シャルル・デュトワ のCDを紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。ベストアルバム、グレーテストヒッツ、ライブ版、名曲集を紹介します。  

シュルル・デュトワ,の名曲,ベストCD,DVDの試聴,視聴,紹介,評判,レビュー,安売り価格,値段,中古価格


シュルル・デュトワ
ヴァイオリン協奏曲全集、24のカプリース、ヴァイオリン作品集 サルヴァトーレ・アッカルド、シャルル・デュトワ&ロンドン・フィル(6CD+ブルーレイ・オーディオ)

新品価格 ¥ 6,009

中古価格 ¥ 6,800 残り1個

発売元:Dg  発売日:2018-03-08
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
プーランク:管弦楽作品集

新品価格 ¥ 1,652 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 3,695 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-04-26
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
サン=サーンス:ピアノ協奏曲全集

新品価格 ¥ 1,966 (定価の19%引き)

中古価格 ¥ 2,503 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-05-14
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
素晴らしく楽しい協奏曲 評価
本当に楽しい音楽です。
もっと注目されるべき音楽の一つだと思います。
デュトワのオーケストラとも息があっていて気持ちいいです。
ロジェのピアノは粒立ちが良く、素晴らしい音です。
2枚組でお得だと思います。

シュルル・デュトワ
フォーレ:管弦楽・声楽作品集

新品価格 ¥ 7,444

中古価格 ¥ 705 (定価の70%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-05-14
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
デッカ創立85周年(2014年時)記念「デッカ クラシック・ベスト50」。
本作は、≪ペレアスとメリザンド≫≪レクイエム≫といったフォーレの主要作品に、協奏的作品を加えた2枚組アルバム。
指揮者シャルル・デュトワ、モントリオール交響楽団など豪華アーティスト達の共演による聴きごたえ十分な作品。
(C)RS

シュルル・デュトワ
ストラヴィンスキー:管弦楽作品集

新品価格 ¥ 3,000

中古価格 ¥ 2,052 残り3個

発売元:Newton Classics  発売日:2010-09-29
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
別レーベルから廉価復刻されたデュトワのストラヴィンスキー 評価
デュトワ(Charles Dutoit 1936-)がデッカレーベルに録音してきたストラヴィンスキー(Igor Stravinsky 1882-1971)のシリーズを、Newton Classicsが4枚組の廉価版アルバムとして再リリースしたもの。
輸入盤。
いずれもオーケストラはモントリオール交響楽団。
ただしディスク4(協奏曲「ダンバートン・オークス」、協奏的舞曲、ニ調の協奏曲(バーゼル協奏曲)、バレエ音楽「ミューズを司るアポロ」)のみ表記が「モントリオール・シンフォニエッタ」となっている。
これはモントリオール交響楽団の「小編成」ヴァージョンを指す名称で、例えば1990~91年に録音されたハイドンの交響曲集でも、この名称が使用されている。

シュルル・デュトワ
オネゲル:交響曲全集【SHM-CD仕様】

新品価格 ¥ 2,800 (定価の11%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2009-04-22
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
デュトワの渋いアルバム 評価
代表曲とされている第3番は、現代的で激しい不協和音に彩られているが、その一方美しいメロデイが随所にみられるところなど、映画音楽を思い起こさせる。
事実オネゲルは多数の映画音楽を作曲しており、その手法が交響曲でも見られるということなのだろう。
聴き易い箇所もあちこちにあるが、魅力的なメロディが展開して行くことはなく、なんとなく捉えどころがない印象がある。
ショスタコーヴィチのような求心力に乏しい所が、メジャーになりきれない所以なのかもしれないが、ヴォーン・ウィリアムズと似たような雰囲気のところもあるので、もうちょっと人気があってもいい気がする。

シュルル・デュトワ
ルーセル:交響曲全集【SHM-CD仕様】

新品価格 ¥ 2,913 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 2,100 (定価の33%引き) 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2009-04-22
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
テオドラキス作品集

新品価格 ¥ 4,500

中古価格 ¥ 1,900 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2004-08-11
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
現代ギリシアを代表する作曲家の作品 評価
ミキス・テオドラキス(Mikis Theodrakis1925- )はギリシアのキオス島出身。
若い頃は平和活動家としてもしられたが、後に映画音楽の世界で名をなす。
代表作は「その男ゾルバ」「エレクトラ」などである。
テオドラキスの作曲家としての力量はかのストラヴィンスキーでさえ賞賛を惜しまなかったそうだ。
「その男ゾルバ」のサウンドトラックは現代ギリシアの歌の込められた作品として、高い価値が置かれている。
一方、ここで聴かれるバレエ音楽「ゾルバ」に溢れる熱量は実に壮大だ。
冒頭から力強い管弦楽の熱狂に導かれて合唱が始まりを告げる。
その後ソプラノの歌唱を中心に抒情的な内容をもつ部分と情熱的で大きく盛りあがる部分が交錯して音楽が進んでいく。

現代ギリシアを代表する作曲家の作品 評価
ギリシャの音楽、レベティカなどを愛する人で、テオドラキスを知らない人はいない。
しかし、出発点は、クラシックだったことを忘れてはいけない。
映画版の「その男ゾルバ」の音楽も手がけたが、これは、そのバレエ版。
ギリシャの、島唄を、オーケストラ編成で、違和感なく表現している。
こんな素晴らしい楽曲ならば、2枚組みでもいい。
全部、聴きたかった。

シュルル・デュトワ
サン=サーンス:ピアノ協奏曲全集

新品価格 ¥ 5,500

中古価格 ¥ 11,000 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-10-22
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
フランス近代楽曲の華 評価
サンサーンスの曲は、いかにもフランス人らしいエスプリの気質と、メロディーの多様さ・色彩性が凝縮されているようだ。
そしてここにみられる一級のピアニストの技巧ぶりはリストの多大なる影響である。
5曲からなる協奏曲は、華々しい彼の評価の歴史をたどるものである。
第1番のホルンの音色、フィナーレの華麗さ。
有名な第2番は、まさにリストとサンサーンスの融合作品とも呼ぶべきだろう。
明るい軽快なスケルツォに、最終楽章は非常にドラマティック。
最後の第5番はまさにエジプト情緒満載で、最後はモーツァルトの再来ぶりを発揮した不思議な魅力と華麗さで締めくくられている。

泣けてくるぐらい楽しそう 評価
サン・サーンスのピアノ協奏曲はいつ聴いてもピアニストの人は疲れそうだなぁと思うのですが、ロジェのお兄さん(?)はサラッと華麗に弾いています。
サン・サーンス本人は1番と3番がお気に入りだったそうですが、あまり人気がなく滅多に演奏されません。
で、このCDで初めて聴いたんですが、1番は若々しくてカッコイィ!!3番はワーグナーの真似してるような気がするけどカッコィィ!といった感じです。
でもまぁ、他の3つの協奏曲に比べると凝り過ぎかもしれませんね(^_^;)2番は怪傑ゾロのテーマのようで有名(やっぱりカッコイイッ!!!)。
4番は音楽史的にも重要な意味を持つ名作(これもカッコイイ!)。

シュルル・デュトワ
ピアソラ:作品集〜天使のミロンガ



中古価格 ¥ 978

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2001-10-24
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ピアソラ作曲のオーケストラ曲 評価
ピアソラと聞くとタンゴですが、小編成が多いのがやや不満でした。
このような曲・CDがあるのを知って早速購入しました。
指揮は情熱的でなくクールな指揮ぶりはやや不満がありますが、音楽ファンならば一度聞いてみてくださいな!

シュルル・デュトワ
ルーセル:交響曲全集



中古価格 ¥ 1,400 残り5個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2001-07-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
三番は名作交響曲なのでは‥! 評価
デュトワのオネゲルの交響曲全集と共に、同時期に限定盤で発売されていたルーセルの交響曲全集の再発売盤。
オネゲルの全集はすぐに入手したが、ルーセルの全集は買いそびれてしまい半ば諦めていたので今回の再発売はありがたい!ルーセルはフランス系の作曲家の中では人気のない作曲家の一人だが、(ちなみにオネゲルはスイス国籍)フランス系の交響曲となればルーセルを省くわけにはいかない!交響曲は四曲作曲しているが、中でも三番、四番は名作交響曲として録音も多く古くはクリュイタンス、アンセルメ盤、新しい録音ではブーレーズ、ベンツィ、ヤノフスキ盤などがある。

聴く価値あり 評価
最近はクラシックのCD価格もバラエティーに富んでいてお手頃なものが多い。
輸入盤は10枚組で3千円とか驚くようなものも多いが、国産2枚でこの価格は安いと思いなにげに買ったのだけれどこれはあたり、価格以上のものであった。
ルーセルの交響曲がすべて聞け、しかも演奏もよい。
これはお得。
ルーセルの交響曲は初めて聞いたのだけれども独特の世界があり聴き応えある。
もっと演奏されてよい作曲家なのではないだろうか。
これに気をよくして、ニールセン交響曲全集も買ったのだが、こちらは一寸苦戦中。

シュルル・デュトワ
オネゲル:交響曲全集



中古価格 ¥ 1,296 残り5個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2001-07-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
デュトワのオネゲル 評価
数少ないオネゲルの交響曲全集である。
全般的にサラリとした演奏であり、ミュンシュの怪演などと比較して物足りなさは残るだろう。
ただし、交響曲第4番は際だった名演である。
スイスの清澄な風が吹き渡ってくるかのようである(ミュンシュの演奏よりもよい)。
なお、音量・音質のセッティングには注意を要する。
レコーディング音量レベルは小さめなのでり、低音域が不足しがちである。
適正な音量・音質になるよう、聞きながら調節してから聞いた方がよい。
さもないと正しい評価ができないでしょう。

デュトワのオネゲル 評価
もっとも有名な作品、交響曲第3番「典礼風」は、ミンシュ、アンセルメなど従来の演奏では、非協和音の衝撃を弱め、目立たないように演奏していたが、デュトワは譜面どおりに演奏しており、この方が作曲者の意図を忠実に反映していると感じた。
第4番は、代表作「典礼風」と悲観的な第5番の間にあって、あまり知られていないが、美しい曲である。

シュルル・デュトワ
「NHK大河ドラマ・葵 徳川三代」音楽作品集



中古価格 ¥ 902 (定価の65%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:2000-03-08
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Time of Destiny 評価
西暦2000年のNHK大河ドラマ「葵徳川三代」のオリジナルサウンドトラックですが、収録されている音楽は実際のドラマでの権謀術策が飛び交うドロドロした駆け引きの雰囲気とはかなり掛け離れた、神聖で、重荘なメロディに聞こえました。
特にメインテーマのTime of Destinyの序盤の切なく悲痛な思いを感じさせる、しかしながら、同時に非常に強い意志も感じさせる旋律がケンブリッジキングスカレッジ合唱団によるコーラスを伴って、次第に光り輝くような神々しく、荘厳なクライマックスを迎えます。
それは、さながら徳川家康という人物の不運と忍耐の半生から栄光に満ち溢れた東照大権現へと至った人生そのものの様に感じました。

荘重で重厚 評価
全曲目を通して、豪快よりは荘重、軽妙よりは重厚、といった曲調の作品が続く。
OPテーマも同じ戦国時代を取り扱った「独眼流政宗」や「武田信玄」、「秀吉」などとは明かに異なり、むしろ「花の乱」のOP曲を彷彿とさせる。
収録二曲目の"Time of Ambition"は合戦シーンのBGMだが、戦場の高揚感よりも緊張感や緊迫感を訴える曲になっており、他の収録曲も静かに訴えかけてくる曲が多い。
ただ、収録曲がメインテーマとそのアレンジ4曲、その他3曲といささか寂しい感じがする。
劇中ではもっといろんな曲があったとも思うのだが、単なる思い違いだろうか。

シュルル・デュトワ
プーランク : 管弦楽・協奏作品全集



中古価格 ¥ 1,775 残り7個

発売元:ポリドール  発売日:1999-02-01
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
決定版と言い切れるような名演ばかり 評価
ピアノ協奏曲2題が1992年2月24-28日、Walthamstow Assembly Hall、オルガン協奏曲が同一日にSt.Albans Cathedralにて録音。
シンフォニエッタは1996年1月10日、Salle Wagramにて録音全部で5枚となるデュトワのプーランク管弦楽録音の完全版である。
もはや決定版と言い切れるような名演ばかりである。
デュトワのタクト、ロジェのピアノは特に冴えわたり素晴らしい。
このボックス・セットは日本盤はどうも廃盤未発売らしいが輸入盤では入手可能だ。
プーランクの音楽を知る上でこの管弦楽曲と声楽曲の部分は非常に重要だと思える。
『朝しか作曲しなかったプーランク』の世界は非常に愉しい。

シュルル・デュトワ
プーランク:管弦楽・協奏曲作品全集 シャルル・デュトワ



中古価格 ¥ 2,160 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:1999-01-31
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
オネゲル:交響曲全集



中古価格 ¥ 1,105 残り5個

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1998-05-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
イベール:作品集 寄港地



中古価格 ¥ 697

発売元:ポリドール  発売日:1997-05-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
文句なし! 最高のイベール 評価
特に作曲家の代表作と目される『寄港地』が素晴らしい。
楽想のパリッとした切り替え、切り込んでくる金管、融通無碍とでも言いたい響きの変化。
いずれも最上の演奏であり、おそらくこの曲のベストではないか?デュトワは相対的にフランスものに適性を感じさせる指揮者だが、私見ではこのイベール、フランス的と言うよりは、一つの古典的作品として優れた演奏であると感じた。
ほかの作品では、『モーツァルトへのオマージュ』などは、作品自体がそれほど面白いものとは思わないが、軽妙洒脱な指揮者のセンスが現われている。
『フルート協奏曲』は愉しい作品だ。

立派過ぎないかなあ。。。 評価
マルティノンのイベールみたいなゆるい感じがなくって、ちょっとつらい。
それって、イベールの音楽の普遍性に対する疑問?そうじゃないとも思いたい。
今後中長期的にイベールの音楽が聞かれ続けるのか、考えるためには必聴なんだろう、きっと。

シュルル・デュトワ
プーランク初期声楽作品集



中古価格 ¥ 1,000

発売元:ポリドール  発売日:1996-11-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
イベール:作品集



中古価格 ¥ 371 残り8個

発売元:ポリドール  発売日:1994-05-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


コルサコフ、ビゼー
シュルル・デュトワ
ビゼー:「アルルの女」、「カルメン」第1組曲&第2組曲

新品価格 ¥ 1,533 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 1,320 (定価の28%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-04-26
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ビゼー:「アルルの女」「カルメン」第1&2組曲

新品価格 ¥ 3,489



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
R=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」、スペイン奇想曲

新品価格 ¥ 1,541 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 5,354 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》、リムスキー=コルサコフ:《ロシアの復活祭》序曲、他

新品価格 ¥ 1,445 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 1,643 (定価の4%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
魔法使いの弟子~フレンチ・コンサート

新品価格 ¥ 4,289

中古価格 ¥ 1,000 (定価の45%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
綺麗なフレンチ・サウンド 評価
ディズニー映画「ファンタジア」に使われた「魔法使いの弟子」は描写が豊かでコミカル。
フランスは管楽器の使い方で左右されると言われている。
それだけに一攫千金のようなもの。
でも、デュトワ自身ヴィオラを専攻しただけあって弦楽器の部分は流麗で厚みがある。
これは購入してよかった。
19世紀から20世紀にかけての有名、無名を問わないフランス音楽が詰まっている。
南仏のような明るさやファッショナブルなパリジェンヌの要素が詰まっていてこれはティー・タイムのBGMにぴったり。

デュトワの真骨頂 評価
色彩感たっぷりのデュトワ・モントリオール響の演奏である。
おもちゃ箱をひっくり返したような愉しさ満載のアルバムです。

シュルル・デュトワ
ビゼー:<アルルの女><カルメン>組曲

新品価格 ¥ 1,606 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 898 (定価の51%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
まさにフランス音楽の真骨頂 評価
こういった表題の付いた音楽が得意な、フランスのオケよりフランス的と評価される モントリオール交響楽団の美しい響きに魅了されます。
アルルの女、カルメンというと、自分の若いころの学校の音楽教材になっていた 名曲ですが、当時は「派手な曲」という印象しかなく、決して美しい音楽では ありませんでした。
しかし、このビゼーは高音質の英デッカの音源とあいまって素晴らしい音楽です。

シュルル・デュトワ
R.コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」

新品価格 ¥ 1,480 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 780 (定価の52%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-03-03
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
初めて聴く方に強力にお勧めいたします。 評価
もう20年以上前の演奏ですが、透明感のあるサウンドが素晴らしい名演奏です。
当時の LONDON レーベルは音をいじりすぎるきらいがありますが、その事を差し引いてもこの演奏と比べられる演奏は中々ないでしょう。
統率の取れた弦楽器を中心に木管、金管、打楽器共にモントリオール交響楽団の一つの頂点を極めた演奏と言っても過言ではないと思います。
シャルル・デュトアとモントリオール交響楽団はこの時期の演奏が最も息が合っており、その点でもお勧めです。
フランス音楽の影響を受けた R.コルサコフ の華麗な演目を非の打ちどころのない解釈で演奏しており、特に初めてシェーラザードを聞く方には強力に推薦する一枚です。

デュトワ&モントリオール響の遺産 評価
ラヴェルの「ダフニスとクロエ」に始まったデュトワ&モントリオール響の 数々のCDのほとんどを持っていますが、改めてすばらしさを実感します。
R.コルサコフ「シェエラザード」、得てして色彩感ばかり目立つ演奏が 多くなりがちな曲ですが、デュトワの解釈は丁寧にフレーズを歌い、 劇的な部分も迫力があり、この曲のスタンダードとしてお勧めします。
ただ、英デッカの優秀な録音も、さすがに若干色あせてきた感もあります。

シュルル・デュトワ
ジェームズ・ゴールウェイの芸術 VOL.6 フランスの伝統



中古価格 ¥ 2,280 残り4個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2003-09-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
超お買い得:あまりに美しく歌われすぎるとしても 評価
近代室内楽の、またフルート音楽の最高傑作の一つなのに現役盤が少ないドビュッシーの『フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ』、前代未聞の音の世界を開いた『牧神の午後への前奏曲』のフルート&ピアノ版、無伴奏の傑作『シランクス』、そこにフォーレのヴァイオリンソナタ第1番を編曲した『ソナタ』、イベール『フルート協奏曲』などフランス近代の珠玉の名作群を含む、超お買い得盤。
 むろんゴールウェイ、超絶的な技巧、妖精の笛のような透明すぎるほどの高域の美音、虹のように変化する音色で自在に歌う演奏は、超一級。
 とはいえ、そのあまりに天真爛漫かつゴージャスなゴールウェイ節は、繊細・緻密ゆえに神秘的なドビュッシーにはしばしば饒舌すぎる。

シュルル・デュトワ
ビゼー:《アルルの女》第1・2組曲/《カルメン》第1・2組曲



中古価格 ¥ 1

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-06-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
晴れ渡る空を見るかのよう。。。 評価
なんだか物事が上手くいかない。

落ち込んで元気がない。

そんな時の気分転換に聴く1枚。
中でもカリヨンとファランドールはお勧め! 聞き終えた後の高揚感がたまらない! 管弦楽器のと弦楽器の掛け合いは実にスリリングで魅力たっぷりです。
まるで夏の夕立後、晴れ渡る空を見るかのようである。
音質も良く星5つです。

バランス良く、輝いた響き 評価
これより良い演奏、あるかもしれません。
でも、露骨なフランス臭さでなく、どこかで薫るフランスの響き、バランス良く現代的な響きが好きな方には是非おすすめしたい1枚です。
筆者は、ヨーロッパから帰る飛行機のなかでこの演奏に出会い、涙しました。
乾いた心にしみわたる1枚です。
5星!

熱くて、でも洒落ていて 評価
N響音楽監督などで日本とも縁が深いデュトワと、 氏が四半世紀にわたり芸術監督をつとめた モントリオール交響楽団との一枚。
仏・露の音楽を得意とするデュトワの、 熱くて、でも洒落ていて 真骨頂とも云うべき出来である。

シュルル・デュトワ
海の音楽



中古価格 ¥ 2,261 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2001-10-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ビゼー:序曲 イ長調



中古価格 ¥ 950 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-12-20
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
隠れたビゼーの名曲の名演奏 評価
ビゼーと言えば、「カルメン」や「アルルの女」と言った歌劇や劇音楽が有名ですが、純粋な管弦楽曲作品に関しては、彼の死後に発見されたものが多いと言われています。
その中でも、特に勇壮な序曲《祖国》と序曲イ長調などは、旋律美に長けたビゼーの天才振りを如何なく発揮しているものです。
そして組曲《美しいパースの娘》ではビゼー本来の繊細な響きが楽しめます。
更にメインディッシュである「交響曲ハ長調」では、古典的な明晰さと、牧歌的なのどかさが同居した、聞いていて本当に心が弾んでくる内容の曲となっています。
そのような曲目をデュトワ氏指揮するモントリオール交響楽団がその魅力を遺憾なく発揮している点でこのCDはお勧めです。

シュルル・デュトワ
魔法使いの弟子 : フレンチ・コンサート

新品価格 ¥ 3,800

中古価格 ¥ 350 (定価の83%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1994-04-22
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
流石!! 評価
やはりデュトワとモントリオール交響楽団は裏切りませんでした。
音の響き、速度、ダイナミクス、安定性、どれをとっても一流だと分かる演奏です。
モントリオール交響楽団の演奏はやはり安心して聴けますね。
バッカナールの中間部のゆったりした箇所は弦のみが旋律を弾くため大抵の楽団は透明感のないサウンドになると思うですがモントリオールは透明度が高いんです。
特にその箇所で改めて楽団のレベルの高さが感じられます。
デュトワも速くもなく遅くもない本当に丁度よい速度で指揮しますので聴いていて心地がよいです。
世界トップクラスの組み合わせに★5が付けられないわけがないです

さすがデュトワ 評価
専門家の間でデュトワはフランス物が苦手だという評判があります。
このCDを聴いてみて下さい。
苦手かどうかがハッキリわかります。
吹奏楽でも有名な「弟子」や「バッカナール」「スペイン」などのほか少しマイナーな選曲もされています。
迫力といった点ではショルティやチェリビダッケに及ばないかもしれないが、どれをとっても音質がクリアーで繊細。

シュルル・デュトワ
R.コルサコフ:シェエラザード

新品価格 ¥ 3,579

中古価格 ¥ 210 (定価の89%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1993-04-24
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
間違いなくマスターピース 評価
昔むかしに演奏した関係で、何種類かCDを聞いたがこれが最も良かった。
この曲は印象的な部分が多いので、ちょっとしたアクセントやテンポの違いで曲のイメージが変わってくるけど、この演奏は「かゆいところに手が届く、身の毛がよだつ物」(?)といった感じ。
特に第4楽章のクライマックスは素晴らしいの一言。
まあ、シャルル・デュトワにモントリオールの組み合わせだったら、当たり前かという声も聞こえるかもしれないが、ぜひ、一人っきりで、誰にも邪魔されることなく聞いてほしい。
目の前に荒波が見えますよ!

シュルル・デュトワ
チャイコフスキー:1812年,

新品価格 ¥ 4,800

中古価格 ¥ 78 (定価の96%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1993-04-24
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
まったく問題なし。 評価
1812年の終幕をシンセサイザーで演奏するのはかなり独創的・・。
(もちろんキャノン砲&クレムリンの鐘もあり。
)それでいて申し分のないお上手な演奏!スラヴ行進曲は若干遅めのテンポの演奏だがこれも全然悪くは無い。
(最後の盛り上がりからは普通のはやさになるが・・。
)展覧会の絵はごく普通の演奏だが個人的にはこれで十二分だと思います。

シュルル・デュトワ
ビゼー:アルルの女,カルメン

新品価格 ¥ 2,000

中古価格 ¥ 1

発売元:ポリドール  発売日:1993-04-24
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
クラシック・フォー・ヘヴィ・メタル・キッズ(6)~ディープ・パープル編



中古価格 ¥ 1,950 残り1個

発売元:ポリドール  発売日:1992-09-26
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
アルルの女*組曲

新品価格 ¥ 1,580

中古価格 ¥ 20 (定価の96%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1989-04-07
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


チャイコフスキー、パガニーニ
シュルル・デュトワ
チャイコフスキー:管弦楽曲集

新品価格 ¥ 1,555 (定価の10%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」、幻想序曲「ロメオとジュリエット」

新品価格 ¥ 1,555 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 3,629 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
チャイコフスキー:交響曲第5番、幻想序曲「ハムレット」

新品価格 ¥ 1,694 (定価の1%引き)

中古価格 ¥ 1,300 (定価の24%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
チャイコフスキー:交響曲第4番/武満徹:弦楽のためのレクイエム他

新品価格 ¥ 1,187 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 5,620 残り2個

発売元:インディペンデントレーベル  発売日:2014-08-03
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
プレミアム・ツイン・ベスト タイスの瞑想曲~珠玉のヴァイオリン名曲集

新品価格 ¥ 6,019

中古価格 ¥ 6,114 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-06-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第6番、他

新品価格 ¥ 13,550

中古価格 ¥ 9,800 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-06-11
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第5番、他

新品価格 ¥ 9,980

中古価格 ¥ 2,925 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-06-11
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第3番&第4番

新品価格 ¥ 1,165 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,080 (定価の16%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-06-11
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番&第2番「ラ・カンパネッラ」

新品価格 ¥ 1,165 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 630 (定価の51%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-06-11
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
チャイコフスキー:バレエ「くるみ割り人形」全曲

新品価格 ¥ 2,184 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 2,267 (定価の6%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-05-14
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番&第2番「ラ・カンパネッラ」

新品価格 ¥ 4,200

中古価格 ¥ 745 (定価の27%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-11-01
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
高い技法 評価
この作品の第二番・第三楽章は、一般に耳馴染みの メロディーだと思います。
このメロディーを聴くだけでも、購入する価値があります。
演奏者の高い技法に裏付けされた名盤です。
廉価盤で求めやすい価格ですし、是非手に取ってみて下さい。

聞き飽きない好演 評価
聴く人の好みも有ると思いますが、個人的には良い買い物をしました。
録音によっては、前奏(?)部分が激しく切り落とされる(短縮される)非常に長い第1番もカットされていませんし、 6トラック目の「鐘のロンド」など踊りたくなるほどです。
価格も安いですし、オススメです。

シュルル・デュトワ
チャイコフスキー:<白鳥の湖><くるみ割り人形><眠りの森の美女>

新品価格 ¥ 1,571 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 648 (定価の64%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
デュトワ&モントリール響の傑作 評価
シャルル・デュトワさんは、フィラデルフィア管弦楽団の音楽監督とのことですが ここのところ新譜が聴かれません。
このチャイコフスキーの3大バレエは至高の名演です。

シュルル・デュトワ
チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」全曲

新品価格 ¥ 2,094 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 1,480 (定価の40%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-05-16
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
デュトワの「偉業」 評価
ひとむかし前のことだけど、ジョージ・セルがクリーヴランド管弦楽団というオーケストラを弛まぬ努力によって「超一流」のオーケストラに仕立て上げた功績は「偉業」と形容されたものだ。
その後、これにふさわしいものを探すとすれば、あながち、シャルル・デュトワとモントリオール交響楽団がその最有力候補となるのではないだろうか。
それほどまでにデュトワの登場前後で、このオーケストラの印象は大きく違うものだ。
フランス語圏のオーケストラであることもあり、当初はフランスもので注目されたが、それに収まらずロシアもの、ラテン系、汎スラヴ全般の音楽にきわめて高い適性を示した。

ドラマチック 評価
バレエを見に行くと生オケの場合必ずいい所で金管楽器がパス〜〜ンプス〜〜ンと音をはずしがっかりする事があるんだけれど・・・・・これは優雅でドラマチック!!!!やっぱバレエ音楽はバレエを見ながら聞くものじゃなくってCDで聴くのが一番!っと実感!バレエは見ることに専念しよう!!!

シュルル・デュトワ
チャイコフスキー : 大序曲(1812年)作品49、スラヴ行進曲 作品31、ムソルグスキー : 交響詩(はげ山の一夜)、組曲(展覧会の絵)ラヴェル編

新品価格 ¥ 13,550

中古価格 ¥ 864 (定価の53%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-06-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェル編曲「展覧会の絵」 評価
デュトワの演奏を聴くと、改めてこの曲はラヴェルが編曲したのだと気付かされる。
感覚的に美しい演奏でソリストの実力も超一級。
とりわけサックスの音色が魅惑的。
他の作品もユニークな名演奏で、好録音、収録時間、選曲と三拍子揃ったお買い得CDだ。

「スラヴ行進曲」が素晴らしい 評価
一般的に見て、デュトワ・モントリオールの演奏でこの収録曲数と選曲はお買い得。
しかし、どんな曲であれその本物といえる演奏を知っている人にとっては、名曲を何曲詰め込んだものでも、つまらない演奏であればほとんど無価値に等しい。
そういう意味では、このCDは一流所の水準には達しているものの、通を唸らせるほどのものではないだろう。
しかし「スラヴ行進曲」は別。
この演奏を聴いて曲の概念が少し変わった。
「スラヴ行進曲」はチャイコフスキーの音楽にしてはやや芸術性に欠け、耳当たりは良いものの内容の薄い二級品と思っていたが、この演奏は一級品の音楽を聴かせてくれた。

シュルル・デュトワ
チャイコフスキー:白鳥の湖

新品価格 ¥ 1,800 (定価の2%引き)

中古価格 ¥ 698 (定価の62%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-06-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
Accardo Plays Paganini: Complete Recordings

新品価格 ¥ 2,933

中古価格 ¥ 2,200

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2000-10-10
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
曲目リストについて 評価
めんどくさいんでここに書きます。
曲目リストのディスク:5とディスク:6が間違っています。
ディスク:6は、そのままディスク:5の曲目リストです。
ディスク:6の曲目リストは、 1.Sonata Napoleone Es-dur 2.I Palpiti, Op.13 Introduction and Variations on Rossini's 'Di tanti palpiti' from 'Tancredi' 3.Moto perpetuo for Violin and Orchestra: no 2, Sonata movimento perpetuo. Allegro vivace 4.Nel cor piu non mi sento,Op.38 Introduction and Variations on Paisiello's 'La Molinara' 5.Duo merveille, Sonata for Solo Violin C-dur 6.Introduction and Variations on 'God Save the King', Op.9 です。
運営さん、誤解購入を防ぐ為にも曲目リストの編集は”正確に”お願いします。
パガニーニの再来と呼ばれるに相応しく、アッカルドのパガニーニ作品は、他の演奏家を圧倒的に凌駕しています。

さすがにアッカルド 評価
ともかくアッカルドの演奏が上手い、素敵なCDです。
オーケストラの演奏だって真面目にきちんとやってます。
でも協奏曲よりも、やっぱり独奏の「 24のカプリッチョ 」が光ります。

シュルル・デュトワ
チャイコフスキー / リスト / ラヴェル : ピアノ協奏曲



中古価格 ¥ 449

発売元:ポリドール  発売日:1997-09-05
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
パガニーニ : ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調



中古価格 ¥ 317

発売元:ポリドール  発売日:1997-09-05
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイオリンの王様が作曲した名曲 評価
全編どこを切っても金太郎飴同様に、バイオリン協奏曲の名曲です。
作曲者が名バイオリン奏者である為技巧を要求する曲です。
名だたるバイオリン奏者も挑戦していますが、やはりここは気質が合うアッカルドが一番だと思います。
特に2番はリストが後に「私はピアノのパガニーニになる」と決意した「ラ・カンパネッラ」(山口百恵・三浦友和・宇津井健のドラマでも有名)一度は聞きたい名盤だと思いす。

シュルル・デュトワ
Violin Concerti 1-6

新品価格 ¥ 2,532

中古価格 ¥ 6,255 残り2個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:1993-04-13
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
パガニーニ:VN協奏曲第3&4



中古価格 ¥ 149 残り6個

発売元:ポリドール  発売日:1992-08-01
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ラヴェル、サン=サーンス
シュルル・デュトワ
サン=サーンス:交響曲 第3番《オルガン》、組曲《動物の謝肉祭》

新品価格 ¥ 1,626 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 3,719 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-04-26
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」

新品価格 ¥ 1,590 (定価の7%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ラヴェル:ボレロ、道化師の朝の歌、スペイン狂詩曲、ラ・ヴァルス

新品価格 ¥ 1,468 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 3,488 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ラヴェル:バレエ「ダフニスとクロエ」(全曲)

新品価格 ¥ 1,533 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 1,270 (定価の26%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ラヴェル:管弦楽曲集

新品価格 ¥ 1,966 (定価の19%引き)

中古価格 ¥ 1,380 (定価の43%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-05-14
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ボレロ~ラヴェル:管弦楽曲集

新品価格 ¥ 1,611 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 1,035 (定価の44%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やさしさが伝わるボレロです 評価
色々な指揮者がボレロを振っていますが、このデュトワの演奏は滑らかで優しさに溢れています。
最後へ向けた盛り上がりが有名なボレロですが、この演奏は中盤の各楽器のソロが際立っています。
同収録の各曲も名演奏です。
お買い得の一枚でしょう。

精緻で端麗なラヴェル 評価
デュトワは、N響でおなじみの日本とも親交の深い指揮者であり、日本のクラシック音楽の発展に重要な貢献をこれまで果たしてきた。
それまでのドイツ音楽中心であったレパートリーに、デュトワによってフランス系、ラテン系の音楽をN響に開拓した事は大きく評価されるべきである。
特に、フランス音楽にかけては現代で右に出るものはいないほどのスペシャリストであり、それはスイス出身というだけでなく、シャルル・ミュンシュに師事した経歴も挙げられよう。
そのデュトワが1980年代にカナダのモントリオール交響楽団と残した一連の録音は、未だそれらの曲の第一に推薦されるほどの完成度の高さを誇っており、「フランス以上にフランス的」という言辞がそれを物語っている。

シュルル・デュトワ
ラヴェル:マ・メール・ロア、クープランの墓、他

新品価格 ¥ 1,250 (定価の32%引き)

中古価格 ¥ 698 (定価の62%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
美しいラヴェル 評価
モントリオール交響楽団については実際コンサートでラヴェルとストラヴィンスキーを 聴いているのでその音色の美しさは実体験として今でも耳に残っていますが、 特にラヴェルは秀逸で、「マ・メール・ロア」の絵巻は素晴らしいものがあります。
DGだとこれぐらい年数がたった演奏だと1200円程度で再販するのですが、 さすが世紀の名盤だと1700円(これでも当初よりは安くなりました) 値段を下げないことが逆にいかに歴史的名盤かということを知らされます。
ラヴェルを始めて聴く方は絶対デュトワ盤をお勧めします。

シュルル・デュトワ
サン=サーンス:交響曲第3番<オルガン>/動物の謝肉祭、他

新品価格 ¥ 1,636 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 650 (定価の64%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
おすすめ 評価
紹介本に載っていたがそのとおり勧められるものである。
良く機会のある曲なので価格も安く演奏もいいので勧められる

演奏よりも、録音が良い 評価
このCD、発売は30年程度前で、それが価格を下げて、再販されたものだ。
当時、デュトワ指揮のCDは、演奏内容よりも録音が非常に良い事の方が、盛んに評価されていた。
なるほど、DDDのこの演奏の録音は、非常に優れていて、オルガンを交えた盛り上がりも素晴らしい。
カップリングの動物の謝肉祭も、雰囲気が良い。
デュトワの演奏は、弦も管もふんわりとしていて、鋭さに乏しい。
デュトワの他曲の演奏も、同様の傾向がある。
つまり、全体を通せば、フラットな印象の残る演奏だ。
こういう具合なので、アクの無い、さらりとしたものとなっている。

シュルル・デュトワ
サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン」、動物の謝肉祭、他



中古価格 ¥ 1,000 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2008-05-28
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ボレロ~ラヴェル:管弦楽曲集



中古価格 ¥ 639 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2008-05-28
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ラヴェル:マ・メール・ロワ

新品価格 ¥ 1,109 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 607 (定価の50%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-05-16
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
永遠のラヴェル 評価
ラヴェルの甘美な世界は、デュトワ指揮モントリオール響の独壇場。
フランス以上にフランス音楽を奏でるこのコンビ、 喧嘩別れしてしまったとのことで、ほんとに惜しいことです。

シュルル・デュトワ
サン=サーンス:交響曲第3番



中古価格 ¥ 1,229 (定価の33%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-06-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ハイレベルなサンサーンス3 評価
 サンサーンス3が好きで、7〜8人の指揮者の音を聞き比べていますが、このCDは音質も良いですし、非常に美しく迫力のあるアンサンブルは、私の聴いたサンサーンス3の中では最高だと思います。
弦楽器と管楽器のバランスも絶妙で、微細に亘り正確なアンサンブルを奏でています。

文句なしのこの曲のベスト 評価
サンサーンスの交響曲第3番「オルガンつき」、オケの力量ばかりでなくオルガン奏者の質も求められるこの作品。
デュトワ&モントリオール響が毎月のように新譜を出していたころの録音。
瑞々しさありパワーもあり、ハーフォードのオルガンは別録音のミキシングとはいえぴったりです。
文句なしのベスト盤

デュトワらしい美しい演奏 評価
さすがデュトワ。
常に一定以上の演奏をして期待を裏切らない指揮者です。
特にフランスやロシア物は得意で、サン=サーンスのオルガン交響曲も整ったとても美しい演奏でお勧めです。
死の舞踏も、動物の謝肉祭も同じくとても美しい音楽に仕上がっています。
木琴がこれほど大活躍する曲は意外にクラシックにも少ないのでとても楽しめると思いますよ。

シュルル・デュトワ
ボレロ~ラヴェル:管弦楽曲集



中古価格 ¥ 1,130 (定価の38%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-06-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やっぱりフランス人 評価
これまでいろいろなボレロを聴き比べました。
有名なオケ、有名な指揮者いろいろありますが、ラベルを演奏させるならやっぱりフランス人でしょ。
モントリオール響はフランスの血が流れているなと思いました。
例えば、河内音頭なら河内家菊水丸だし、八木節なら上州のおじさんだし、ビバルディならイムジチに決まってますよね。
毎日のようにそれを演奏している人には敵いません。
特にラベルはフランスですよ。
ベルリンフィルがやったて駄目、これはどうしようもないこと。
それにしてもこの演奏は、正確無比、盛り上がり最高、録音も良い。
素晴らしいです。

華麗で気品溢れる決定盤 評価
これを聞かずに何を聞くというような事を書いていらっしゃる方がおりますが、まさにその通り、昔から何度も再発されている名盤中の名盤です。
自分は中学の時に学校の部活の先輩からカセット(!、ロンドンから出てたんです!)を借りて、何回も繰り返し聞きました。
20年以上経った今CDで聞いても、その感動は全く衰えません。
一番のお薦めはスペイン狂詩曲ですが他の演奏もすばらしい。
目玉の「ボレロ」も悪くないのですが、最後の方の盛り上がってきてここぞという時に、バスチューバがどう聞いても音を外してます。
結構ずっこける人もいるかも。
ただ、ボレロの録音は沢山あれど、優秀な部類の演奏である事は確かです。

シュルル・デュトワ
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番



中古価格 ¥ 760 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-06-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
お洒落な演奏 評価
若き日のジョシュア・ベルによるフランス物アルバムです。
ラロのスペイン協奏曲はいささかダイナミックさに欠ける気もしますが、デュトワ率いるモントリオール響のサポートで煌きのあるまずまずの演奏だと思います。
おすすめは、何といってもサンサーンスの第3番!お洒落で非常に楽しい曲なのですが、演奏家によってはダサい曲になりがちです。
ベルの演奏はシャープに、そして、スウィートに、きちんとメリハリがついており、いかにもフランス的な作品に仕上がっています。
若手演奏家によるサンサーンス第3番の中ではピカイチだと思います。

フレンチ・サウンドが理想的なサン・サーンス 評価
ベルは両曲共に持ち前の明るく美しい響きでのびのびと演奏し、デュトワ指揮モントリオール交響楽団の理想的なサポートで聴かせる好録音。
どちらかと言えばサン・サーンスが良いが、両曲共もう少し自己主張が欲しい。

シュルル・デュトワ
ラヴェル:子供と魔法 / シェエラザード



中古価格 ¥ 1,179 残り8個

発売元:ポリドール  発売日:1995-05-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
Piano Concerti 1-5

新品価格 ¥ 1,192

中古価格 ¥ 363 残り7個

発売元:Decca  発売日:1995-05-16
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
協奏曲の妙技 評価
サンサーンスの協奏曲は、どれをとってもムーディーで、技巧的な華があり、そしてロマンチックですね。
第3番のフィナーレはひと昔前のディズニー映画のサウンドトラックのようだし、第4番の最後の循環部分は、溶けてしまいそうなほど甘美な歌で、喫茶店でコーヒー片手に本を読みながらゆっくりと過ごす時の音楽として最高です。
この作曲家と、ロジェの硬質な音色との相性が極端によく、無駄な音など何もないかのようにしっくりとハマっています。
第5番のフィナーレは、ロジェ渾身のカデンツァで華々しく締めくくられて終わる。
聞き終えた時のこの嬉しさもいいですね。

ベルリンの壁のような構成・関西弁のような音 評価
サンサーンスのピアノ協奏曲は何枚も出ているが、ピアニストと指揮者の組み合わせを見て購入した。
全体的にバランスよくまとまっており、第2番(番号のみで説明する)は今までに聞いたどの第2番よりも格好良く堂々と弾きあげられており、第5番は一度のみならず、五度でも十度でも聴いてみるがよいと提案する。
僕は何度もこの曲をリピートで聴き直した。
難点もある。
CD収録時間の関係上、このピアノ協奏曲群を第1番から第5番まで順番に収録すると、第3番の途中で2枚目のCDに切り替えなければならなくなる。
つまりこのCDの場合、第3番第1楽章が1枚目に、第2楽章以降が2枚目に収められてしまう。

Amazonレビューのレビュー
There is a lot of really enjoyable music here. I remember organizing a performance of the Fifth Piano Concerto (subtitled "The Egyptian") when I was repertoire committee chairman for a local community orchestra. We found it not only very playable for all of us amateurs in the orchestra, but it simply blew the audience away. It's a real find. Both the Second and Fourth concertos have been popular favorites for more than a century, but they seemed to have vanished sight in the past couple of decades. It was our loss, but no more. And the Fifth Piano Concerto, even when played by amateurs, can blow an audience away. At two discs for the price of one, these fine performances offer listeners a great chance to know this charming and vivacious music at little or no risk at all. So why hesitate? --David Hurwitz

シュルル・デュトワ
サン=サーンス:交響曲第3番

新品価格 ¥ 4,482

中古価格 ¥ 200 (定価の90%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1993-04-24
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
見事な響き 評価
デュトワ指揮モントリオール響によるサン・サーンス作品集です。
1982年6月のデジタル録音で、収録曲と演奏時間は以下のとおり。
交響曲第3番「オルガン付き」第1楽章10:18+09:27第2楽章06:47+07:45死の舞踏組曲「動物の謝肉祭」デュトワとモントリオール響のコンビが脚光を浴びだした頃の記録で、日本のレコード・アカデミー賞(録音部門)を受賞したCDだったと記憶しています。
確かに明るくまっすぐで、きらびやかな音の饗宴です。
サン・サーンスは皮肉屋でイヤミな性格だったみたいですが、この音楽は明朗でまっすぐです。
デッカ社のデジタル録音初期の優秀録音です。



ショパン、ドビュッシー
シュルル・デュトワ
ショパン:ピアノ協奏曲第1番・第2番

新品価格 ¥ 1,296

中古価格 ¥ 648 (定価の50%引き) 残り2個

発売元:インディペンデントレーベル  発売日:2014-08-03
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ショパン:ピアノ協奏曲第1番&2番



中古価格 ¥ 4,430 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-05-18
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
買って良かった 評価
レコード店でかかっているのを聴いて即購入しました。
生き生きとした緩急自在な演奏です。
申し分ありません。

シュルル・デュトワ
ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番 他

新品価格 ¥ 7,273

中古価格 ¥ 1,080 残り5個

発売元:Newton Classics  発売日:2010-09-29
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ショパン:ピアノ協奏曲集

新品価格 ¥ 1,042 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 523 (定価の57%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2010-09-22
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ボレット最後の録音 評価
デュトワ、モントリオールはアルゲリッチをソロに仕立てたのがありますが、こちらはボレットとの共演。
リスト弾きのイメージが強いがショパンの曲も得意中の得意。
「ピアノ協奏曲第1番」(チャイコフスキー)「ピアノ協奏曲第2番」(ラフマニノフ)もこのコンビで録音しています。
晩年のボレットは独奏よりも「ピアノ協奏曲」の方に力を入れていた。
枯れそうで枯れないピアノの音色は泣き笑いが伺えられるような気がしてなりません。

シュルル・デュトワ
ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番



中古価格 ¥ 649

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2008-09-26
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
むせるほど甘美に煌くピアノとそれを支えるオーケストラ 評価
アルゲリッチまなだそんなに聞いてないのだが、どうしてもジャジャ馬という先入観を持ってしまう。
例えばサラトガ・ライブにおけるパールマンとのクロイツェルでのパールマンをたきつけておいて二人して丁々発止というような。
このCDの一般的評価は知らないが、一聴して一驚した。
1番、2番とも2楽章がすばらしい。
むせるほど甘美な音世界の中でピアノがきらきらと煌き、しかもオーケストラは単なる伴奏ではなくしっかりとピアノと対を成す軸を形成してがっちりとそれを支えている。
アルゲリッチとオーケストラによるバレエのパドゥドゥを見ているようだ。
さすが元夫。

テンションが極めて高い名演 評価
1998年10月、カナダ、モントリオール、聖ユスターシュ教会で録音。
これは、二人のプロコフィエフ第3番に初録音のプロコフィエフ第1番とバルトークの第3番の録音のちょうど一年後ということになる。
シャルル・デュトワとマルタ・アルゲリッチは1974年に離婚し、たった1枚チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番の録音だけを残していた。
それがデュトワが60才にならんとする1996年に、再度二人は急接近し、デュトワはアルゲリッチの得意中の得意のピアノ協奏曲を二人の手で残す決意をした。
これは、その中の一枚だ。
他のレビュアーの方はこのアルバムの演奏に否定的な方が多いように見受けられる。

シュルル・デュトワ
ショパン:ピアノ協奏曲第1番



中古価格 ¥ 584 残り7個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2004-02-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ピュアーで力強い、繊細でダイナミック、やはり、アルゲリッチが 評価
ピアノという楽器が好きです。
そして、ピアニストに完ぺきな技術よりも独創的な個性を求めるタイプです。
だから、ピアニストに好き嫌いがでてくるのは仕方ありません。
現役で活躍しているピアニストで好きなピアニストと問われれば、まずアルゲリッチです。
彼女のCDはほぼすべて購入、同じ曲で録音時の違いを楽しんでいます。
私の友人がNYで一度会い、食事をしたことがあるそうです。
感想を聞くと、「キチガイのようなオバサンだった」(失礼)という。
かもしれない。
彼女には狂気のようなものがある。
音にそれを感じる。
大好きなピアノ協奏曲のひとつ、ショパンの一番、この一番だけでも録音は10種類ちかくあるのではなかろうか。

とにかく好きな1枚! 評価
協奏曲は強烈の一言につきます。
元夫であるシャルル・デュトワのサポートもあり、大胆で奔放かつ繊細なアルゲリッチの魅力が全楽章通して煌いてます。
ショパンコンクール優勝直後の演奏も必聴です☆文句のつけようがない1枚です。
蛇足ながら、解説の丁寧さに驚きでした(17ページ!!)

シュルル・デュトワ
ザ・ピアニスト シュピルマンに捧ぐ



中古価格 ¥ 380 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-03-29
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
   どっしりとした聴きごたえがあるトリビュート盤だ。
   本ディスクでは、映画『戦場のピアニスト』で使われていた音楽が、オリジナル・サウンドトラック盤以上に、忠実にすべて収録されている。
廃墟と化したワルシャワの街に幻影のように遠くから響いてくるベートーヴェンの「月光」第1楽章、ゲットーを脱出したシュピルマンが再会したチェリストの女性が朝弾いていたバッハ「無伴奏チェロ組曲第1番より“プレリュード”」。
この2曲が聴けるからだ。
   また、映画の中ではドイツ人将校の前で演奏された「バラード第1番」が感動的だったが、ここではそれに加え、このシーンの史実で実際に弾かれていた可能性のある「夜想曲(ノクターン)第7番」が最後に収められており、「そうか、本当はこの曲を弾いたのか」と思わせられるおもしろさがある。

シュルル・デュトワ
ベスト・オブ・サラ・チャン 「スウィート・ソロウ」



中古価格 ¥ 4,482 残り4個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2000-05-17
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
この一枚でサラのファンに 評価
このCDを買おうと思ったのは、結構いい加減ないきさつからです。
出張でロンドンに行く際、時差ぼけ調整のために到着した日の夜にコンサートに行こうと思ったところ、Sarah Changのコンサートをやっていることがわかり席を押さえました。
そのときまでは、サラ・チャンの名前は聞いたことがありましたが、演奏は聴いたことがなかったのですが、出発する直前にAMAZONでこのCDを見つけて、出発前日に手にしました。
&lt;p&gt;あまり期待しないで聞いたのですが、はじめに収録されているビターリのシャコンヌを聞いて.... 鳥肌がたちました。
ビュータンの協奏曲、チャイコフスキーの協奏曲などからおいしいどこ取りの一枚のように思います。

『スウィート・ソロウ』そのもの 評価
聴き手を引き込んでゆく情感たっぷりの演奏です。
構築的な美しさを追求される方には、少々甘過ぎるかも。
それにしても流れるように音が美しい。
一気に全曲聴いてしまいました。

シュルル・デュトワ
ショパン/ピアノ協奏曲第1番ホ短調op.11



中古価格 ¥ 148

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1999-03-24
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
情熱的 評価
1965年ショパン国際コンクール優勝者。
ポリーニと並び、コンクールに出場し優勝をもしコンクール自体を世界的に知らしめた功績は忘れてはならない。
よく言えば情熱的。
悪く言えばヒステリックとこれほどの実力の持ち主ともなれば賛否両論はつき物。
逆に光栄な事だと思う。
彼女の演奏は自由的な感じだが、実は一人よりも二人、もしくは集団での演奏を得意とするピアニストである。
最近は二重、三重演奏のレコーディングを多く行っているのでその理由が判る。
とても情熱的な演奏。
スピーディーで時折オーケストラを置き去りにしてしまう傾向もあるが、指揮者であるデュトワが巧くカバーしている。

元夫相手に我侭し放題 評価
ショパンのピアノ協奏曲第一番はアルゲリッチのショパンコンクール時の演奏の盤が名演としてありますね。
どうしてもそれとの比較が付きまとうのは仕方ないのですが、どちらが良いとか悪いとかの判定は避けたい気がします。
ピアニストとしての登竜門的課題曲とも言える曲ですから、どちらもかなりのテンションで望んでいると思います。
2度目の録音のパートナーに別れた夫をとして選んだアルゲリッチに、ファンとしては「またやってくれた」と思いました。
別れた夫とはむいえ一度は心が触れ合った相手に自由奔放(じゃじゃ馬?)な演奏を投げかけ、それをデュトワが優しく受けとめているような印象を受けました。

シュルル・デュトワ
ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番

新品価格 ¥ 2,000

中古価格 ¥ 1,000

発売元:ポリドール  発売日:1993-04-24
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
聞けば聞くほど惚れ惚れしてきます 評価
ずっと探していたボレットのショパンピアノ協奏曲。
最高です。
最初に聞いたときにはテンポがゆっくりで「あれっ」と思いましたが、聞けば聞くほどボレットの真珠の輝きが心地よい響きとなるでしょう。
ボレットの場合、オーケストラと競い合う協奏曲ではなく、オーケストラの演奏に併せて、優雅にピアノを奏でるといった感じではないでしょうか?アルゲリッチのショパンやリストの超絶技巧が好きな人には向かないかもしれません。
ボレットの晩年の一音一音ピアノを愛でる様にして弾く様子が目に浮かぶようです。
ラフマニノフ&チャイコフスキー盤(★★★~★★★★)よりも断然こちらをお勧めします。



惑星、エルガー
シュルル・デュトワ
ホルスト:組曲「惑星」

新品価格 ¥ 1,555 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,939 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ホルスト:組曲「惑星」

新品価格 ¥ 4,800

中古価格 ¥ 447

発売元:ポリドール  発売日:2015-09-01
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やはり木星の主題の荘厳さ 評価
☆私のクラシック音楽の入門となった思い出深い曲です。
水・金・火・木・土・天王・海王の7惑星7曲からなる構成(その時代、冥王星はまだ発見されていなかったらしい……)で、約100年前に作られたと思えないような大変幻想的な作品です。
最もポピュラーな〈第4曲:木星〉は、ニュースのテーマ曲にも使用されていました。
また、第1曲の迫力ある5拍子の〈第1曲:火星〉、第2曲の美しいメロディーを持つ〈第2曲:金星〉もいいです。
私の持っているバーンスタイン、マゼール、デュトワ、プレビンの4枚の盤の中でも、私はデュトワの演奏が特に気に入っています。

控えめですが・・。 評価
カラヤンと比較しますと、若干控えめとなる<惑星>ですが、別に悪いとは思いません。
(録音はいいです)指揮者一人一人音楽への解釈は違いますからね・・。

シュルル・デュトワ
ホルスト:惑星/エルガー:威風堂々

新品価格 ¥ 1,724 (定価の6%引き)

中古価格 ¥ 432 (定価の76%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-05-20
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
演奏・録音とも良いのですが 評価
モントリール交響楽団の絶頂期の録音で、 何度も名盤と言われ続ける演奏ですが、 デュトワならもっとなんとかなったのでは? というのが正直な感想です。
火星の最後、木星の最後、天王星のリズム感、 星ひとつ落ちてしまいます。

シュルル・デュトワ
エルガー:威風堂々/フォールスタッフ

新品価格 ¥ 1,109 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 960 (定価の22%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-10-17
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
華麗さで選ぶならこのプレヴィン盤! 評価
プレヴィンの《威風堂々》は最高です。
やはり彼にマーチやバレエ音楽のような、リズミカルで華麗な曲を振らせれば右に出るものはいないでしょう。
これは85年7月の録音なので、まだプレヴィンがロイヤルフィルの音楽監督に就任して1年にも満たない頃なのですが、あたかも10年以上の歳月を費やして作り上げられた関係のような阿吽の呼吸が存在し、ため息が出そうなくらい完璧なアンサンブルを披露してくれています。

シュルル・デュトワ
これがマーチだ♪♪♪



中古価格 ¥ 496

発売元:ポリドール  発売日:1991-12-05
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
1 行進曲「威風堂々」第1番 (エルガー)  ショルティ ロンドン・フィル・O2 ハンガリー行進曲 (ベルリオーズ)  ショルティ シカゴ交響楽団3 ラデツキー行進曲  (J・シュトラウスⅠ) ボスコフスキー ウィーン・フィルハーモニー・O 4 結婚行進曲 (メンデルスゾーン)  デュトワ モントリオール交響楽団5 大行進曲~歌劇「タンホイザー」より(ワーグナー)  ショルティ ウィーン・フィルハーモニー・O  ウィーン国立歌劇場合唱団6 軍隊行進曲 (シューベルト) クナッパーツブッシュ(ハンス)  ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団7 戴冠式行進曲  (マイヤベーア)  ボニング ロンドン交響楽団8 行進曲~バレエ「くるみ割り人形」より(チャイコフスキー) ボニング ナショナル・フィルハーモニー・O 9 行進曲~組曲「3つのオレンジへの恋」より (プロコフィエフ)アンセルメ スイス・ロマンド管弦楽団10 スラヴ行進曲  (チャイコフスキー) メータ ロスアンジェルス・フィル11 旧友 (タイケ)  ハワース フィリップ・ジョーンズ・アンサンブル12 ボギー大佐  (アルフォード) ハワース フィリップ・ジョーンズ・アンサンブル13 双頭の鷲の旗の下に  (J.F.ワーグナー)ハワース フィリップ・ジョーンズ・アンサンブル14 祝典行進曲  (團伊玖磨)ハワース フィリップ・ジョーンズ・アンサンブル15 ワシントン・ポスト (スーザ)  ハワース フィリップ・ジョーンズ・アンサンブル16 星条旗よ永遠なれ  ハワース フィリップ・ジョーンズ・アンサンブル

シュルル・デュトワ
エルガー:エニグマ変奏曲



中古価格 ¥ 2,800 (定価の10%引き) 残り2個

発売元:ポリドール  発売日:1991-01-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ストラヴィンスキー他
シュルル・デュトワ
ストラヴィンスキー:バレエ「火の鳥」、幻想的スケルツォ、幻想曲「花火」

新品価格 ¥ 1,543 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 3,537 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ストラヴィンスキー:バレエ「春の祭典」(1921年版)、管楽器のための交響曲(1920年版)

新品価格 ¥ 1,555 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,500 (定価の13%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
イベール:交響組曲《寄港地》、フルート協奏曲、他

新品価格 ¥ 1,555 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,296 (定価の25%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ストラヴィンスキー:バレエ《ペトルーシュカ》、交響詩《うぐいすの歌》、管弦楽のための4つの練習曲

新品価格 ¥ 1,555 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,200 (定価の30%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-07-27
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ストラヴィンスキー:春の祭典、星の王、ペトルーシュカ

新品価格 ¥ 1,070

中古価格 ¥ 478 (定価の53%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2014-12-01
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ストラヴィンスキー:バレエ「春の祭典」「ペトルーシュカ」



中古価格 ¥ 1,260 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2010-11-10
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
一番の春祭 評価
私は10幾つかの春の祭典のCDを聴きましたがこれほどしっくり来て納得出来る演奏はありません。
大仰でも緻密すぎもせず中庸たる演奏です。
文句なし。
ブ―レ―ズ派の私が自身を持ってお勧めします。

シュルル・デュトワ
ストラヴィンスキー:「火の鳥」全曲

新品価格 ¥ 13,550

中古価格 ¥ 1,299 (定価の21%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2010-10-06
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シャープで鮮やか、軽やかに明るい演奏 評価
シャルル・デュトワ指揮モントリオール響によるストラヴィンスキー作品集です。
1984年10月の録音で、収録曲は以下のとおり。
1.バレエ音楽「火の鳥」[1910年版]2.幻想的スケルツォ12:023.幻想曲「花火」03:55とてもシャープで鮮やか、そして軽やかで明るい演奏です。
この演奏にあわせてバレエを踊ったら、ダンサーたちも踊りやすいのではないかと思ったりもしました。
踏み込むところにはビシッと入ってきますし、朗々と歌うような演奏です。
デュトワとモントリオール響の性格上、重厚さはあまり感じられませんが、それを補って余りある眩さを備えた名演奏と思います。

シュルル・デュトワ
ストラヴィンスキー:春の祭典



中古価格 ¥ 4,842 残り3個

発売元:ポリドール  発売日:1997-05-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
金管が咆え、リズムが躍動する、デュトワお得意のストラヴィンスキーのバレエ音楽の名演 評価
デュトワは、ストラヴィンスキーのバレエ音楽を得意中の得意としている。
我が国のNHK交響楽団への「春の祭典」での衝撃的デビューは、未だに楽員と聴衆双方の語り草となっているほどであり、後の同楽団常任指揮者就任のきっかけとなる名演奏でもあった。
デュトワは、よほど自信があるとみえて、「春の祭典」と「ペトルーシュカ」は、その後も、同楽団との定期演奏会や外国公演などで、再三にわたって演奏している。
さて、このCDは、フランス音楽だけでなく、ロシア音楽や近現代の大曲でも、色彩感溢れる洗練された演奏で圧倒的評価を受けていたデュトワとその手兵、モントリオール交響楽団の名コンビが、最良の関係にあった時代に録音された名盤である。

徹底して美しい華麗な演奏 評価
「春の祭典」といえば、デュトワの十八番。
デュトワらしい非常に洗練されたとにかく徹底して美しい華麗な演奏。
ドロっとした濃い原始性や荒々しい野性的な雰囲気ではなく、どこまでもたおやかで美しい、それでいて、迫力もしっかりとある。
本当に素晴らしいの一言につきます。

シュルル・デュトワ
ストラヴィンスキー:火の鳥

新品価格 ¥ 5,791

中古価格 ¥ 756 (定価の63%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1994-04-22
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
さすがデュトワ! 評価
僕はあまり好みでない演奏なんですが,火の鳥全曲版の王者のように扱われるだけあって,洗練されたすばらしい演奏だと思います.さりげなく「花火」も名演です.

デュトワのストラヴィンスキーは◎ 評価
バレエ三部作全部持ってます。
カミソリのような「春の祭典」温かみのある「ペトルーシュカ」、そして燃える「火の鳥」、この曲のベストだと思います。

演出力満点の「火の鳥」!ただフィナーレだけが・・・ 評価
デュトワはクラシック音楽の演出家だ。
曲のストーリーを見事にお話として演奏で語ってくれるのである。
すなわち、分かりやすく、聴いていて、面白い。
また、迫力も十分であり、この曲の持つ魅力を十分に伝えてくれる。
ただ、惜しむらくは、フィナーレの圧倒的な和音の洪水によって大脳皮質が快楽に陶酔しかけた瞬間、金管の突出した音色の出現に妙に違和感を覚えて、心地よい陶酔から覚醒してしまうのである。
ここはアンセルメ盤のように高弦の透明感のある響きが欲しいだが…。

シュルル・デュトワ
ストラヴィンスキー:春の祭典/ペトルーシュカ/星の王



中古価格 ¥ 99 残り9個

発売元:ポリドール  発売日:1992-11-26
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ストラヴィンスキー バレエ音楽「火の鳥」全曲 シャルル・デュトワ指揮 モントリオール交響楽団



中古価格 ¥ 296

発売元:ポリドール株式会社  発売日:1989
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
フランス音楽のスペシャリストとして知られるデュトワはストラヴィンスキーも得意としており、このCDでもその冴えた棒が聴きものです。



輸入盤
シュルル・デュトワ
詩曲 ~poeme

新品価格 ¥ 5,980

中古価格 ¥ 871 (定価の69%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2015-06-11
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
印象的な1枚 評価
諏訪内さんの数あるディスクの中で最も印象的な1枚。
彼女のヨーロッパ圏での活動の成果を感じさせる。
ドルフィンの豊麗でしかも繊細なヴァイオリンの音色、奇をてらわない自然な音楽性と見事なテクニックはフランスヴァイオリンの名曲に見事に彩りを添えている。
デュトワのサポートによる同様のディスクにはチョン・キョン・ファ盤(DECCA)もありそちらの方がより濃密で個性的な名演奏と言えようが、ここでの諏訪内さんのようなすっきりとバランスのとれた演奏もまたいいと思う。

本当に諏訪内さんの音好きです(^O^) 評価
序奏とロンド・カプリチオーソ自体が好きで、昔から色々な演奏家の物を聞いてきました。
このCDを買う前も、他の演奏家の物を持っていたので迷いました。
でもこの曲は演奏家によってすごく違うんですよね。
やはり諏訪内さんがどう演奏するのかがとっても聞きたくて購入しました。
最初から鳥肌が立ちました!諏訪内さんの弾く高音のなんと綺麗で繊細なこと!速いテンポではスゴイ!としか言いようがありません。

シュルル・デュトワ
詩曲(ポエム)

新品価格 ¥ 4,980

中古価格 ¥ 994 (定価の68%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2008-12-03
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
訴求力があり節度のある表現が諏訪内晶子の真骨頂でしょう 評価
ヴァイオリンの美しさに浸ろうと思い、このCDを聴きました。
長い間モントリオール交響楽団を育ててきたシャルル・デュトワの指揮、古き良きヨーロッパの香りを残した英国のフィルハーモニア管弦楽団の演奏、そして諏訪内晶子が居を構えているフランスの作曲家の作品を中心に収録するという好企画です。
比較的有名な作品から、非常に珍しい曲まで変化に富んだプログラム・ビルディングが魅力です。
サン=サーンスの「序奏とロンド・カプリチオーソ」や、ショーソンの「詩曲」を聴いていますと、端正でけれん味のない格調高い演奏なのはすぐに理解できました。
正統派といいますか、非の付けどころのないカチッとした音楽です。

シュルル・デュトワ
詩曲(ポエム)



中古価格 ¥ 3,240 (定価の9%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-02-23
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
夢とカプリッチョ~ヴァイオリン

新品価格 ¥ 3,200

中古価格 ¥ 1,560 (定価の50%引き) 残り7個

発売元:ポリドール  発売日:1998-05-02
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ラロ:スペイン交響曲

新品価格 ¥ 3,000

中古価格 ¥ 1,980 (定価の5%引き) 残り1個

発売元:ポリドール  発売日:1997-05-25
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ラロ:スペイン交響曲



中古価格 ¥ 830 残り6個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1996-01-17
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
LALO Symphonie Espagnole / Cello Concerto

新品価格 ¥ 16,816

中古価格 ¥ 1,190 残り3個

発売元:Elektra / Wea  発売日:1993-07-06
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
ラロ:スペイン交響曲



中古価格 ¥ 679 (定価の70%引き) 残り8個

発売元:ポリドール  発売日:1993-06-02
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュルル・デュトワ
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番

新品価格 ¥ 9,085

中古価格 ¥ 100 (定価の95%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1993-04-24
  

シュルル・デュトワ  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加