ベルリン・フィルハーモニー管弦楽 のCDを紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。ベストアルバム、グレーテストヒッツ、ライブ版、名曲集を紹介します。  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団,の名曲,ベストCD,DVDの試聴,視聴,紹介,評判,レビュー,安売り価格,値段,中古価格


BOX、全集、セット
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
シューマン:交響曲全集

新品価格 ¥ 6,912



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-02-21
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
メンデルスゾーン:交響曲全集

新品価格 ¥ 6,912



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-01-31
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン : 交響曲全集 / フルトヴェングラー (& E.クライバー) (The Beethoven Nine Symphonies / Wilhelm Furtwangler & Erich Kleiber) [5CD] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 4,800

中古価格 ¥ 6,180 残り1個

発売元:King International  発売日:2017-12-05
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
フルトヴェングラー RIAS 録音選集 LP-BOX (Wilhelm Furtwangler RIAS Recordings Live in Berlin 1947-1954 / Berliner Philharmoniker) [14LP BOX] [Live Recording] [輸入盤] [日本語帯付] [Analog]

新品価格 ¥ 57,142



発売元:Audite / King International  発売日:2017-09-20
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
シューマン:交響曲全集

新品価格 ¥ 2,126 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 1,950 (定価の19%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-01-25
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス:交響曲全集

新品価格 ¥ 3,855 (定価の10%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2016-02-24
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
音のギフトBOX~クラシック

新品価格 ¥ 2,781 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,780 (定価の42%引き) 残り2個

発売元:キングレコード  発売日:2013-12-11
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
年末年始の贈り物に最適な特製クリアBOX入りの5枚組CD『音のギフトBOX』シリーズ。
“クラシック”編の本作は、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの古典名曲から、映画、テレビでもお馴染みの人気クラシックまでを、聴きたいシチュエーションに合わせて贅沢に収録。
初心者にもクラシック・ファンにも最高の音楽空間を提供する。
(C)RS

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベルリン・フィル 日本ツアー 2013 スペシャルBOX (Simon Rattle | Berliner Philharmoniker) [4 Blu-ray] [輸入盤・日本語解説付] - BOX Set - Blu-ray

新品価格 ¥ 10,286

中古価格 ¥ 9,000 (定価の12%引き) 残り2個

発売元:EuroArts / King International  発売日:2013-10-30
  

内容紹介 
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団&サイモン・ラトル来日記念ブルーレイBOX 日本だけの限定商品! 演目の「春の祭典」を含む初ブルーレイ化のタイトルも収録! [商品番号 : KKC-9059] [4Blu-ray] [Import] [日本語解説付] [EuroArts / King International] [日本限定BOXセット] 2013年11月にベルリン・フィル&サイモン・ラトル、2年ぶり5度目の来日を記念して、ドイツの映像レーベルEURO ARTSから日本限定特別ブルーレイBOXが発売されます。
来日コンサートの演目であるストラヴィンスキーの「春の祭典」を含む、初ブルーレイ化の2タイトルを収録した4枚組ブルーレイBOXとなります。

出演者について 
Disc-1 (原盤番号 : 20-56794) 2007年 ジルヴェスター・コンサート ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 サー・サイモン・ラトル (指揮) 録音 : 2007年12月31日 ベルリン、フィルハーモニー (ライヴ) 91mm / 画面 : カラー、16:9、1080iFullHD / 音声 : PCM2.0、PCM5.1 Region : All Disc-2 (原盤番号 : 20-57754) 2009年 ヴァルトビューネ イエフィム・ブロンフマン (ピアノ) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 サー・サイモン・ラトル (指揮) 収録 : 2009年6月21日 ベルリン、オリンピックスタジアム (ライヴ) 104mm / 画面 : カラー、16:9、1080iFullHD / 音声 : PCM2.0、PCM5.1 Region : All Disc-3 (Blu-ray未発、BOX初発売) 2007年 ヨーロッパ・コンサート リサ・バティシアヴィリ (ヴァイオリン) トルルス・モルク (チェロ) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 サー・サイモン・ラトル (指揮) 収録 : 2007年5月1日 ベルリン、カーベルヴェルク・オーバーシュプレー (ライヴ) 103mm / 画面 : カラー、16 : 9、1080iFullHD / 音声 : PCM2.0、DD5.1、DTS5.1 Region : All Disc-4 (Blu-ray未発、BOX初発売) 2008年 ヨーロッパ・コンサート ヴァディム・レーピン (ヴァイオリン) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 サー・サイモン・ラトル (指揮) 収録 : 2008年5月1日 モスクワ音楽院大ホール (ライヴ) 92mm / 画面 : カラー、16 : 9、1080iFullHD / 音声 : PCM2.0、DD5.1、DTS5.1 Region : All

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト:交響曲全集

新品価格 ¥ 11,110 (定価の9%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-11-30
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
永遠のスタンダード 評価
とにかく、安心して聴ける。
生前は熱狂的に支持され、死後は等閑視されてしまったベームだが、モーツァルトの録音は今でも光を放っていると思う。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
チャイコフスキー:交響曲全集



中古価格 ¥ 8,424 残り5個

発売元:UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)  発売日:2008-12-02
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
Cluytens Directs Beethoven : SYMPHONIES 1 - 9 (Box Set)

新品価格 ¥ 20,184

中古価格 ¥ 1,188 (定価の57%引き) 残り9個

発売元:Disky  発売日:2007-01-01
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
あの名演に再会でき、夢のようです。 評価
少年時代、なけなしのお小遣いで買った緑色のジャケットのLPレコード。
文字通り擦りきれるほど毎日聴いていました。
その中の1枚がクリュイタンスのベートーヴェン「合唱」です。
これは間違いなく買いです!録音も良好、演奏は奇をてらったり過剰な表現がなく自然な流れで、どこかしら上品な香りのする、それでいて迫力に欠けたりすることもない、とても聴きやすいベートーヴェンです。
名演の評判高い「田園」などの偶数番ばかりでなく、全曲お薦めできます。
昔よく聴いていた「合唱」は落ち着いたテンポ感でオケもソロもゆったりと歌わせるクリュイタンスの指揮ぶりに久しぶりに酔わされました。

最高度のベートーヴェン交響曲全集 評価
意外なことにベルリン・フィル最初のベートーヴェン交響曲全集。
有名なカラヤンのは1962年録音だし、フルトヴェングラーのはヴィーン・フィルとバイロイト祝祭管弦楽団(モノラル)。
1958年録音である。
1)とても1958年録音とは思えない瑞々しく奥行きのある音響。
62年カラヤン盤はカラフルでゴージャスな音響効果が前面に立つが、クリュイタンス盤はずっとシック。
2)第一番フィナーレは高音域フレーズを活かすossiaを行うなど珍しい試みも行われているが、基本的には極めてオーソドックス。
フランス音楽で鍛えた透明なテクスチャーの扱いも秀逸。
それがベートーヴェンの対位法的音楽要素に寄与している。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
最新・健康モーツァルト音楽療法BOX DVD付



中古価格 ¥ 3,000 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2004-12-22
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
現代社会は病んでいる。 評価
仕事。
家庭。
離婚。
子育て。
ほんとうは、休職したいけれど・・・「生活」していく為には、身を粉にして何が何でも働かないといけない毎日。
心療内科でカウンセリングを受けて、出来れば軽い抗うつ剤を処方してもらい、週末は、「ゆっくり」何もしないで、モーツァルトの音楽で、もつれた心を癒す。
とても大切なことです。

音楽療法=ナチュラルでいい。 評価
入眠前に聴いています。
一日の仕事のストレスから開放され癒されます。
まさに聞く(効く)クスリです。

聴くクスリ? 評価
これから・・年末年始にかけて、ゆっくり聴こうと思います。
疲れきったメンタル的な部分をやわらげたいと思います。
これがほんとうの意味での癒しですね。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス:交響曲第1番&第2番&第3番&第4番

新品価格 ¥ 2,366 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 1,512 (定価の41%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-09-26
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
 評価
2000円でブラ1から4まで聞けるとはお得。
教科書的存在?なんかスローテンポで重厚さに拍車がかかっている気がする。

人嫌いだった天才 評価
 生涯、人嫌いで、晩年にはさすがの親友達も離れていった・・という逸話の持ち主ブラームス。
おまけにゲイでもないのに、生涯の恋人クララと結ばれることもなく・・。
 かなり危ない天才ですね。
 しかし、これを聴けば、ブラームスが本当は幸福になりたくてたまらなかった人だということが分かりました。
そして、ブラームスは、ぼんやりと、「たなぼたな幸福」を求めていた人ではなく、強烈に幸福を求めていた人なんだというのもわかりました。
 その幸福への渇望は、媚でもなく、願かけでもなく、強さ、です。
 ブラームスの理想とはとてつもなくかけ離れた、「どうしようもないこの世」で、幸せになりたい。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
バロック名曲集



中古価格 ¥ 11,499 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-12-20
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
空前絶後 評価
あまり言われないがカラヤンのバロックは空前絶後の素晴らしさだ。
オペラ間奏曲集や新ウイーン学派シリーズと並び、他の指揮者は何をしているのだろう、と思わせるものがある。
ただ、バロックといってもバッハはなぜかつまらない。
vivaldiの四季も凡庸。
ヘンデルやコレルリ、アルビノーニのアダージョ系の楽章が、なにやらときにパルチファル的な陶酔感がありすばらしい。
彫りの深い解釈をしていると思う。
評論家が誰も誉めないのが不思議でならない。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
R.シュトラウス:名演集



中古価格 ¥ 980 (定価の80%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-12-20
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
R.シュトラウス:名演集 : ユニバーサル ミュージック クラシック

特徴説明
R.シュトラウス:名演集 : ユニバーサル ミュージック クラシック

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
アダージョ・カラヤンBOX



中古価格 ¥ 9,950 (定価の3%引き) 残り1個

発売元:ポリドール  発売日:1999-06-23
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
オリジナルスBOX



中古価格 ¥ 5,184 残り9個

発売元:ポリドール  発売日:1997-08-06
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
テープ系音源の底力 評価
LPからの板おこしがはやってますが、やはり丁寧にテープ音源をCDに刻んだ方が圧勝だと分かります。
EMIの録音ではあまりそうは感じないのですが、このCDは「音が気持ちいい」のです。
大戦中のテープ音源も、似たような音がしているので、おそらくこちらがフルトヴェングラーの音に近いのでしょう。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲全集

新品価格 ¥ 8,010 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 7,510 (定価の20%引き) 残り1個

発売元:ポリドール  発売日:1997-04-09
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
聴けば聴くほど凄い。カラヤン&ベルリン・フィル 評価
ベルリン・フィルという大オーケストラを自身の所有物とし、二十数年の歳月をかけて徹底的に好みの音色に洗練したカラヤンが、楽団の記念年の世界ツアーにあわせて録音したステレオ2度目の、そしてドイツ・グラモフォンへも2度目となるベートーヴェン全集。
初版LPの発売時には、皮革張りの特製の箱入りに、カラヤンの直筆サイン(ナンバー入り)がついた高価なセットと、普通の箱入りのセットの両方が発売されたのでした。
演奏はその当初から、「グラモフォンの1回目、60年代のイエス・キリスト教会録音のほうが、遥かに良い。
」という声があり、筆者もずうっとそう思っていました。

スリムなベートーヴェン 評価
カラヤンの交響曲全集は60年代と70年代が良いが、僕は70年代の方が好きである。
全体的にテンポが速く、流れるように進んでいくが、僕にはそんなに、イヤミではなく、カラヤンがあまりスコア表記以外の表現をあまり付けていないから、ベートーヴェンの音楽なのに、スリムに感じる また、カラヤンとしては珍しく、第6番の第3楽章のリピート記号をちゃんと守り、リピートしている。
僕は、やはり、フルトヴェングラー盤が好きだが、このスリムなカラヤン盤も好きである。

Amazonレビューのレビュー
   これは快楽主義的なベートーヴェンである。
もっとも、これらの演奏を聴いていると、ヘルベルト・フォン・カラヤンはセックスと愛を、体つきと感情を混同していないかどうか、ときに疑わしく思われる。
少なくとも彼は、心理学や実体よりも、音の豊かさやテクスチュアの重みにより多く関心があるように見える。
彼の解釈には大いなる感情も、葛藤も、精神的解放感もないけれども、大いなる美しさと気分を浮き立たせるものがあることは確かである。
   演奏法はカラヤンが1970年代にベルリンで修めた“マッサージ”スタイルの典型で、“マッサージ”スタイルとは、よく知られているように、アンドルー・ポーターが演奏の成果を批評して神戸牛にたとえたものである。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
シューマン:交響曲全集



中古価格 ¥ 470 (定価の85%引き) 残り5個

発売元:ポリドール  発売日:1997-04-09
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
2番が好き 評価
カラヤンはかつて、ベルリンフィルを振って、シューマンの交響曲を演奏した時、「こんな曲、振るんじゃなかった」と楽屋の壁を叩いたという。
カラヤンは決して好きな指揮者ではないが、このアルバムを聴いていると、そういったカラヤンの心の葛藤が聴いて取れ、感動できる。
没入型の指揮もいいが、ときとしてうんざりすることがある。
指揮者の心に葛藤があり、曲と必死に格闘する指揮は、あまり評価はされないかもしれないが、わたしは好きである。
もっとも、このアルバムもカラヤンらしく外見上はスマートで、そんな心の葛藤を少しも見せてはいない。
特に二番が秀逸。

美しい色彩と厚みのあるシューマン 評価
アナログ録音の末期頃の収録。
この頃のカラヤンの録音は繊細で厚みがある。
ティンパニの音の質感も凄い。
大胆で時にテンポをゆったりとさせ、あるいは乱れもせずに素早いテンポできびきびと奏されるシューマンである。
もともと中間色をたっとぶようなシューマンのオーケストレーションに、スーパーオケであった当時のベルリン・フィルは良く合っているように思う。
第1交響曲冒頭楽章の遠くからかすかに聴こえるトライアングルや、第3番の第4楽章の荘重さ、第4番のフィナーレ前のテンポ感など、カラヤンならではの聴き所が満載だが、特に凄いのは分売されていない第2交響曲だ。



ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
パッヘルベルのカノン~カラヤン超定番ベストpremium(初回生産限定盤)(UHQCD)

新品価格 ¥ 2,160



発売元:Universal Music =music=  発売日:2018-03-07
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ドイツ・グラモフォン ベスト・オブ・ベスト

新品価格 ¥ 2,010 (定価の6%引き)

中古価格 ¥ 1,500 (定価の30%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-12-06
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
カンタービレ~ベスト・オブ・五嶋みどり

新品価格 ¥ 2,340 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 1,900 (定価の29%引き) 残り2個

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2017-09-06
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラトル&ベルリン・フィル ザ・ベスト

新品価格 ¥ 2,392 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 2,100 (定価の22%引き) 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2016-04-20
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ~ 時代のタクト (IM TAKT DER ZEIT / Berliner Philharmoniker) [12CD+Book] [直輸入盤] [Limited Edition]

新品価格 ¥ 22,489

中古価格 ¥ 7,180 (定価の68%引き) 残り5個

発売元:Berliner Philharmoniker Recordings  発売日:2015-06-17
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ワーグナー:ベスト・オブ・ベスト

新品価格 ¥ 1,791 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 1,470 (定価の28%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-01-23
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス早わかり作品選集(10枚組)

新品価格 ¥ 2,599 (定価の74%引き)

中古価格 ¥ 1,500 (定価の85%引き) 残り4個

発売元:Brilliant Classics  発売日:2007-04-06
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベスト・オブ・ベスト/オーケストラ名曲集

新品価格 ¥ 1,800 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 1,422 (定価の30%引き) 残り8個

発売元:ビクターエンタテインメント  発売日:2006-12-20
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
はっきり言って、かなりお買い得です! 評価
この値段で、4枚入り、しかもこれだけメジャーな曲ばかりが揃っているのは、本当に嬉しい限りです。
クラシックにさほど詳しくない方でもほとんど知っている曲ばかりだと思いますよ。
ディスク1は、「歌劇〜序曲、前奏曲、間奏曲」 ディスク2は、ドイツ、オーストリアの作曲家 ディスク3は、イギリス、フランス、イタリアの作曲家 ディスク4は、ロシア、東欧、北欧の作曲家 というテーマでまとめられています。
自分で集めようとしても、なかなかこれだけ集められるものではありません。
ただ、このバージョンの「ペルシャの市場にて」は、個人的にはあまり好みではありませんでした。

マリ「金婚式」がないのが惜しい.. 評価
これだけロビン・ステープルトンの演奏を集めながら、宇野功芳先生大絶賛のマリ「金婚式」が入っていないのが余りにも惜しすぎ.あちこちのメディアで触れているため、そこそこのクラシックマニアなら(そして84年の「マドンナの宝石」JVC VDC-1001を持っていない人なら)(ちなみにワシもそうですが)、ド名曲から哀れ切り離された単一楽章を1個省いて(何なら全部省いても可w)「金婚式」が入っているだけで即ゲットしていたはず.そしたら、クラシック入門者だけでなく、マニア層の支持をも集め、売上げがそれなりに伸びていたろうに..ビクター失敗したなと.とにかく惜しい選曲です.

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト交響曲/管弦楽曲選集

新品価格 ¥ 5,200 (定価の3%引き)

中古価格 ¥ 2,771 (定価の48%引き) 残り4個

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2006-07-19
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベスト・オブ・ベスト・モーツァルト

新品価格 ¥ 1,742 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 296 (定価の85%引き)

発売元:ビクターエンタテインメント  発売日:2005-12-16
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
音楽に対する冒涜とは? 評価
音楽は聴くものであると同時に読むもので、「学習」を必要とする。
これが意味するのは音楽に国境があるということに他ならない。
サウンドとしての音楽は国境を越えるだろう。
だが言語としての音楽は文法と単語をある程度知らなければ、 決して踏み込んだ理解はかなわない。
記号的な音の使い方は西洋音楽に限ったことではなく、 無数に例があるが、私にはそうした知識がない。
故に「サウンド」としか聴くことが出来ず、理解が深まっていかない。
音楽学者の岡田暁生氏は著書の「音楽の聴き方」でこう書いている。
学者でさえも国境があるがゆえに理解が深まらぬ、と著書の中で発言している。

モーツァルト入門 評価
クラシック音楽を楽しみたいと思い、特に好みもないので、クラシックCDをネットで探していたところ、手ごろな価格で、モーツアルトのベスト版が見つかりました。
これで、クラシック音楽にも入門できそうです。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブルックナー:交響曲選集1996-2001



中古価格 ¥ 52,379 残り2個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2005-08-24
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベスト・アルバム / 小澤征爾

新品価格 ¥ 3,000

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-03-27
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
小澤征爾によるオーケストラ音楽の楽しみを紹介したアルバム! 評価
小澤征爾さんは、日本人として最も有名な音楽家の一人だろう。
昨年にはウイーンフィルのニューイヤーコンサートを指揮し、その後ウイーン国立歌劇場の音楽監督に就任した。
世界で最高の指揮者の一人であり、その小澤さんは、日本人の大衆にオーケストラの音楽を広める為に努力を重ねてきていることも良く知られている。
小澤さんの音楽への愛情と情熱、ただただ敬服するばかりである。
このCDは、「小澤征爾ベスト・アルバム」というより「小澤征爾によるオーケストラ音楽の楽しみを紹介したアルバム」と考えた方が良いと思う。

小澤征爾のベスト版、誰もが知ってクラシックすの名曲週 評価
日本が世界を代表する小澤征爾が誰もが聞きやすいベストを作りました誰もが一度は耳にしているクラシックの名曲を小澤征爾がダイナミックに、また繊細に聞かせてくれます。
お勧めの一枚です。

Amazonレビューのレビュー
   指揮者のベスト盤がありがたいのは、一流オーケストラの演奏を1枚のCDで聴き比べられるというところだ。
その点において、このアルバムはまさに理想的ともいえる内容になっている。
切れがよく、原色の明るさがあり、スピード感にあふれたボストン交響楽団。
柔らかく、ナチュラルで、落ち着いたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。
軽やかでノン・シャラン、ノリのよさで勝負するパリ管弦楽団。
緊密で重心が低いのに滑らかなベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。
華やかできびきびとしたフランス国立管弦楽団。
そして日本人ならではの湿度や潤いを感じさせるサイトウ・キネン・オーケストラ。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
アダージョ・カラヤン・ベスト



中古価格 ¥ 300 残り5個

発売元:ポリドール  発売日:1997-09-05
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
音楽の威力を改めて感じる一枚! 評価
気分が落ち込んだ時、悲しくてどうにもならない時どんな薬より効果があります聞いていると自然に呼吸が深くゆっくりとなって、頭の中のもやもやが吹き飛んでくれますまさにセルフヒーリング!アダージェットと交響的間奏曲はドラマ”白い影”でも使われていて聞いたことがあると思う人も多いのではないでしょうか

”究極の癒し系”ベスト版 評価
「癒し系」音楽の草分け的存在の「アダージョカラヤン」シリーズのベスト版であり、カラヤン+ベルリンフィルが紡ぎ出す音には感動物です。
<p> マーラーの「アダ―ジョット」はルキノ・ビスコンティの映画「ベニスに死す」の主題歌としても使われた有名な曲で、カラヤンの指揮によってその質感はいっそう高まっています。
”どこかで聞いたことある名曲”というべたべたな選曲ではなく、あくまでゆったりと浸ることのできる「アダージョ」を集めた、初めてクラシックを聞く人にも、癒されたい人にお勧めな一枚です。



ベートーベン
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
戦中のフルトヴェングラー ( Wilhelm Furtwangler : Live Performance 1942-1945 / Beethoven | Brahms | Schubert | Bruckner | Ravel ) [6CD] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 5,540 (定価の31%引き)

中古価格 ¥ 5,600 (定価の30%引き) 残り2個

発売元:King International  発売日:2018-01-20
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲第3番

新品価格 ¥ 3,980

中古価格 ¥ 540 (定価の47%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-11-01
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
迷ったら、カラヤン。 評価
クラシックのCDを選ぶのは、難しいですね。
私の場合、迷ったら”カラヤン”です。
BPO&カラヤンは、最高峰というイメージを未だに抱いています。
カラヤンを聞いてから、他の指揮者に向かうのが、私にとっての基本形です。

あくまで華麗な音楽 評価
初めて買ったレコードがこの3が燃えるカラヤンのエロイカでした。
実にかっこよく、香りたつようなような音楽で、これ以外のエロイカは物足りなく感じてしまいます。

このジャケットのようにオレンジ色に燃え立つ”オーラ”があります。 評価
 カラヤン指揮の演奏の特徴、それは万人が認めるところの「流麗さ」。
 まるでオーケストラが一つの大きな大きな生き物のように挙動し、その皮膚は輝き、その筋肉はあくまでもしなやかに躍動する。
贅肉のないアスリートのように。
また、決して不自然にならないその語り口は音楽を至純な息吹で蘇らせる。
彼はオレンジ色に燃え立つオーラを発するかのようにオーケストラを鳴らして、この変ホ長調交響曲”英雄”を颯爽と描いてみせた。
カラヤン黄金期の70年代の当録音は、きらめく輝かしさと勢いという点で他の年代のものより、私は好きだ。
(一方で、このジャケットデザインが好きというのもある・・・)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」

新品価格 ¥ 1,634 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 1,660 (定価の10%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-09-07
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
傑作 評価
クリア且つダイナミックな演奏。
持っておいて絶対に損はしないと思います。
「運命」と「田園」という曲目の組み合わせの面から、クラシック音楽初心者の方にもおすすめです。

発売元のレビュー
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」

特徴説明
ASIN: B0053MFK3M 版型/Binding: CD

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番&第5番

新品価格 ¥ 7,507

中古価格 ¥ 1,260 (定価の31%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-09-07
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
息ピッタリの力強い皇帝 評価
近年の評価では、同曲ナンバーワンの呼び声が高いディスクであり、素晴らしい演奏です。
やはり同じミラノ出身である親友アバドとの息はピッタリですね。
過去のベームとの演奏も格調高くて良かったですが、こちらも負けておりません。
特に5番がいいです。
アバドが協奏曲を振るときは、ソリストをサポートをするというイメージが強いですが、本盤では積極的に前に出て存在感抜群の演奏をしています。
豪華絢爛な皇帝は、オケが力強いと本当にカッコいい。
ポリーニのピアノも力強く、推進力があります。
また、ベーム盤と違って音が若干柔らかいのも特徴的です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,484 (定価の3%引き)

中古価格 ¥ 864 (定価の44%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2004-08-25
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
しんぶんの評価通りの凄い迫力 評価
健常期から中途失聴に至るベートーベンの半生を書いた記事の中で ずば抜けてインパクトのありそうに紹介されていた演奏。
読後1年経って切抜きを読み返し、発注して驚きました。
ナチス支配からの解放を心から喜んでいる演奏家の 魂の叫びが交響していると思いました。

第1楽章の問題も解決。リマスターによって、音質改善 評価
フルトベングラーが非ナチ化(戦犯)裁判に勝利し、復帰第一回目の演奏会3日目の録音である(1947/5/27)。
第五交響曲を、これほどドラマチックに、いわば即興的に燃えて演奏した例はない。
1943年の、木造のベルリンフィルが焼け落ちる前の、叩きつけるようなライブとともに、持っておきたい至高の名演の一つである。
同一日の録音、同一音源でも、本物に初めて出会えた感があるので、この日の CD を他のプロデュースで買い多くの友人にプレゼントしてきた贖罪を含め、コメントしたい。
LP 1400 番台の疑似ステレオ盤を NHK-FM エアチェックして、驚愕した。
しかも、1楽章の終わりでは、楽員の興奮のあまりか、ピッチが少しずつずり上がってしまっている。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲第9番



中古価格 ¥ 850 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
完璧な名演奏! 評価
「第9」で最も評価されているのは1951年のフルトヴェングラーによるものらしいが、僕はこのカラヤンによる「第9」が一番好きですね。
スマートにして迫力を感じさせる演奏とでもいうのでしょうか。
好みはそれぞれでしょうが素晴らしいとしか言いようがない名演奏に大きな感動をもらいました。
先のフルトヴェングラー、バーンスタイン、佐渡裕さんなどの「第9」ももちろん好きでよく聴きますが、カラヤンの作品は僕の中では最もしっくりくるみたいです。
どちらにしてもこの交響曲自体がもう奇跡的に素晴らしいものなので、どんな指揮者だろうがオケだろうが、よほどひどいものでなければ僕は満足なんですけどね(笑)しかしここまでスケールの大きい人類愛を感じさせる交響曲を僕は知らない。

カラヤンの最速プレスト 評価
すばらしい!!オケの完成度の高さは言うまでもない。
冒頭から迫力のある第一楽章、バイオリン(弦楽器)とティンパニの音が迫り来る第二楽章、そして第4楽章はカラヤン独特の最速プレスト。
ほかの指揮者の演奏を聴いていた人はちょっとびっくりするかも。
しかしこの最速プレスとに慣れるともうほかの指揮者じゃ物足りなくなる。
カラヤンの第9の欠点は下手な合唱団にあるといわれているが、確かに最高とも思わないが、言われるほどにはひどいとは思わない。
録音時期は83年でOIBP処理されており音質的には文句なし。
オススメ!

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン : 交響曲第5番ハ短調<運命>

新品価格 ¥ 1,888 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 734 (定価の64%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1997-08-06
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
名人芸 評価
今まで第5番の定番はクライバー盤と思っていました。
37年前に買ったEMI盤(LP)のフルトヴェングラーをそれなりの評価はしていましたが クライバー盤の演奏の素晴らしさを実感し、ずっと愛聴していました。
昨年のレコード芸術の特集でこのCDの評価を知りましたが、買うまでには至りませんでした。
最近あるサイトでこのCDの解説を読み購入することになりました。
出だしから唖然とするような表現、フルトヴェングラーならではの緩急自在のテクニック 魂を揺さぶる表現は、まさに名人芸です。
今はこの演奏が第5の最高峰であると確信しています。

歴史に残る名盤 評価
フルトヴェングラーの戦後復帰のベートベンの交響曲第5番「運命」です。
有名で、良く聴く曲でありながら、フルトヴェングラーの手にかかると、まさしく運命への強い力強さを感じます。
戦後のまだ復旧も進んでいないなかで、この曲を演奏したのは巨匠の力強い決意すら感じます。
オケの演奏も比の打ちどことがありません。
最終楽章では、爆発させるようなフィナーレを演じています。
自らの運命とダブらせての演奏家もしれません。
モノラルという欠点がありますが、そんなことは気になりません。
私はこの5番と、クライバーの5番が好きで良く聴いていますが、それぞれ個性的ですばらしいものです。

Amazonレビューのレビュー
   音楽の偉大さ、人間の偉大さを証明する、これはひとつの奇跡である。
いったい何十回、この世紀の名演奏を飽きもせず繰り返し聴いて、肺腑(はいふ)をえぐられるような感動に打ちのめされ、大粒の涙を流したことだろう! どんな雄弁な言葉も、この偉大な演奏の前にはまったくの無力である。
あらゆる言葉をつくしても言い足りない。
生まれてきて良かった。
そして、フルトヴェングラーのこの演奏に出会うことができて、本当に良かった。
それ以外の何が言えようか。
ただ一つだけ言えることは、この奇跡の記録を、いい加減な流し聴きでかけてはならないということだ。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン:序曲集



中古価格 ¥ 702 残り4個

発売元:ポリドール  発売日:1996-12-02
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
エグモント序曲を聴いて 評価
 ベートーベンの序曲の中で、一番好きなエグモント序曲を聴いてみた。
 まず、リズムが良くない。
高音部と低音部で時間差が出るのはオケのクセかもしれないが、ヘタな演歌歌手が唸っているようで気持ちがわるい。
テンポの速いところがワザと曖昧な感じで、ベートーベンの音楽の前進するエネルギーが失われている。
 エグモントから精神性を生み出す要素であるリズム、一体感ある響き、前進するエネルギーを取り除いたら、何が残るのか。
 カラヤンは別の所で、ベルリン・フィルにリズム感が足りないと文句を言ったそうだが、しかし他の指揮者ではこんな演奏にはならないのだから、これはカラヤンの解釈であり、責任であろう。



ブラームス
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス:交響曲第1番、ハイドンの主題による変奏曲

新品価格 ¥ 1,944



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-03-07
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス:交響曲第2番&第3番

新品価格 ¥ 1,944



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-03-07
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス:交響曲第4番、悲劇的序曲

新品価格 ¥ 1,944



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-03-07
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス:交響曲第2番、ハイドンの主題による変奏曲、大学祝典序曲

新品価格 ¥ 1,836

中古価格 ¥ 1,920 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-12-20
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス:弦楽六重奏曲第1番&第2番(紙ジャケット仕様)

新品価格 ¥ 4,017 (定価の13%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-06-21
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス:セレナード第1番、ハイドンの主題による変奏曲

新品価格 ¥ 1,495 (定価の13%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-01-25
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス:交響曲第1番&大学祝典序曲

新品価格 ¥ 1,182 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 800 (定価の38%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-20
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス:ドイツ・レクイエム

新品価格 ¥ 1,550 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,200 (定価の30%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-04-09
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス:ピアノ協奏曲第1&2番、他

新品価格 ¥ 2,239 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 1,920 (定価の28%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-11-11
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ラヴェル
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調/プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番

新品価格 ¥ 1,796 (定価の2%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-12-20
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ドビュッシー:交響詩《海》、牧神の午後への前奏曲/ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ、他

新品価格 ¥ 1,836



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-11-22
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラヴェル:バレエ「ダフニスとクロエ」、ラ・ヴァルス



中古価格 ¥ 1,437 (定価の16%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2013-11-13
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリンフィルならではの繊細さが功を奏してます 評価
ブーレーズのDGへの録音として採用されているオーケストラはシカゴ交響楽団、ウィーンフィルハーモニー、ベルリンフィルハーモニー、クリーヴランド管弦楽団いずれも超一流オケばかりですが、ラヴェルの色彩感がベルリンフィルの繊細な音色により空気感というのも伝わってきます。
「ダフニスとクロエ」全曲版はデュトワ&モントリオール響が私の教科書なのですが、いかんせん30年前の録音となりさすがの英デッカのものでも色あせ感もあり、このブーレーズ盤はとても新鮮に感じました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ムソルグスキー:展覧会の絵/ストラヴィンスキー:春の祭典

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,800 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ディス・イズ・ロシア 評価
長らくムソルグスキーは敬遠していた。
ずっと「イモくさい」というイメージを持っていた。
例えばチャイコフスキーには西洋風の優雅な洗練があるのに、ムソルグスキーなんてコテコテにロシア民謡なんか入ってきて、それはそれはもうディス・イズ・ロシアという感じである。
若いころはそれを「うへえ」と思っていたものだ。
しかし、いい大人になってみて、今あらためて聴いてみると、悪くないのである。
本CDはカラヤンとベルリンフィルの、わりにさっぱりとしたムソルグスキー、それも堂々たる代表作〈展覧会の絵〉だ。
もちろん言うまでもなく、ラヴェルが管弦楽に仕立てたもので、オリジナルはピアノのための組曲である。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラヴェル:ボレロ/ドビュッシー:交響詩「海」、他

新品価格 ¥ 980 (定価の20%引き)

中古価格 ¥ 219 (定価の82%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
 評価
カラヤンが指揮する交響詩「海」第2番「波の戯れ」が聴きたくて購入しました。
ラヴェルとドビュッシーが一緒に収められているので、印象派ファンには嬉しいですね。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラヴェル:作品集

新品価格 ¥ 1,401 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 700 (定価の54%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-03-23
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラベルをクラシックとは呼びたくない 評価
『のだめ』を読んで、どうしてもラベルが聴きたくて、これを買いました。
とてもいい買い物でした。
ラベルっていわばオールタナティブなクラシックとでも呼ぶべきではないでしょうか。
とてもポップな部分があって親しみやすいです。
演奏もすばらしい。
どの曲も最高です。
とくにアルゲリッチのピアノがすばらしい。
彼女のファンにもなりました。

亡き王女のためのパヴァーヌ(舞踊) 評価
正直に言えば、普段クラシックはあまり聴かないのですが、 ゆったりとした、どこか物悲しい旋律が耳から離れません 他の曲も良い曲ですし、どのアルバムにしようか迷っているなら ぜひ『ラヴェル:作品集』を候補に!

クールな熱狂 評価
■ラヴェルで最も有名な「ボレロ」はカラヤン指揮ベルリン・フィルの1965年頃の演奏で。
カラヤンならではの対旋律の浮沈等興味深いが、サウンドがドイツ的重厚な華美に傾きがち。
最後の「初めての転調の驚き」や「輝かしいクライマックスからの崩壊としてのエンディング」も、予定調和的で驚きがない。
もっと冷徹でめくるめくしなやかさが欲しい。
■その点最高なのが次のピエール・ブーレーズ指揮ベルリン・フィルの新録音。
作曲者自身の言う「渦巻く雲の切れ目から、円舞曲を踊る人々の何組かがきらめいて見える。
雲は次第に晴れ、広大なホールの中で、円舞曲を踊り旋回する人々と群集にの姿がはっきりと見えてくる。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラヴェル:管弦楽曲集



中古価格 ¥ 540 残り8個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1997-07-24
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラヴェル:ボレロ

新品価格 ¥ 5,000

中古価格 ¥ 144 (定価の88%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1996-12-02
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ラヴェルとドビュッシーのコンピ 評価
【カラヤン文庫】シリーズでの一枚です。
てっとり早く、カラヤンのフランス印象派を聴けるので購入しました。
フランス風ではありませんが、カラヤン風に聴き応えがあります。
【カラヤン文庫】はなかなか面白いシリーズで、デザインが統一されたジャケットも魅力的ですが、既得のCDといろいろダブるので全部はそろえれませんでした。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラヴェル:ダフニスとクロエ



中古価格 ¥ 420 (定価の86%引き) 残り4個

発売元:ポリドール  発売日:1995-10-25
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ラフマニノフ
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラフマニノフ:交響曲第2番、死の島

新品価格 ¥ 1,182 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の22%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-20
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラフマニノフ:交響曲第2番

新品価格 ¥ 9,980

中古価格 ¥ 698 (定価の32%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2014-12-01
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリンフィルが好きなら 評価
□この録音発売時にLPを購入しましたが、懐かしくてCDで聴き直してみました。
マゼールは感情移入型でなく、曲の情感はあくまでも曲そのものから自然に発生させ、自信は音の再現に明晰にアプローチ。
クールに感じますが、その方が良いという人もいるでしょう。
この演奏は、ベルリンフィルの引き締まった筋肉質な強さと迫力で買えると思います。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、フランク:交響的変奏曲(クラシック・マスターズ)

新品価格 ¥ 1,300 (定価の14%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2014-06-18
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラフマニノフ:交響曲第2番、交響詩「死の島」

新品価格 ¥ 1,555 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 900 (定価の47%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2013-10-16
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラフマニノフ:合唱交響曲『鐘』&『交響的舞曲』

新品価格 ¥ 2,585 (定価の20%引き)

中古価格 ¥ 1,850 (定価の42%引き) 残り5個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2013-09-25
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番



中古価格 ¥ 2,949 残り6個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2011-12-07
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
おすすめ! 評価
鬼気迫る演奏というのは,このことを言うのだと思います。
録音の古さは分かりますが,それを上まわる存在感。
それを再現するSACDの表現ではないでしょうか。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

新品価格 ¥ 1,038 (定価の15%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2010-10-20
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番&第3番

新品価格 ¥ 1,835

中古価格 ¥ 864 (定価の53%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2008-01-23
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番

新品価格 ¥ 1,728

中古価格 ¥ 700 (定価の59%引き) 残り8個

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2004-11-17
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
いまポッチャリ系が熱い 評価
圧倒的な正確性でこの難曲を弾きこなしています。
ミスがごまかせないライブだというのにすばらしい。
くるくる指が回っている様が思い浮かびます。
今、この3番を弾きこなすのは、ブロンフマンやジルベルシュテイン等、なぜかポッチャリ系。
今、ポッチャリ系が熱いのか?それぐらいエネルギーを要する曲ということなのかもしれませんね。
 とにかくヴォロドスは技巧面では世界一とも名高い人なので、上手すぎてがっかりと言うことはあっても、演奏ががっかりということはありません。
お勧めです。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラフマニノフ:交響曲全集



中古価格 ¥ 1,380 残り8個

発売元:ポリドール  発売日:1995-07-26
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
最高!! 評価
届くのを楽しみにしていてやっと届きました!! このCDは何回聞いても飽きないです。
さすがはベルリン・フィルだと思いました!! どの曲もよかったんですが、私が特によかったと思うのは交響曲第3番の第1楽章です。
とってもきれいでうっとりしてしまいます・・・! 買うか迷ってる人はぜひ、買ってみてください!買って損はしないと思います。

すっきりとした名演 評価
全体的にメリハリのきいた、すっきりとした名演と思います。
オケも素晴らしいできです。
だからといって、ラフマニノフ的な情感、感傷的なロマンチシズムが損なわれてはいません。
例えば、ザンデルリンクの名演も心に響くのですが、それとは異なった、引き締まった音楽は、聴いていて気持ちがよいです。
星一つ減点の理由は、第2番が途中で次のディスクにまたがっているからです。
これは少々いただけない。



モーツァルト
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト:歌劇「魔笛」

新品価格 ¥ 2,700



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-03-07
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト:大ミサ曲 ハ短調

新品価格 ¥ 1,735 (定価の10%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-03-08
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト:クラリネット協奏曲 他

新品価格 ¥ 1,386 (定価の8%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2015-08-19
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト:セレナード「ポストホルン」「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

新品価格 ¥ 1,166 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 888 (定価の31%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-20
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト、ベッリーニ、R.シュトラウス:オーボエ協奏曲

新品価格 ¥ 1,037 (定価の39%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-06-25
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト:後期交響曲集《クラシック・マスターズ》

新品価格 ¥ 2,218 (定価の10%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2014-06-18
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト:レクイエム

新品価格 ¥ 1,050 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 700 (定価の43%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
すごいですよ 評価
これだけのレクイエム集が、千円出さずに手に入っちゃうんですから、子供の頃からクラシックと言えばレコードだった世代としては隔世の感がありますね(笑)荘厳かつ重厚なクラシックを聴きたい方にまずお勧めします。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト:魔笛 ハイライツ

新品価格 ¥ 1,407 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 840 (定価の45%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-04-06
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
現代では聴くことの出来ない「魔笛」 評価
序曲を聴き始めた途端、ああ、これはベームと良き時代のベルリン・フィルの音だなと直ぐに解ってしまう。
このベーム、ベルリン・フィルによる「魔笛」は、LP時代から名盤として名高く、一時代を画した素晴らしい演奏であった。
厳格で端正な中にも暖かみのあるベームの指揮と歌心に溢れた当時のベルリン・フィルによる重厚感や熱気に溢れた演奏が聴かれるが、テクニック重視のあまりにドイツ精神主義を忘れ去り無機的となった現在のベルリン・フィルでは、最早、聴くことが出来ない演奏である。
ハイライト盤ではあるが何度聴いてもその充実した演奏に聴き飽きることはない。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト:セレナード第6番&第10番

新品価格 ¥ 1,087 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 560 (定価の54%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2006-02-15
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
小気味よい感じ 評価
明るくやさしく落ち着いて楽しく朗らか・・・ そんな音楽でした。
クラシックに興味を持ち始めたばかりで、 レビューなどを参考に購入してみましたが、 このCDは当たりでした。

セレナーデ10番B Flat Major, K 361 Gran Partita 第3楽章 評価
映画『アマデウス』で、主人公、作曲家サリエリが、モーツァルトの曲を 生で初めて聴き、その音色と才能に打ちひしがれるシーンで使われた曲、 セレナーデ10番B Flat Major, K 361 Gran Partita を 第3楽章を含め、まるっと全て聴いてみたくて、購入したCD。
その音楽に「神の声を聴いた」と呟く映画のサリエリとまではいかないですが、 私の狭い六畳間の部屋すら、このセレナーデの管楽器が響き渡り、 曲が始まったとたんに、貴族が集まるサロンのような華やかで明るい気分を 味わえたことには驚きでした。
ティーバックで入れたお茶も茶葉から入れた高級茶!の味に??!(笑) また同時収録されているセレナーデ6番 D Major, K 239 &quot;Serenata Notturna&quot;は 10番とは違った管弦楽の美しさが際立ってます。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト: 後期6大交響曲集



中古価格 ¥ 342

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2001-10-24
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベームのモーツァルト 評価
ベームのリズムの刻み方は独特で、他の作曲家の作品の演奏も良いのだが、モーツァルトの演奏には抜群にマッチしているように思える。
元来、モーツァルトの楽曲は、甘美なメロディーではあるものの、その完璧さゆえに、アンサンブルのバランスやリズム等、しっくりくる演奏にはなかなか出会えないものである。
その点、ベーム=BPO版のモーツァルトは秀逸だ。
ただ、ト短調交響曲のリズムの取り方が「遅過ぎる」ように感じる人もいるかもしれない。
マーラーの著作に、たしか、彼がウィーンフィルを指揮していた頃、『魔笛』の序曲を、指定されたテンポより気持ち遅く、一つ一つの音符をはっきり聞かせるように演奏したところ、聴衆は、遅く感じるどころか早く感じた、と記載していたのを読んだ記憶がある。



ムソルグスキー、チャイコフスキー
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
チャイコフスキー:交響曲第4番、イタリア奇想曲

新品価格 ¥ 1,652 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,480 (定価の19%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-09-07
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
チャイコフスキー:バレエ音楽『くるみ割り人形』(全曲)

新品価格 ¥ 2,748 (定価の15%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2016-02-24
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
チャイコフスキー:序曲《1812年》、スラヴ行進曲、幻想曲《フランチェスカ・ダ・リミニ》、他

新品価格 ¥ 1,321 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 1,320 (定価の12%引き) 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2015-08-05
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ムソルグスキー:展覧会の絵(ピアノ&オーケストラ版)

新品価格 ¥ 4,980

中古価格 ¥ 972 (定価の5%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2014-12-01
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
お得すぎる1枚 評価
友人であったヴィクトル・ハルトマン(ガルトマン)の遺作展での10枚の絵画の印象を、 その半年後の1874年に音楽に仕立てたというムソルグスキーの展覧会の絵。
もちろんオリジナルはピアノ曲、クーセヴィツキーの編曲依頼によるオーケストラ版はラヴェルの手によるもの。
吹奏楽器の活躍のシーンが多いオーケストラ版は、絶頂期のカラヤン指揮のベルリンフィルによるもの。
ここではその吹奏楽器隊が切れ味鋭い演奏を聴かせてくれています。
カラヤンの指揮の下、あらゆるシーンにフレキシブルに対応してゆく鮮やかな演奏力は流石です。
そして後半のピアノ版

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
チャイコフスキー:後期交響曲集 [DVD]

新品価格 ¥ 3,240



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-06-25
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 3,055 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 2,500 (定価の26%引き) 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2013-01-30
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
チャイコフスキー:交響曲第4番/バレエ組曲「白鳥の湖」

新品価格 ¥ 1,136 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 758 (定価の38%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
期待した通り 評価
最初の部分は耳馴染みがあったのですが、全曲聴けて満足しています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」/バレエ組曲「くるみ割り人形」

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 698 (定価の43%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
カラヤン 得意の「悲愴」(1964年盤) 評価
カラヤン/ベルリン・フィルの「悲愴」の初録音は1939年である。
ときに31才、将来の大器の姿がそこにある。
本盤はその25年後カラヤン最盛期の代表的な名盤。
「悲愴」最後の録音はさらに約四半世紀後の1988年なので、本盤はまさにその中間点に位置する。
「悲愴」の優れた演奏は多い。
ムラヴィンスキーの比類なき世界もあれば、ジュリー二や最近のゲルギエフなどの個性的な成果もある。
しかし、このカラヤン壮年期のすぐれて機能主義的でありながら上質な情感表現の見事なブレンド力は他にかえがたい大きな魅力。
「くるみ割り人形」もカラヤン手中の演目。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
チャイコフスキー:交響曲第5番/バレエ組曲「眠りの森の美女」

新品価格 ¥ 1,080 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 680 (定価の44%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 1,500 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 1,200 (定価の35%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-09-07
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ムソルグスキー:展覧会の絵/ボレロ、他

新品価格 ¥ 1,482 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 969 (定価の41%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-10-21
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
1964年&1966年録音音源、ルビジウム・カッティングです。 評価
交響詩「海」:1964年3月録音組曲「展覧会の絵」:1965年11月録音ボレロ:1966年3月録音カラヤン&ベルリンフィルルビジウム・クロックにカッティングなので、従来の水晶発振の1万倍の精度を誇ります。
より鮮明に、かつ、自然な音になっているような気がする。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
2007年ジルベスター・コンサート「展覧会の絵」

新品価格 ¥ 9,980

中古価格 ¥ 4,508 残り3個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2008-01-23
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
クラシック初心者にも安心して薦められるCD 評価
これからクラシックを聴こうという人に『展覧会の絵』のCDを1枚勧めるとしたら、私ならこれを勧めるだろう。
冒頭のテンポも、場面転換の鮮やかさも、「サミュエル・ゴールデンベルクとシュミイレ」のやり取りのテンポのよさも、「キエフの大門」の鐘の音とともに響く祝砲のような音も、申し分ない。
ゲルギエフ/ウィーン・フィル盤は期待ほどではなかったし、ムソルグスキー作品で固めたアバド/ベルリン・フィル盤も原典版『禿山の一夜』以外は退屈だった。
チェリビダッケ盤はファースト・チョイスには向かないだろう。
その点、これは安心して薦められる。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番、他

新品価格 ¥ 1,630 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 960 (定価の48%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2008-01-23
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
年末、これで救われた(気分になれた) 評価
「くるみ」は、バレエでよく聴いているが、 音楽を主体としたものを聴くのははじめて。
そのせいもあるかもしれないが、 アルゲリッチの「くるみ」は、 本当にかわいらしくてよかった。
軽くて、速くて、それが、 かわいらしさのもとになっているのだと思う。
バレエではこんなに速くはやらないでしょう。
(もちろん「ふぉん、ふぉん、ふぉん、ふぉん」 ではじまるピアノ協奏曲もいい) 近年、友達がどんどんと片付いていく。
年が押しせまってくるにつれ、 仕事以外にやることはないのか??? と愚痴りたくなるが、 これを聴いて、少し救われた(気がする)。

一歩手前の演奏 評価
長年カラヤン&リヒテルのLPを哀聴していたので、この演奏を聴いた時はショックを受けました。
演奏は確かにピアノ、オケとも素晴らしいと思います。
非常にスリリングな演奏で尋常ならざる感があります。
しかし協奏曲が狂奏曲の一歩手前までいってるような、アクロバティックな演奏は、ただ手放しに称賛はできません。
数あるこの協奏曲の一つのスタイルだと思います。
決してこれが代表盤だとは思いません。
その点を考慮して星4としました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

新品価格 ¥ 1,541 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 696 (定価の59%引き)

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2004-11-17
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
しなやかで堂々とした、次元のひとつ違う演奏 評価
たぶんCDで音を聴いているだけでは判らないものが、映像を一目みれば、はっきり判るということがあります。
CD録音と同じ一連のベルリンでの演奏会(1995年3月)の映像が、ユーチューブにアップされています。
それを見ると、普通の演奏家とは、集中の次元が違っているのが判ります。
音楽に没入してゆく様子が、いろいろに変化する彼女の表情でみてとれます。
緩急があり、弱音の響きがあり、野生の激しさがあり、スリリングな展開があり、この曲はこんな曲だったのだと、新しい別の曲をきく思いがします。
アバド・ベルリンフィルも素晴らしいです。
映像を見てから判断されることを、おすすめします。

穏やか、かつ明確な主張 評価
名曲、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。
こいつは驚いた。
五嶋みどりのこれほどの横綱相撲にはムターも諏訪内もヴェンゲーロフもぶっ飛ぶだろう。
まるで足に根が生えたかのような安定感はどうだ。
と言っても、「どうだ!」というような力みなどまったく無く、いたって素直に楽想のままに演奏している。
音の贅肉を極限まで削ぎ落としてシェイプアップしているので、グラマスなムターの演奏などに慣れていると、線が細いようにも感じるが決してそうではない。
ゆったりと開始し、十分に間を持たせた運び方は実に堂々としている。
むしろ図太い。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ムソルグスキー:展覧会の絵



中古価格 ¥ 376 (定価の80%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
明るくてダイナミックな演奏。 評価
ムソルグスキー+ラヴェル「展覧会の絵」。
ベルリンフィルではカラヤン指揮の盤を所有しているので聴き比べてみました。
基本線はカラヤン盤を継承しつつも、より音が明るく、よりダイナミックな構成で、全体の印象は 「カラヤン盤をリニューアルさせた感じ」です。
特に目立った違いは、カラヤンが一つ一つの曲を丹念に演奏しているのに対し、アバド盤はそれに 加えて曲と曲との繋ぎが絶妙で、それがこの組曲全体をよりダイナミックしている。
楽しめる演奏だと思います。
出来れば両方を聴き較べると一層楽しめると思います。

名演奏 評価
ライブでウゴルスキの「展覧会の絵」を聞いたことがありますが、とにかく音量がでかい。
なおかつ技術的にも精緻で、その精緻さがミニマリスティック、というかオタク的で、とにかく圧倒的な感動を覚えました。
録音はライブ演奏には全く及びませんが、ウゴルスキの個性は、この曲や、メシアンの「鳥のカタログ」みたいな描写的な音楽にピッタリのようで、カッチリとした音色とどこまでも響いていく低音部、オタク的な細かさのダイナミック、と、とにかくひとつの究極の「展覧会の絵」であることは間違いありません。
これに比べると、最近出たキーシンの演奏すらロマン派にしか聞こえません。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ムソルグスキー : 展覧会の絵 (オーケストラ版/ピアノ版) / 禿山の一夜 / 歌曲集「死の歌と踊り」 他



中古価格 ¥ 1,000 (定価の51%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2000-11-22
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
展覧会の絵!! 評価
2枚組です。
まず1枚目、ジュリーニ指揮のシカゴ交響楽団のオーケストラ・ヴァージョン(ラヴェル編曲)を聴く。
若干スローテンポだがもたれる面は皆無。
シカゴの超人的な演奏能力とそこからとんでもない情感を引き出すジュリーニの指揮におなか一杯。
たおやかな旋律に身を任せていると、油断した頃に押し寄せる途轍もない強奏。

お買い得 評価
演奏者も選曲もすばらしい。
ムソルグスキーにあまりお金をつぎ込みたくない人にはまさに絶好のCD。
リヒテルの展覧会の絵はダイナミックな迫力ある演奏でたまりません。
なのにライブなので嫌がらせなほど咳が多く、演奏中にゲホゲホ、コホンコホン。
興ざめです。
それだけがほんとに惜しい。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
チャイコフスキー:1812年

新品価格 ¥ 1,174 (定価の6%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1996-12-02
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
カラヤン以外にできない超名(迷)演 評価
大序曲「1812年」。
こういうケレン味たっぷりの曲は、まさしくカラヤンの独擅場です。
とくにこの60年代のドンコサック合唱団の歌をいれた録音は、当時のベルリンフィルの一部の隙もないほどの合奏力に乗った痛快なまでの推進力と、そしてカラヤンの「ハンパな知性」などハナっからかなぐり捨てたような、スペクタクル性、エンターテイメント性とが、すばらしい化学反応を起こして、今もって他の追随を許しません。
その昔、確かLP時代にベートーヴェンの「戦争交響曲」と、「1812年」というナポレオン戦争に因むキワモノ的迷曲二曲をカップリングしたカラヤンの珍盤があったと記憶しますが、まさにこれなど、イロモノの超弩級の名演でしょう。

ロメジュリのベスト 評価
幻想序曲『ロメオとジュリエット』は、最初オーマンディ旧盤で開眼しましたが、その後カラヤン盤に出会い圧倒されました。
演奏内容と録音状態をかんがみ、デッカ盤とデジタル盤より当盤が優れていると思います。
ドラティ新旧盤、マゼール、バーンスタインNYP盤、西本智美、ジュリーニ、アバドなど聴きましたが、カラヤンが一番聴かせ上手です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 1,400 (定価の25%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き) 残り8個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1996-10-21
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 18,330

中古価格 ¥ 185 (定価の94%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1994-10-21
  

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
豪快な「禿げ山」原典版、伸びやかで堂々とした「展覧会」! 評価
クラウディオ・アバドがベルリンフィルを指揮したムソルグスキー作品集で、1993年5月 及び9月にライヴ録音されたものです。
ムソルグスキー・フリークであるアバドの真骨頂 であり、音楽の流れに勢いがあり、技量面も完璧です。
アバドとベルリンフィルの最高 の録音の一つであると言えるでしょう。
収録曲は交響詩「禿げ山の一夜」(原典版)、合唱曲「センナヘリブの陥落」、歌劇 「サランボー」より巫女たちの合唱、「アテネのエディプス王」より神殿の人々の合唱、 旧約聖書による合唱曲「ヨシュア」、組曲「展覧会の絵」の6曲です。
特にすばらしいのが原典版による禿げ山の一夜で、荒々しさと美しさが併存した魅力を



PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION