シカゴ交響楽団 のCDを紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。ベストアルバム、グレーテストヒッツ、ライブ版、名曲集を紹介します。  

シカゴ交響楽団,の名曲,ベストCD,DVDの試聴,視聴,紹介,評判,レビュー,安売り価格,値段,中古価格


カルミナ・ブラーナ、シュトラウス
シカゴ交響楽団
オルフ:カルミナ・ブラーナ

新品価格 ¥ 1,150 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 670 (定価の48%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
“ドイツ・グラモフォン ザ・ベスト1200”VOL.2。
ヴァイタリティ溢れるリズムと明快さを特徴とする作風で知られるオルフの出世作≪カルミナ・ブラーナ≫は、バイエルン地方ボイレンの修道院に伝わる中世の世俗的な歌集の詩を用いた世俗カンタータ。
ジェイムズ・レヴァインの指揮はオーケストラとコーラスを完全に掌握して作品の持つエネルギーを見事に噴出させ、中世に生きた人々の生活や感情を雄大なスケールで鮮やかに描き出している。
1984年録音。
(C)RS

シカゴ交響楽団
オルフ:カルミナ・ブラーナ



中古価格 ¥ 540 (定価の47%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2014-12-01
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
カルミナ・ブラーナの最大の魅力である合唱の輝き 評価
レヴァインの指揮するこのシカゴ交響合唱団の輝かしいばかりの声は、まさしくこのカルミナ・ブラーナの魅力を伝えるもので、たっぷりとした合唱の響きは、理想的なふくよかさと深さを持っていました。
演奏のダイナミックさ、合唱、ソリスト、オーケストラ、そして演奏解釈、どれもが見事な水準です。
壮大で、優雅で風変わりな音楽が曲ごとに変身しながら、リスナーの前に提示されていきます。
第14曲の「Intaberma」で聴くことの出来る少しユーモラスな歌詞へのアプローチも巧く、迫力に満ちた音楽が展開されていました。
早口言葉のような歌詞ですが、実に明瞭に発音されて伝わってきます。

内容盛りだくさん 評価
カルミナ・ブラーナと言えば冒頭と最後の「おお、運の女神よ」のフレーズしか知らない私でした。
クラシック音楽好きの方でもそういう人は結構いるのではないでしょうか。
良さそうなのはないかと迷っていて廉価版で発売されたのを機にこのCDを買って聴いてみて、趣の違う曲がたくさん詰まっているのに驚きました。
解説も「まじめな歌」と「恋、酒、戯れの歌」に分けてあって面白いです。
そして「恋、酒、戯れの歌」に惹かれる曲が多いです。
心情の吐露があります。
カルミナ・ブラーナのCDを買おうかどうか迷っているちょうど私のような方にはお得でお薦めの1枚です。

シカゴ交響楽団
R.シュトラウス:アルプス交響曲/シェーンベルク:管弦楽のための変奏曲

新品価格 ¥ 1,070 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 779 (定価の36%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-10-17
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
不意に聴きたくなり購入 評価
清々しさを感じたくなり購入しました.ここ最近ショルティ,シカゴの組み合わせを買っていました.今回もその組み合わせでと思っていたのですが,バイエルン放送交響楽団の演奏がある事を知りかってみることにしました.シカゴ程鳴らせると言う感じではないと思いましたが,曲に対しては程よいのかも知れないと感じた.

シカゴ交響楽団
美しく青きドナウ~ウィンナ・ワルツ名演集 (xrcd+SHM-CD)



中古価格 ¥ 10,800 残り1個

発売元:ビクタークリエイティブメディア  発売日:2009-02-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
R.シュトラウス:ツァラトゥストラかく語りき

新品価格 ¥ 1,050 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 756 (定価の38%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-02-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
天空を突き抜けるような美しき轟音・・・・濡れたようなブラスの輝きと響きは哲学と音楽の関係を思い知らされる。 評価
複雑かつ美しい響きの交響詩をこれ以上はないと言える程の爆発力と推進力、美しき爆音、轟音で表現した名演。
ニーチェの同名の哲学書が云々と、うん蓄を含んだ演奏の味がどうたら言う人には、この演奏の価値は未来永劫、分からないと思う。
実際にニーチェの同名の書を読んでも、多くの人は完全にはその意味を理解できないのに、この曲に哲学的な意味を求める事の無意味さを理解できる人はこの演奏の価値・本領が分かると思う。
音楽とは音の響きであり、音以外の何者でもなく、音楽そのものにひたりたい。
豊穣で美しく、華麗で力強いオーケストラと指揮者の演奏は「純音楽的」と言う表現を超えている。

文句なしの演奏!!! 評価
ショルティ/シカゴのコンビの絶頂期の演奏。
特にツァラはアカデミー賞の演奏であり、これを越える演奏は今後まず出ないと思う。
他の2曲もほぼ同格。
カチッとした強固な演奏を好まれる方は是非購入して頂きたい。

シカゴ交響楽団
R.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき



中古価格 ¥ 4,530 残り1個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2004-12-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
青春の小澤征爾

新品価格 ¥ 1,944 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 972 (定価の55%引き) 残り3個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2002-11-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
若い才能に嫉妬してはいけない 評価
世界の小沢の若々しい才能に溢れた演奏を聴くことのできる貴重なアルバムです。
どうして小澤征爾が世界で通用したのかがはっきりとわかる。
世界の指揮者ですから、嫉妬する人も多いのでしょうね。
たとえどんなに貶しても小澤征爾の才能に傷をつけることはできませんね。

シカゴ交響楽団
美しく青きドナウ~ウィンナ・ワルツ&ポルカ名演集

新品価格 ¥ 9,200

中古価格 ¥ 9,192 残り4個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2002-10-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
最上のウィンナワルツを演奏するのは、ライナー/CSOだった! 評価
往年の名歌手シュヴァルツコップフが、無人島に持って行く一枚に選んだことで有名になったこの一枚。
聴いてビックリ!テンポは、ゆっくり。
タイミングが短いのは、反復をせず、カットがあるためだが、それが聴き飽きたこれらの曲には新鮮で、気にならない。
オケは、ウィーンフィルと同質の音色で、決してうるさくならない。
それどころか、こんなに整った演奏は聴いたことがない。
後方から控えめにリズムを刻む打楽器(小太鼓、大太鼓)や鳥の鳴き声(?)が、本当にリズムにピッタリはまっているので、気持ちが良い。
とにかく、ライナーらしさは影を潜め、肩の力を抜いて、なだらかに、丁寧に、情感豊かに、全体をメゾフォルテとメゾピアノで演奏しているのだ。

とても楽しい(やっぱり怖い?) 評価
機能的でパワフルと思われがちなシカゴ交響楽団と、怖いオジサンと思われがちなフリッツ・ライナー氏のウィンナ・ワルツ集だが、これが意外や意外にふくよかなウィーンの響きを気持ちよ~く聴かせてくれる。
とても楽しく心休まるウィンナ・ワルツ集だ。
ライナー自身の編曲の(得意の)リヒャルト・シュトラウス「ばらの騎士のワルツ」も入っていて、かなりお得かも。
「皇帝円舞曲」は終結部近くに珍しいカットが入っていたりする。
最後の最後に「雷鳴と電光」で、やっぱり怖~いライナーを見せ付けて去っていきます。

シカゴ交響楽団
R.シュトラウス:英雄の生涯&ツァラトゥストラはかく語りき

新品価格 ¥ 5,800

中古価格 ¥ 1,145 (定価の34%引き) 残り2個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2002-10-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
50年前の「最新技術による最高の録音」 評価
1954年録音の、ステレオとしては最も初期の収録によるリヒャルト・シュトラウス「ツァラトゥストラ」と「英雄の生涯」である。
シカゴ交響楽団に就任当初のフリッツ・ライナー氏の演奏に対する意気込みと、ステレオフォニックに対するエンジニア諸氏の意気込みが同時に伝わってくる。
50年も前の録音であるが、当時の最先端技術としてのトキメキが、21世紀になっても薄れていない。
2本のマイクでシンプルに収録されたその響きは、どんなオーディオセットにもマッチする。
2002年の復刻でいっそう音が明晰になった。
緊張感を持ってコントロールされ、どんなクライマックスでもテンポを上げていって疾走する「ツァラトゥストラ」と、豪快無比にして時に艶かしい「英雄の生涯」、どちらも時間を経つのを忘れさせる名演・名録音である。

シカゴ交響楽団
R.シュトラウス:家庭交響曲&町人貴族

新品価格 ¥ 2,800

中古価格 ¥ 1,000 (定価の42%引き) 残り7個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2002-10-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
R.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき

新品価格 ¥ 1,890

中古価格 ¥ 379 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マーラーの「葬礼」について 評価
~R.シュトラウスの方は、なるほど、ブーレーズが指揮するとこんな感じになるのか。
透明感がある、非常に勉強になる内容だなあ。

という感じ。
基本的に「ツァラトゥストラのCD」ですが、収録時間の半分弱は「葬礼」で、マーラーの「葬礼」ですが、交響曲第2番1楽章の初期版とのことで、最初はオーケストレーションが薄いだけかなあ。
と思ってました~~が、それ以外にも結構違うところがあって、とても面白かったです。
増えた小節もそうですが、打楽器も結構違っているようです。
金管が薄いのはまあ予想どおり。
また、オーケストレーションの薄さとブーレーズの透明感のある指揮によって、普通の「復活1楽章」では、他の楽器(特に金管)と重なってよく聞こえない弦や、木管に新たな発見があったのもと~~ても良いと思いました。

シカゴ交響楽団
オルフ:カルミナ・ブラーナ

新品価格 ¥ 1,680 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 124 (定価の93%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1997-09-05
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
1812年~スペクタクル・クラシック



中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1996-04-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
シュトラウス:交響詩・管弦楽曲集



中古価格 ¥ 9,800 残り1個

発売元:BMGビクター  発売日:1995-06-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
カルミナ・ブラーナ



中古価格 ¥ 286

発売元:ポリドール  発売日:1993-09-18
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ゾクゾク!! 評価
☆レバインはこういう激しい曲を鋭く表現するのが得意なのかもしれません。
このカルミナ・ブラーナで有名なのは、最初と最後に演奏される〈01:O Fortuna(おお、運の女神よ)〉と〈25:O Fortuna(おお、運の女神よ)〉で、私もどちらかというと他の部分はあまり深く聞きません。
恐らく、聞けば、「ああ、これか。
」とみなさん言うでしょう。
しかし、このレバインの演奏はゾクゾク来ます。

発売元のレビュー
収録曲 1. 運の女神,全世界の支配者なる 1.おお,運の女神よ 2. 運の女神,全世界の支配者なる 2.運の女神の痛手を 3. 第1部 初春に 3.春の愉しい面ざしが 4. 第1部 初春に 4.万物を太陽は整えおさめる 5. 第1部 初春 5.見よ,今や楽しい 6. 第1部 芝生の上で 6.おどり 7. 第1部 芝生の上で 7.森は花さき繁る 8. 第1部 芝生の上で 8.小間物屋さん,色紅を下さい 9. 第1部 芝生の上で 9.円舞曲 10. 第1部 芝生の上で 10.たとえこの世界がみな 11. 第2部 酒場で 11.胸のうちは,抑えようもない 12. 第2部 酒場で 12.むかしは湖に住まっていた 13. 第2部 酒場で 13.わしは院長さまだぞ 14. 第2部 酒場で 14.酒場に私が居るときにゃ 15. 第3部 愛の誘い 15.愛神はどこもかしこも飛び廻る 16. 第3部 愛の誘い 16.昼間も夜も,何もかもが 17. 第3部 愛の誘い 17.少女が立っていた 18. 第3部 愛の誘い 18.私の胸をめぐっては 19. 第3部 愛の誘い 19.もし若者が乙女と一緒に 20. 第3部 愛の誘い 20.おいで,おいで,さあ来ておくれ 21. 第3部 愛の誘い 21.天秤棒に心をかけて 22. 第3部 愛の誘い 22.今こそ愉悦の季節 23. 第3部 愛の誘い 23.とても,いとしい方 24. ブランツィフロール(白い花)とヘレナ 24.アヴェ 25. 運の女神,全世界の支配者なる 25.おお,運の女神よ ジューン・アンダーソン(ソプラノ)、フィリップ・クリーチ(テノール) ベルント・ヴァイクル(バリトン) ジェイムス・レヴァイン指揮シカゴ交響楽団 マーガレット・ヒリス指揮シカゴ交響合唱団 録音 1984年7月シカゴ

シカゴ交響楽団
R.シュトラウス:英雄の生涯&ツァラトゥストラはかく語りき



中古価格 ¥ 432 (定価の79%引き) 残り4個

発売元:BMGビクター  発売日:1993-04-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


メンデルスゾーン、チャイコフスキー
シカゴ交響楽団
チャイコフスキー&メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1番

新品価格 ¥ 1,796 (定価の2%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-11-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
チャイコフスキー:交響曲第4番

新品価格 ¥ 1,050 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 840 (定価の31%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
私の知る限りで最高のチャイ4 評価
チャイコフスキーは当然ロシアの作曲家であり、それをアメリカのオケが演奏する場合、優秀な演奏技術とビッグパワーで押し切ってしまって、優れてはいるが「歌」のない、つまらない演奏に終わることが多い。
しかし、この演奏は例外だ。
ショルティはシカゴ交響楽団の優れた演奏技術とビッグパワーを駆使しながら、チャイコフスキー節を見事に聴かせる。
表現はロシアのオケ特有の訛った、泥臭さはないが、弦楽器や木管楽器は十分に歌い、いわば「都会的なチャイコフスキー」である。
アメリカのオケで、チャイコフスキーを心から楽しめる録音は数が限られているが、バーンスタイン指揮ニューヨークフィルハーモニックの交響曲第6番「悲愴」と並んで、このショルティ指揮シカゴ交響楽団の交響曲第4番は、間違いなく聴いて損のない演奏である。

シカゴ交響楽団
チャイコフスキー:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 696 (定価の43%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
完璧 評価
ショルティが得意としたチャイコフスキーの交響曲第5番。
これは3回目の録音・1986年もので、スタジオ録音としてはショルティにとって最後の録音となりました。
第2楽章のホルン・ソロは同オケ首席のディル・クレヴェンジャー。
シカゴ交響楽団というと、ブラスがバリバリ鳴りまくるド派手な演奏を期待していましたが、実際に聴いてみると、確かにブラスの鳴りもかなりのものですが、むしろその造形の美しさに惹かれました。

シカゴ交響楽団
メンデルスゾーン:真夏の夜の夢

新品価格 ¥ 1,980

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2014-12-01
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドイツ・ロマン派の二大劇音楽のカップリング 評価
ジャケットの絵が何とも美しく惹かれてしまって購入した。
ジェームズ・レヴァイン指揮、シカゴ交響楽団演奏によるメンデルスゾーンの『真夏の夜の夢』とシューベルトの『ロザムンデ』。
どちらも、ドイツ・ロマン派の劇音楽を語る上で重要な作品であり、最も親しまれている作品でもある。
世界的な実力派であるシカゴ交響楽団の緻密で気品なアンサンブルが素晴らしい。
レヴァインらしい、鋭く切れのある演奏だが(とくに弦)、クリアで自然なテンポを崩さない、計算された解釈だ。
これで1000円ならお買得だろう。
録音もよくできている。

シカゴ交響楽団
メンデルスゾーン&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

新品価格 ¥ 1,550 (定価の20%引き)

中古価格 ¥ 600 (定価の69%引き)

発売元:SMJ  発売日:2012-12-05
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
この緊張感は何だ!? 評価
初めて,ハイフェツの演奏を聴きました。
他にも上手なバイオリニストはたくさんいますが,この演奏は尋常ならぬ緊張感があります。
名盤です!

内容紹介 
ハイフェッツがライナーやミュンシュと組んだ“メン・チャイ"のゴールデン・カップリング盤。
ともに名高い協奏曲だけに音盤の数はそれこそ星の数ほどあるが、世界最高のテクニシャンたるハイフェッツらしく、ビシッと決まった音程、理知的でインテンポな構築感の怜悧な鋭さ、それでいて決して機械的なわけではなく、行間からあふれ出る抑制の効いた歌はまさに絶品です。
バックも完璧だが、ハイフェッツの偉大さを堪能できる一枚。
Blu-spec CD2

メディア掲載レビューほか 
ヤッシャ・ハイフェッツが指揮者フリッツ・ライナーやシャルル・ミュンシュと組んだ“メン・チャイ”のゴールデン・カップリング盤。
メンデルスゾーン&チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を収録。
バックも完璧だが、ハイフェッツの偉大さを堪能できる一枚。
(C)RS

シカゴ交響楽団
メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」&第4番「イタリア」

新品価格 ¥ 1,070 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の18%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-10-17
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メディア掲載レビューほか 
20世紀を代表する巨匠指揮者ゲオルグ・ショルティの生誕100周年(2012年時)記念盤。
描写的性格の強いメンデルスゾーンの傑作交響曲2曲を、ショルティが20年間音楽監督を務めた手兵シカゴ交響楽団の卓越した能力を存分に駆使して、作品の特徴を明確に描き分けた精緻な解釈と揺るぎない構成感で表現し、作品の本質を明快に提示している。
(C)RS

シカゴ交響楽団
チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」、大序曲「1812年」、他

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の18%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ミーハと言われるので今まで素通りだったのですが? 評価
トスカニイニ全集買ってみて、面白いと感じ買ってみました。
この演奏、きをてらったところがなく、つぼをおさえたシュウエンです。
派手な曲想ですが、真面目さがにじみでてます。
良かったら買わないで下さい。
ち苦笑!

メディア掲載レビュー 
バレンボイム指揮、シカゴ交響楽団のスケール豊かでダイナミックな演奏による、チャイコフスキー管弦楽曲集。
ナポレオンのロシア侵攻と寒さや飢えによる敗退の史実を忠実に描写し、フランス国歌やロシア民謡を用いた《1812年》、悲恋を描いたシェイクスピアの名作戯曲を巧みに音楽化した《ロメオとジュリエット》他を収録。
(C)RS

Album Details 
Japanese only release, part of the Deutsche Grammophon 'The Best 1200' series. 2012.

シカゴ交響楽団
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、ヴァイオリン・ソナタ集



中古価格 ¥ 1,495 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-02-04
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
メンデルスゾーン&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲



中古価格 ¥ 319 (定価の81%引き)

発売元:BMG JAPAN  発売日:2007-11-07
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
私 ?! ええ、勿論ハイフェッツの味方です。 評価
あまりにも有名なチャイコフスキー・メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲を あまりにも有名なソリストのハイフェッツが銘器ストラディバリウスの「ドルフィン」で演奏している あまりにも有名な1枚で、それぞれが名演と評価されているこれらの曲についてはこの1枚があれば他のCDはいらないほど ・・・とまで言われている。
あまりに唐突で申し訳ないのだが、音楽CDをプロが集まって創り上げた「商品」としての価値で考えるのなら・・・ あるメジャーバンドのフロントマンの自宅の再生装置は、普通に家電量販店で買える今どきの「ミニコンポ」だそうだ。
それは「同じ環境でも最低限のクオリティで聴く事のできる音造り」を意識しているからだという。

Jascha Heifetz, 1901-1987 評価
ヤッシャ・ハイフェッツは、音楽之友社の『新音楽辞典 (人名)』によれば「その名が〈ヴァイオリン的完璧性〉の同義語とさえなった20世紀最大の巨匠の一人」である。
その彼の名刺代わりとなるのが、このメンデルスゾーンのホ短調のヴァイオリン協奏曲と、チャイコフスキーのニ長調のヴァイオリン協奏曲のカップリングCDであろう。
チャイコフスキーの協奏曲のほうは、師匠のアウアーが施した慣例的カットを施しており、原典通りに弾くことの多くなった昨今では、形式面での古さは否めない。
しかし、この演奏は、原典通りの演奏がまどろっこしく感じるほどに音楽の流れがよい。

シカゴ交響楽団
ブラームス&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

新品価格 ¥ 1,816 (定価の15%引き)



発売元:BMG JAPAN  発売日:2005-10-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
米国直送の方が 評価
曲だけを楽しむなら、全く同じ物が米国版で1000円以下で在るので、そちらを買った方がお得です。
録音に違いがあるなら別ですが。
大抵は検索時に、violin concertなど英語表記にすれば見つかると思います。

音がいいのに驚き! 評価
1955年、57年と古い録音にもかかわらず音が綺麗です。
ハイブリット化ってすばらしい技術だな〜と改めて感じました。
ヴァイオリンの音はクリアだし、 オケの伴奏も鳥肌もの。
演奏については私はハイフェッツ馬鹿なので文句のつけようがありません! 何を弾いてもハイフェッツはハイフェッツなんですね。
澄んだ湖のように透明でピンと張り詰 めていて、その音は甘すぎないのに聴いているとゾクゾクしてきます。
そういうわけでこのCDはハイフェッツを知らない人でも一聴の価値ありです。
ヴァイオリンっ てこんなに綺麗な音を出す楽器なんだと驚くことうけあいですよ!!

シカゴ交響楽団
メンデルスゾーン:交響曲3&4

新品価格 ¥ 1,480

中古価格 ¥ 1,198 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-06-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
一生つき合っていける最高の作品、演奏 | ベートーヴェンより先に聴くべし 評価
~ショルティの「イタリア」は私にとって、初めての恋人のような曲です。
大学生のとき、FMでカセットテープに撮ったものを繰り返し聴いていました。
CDで、また(貧乏学生の当時よりは)いいオーディオで聴いてみると、1985年という録音年代ですが、立体感のある、大変きれいな録音に聴こえます。
弦、金管、木管、共にシャープな音ですね。
同じショルティのベートー~~ヴェン交響曲演奏も合わせて聴いてみますと、「イタリア」は、ベートーヴェンでは6番(田園)と比較できるかと思います。
共に人間性溢れる主題が全編を支配していますが、最終楽章(田園では5楽章中4楽章)で、一瞬厳しい主題がある。

爽やかです。 評価
普段は強力な管に隠れがちな、シカゴ交響楽団の弦セクションの実力がよく表れた1枚です。
ウィーン・フィルやフィラデルフィア管弦楽団のような「滴るような」音とは違った、むしろストレートで濁りの少ない音が彼らならではの美質だと思います。
それゆえに楽曲や指揮者によっては物足りなく感じることもあるわけですが、やはり育ての親のショルティとの相性は最高で、一陣の風が吹き抜けるような爽やかさを満喫できます。
ショルティは後にウィーン・フィルと「イタリア」を再録音していますが、そちらがオケに任せきったオーソックスな演奏であるのに対し、この盤の方はぐいぐいと手兵を引っ張っていく覇気が感じられ、快感の度合いは上だと思います。

シカゴ交響楽団
シューマン:「春」&メンデルスゾーン:「スコットランド」~シカゴ交響楽団初期録音集

新品価格 ¥ 1,504 (定価の7%引き)



発売元:BMG JAPAN  発売日:2003-04-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
メンデルスゾーン & チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 他



中古価格 ¥ 248

発売元:BMGメディアジャパン  発売日:1999-11-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
美の極北 評価
「ものごっそ上手いこと演奏しましたが何か?」的な 「こんなんじゃ時間があまってしょうがないよー」的な 「はいはーい、オケの皆さんトゥッティでがんばってー」的な とにかくもう、どんどん、ぐいぐい演奏していきます。
ソロが。
ハイフェッツすげえ。
とポカンと口をあけて見守るしかないまさに名人芸。
若手のソロデビューで必死の形相でオケについていくテンポの倍速くらい。
「あなたのように演奏できたらどんなにいいか」というファンの言葉に「毎晩ハイフェッツのように弾かないといけないんだけど(苦笑)」と軽くかえしたそのコトバの背後で、この水準で演奏し続けるためのおそろしい努力がすけて・・・みえません。

秀逸!! 評価
クラシック初心者ですが、この2曲は有名なので知っていました。
最初はバイオリンの硬質な音色に戸惑ったのですが、今ではもうすっかり病み付きです!!(笑)今までは曲全体を聞き流していた感じですが、この盤は終始“聞き入る”ことが出来ました。
特にチャイコフスキーは、「ふわり」と軽く、しかし気高さと哀愁を漂わせたような音色で幕を閉じるのが素晴らしいです。
うまく言い表せなくてすみません…。

Amazonレビューのレビュー
   ハイフェッツという演奏家は間違いなく巨匠の部類に入る人である。
その86年の生涯においてなんと83年間もヴァイオリンとともに生活していた。
1911年、10歳のときにサンクトペテルブルクで初めてのステージに立ってから、1972年の最後のリサイタルの日に至るまで、活躍の場はロシアからアメリカへと変遷したものの常に華々しく活躍し続け、現役引退後は教鞭をとる生活に転じた。
   彼はみずからに対して常に厳しい練習を課していたという厳格性が示すように、その演奏スタイルも風格の備わったものである。
このCDに収録されている有名な2つの協奏曲およびいくつかの小品においても彼の個性がいかんなく発揮されている。

シカゴ交響楽団
チャイコフスキー : 交響曲第6番「悲愴」

新品価格 ¥ 1,100 (定価の41%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1996-10-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
チャイコフスキー:交響曲第5番/地方長官

新品価格 ¥ 1,200 (定価の36%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1996-10-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
BPOとのもいいけど 評価
CBSから出ている旧盤のチャイコフスキー交響曲5番。
ベルリンフィルとの新盤もいいのですが、こちらはシカゴ響という引き締まった響きの演奏になっています。
アバドは5番を3回録音していて、若いころのDGへのロンドン響(記憶がさだかではない)とこのシカゴ、そしてBPOとのもの。
彼のチャイコフスキーはロシア系の演奏とは異なり明るさがあるのですが、歌う部分はちゃんとあり、相性の良い作曲家と言えます。
ただ、録音が古めの割りに価格設定が少々高めかな?最近、過去の名盤が次々と廉価版として出ているのでうれしいのですが、1800円ではちと高い。

アバドとシカゴの名演 評価
アバドとシカゴ交響楽団は、どれも全て名盤で、何を買ってもはずれは無いと思いますが、その中でも、数枚、候補をあげるとしたら、この盤を数多くある名盤の中の一枚として推薦します。
1楽章のシカゴの肌触りのよさとアンサンブル、2・3楽章での、アバドのメロディーの歌わせ方などは、もうすでに一流指揮者だったんだなと認識させられます。
4楽章では、シカゴ交響楽団自慢のブラスが大盤振る舞いというわけでもないのですが、テクニックがふんだんに生かされており、フィナーレでの、ブラスの充実感もハイレベルです。
アバドのチャイコフスキーはとても安定しており、流麗且つ、ストレートで明るく、ロシア的な演奏では有りませんが、ムラヴィンスキーとも、堂々と渡り合える名演だと思います。

シカゴ交響楽団
メンデルスゾーン/他:VN協奏



中古価格 ¥ 240

発売元:BMGビクター  発売日:1994-06-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ハイフェッツで無くちゃ 評価
青年期にメンコンに触れて以来すっかりとりこになりました。
遺言には、メンコンをお葬式に流すよう書きました。
その最初に接したヴァイオリニストがハイフェッツです。
以後、多くの演奏家のメンコンを聞きましたが、すぐハイフェッツを聞きたくなるのが常でした。
昔、テープしかなかったので、CDにはなっているまいと諦めていました。
お店には普通ありません。
でも、インタネットのおかげで、待望のハイフェッツでメンコンを聞けるとは、嬉しい限りです。

シカゴ交響楽団
チャイコフスキー:交響曲第1番「冬の日の幻想」/組曲「くるみ割り人形」



中古価格 ¥ 640 (定価の78%引き) 残り3個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1992-07-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
スタイリッシュでスマートすぎるかも 評価
クラウディオ・アバド指揮シカゴ響の演奏によるチャイコフスキーの交響曲第1番「冬の日の幻想」とバレエ組曲「くるみ割り人形」が収録されたディスクです。
アバドはシカゴ響とチャイコフスキーの交響曲全集を完成していますが、これはその最後に収録されたものです。
録音はすっきりしており、聞きやすいです。
さて、演奏自体は非常にスタイリッシュかつスマートですが、あまりにも洗練されすぎているように感じます。
シカゴ響の金管セクションは、ブリリアントでドライで強力な演奏をしていますが、それがさらに洗練されすぎさを助長しているように感じられます。

シカゴ交響楽団
チャイコフスキー:交響曲第2番「小ロシア」/テンペスト



中古価格 ¥ 378 (定価の86%引き) 残り7個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1991-03-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
交響曲第5番ホ短調



中古価格 ¥ 498 残り6個

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1989-09-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


マーラー、ベルリオーズ
シカゴ交響楽団
ベルリオーズ:幻想交響曲

新品価格 ¥ 1,763 (定価の3%引き)

中古価格 ¥ 1,728 (定価の5%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-12-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第7番「夜の歌」

新品価格 ¥ 1,229



発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-06-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ハイテク兵器迫力と機能美 評価
ショルティ・シカゴ響の初期録音の傑作です。
原曲は真夏の夜に百匹の鬼が暴れまわる百鬼夜行のように対位法が駆使され、対位法の海のような曲ですがショルティとシカゴ響はその海にに溺れず、ひたすら前に進む筋骨隆々とした戦闘師団のような迫力と機能美に溢れた音楽を奏でています。
原曲は、鬼や妖怪が潜むような不気味さや怪しい美しさ(?)に満ちていますが、ショルティとシカゴ響は音楽に溺れず、純音楽的に聞かせてくれます。
パート全員がソリストのような弦楽器の合奏や、理性や理論で裏づけられ固められたような美しくも力強い響きは、悪霊を焼き払い、消滅させる強烈な光のようです。

シカゴ交響楽団
ベルリオーズ:幻想交響曲、リスト:交響詩「前奏曲」

新品価格 ¥ 1,195 (定価の3%引き)

中古価格 ¥ 800 (定価の35%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-06-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,662 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,300 (定価の29%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2017-04-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ベルリオーズ:「ロミオとジュリエット」

新品価格 ¥ 1,361 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,099 (定価の27%引き) 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2016-05-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第1番「巨人」

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 2,932 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
耽美的なまでの美しさと爽やかさ、力強さと軍隊的な破壊力が調和した演奏はマーラー演奏のひとつの完成形・・・ 評価
 作品の持つ耽美的なまでの美しさと爽やかさ、軍隊的な統制力と力強さが万全に発揮された名演奏です。
 この演奏はバーンスタインやワルターのような、陶酔的な思い入れから来る、匂うようなアクの強さに慣れきってしまった人にはもの足りないかもしれませんが、マーラーの音楽をありのままに楽しみたいと人にはうって付けです。
 シカゴ交響楽団の弦楽器の合奏は素晴らしく、まるで春のそよ風が気持ちよく、爽やかに吹き抜けてゆくようですし、トランペットなどの金管楽器の閃光のような輝きは驚く程です。
 ショルティとシカゴ交響楽団の美しく、力強く、そして精密な演奏は、マーラーの音楽の持つ耽美的な色彩感と軍隊的な統制、力強さにぴったりと合っています。

シカゴ交響楽団
ベルリオーズ : 幻想交響曲 | レリオ (または「生への回帰」) (Berlioz : Symphony Fantastique | Lelio / Riccardo Muti | Chicago Symphony Orchestra | Gerard Depardieu | Mario Zeffiri | Kyle Ketelsen | Chicago Symphony Chorus | Duain Wolfe) [2CD] [輸入盤] [日本語帯・解説・歌詞訳付]

新品価格 ¥ 3,300 (定価の23%引き)



発売元:CSO RESOUND / King International  発売日:2016-01-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ベルリオーズ:幻想交響曲

新品価格 ¥ 1,650

中古価格 ¥ 599 (定価の63%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-06-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
圧巻とも言えるヴェルディのレクイエム 聖歌四編はそれを上回る素晴らしさ 評価
クラウディオ・アバドは、やはり当代随一のヴェルディ指揮者だということを再確認しました。
1991年10月、11月にウィーンのムジークフェラインザールでの収録で、今年80歳になるアバドを祝っての再発売とのことでした。
アバドは、1979年のミラノ・スカラ座の録音、そして本アルバムである1991年のウィーン・フィル、2001年のベルリン・フィルとこれまで3回ヴェルディの「レクイエム」を収録してきました。
この録音を聴き通して感じたことは、安定感があり、音楽が躍動感に満ちていたことが挙げられます。
「ディエス・イレ(怒りの日)」では、ウィーン国立歌劇場合唱団による凄まじいばかりの合唱が押し寄せてきます。

とても気に入りました 評価
旧盤のロンドン響ものもと迷いましたが、旧盤より落ちついた演奏がとてもきにいってます。

シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第6番「悲劇的」

新品価格 ¥ 1,100 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 756 (定価の38%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-10-17
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
颯爽と流れるような第6番 評価
高校1年生(1973年)の時に、初めて聴いたマーラーがクーベリックの第6番でしたので、自分の中でのベストは聞き慣れたクーベリックです。
第6番はセル、プレートル、カラヤン、ブーレーズも持っていますが、ショルティの颯爽と流れるような第1楽章は魅力的です。

シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第2番「復活」



中古価格 ¥ 4,109 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-07-06
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
冒頭から圧倒される名演 評価
アバドの旧マーラーシリーズの最初に発売された「復活」です。
当時、ズビン・メータとライバルとされていたアバド。
二人が同時期にマーラー「復活」をリリース。
英デッカがウィーンフィルをDGより先に取ってしまったような噂もあり、アバド&VPOが実現できなかったのでシカゴと録音したなどと言われました。

シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第8番《千人の交響曲》

新品価格 ¥ 1,431 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 928 (定価の43%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2009-10-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
これは素晴らしい!ショルティの屈指の名演と言って良いのではないかな。 評価
実はこの曲、バーンスタインのライブを見て盛り上がってるし凄い演奏だとは思ったが何が何だか解らない曲って感じだった…正直な所。
流石はショルティだなあ…と思う。
凄い曲の構造が解る、彼のマタイ受難曲を聴いた時と同じ爽やかな感動がある。
ことさらに盛り上げようとしない滋味溢れる美しい演奏…弱奏やソリストのアリアが際立ち素晴らしい…柔らかで慎ましやかな女性合唱も、抑え気味な男性合唱も、初々しい少年合唱も最高のバランスです。
エンディングの粛々とした歩みの聖なる響きには神々しさが宿っているかのようです。

マーラー・ファンなら楽しめる筈です 評価
オーケストラは、まあまあです。
歌手も、まあまあです。
全体としては、楽しめました。
マーラーにしては、一寸、物足りないのは、それほどドラマチックではないからでしょうか?

シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 648 (定価の47%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-02-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ド迫力の名演 評価
バーンスタイン、カラヤン、テンシュテット、インバルなどなど多くのマエストロが録音している5番ですが、このショルティ盤は素晴らしい。
他の録音より演奏時間が短く(速く)手軽に聴けるのは勿論、演奏面でも大満足の完成度。
冒頭のトランペットソロからラストのホルンの咆哮まで、金管メインで聴きたい方は必聴。
シカゴ響はやっぱ上手いなー。
ショルティとシカゴ響のベストタッグの本領が発揮された一枚であると思います。

戦線を力づくで突破する重戦車のような大迫力・・・! 評価
 ショルティ、シカゴ交響楽団の黄金時代の録音。
 最新鋭の大機動部隊が一糸乱れずに総力攻撃をかけるような大迫力です。
 冒頭のトランペットのファンファーレの突き刺さるような強烈な高音と迫力、終楽章での強烈な発展と爆発はショッキングなくらいです。
マーラー音楽の持つ、緻密で精密な美しさ・輝かしさと軍隊的な破壊力・爆発力が見事に両立した名演と思います。
 指揮者とオーケストラの持つハイテク兵器のような精密かつ強力な演奏力が楽曲の持つ破壊力や爆発力、前進力と見事にマッチしたユニークかつ独創的な演奏です。
 アメリカでこのアルバムはグラミー賞を受賞していますが、日本での評価が低い事は不思議です。

シカゴ交響楽団
シカゴ交響楽団と歴史的巨匠たち-2 セル [DVD]

新品価格 ¥ 3,979

中古価格 ¥ 1,630 (定価の46%引き) 残り5個

発売元:日本コロムビア  発売日:2000-12-21
  

シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第1番



中古価格 ¥ 693 残り9個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1998-05-27
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
88年の5番と双璧の超名演 評価
マーラーの5番が、同じテンシュテットの88年盤以外に終着点を見いだせないのと同じように、私にとって巨人はこの演奏でとどめを刺す感じです。
LPO盤ももちろん素晴らしい演奏で、このCSO盤さえなければ個人的にはトップだったのですが・・・・このCSOというスーパーオーケストラが指揮者に全幅の信頼を置いてフルスロットルに入ったときに、いったいどういう恐ろしいことになるのかというのを知って、完全に打ちのめされてしまいました。
この人達は人間ではありません怪物集団です。
そして、それをとてつもないレベルでコントロールするテンシュテットは悪魔です。
こんな演奏が一期一会で実現し、それを知ることが出来たということを神様に感謝しなければなりません。

タイタン・オブ・タイタン!史上最高のマラ1! 評価
1990年、シカゴ交響楽団とのライブ録音。
まず演奏時間が長いです、マラ1に60分以上かかる演奏は僕の知る限りほとんどないと思います。
しかし、その遅さが全く感じれらないのです。
全てのテンポ設定に必然性を感じます。
テンシュテット節ともとれる、独特の“タメ”が効いていて、全くだれることがありません。
というか、手に汗握るような灼熱のクライマックスは魂を揺さぶられます。
凄いのがシカゴ響の演奏能力!!ロンドン・フィルを遙かに凌いでます!!第4楽章のクライマックスの金管が熱いのなんの、この人たちの肺はどうなってるのでしょう?そして何よりテンシュテット最高!!DVD見れば分かりますが、汗かをかきながら、もの凄い数の指示を冷静に送ってます。

シカゴ交響楽団
ベルリオーズ:幻想交響曲



中古価格 ¥ 748 (定価の74%引き) 残り7個

発売元:ポリドール  発売日:1993-09-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
マーラー:交響曲第1番「巨人」

新品価格 ¥ 1,820 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 54 (定価の97%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1993-04-24
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
鳴り物はクールに格好よく! 評価
ショルティが指揮するシカゴ交響楽団の演奏です。
このマーラーの『1番』に関しては、昔から定評があるものだと思います。
内容は、ショルティの徹底的なスコアー分析の成果がこの演奏によく現れているように思います。
ただ、ショルティ&シカゴの演奏は、全体的にクールな優等生といった感じなので、少々面白味には欠けるかもしれません。

マーラー1 評価
ショルティの巨人、で期待したが、以前のLSOとの録音の方が若々しい分、この曲には合うように思う。

シカゴ交響楽団
ファウストの劫罰*歌劇



中古価格 ¥ 1,620 (定価の69%引き) 残り5個

発売元:ポリドール  発売日:1992-08-01
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
交響曲第5番嬰ハ短調



中古価格 ¥ 400 残り9個

発売元:ポリドール  発売日:1991-10-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
幻想交響曲

新品価格 ¥ 2,300

中古価格 ¥ 130

発売元:ポリドール  発売日:1989-09-16
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
幻想交響曲



中古価格 ¥ 432 (定価の38%引き) 残り2個

発売元:ポリドール  発売日:1987-04-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ヤナーチェク、ドヴォルザーク
シカゴ交響楽団
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」

新品価格 ¥ 1,000 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 649 (定価の47%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-06-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
「別世界」...。 評価
エンジン全開のジェット機「ショルティ&シカゴ号」。
到達したのは、美しい田園風景の広がる「新世界」ではなかった。
それは、前人未到の巨大な氷山が林立するような、清冽な「別世界」で...驚いた。

シカゴ交響楽団
ドヴォルザーク:交響曲第8番

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 907 (定価の26%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
本当の実力。 評価
ショルティやバレンボイムとは、一線を画す演奏。
金管のトップ奏者が暴走したり、コンダクターが要求することなく、CSO本来の実力が発揮された演奏だと思います。
まあ、暴走すると書いた金管奏者も、好きな共演者にあげているので、オケ自体満足した演奏なのでしょうね。

シカゴ交響楽団
ヤナーチェク:シンフォニエッタ/ルトスワフスキ:管弦楽のための協奏曲

新品価格 ¥ 1,361 (定価の9%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2015-08-05
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」/シューベルト:交響曲第8番「未完成」

新品価格 ¥ 1,555 (定価の10%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-02-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲



中古価格 ¥ 4,750 残り1個

発売元:EMIミュージックジャパン  発売日:2011-12-07
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
これまでで最善の復刻 評価
ドヴォルザークのチェロ協奏曲は、はじめて聴いたのがこのデュプレ盤で、子どもの頃からエアチェックテープを何度も何度も聴いて、身体にしみこんでしまったような感覚があります。
ロストロポーヴィチ盤、ヨーヨーマ盤など、素晴らしい盤は他にもたくさんあるのはよく分かっているのですが、どうしてもデュプレ盤に戻ってきてしまいます。

シカゴ交響楽団
ヤナーチェク:シンフォニエッタ~小説に出てくるクラシック~

新品価格 ¥ 2,800

中古価格 ¥ 1,000 (定価の49%引き) 残り6個

発売元:EMIミュージックジャパン  発売日:2009-08-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ドヴォルザーク:交響曲第9番 [SHM-CD] [xrcd]



中古価格 ¥ 5,400 残り2個

発売元:ビクタークリエイティブメディア  発売日:2008-09-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ドヴォルザーク:交響曲第7番&第9番

新品価格 ¥ 1,166 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 850 (定価の34%引き) 残り4個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2006-05-24
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ヤナーチェク:シンフォニエッタ/ルトスワフスキ:オーケストラのための協奏曲

新品価格 ¥ 4,785

中古価格 ¥ 648 (定価の38%引き) 残り9個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2003-02-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
予想外の名演! 評価
シカゴ交響楽団といえば、バルトークを中心にハンガリーの音楽を非常に得意とするオケで、ライナーやショルティと言った名指揮者がすごい演奏を残しています。
それはお国ものだからということで納得できます。
ところが、この小澤のシンフォニエッタはとにかく凄いです。
同じ東欧だからというのもあるでしょうが、小澤の集中力のあるタクトのおかげで、寸分の隙もないテンションの高い演奏となっています。
まるでライナーのバルトークを彷彿とさせる共感に満ちた演奏です。
「チェコフィルよりも凄い」と言ってしまいましょう!ただ若気の至りというか、テンポが走り気味なところは散見されます。

爽快で音楽的推進力のある若々しい演奏 評価
小澤征爾指揮シカゴ響によるヤナーチェクとルトスワフスキの作品集です。
1970年7月(小澤征爾35歳時)の録音で、収録曲と時間は以下のとおり。
レオシュ・ヤナーチェク作曲 シンフォニエッタ 第1楽章アレグレット(02:12)第2楽章アンダンテ(05:26)第3楽章モデラート(04:48)第4楽章アレグレット(02:40)第5楽章アンダンテ・コン・モート(06:34)ヴィトルト・ルトスワフスキ作曲管弦楽のための協奏曲第1楽章イントラーダ(06:34)第2楽章カプリッチョ・ノットルノ・エダリオーソ(05:30)第3楽章パッサカリア・トッカータ・エ・コラール(14:34)両曲とも爽快で音楽的推進力にあふれた演奏です。

シカゴ交響楽団
ルトスラフスキー:オーケストラのための協奏曲



中古価格 ¥ 618 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2003-02-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲



中古価格 ¥ 894

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2001-12-06
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
正に魂を揺さぶられる演奏 評価
ジャックリーヌ・デュ・プレを語る上でこの演奏を避けて通る事は出来ない。
またこのチェロ協奏曲を語る上でも全く同じ事が云える。
古今東西この名曲の名演奏は枚挙にいとまがない。
だがこれ程魂を揺さぶられた演奏は数少ない。
私はこの演奏を聴く度に、彼女の全身から絞り出される魂の全てがたった四本の弦上に表現される事に戦慄を禁じ得ない。
伝説化されて久しい彼女の事を「若くして難病に散った薄幸の天才女流チェリスト」と表現する向きが多い。
真実はある意味で神のみぞ知るところだが、私は決して彼女が「薄幸」だったとは思っていない。
確かに若くして世を去る事は悲劇ではあるが、天才とはそう云うものでは無いか?モーツァルト然り、シューベルト然り、ジミ・ヘンドリックス然り…。

Amazonレビューのレビュー
   20世紀を代表する名女流チェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレ(1945-1987)の残したレコーディングの代表作。
夫バレンボイムのサポートで、古今屈指のチェロ協奏曲であるドヴォルザークの名品が録音されたのは、1970年11月11日、つまり不治の病である多発性硬化症を発症する直前、彼女のキャリアの絶頂期であった。
ここでのデュ・プレは、いつもながら聴き手の胸に電流が走るような迫真の感動を与えてくれる。
彼女のチェロを聴いて冷静でいることは、ほとんど不可能だ。
クライマックスで軋みを立ててバリバリと弾き進む怒涛の勢い、ピアニシモでのめくるめく高速パッセージ、込めすぎるくらい痛切な気持ちのこもった歌。

シカゴ交響楽団
ドヴォルザーク:新世界より&チャイコフスキー:悲愴



中古価格 ¥ 5,000 残り2個

発売元:BMGビクター  発売日:1996-10-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲



中古価格 ¥ 235 残り9個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1996-05-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
デュ・プレのチェロに圧倒されました。 評価
随分以前から気になっていたジャクリーヌ・デュ・プレのCD、初めて聴きました。
第一楽章の冒頭の独奏部が始まった瞬間、体中を電流が走ったかのような衝撃・・・力強く、しかももの哀しいチェロが豊かに歌います。
とにかく一貫して情熱的で、叙情的で、心を揺さぶられる演奏でした。
以前に映画「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」を見て彼女の短い一生について知っていたせいかもしれませんが、演奏を聴いていると、知ってか知らずかその凝縮された時間の中で彼女は音楽のうちに燃焼してしまったのかもしれないという気がします。
本当に素晴らしい演奏です。

すばらしい演奏 評価
はじめてデュ・プレのCDを購入しました。
バレンボイム指揮のシカゴ交響楽団と息が合っていると同時に、すばらしい演奏に満足です。
切れ込むような奏法から、ゆったりと流れる演奏まで変幻自在のチェロのすばらしさが味わえました。
全体の演奏時間はそう長くないですが、この演奏でこの価格ならお買い得だと思います。
チェロ協奏曲はもちろんいいのですが、森の静けさがこのCDで一番のお気に入りです。

シカゴ交響楽団
ドヴォルザーク:交響曲第9番



中古価格 ¥ 288 (定価の86%引き) 残り5個

発売元:ポリドール  発売日:1995-04-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
新鮮な響きを感じます 評価
この「新世界より」は意外にもショルティの初録音であり、生涯を通じてもこの録音が唯一となっています。
そして、ここでは、彼は決して奇をてらわず、正攻法でこの交響曲を仕上げているように感じます。
このアルバムの帯には「通俗の埃をすっかりリフレッシュさせた・・・」とあるのですが、確かに、数多いこの曲の演奏にありがちだった贅肉を除いて、語りつくされた交響曲を新鮮な響きに仕上げています。
シカゴso.の名人芸もショルティの指揮に見事に応えています。
とりわけ、この演奏の優れたところは第1楽章でしょうか。
この楽章ではその主部の提示部で反復の指示記号があるのですが、ショルティのこの演奏はその指示に従い、比較的テンポは早くとりながら、徐々に緊張感を生んでいきます。

スタンダードと呼ぶには勿体無い… 評価
デジタル録音黎明期?の録音乍ら、その素晴らしい演奏と相まって当時の優秀録音盤にも推され、ある意味「金字塔」ともいえそうな一枚です。
シカゴ響の持つ魅力や、技巧を余すことなく引き出したショルティの手腕には脱帽です。
それにシンクロし切ったシカゴ響のメンバーにも拍手!数ある新世界の録音のなかでも、本当にお奨めです。
ただ、このオケの特徴である硬い響きが苦手、という方にはあまりウケないかもしれないですね…それが大好きな方には涙がでるほど喜んで貰えること請け合いデス。
剃刀のような切れ味と、たまに顔を覗かせる柔らかく繊細な響きが上手く同居していると私は思いますが…音楽的なアプローチも至極まとも、というか癖を抑えた手法でなされている様にも思えますので、迷っているならこの一枚をお奨めします。

Amazonレビューのレビュー
   交響曲史上あまりにも有名なこの作品は、チェコの作曲家ドヴォルザークが1893年アメリカ滞在中に完成させた最初の作品である。
全篇、黒人霊歌風な色彩が色濃く支配してはいるが、これらの旋律は実際には作曲者の故郷への郷愁が、文字どおり彼にとっての「新世界」であった。
アメリカで接したさまざまな音楽に触発されて創作したオリジナルメロディである。
   メリハリの効いた男性的な演奏を身上とするショルティの棒は、ここでも細部に至るまで明晰なテンションを発揮させ、民族的なセンチメンタリズムに流されることなく、絶対音楽としての感興を喚起する解釈が鮮烈だ。



ショスタコーヴィチ、ベートーヴェン
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3&4番

新品価格 ¥ 1,100 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 402 (定価の67%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-07-04
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
両者の気概に満ちた渾身のベートーヴェン 評価
アシュケナージの最初のベートーヴェンのピアノ協奏曲全集から。
(全集は全部で3回録音しています)。
録音は1972年ですが、この年は指揮者ショルティがシカゴ交響楽団との最初のベートーヴェン交響曲全集に取り掛かり始めた年であり(74年に完成)、またアシュケナージにとっては、前年の1971年からベートーヴェンのピアノソナタ全集の録音を開始したところになります(82年に完成)。
つまり、両者にとって「さあ、いよいよベートーヴェンの牙城に臨むぞ!」という気持ちの入った時期ということになります。
また、両アーティストとも、デッカが全面に押し出したいナンバー1級のアーティストであり、そのことは、前年に同じレーベルからグルダとシュタインによる素晴らしい全集が出たばかりにもかかわらず、このシリーズが開始されたことからも明らかだ。

シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:交響曲第4番&第5番「運命」

新品価格 ¥ 1,130 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 1,223 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-06-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

新品価格 ¥ 1,131 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 890 (定価の27%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-06-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
発売元のレビュー
生産国に関する説明は省略しております。

シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:交響曲第7番(SACDハイブリッド)

新品価格 ¥ 2,794 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 2,189 (定価の32%引き) 残り3個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2016-12-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第4番

新品価格 ¥ 1,200 (定価の20%引き)

中古価格 ¥ 920 (定価の39%引き) 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2016-04-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,310 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 920 (定価の39%引き) 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2016-04-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:作品集

新品価格 ¥ 1,390 (定価の9%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-01
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ついに登場 評価
ソ連の天才、ショスタコーヴィチ。
彼の作品といえばやはり、「交響曲第5番」。
悲壮感漂う第一楽章から、歓喜の第四楽章へと流れる構成はベートーヴェンの「運命」をさえ感じさせる傑作である。
ショスタコーヴィチの指揮はムラヴィンスキーが基本となるが、この第五番は名チェリスト、ロストロポーヴィチ。

シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第1番&6番



中古価格 ¥ 2,559 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2015-11-09
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
幸せな融合 評価
ショスタコーヴィチの交響曲第6番は、余りかえりみられることがありません。
マーラー的で若きショスタコーヴィチの集大成的な4番、明快ですでにポピュラーな5番、巨大で演奏効果に優れている7番、ショスタコーヴィチらしさが全開となった大編成の8番などと比較すると、やはり一段小さくて、余り耳にする機会がなく、おまけに一般的な楽章構成を無視したような展開(楽章が上がるに従って速度が上がる)は人をして「不可解な作品」として敬して遠ざけさせるに充分の特徴だといえます。
しかし、粛清の嵐吹き荒れる1937年に、当局のゴキゲンをとるべく作成した第5番で、いわゆる「ガス抜き」を行ったショスタコーヴィチ、自分のフラストレーションを内的に、シニカルに爆発させた当第6番は、ショスタコーヴィチを知る上においても必携、必聴の作品だといえます。

シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第1番&第7番「レニングラード」

新品価格 ¥ 4,582

中古価格 ¥ 3,865 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-10-14
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番&第4番

新品価格 ¥ 1,593 (定価の1%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の38%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-27
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」、「レオノーレ」序曲第3番

新品価格 ¥ 1,050 (定価の14%引き)



発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-09-19
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」&「エグモント」序曲

新品価格 ¥ 1,020 (定価の17%引き)

中古価格 ¥ 698 (定価の43%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-09-19
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

新品価格 ¥ 2,160



発売元:BMG JAPAN  発売日:2007-08-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
同曲解釈の総決算的名演 評価
ブルックナーやマーラーの名盤は1980年代以降にも盛んに現れたが、ベートーヴェンやシューマンの名演&名解釈は、1960年代には既に出尽くしていたのではなかろうか?このディスクはそんなことを思わせる名盤であり、同曲名演奏の総決算的意味合いがあるように思う。
昨今名盤とされる同曲の演奏も、結局はマスコミが作り上げたものであり、ジックリ聴くと、この時代の解釈以上に新鮮なものではなく、あるいはこの時代の解釈の「切り売り+いい処取り」に感じられるからだ。
また個人的には、ジャケットのデザイン(クライバーンの髪型!(笑))が時代を感じさせるのも魅力の一つ。

シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第7番&第9番

新品価格 ¥ 2,164 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 1,296 (定価の47%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-11-16
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ響の本領 評価
バーンスタインのショスタコーヴィチはなによりもまず、ドラマチックです。
第1楽章からすでにその片鱗が見え隠れしています。
展開部はシカゴ響の金管群の大音量かつ割れていない素晴らしい音色に脱帽。
ダイナミクスレンジも多彩でとても良い。
第4楽章の同音連打、フィナーレへ向かうドラマツルギーは格別、昇天してしまいそう。
只、第2、第3楽章は若干テンポがゆったりめで、個人的には少し物足りなさが残ります。
(アッチェレの具合は超個人的にゲルギエフの演奏が好み) 買って損はありません。

シカゴ響との録音をもう少し聴きたかった 評価
ショルティによる指揮より緻密で分厚い音壁を形成している 「レニングラード交響曲」です。
元々、1番と7番「レングラード」の組み合わせで出ていたCDを、 ウィーンフィルとの6・9番のものと組み換えで再販されたものです。
私は旧のほうを持ってます。
1番は一部ライヴによるシカゴも筆の誤り的な演奏ミスがあるので この組み合わせに組み替えたのだと思います。
レニングラードの完璧さは、まさに音の壁が迫ってくる演奏で、 もちろん静と動の部分もバーンスタイン節が炸裂しています。
それにしても、金管楽器の咆哮はすごいですね。
晩年のバーンスタインはチャイコフスキー5・6番にあるように、

シカゴ交響楽団
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第7番

新品価格 ¥ 3,600

中古価格 ¥ 930 (定価の46%引き) 残り1個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2002-10-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
厳しいベートーヴェンがお好きな方に 評価
交響曲第5番と「コリオラン」は1959年の録音。
厳しく厳格な怖~い顔のベートーヴェンが鳴り響くが、第5第1楽章の合いの手ホルンなど奇妙にユーモラスな一面も。
録音も良い。
交響曲第7番と「フィデリオ」は1955年の録音で、弦楽器の配置が変則。
但し「両翼配置」ではないので、終楽章でのヴァイオリンの掛け合いは左側だけで聴こえる。
緊張感とハイテンションの凄い演奏で、リマスターでとても音が良くなってしまった。
1959年の前出の2曲よりも音が良いくらいだ。

シカゴ交響楽団
ショスタコ-ヴィチ/交響曲第7番ハ長調



中古価格 ¥ 900 (定価の73%引き) 残り3個

発売元:ポリドール  発売日:1995-08-02
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ショスタコービッチへの共感をもって熱演 評価
~ショスタコービッチは、第2次世界大戦中、旧ソ連のスターリン政権下、過酷な弾圧に苦悩した人。
バーンスタインは、第2次世界大戦におけるユダヤ民族の悲劇を同胞として見た人。
そういう点で、この二人は共感し合うのだと思う。
しかも、この作品は第2次世界大戦下に書かれた大作。
戦争体験によって生まれたこの歴史的遺産を、バーンスタインは魂を込めて熱~~演したのだと思う。
~

この中に音楽の可能性がすべて込められている 評価
技術・精神・共感すべてが込められた演奏である。
このような演奏をたとえ録音を介して繰り返し聴けることは大変な喜びである。
バーンスタインの一音一音にかける全身全霊の指揮とそれを具現化したシカゴ響のポテンシャルの高さ(特にハーセスを中心とした金管群)はこの演奏が音楽家として最高の出会いの一つであったことを証明している

シカゴ交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第13番「バビ・ヤール」



中古価格 ¥ 1,179 (定価の62%引き) 残り3個

発売元:ポリドール  発売日:1995-06-01
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
交響曲第8番



中古価格 ¥ 1,650 残り5個

発売元:ポリドール  発売日:1992-12-02
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
交響曲第10番ホ短調



中古価格 ¥ 1,600 残り3個

発売元:ポリドール  発売日:1992-06-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
交響曲第1番ハ長調



中古価格 ¥ 356 (定価の88%引き) 残り7個

発売元:ポリドール  発売日:1990-08-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


バルトーク、ストラヴィンスキー
シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:バレエ「ペトルーシュカ」組曲、バレエ「火の鳥」組曲(UHQCD)

新品価格 ¥ 1,555 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,500 (定価の13%引き) 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2017-04-19
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
バルトーク:管弦楽のための協奏曲&弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽

新品価格 ¥ 1,330 (定価の31%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の48%引き) 残り6個

発売元:SMJ  発売日:2012-12-05
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
白熱の「弦チェレ」 評価
ライナーの「弦楽・打楽器とチェレスタのための音楽」(略して「弦チェレ」)はLP時代からの愛聴盤です。
1936年、第2次大戦前夜に作曲された同曲は20世紀の管弦楽作品の中でも極めつけの傑作といえるのではないでしょうか。
私はその時代背景から勝手に第1楽章「予兆と不安」第2楽章「カタストロフ」第3楽章「廃墟」終楽章「復興」というイメージで聴いています。
ライナーの一切の粉飾を排したシャープで気迫と共感に満ちた音楽作り、それに応えるシカゴ響の白熱の演奏によってとてつもない名演に仕上がっています。
その手応えはまさに圧倒的。
本当に音楽が結晶化しているという感じです。

シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」&「春の祭典」

新品価格 ¥ 1,234

中古価格 ¥ 1,000 (定価の18%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-10-17
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
バルトーク:管弦楽のための協奏曲&舞踏組曲

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 930 (定価の24%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-09-19
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
現代のスタンダードを創った演奏 評価
素晴らしい演奏です。
この曲の現代のスタンダードを生みだした演奏と云えるかもしれません。
カラヤンの残した演奏と対極にありますが、どちらも素晴らしいです。

シカゴ交響楽団
バルトーク:打楽器、弦楽器、チェレスタのための音楽、ディヴェルティメント、中国の不思議な役人

新品価格 ¥ 800 (定価の35%引き)

中古価格 ¥ 697 (定価の43%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-09-19
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
快演の「中国の不思議な役人」 評価
このCDの初発は音質向上を図るため信号面に24金メッキを蒸着した DDD PURE GOLDシリーズの1枚で、音質面の素晴らしさから、当時、話題となった名盤であるが、本CDはノーマルCDである。
バルトークの組曲「中国の不思議な役人」では、ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」「ペトルーシュカ」の研究にも熱心であったバルトークが少なからず影響を受けたような痕跡も見受けられるし、メシアンの「トゥーランガリラ交響曲」にも通じるような曲想に感ずる。
ショルティ、シカゴ響による演奏ではこの曲の不気味さやアナーキーとカオスが交差する暴力的でエネルギッシュな曲を全開で展開しながらも、その構成は決して崩れることがない素晴らしい演奏であり、この曲の1、2を争うものではないかと思われる。

シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:春の祭典/ドビュッシー:海/ブーレーズ:ノタシオン第7番

新品価格 ¥ 1,080

中古価格 ¥ 199 (定価の81%引き) 残り3個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-07-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:春の祭典

新品価格 ¥ 1,050 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 481 (定価の61%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2007-02-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ショルティは曲の持つ前衛性とリズム性、破壊力と躍動感を万全に引出した・・・・ 評価
 全盛期のショルティ・シカゴ交響楽団の力量が万全に発揮された演奏です。
 まるでピカピカの金色が空中を飛びぬけ、聴き手に突き刺さるような金管楽器の音色。
 一人で弾いているような弦楽器の合奏。
どんなに変動しようとも決して乱れない抜群のテンポとリズム感。
 合奏はまるで、ハイテク兵器を満載した米機動部隊の総力攻撃のような桁外れの破壊力。
 まさにアメリカの楽団と言いたくなるようなドラム、パーカッション。
 アナログ! とは信じられないとしかいいようのない名録音。
 「春の祭典」の持つリズム感と躍動感、爆発力・破壊力は全盛期のシカゴ交響楽団の演奏とこれ以上は無いと言えるほどにマッチしています。

ショルティ&シカゴお得意のオーケストラ・ピース 評価
サー・ゲオルグ・ショルティとシカゴ交響楽団の黄金コンビのすごさは、やはりこのような派手目の近代的オーケストラ・ピースでこそ発揮されます。
妥協を許さぬ、贅肉を徹底的にそぎ落としたようなショルティの厳しい音楽作りと、やはりストイックで力強いシカゴ交響楽団のサウンドが、この曲のありのままの素晴らしさを伝えてくれています。
まさに、磨きぬかれた名演奏といえるでしょう。
音質も素晴らしい限り。
まさに黄金期のデッカ・サウンド。
お薦めできます。

シカゴ交響楽団
バルトーク:管弦楽のための協奏曲

新品価格 ¥ 1,775 (定価の17%引き)

中古価格 ¥ 1,280 (定価の40%引き) 残り2個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2004-12-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ライナーのバルトーク挽歌 評価
バルトーク演奏としては極めて特殊なポジションにあるものである。
「オケ・コン」も、「弦・チェレ」も、名演に恵まれた曲と言える。
ハンガリー出身の指揮者としてはショルティやドラティ、そしてスタンダードな名演としてはブレーズのものが決定版といってもいいが、このライナーの演奏はそのどれとも異なるものである。
その理由は、「ハンガリー的な要素」すら排した、徹底的にライナー個人のバルトークへの思い入れに満ちているからである。
その意味では誠に感情的な演奏とも言える。
えてしてそのような演奏スタイルは、クラシックの場合失敗に終わるケースが多いが、ここではライナーの手兵シカゴ響の演奏能力と、ライナー自身のもともとの端正な演奏スタイル(新古典主義)が相俟って、信じられない完成度の高い演奏を生み出している。

Amazonレビューのレビュー
   ハンガリーの首都ブダペストに生まれ、1922年に34歳でアメリカに渡った名指揮者フリッツ・ライナー(1888-1963)にとって、深い友情関係にあった同郷の作曲家バルトークの作品は、彼の最も得意とするレパートリーであった。
不遇にあったアメリカ時代のバルトークに温かい尊敬の念を持ってもてなし、数々の初演・アメリカ初演を行うなど、最大の理解者と言ってもいいだろう。
その録音はいまも貴重である。
   1950年代のステレオ初期に録音されたこの演奏は、特に「管弦楽のための協奏曲」(1955年録音)ではライナー独特のオーケストラ配置を反映して、コントラバスとヴァイオリンは左のスピーカーから、ヴィオラと金管は右のスピーカーから聴こえてくる。

シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:バレエ「春の祭典」

新品価格 ¥ 1,500

中古価格 ¥ 163 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-06-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ちょっと変。でも面白い。 評価
「春の祭典」は、ショルティが晩年にロイヤル・コンセルトヘボウと残した録音群の中の1つです。
気心知れたシカゴ交響楽団やウィーン・フィルのときのようにはいかず、なんだかギクシャクしているのが面白く、指揮者、オケのいずれにとっても意外性のある結果が生まれています。
ショルティという指揮者は、ロマン派音楽では即物的で近代的な表現を聴かせることが多いのに対して、こうした近代物では、リズム感の甘さ、タメの作り方、管弦のバランスなどで、やはり古い世代の指揮者なんだなあ、と思わせる瞬間が多々表れます。
シカゴでの「ペトルーシュカ」の方も、そうした面が強く出ており、若手指揮者によるシャープな演奏とは違った人間味が感じられます。

シカゴ交響楽団
バルトーク:ディヴェルティメント



中古価格 ¥ 1,037 (定価の50%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
スケールの大きなバルトークの風景画 評価
ピエール・ブーレーズのバルトーク作品集。
1992年にシカゴ交響楽団を指揮して収録されたこのディスクは「舞踏組曲」を筆頭に、「2つの映像」「ハンガリーの風景」「ディヴェルティメント」等、管弦楽で綴られた風景画のような作品が収められている。
ハンガリーの民謡を素材に描くこうしたエスキス風の小品もバルトークの得意としたところであるが、ここで収められた作品は初期のものから、後期の入口までに渡っており、ブーレーズが描き分ける色彩の変化もまた聴き所といえよう。
……「舞踏組曲」は無声映画の伴奏音楽を思わせるようなニューヨーク・フィルとの旧録音とは一転してダイナミックの広い激しい曲作りとなっている。

いい曲なのに 何度聞いても不満が残る演奏 評価
ディベルティメントはバルトークの中で一番好きな曲なのにディスクが少なくて選べないのが本当に残念です。
当たり障りのない平板な演奏です。
もっと鋭く突っ込んでほしいところだらけです。

シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:バレエ〈火の鳥〉全曲

新品価格 ¥ 5,500

中古価格 ¥ 990 (定価の52%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2002-09-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴを使った新盤 評価
1992年12月シカゴにて録音。
ブーレーズ2度目の『火の鳥』。
インナーには作曲者と語り合う若き日のブーレーズの写真がある。
圧倒的な『管』のパワーを持つシカゴ交響楽団がブーレーズの指揮でどんな『火の鳥』をやってくれるか。
興味はその一点に尽きると思いますが、僕はかなり気に入りました。
僕にとってこの『火の鳥』は最終章がいかに演奏されるか、で評価がほぼ決まってきます。
プログレッシブ・ロック好きなら皆知っている共通認識として、YESのYessongsのオープニングに使われたこの曲が最終的にリック・ウェイクマンのメロトロンと合体したときの素晴らしさは知る人ぞ知るものでした。

シカゴ交響楽団
バルトーク : 弦楽オーケストラのためのディベルティメント



中古価格 ¥ 1,750 残り3個

発売元:ポリドール  発売日:1997-05-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:VN協奏曲



中古価格 ¥ 1,200 (定価の59%引き) 残り5個

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1997-05-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:春の祭典 / バルトーク:管弦楽のための協奏曲Sz.116



中古価格 ¥ 274 (定価の73%引き) 残り8個

発売元:ポリドール  発売日:1996-04-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ストラヴィンスキー:火の鳥



中古価格 ¥ 384

発売元:ポリドール  発売日:1993-10-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
バルトーク : 管弦楽のための協奏曲

新品価格 ¥ 2,000

中古価格 ¥ 315

発売元:ポリドール  発売日:1993-04-24
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
バルトーク:オーケストラのための協奏曲



中古価格 ¥ 122 残り8個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1992-10-28
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
バルトーク:ピアノ協奏曲1&2

新品価格 ¥ 9,644

中古価格 ¥ 649 (定価の75%引き) 残り9個

発売元:ポリドール  発売日:1990-08-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
管のシカゴ協とポリーニの真っ向勝負 評価
ヨーロッパのオーケストラが『弦楽器』主体の演奏だとすれば、シカゴ協は『管楽器』がずば抜けたオケだというのが僕の持論だが、この演奏はそれが最も如実に出た演奏となっている。
まず曲がどちらも素晴らしい上に、管楽器とポリーニのピアノが真っ向から戦っている印象を受けるのは僕だけだろうか。
マーラーの交響曲でアバドて素晴らしい演奏を残したシカゴ協。
渾身の演奏でこの曲の決定版として推薦したい。

シカゴ交響楽団
春の祭典&火の鳥



中古価格 ¥ 497 残り7個

発売元:BMGビクター  発売日:1990-02-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
管弦楽のための協奏曲

新品価格 ¥ 2,000

中古価格 ¥ 400 残り6個

発売元:BMGビクター  発売日:1990-02-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ブラームス、惑星
シカゴ交響楽団
ホルスト:組曲《惑星》

新品価格 ¥ 1,780 (定価の3%引き)

中古価格 ¥ 1,940 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-01-24
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ブラームス:交響曲第1番

新品価格 ¥ 1,150 (定価の6%引き)

中古価格 ¥ 864 (定価の29%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ブラームス:交響曲第2番

新品価格 ¥ 1,090 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 500 (定価の59%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ブラームス:交響曲第4番



中古価格 ¥ 780 残り1個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2013-01-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲、ヴァイオリン・ソナタ第3番

新品価格 ¥ 972 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 308 (定価の71%引き) 残り6個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2011-07-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ホルスト:惑星

新品価格 ¥ 3,593

中古価格 ¥ 1,320 (定価の28%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-05-11
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
金管セクションは圧巻! 評価
ご存じ、シカゴの金管セクションを代表する録音といえるのではないでしょうか。
とくにハーセスを中心としたトランペットセクションは、圧倒的なパワーと存在感で全体を支配しています。
もちろん、弦楽器のアンサンブルも一糸乱れることのない素晴らしいものになっています。
レヴァインの明るく明瞭な解釈も好感が持てます。

シカゴ交響楽団
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲

新品価格 ¥ 1,076 (定価の12%引き)



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2010-10-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ホルスト:惑星

新品価格 ¥ 3,262

中古価格 ¥ 332 (定価の67%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2006-11-08
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
安くなったなー 評価
ほんと、今のクラシック音楽ファンは恵まれている。
このようなすばらしい演奏が、かくも格安の値段で手に入るのだから! 他のレビュアーの方のおっしゃるとおりで、シカゴという名門(金管特に)による伝説的な名録音。
名演奏かと言われると、いろいろご発言もあるようですね(笑)。

惑星どころではなく超新星 評価
昔から名盤とされてきたもの(CD時代全盛期という意味ですが)の再発。
値段が安い! 改めて聞きなおして思ったのですが、まずシカゴ響のブラスセクションはやはり人間技ではない。
同じ音量で聴き続けるのは耳が痛くて困難。
あと、細部にあちこち結構ミスがある。
「火星」の中間部のTpのチョンボは有名。
とにかく豪快でド派手な演奏。
恒星の光を受けて輝く「陽」の部分を前面に、「陰」の部分はとりあえず後回し。
総じて宇宙の神秘も静寂もへったくれもない楽天的過ぎる演奏に聞こえる。
確かに凄演だけど、こればっかり聞いてるとお腹いっぱいでしょう。

シカゴ交響楽団
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲



中古価格 ¥ 648 (定価の51%引き) 残り4個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2004-06-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
パールマン31歳のブラームス−−惚れ惚れする様な名演 評価
私は、パールマンが大好きである。
そして、このCDは、その私が、パールマンのCDの中でも、特に好きなCDの一枚である。
このCDは、パールマンとジュリーニが、1976年に録音したブラームスのヴァイオリン協奏曲収めたCDである。
−−パールマンが31歳の時の録音である。
−−若さと円熟の両方を感じさせる、本当に、惚れ惚れする様な演奏である。
パールマンの音色は、概して明るい。
その明るさは、曲によっては、裏目に出る事も有る様である。
(例えば、ベルクのヴァイオリン協奏曲では、パールマンの音色は美し過ぎて、裏目に出た面が有る。

音も秀逸 評価
昔パールマンが日本に来てN響と競演するまで車椅子のハンディがあるとは知りませんでした。
それほど彼の演奏は活力に溢れていると思います。
このブラームスの演奏は皆さんが絶賛しているとおりで素人の私ごときが言うこともありません。
ここでは一人のオーディオ・マニアとして古い録音であるにも係わらず入念なリマスタリングのおかげで最新録音にもまけない響きを聞かせてくれることを指摘しておきたいと思います。
ノートによれば今回のマスタ製作は日本人のようですが、弦楽器の胴鳴りやオケの分厚いハーモニーがとてもよく再現されています。

シカゴ交響楽団
ブラームス:ドイツ・レクイエム

新品価格 ¥ 990 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 307 (定価の71%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2004-01-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
指揮者バレンボイムの情熱 評価
私が指揮者としてのバレンボイムに親しむ様になったのは、モーツァルトのレクイエムやシューベルトのザ・グレートなどのCDが発売された頃からです。
それまでは、ピアニストとしてのバレンボイムとして親しんでいました。
ピアニストとしてのバレンボイムは、ショパンのノクターン全曲盤などを聴くと、割合中庸で、あまり個性的ではありません。
ところが、指揮者としてのバレンボイムには、メリハリが強く、非常に情熱的であると感じます。
反面、オーケストラの音造りに、緻密さに欠ける面も感じました。
本「ドイツ・レクイエム」は、オーケストラも合唱もソリストも、細緻かつ情熱的です。

シカゴ響の《ドイツ・レクイエム》としては決定盤か。 評価
個人的にはショルティ盤が好きだが、このディスクを聴くとオーケストラも合唱もシカゴ響の全盛期を感じさせられ圧巻である…の割りに最終曲がアッサリしてて「え…もう終わっちゃうの?」と淋しくなります。
第六曲はカトリック典礼のテキストによる「ディエズ・イレ(怒りの日)」ではなく…使徒パウロの手紙をテキストに用いている。
これと全く同じ箇所をバス歌手が力強く歌い上げるのがヘンデル《メサイア》の第三部の「トランペットが鳴り響けば…私たちは変えられる」です。
つまり、この曲は「怒りの日」への恐れではなく、キリストの再臨と私たちの復活を歌ってるんだね…確信というか、喜びであり、やはりショルティやカラヤンの解釈が正しいと思います。

シカゴ交響楽団
ホルスト:惑星



中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-10-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
輝かしく粗っぽい「惑星」 評価
ジェームズ・レヴァインがシカゴ交響楽団を指揮して1989年に録音したホルストの管弦楽曲「惑星」のディスク。
永らくシカゴ交響楽団の音楽監督を務めたゲオルク・ショルティ氏も「惑星」のディスクは作っていなかったので、シカゴ交響楽団待望の「惑星」となった。
ここでの演奏は、シカゴ交響楽団の金管楽器が圧倒的に輝かしい。
その迫力と輝かしさに関しては「さすが」と思わせられる。
……しかし、細部にアラが目立つことも確か。
重症なのは「火星」の中間部でトランペットが小節数を間違えて吹き、それに気づいて止めてしまう(以後トランペットの音が欠落している)。

シカゴ交響楽団
ブラームス&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲



中古価格 ¥ 6,980 残り1個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2002-11-20
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
絶句した。 評価
芸術にゴールはないという概念を覆した人物、それがハイフェッツである、ブラームスでこれでもかと凄まじい演奏を聞かされた後にチャイコフスキー、もう反則である。
第一楽章を聴いただけでノックアウトされてしまった。
技巧的な部分をダブルストップでさらに困難にし、それをさらっと弾ききってしまう、楽譜がわからずとも、全ての音が聞こえてくる。
あいた口がふさがらない。
15分ある一楽章は電光石火のごとく過ぎ去った。
正直、この楽章だけでいいとおもったら第二楽章が始まった。
一変して叙情的なメロディを優雅に演奏する。
そして第三楽章、テンションがまた上がる、そしていつのまにか曲が終わっていた。

頭がくらくらするけど 評価
ガンガンくるので、このCDをしっかり聴くのは、ちょっと疲れるけど。
でも、それでも、このチャイコフスキーは、やっばり、聴きたい。
聴いてもらいたい。
そして聴いてると、やっばり、しっかり聴いてしまう。
もちろんハイフェッツに、そしてオーデイオやCDを発明してくれた人に、感謝です。
幸せ!

シカゴ交響楽団
レッド RED/落ち込みに打ち勝ちたいときに

新品価格 ¥ 6,800

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き) 残り7個

発売元:ポリドール  発売日:1998-09-02
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ホルスト:惑星



中古価格 ¥ 371 (定価の79%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1997-09-05
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
さすがシカゴ響とレヴァイン・コンビ! 評価
世界中が期待していたシカゴ響の惑星。
しかも指揮はレヴァインである。
このオケと惑星の相性はぴったりらしく、レヴァインの指揮にも完璧についていっている。
特に金管楽器は凄いの一言。
木星で聞かせるホルン軍団は凄すぎる。
レヴァインもまとめ方が上手い。
火星は爆演もいいところ。
土星は案外鳴りすぎるかと思いきや、やや抑え目な雰囲気。
天王星はぶっちぎり。
ラストは金管は姿を消し、やさしげな木管楽器を聞くことが出来る。
今まで出ているアメリカオケの中では一番であろう。
落ち着き感は得られないけど・・・。

豪華絢爛 評価
シカゴ響とレヴァイン。
想像したとおりの明るく開放的な演奏だ。
だが、かなり派手なので、聴く人の趣味により評価が分かれるだろう。
おとなしいサウンドが好きな人や、金管のどぎつい強奏が嫌いな人は買わない方がよい。
なお、火星の中間部分でトランペットが拍を取り違えている。
良い演奏だけに、このような凡ミスが悔やまれる。

シカゴ交響楽団
リッチー・ブラックモア・エディションVol.1~ハード・ロック・ミーツ・クラシック

新品価格 ¥ 2,989

中古価格 ¥ 810 (定価の61%引き) 残り9個

発売元:ポリドール  発売日:1997-05-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
プログレ・クラシック(1)エマーソン,レイク&パーマー編



中古価格 ¥ 1,535 (定価の26%引き) 残り2個

発売元:ポリドール  発売日:1997-01-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
惑星*組曲



中古価格 ¥ 647 残り8個

発売元:ポリドール  発売日:1992-11-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ブラームス:ピアノ協奏曲第2番変ロ長調



中古価格 ¥ 600 残り6個

発売元:BMGビクター  発売日:1991-06-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
惑星*組曲



中古価格 ¥ 193 (定価の93%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1991-01-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ラフマニノフ、サン=サーンス
シカゴ交響楽団
サン=サーンス:交響曲第3番《オルガン》、他

新品価格 ¥ 741 (定価の54%引き)

中古価格 ¥ 565 (定価の65%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」他

新品価格 ¥ 2,680 (定価の25%引き)

中古価格 ¥ 1,404 (定価の61%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2013-11-27
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

新品価格 ¥ 1,449

中古価格 ¥ 847 残り2個

発売元:SMJ  発売日:2012-12-05
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
懐かしくて・・ 評価
音楽好きの親戚にプレゼントを探していたとき、このCDを発見。
私が幼い頃、亡父が持っていたレコードと同じ。
父はチャイコフスキー、私はラフマニノフが好きで、両面ともボロボロになるくらい聞きました。
同じものがCDで見つかるなんて嬉しくて、プレゼント用と私用に2枚購入しました。

シカゴ交響楽団
サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン」、死の舞踏、バッカナール、他

新品価格 ¥ 1,131 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 864 (定価の29%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
オルガンの圧倒的な響き 評価
この曲が好きで多くのディスクを聴いています。
迫力あるオルガンを期待すると失望することがほとんどですが、このバレンボイム盤は違います。
オルガンと金管の横綱級のせめぎ合いを存分に楽しめます。
オルガンとオケが別録音で録音も新しくないですが、音質はいいと思います。
シカゴ響の金管のすばらしさ(ガンガン鳴ります)と相俟って、フィナーレはミュンシュ・パリ管のブラームス交響曲第一番を連想させるように圧倒的で感動的です。
お勧めしたい一枚です。

シカゴ交響楽団
サン=サーンス:交響曲第3番



中古価格 ¥ 401 (定価の60%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2011-11-01
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
豪快なオルガン 評価
いろいろなCDを聞いたが、このバレンボイム/CSOが一番オルガンのなり方が豪快で小生はとても好きです。
この曲において細かいことは特別関係ないと思える曲なので、録音がどうなのかに重きをおきました。
オルガンとオーケストラの録音が別だったなんて関係ないですよ!オルガンの鳴りっぷりに乾杯!

シカゴ交響楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番&ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

新品価格 ¥ 7,249

中古価格 ¥ 7,210 残り1個

発売元:BMG JAPAN Inc.  発売日:2009-09-30
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
第1楽章の伸びと第3楽章のリズムの取り方がよい 評価
実はFMで15年以上も前に放送されたのを母が気に入って、カセットテープにダビングしたものが沢山転がっています。
たまたまベートーヴェンという理由で私が録音していたんですが今は母が聴いています。
第1楽章のオーケストラの始まりが凄く良いです。
充分な音量と伸ばしでピアノが入ってきます。
そのピアノの独奏のあとのオーケストラの「パーン、パララッラ・リンランランラン」というリズム感も言いです。
とても切れ味があります。
第2楽章はどこか懐かしさを漂わせる哀愁を帯びた演奏です。
心が落ち着きます。
そのまま第3楽章へと入っていきますが、この入り方も非常に上手いです。

シカゴ交響楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(XRCD+SHM-CD)



中古価格 ¥ 5,400 残り2個

発売元:ビクタークリエイティブメディア  発売日:2008-12-19
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
サン=サーンス: 交響曲第3番/動物の謝肉祭、他

新品価格 ¥ 1,097 (定価の28%引き)

中古価格 ¥ 648 (定価の58%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-03-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
最高に気に入りました 評価
クラシックファンです。
生演奏会も年に何回か足を運びます。
最近は、作家の時代が新らし目の作品を耳障りよく思います。
(リズムや調に変化があって、楽しめる感じ) このCDは出勤の車でずっと聴いています。

聞きやすいクラシック 評価
もともと私はそこまでクラシックが好きなわけではなく、 バッカナールしか知らずに買ったのですが、本当に買って正解のCDでした。
二枚組でこの内容は安いと思います☆ 特に交響曲第3番は豪華でメロディアスで、聞いていて素直にかっこいいと思いました。
このCDでサンサーンスの曲の特徴も少しわかりましたよ。

決定盤?!・・・いや・・ 評価
 本CDは素晴らしい。
名演揃いでしかも廉価。
本シリーズの他のCDも追々購入したいと思います。
 特に良いと思うのは「動物の謝肉祭」ですね。
聴いていると情景が目に浮かび、思わず笑みがこぼれてしまします。
他の追随を赦さない名演かと。
これだけの豪華メンバーが揃えば、ま、当然とも言えるのかも知れませんが。
 別の投稿者が書いておられるように、管弦楽版も収録すべきだったんでしょう。
しかしボク的には、この室内楽版を聴けば、演奏が大変素晴らしいだけに、十分この曲の真髄を堪能できると思い、管弦楽版をあえて収録しなくても良いのかとも思います。

シカゴ交響楽団
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番



中古価格 ¥ 3,656 残り4個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2004-12-22
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
31年前に初めて買ってもらったLP 
レコードプレイヤーが動かなくなって10年。
このクライバーンのレコードを聞くことができず、どうしたらよいかと考えていたところこのCDをみつけました。
クライバーンのチャイコフスキーとラフマニノフを100回以上聞いてきた私には、他の演奏家のCDでの同曲を聴いても、違う!って感じでちょっと不満でした。
私にはクライバーンのピアノしかありません。

シカゴ交響楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/リスト:ピアノ協奏曲第1番 [xrcd]

新品価格 ¥ 2,700

中古価格 ¥ 5,599 残り2個

発売元:日本ビクター  発売日:2004-11-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
サン=サーンス:白鳥(チェロ名曲集)



中古価格 ¥ 23,980 残り1個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2003-11-27
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
サン=サーンス:交響曲第3番



中古価格 ¥ 698 (定価の66%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2003-11-26
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
豪快なオルガン 評価
いろいろなCDを聞いたが、このバレンボイム/CSOが一番オルガンのなり方が豪快で小生はとても好きです。
この曲において細かいことは特別関係ないと思える曲なので、録音がどうなのかに重きをおきました。
オルガンとオーケストラの録音が別だったなんて関係ないですよ!オルガンの鳴りっぷりに乾杯!

シカゴ交響楽団
ライナー・サウンド~超絶のヴィルトゥオーゾ・オーケストラ

新品価格 ¥ 3,800



発売元:BMG JAPAN  発売日:2002-10-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
禁欲的な演奏がこんなに盛りだくさん 評価
奇妙な組み合わせのディスクである。
ラヴェルの管弦楽曲が2曲。
ジャニスを独奏に迎えたリストの「死の舞踏」。
得意なリヒャルト・シュトラウス「ドン・ファン」の最初期の録音と、ラフマニノフの「死の島」である。
録音も演奏もばらつきがあり、曲集としても一貫性がない。
あるいは「あぶれ曲集」といったものかもしれない。
……ラヴェルの「スペイン狂詩曲」は復刻しても録音が良くない。
「亡き王女のためのパヴァーヌ」は音が良い。
しかし色彩感のない実直な演奏である。
リストの「死の舞踏」は音が良くオーケストラ部分の迫力はなかなかのものである。

シカゴ交響楽団
ラロ:チェロ協奏曲

新品価格 ¥ 1,500 (定価の2%引き)

中古価格 ¥ 979 (定価の36%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2001-12-19
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ラフマニノフ : ピアノ協奏曲第2番&パガニーニ狂詩曲



中古価格 ¥ 380 残り4個

発売元:BMGインターナショナル  発売日:2000-10-25
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ライナーとの完璧な競演 評価
フリッツ・ライナー率いるシカゴ交響楽団との共演。
引き締まったライナーのオケにルービンシュタインが柔らかく叙情的に挑む。
長年のベストセラーとなったのもうなずけるすばらしい演奏である。
1956年の録音とは思えない鮮明なリヴィング・ステレオの録音にも驚かされる。

豪快・流麗・闊達なラフマニノフ 評価
厳しい音の管弦楽と、自由闊達なピアノのソロの競演する息もつかせぬラフマニノフ。
1950年代のアメリカの香りがする。
録音も明晰でかなり良いが1956年という年代の古さからか、唐突にモノラルになってしまう瞬間もあり、ヘッドフォンなどで聴いていると気になるところか。
しかしそれを差し引いても、かなり楽しめる名盤。
カップリングされた「前奏曲」はモノラル録音。

シカゴ交響楽団
サン=サーンス:交響曲第3番



中古価格 ¥ 697 (定価の43%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1999-02-01
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
凄みの極み 評価
世界遺産に指定されているシャルトル大聖堂のオルガンを、盲目の老オルガニスト、リテーズが鳴らし、それをシカゴでのオケの録音とシンクロさせた作品。
前半のロマンチックさとしなやかさ、後半の激しく移り変わる表情が絶妙かつ完璧に仕上がっている。
圧倒的なヴィルディオーゾオーケストラとフルオルガンとの饗宴は凄みさえ感じる。
個々には、弦楽器群の強烈なアンサンブル、4手ピアノ、トランペットのオクターブ上げハイCなどが聴きもの。

シカゴ交響楽団
ラフマニノフ:P協奏曲第2番



中古価格 ¥ 1,600 (定価の15%引き) 残り3個

発売元:BMGビクター  発売日:1994-05-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シカゴ交響楽団
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ

新品価格 ¥ 1,500 (定価の34%引き)

中古価格 ¥ 468 (定価の79%引き) 残り5個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:1994-02-23
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
情熱的名演!! 評価
素晴しい演奏である。
愚演で聴くと曲の弱さが露呈して、滑稽なものとなってしまいがちな作品であるが、この盤は素晴しい。
テンポの速い部分はたたみかけ、遅い部分は悠然と歌い上げる。
緊迫感と寛ぎが絶妙のバランスで、全曲を一気に聴かせてくれる。
この熱気をやりすぎと評する方もあるようだが、これで過剰ならば演奏というものに何を望むのであろうか?デュプレに比べれば、世評高いR氏+帝王の演奏はサウンドの迫力こそあれ、鈍重に聴こえる

シカゴ交響楽団
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番



中古価格 ¥ 178 残り6個

発売元:BMGビクター  発売日:1990-03-21
  

シカゴ交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION