ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 のCDを紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。ベストアルバム、グレーテストヒッツ、ライブ版、名曲集を紹介します。  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団,の名曲,ベストCD,DVDの試聴,視聴,紹介,評判,レビュー,安売り価格,値段,中古価格


モーツァルト
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
モーツァルト:交響曲第35番&第41番

新品価格 ¥ 1,000 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 791 (定価の35%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-03-07
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
最高の名演奏、名録音 評価
このアナログ音の良さをわかるのはある程度のオーデオマニアだけかもしれませんが、演奏は言うまでもなく素晴らしい、壮年ヨッフムの矍鑠たる演奏が聴けます。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
モーツァルト:交響曲第36番&第38番

新品価格 ¥ 825 (定価の33%引き)

中古価格 ¥ 700 (定価の43%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-03-07
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ヨッフムファンにとってうれしい限り 評価
最近,国内ではヨッフムcndのリリースが少ない(ほとんど無い)、AMAZONからPHLIPS盤・EMI盤など輸入版の紹介を受けて買いあさっているが、とにかく安い、、ヨッフムcndのレコードはほとんど所有しているが、今後はCD盤で揃えるつもりです、可・否は別にしてSACD盤が欲しい、、、

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
モーツァルト : 交響曲第40番&第41番「ジュピター」

新品価格 ¥ 1,018 (定価の5%引き)

中古価格 ¥ 321 (定価の70%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2015-12-11
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
刺激的! 評価
 こんな刺激的なモーツァルトが他にあるだろうか。
まるでダンスミュージック。
 テンポが速いのにも関わらず、しっかりとしたアンサンブル。
軽快かつ重厚。
アーノンクールのやりたいことが一番できているのはこのロイヤルコンセルへボウ盤だと思う。
 ヨーロッパ室内楽盤も捨てがたいが、若干音が雑で、艶も足りない。
それに比べるとロイヤル盤の完成度には脱帽。
 2006年11月11日のウィーンフィルとの演奏もサントリーホールで聞いたが、曲全体の完成度、安定感でいえばロイヤル盤のが上。
 ただ、保守本流のウィーンフィルと風雲児アーノンクールの駆け引きは余りにも刺激的で、

堂々たるジュぴター 評価
 アーノンクールとオーケストラのカップリングによるモーツァルト最後の二つの交響曲のCDです。
<p> 交響曲40番は、言わずもがなの名曲ですけれども、アーノンクールはこの曲を颯爽と、かつ刺激的に指揮して見せています。
それによってこの曲の持っている端正な悲壮美を通り越した魂の慟哭を描き出しています。
<p> これに対して交響曲第41番「ジュピター」では、この曲の元々有している荘重さと重厚さがこの指揮によって更に如何なく発揮されているところが聴衆の楽しみを誘うものとなっています。
<p> このCDを聴いてモーツァルトとは斯くなるものなのか、とあれこれ考えてみてもいいでしょう。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
モーツァルト:協奏交響曲/ヴィオッティ:ヴァイオリン協奏曲第22番

新品価格 ¥ 926 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 2,665 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2014-12-02
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
夜の女王のアリア~コロラトゥーラの女王

新品価格 ¥ 1,071

中古価格 ¥ 278 (定価の74%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2002-01-23
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
この素晴らしい歌唱がこんなに廉価で聴けることに感謝しています 評価
『魔笛』は、エディタ・グルベローヴァが1970年にウィーン国立歌劇場で本格的なデビューを飾った思い出の曲です。
このCDに収められている有名な「地獄の復讐が私の心の中に」は、コロラトゥーラ・ソプラノにとって試金石のようなアリアですが、ここまで完璧に歌われますと、他のソプラノが霞んでしまいます。

絶対得します 評価
私は定価でこれを買いました。
しかし、廉価版が出たからといって後悔していません。
ここ数年で幾度か来日して、日本のファンを多く持つ彼女ですが、やはりチケットは高額です。
入手するのも大変ですが、1000円でこのCDが買えるとしたら、何も迷わず買ってしまいましょう。
このCD1枚が、彼女のもつ素晴らしさを100%伝えてくれます。

今聴くことのできる最高のソプラノ 評価
最高のソプラノ、というとき誰もが思い浮かべるのがマリア・カラスだと思いますが、彼女の歌を聴こうとすると、どうしても録音が古く、耳障りな点が多くなってしまうのが残念なことです。
そういう意味でも満足のいく最高のソプラノを聴きたいと思うなら、間違いなくグルベローヴァです。
コロラトゥーラの歌手としては、ナタリー・デッセーも素晴らしい声を持っていますが、グルベローヴァのコロラトゥーラは、「コロラトゥーラらしさ」を感じさせないところが凄いところです。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
モーツァルト : 交響曲第35番「ハフナー」&第36番「リンツ」

新品価格 ¥ 910 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 333 (定価の69%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2000-06-21
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
アーノンクールとロイヤル・コンセルト・へボウ華麗で力強いモーツァルト 評価
 古楽器オーケストラを振り出しに、世界中の有名オーケストラと共に活躍しているアーノンクールが指揮するモーツァルトの交響曲35番「ハフナー」と36番「リンツ」です。
<p> 両方の交響曲は曲自体も祝典的で壮麗なものですけれども、彼の指揮によってこの曲の以上の点に加えて、アーティキュレーションのよさとテンポの速さが加わり、聴いていて気持ちが晴れ晴れしてくる感じがします。
<p> 彼の指揮については色々意見があるかも知れませんが、僕はオーケストラを上手く操り、通説的な演奏に果敢に対決を挑んでいる点で優秀な指揮者であると考えますが、他の皆さんの意見はいかがなものでしょうか?

派手、とにかく派手! 評価
 このアルバムに収録されている2つの交響曲のうち、「ハフナー」が、わたしのお気に入り。
 まず、第1楽章は、作曲者自身も語っている「烈火のごとき激しさ」を持った、きらびやかで力強い音楽。
しかし、このアルバムに限って言えば、「烈火のごとき激しさ」という言葉は、むしろ第4楽章に合っているような気がする。
別録の「ジュピター」にも見られた、ティンパニの強打も随所に出てくるし、プレストという、超高速テンポで演奏されているためか、第1楽章よりも、派手さが際立っているのだ。
まあ、ニ長調という調は、もともと派手な響きをもっているんだけど。

発売元のレビュー
モーツァルト : 交響曲第35番「ハフナー」&第36番「リンツ」   指揮:アーノンクール コンセルトへボー管弦楽団

特徴説明
ASIN: B00005HICZ

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
モーツァルト : 交響曲第38番「プラハ」&第39番

新品価格 ¥ 910 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 321 (定価の70%引き) 残り7個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2000-06-21
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
目からうろこがまた落ちました。(旧版からの転載) 評価
今までいろんな演奏でこの2曲を聴いてきましたが、それほどいい曲だとは正直思ったことがありませんでした。
しかしながらアーノンクールの演奏は本当に驚いた。
これら2曲がこれほどまでに聴き応えのある面白い曲だとは思いませんでした。
実にすばらしい。
この2曲は共に付点音符を基調とした荘厳な出だしで始まり、その後速いテンポの部分に移る。
これはバロック時代に盛んにもてはやされたフランス風序曲を受け継いだもので、この演奏スタイルを会得していない演奏家ではとても間の抜けた聴くに堪えない出だしとなってしまう。
しかしさすがバロックのひとつの頂点を極めたアーノンクールである。

モーツァルトを満喫できます 評価
 思うに、モーツァルトの演奏には、『元気のよさ』が必要ではないか。
幼い子どもが持つ元気の良さ。
それがないモーツァルトは、ぼそぼそと抜けが悪く、退屈な音楽になってしまう。
アーノンクールの指揮によるこの演奏は、その特徴を十分に出したものといってよい。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
モーツァルト : ピアノ協奏曲第23番&第26番

新品価格 ¥ 937 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 87 (定価の91%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2000-06-21
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
すばらしい☆☆☆☆☆ 評価
レビューを信頼して買ってみましたが、このCDでモーツァルトが大好きになっちゃいました。
23番が特にスキです。
以後、他の演奏者のものも少し聞いてみましたが、このCD以上のものには巡りあっていません。
ジャケットがまたいい。

ピアノの音が光り輝いている! 評価
今回このCDで初めて23番と26番を聴きました。
二曲とも本当に素晴らしく美しい曲です。
26番は、とにかくかわいい曲!第一楽章カデンツァの部分、ピアノの音が輝いている!第二楽章もやさしく温かさにあふれたメロディーが素晴らしい・・・第三楽章も軽快で、聴いていて楽しくなるピアノの旋律が流れまくっていて、音に乗って空を泳ぎながら光や雲を眺めているような気分。
23番は、天から光が音になって降り注いでくるような、たとえようもなく美しい!としか言いようのない曲。
第二楽章のメロディーは、聴くたびに涙が出そうになります。
第三楽章は弾むようなテンポが楽しく、一番のお気に入りです。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
モーツァルト:序曲集

新品価格 ¥ 989 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2000-06-21
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
新鮮な火花の缶詰 評価
モーツァルトのオペラは、滅多なことじゃ楽しめない気むずかしやになってしまった人間をも楽しませる。
それはこの「天才」を構成する影の主役である「職人魂」のなせる業だ。
彼はこう言っている。
「何よりもまず、音楽でなければなりません。
」つまり彼は、どんな深遠な真理を表現するときにも「愉悦」が漂ってなければならないと感じたのだ。
従って彼は自己表現する際、精神にリズムとハーモニーを教え込まねばならなかった。
この「自己規律」を必然と感じさせたが故に、彼は音楽を愛し、音楽もまた彼を愛した。
それゆえに「我々はモーツァルトを愛す。

お買い得 評価
モーツアルトがオペラのために書いた序曲ばかり11曲をまとめた貴重な一枚です。
ここまで、揃っているCDは滅多にありません。
また、各録音はそれぞれオペラ全曲録音からの抜粋となっています。
<p>演奏はアーノンクールだけあって、派手(やや、バロック風な演奏)さはありませんが、完成度が高いものとなっています。
<p>大変お買い得と思います。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
モーツァルト:中・後期交響曲全集



中古価格 ¥ 3,024 残り2個

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1997-06-10
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ショスタコーヴィチ
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番&ロシアとキルギスの民謡の主題による序曲

新品価格 ¥ 1,296



発売元:ユニバーサルクラシック  発売日:2018-12-12
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」

新品価格 ¥ 1,944



発売元:キングレコード  発売日:2018-10-24
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第15番

新品価格 ¥ 1,944



発売元:キングレコード  発売日:2018-10-24
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」&第9番

新品価格 ¥ 770 (定価の37%引き)

中古価格 ¥ 975 (定価の20%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-05-15
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
デッカ ザ・ベスト1200。
本作は、作曲者であるショスタコーヴィチの真意はともかく、人生肯定的な印象が旧ソ連という体制に高く評価されて生前から彼の代表作とされてきた第5交響曲と、逆に軽妙で諧謔的な内容ゆえに体制から激しい批判を受けた第9交響曲を収録したアルバム。
(C)RS

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第13番「バビ・ヤール」



中古価格 ¥ 10,257 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-09-09
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ショスタコーヴィチ:管弦楽曲集



中古価格 ¥ 4,500 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2006-07-26
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
Viva!!! ショスタコーヴィチ



中古価格 ¥ 540 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2006-07-26
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ショスタコーヴィチ:ジャズ音楽集

新品価格 ¥ 1,400 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の39%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2006-04-12
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
疲れた時に一服 評価
昔のイタリア映画の背景で流れていたような哀愁ただようワルツ、 幼稚園の運動会で流したいようなポルカ、 ひたすら能天気な行進曲・・・ 「タヒチ・トロット」は、「2人でお茶を」を1時間で編曲しろと言われて、40分で仕上げた曲だとか。
聴いて疲れるような要素は皆無で、 ショスタコーヴィチのサービス精神全開という感じの、癒し系の音楽である。
ピアノ協奏曲は、アルゲリッチの最新盤では、ピアノもオーケストラも随分ととがっていて、暗い印象を与えるが、 この盤の演奏では、おどけた面が強調されている感じで、軽やか、優雅で、たいそう耳ざわりが良い。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ショスタコーヴィチ : フィルム・アルバム

新品価格 ¥ 4,800

中古価格 ¥ 1,300 (定価の58%引き) 残り3個

発売元:ポリドール  発売日:1999-03-17
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
優れた職人作曲家としてのショスタコーヴィチ 評価
娯楽的な要素が強い映画音楽でもショスタコーヴィチは天才的な手腕を遺憾なく発揮している。
最初の「呼応計画」全3曲の軽快さと心地良いメロディーの素晴らしさに耳が酔わされた(特に3曲目の「呼応計画の歌」は聞いててすごく楽しく面白い)。
「女ひとり」における楽器の奇抜な使用方と雰囲気描写も面白い。
2曲目のギャロップ捻りの利いた旋律と5曲目のアルタイの木管楽器の編曲の旨さとメロディーラインの皮肉なユーモア、 8〜9曲目の嵐の描写の卓抜さは特に印象が残った。
それ以外にも「ハムレット」の正統な音楽作り。
「愚かな子ねずみの物語」における旋律の可愛らしさ。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ショスタコーヴィチ : ジャズ音楽集 / 2人でお茶を

新品価格 ¥ 3,800

中古価格 ¥ 697 (定価の66%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1997-05-25
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ベートーヴェン、ブラームス
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 1,983 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-07-04
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、ロマンス第1番&第2番

新品価格 ¥ 1,548 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 1,200 (定価の34%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-09-07
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲

新品価格 ¥ 1,179 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 703 (定価の45%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-05-11
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲

新品価格 ¥ 780 (定価の39%引き)

中古価格 ¥ 624 (定価の51%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-05-11
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、ロマンス第1番・第2番

新品価格 ¥ 2,580

中古価格 ¥ 1,780 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2014-12-02
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
素晴らしい!! 評価
私はベートーヴェンの協奏曲をいろんな人の演奏を聴いてきましたがこれだけの情熱のある演奏は初めてでした。
まずはテクニックや技工に関してはグリュミオー出身のベルギー、でもフランス系でありながらドイツ音楽も卓越を超すかのような演奏をしているところがいい。
また、ハーモニーやテンポがちょうどよくまとまっているため、初心者でも聞きやすいところです。
カップリングのロマンスは3度録音している中での最初の録音です。
でもステレオ初期でありながらも機敏とした演奏が特徴です。
なにはともあれ、まとまって聞きやすいため星5つにしました。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲/ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番

新品価格 ¥ 3,549

中古価格 ¥ 1,188 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2014-12-02
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番&第4番

新品価格 ¥ 820 (定価の36%引き)

中古価格 ¥ 540 (定価の58%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-08-27
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲

新品価格 ¥ 1,234

中古価格 ¥ 2,919 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2010-09-22
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」



中古価格 ¥ 1,080 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-09-09
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
堅実で普遍的な第九交響曲 評価
ハイティンクは、若い頃から没個性とか凡庸とか貶されてきた感がある。
刺激的な演奏や大仰な表現を全く行わないことがそういった評価をされてきた原因かもしれない。
古楽器のような現代の流行にも染まらず、ひたすら自らの音楽を誠実に追及してきた指揮者であると言えるのではなかろうか。
私もハイティンクのマーラーやブルックナーなど幾つか聴いた事があるが、とても良い演奏であると思っていた。
ベートーヴェンはブレンデルとの協奏曲を聴いた事があるだけであったが、今回、第九交響曲を聴いて実に素晴らしい演奏だと思った。
この指揮者はブルックナーでもそうだが、優れた大局的視野で音楽を捉えている。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 第4番

新品価格 ¥ 1,666 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 2,159 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-08-05
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
グールドのと一緒に購入 評価
グールドと比較すると興味深い、内田光子のベートーベンは初めて購入したが新鮮

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ブラームス:交響曲全集

新品価格 ¥ 4,600

中古価格 ¥ 2,179 (定価の11%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2006-04-26
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ブラームスの一番ならベイヌム 評価
 良くある話に「無人島に流されることになり、本一冊だけ許されるとしたら何を選ぶか」があります。
本でなく一曲だけ・・・なら、私はブラームスの交響曲第一番です。
ブラームスの内面性を現し、その構成、響き正に交響曲。
 この曲の解釈に個性をなどという小細工は不要、ベイヌムはコンセルトヘボウと共に冷静に正確に、解釈を押し付けるのではなく聞き手の感性に訴える演奏を完成させた稀有の指揮者でしょう。
 第一番に限らずブラームスの交響曲を聴くなら先ずベイヌムから入って欲しい。
特に第一番は幸にもステレオ録音で音質も優秀。

偉大なるセカンドチョイス 評価
名盤ひしめくブラームス全集。
何セットもお持ちの方、ファーストチョイスは好みが分かれますが、セカンドチョイスの座に君臨するのに十分な偉大なる名演奏です。
曲による出来不出来のムラがないこと、コンセルトヘボウの管弦共に魅力的で充実した響き、曲の魅力を最大公約数でかちっと引き締めたベイヌムの名指揮。
買う価値は高いですよ。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ブラームス:交響曲第1番



中古価格 ¥ 1,000 (定価の18%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2006-04-26
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
オーケストラの技量の高さには目を見張るものがある、当時肩を並べたのはウイーンフィルくらいのものだと思う。 評価
指揮の良さは当然あるのだと思うが、レヴェルの高い指揮に対等に応答するオーケストラの技術の高さは圧倒的で楽団員のやる気には感心する。
もう1楽章の出だしから驚くような熱気と緻密さに否応なく引き込まれてしまいます。
終わってみるとブラームスの1番がこれほど短い曲であったろうかとの印象を持ちました。
他に、大学祝典序曲、悲劇的序曲が含まれるが、いずれも名演奏で他に比するものが咄嗟に見当たらない。
ベイヌムアムステルダムコンセルトヘボウの収録演奏でDECCA収録のこの盤の演奏内容、音質のどちらをも上回る演奏に遭遇したことがない。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ブラームス:ピアノ協奏曲第2番



中古価格 ¥ 1,100 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-12-06
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
「イタリアに憧れる北ドイツ人のメランコリックなロマン主義」を完璧に捉えた名盤 評価
出来では第一番ニ短調協奏曲の方が上だ(というか歴史的名演)とおもうのだが、「ドイツ批評家賞」を贈られたのはこちら第二番変ロ長調協奏曲の方。
同曲に関しては「赤熱の大名演」とも言うべきジュリーニ指揮との1962年録音盤(EMI)があるが、録音の透明度・白熱度・奥深さではハイティンク指揮コンセルトヘボウ盤が明らかに上。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番/ピアノ協奏曲第4番



中古価格 ¥ 922 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-12-06
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ブラームス:交響曲第1番



中古価格 ¥ 509 (定価の50%引き) 残り7個

発売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント  発売日:2004-06-18
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
納得できる演奏です 評価
時代の移り変わりとともに演奏方法が変わっていくことは仕方がありませんが、 このCDは何ともいえない古き良き時代のブラームスを楽しむことが出来ます。
他の演奏者によるものを聞いた後で、気がつくと、またベイヌムとコンセルトヘボウの この曲を聴いている自分に気がつきます。

引き締まった名演 評価
名盤ひしめくこの曲ですが、その中でもブラームスのロマンをギュッと絞った引き締まった名演です。
少し早めのインテンポを基本にした細やかな表情付けと、ボルドーワインのようなこの時期の魅力溢れるコンセルトヘボウの響きが素晴らしい。
この曲に食傷気味の方でも、買って損はないです。
録音も悪くないのですが、新しい録音ならばもっと騒がれてるでしょうね。
60才を前に亡くなったベイヌムは、本当に惜しい指揮者でした。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ブラームス:交響曲第4番(紙ジャケット仕様)



中古価格 ¥ 1,440 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2004-04-21
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲&二重協奏曲

新品価格 ¥ 972 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 418 (定価の61%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2004-01-21
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
端正な名演 評価
ブラームスのヴァイオリン協奏曲は、ヴァイオリン協奏曲界の雄だ。
オーケストレーションの素晴らしさはもとより、魅力あふれる旋律の数々、見せ場にも事欠かないヴァイオリンパート。
全体を通してバランスの良いこの曲を、アーノンクールは、端正で、少々控え目にオーケストラを制御する。
第1楽章のヴァイオリンが登場する部分で、オーケストラが軽くヴァイオリンを押すが、アーノンクールは本当に軽く押す。
それから展開されるヴァイオリンのアルペジオの数々は、鬼気迫る印象すらあり、クレーメル迫真の演奏だ。
後の楽章も、高い緊迫感を持って、曲が進んでゆく。

今度のカデンツァはジョルジュ・エネスコ 評価
ヴァイオリン協奏曲作品77が1996年3月20-24日、ヴァイオリンとチェロのための協奏曲作品102が1997年4月3-5日、いずれもアムステルダム、コンセルトヘボウでライヴ録音。
クレーメルのブラームス・ヴァイオリン協奏曲はここまで3度目だと思う。
前回がバーンスタインと組んだ1982年9月ウィーン、コンツェルト・ハウス大ホールでライヴ録音。
同時にユニテル社が映像を収録、DVD化されている。
1983年のブラームス生誕150年祭の一環として企画されたチクルスである。
その前がカラヤン+ベルリン・フィルと1976年3月に西側デビュー作として録音している。
面白いのはカデンツァだ。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調 作品92 / 交響曲 第4番 変ロ長調 作品60 [DVD]

新品価格 ¥ 9,800

中古価格 ¥ 1,890 (定価の37%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-11-21
  

往年のクライバーに出会えた 評価
クライバー指揮のオペラは見たことがあるが、あの華麗な指揮振りはテレビでしか見たことがない。
彼が得意とする7番と4番で華麗な指揮が見られると昔の恋人に会うようなわくわくした気持ちで買い求めた。
期待に違わず存分に満喫している。
7番はフルトベングラー、ウイーンフィル盤が定番になっている私にとっては、クライバー盤のCDは馴染めないところがあるが、そこは映像の力というかDVDでは見る者を惹きつけてやまない、華麗で説得力のある彼の指揮に、大いに満足できるから不思議である。
伝統あるコンセルトヘボウも見事な演奏を披露している。

入手困難な歴史的名演!! 評価
クライバーがコンセルトヘボウを指揮したこの演奏会の映像に関しては語りつくされた感があるが、何度見てもこの指揮者の非凡さには驚かされる。
カルロス・クライバーという指揮者についてはもう語る必要はないだろう。
CDでは交響曲第4番はバイエルン国立歌劇場管と、交響曲第7番はウィーン・フィルと録音したものがあるが、この映像ではアムステルダム・コンセルトヘボウ管(現ロイヤル・コンセルトヘボウ管)のすばらしさが際立つ。
コンセルトヘボウがクライバーに必死に付いていこうとする姿勢が見える一方で、このオーケストラの余裕とも言える独特のサウンドも際立たせている。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ブラームス:交響曲第3番&第4番

新品価格 ¥ 1,811 (定価の2%引き)

中古価格 ¥ 83 (定価の95%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-06-25
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ブラームス、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲



中古価格 ¥ 364

発売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント  発売日:1999-10-31
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
究極、音楽とは、、、。 評価
本盤、オークションにて幸運にもゲット!! 美しい、、、。
 究極、音楽とは美しく成らねばならない。
唯、それだけだ。

美音とはこういうもの。 評価
ヨーロッパの伝統に裏付けられたグリュミオーの美音は、華やかさの中に渋みあり、メランコリーありで、繰り返し聞くにはうってつけです。
ブラームス、ブルッフの協奏曲の演奏には、シャープさを求めて自滅している例が多くありますが、グリュミオーはそこは控えめにして、決して空虚にならない暖かな旋律美を聴かせます。
<p>ベイヌム、ハイティンクが指揮するコンセルトヘボウ管の今は失われてしまった燻し銀の響きがバックで支え、ソロとの素晴らしいコントラストを見せています。
<p>対極にあるとすれば、ミルシテイン・ヨッフムの演奏でしょうか。



ラフマニノフ、プロコフィエフ
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
プロコフィエフ : 交響曲 第5番 (Prokofiev : Symphony No.5 / Mariss Jansons | Royal Concertgebouw Orchestra) [SACD Hybrid] [Live Recording] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 2,574 (定価の20%引き)



発売元:RCO Live / King International  発売日:2017-02-09
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
プロコフィエフ:組曲「ロミオとジュリエット」抜粋



中古価格 ¥ 456 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2010-01-20
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
プロコフィエフ:ピーターと狼



中古価格 ¥ 1,205 (定価の9%引き) 残り6個

発売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント  発売日:1998-12-16
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
プロコフィエフ:ピーターと狼



中古価格 ¥ 432 残り7個

発売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント  発売日:1997-10-08
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
モソロフ:鉄工場 他〜20年代のアヴァンギャルド!!



中古価格 ¥ 1,680 残り3個

発売元:ポリドール  発売日:1994-08-25
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
この手の企画を得意とした90年代のシャイー/デッカ代表的録音 評価
リッカルド・シャイーが1991年から92年にかけて録音したデッカらしい企画盤で、1920年代のアヴァンギャルド運動を象徴する作品を収めたもの。
私はこのディスクを入手し損ねていたのだが、最近になってやっと聴くことができた。
アヴァンギャルド(avant-garde)は一般的に「前衛芸術」と訳される。
いつの時代でも芸術には「先取性」の要素が欠かせないが、ことに1920年代はその運動が顕著だった時代である。
特にロシア革命前後に起こった「ロシア・アヴァンギャルド」は、政治行動と芸術活動のリンク、また既存の保守的価値観への攻撃的とも言える挑戦性が高く、現代でも一つの時代の刻印と考えられる。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
プロコフィエフ:ロメオとジュリ



中古価格 ¥ 799 残り7個

発売元:ポリドール  発売日:1994-07-25
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ショパン、ショスタコーヴィチ
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ショパン:ピアノ協奏曲第1番・第2番

新品価格 ¥ 1,681 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 3,692 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-11-22
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番

新品価格 ¥ 9,644

中古価格 ¥ 1,754 (定価の29%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサルクラシック  発売日:2009-10-07
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
聴くうちに引き込まれる、歌のようなショパン 評価
ショパンだけは聴くことはないだろうと思っていた。
今まで入念に回避してきたが、「のだめカンタービレ#22」で、のだめがミルフィーとピアノコンチェルト・デビューを果たしたのがショパンのピアノ協奏曲第1番。
あのマンガのターニング・ポイントで使われる曲は必ず名曲なんだよなぁ…欺されたつもりで聴こうと思い購入したCDがこれ。
購入にあたってツィマーマンやアルゲリッチも考えたが、迷った時はとりあえずDG等有力どころの最新盤と決めているので、とりあえず「ブレハッチ&RCO」に決めた次第。
ブレハッチは2005年のショパン・コンクールを制した上、賞という賞を総なめにした新進気鋭のピアニスト。

冴え渡る感性 評価
ブレハッチならではの非常にキメ細やかで気品溢れる演奏。
オケ、指揮者ともに本人がセレクトしただけあって、今までの コンクールでの演奏と比べてみても、より「ブレハッチらしさ」 が際立っており、とにかく美しい。
今回の録音に際し「ポーランドの伝統に基付いたショパンをお聴 かせしたい」と語っていたブレハッチ。
この真摯な姿勢に若い感性が冴え渡り、聴く者を幸福へと導いて くれる。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
Love 韓国ドラマ・映画で聴いたクラシック

新品価格 ¥ 4,104

中古価格 ¥ 2,998 (定価の25%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサルミュージック  発売日:2009-07-10
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
「冬のソナタ」「パリの恋人」「天国の階段」など 数多くの韓国ドラマや 映画のシーンを彩った クラシック音楽を42曲収録したCD3枚組み。
世界の一流のアーチストによる演奏でお楽しみください。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
NEW ビューティフル クラシック ヒーリングBEST

新品価格 ¥ 2,625

中古価格 ¥ 560 (定価の45%引き) 残り7個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2007-03-21
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
アムステルダム、コンセルトヘボウの名録音

新品価格 ¥ 9,800

中古価格 ¥ 14,180 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2004-11-26
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
魚座



中古価格 ¥ 2,961 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-11-26
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
蟹座



中古価格 ¥ 979 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-11-26
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベスト・オブ・サラ・チャン 「スウィート・ソロウ」



中古価格 ¥ 4,850 残り2個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2000-05-17
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
この一枚でサラのファンに 評価
このCDを買おうと思ったのは、結構いい加減ないきさつからです。
出張でロンドンに行く際、時差ぼけ調整のために到着した日の夜にコンサートに行こうと思ったところ、Sarah Changのコンサートをやっていることがわかり席を押さえました。
そのときまでは、サラ・チャンの名前は聞いたことがありましたが、演奏は聴いたことがなかったのですが、出発する直前にAMAZONでこのCDを見つけて、出発前日に手にしました。
<p>あまり期待しないで聞いたのですが、はじめに収録されているビターリのシャコンヌを聞いて.... 鳥肌がたちました。
ビュータンの協奏曲、チャイコフスキーの協奏曲などからおいしいどこ取りの一枚のように思います。

『スウィート・ソロウ』そのもの 評価
聴き手を引き込んでゆく情感たっぷりの演奏です。
構築的な美しさを追求される方には、少々甘過ぎるかも。
それにしても流れるように音が美しい。
一気に全曲聴いてしまいました。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
気分で聴くクラシック(1)やさ

新品価格 ¥ 3,641

中古価格 ¥ 296 (定価の88%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1996-05-22
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ドヴォルザーク、コルサコフ
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」

新品価格 ¥ 1,944



発売元:キングレコード  発売日:2018-10-24
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
R.コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」

新品価格 ¥ 780 (定価の39%引き)

中古価格 ¥ 950 (定価の26%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-04-06
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ドヴォルザーク:交響曲第9番≪新世界より≫/交響詩≪水の精≫

新品価格 ¥ 972 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 449 (定価の58%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-07-20
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
音楽は慣れ かな。 評価
中学生のとき、小遣いをせっせと貯めてステレオを買った。
しかし、当時、私が持っていたレコードは、「怒涛の男、力道山」というレコードだけ。
見るに見かねた母が買ってくれたのがコンスタンティン・シルヴェストリ指揮の「新世界より」だった。
これに慣れてしまったせいか、このアーノンクールの「新世界より」は、なんとなくダイナミックさに欠けるように聞こえる。
シルヴェストリ指揮フランス国立放送管弦楽団の演奏に比べて、ドヴォルザークがアメリカを見たときの驚きと感動が伝わってこない。
アーノンクールはやはりバッハなのかな、と勝手に思う。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ドヴォルザーク:レクイエム 変ロ短調、交響曲 第8番 ト長調 (Dvorak – Requiem & Symphony No. 8 / Jansons, RCO) [2 SACD Hybrid]

新品価格 ¥ 2,206

中古価格 ¥ 2,812 残り2個

発売元:Rco Live  発売日:2010-05-11
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
違った感覚のレクイエムを最高の楽団で聞ける 評価
今年ヤンスン指揮のコンセルトヘボウ楽団が来日するとのことで、今1位に輝く楽団の音を聞きたかった。
ドボルザークを検索して、このCDに出会った。
先のレビュアーが書かれているように、シンフォニーを聞くために、このCDを買うとすれば、意外にもレクイエムの素晴らしさに儲けものと思うはず。
国内版が高かったので、海外購入の輸入版で安くSACDを買ったが、安物のSACDプレーヤーでも音は出てきて、安心した。
10カ月という長時間をかけて、指揮の合間に、調子の良い状態の時にレクイエムを作曲したらしい。
ベルリオーズやヴェルディのド迫力のああ無情感漂ったものとは一線を画した、生への喜びを歌った、ベートーベン第9のような、歓喜きわまる合唱で締めくくられることが生への感謝のような曲想であろうか(誤訳したかもしれないが)。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
R.コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:交響曲第2番

新品価格 ¥ 1,482 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 996 (定価の39%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-11-11
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
出来高5です! 評価
指揮棒を振る人がロシア人だと、こんなに《コンセルトヘボウ》もロシア風になるんだ! 思い知らされました。
ハイティンクの指揮する《コンセルトヘボウ》とは、また違う味がでています! 私は、ソロの人、クレバース門下で《保険奨学生》として学んでいました。
クレバース先生『レコード高いな。
』とおっしゃって、私たち学生には、日本円にして600円で売ってくださいました。
日本はバブル時代3200円がついていて高かったですが… 今は価格が下がり、《良いもの=美しい物を安く広く行き渡るように》 まさに、クレバース先生がおっしゃる世の中になって来たと思います!

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ドヴォルザーク:交響曲第8番、スラヴ舞曲集作品46

新品価格 ¥ 1,841



発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-09-09
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
R.コルサコフ:シェエラザード



中古価格 ¥ 1,188 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-02-14
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
R.コルサコフ:シェエラザード 評価
はじめまして!私はグリュミオー門下から来ました。
後半、クレバース先生にも学びました!シェエラザードのレコードは、音楽院の資料室にもあって、いつも借りられている状態で人気がありました。
今、CDを購入して、改めて〈すごいなぁ〜!〉と思いました。
ロシア人のコンドラシンが〈ドラマチック〉にヘボウを振り、コンサートマスターのクレバースがあくまでも冷静に、淡々と、しかも〈無調色〉にならない究極の所で止めて、まるで月の光の下で景色を眺めているような、限りなくモノトーンに近い〈有調色〉を残して弾いているところが、〈前代未聞〉。
コンドラシンが〈太陽〉ならクレバースは〈月〉という、対局の感性をもつ二人が、なぜか融合し合い、ドラマを作っている。

「『シェエラザード』のCDを1枚」と言われたら間違いなくこれ 評価
とにかく、始まってすぐのヴァイオリン・ソロを聴いてほしい。
これほど甘美な、夢見心地にさせられる演奏はめったにない。
管弦楽法の大家として知られるリムスキー=コルサコフの最高傑作とも言うべき『シェエラザード』(もしくは『シェへラザード』)は、やたらと豪快で濃厚な演奏が多いが、この曲は『千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)』を題材にした作品で、絢爛豪華な物語絵巻であると同時に、美しさや色気といったものが感じられないとお話にならない。
シェエラザードは、単なるケバい女ではなく、才気煥発で心優しい美女なのだ。
その意味で、ひたすらオーケストラを鳴らしまくったような、豪快だが単調な、濃厚過ぎて繊細さのかけらもない演奏よりも、豪快なところは豪快に演奏しつつも、繊細さや儚さや色気のようなものを感じ、美しさに酔える演奏の方がこの曲にはよいと思う。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ドヴォルザーク:交響曲第7番



中古価格 ¥ 780 残り9個

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-03-24
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ジュリーニにしかできない演奏 評価
とても雄大な演奏。
セルと対極?8分くらい差があります。
晩年のベト全やブラ全が気に入れば聴いておきましょう。
自分はジュリーニファンなのでまず飛びつきましたが、これは8番や新世界をも凌ぐ晩年の傑作だと思います。
ドヴォ7の演奏としても確実にトップを争えます。

高い芸術性! 評価
今までクーベリック&BPOの演奏で聴いてきた7番ですが、この演奏を聴いて全く別の曲を聴いてるような気がしました。
各フレーズはよく磨きぬかれ、ゆったりとしたテンポも相俟って深い味わいがあります。
そしてすべてが明快でくっきりと描かれてもいて、気品のある、非常に高い芸術に接しているのだという気配が濃厚にあります。
コンセルトヘボウの豊かな美しい音も素晴らしいです。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ドヴォルザーク:交響曲第9番

新品価格 ¥ 1,135 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 600 (定価の53%引き)

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-03-24
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
魂をふるわす歌 評価
私の,ロイヤル・コンセルトヘボウの音の印象は,「深くて霧のかかった森」の響き。
分厚く豊かな弦の響きに,地味だがしっくり解け合った管の音。
それが,最晩年のジュリーニの手にかかると,実に遠くから聞こえるノスタルジックな歌になる。
なんと,丁寧に歌い込まれた旋律だろう。
弦のピアニッシモの音に,魂の奥底がふるえる思いだ。
決してフォルテシモで咆吼しない,音楽,歌を追求したジュリーニの最晩年の到達点が,そこにある。

すばらしいバランス感覚 評価
テンポの変動が激しい新世界です。
基本のテンポは遅めですが、あっという間に過ぎ去ってしまう所や、なかなか前へ進まない所と、さまざまです。
それらがすばらしいバランス感覚で組み合わさり、まとまっているは、脅威といえるでしょう。
ジュリーニでなければ、崩壊している演奏です。
ここまで緩急を織り交ぜ、且つ自然に聞かせる演奏を私は知りません。
ただ、チェコフィル等が魅せる「ドヴォルザークの透明な響き」という点ではいまひとつかもしれません。
どちらかというと、重厚な豪華な響きです。
しかし、曲全体のまとまり、バランス感覚という点では、目を丸くするしかないほどの、驚異的な演奏です。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ドヴォルザーク:交響曲第7番&第8番

新品価格 ¥ 972 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 90 (定価の91%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2004-01-21
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
数ある同曲と比べでも秀でている。 評価
アーノンクールはチェコ系の音楽に向いていないと思っていた。
それは彼独特の音色の鋭さとキビキビと音楽を進めていくスタイルの印象が強く、ドヴォルザークの暖かな雰囲気が出ないのではないかと考えていたからである。
ただ一般的な綺麗で暖かな演奏に飽きており、その点アーノンクールは何かしらやってくれるという信頼もあり今回購入に踏み切った。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ドヴォルザーク:ピアノ協奏曲

新品価格 ¥ 6,395

中古価格 ¥ 2,000 (定価の22%引き) 残り4個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2003-12-17
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ドヴォルザーク:交響曲第8番

新品価格 ¥ 1,999



発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-12-18
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
R・コルサコフ:シェエラザード



中古価格 ¥ 3,450 残り8個

発売元:ポリドール  発売日:2000-02-09
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
音楽の疎密波の心地よい振幅を堪能 評価
シャイーがコンセルトヘボウ管弦楽団と録音した数々の成果について、2010年現在ではそれほど重要視されていないようで、マーラーを除くとカタログに残っているものは多いとは言えない。
けれども(もうあちこちで書いてきた気もするけれど)、聴いてみると思いもよらぬ鮮度が保たれていて、まったく古さを感じさせないものばかりである。
もちろん、デッカの録音技術が素晴らしいこともあるけれど、シャイーとコンセルトヘボウ管弦楽団が目指したサウンドが、普遍性を感じさせる内容で、一定の技術的水準を大きく越える存在だったことが言えるのではないか。
それにしては、現在の廃盤のオンパレードは悲しい。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
R.コルサコフ:シェエラザード



中古価格 ¥ 12,755 残り1個

発売元:ポリドール  発売日:1996-12-02
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ドヴォルザーク:交響曲第9番

新品価格 ¥ 1,585

中古価格 ¥ 450

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1996-10-21
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ライブの「海」が特に名演 評価
晩年のジュリーニ先生といえばグラモフォンレーベルに残した傑作群がまず思いつきますわな。
テンポ設定を極端に遅くとり、細やかなフレージングを丁寧に組み立ててゆき、悠然たるクライマックスには、静かだが激しい感動を覚えたものである。
クライマックスに向かって、表情が顕在化することはなく純粋なパッセージとして歩進してゆく分、クライマックスでは「抑制した高揚」とでもいうべき、純粋な陶酔に陥る。
同時期の名匠バーンスタインが、方向性は全く異なるが、どれだけひとつの楽章に時間をかけたかで、よくジュリーニ盤と比較されていたことを想起しますわな。

ノーブルな演奏 評価
ジュリーニらしく各楽器の音色が解け合った美しく高貴な演奏。
幸福感があふれている。
そのスタンスはドボルザークにしろ、ドビュッシーにしろ変わることはない。
<p>あえてもの足りない点を挙げるとすれば、リズム、スピード感。
いつも通り全体的にまったりテンポなので、のんびりしたテンポが嫌いな方にはおすすめできない。
また、海はかなりメルヘンチックな演奏なので、ちょっとラヴェルっぽく華やかに聞こえ、ここも好き嫌いを分かつ部分かもしれない。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
R.コルサコフ:シェエラザード



中古価格 ¥ 186

発売元:ポリドール  発売日:1994-09-21
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
マーラー : 交響曲 第7番 「夜の歌」 (Mahler : Symphony No.7 / Royal Concertgebouw Orchestra | Mariss Jansons) [SACD Hybrid] [Live Recording] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 3,240



発売元:RCO Live / King International  発売日:2018-09-20
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
マーラー : 交響曲 第4番 ト長調 (Mahler : Sym.4 / Gatti | Royal Concertgebouw Orchestra) [SACD Hybrid] [Live Recording] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 2,967 (定価の8%引き)



発売元:RCO Live / King International  発売日:2018-07-12
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
Mahler: Symphony No 4

新品価格 ¥ 1,693

中古価格 ¥ 1,400 残り3個

発売元:Rco  発売日:2018-06-20
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
Stravinsky: Le Sacre Du Printemps / Debussy / [Blu-ray]

新品価格 ¥ 2,187

中古価格 ¥ 2,241 残り3個

発売元:Rco  発売日:2017-11-24
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン : 交響曲全集 (Beethoven : Symphonies Nos.1-9 / Royal Concertgebouw Orchestra | Ivan Fischer) [3DVD] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 8,500



発売元:RCO Live / King International  発売日:2015-11-30
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
Bernard Haitink: The Symphony Edition

新品価格 ¥ 11,903

中古価格 ¥ 9,260 残り3個

発売元:Decca  発売日:2014-03-11
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
マーラー : 交響曲 第4番 ト長調 (Mahler : Symphony No.4 / Royal Concertgebouw Orchestra , Bernard Haitink , Christine Schafer) [SACD Hybrid] [輸入盤・日本語解説付

新品価格 ¥ 2,340 (定価の18%引き)



発売元:RCO / King International  発売日:2013-08-29
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
マーラー : 交響曲 第8番 変ホ長調 「千人の交響曲」 (Mahler : Symphony No. 8 / Mariss Jansons , Royal Concertgebouw Orchestra) [SACD Hybrid + Blu-ray] [輸入盤]

新品価格 ¥ 1,564

中古価格 ¥ 1,512 残り8個

発売元:RCO Live  発売日:2013-07-18
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
交響曲第2番『復活』 ダニエーレ・ガッティ&コンセルトヘボウ管弦楽団

新品価格 ¥ 2,524

中古価格 ¥ 8,628 残り2個

発売元:Rco  
  



DVD
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ストラヴィンスキー : 春の祭典 | ドビュッシー : 牧神の午後への前奏曲、交響詩 「海」 (Stravinsky : Le Sacre du Printemps | Debussy : La Mer, Prelude A L'apres-Midi D'un Faune / Gatti | Royal Concertgebouw Orchestra) [Blu-ray] [Live] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 5,400

中古価格 ¥ 4,300 (定価の20%引き) 残り1個

発売元:RCO Live / King International  発売日:2017-12-20
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
マーラー : 交響曲 第2番 「復活」 (Mahler : Symphony No.2 ''Resurrection'' / Gatti | Royal Concertgebouw Orchestra) [Blu-ray] [Live] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 5,400



発売元:RCO Live / King International  発売日:2017-12-13
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ストラヴィンスキー : 春の祭典 | ドビュッシー : 牧神の午後への前奏曲、交響詩 「海」 (Stravinsky : Le Sacre du Printemps | Debussy : La Mer, Prelude A L'apres-Midi D'un Faune / Gatti | Royal Concertgebouw Orchestra) [DVD] [Live] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 3,888 (定価の9%引き)



発売元:RCO Live / King International  発売日:2017-12-13
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る [Blu-ray]

新品価格 ¥ 3,888 (定価の9%引き)



発売元:SDP  発売日:2017-11-29
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベルリオーズ : 幻想交響曲 | ワーグナー : 歌劇 「タンホイザー」 序曲 | リスト : 交響詩 「オルフェウス」 (Berlioz : Symphonie Fantastique / Gatti & Royal Concertgebouw Orchestra) (2016 Live) [Blu-ray] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 5,400



発売元:RCO Live / King International  発売日:2016-12-16
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベルリオーズ : 幻想交響曲 | ワーグナー : 歌劇 「タンホイザー」 序曲 | リスト : 交響詩 「オルフェウス」 (Berlioz : Symphonie Fantastique / Gatti & Royal Concertgebouw Orchestra) (2016 Live) [DVD] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 4,320



発売元:RCO Live / King International  発売日:2016-12-16
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン : 交響曲全集 (Beethoven : Symphonies Nos.1-9 / Royal Concertgebouw Orchestra | Ivan Fischer) [3Blu-ray] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 7,650 (定価の9%引き)



発売元:RCO Live / King International  発売日:2015-11-30
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
NHKクラシカル ハイティンク指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 ペライア [DVD]

新品価格 ¥ 4,935

中古価格 ¥ 2,810 (定価の43%引き) 残り7個

発売元:NHKエンタープライズ  発売日:2012-05-27
  

NHKクラシカル ハイティンク/ペライア 評価
マレイ・ペライアのクリーンなピアノの音色が大変気に入りました。
当初は、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を予定したそうですが、ペライアの希望でシューマンにしたとのことです。
ハイティンクのブルックナーは、得意とする曲で、緊張感で、バランスの良い音で、コンセルトヘボウでの響きも参考になりました。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
NHKクラシカル ハイティンク指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 ペライア [Blu-ray]

新品価格 ¥ 5,162 (定価の27%引き)

中古価格 ¥ 3,300 (定価の53%引き) 残り5個

発売元:NHKエンタープライズ  発売日:2009-11-27
  

至福の時間 評価
素晴らしいです。
最高の芸術センスと技術の融合。
心から幸せになりました。
何度も聴きたい。
観ていたい。
そんな名演です。

発売前ですが期待大 評価
NHKのBS放送記念ライブ番組をHD録画しBDにもバックアップしてこれまでに数回見ました(聴きました)が、早速BR化ということで、放送時からどこまで画質・音質がアップできるか期待大です。
惜しくも放送を視聴・録画できなかった人向けに老婆心ながら付け足すと、当日のロイヤル・コンセルトヘボウも名匠ハイティンク、ペライアも文句ない名演・力演でしたよ。
やはり名楽団には名匠が必要で、ハイティンクとヤンソンスとの組み合わせではベルリンフィルと言えども現時点では総合力で後塵を拝するのも仕方ないと納得されます。
これで有名なコンセルトヘボウの「堂鳴り」が明確に聴きとれれば「一生モノ」の宝でしょう。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
プッチーニ:歌劇《トスカ》 [DVD]

新品価格 ¥ 6,685

中古価格 ¥ 2,280 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-09-26
  

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲第4番&第7番[DVD]



中古価格 ¥ 2,534 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2004-12-22
  

禁断の果実 評価
私が「映像」で「動くクライバー」を初めて見たのが、今年2007年放映されたテレビ番組で、この83年収録のベト7でした。
それまでは、他の曲も含めて「音」だけの体験で、素敵だなあとは思っていましたが、振る姿を見てしまったあの日、私は「禁断の果実」をもぎとってしまったようです。
ベト7という曲がかっこいいのはもはや当たり前、しかし、クライバーが振ったあの日、あの演奏に感じた「幸福感」は、自分にとって大変にショッキングでした。

入手困難な歴史的名演!! 評価
クライバーがコンセルトヘボウを指揮したこの演奏会の映像に関しては語りつくされた感があるが、何度見てもこの指揮者の非凡さには驚かされる。
カルロス・クライバーという指揮者についてはもう語る必要はないだろう。
CDでは交響曲第4番はバイエルン国立歌劇場管と、交響曲第7番はウィーン・フィルと録音したものがあるが、この映像ではアムステルダム・コンセルトヘボウ管(現ロイヤル・コンセルトヘボウ管)のすばらしさが際立つ。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調,第4番変ロ長調 [DVD]



中古価格 ¥ 2,160 (定価の37%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-06-26
  

ビューティフル! 評価
好きな音楽の基本はロックなので、クラシックはあんまり聴かないが、カルロス・クライバーとミュンシュは好きだ。
特にクライバー。
ベートーベンの5番や7番のみずみずしくも超ダイナミックな演奏などは、そんじょそこらのへなちょこロックよりも、よっぽどロックンロールしている。
…にしても、ずっと音しか聴いていなかったのだが、ふと「動くクライバー」を拝みたくなって気まぐれで買ってみた。
するってえと、どうだ、このカッコよさ。
まさに闘牛士のよう。
なんであんな、蝶が舞うようにタクトが振れるのだろう。
いやあ、マイッタ。

あまりの凄さにびっくらこいた! 評価
あまりの凄さにびっくらこいた!カッコよすぎるぜ!<p>この映像を初めて見て、カルロス・クライバーの指揮する演奏が、なぜあんなにもピチピチとした躍動感と、はつらつとした生命力に溢れているのかが分かりました。
<p>彼はそれこそ一音ごとに魂を込めて、命懸けで音楽に命を吹き込んでいたんだ。
指揮者が命懸けならオケも命懸けにならざるを得ない。
さぞかしもの凄いリハーサルを繰り返したのだと想像できる。
<p>演奏内容も4番も7番も文句のつけようのない絶品だ。
それにしても惜しい指揮者を亡くしたものだ。
このDVDは人類のお宝ですね。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
交響曲第7番・第4番 [DVD]



中古価格 ¥ 1,944 残り5個

発売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント  発売日:1999-12-22
  

クライバーの本質 評価
クライバーの手にかかると、こうも華麗に、優美に、華やかに、かつ繊細になるのか、とつくづく思わせる一枚です。
音楽はやはり映像が伴うと何倍も素晴らしく感じさせる、さすがはクライバーです。
しかもそれが生であれば・・・周囲に映る聴衆をこれほど羨ましく思うライヴDVDも珍しいでしょう。
最高の4番、7番と言ってよいと思います。

これは人類の宝だ 評価
クラシックを愛好する人なら、是非聴いて欲しい。
ここにはニックネームがないためにあまり知られていないながら実はベートーベンの交響曲のエッセンスが詰まっている。
第4番の若々しさ、第7番の円熟しながらのダイナミックさ。
これらはかつて「英雄と皇帝に挟まれたギリシャの乙女」そして「舞踏の神化」と呼ばれた。
それらをカルロス・クライバーは見事に音に結実させた。
時に激しく、時に楽しく、そして指揮も投げ出して没頭し陶酔するクライバーがいる。
そこは音楽が到達した一つの悟りの境地だ。
第7番の熱狂的なフィナーレが最終音を迎えるときにあなたは人生の真実をもう一つ知るだろう。



PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION