庄司紗矢香 のCDを紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。ベストアルバム、グレーテストヒッツ、ライブ版、名曲集を紹介します。  

庄司紗矢香,の名曲,ベストCD,DVDの試聴,視聴,紹介,評判,レビュー,安売り価格,値段,中古価格


庄司紗矢香
チャイコフスキー&メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲

新品価格 ¥ 1,573 (定価の14%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-09-07
  

庄司紗矢香  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
庄司紗矢香
THE ART OF MIDORI

新品価格 ¥ 2,538

中古価格 ¥ 2,797 残り2個

発売元:SONYC  発売日:2016-02-05
  

庄司紗矢香  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
庄司紗矢香
雨の歌 LIVE モーツァルト・シューベルト・ブラームス

新品価格 ¥ 2,590 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 2,680 (定価の11%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-10-21
  

庄司紗矢香  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
庄司紗矢香
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」&第6番&第10番

新品価格 ¥ 2,467 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 1,836 (定価の36%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-20
  

庄司紗矢香  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
1レビュー 評価
本当に素晴らしい演奏です。
ヴァイオリンの音色を聴いているんじゃなく彼女の歌声を聴いているようです。
カシオーリさんのピアノも澄みきった音色で彼女と歌の会話をしているようです。
彼女のCDを初めて聴いたのですが、別のCDも聴いてみたくなりました。
(=゚ω゚)ノブラヴォー

メディア掲載レビューほか 
庄司紗矢香(ヴァイオリン)&ジャンルカ・カシオーリ(ピアノ)によるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲録音シリーズ完結編。
幸福感溢れる人気作の第5番≪春≫と、気品溢れる第6番、そして、ヴァイオリン・ソナタの中で唯一の作曲者後期の作品でシューマン、ブラームスを思わせる第10番を収録した充実の内容。
(C)RS

庄司紗矢香
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番&第2番

新品価格 ¥ 2,590 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 1,580 (定価の47%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-01-22
  

庄司紗矢香  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
異次元のプロコフィエフ 評価
第1番の出だしで、早くも身震いしました。
庄司紗矢香さんって、やっぱりこの曲が好きなんだなあって。
1番、2番とも、とても魅力的でした。
第2番のロマンチックな第2楽章は、心から浸(ひた)れました。
同じプロコフィエフの曲を録音している、同じく女性ヴァイオリニストのチョン・キョンファさんのような、官能性や派手なパフォーマンスはありません。
どちらかと言うと、抑制のきいた、素直な演奏です。
非常にこなれた演奏です。
それでいて、聴くものの胸に、じんわりとしみわたる、何ともいえない魅力があります。
私は、チョン・キョンファさんのCDと聴き比べてみて、同じ曲でも、弾く人の個性で、こうも違うものかと、あらためて感じました。

新鮮かつ熟練 評価
庄司紗矢香本来の新鮮な音を残しつつ、熟練も加わった感じで、プロコフィエフがぐっと身近になりました。

庄司紗矢香
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番、同第2番 (Shostakovich : Concertos for Violin and Orchestra Nos.1 & 2 / Sayaka Shoji, Ural Philharmonic Orchestra, Dmitri Liss) [日本語解説付輸入盤]

新品価格 ¥ 2,700



発売元:Mirare France  発売日:2012-02-20
  

庄司紗矢香  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
庄司紗矢香のショスタコ1番は、ハーンのより良いかも知れない 評価
私も2番のほうがいいと思ったのだが、私はショスタコーヴィチ第2番を全然知らないので、ココでは第1番についてのみ書く。
庄司紗矢香のショスタコーヴィチ第1番の演奏時間は、ダヴィッド・オイストラフのとほぼ同じ。
オイストラフ約36分29秒庄司約37分04秒第2楽章はオイストラフが6分18秒、庄司が6分39秒。

十年ぶりの第1番と新しい第2番 評価
ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番と第2番が収録されている。
第1番は、様々なソリストによって頻繁に演奏されている有名な作品。
庄司さん自身も10年前にNHK交響楽団をバックに演奏している。
当時19歳だった時の録音と聞き比べることで彼女の成長ぶりが窺え、興味深い。
第2番は、シェーンベルクが発明した十二音技法を使用した作品ということだが、シェーンベルクの超難解な作品に比べると、分かりやすい曲であった。

庄司紗矢香
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番

新品価格 ¥ 1,585 (定価の14%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-09-07
  

庄司紗矢香  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
庄司紗矢香
J.S. バッハ & レーガー: 無伴奏ヴァイオリン作品集 (Bach & Reger : Works for violin solo / Sayaka Shoji violin) (2CD) [日本語解説付輸入盤]

新品価格 ¥ 2,778 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,995 (定価の35%引き) 残り1個

発売元:Mirare France  発売日:2011-03-29
  

庄司紗矢香  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
神との対峙 評価
バッハのすべての作品に共通することは「神との対峙」である。
だから、すべてのバッハ演奏には、厳粛な「孤独」が表現されていなければならない。
特に、無伴奏の単独楽器の曲となれば、それがもっとも如実に示されるべき条件となる。
名手と言われるバイオリン奏者の中において、バッハの無伴奏曲を美音とテクニックのみで弾いている演奏によく遭遇するが、それはいただけない。
バッハの演奏は、徹頭徹尾、神と対峙する孤独な自己存在を掛けた演奏舞台上での孤高表現にある。
したがって、聴く側も、そこに生温い感情移入やBGM的癒しなどを求めるべきものではないのかもしれない。

内容紹介 
この若さでこの深み。
庄司紗矢香正攻法のバッハとレーガー [商品番号:KKC-5125/6] [原盤番号:MIR-128] 1999年、16歳でパガニーニ国際コンクールに最年少で優勝して以来、世界の注目を集めてきた庄司紗矢香、期待のバッハ無伴奏に挑戦です。
このアルバムの特徴は、バッハ作品を規範にして作られたレーガーの無伴奏作品を、調性と形式の共通するものを並べて収録していること。
庄司は抜群のテクニックと明るい音色で熱演を展開、驚くべき深みを表現しています。
使用楽器が、往年の名手エルマンの愛器だったストラディヴァリウスなのも興味津々です。
庄司紗矢香(ヴァイオリン) 録音:2010年8月28-31日/イエスの子聖堂 KKC-5125/6/2CD/DDD/1h 46'30''/MIRARE/MIR 128

庄司紗矢香
J.S. バッハ & レーガー: 無伴奏ヴァイオリン作品集 (Bach & Reger : Works for violin solo / Sayaka Shoji violin) (2CD) [日本語解説付輸入盤]

新品価格 ¥ 2,231

中古価格 ¥ 2,230 残り2個

発売元:Mirare France  発売日:2011-02-10
  

庄司紗矢香  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
荘厳、そして清らかな気高い響き。 評価
「人は愚かで人生はあまりにもはかない。
ならば、私は私を精いっぱい表現しながら生きていくしかない、と吹っ切れた。
」庄司紗矢香さんを紹介していたasahi.comの記事の中で、この一文がとても印象に残っていました。
「私を精いっぱい表現しながら生きていく」という、一人のヴァイオリニストの心のメッセージが、バッハとレーガーの無伴奏作品を収めた、この2枚のCDに込められているようなイメージがしました。

名水のごとき馥郁たる香りの演奏 評価
CDを購入して以来、ほぼ毎日聴いているが、1か月たっても飽きない。
実をいうとバッハの無伴奏に初めて出会ったのは、もう35年も前になる。
私は下宿で毎日シェリングの演奏を聴いていた。
そして忘れもしない、当のシェリングが来日し、この曲を演奏したのである。
鈴鹿ホールに行って、聴いて、それ以来、私にとってバッハの無伴奏はシェリングだけとなったのである。

庄司紗矢香
ルーヴル(パリ)・リサイタル

新品価格 ¥ 2,550 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 999 (定価の65%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2001-11-03
  

庄司紗矢香  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ルーヴル美術館オーディトリアムでのライブです 評価
 『Live at The Louvre』は、2001年9月13日パリ、ルーヴル美術館オーディトリアムでライブ・レコーディングされたもの。
セカンドアルバムとは思えない完成度の高さだ(というか彼女の場合最初のアルバムからメータとの協奏曲なのでその実力は折り紙付きなのだが)。
ずっと以前にテレビの番組で、彼女がパリかどこかの小さなホールで弾いているのを観たことがあるが、小柄で華奢な身体からは想像できない深みのある音を出していた。
それには多分に映像から来るインパクトも加味されていたのだが、東洋の華奢な少女がヨーロッパで演奏活動を続けているというそのことだけでも、単純に感動し涙が出そうになった。

耳に心地よい 評価
現在までに録音された庄司さんの4枚のCDのうち、私はこのCDが一番耳に心地よいと感じています。
プロコフィエフのアルバムも良いのですが、ドヴォルザーク、シマノフスキ、ブラームス、ラヴェル、どれをとっても素敵な演奏です。
お勧め。
☆5



庄司紗矢香
モーストリー・クラシック 2017年3月号



中古価格 ¥ 400 残り7個

発売元:日本工業新聞社  発売日:2017-01-20
  

庄司紗矢香
音楽の友 2014年 06月号 [雑誌]



中古価格 ¥ 50 残り4個

発売元:音楽之友社  発売日:2014-05-17
  

庄司紗矢香
CDJournal2014年 3月号 (CDジャーナル)

新品価格 ¥ 802

中古価格 ¥ 1

発売元:音楽出版社  発売日:2014-02-20
  

内容紹介 
● 表紙&巻頭:堂本剛 堂本剛がはじめてCDジャーナルのカバー&巻頭特集に登場です。
気鋭の写真家、森 栄喜による撮りおろしグラビア、渾身の新作『shamanippon-ロイノチノイ-』にこめた思いに迫るロング・インタビュー、堂本剛マンガなど、2013年6月号のカバーアルバム『カバ』記事を上回るボリュームでお送りします! 対象ディスク:『shamanippon-ロイノチノイ-』(ジャニーズ・エンタテイメント・JECR 0048) ● 裏表紙:パット・メセニー・ユニティ・グループ 今月のW表紙に登場するのは、パット・メセニー・ユニティ・グループ。
パット・メセニー率いるグラミー賞受賞バンドに、新メンバー、ジュリオ・カルマッシが加わり、新作『KIN(←→)』を発表。

この雑誌について 
オールジャンルの音楽専門誌

庄司紗矢香
サラサーテ 2013年 06月号 [雑誌]



中古価格 ¥ 535 残り2個

発売元:せきれい社  発売日:2013-05-02
  

内容紹介 
特集 「フランス音楽の光芒」フランス音楽の様々な側面を19世紀後半から20世紀に花咲いた多彩な作曲家群をご案内します。
生粋のフランス人のルネ・マルタンが案内するフランス音楽の世界。
19世紀後半から20世紀前半にパリを中心に花が開いた独自の世界を熱く語ります。
マルタンの音楽観も知ることができます。
ヴァイオリニスト・神谷未穂とチェリスト・E.ジラールのフランス音楽の技法も是非。
チェリスト・津留崎直紀が案内する、リヨンとパリのエピソード、フランスでの演奏経験が長い津留崎ならではの卓見が興味深いアーティクルです。
パリを代表するオーケストラ、パリ管弦楽団。

この雑誌について 
ヴァイオリン、チェロなど弦楽器の情報が満載

庄司紗矢香
MOSTLY CLASSIC (モストリー・クラシック) 2013年 01月号 [雑誌]



中古価格 ¥ 7 残り2個

発売元:日本工業新聞社  発売日:2012-11-20
  

発売元のレビュー
表紙 リヒャルト・シュトラウス特集 ドイツ後期ロマン派の頂点 R・シュトラウスのすべて 管弦楽では「英雄の生涯」「ツァラトゥストラはかく語りき」「アルプス交響曲」など、オペラは「ばらの騎士」「影のない女」「ナクソス島のアリアドネ」など、世界の著名なオーケストラや歌劇場でリヒャルト・シュトラウスの作品がかからない年はないだろう。
10月に来日したウィーン国立歌劇場はR・シュトラウスの「サロメ」を上演した。
特集ではR・シュトラウスの生涯、交響詩や管弦楽、オペラの作品紹介と名盤、R・シュトラウスを振らせたらこの人、という名指揮者や名歌手を紹介している。

特徴説明
NONFICTION  庄司紗矢香 ヴァイオリン  若手ヴァイオリニストの中では頭ひとつ図抜けている存在
ピアノのジャンルカ・カシオーリと10月30日、サントリーホールでデュオ・リサイタルを行った
プログラムはヤナーチェクとドビュッシーのヴァイオリン・ソナタ、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第10番、シューベルトの幻想曲
「いま一番共感できる作品を集めました
ベートーヴェンのソナタ第10番の第2楽章は、あらゆるヴァイオリン・ソナタの中でも格別な存在です」と話す

BIGが語る マイケル・ティルソン・トーマス  15年ぶりに来日したサンフランシスコ交響楽団

庄司紗矢香
CD Journal (ジャーナル) 2011年 06月号 [雑誌]



中古価格 ¥ 1 残り4個

発売元:音楽出版社  発売日:2011-05-20
  

庄司紗矢香
音楽の友 2011年 05月号 [雑誌]



中古価格 ¥ 653 残り1個

発売元:音楽之友社  発売日:2011-04-18
  

内容説明 
●特集:いま明かされる、アルゲリッチの真実 ●対談:堤剛×大友直人/エマヌエール・セグレ×福田進一/高嶋ちさ子×古澤巌 ●新連載:私が出逢ったマエストロたち□(堀田正矩) ●Interview:フアン・ディエゴ・フローレス、ピョートル・アンデルシェフスキ、ユジャ・ワン、庄司紗矢香 ほか ●別冊付録:国内の演奏会&チケット情報満載! コンサート・ガイド 〔表紙〕マルタ・アルゲリッチ

この雑誌について 
クラシック・ファンのための総合音楽誌

庄司紗矢香
AERA アエラ 2010年12月6日 庄司紗矢香 2PM



中古価格 ¥ 77 残り4個

  発売日:2010
  

庄司紗矢香
サラサーテ 2010年 02月号 [雑誌]



中古価格 ¥ 1,834 残り5個

発売元:酣燈社  発売日:2009-12-28
  



PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加