです。
個人的には前期はヘンレの1巻を、中期は傑作がほぼ入っている(3分冊の2。
12葬送-23熱情)を使っています。
後期はまだ私レベルでは手が出ないので。
ヘンレで「月光」と「テンペスト」を弾こうとしたら、2冊持ち運ばなければならないというのは大変です。
1巻は安く買えるのですが、2巻は洋書としての扱いがないです。
なお、英アマから輸入すると送料込みで4,700ほどで済みます。

ベートーヴェン
ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 Op.13 「悲愴」/ヘンレ社/原典版

新品価格 ¥ 1,404



発売元:ヘンレ社  発売日:2009-08-01
  

すぐに届きました。梱包はもっと簡素でも・・・ 評価
すぐに届きました。
梱包はもっと簡素でも良いと思います。

ベートーヴェン
ベートーヴェン 3大ソナタ《悲愴》《月光》《熱情》 (zen-on piano library)

新品価格 ¥ 1,404

中古価格 ¥ 841

発売元:全音楽譜出版社  発売日:2008-01-16
  

役に立った。迅速に入手できた。 評価
迅速に入手できて大いに役立った。
今後もよい品物を期待する。

発売元のレビュー
全音楽譜出版社 op.13,op.27-2,op.57 解説:寺西基之

ベートーヴェン
ベートーベンソナタアルバム (2) 全音ピアノライブラリー

新品価格 ¥ 3,240

中古価格 ¥ 748

発売元:全音楽譜出版社  発売日:2005-06-08
  

全音の楽譜の中ではおすすめです。 評価
全音出版部の校訂した楽譜は編集時期が古かったり内容に誤りがあることが多く、基本的におすすめしないのですが、この本は幸運な例外です。
ベートーヴェンのソナタは原典版で弾くのがよい。
理想的にはその通りなのですが、現実問題として専門家や音大生以外が原典版で弾こうとすると大変な苦労をします。
その原因の一つが、運指です。
ベートーヴェンのピアノソナタ原典版として権威のあるヘンレ版は、10度が届く手を前提に運指が書かれています。
これでは手の小さな日本人には弾けません。
全音のこの楽譜は原典版の欠点をよく補完してあり、手の小さい人にも弾きやすい運指になっています。

内容が豊富でずっとお供できます。 評価
このソナタ集を弾きこなすにはかなりの年数が今の自分には要します。
でも、テンポを落として練習してもすばらしいメロディーです。
似通った曲がなく、様々な作品をピアノで楽しめます。
19、20、25はソナタアルバム1を持っている人ならば、重複します。
どの作品も好きです。
でも特に魅力的なのは17のAllegrettoです。
今までにも幾度か耳にしたことがある曲ですが、初めて全体像が掴めて嬉しかったです。
分厚さからもっと高価だと思っていましたが、ありがたい定価です。
追記分:買ってから数年経ちますが、今はp116から始まる Op.53 Dem Grafen Ferdinand von Waldstein gewidmet(作品53ハ長調ワルドシュタイン)を練習しています。

ベートーヴェン
ベートーベンソナタアルバム (1) 全音ピアノライブラリー

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 656

発売元:全音楽譜出版社  発売日:2005-03-26
  

同曲でも、全音ピースと内容が違う 評価
ピース版と内容が違いますね。
しかも、詳細であるか簡易であるかという事ではなく、クレッシェンドとデクレッシェンドの違いなど正反対の箇所まであって、そう来るかという感じ。
事情は良くわかりませんが、有名ピアニストの演奏がこちらだったので、ピースよりは信頼出来ると思っています。
なお、これだけ大きいとコピーして使う事になります。
置けないので。
こういった物は、もっと分割されていれば使いやすいのにとは思いますね。
せっかくケース入りなのだし。

同曲でも、全音ピースと内容が違う 評価
他の版に比べて値段はまだ安い方だが、なかなか。
こだわる人にはおすすめできないが、ベートーヴェンはぜひ一度は弾いておきたい。
ってな人にはこの楽譜で十分だと。
専門的に勉強する人は、ヘンレ版などを使うといいでしょう。
運指に関してはいいと思いますが、ペダルに関してはNG。
ペダルを自分で考えて少しいれていきましょう。

ベートーヴェン
ウィーン原典版107 ベートーヴェンピアノ・ソナタ集 (1)

新品価格 ¥ 4,104

中古価格 ¥ 3,165

発売元:音楽之友社  発売日:2004-06-09
  

初期ソナタ集 評価
第1番から11番を収録。
8番「悲愴」を含みます。
中級者が挑戦する曲はおおむねこのあたりでしょう。
3分冊なのでより薄くて取り扱い易いですが、紙質は良くないので、繰り返しめくるとヨレヨレになってしまいます。
(ウィーン原典版の紙質は残念ながらみんなそうです)また本自体が少し小さいことから、音符はヘンレ版より若干小さめですが、見づらいことはありません。
スタッカートをクサビ型と点型で区別しているなど、最新の研究が反映されています。
(ヘンレ版は全て点です)運指もヘンレ版より無理がないです。
ペダル指示は、ベートーヴェンは第12番第3楽章の葬送行進曲の中間部ではじめて記載するので、この本には全くありません。

ベートーヴェン
西洋音楽演奏史論序説―ベートーヴェン ピアノ・ソナタの演奏史研究

新品価格 ¥ 20,832

中古価格 ¥ 2,804

発売元:春秋社  発売日:2001-06-01
  

ベートーヴェン
ベートーヴェンピアノソナタ集 (1巻) 全音ピアノライブラリー

新品価格 ¥ 4,212

中古価格 ¥ 7,369 残り2個

発売元:全音楽譜出版社  発売日:1998-12-10
  

「ベートーヴェン・ソナタ・アルバム」の中で特にお薦めできる版 評価
本版は幾つかの特徴を持っているが、中でも、特筆すべきはその独特のペダル表示である。
ペダル記号が実際の動作に即して記されているので「このように書かれているが、実際はこのように踏む」という必要がない。
すでに「HENLE版」その他の版を使用している方々にも補足資料として有益である。
アマチュア志望生徒の保護者にも「全32曲を揃えた場合に多くの日本版より高価になるが、あえてこの版を選択する理由」を充分説明し薦めているので、筆者の生徒の大部分は同版を使用している

ベートーヴェン
ベートーヴェン (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)

新品価格 ¥ 637

中古価格 ¥ 1

発売元:新潮社  発売日:1985-12-24
  

サリエリ、テレーゼ、ラズモフスキー、ディアベリらの肖像画を初めて見ましたがな 評価
新潮社からのシリーズ、作曲家毎に著者が違います。
このシリーズの「ブラームス」では、主要作品やターニングポイントとなる作品を時代背景と共によう分からせてくれたんですが、本作はあまた存在するであろうこの楽聖の伝記を適宜ピックアップした(ただし、かなり細かいことも記載されており、音楽史的ともいえる)ような作。
写真が挿入されている点が特徴で、普通の伝記とは違うところですけども、これまた「ブラームス」では写真の前後で本文の切れ目となっているのが、本作は写真を挟んで文章が続いている箇所が多く、ページを行ったり来たりで読みにくい。
1824年5月7日の第九交響曲初演での儲けが期待はずれであったため、演奏会後の慰労会は「不機嫌になっていたベートーヴェンのやるかたない憤懣の爆発となった。

発売元のレビュー
ベートーヴェン (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯) [文庫]

ベートーヴェン
新編 ベートーヴェンの手紙〈上〉 (岩波文庫)

新品価格 ¥ 1,048

中古価格 ¥ 127

発売元:岩波書店  発売日:1982-01-16
  

第4交響曲のアダージョがかくも美しい理由がわかる本 評価
小生はベートーヴェンの第4交響曲第2楽章(アダージョ)が大好きである。
若い頃にこの曲を聴いたとき、他の彼の交響曲作品(特に奇数番)ほどには興味をもたなかったのではあるが、ある日突然、この天国的に美しい作品にぞっこん惚れこんでしまった。
しかし、何故あのベートーヴェンがかくもロマンティツクな作品を創造できたのかというのが小生の永い間の疑問ではあった。
この疑問に応えてくれたのが、第2次世界大戦後発見され、本書に収録されているベートーヴェンからヨゼフィーネに宛ててだされた一連の手紙である。
1804~1807年は中期ベートーヴェンの最も偉大な創造の時期、穣り豊かな時期と呼ばれているが、ベートーヴェンのヨゼフィーネに対する激しいが、叶わぬ恋心こそがベートーヴェンをして交響曲第4番、ピアノ協奏曲第4番、バイオリン協奏曲などの永遠の名曲を創造させた原動力であったことを読者は理解するようになる。



PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加