シカゴ交響楽団 のCDを紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。ベストアルバム、グレーテストヒッツ、ライブ版、名曲集を紹介します。  

シカゴ交響楽団,の名曲,ベストCD,DVDの試聴,視聴,紹介,評判,レビュー,安売り価格,値段,中古価格


カルミナ・ブラーナ、シュトラウス

メンデルスゾーン、チャイコフスキー

マーラー、ベルリオーズ
シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第6番「悲劇的」

新品価格 ¥ 2,916

中古価格 ¥ 2,180 (定価の25%引き) 残り2個

発売元:キングレコード  発売日:2018-10-24
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ベルリオーズ:幻想交響曲

新品価格 ¥ 1,531 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 756 (定価の58%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-12-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ベルリオーズ:幻想交響曲、リスト:交響詩「前奏曲」

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 707 (定価の42%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-06-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第6番「悲劇的」

新品価格 ¥ 1,100 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 600 (定価の51%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-06-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
颯爽と流れるような第6番 評価
高校1年生(1973年)の時に、初めて聴いたマーラーがクーベリックの第6番でしたので、自分の中でのベストは聞き慣れたクーベリックです。
第6番はセル、プレートル、カラヤン、ブーレーズも持っていますが、ショルティの颯爽と流れるような第1楽章は魅力的です。

シカゴ交響楽団
ベルリオーズ:「ロミオとジュリエット」

新品価格 ¥ 1,512

中古価格 ¥ 3,296 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2016-05-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第3番

新品価格 ¥ 2,980

中古価格 ¥ 1,449 (定価の41%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
「至福」こそがこの曲の主題。影の表現を要求すべきではない。 評価
さすがはショルティ・CSOのコンビという他ない。
音作り、強弱、緩急といったダイナミズム、激しさ、甘美さ、優しさ、暗さ、どれをとっても明確で一転の曇りもなく、スコアの音を忠実に全て聞かせてくれる。
今まで他の指揮者では聞こえず、納得できず、残っていたもやもやが全て吹き飛ばされた。

影の部分もほしかったが、美しくヴィヴィッドなショルティ=シカゴの名コンビは不滅ですわな 評価
1982年録音。
ショルティらしく、管弦ともヴィヴィッドで明るい音。
最初の楽章等、室内楽的な静音パートとダイナミックなトゥッティパートのダイナミックなコントラストも大きく、オーディオファンも楽しめるダイナミックな演奏です。
3楽章など、ショルティらしく丁寧にリズムをとって、クリアに各フレーズを表現しようというところが大いに共感できる。

シカゴ交響楽団
ベルリオーズ:幻想交響曲

新品価格 ¥ 1,968

中古価格 ¥ 880 (定価の28%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
まちがいなくブラボー級の快演 評価
グラミー賞を受賞した名盤。
ショルティは、この後92年にもこの曲をライヴで再録音しているが、この72年版の方が熱狂的なフアンが多いのではないだろうか。
「幻想交響曲」の概念を根底から見直した、まるでマーラーのような音楽である。
と書いてしまうと語弊を招きそうだが、実に立派な逞しい演奏である。
とにかく瞬間瞬間のキレが尋常なレベルではなく、その踏み込みの深さと速さにおいて、比類ない反射を見せるオーケストラの技術が圧巻である。
これだけ感性で押し切った「幻想交響曲」はめったに聴けるものではない。
1楽章のクライマックス、そして4楽章の断頭台への行進シーンで思い切り縦線をくっきり打ち出して鳴らされるティンパニの鮮烈な効果は抜群だ。

名演だが20Bit化などのリマスタリングを望む 評価
録音プロデュースのテクニックからか、私の環境ではLPの方が音がよい。
これは、CD出だしの頃よく言われたことだが、不思議なことに、この盤に関しては、ある程度のオーディオ装置で聴いても、いまだにLPの方が音が良いのである。
マスターテープは何段階かに落とされるが、テープ録音の際には、アンプの影響を多分に受ける。
歴史的な名演なので、より良い音へ向け、リマスタリングが望まれる。
ジャズではかなり頻繁なリマスターが行われており、同じ盤でも焼き直しも激しい。
それだけ人気も要望も多いと云うことかもしれない。

シカゴ交響楽団
ベルリオーズ:ファウストの劫罰[Blu-ray Disc]

新品価格 ¥ 3,150 (定価の23%引き)

中古価格 ¥ 3,160 (定価の23%引き) 残り2個

発売元:Arthaus  発売日:2016-01-27
  

シカゴ交響楽団
ベルリオーズ : 幻想交響曲 | レリオ (または「生への回帰」) (Berlioz : Symphony Fantastique | Lelio / Riccardo Muti | Chicago Symphony Orchestra | Gerard Depardieu | Mario Zeffiri | Kyle Ketelsen | Chicago Symphony Chorus | Duain Wolfe) [2CD] [輸入盤] [日本語帯・解説・歌詞訳付]



中古価格 ¥ 2,470 残り2個

発売元:CSO RESOUND / King International  発売日:2016-01-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,166 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の22%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
“ドイツ・グラモフォン ザ・ベスト1200”VOL.2。
シカゴ響、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルを振り分けたクラウディオ・アバド第1回目のマーラー交響曲シリーズから1980年録音、シカゴ響との第5番を収録。
第5番は、トランペットの独奏による葬送行進曲のファンファーレが印象的な交響曲。
アバドはマーラー特有の起伏の激しいオーケストレーションを実に明晰に分析し、唯一無二ともいえる演奏を繰り広げていく。
マーラーの魅力を存分に堪能することが出来る一枚。
(C)RS

シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第1番

新品価格 ¥ 1,390 (定価の24%引き)

中古価格 ¥ 1,140 (定価の38%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-05-11
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やはり情熱的な感じがします 評価
アバドのこの曲を聞くのは初めてですが、自分の主観ですが、情熱的に表現している気がします。
BPOファンなので、満足して聞いています。

Product Description 
Japanese only SHM-CD pressing. Part of the Grammophon Best 100 Series. Universal. 2011.

メディア掲載レビューほか 
若々しい青春の息吹と濃厚なロマンティシズムが横溢するマーラーの第1交響曲は、憧憬や挫折など多感な感情が表現された作曲家の出発点となった記念すべき作品。
クラウディオ・アバドはこの交響曲を20世紀音楽の古典として捉え、全体の構造を緻密に分析したうえで歌謡性と前衛的な要素を絶妙のバランス感覚で再現した。
(C)RS

シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第1番「巨人」

新品価格 ¥ 903 (定価の26%引き)

中古価格 ¥ 1,080 (定価の12%引き) 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2010-10-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第8番《千人の交響曲》

新品価格 ¥ 1,157 (定価の29%引き)

中古価格 ¥ 648 (定価の60%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-10-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
これは素晴らしい!ショルティの屈指の名演と言って良いのではないかな。 評価
実はこの曲、バーンスタインのライブを見て盛り上がってるし凄い演奏だとは思ったが何が何だか解らない曲って感じだった…正直な所。
流石はショルティだなあ…と思う。
凄い曲の構造が解る、彼のマタイ受難曲を聴いた時と同じ爽やかな感動がある。
ことさらに盛り上げようとしない滋味溢れる美しい演奏…弱奏やソリストのアリアが際立ち素晴らしい…柔らかで慎ましやかな女性合唱も、抑え気味な男性合唱も、初々しい少年合唱も最高のバランスです。
エンディングの粛々とした歩みの聖なる響きには神々しさが宿っているかのようです。

マーラー・ファンなら楽しめる筈です 評価
オーケストラは、まあまあです。
歌手も、まあまあです。
全体としては、楽しめました。
マーラーにしては、一寸、物足りないのは、それほどドラマチックではないからでしょうか?

シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲全集



中古価格 ¥ 6,592 残り9個

発売元:ポリドール  発売日:2007-06-12
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
絶妙なサウンドさばき 評価
私がCSOに興味を持ったのはこの全集を購入したことに始まる。
ニューヨークやボストンとは違う、過剰なロマンチシズムに流れない、小気味よく、まあ鳴らすところはとことん鳴らすオーケストラスタイルはマーラーの交響曲によって成されたものと考えても過言ではないと思う。
この全集に収められている各曲はいずれも名演であり、コストパフォーマンスは非常に良いと思えるはず。

シカゴ交響楽団
ベルリオーズ:劇的物語「ファウストの劫罰」



中古価格 ¥ 1,911 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-02-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第2番「復活」

新品価格 ¥ 1,144 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 485 (定価の60%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-02-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
大機動部隊の総力攻撃のような大迫力・・・ 評価
ショルティ・シカゴ交響楽団の本領発揮と言うか・・・マーラーの交響曲の持つ軍隊的な集中力と破壊力を存分に発揮させた破壊的な名演奏。
 変な感傷や情緒にひたろうなんて言う、軟弱なロマンチストからは評価されない。
 それはまるで、最新ハイテク兵器で武装した大機動部隊の総力攻撃だ!!  オーケストラ音楽の持つ「破壊力」と「爆発力」を思う存分に発揮させた演奏にあなたは耐えられるか・・・  「軟弱さ」や「ひ弱さ」なんざクソ食らえと言える、強心臓の持ち主だけがこのオーケストラと指揮者の持つ破壊的かつ暴力的な攻撃力とその推進力を理解できるのだ・・・・  その意味で、この演奏は「マーラーの音楽はこうあるべきだ」という「先入観や固定観念」を持った人に対する「アンチテーゼ」でもあるのだ。

シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,061 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 100 (定価の91%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-02-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ド迫力の名演 評価
バーンスタイン、カラヤン、テンシュテット、インバルなどなど多くのマエストロが録音している5番ですが、このショルティ盤は素晴らしい。
他の録音より演奏時間が短く(速く)手軽に聴けるのは勿論、演奏面でも大満足の完成度。
冒頭のトランペットソロからラストのホルンの咆哮まで、金管メインで聴きたい方は必聴。
シカゴ響はやっぱ上手いなー。
ショルティとシカゴ響のベストタッグの本領が発揮された一枚であると思います。

戦線を力づくで突破する重戦車のような大迫力・・・! 評価
 ショルティ、シカゴ交響楽団の黄金時代の録音。
 最新鋭の大機動部隊が一糸乱れずに総力攻撃をかけるような大迫力です。
 冒頭のトランペットのファンファーレの突き刺さるような強烈な高音と迫力、終楽章での強烈な発展と爆発はショッキングなくらいです。
マーラー音楽の持つ、緻密で精密な美しさ・輝かしさと軍隊的な破壊力・爆発力が見事に両立した名演と思います。
 指揮者とオーケストラの持つハイテク兵器のような精密かつ強力な演奏力が楽曲の持つ破壊力や爆発力、前進力と見事にマッチしたユニークかつ独創的な演奏です。
 アメリカでこのアルバムはグラミー賞を受賞していますが、日本での評価が低い事は不思議です。

シカゴ交響楽団
ベルリオーズ:幻想交響曲第4楽章(断頭台への行進)



中古価格 ¥ 6,200 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-11-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
燃え集う15の"幻想"の饗宴 評価
5楽章からなるベルリオーズの代表作・幻想交響曲。
その中で最も劇的で華々しい異色を放つ4楽章は、行進曲的でドラマチックである。
その部分を15人の名指揮者の手による演奏で終結されたベスト・アルバムである。
並んでいる順は音楽レコード界の歴史とも言える。
やはり演奏者の個性がはっきり出る曲内容で、テンポ・楽器効果・強弱など様々な点で異なる演奏をしている。
しかしどの演奏が一番いいと決めることができず、あれもいい、これもいいという感想になってしまう程、完成度が高い構成となっている。
やはり根本の曲が大変素晴らしいので演奏者によって、こんなにも違いが出るのは当然であろう。

最高の1枚 評価
クラシックを初めて聞き始めた20年以上前、正にこのようなレコードがほしかった。
幻想の「断頭台への行進」を聞き比べるため、何枚でもレコードが買いたかった。
しかし、当時のLPは一月の小遣いをはるか超え、かなわぬ夢だった。
15曲聞いてみて、一番好きなのは最初のエドゥアルト・ヴァン・ベイヌム。
地の底から這い出るような力強さが好きだ。
次はエルネスト・アンセルメ。
軽快であり、かつ迫力十分。
これらは古い録音だが、決して不満を感じる気はしない。

シカゴ交響楽団
シカゴ交響楽団と歴史的巨匠たち-2 セル [DVD]



中古価格 ¥ 1,800 残り6個

発売元:日本コロムビア  発売日:2000-12-21
  

シカゴ交響楽団
ベルリオーズ:劇的物語「ファウストの刧罰」(全曲)



中古価格 ¥ 963 残り9個

発売元:ポリドール  発売日:1996-09-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ヤナーチェク、ドヴォルザーク

ショスタコーヴィチ、ベートーヴェン
シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第1番&第7番「レニングラード」

新品価格 ¥ 1,993 (定価の26%引き)

中古価格 ¥ 2,376 (定価の12%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-07-04
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:交響曲第7番&第8番

新品価格 ¥ 4,865

中古価格 ¥ 972

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-06-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
完璧な7番 評価
この録音は、私が大学生頃確か聴いたものです。
実はベートーベンは好きではない。
しかし7番シンフォニーに素晴らしい^_^ 当時、実は完璧なLP3枚に出会いました。
クルトザンデルリンクのブラームス3番。
ロストロポーヴィッチのアルペジオーネソナタ、そしてショルティのベートーベン7番です。
今だにこの3枚の録音は、私にとって完全無欠の超名盤です。
ショルティの7番、もう話題にならないのが歯がゆい。
完璧に、しかし熱く燃えあがる名演です。
どうにもならない程の名演です。
ぜひ聴いて下さい

メディア掲載レビューほか 
20世紀を代表する巨匠指揮者、ゲオルグ・ショルティの生誕100周年(2012年時)記念盤。
本作品は、高揚感と充実感で聴く者を圧倒するディオニソス的演奏の第7番、古典的かつ優雅な表現が印象的な第8番を収録。
どちらも、ショルティ&シカゴ響の本領を最大限に発揮した演奏が楽しめる作品。
(C)RS

シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:交響曲第4番&第5番「運命」

新品価格 ¥ 1,141 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 698 (定価の43%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-06-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
20世紀を代表する巨匠指揮者、ゲオルグ・ショルティの生誕100周年(2012年時)記念盤。
本作品は、ショルティ2度目のベートーヴェン交響曲全集から、オリジナルの曲順での再発売。
第4番のアポロ的ともいえる表現や第5番におけるドラマティックな解釈が、このコンビの黄金時代を明確に示す作品。
(C)RS

シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:交響曲第7番(SACDハイブリッド)

新品価格 ¥ 2,916 (定価の9%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2016-12-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第4番

新品価格 ¥ 1,361 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 980 (定価の35%引き) 残り6個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2016-04-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,361 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 897 (定価の40%引き) 残り6個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2016-04-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 698 (定価の43%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 378 (定価の69%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
優秀録音で、曲の終わりの最速フィナーレを聴け! 評価
 内声(特に2nd Vn)まで良く聴こえるオケの凄さ。
 コントラバスを中心とした鳴り響く重低音をベースに、強烈なティンパニ・ホルンを含めアナログとは思えない録音の良さ(でも、LPはもっと迫力のある音だったような・・)。
 そして、最後のテンポの速さを完璧に弾き切ったのは、これだけではないか・・これだけでも聴く価値がある素晴らしさだ。
 ゆったりと歌う第三楽章も広がりのある、しかし重量感のある音色で再現され、スケルッツォも力感に満ちあふれている。
中味がないなどど、ショルティ/シカゴ響を敬遠していないだろうか。
 こじんまりときれいにまとまった再録音より,こちらの方が勢いがあり,スコアを,忠実に,丁寧に再現しようというショルティの意図が伝わってくるので、より魅力的だ。

シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第1番&6番



中古価格 ¥ 966 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2015-11-09
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
幸せな融合 評価
ショスタコーヴィチの交響曲第6番は、余りかえりみられることがありません。
マーラー的で若きショスタコーヴィチの集大成的な4番、明快ですでにポピュラーな5番、巨大で演奏効果に優れている7番、ショスタコーヴィチらしさが全開となった大編成の8番などと比較すると、やはり一段小さくて、余り耳にする機会がなく、おまけに一般的な楽章構成を無視したような展開(楽章が上がるに従って速度が上がる)は人をして「不可解な作品」として敬して遠ざけさせるに充分の特徴だといえます。
しかし、粛清の嵐吹き荒れる1937年に、当局のゴキゲンをとるべく作成した第5番で、いわゆる「ガス抜き」を行ったショスタコーヴィチ、自分のフラストレーションを内的に、シニカルに爆発させた当第6番は、ショスタコーヴィチを知る上においても必携、必聴の作品だといえます。

シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」、ピアノ・ソナタ第31番

新品価格 ¥ 1,216 (定価の24%引き)

中古価格 ¥ 954 (定価の41%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-27
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
4大ピアノ協奏曲集

新品価格 ¥ 980 (定価の59%引き)

中古価格 ¥ 979 (定価の59%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-05-14
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

新品価格 ¥ 1,944 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,380 (定価の36%引き) 残り3個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2007-08-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
同曲解釈の総決算的名演 評価
ブルックナーやマーラーの名盤は1980年代以降にも盛んに現れたが、ベートーヴェンやシューマンの名演&名解釈は、1960年代には既に出尽くしていたのではなかろうか?このディスクはそんなことを思わせる名盤であり、同曲名演奏の総決算的意味合いがあるように思う。
昨今名盤とされる同曲の演奏も、結局はマスコミが作り上げたものであり、ジックリ聴くと、この時代の解釈以上に新鮮なものではなく、あるいはこの時代の解釈の「切り売り+いい処取り」に感じられるからだ。
また個人的には、ジャケットのデザイン(クライバーンの髪型!(笑))が時代を感じさせるのも魅力の一つ。

シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス



中古価格 ¥ 3,209 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-02-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
意外にいい 評価
ショルティのベートーヴェン交響曲などは精神的な深みに欠けるとか、無機的だとかあまり評価は良くないらしいのだが、このミサ・ソレムニスはショルティ指揮のベートーヴェンの中で唯一いけると思う。
名盤クレンペラーではどうもオーケストラが下手っぽく聴こえて、その点でこのシカゴ交響楽団は完璧。
ショルティらしく弦のアンサンブルや鳴らすべき所の金管・ティンパニの強奏は最高だが、不思議といつもの無機的な感じがしない。

シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第7番&第9番

新品価格 ¥ 2,024 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 1,500 (定価の39%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-11-16
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ響の本領 評価
バーンスタインのショスタコーヴィチはなによりもまず、ドラマチックです。
第1楽章からすでにその片鱗が見え隠れしています。
展開部はシカゴ響の金管群の大音量かつ割れていない素晴らしい音色に脱帽。
ダイナミクスレンジも多彩でとても良い。
第4楽章の同音連打、フィナーレへ向かうドラマツルギーは格別、昇天してしまいそう。
只、第2、第3楽章は若干テンポがゆったりめで、個人的には少し物足りなさが残ります。
(アッチェレの具合は超個人的にゲルギエフの演奏が好み) 買って損はありません。

シカゴ響との録音をもう少し聴きたかった 評価
ショルティによる指揮より緻密で分厚い音壁を形成している 「レニングラード交響曲」です。
元々、1番と7番「レングラード」の組み合わせで出ていたCDを、 ウィーンフィルとの6・9番のものと組み換えで再販されたものです。
私は旧のほうを持ってます。
1番は一部ライヴによるシカゴも筆の誤り的な演奏ミスがあるので この組み合わせに組み替えたのだと思います。
レニングラードの完璧さは、まさに音の壁が迫ってくる演奏で、 もちろん静と動の部分もバーンスタイン節が炸裂しています。
それにしても、金管楽器の咆哮はすごいですね。
晩年のバーンスタインはチャイコフスキー5・6番にあるように、

シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:作品集

新品価格 ¥ 4,600

中古価格 ¥ 4,414 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-01-30
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ハチャトゥリアン : 交響曲第3番&ショスタコーヴィチ / 交響曲第6番



中古価格 ¥ 1,600 残り6個

発売元:BMGメディアジャパン  発売日:1998-12-16
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
まずは・・・ 評価
1968年の録音にもかかわらず、さすがシカゴ響ってのが第一印象!しかし、選曲がショスタコーヴィチとハチャトゥリアンの作品だけに独特な感じがしますね。
まぁ、当時のソビエトの社会背景を考えると、暗黒の時代(スターリン支配)に弾圧された作曲家だけに、これらの曲に込めた彼らの思いは特別なのでしょうが・・・。
私のお勧めは、ハチャトゥリアンの交響曲第3番「シンフォニーポエム」です。
輸入版を除いて、国内で発売されてるシンフォニーポエムのCDは、ストコフスキーのこの一枚だけに思います。
吹奏楽で聞くのと違い、元曲は、全体的に暗く重い雰囲気はしますが、金管群とオルガンが駆使され、巨大な音の塊が様々に鳴り響くのが、この曲の魅力ですね。

シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第13番「バビ・ヤール」



中古価格 ¥ 943 残り6個

発売元:ポリドール  発売日:1995-06-01
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番ニ短調



中古価格 ¥ 544 残り9個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1990-06-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴの金管ここにあり! 評価
巷では、同時代に出たバーンスタイン/ニューヨークフィルのものが良いとの意見が多いですが、この演奏はスゴイ。
金管が素晴らしい。
もう、新たにプリントされることはないのかもしれませんが、私にとってこの曲=CSOです。
ここから私が買ったわけではない(つまり以前から所有している一枚な)のですが、CSOの金管が好きな方であれば、損はしないと思います。
ご参考まで。



バルトーク、ストラヴィンスキー
シカゴ交響楽団
バルトーク & コダーイ : 管弦楽のための協奏曲 / ヤクブ・フルシャ | ベルリン放送交響楽団 (Bartok & Kodaly: Concertos for Orchestra / Jakub Hrusa & Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin) [SACD Hybrid] [Import] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 3,240



発売元:Pentatone / King International  発売日:2019-04-11
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ファンタジア2000

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 4,048 残り1個

発売元:ウォルト・ディズニー・レコード  発売日:2019-02-13
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」/ストラヴィンスキー:バレエ「春の祭典」

新品価格 ¥ 1,083 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 790 (定価の39%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-12-19
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
バルトーク:管弦楽のための協奏曲、弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽

新品価格 ¥ 1,545

中古価格 ¥ 1,180 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-01-24
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:バレエ「ペトルーシュカ」組曲、バレエ「火の鳥」組曲(UHQCD)

新品価格 ¥ 1,555 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,200 (定価の30%引き) 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2017-04-19
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
バルトーク:管弦楽のための協奏曲&弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽

新品価格 ¥ 1,750 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 886 (定価の54%引き)

発売元:SMJ  発売日:2012-12-05
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
白熱の「弦チェレ」 評価
ライナーの「弦楽・打楽器とチェレスタのための音楽」(略して「弦チェレ」)はLP時代からの愛聴盤です。
1936年、第2次大戦前夜に作曲された同曲は20世紀の管弦楽作品の中でも極めつけの傑作といえるのではないでしょうか。
私はその時代背景から勝手に第1楽章「予兆と不安」第2楽章「カタストロフ」第3楽章「廃墟」終楽章「復興」というイメージで聴いています。
ライナーの一切の粉飾を排したシャープで気迫と共感に満ちた音楽作り、それに応えるシカゴ響の白熱の演奏によってとてつもない名演に仕上がっています。
その手応えはまさに圧倒的。
本当に音楽が結晶化しているという感じです。

シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」&「春の祭典」

新品価格 ¥ 1,232

中古価格 ¥ 980 (定価の20%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-10-17
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲、ハ調の交響曲、詩篇交響曲

新品価格 ¥ 870 (定価の29%引き)

中古価格 ¥ 769 (定価の37%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-10-17
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:春の祭典/ドビュッシー:海/ブーレーズ:ノタシオン第7番

新品価格 ¥ 1,080

中古価格 ¥ 698 残り8個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-07-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
チャイコフスキー:交響曲第6番



中古価格 ¥ 1,080 (定価の16%引き) 残り2個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2006-05-24
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
意外と良い。 評価
全体に力感・迫力満点。
レヴァイン、チャイコフスキーと言うとピンとこない人もいると思うが以外と良い演奏。
第一楽章の展開部など素晴らしい、、録音も優秀。

シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:バレエ「ペトルーシュカ」



中古価格 ¥ 1,450 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2006-01-13
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
「世界最高のオーケストラ」が繰り広げる爽快無比なストラヴィンスキー 評価
クラシック音楽フアンの間には、それなりにいろいろと楽しい論争があるけれど、中の命題の一つに「世界最高のオーケストラはシカゴ交響楽団である」論があると思う。
もちろんそれはフアンの間の遊び心で発展した論争であるが、しかしこの命題は、いくつかの録音を聴くと「なるほど」と思わせるものである。
特にこのショルテイが晩年に録音した2曲のストラヴィンスキーを聴くと、むしろそれに反論するのが難しいくらい。
オーケストラの機能は完全を極めているし、各個の楽器奏者の技術が極めて高度で安定している。
しかも楽器間のバランスが絶妙で、様々な合奏音を明瞭な角度で照らし出し、完璧な表現型として具象化させてしまう。

シカゴ交響楽団
バルトーク:ピアノ協奏曲第1番&第2番&第3番

新品価格 ¥ 2,800

中古価格 ¥ 455

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-02-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バルトークな70分 評価
彼はティンパニとバスドラム(大太鼓)がとっても好きなんだなってわかる、とてもとてもバルトークな曲ですね。
1番も2番もすごいんだなあ(ごめんなさい、分析的な言い方はするつもりはないので)。
1番のシカゴ、2番のベルリン、いやあとってもすごい。
3番は異質だし、おまけと思った方がいい。
しかし、圧巻なのは2番の3楽章。
曲自体も演奏もバーバリアンな作りで、まるでアルカポネが行進しているよう。
それにしても、ベルリンのものすごいアンサンブル、集中力に脱帽。
奏者一人一人が独立したソリストとしての自覚と才覚がないとこんな音は生まれない。

豪華ピアニストの競演 評価
バルトークの残した3曲のピアノ協奏曲を、それぞれ現在最もベストと思われるピアニストで録音してしまった豪華盤です。
デビュー時からDG専属のツィメルマンと、DGに移籍したばかりで売り出し中のグリモーはともかく、アンスネスはEMIのピアニストであり、わざわざこの企画のために引っ張り出してきたからには何かあると思わざるを得ません。
そして、演奏内容はそれを裏付けるものになっています。
第1番はピアノを打楽器として使用した画期的な作品です。
ツィメルマンは彼らしい精緻なピアニズムで弾いていますが、全体として抑え気味のトーンになっているため少々不満が残ります。

Amazonレビューのレビュー
   生誕80年を迎えたクラシック音楽界の知の中心人物、ピエール・ブーレーズがこのたび世に問うバルトークのピアノ協奏曲全集は、第1番がツィマーマンとシカゴ響、第2番がアンスネスとベルリン・フィル、第3番がグリモーとロンドン響――ピアニストとオーケストラをすべて変えてレコーディングするという豪華な企画となった。
   第1番は、ピアノの打楽器的な用法が斬新な、めくるめくリズムの饗宴。
ツィマーマンが冒頭の低音開始からゾクゾクするような緊迫感を放ち、シカゴ響の強靭な安定感とともに、聴き手を強烈な磁力で一気に引きずりこんでいく。
ツィマーマンならではの骨太で深い打鍵がたまらない。

シカゴ交響楽団
バルトーク:ピアノ協奏曲第1番・第2番(紙ジャケット仕様)



中古価格 ¥ 1,180 (定価の42%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2004-03-24
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
バルトーク:管弦楽のための協奏曲

新品価格 ¥ 1,600 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-06-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
青春の小澤征爾

新品価格 ¥ 1,944 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 500 (定価の76%引き) 残り7個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2002-11-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
若い才能に嫉妬してはいけない 評価
世界の小沢の若々しい才能に溢れた演奏を聴くことのできる貴重なアルバムです。
どうして小澤征爾が世界で通用したのかがはっきりとわかる。
世界の指揮者ですから、嫉妬する人も多いのでしょうね。
たとえどんなに貶しても小澤征爾の才能に傷をつけることはできませんね。

シカゴ交響楽団
バルトーク:ディヴェルティメント



中古価格 ¥ 4,049 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
スケールの大きなバルトークの風景画 評価
ピエール・ブーレーズのバルトーク作品集。
1992年にシカゴ交響楽団を指揮して収録されたこのディスクは「舞踏組曲」を筆頭に、「2つの映像」「ハンガリーの風景」「ディヴェルティメント」等、管弦楽で綴られた風景画のような作品が収められている。
ハンガリーの民謡を素材に描くこうしたエスキス風の小品もバルトークの得意としたところであるが、ここで収められた作品は初期のものから、後期の入口までに渡っており、ブーレーズが描き分ける色彩の変化もまた聴き所といえよう。
……「舞踏組曲」は無声映画の伴奏音楽を思わせるようなニューヨーク・フィルとの旧録音とは一転してダイナミックの広い激しい曲作りとなっている。

いい曲なのに 何度聞いても不満が残る演奏 評価
ディベルティメントはバルトークの中で一番好きな曲なのにディスクが少なくて選べないのが本当に残念です。
当たり障りのない平板な演奏です。
もっと鋭く突っ込んでほしいところだらけです。

シカゴ交響楽団
シカゴ交響楽団/ピエール・ブーレーズ [DVD]



中古価格 ¥ 1,319

発売元:TDKコア  発売日:2001-10-30
  

シカゴ交響楽団
バルトーク : ピアノ協奏曲 第1番



中古価格 ¥ 1,649 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2001-02-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
激しい 評価
バルトークのピアノ協奏曲はそれほど美しいものではありません。
モーツァルトやベートーヴェンとはまったく違う、現代音楽的なピアノ協奏曲です。
特に一番はパワフルで激しく荒々しい曲です。
強靭な打鍵と完璧なテクニックで知られるポリーニにはまさにふさわしい曲だと思います。
シカゴ響もらしいというかたっぷり鳴らした演奏で、お薦めできるCDです。
バルトークのピアノ協奏曲には3番もありますが、これはバルトークが奥さんのために書いた女性的な曲ですので、また趣向が違うので録音しなかったのかもしれません。
その辺も意識したCDがブーレーズ指揮のものでありますので、気になったら聞いてみるといいかも。

シカゴ交響楽団
バルトーク:VN協奏曲第2番

新品価格 ¥ 10,330

中古価格 ¥ 798 (定価の74%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1999-05-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
バルトーク: カンタータ・プロファーナ / バレエ「かかし王子」



中古価格 ¥ 1,000

発売元:ポリドール  発売日:1993-02-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ブラームス、惑星
シカゴ交響楽団
ワルター 不滅のライヴ (Bruno Walter ~ Eternal Live Performances / Dvorak | Beethoven | Mahler | Chopin | Goldmark | Brahms | Ravel | Mozart) [6CD] [Live Recording] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 5,619 (定価の30%引き)

中古価格 ¥ 4,104 (定価の49%引き) 残り6個

発売元:KING INTERNATIONAL  発売日:2018-03-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ブラームス:交響曲第4番

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 772 (定価の37%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ブラームス : ヴァイオリン協奏曲 | ブルッフ : スコットランド幻想曲 (Brahms : Violin Concerto | Bruch : Scottish Fantasy /Jascha Heifetz | Fritz Reiner & Chicago Symphony Orchestra | Sir Malcolm Sargent & New Symphony Orchestra of London)

新品価格 ¥ 1,385 (定価の53%引き)



発売元:GRAND SLAM  発売日:2015-10-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ブラームス : 交響曲第3番第4番 / ドイツ・レクイエム バレンボイム CSO 他



中古価格 ¥ 1,480 (定価の51%引き) 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2015-09-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ブラームス~シェーンベルク:ピアノ四重奏曲第1番、バッハ:前奏曲とフーガ「聖アン」他

新品価格 ¥ 1,093 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 3,809 残り2個

発売元:SMJ  発売日:2013-09-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ブラームス:交響曲第4番

新品価格 ¥ 1,370

中古価格 ¥ 599 (定価の41%引き)

発売元:ユニバーサルミュージック  発売日:2013-01-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ホルスト:惑星

新品価格 ¥ 2,400

中古価格 ¥ 679 (定価の63%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-05-11
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
金管セクションは圧巻! 評価
ご存じ、シカゴの金管セクションを代表する録音といえるのではないでしょうか。
とくにハーセスを中心としたトランペットセクションは、圧倒的なパワーと存在感で全体を支配しています。
もちろん、弦楽器のアンサンブルも一糸乱れることのない素晴らしいものになっています。
レヴァインの明るく明瞭な解釈も好感が持てます。

シカゴ交響楽団
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲

新品価格 ¥ 876 (定価の29%引き)

中古価格 ¥ 698 (定価の43%引き) 残り7個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2010-10-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ブラームス:交響曲全集



中古価格 ¥ 906 (定価の58%引き) 残り6個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2006-05-24
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ブラームス&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

新品価格 ¥ 1,648 (定価の23%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の53%引き)

発売元:BMG JAPAN  発売日:2005-10-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
米国直送の方が 評価
曲だけを楽しむなら、全く同じ物が米国版で1000円以下で在るので、そちらを買った方がお得です。
録音に違いがあるなら別ですが。
大抵は検索時に、violin concertなど英語表記にすれば見つかると思います。

音がいいのに驚き! 評価
1955年、57年と古い録音にもかかわらず音が綺麗です。
ハイブリット化ってすばらしい技術だな〜と改めて感じました。
ヴァイオリンの音はクリアだし、 オケの伴奏も鳥肌もの。
演奏については私はハイフェッツ馬鹿なので文句のつけようがありません! 何を弾いてもハイフェッツはハイフェッツなんですね。
澄んだ湖のように透明でピンと張り詰 めていて、その音は甘すぎないのに聴いているとゾクゾクしてきます。
そういうわけでこのCDはハイフェッツを知らない人でも一聴の価値ありです。
ヴァイオリンっ てこんなに綺麗な音を出す楽器なんだと驚くことうけあいですよ!!

シカゴ交響楽団
ブラームス:ドイツ・レクイエム

新品価格 ¥ 999 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2004-01-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
指揮者バレンボイムの情熱 評価
私が指揮者としてのバレンボイムに親しむ様になったのは、モーツァルトのレクイエムやシューベルトのザ・グレートなどのCDが発売された頃からです。
それまでは、ピアニストとしてのバレンボイムとして親しんでいました。
ピアニストとしてのバレンボイムは、ショパンのノクターン全曲盤などを聴くと、割合中庸で、あまり個性的ではありません。
ところが、指揮者としてのバレンボイムには、メリハリが強く、非常に情熱的であると感じます。
反面、オーケストラの音造りに、緻密さに欠ける面も感じました。
本「ドイツ・レクイエム」は、オーケストラも合唱もソリストも、細緻かつ情熱的です。

シカゴ響の《ドイツ・レクイエム》としては決定盤か。 評価
個人的にはショルティ盤が好きだが、このディスクを聴くとオーケストラも合唱もシカゴ響の全盛期を感じさせられ圧巻である…の割りに最終曲がアッサリしてて「え…もう終わっちゃうの?」と淋しくなります。
第六曲はカトリック典礼のテキストによる「ディエズ・イレ(怒りの日)」ではなく…使徒パウロの手紙をテキストに用いている。
これと全く同じ箇所をバス歌手が力強く歌い上げるのがヘンデル《メサイア》の第三部の「トランペットが鳴り響けば…私たちは変えられる」です。
つまり、この曲は「怒りの日」への恐れではなく、キリストの再臨と私たちの復活を歌ってるんだね…確信というか、喜びであり、やはりショルティやカラヤンの解釈が正しいと思います。

シカゴ交響楽団
お金がいっぱい



中古価格 ¥ 1 残り9個

発売元:ポリドール  発売日:1998-12-27
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
レッド RED/落ち込みに打ち勝ちたいときに

新品価格 ¥ 6,800

中古価格 ¥ 240 (定価の88%引き) 残り8個

発売元:ポリドール  発売日:1998-09-02
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ホルスト:惑星

新品価格 ¥ 3,800

中古価格 ¥ 332 (定価の82%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1997-09-05
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
さすがシカゴ響とレヴァイン・コンビ! 評価
世界中が期待していたシカゴ響の惑星。
しかも指揮はレヴァインである。
このオケと惑星の相性はぴったりらしく、レヴァインの指揮にも完璧についていっている。
特に金管楽器は凄いの一言。
木星で聞かせるホルン軍団は凄すぎる。
レヴァインもまとめ方が上手い。
火星は爆演もいいところ。
土星は案外鳴りすぎるかと思いきや、やや抑え目な雰囲気。
天王星はぶっちぎり。
ラストは金管は姿を消し、やさしげな木管楽器を聞くことが出来る。
今まで出ているアメリカオケの中では一番であろう。
落ち着き感は得られないけど・・・。

豪華絢爛 評価
シカゴ響とレヴァイン。
想像したとおりの明るく開放的な演奏だ。
だが、かなり派手なので、聴く人の趣味により評価が分かれるだろう。
おとなしいサウンドが好きな人や、金管のどぎつい強奏が嫌いな人は買わない方がよい。
なお、火星の中間部分でトランペットが拍を取り違えている。
良い演奏だけに、このような凡ミスが悔やまれる。

シカゴ交響楽団
リッチー・ブラックモア・エディションVol.1~ハード・ロック・ミーツ・クラシック

新品価格 ¥ 1,980 (定価の5%引き)

中古価格 ¥ 561 (定価の73%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1997-05-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
プログレ・クラシック(1)エマーソン,レイク&パーマー編



中古価格 ¥ 1,280 残り1個

発売元:ポリドール  発売日:1997-01-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
惑星*組曲



中古価格 ¥ 575 残り5個

発売元:ポリドール  発売日:1995-09-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
エルガー:行進曲「威風堂々」

新品価格 ¥ 1,692 (定価の19%引き)

中古価格 ¥ 605 (定価の71%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1995-04-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
大英帝国の底力 優秀録音 評価
威風堂々、素晴らしい演奏と録音です。
オーディオ機器には難度の高い、低音から高音まで音数が多く、 ダイナミックレンジも広い曲なので、オーディオ機器チェック用にも いいかと思います。
1970年代の録音とは全く信じられません。
スピーカの後ろに非常に広い音場が広がり、壮観です。

ショルティらしさ全開!元気の出る演奏 評価
 ロンドン・フィルとの「威風堂々」と「コケイン」は、ショルティの卓越した指揮の手腕を感じさせます。
ロンドン・フィルは「ロンドン・ビッグ5」でも、ロンドン交響楽団やフィルハーモニア管弦楽団と比べて一段下に見られがちですが、この演奏はそんなことを微塵も感じさせない、パワフルで色彩豊かな、魅力的なサウンドを聴かせます。
特にブラスセクションの鳴りっぷりは見事。
「全力投球」の名演奏です。
数ある威風堂々の演奏でも、一番元気が出る演奏はこれではないでしょうか。
 シカゴ交響楽団との「エニグマ変奏曲」はショルティ&シカゴ交響楽団の名コンビの面目躍如。

シカゴ交響楽団
惑星*組曲



中古価格 ¥ 545 残り5個

発売元:ポリドール  発売日:1992-11-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
惑星*組曲



中古価格 ¥ 519

発売元:ポリドール  発売日:1991-01-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ラフマニノフ、サン=サーンス
シカゴ交響楽団
サン=サーンス:交響曲第3番(オルガン付)他

新品価格 ¥ 1,492 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 1,180 (定価の35%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-09-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
サン=サーンス:交響曲第3番《オルガン》、他

新品価格 ¥ 877 (定価の46%引き)

中古価格 ¥ 389 (定価の76%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
チャイコフスキー ラフマニノフ ヘルベルト・フォン・カラヤン PCD-431

新品価格 ¥ 466



発売元:キープ株式会社  発売日:2015-07-24
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン」、死の舞踏、バッカナール、他

新品価格 ¥ 1,009 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 896 (定価の27%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
オルガンの圧倒的な響き 評価
この曲が好きで多くのディスクを聴いています。
迫力あるオルガンを期待すると失望することがほとんどですが、このバレンボイム盤は違います。
オルガンと金管の横綱級のせめぎ合いを存分に楽しめます。
オルガンとオケが別録音で録音も新しくないですが、音質はいいと思います。
シカゴ響の金管のすばらしさ(ガンガン鳴ります)と相俟って、フィナーレはミュンシュ・パリ管のブラームス交響曲第一番を連想させるように圧倒的で感動的です。
お勧めしたい一枚です。

シカゴ交響楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/リスト:ピアノ協奏曲第1番 [xrcd]



中古価格 ¥ 5,448 残り2個

発売元:日本ビクター  発売日:2011-05-27
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番&ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」



中古価格 ¥ 1,080 (定価の42%引き) 残り6個

発売元:BMG JAPAN Inc.  発売日:2009-09-30
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
第1楽章の伸びと第3楽章のリズムの取り方がよい 評価
実はFMで15年以上も前に放送されたのを母が気に入って、カセットテープにダビングしたものが沢山転がっています。
たまたまベートーヴェンという理由で私が録音していたんですが今は母が聴いています。
第1楽章のオーケストラの始まりが凄く良いです。
充分な音量と伸ばしでピアノが入ってきます。
そのピアノの独奏のあとのオーケストラの「パーン、パララッラ・リンランランラン」というリズム感も言いです。
とても切れ味があります。
第2楽章はどこか懐かしさを漂わせる哀愁を帯びた演奏です。
心が落ち着きます。
そのまま第3楽章へと入っていきますが、この入り方も非常に上手いです。

シカゴ交響楽団
サン=サーンス: 交響曲第3番/動物の謝肉祭、他

新品価格 ¥ 1,390 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 534 (定価の65%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-03-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
最高に気に入りました 評価
クラシックファンです。
生演奏会も年に何回か足を運びます。
最近は、作家の時代が新らし目の作品を耳障りよく思います。
(リズムや調に変化があって、楽しめる感じ) このCDは出勤の車でずっと聴いています。

聞きやすいクラシック 評価
もともと私はそこまでクラシックが好きなわけではなく、 バッカナールしか知らずに買ったのですが、本当に買って正解のCDでした。
二枚組でこの内容は安いと思います☆ 特に交響曲第3番は豪華でメロディアスで、聞いていて素直にかっこいいと思いました。
このCDでサンサーンスの曲の特徴も少しわかりましたよ。

決定盤?!・・・いや・・ 評価
 本CDは素晴らしい。
名演揃いでしかも廉価。
本シリーズの他のCDも追々購入したいと思います。
 特に良いと思うのは「動物の謝肉祭」ですね。
聴いていると情景が目に浮かび、思わず笑みがこぼれてしまします。
他の追随を赦さない名演かと。
これだけの豪華メンバーが揃えば、ま、当然とも言えるのかも知れませんが。
 別の投稿者が書いておられるように、管弦楽版も収録すべきだったんでしょう。
しかしボク的には、この室内楽版を聴けば、演奏が大変素晴らしいだけに、十分この曲の真髄を堪能できると思い、管弦楽版をあえて収録しなくても良いのかとも思います。

シカゴ交響楽団
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

新品価格 ¥ 12,000

中古価格 ¥ 1,860 残り4個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2004-12-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
31年前に初めて買ってもらったLP 
レコードプレイヤーが動かなくなって10年。
このクライバーンのレコードを聞くことができず、どうしたらよいかと考えていたところこのCDをみつけました。
クライバーンのチャイコフスキーとラフマニノフを100回以上聞いてきた私には、他の演奏家のCDでの同曲を聴いても、違う!って感じでちょっと不満でした。
私にはクライバーンのピアノしかありません。

シカゴ交響楽団
ラロ:チェロ協奏曲



中古価格 ¥ 621

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2004-12-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ライナー・サウンド~超絶のヴィルトゥオーゾ・オーケストラ

新品価格 ¥ 3,800

中古価格 ¥ 1,429 (定価の18%引き) 残り7個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2002-10-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
禁欲的な演奏がこんなに盛りだくさん 評価
奇妙な組み合わせのディスクである。
ラヴェルの管弦楽曲が2曲。
ジャニスを独奏に迎えたリストの「死の舞踏」。
得意なリヒャルト・シュトラウス「ドン・ファン」の最初期の録音と、ラフマニノフの「死の島」である。
録音も演奏もばらつきがあり、曲集としても一貫性がない。
あるいは「あぶれ曲集」といったものかもしれない。
……ラヴェルの「スペイン狂詩曲」は復刻しても録音が良くない。
「亡き王女のためのパヴァーヌ」は音が良い。
しかし色彩感のない実直な演奏である。
リストの「死の舞踏」は音が良くオーケストラ部分の迫力はなかなかのものである。

シカゴ交響楽団
ラフマニノフ : ピアノ協奏曲第2番&パガニーニ狂詩曲



中古価格 ¥ 463 残り8個

発売元:BMGインターナショナル  発売日:2000-10-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ライナーとの完璧な競演 評価
フリッツ・ライナー率いるシカゴ交響楽団との共演。
引き締まったライナーのオケにルービンシュタインが柔らかく叙情的に挑む。
長年のベストセラーとなったのもうなずけるすばらしい演奏である。
1956年の録音とは思えない鮮明なリヴィング・ステレオの録音にも驚かされる。

豪快・流麗・闊達なラフマニノフ 評価
厳しい音の管弦楽と、自由闊達なピアノのソロの競演する息もつかせぬラフマニノフ。
1950年代のアメリカの香りがする。
録音も明晰でかなり良いが1956年という年代の古さからか、唐突にモノラルになってしまう瞬間もあり、ヘッドフォンなどで聴いていると気になるところか。
しかしそれを差し引いても、かなり楽しめる名盤。
カップリングされた「前奏曲」はモノラル録音。

シカゴ交響楽団
コンチェルト・コレクション

新品価格 ¥ 8,000

中古価格 ¥ 2,135 (定価の65%引き)

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2000-06-07
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ジャックリーヌを聴く。 評価
この4枚のCDにはジャックリーヌらしさを感じさせるコンチェルト集が含まれている。
彼女の演奏がどのような性格を持つのかを教えてくれるだろう。
あの彼女の名演奏エルガーのチェロ協奏曲ももちろん収録されている。
その他にもドヴォルザークやサン=サーンスのチェロ協奏曲にも彼女独特の感性と個性と才能が光る。
才能豊かな世界的チェロ演奏のなかにも非常に身近な人間らしさも漂わせている。

ソリスト・・デュ プレの記録・・だけど。 評価
あまりに短い演奏生活の中でデュ プレがソリストとして残した貴重な記録がこの4枚組みのCDの中には、入っている。
ハイドンから有名なエルガーのチェロ協奏曲まで。
このセットは、本当にお得なものだと思う。
また曲の解説などのブックレットの中にも彼女の写真が色々入っていてファンとしては、そこも気にいってる所です。
<p>でも・・唯一ラロのチェロ協奏曲が収録されていません。
同じく未発表音源だったR.シュトラウスの交響詩”ドン・キーホーテ”がこのセットには、収録されているのに。
そこが不満を持つところですね。
ドン・キーホーテとのカップリングでリリースされたものがあるからなんでしょうか・・それなので・・マイナス1点。

シカゴ交響楽団
サン=サーンス:交響曲第3番



中古価格 ¥ 1,045 残り9個

発売元:ポリドール  発売日:1999-02-01
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
皇帝/4大ピアノ協奏曲



中古価格 ¥ 6,725 残り2個

発売元:キングレコード  発売日:1998-06-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
チャイコフスキー : ピアノ協奏曲第1番



中古価格 ¥ 500 残り7個

発売元:BMGビクター  発売日:1996-03-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
サン=サーンス:交響曲第3番



中古価格 ¥ 2,074 残り4個

発売元:ポリドール  発売日:1995-02-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
白鳥/ベスト・オブ・ジャクリー



中古価格 ¥ 137

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1995-01-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ

新品価格 ¥ 1,500 (定価の34%引き)

中古価格 ¥ 307 (定価の86%引き) 残り9個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1994-02-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
情熱的名演!! 評価
素晴しい演奏である。
愚演で聴くと曲の弱さが露呈して、滑稽なものとなってしまいがちな作品であるが、この盤は素晴しい。
テンポの速い部分はたたみかけ、遅い部分は悠然と歌い上げる。
緊迫感と寛ぎが絶妙のバランスで、全曲を一気に聴かせてくれる。
この熱気をやりすぎと評する方もあるようだが、これで過剰ならば演奏というものに何を望むのであろうか?デュプレに比べれば、世評高いR氏+帝王の演奏はサウンドの迫力こそあれ、鈍重に聴こえる

シカゴ交響楽団
ラフマニノフ:P協奏曲第2番



中古価格 ¥ 25,980 残り2個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1991-03-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
純音楽的隠れた名盤 評価
ラフマニノフの演奏にロシア的メランコリーを求めるリスナーには、ちょっと物足らない演奏かもしれない。
しかし純音楽として、紛れもなくこの演奏は超一級のディスクだと思う。
リカドというピアニストは、このCD以外ではショパンのピアノ協奏曲第2番しか聴いていないので 彼女の個性と言うものは僕にはよくわかっていないのだが、このCDで聴けるラフマニノフは、「アバド」と「シカゴso」の個性で彩られたものであると言える。
健康的にビシッと締まっていて、文学的要素?や、あるいは曲の背後に垣間見えるであろう民族臭などを無視したとしても、これらの曲の魅力は少しも後退しないということを証明したような演奏だ。

廃盤にはなっているが一級の演奏です 評価
アバド指揮シカゴ交響楽団の名サポートによる、セシル・リカドのデビューアルバムだったと思います。
演奏は後のジルベルシュテインとのCDには少し劣りますが女性ピアノストならではのリリシスムを湛えた名演です。
ピアノ協奏曲2番も良いですが、パガニーニの主題による狂詩曲が特に良いと思います。

シカゴ交響楽団
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番



中古価格 ¥ 290

発売元:BMGビクター  発売日:1990-03-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION