バイエルン交響楽団 のCDを紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。ベストアルバム、グレーテストヒッツ、ライブ版、名曲集を紹介します。  

バイエルン交響楽団,の名曲,ベストCD,DVDの試聴,視聴,紹介,評判,レビュー,安売り価格,値段,中古価格


全集、ベストアルバム
バイエルン交響楽団
ヴォルフガンク・サヴァリッシュBOX 1980-1991年[8枚組]

新品価格 ¥ 4,596 (定価の22%引き)



発売元:Orfeo  発売日:2018-11-28
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
マーラー:交響曲 第1番-第9番 BR KLASSIK マーラー名演集[11枚組]

新品価格 ¥ 6,728 (定価の22%引き)

中古価格 ¥ 6,048 (定価の30%引き) 残り1個

発売元:BR-KLASSIK  発売日:2018-04-20
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
マリス・ヤンソンス●ポートレート 75歳記念BOX[5枚組]

新品価格 ¥ 4,907 (定価の19%引き)



発売元:BR-KLASSIK  発売日:2018-01-12
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
交響曲全集、管弦楽曲集、協奏曲集 コリン・デイヴィス&バイエルン放送交響楽団、ゲルハルト・オピッツ、竹澤恭子(5CD)

新品価格 ¥ 1,466



発売元:Sony Classical *cl*  発売日:2017-10-26
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
マリス・ヤンソンス:ベートーヴェン交響曲全集-交響曲 第1番.第2番+シュタウト「マニアイ」.望月京「ニライ」

新品価格 ¥ 1,485 (定価の40%引き)

中古価格 ¥ 3,464 残り2個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2015-10-28
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団 ベートーベン交響曲 全曲演奏会 ブルーレイBOX [Blu-ray]

新品価格 ¥ 21,206 (定価の27%引き)

中古価格 ¥ 19,000 (定価の35%引き) 残り2個

発売元:NHKエンタープライズ  発売日:2013-09-27
  

値段設定がひどい。 評価
このコンサートには参加しましたので、ブルーレイが出ると聞いてとても嬉しかったです。
でも、NHKさん、この価格は高すぎませんか?28,560円・・・。
海外の会社が販売するんだったらブルーレイでも1万5千円くらいだと思います。
テレビで放送してるのにヒドイですね。
N響のCDも高いし。

内容紹介 
名匠&世界最高峰の楽団の固い絆。
満を持して開催されたベートーベン・ツィクルスの日本公演! ヤンソンスの長年に渡るレパートリーでもあるベートーベン交響曲だが、これほどの短期間でそれも日本公演で演奏されるのは初のこと。
各公演日ともスタンディングオベーションが鳴り止まず、アンコール演奏でオーディエンスに応えるほどの大盛況となった。
そのサントリーホールで行われた4日間の熱情や興奮、そして緊張や開放感を丸ごと詰め込んだブルーレイ・DVDが満を持して登場。
【内容】・「マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団 ベートーベン交響曲第4番/第3番」・「マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団 ベートーベン交響曲第1番/第2番/第5番」・「マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団 ベートーベン交響曲第6番/第7番」・「マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団 ベートーベン交響曲第8番/第9番」上記の単品商品を収納したBOX仕様商品■特典映像:マリス・ヤンソンス インタビュー■封入特典:リーフレット(予定)各巻■指揮:マリス・ヤンソンス ■演奏:バイエルン放送交響楽団 ■合唱:バイエルン放送合唱団■出演:ソプラノ/クリスティアーネ・カルク アルト/藤村実穂子 テノール/ミヒャエル・シャーデ バス/ミヒャエル・フォレブルーレイの音声は96Khz24bitを非圧縮で収録した高音質を実現。

バイエルン交響楽団
マリス・ヤンソンス&バイエルン放送響 ベートーヴェン:交響曲全集+現代の作曲家たち(6CDs)

新品価格 ¥ 9,028

中古価格 ¥ 4,320 (定価の33%引き) 残り4個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2013-09-25
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
ヤンソンス&バイエルン放送響における「現在最高の」ベートーヴェン・ツィクルス登場!それは、単なるベートーヴェンの交響曲全集ではなく、また、単なる「来日公演」のライヴ集ではありません。
昨年のマリス・ヤンソンス来日公演、ベートーヴェン・ツィクルスinサントリー・ホールは様々な反響を呼びました。
それは現代における「ベートーヴェン演奏」の可能性を探るものであり、透明感のある響きと近代的なテンポ設定など、従来の解釈を大切にしながらも、独自の見解を上乗せした素晴らしいものでした。
しかし、ヤンソンスはこの演奏をそのままパッケージするのではなく、もっと高みを目指すために、一部の曲をミュンヘン・コンサートのものと差し替え、その上、現代作曲家の「ベートーヴェンの交響曲から生み出された」作品(これはヤンソンスが各々の作曲家たちに委嘱したもの)を組み合わせるという、極めて実験的な試みを施すことで、数多のツィクルスとは完全に差別化を図った1セットを創り上げたのです。

バイエルン交響楽団
ヴォルフガング・サヴァリッシュ&バイエルン放送響 ライヴBOX (Wolfgang Sawallisch Edition) (8CD-BOX) [輸入盤]

新品価格 ¥ 3,666



発売元:Profil  発売日:2013-04-16
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
価値あるドキュメント 評価
サヴァリッシュの訃報は,「音楽する」ことの何ものかを教わった恩人を送ることを意味していた.そういう人間にとって,まずは,この集成のドキュメントとしての価値がかけがえのないものだ.以下の話は,それを割り引いて受け取ってください.まず,日本でNHK交響楽団の2000回定期公演,75周年という記念の特別演奏会で2度までもとりあげた,メンデルスゾーンの「エリア」.当時の東独陣営と行った録音もあるが,充実した力をもつ共演者を得た実演のサヴァリッシュは,息詰まる展開を劇的に描いて,あるいは作曲者が想像した以上の内容を引き出しているのではないかと思うほどだ.ハイドンの「四季」は,ほかではきけないレパートリーだが,ハイドンはこの指揮者好みの作曲家でもあり,交響曲でも定評がある.声楽作品の扱いについては言うまでもない.ここでも期待を裏切らない端正にしてあたたかな名演がきける.そして,オルフの「アンティゴネ―」の古い録音がはいっているのが驚きだった.指揮者と同郷のゆかりの深い作曲家で,ミュンヘン時代にも重要なレパートリーだったが,セットものでなければ購入して聞くこともなかったであろう.わたしには比較の材料も知識もないが,緊密なアンサンブルで聞かせるような曲で,サヴァリッシュが悪かろうはずがない.モーツァルトの2曲,高水準のバイエルン放送交響楽団を得て,サヴァリッシュの望んだところにもっとも近い音楽が鳴っているとの印象が与えられる.懐かしい音楽づくり.堂々たるアレグロ,揺れ動くアンダンテ,軽快なメヌエット,輝かしく疾走する終楽章は,いずれの曲でも共通する.解釈・設計の点でも,技術的にも,完成度の高い演奏である.もう一つのお家芸,室内楽のピアノもよい記念である.ここではよりインティメートで力の抜けた楽しさがあるが,細やかな表情を伴いながらも,音楽は推進力を失わない.音楽が時間芸術であり,不可避的に前進的なものであること.冒頭「教わった」と言ったことのひとつである.

バイエルン交響楽団
ロリン・マゼール: シューベルト交響曲全集 / Schubert: Symphonies Nos. 1-8

新品価格 ¥ 2,659

中古価格 ¥ 2,347 残り6個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2013-03-27
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シュウベルトの交響曲全集について 評価
クラシックの音楽は、そんなに聞き分ける感性や耳をもっていないので、これは買い得でした。
ほんとは「ザ・グレイト」だけを買おうと、思っていたのですが、その値段で全曲集が買えたので満足しています。

発売元のレビュー
Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks - Lorin Maazel, direction

内容紹介 
ディスク 1 1-4.交響曲 第1番 ニ長調 D82 5-8.交響曲 第2番 変ロ長調 D125 9-12.交響曲 第6番 ハ長調 D589 ディスク 2 1-4.交響曲 第3番 ニ長調 D200 5-8.交響曲 第4番 ハ短調 D417 9-12.交響曲 第5番 変ロ長調 D485 ディスク 3 1-2.交響曲 第7番 ヘ短調「未完成」 D759 3-6.交響曲 第8番 ハ長調「ザ・グレート」D944 1993年から2002年まで、バイエルン放送交響楽団の首席指揮者として活躍したロリン・マゼール。
彼らはブルックナーの全交響曲の名演をはじめとした数々のアルバムをこの世に送り出しています。
このシューベルト(1797-1828)は2001年の記録で、友好な関係を象徴するような幸福感に溢れた演奏を聴くことができます。

商品の説明 
Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks - Lorin Maazel, direction

バイエルン交響楽団
ベートーヴェン交響曲全集

新品価格 ¥ 27,386

中古価格 ¥ 3,240 (定価の52%引き) 残り3個

発売元:ナクソス・ジャパン(株)  発売日:2012-12-01
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
内容紹介 
《曲名続き》 ディスク 4 1. 交響曲 第7番 イ長調 Op.92 - 第1楽 章:Poco sostenuto - Vivace 14:33 2. - 第2楽章:Allegretto 8:21 3. - 第3楽章:Presto - Assai meno presto 9:02 4. - 第4楽章:Allegro con brio 8:11 5. 交響曲 第8番 ヘ長調 Op.93 - 第1楽章:Allegro vivace e con brio 9:36 6. - 第2楽章:Allegretto scherzando 3:48 7. - 第3楽章:Tempo di Menuetto 4:44 8. - 第4楽章: Allegro vivace 7:39 ディスク 5 (BR KLASSIK 900108と同内容の通常CD盤) 1. 交響曲 第9番 ニ短調「合唱」Op.125 - 第1楽章:Allegro ma non troppo e und poco maestoso 15:55 2. - 第2楽章:Molto vivace - Presto 12:08 3. - 第3楽章:Adagio molto e cantabile - Andante moderat 13:37 4. - 第4楽章:Finale: Presto - Allegro assai 24:08 お待ちかね、ヤンソンスとバイエルン放送交響楽団による渾身のベートーヴェン(1770-1827)交響曲全集です。

アーティストについて 
クラッシミラ・ストヤノヴァ(ソプラノ) リオバ・ブラウン(アルト) ミヒャエル・シャーデ(テノール) ミヒャエル・ヴォッレ(バリトン) ミヒャエル・グレーザー(合唱指揮) バイエルン放送交響楽団&合唱団 マリス・ヤンソンス(指揮)

バイエルン交響楽団
マリス・ヤンソンス: ベートーヴェン交響曲全集

新品価格 ¥ 27,188

中古価格 ¥ 1,950 残り4個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2012-12-01
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
近年のベートーヴェン・交響曲全集の中で最も「普通」。 評価
2011年から2012年にかけて多くのベートーヴェン・交響曲全集が出ましたが、これはその中でも最も「普通」な一組かと思います。
シャイーほど過激でもなく、バレンボイムのように保守的でもありません。
かといってティーレマンのように指揮者の個性を全面に打ち出すわけでもなく、あるいは古楽器奏法を取り入れるでもなく、とにかくオーソドックス。
といっても、凡庸、というわけではなく、仕上げの丁寧さにヤンソンスの真骨頂が現れています。
テクスチュアは透明で、アンサンブルは強靭、音楽に適度な推進力があり、現代楽器によるベートーヴェン演奏のスタンダードとして、誰にでもお薦めできる一組に仕上がっていると思いました。

内容紹介 
《曲名続き》 ディスク 4 1. 交響曲 第7番 イ長調 Op.92 - 第1楽章:Poco sostenuto - Vivace 14:33 2. - 第2楽章:Allegretto 8:21 3. - 第3楽章:Presto - Assai meno presto 9:02 4. - 第4楽章:Allegro con brio 8:11 5. 交響曲 第8番 ヘ長調 Op.93 - 第1楽章:Allegro vivace e con brio 9:36 6. - 第2楽章:Allegretto scherzando 3:48 7. - 第3楽章:Tempo di Menuetto 4:44 8. - 第4楽章: Allegro vivace 7:39 ディスク 5 (BR KLASSIK 900108と同内容の通常CD盤) 1. 交響曲 第9番 ニ短調「合唱」Op.125 - 第1楽章:Allegro ma non troppo e und poco maestoso 15:55 2. - 第2楽章:Molto vivace - Presto 12:08 3. - 第3楽章:Adagio molto e cantabile - Andante moderat 13:37 4. - 第4楽章:Finale: Presto - Allegro assai 24:08 お待ちかね、ヤンソンスとバイエルン放送交響楽団による渾身のベートーヴェン(1770-1827)交響曲全集です。

アーティストについて 
クラッシミラ・ストヤノヴァ(ソプラノ) リオバ・ブラウン(アルト) ミヒャエル・シャーデ(テノール) ミヒャエル・ヴォッレ(バリトン) ミヒャエル・グレーザー(合唱指揮) バイエルン放送交響楽団&合唱団 マリス・ヤンソンス(指揮)

バイエルン交響楽団
ロリン・マーゼル: ブルックナー交響曲全集

新品価格 ¥ 5,440

中古価格 ¥ 5,529 残り5個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2010-11-25
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
マゼールの5番はもの凄い。マイベストです。 評価
いろんな指揮者でのブルックナー交響曲全集を集めていますが、このマゼールの全集もレベルが高いですね。
重過ぎず、知的で巨匠風の堂々とした演奏です。
また、バイエルン放送交響楽団の出す音が素晴らしい。
マゼールのブルックナーはベルリンフィルとの7番・8番も評価が高く、ヴァント=ベルリンと双璧の演奏でしたが、こちらの全集の特に5番は壮絶な演奏です。
私の場合特に8番で比較試聴することが多かったのですが、この全集の5番を聞いてからは5番の魅力にとりつかれ、マゼールの実力をまざまざと見せつけられました。
フィナーレでの劇的な展開、スリリングな棒さばき。

バイエルン交響楽団
ブルックナー:交響曲全集

新品価格 ¥ 10,424

中古価格 ¥ 3,800 (定価の34%引き) 残り3個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2010-11-25
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
バイエルン放送交響楽団60周年記念BOX

新品価格 ¥ 15,345

中古価格 ¥ 2,040 残り9個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2010-01-20
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
地味に世界最高峰 評価
Disc1-2 フルトヴェングラー:交響曲第2番 ホ短調(2枚組) 1954年録音演奏: オイゲン・ヨッフム(指揮)Disc3 ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調 1977年5月 ライヴ録音演奏: ラファエル・クーベリック(指揮)Disc4 リムスキー・コルサコフ:ロシアの謝肉祭/フランク:交響曲ニ短調 1980年2月8日ライヴ 演奏: キリル・コンドラシン(指揮)Disc5 エルガー:エニグマ変奏曲 1983年録音/R・ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第6番 1987年録音演奏: サー・コリン・デイヴィス(指揮)Disc6 ストラヴィンスキー:春の祭典 1999年6月録音/ストラヴィンスキー:「火の鳥」組曲 1998年4月録音演奏: ロリン・マゼール(指揮)Disc7 R.シュトラウス:「ばらの騎士」組曲/R.シュトラウス:ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら/R.シュトラウス:4つの最後の歌…アニヤ・ハルテロス(S)演奏: マリス・ヤンソンス(指揮)

バイエルン交響楽団
オネゲル:交響曲全集【SHM-CD仕様】

新品価格 ¥ 3,018 (定価の4%引き)

中古価格 ¥ 4,997 残り2個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2009-04-22
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
デュトワの渋いアルバム 評価
代表曲とされている第3番は、現代的で激しい不協和音に彩られているが、その一方美しいメロデイが随所にみられるところなど、映画音楽を思い起こさせる。
事実オネゲルは多数の映画音楽を作曲しており、その手法が交響曲でも見られるということなのだろう。
聴き易い箇所もあちこちにあるが、魅力的なメロディが展開して行くことはなく、なんとなく捉えどころがない印象がある。
ショスタコーヴィチのような求心力に乏しい所が、メジャーになりきれない所以なのかもしれないが、ヴォーン・ウィリアムズと似たような雰囲気のところもあるので、もうちょっと人気があってもいい気がする。

バイエルン交響楽団
モーツァルト・リラクゼーションBOX~Audio&V‐music(DVD付)

新品価格 ¥ 3,999 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 1,580 (定価の63%引き)

発売元:BMG JAPAN  発売日:2006-10-25
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ブラームス:ピアノ協奏曲全集

新品価格 ¥ 3,085

中古価格 ¥ 2,052 (定価の33%引き) 残り8個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2003-06-25
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ヤッパリ、ブラームスのコンツェルトはオピッツ!! 評価
同じCDに2回もレビューを書いてしまったことをお許しください。
とにかく凄い!!僕が将来オピッツの元で学びたいと思った記念すべき1枚!!クリスティアン・ツィメルマンも聴いて感動したけれど、オピッツは感動を通り過ぎてしまって何か魔力を感じる。
ピアノはスタインウェイながら、少々渋めの音色で、これがデイヴィス率いる名門バイエルン放送響と見事にマッチしていて、オケの実力を問われる曲だけに見事としか言いようがない!ことに僕が最も好きな2番は、リヒテル、アラウ、ツィメルマン、ブフビンダー、ポリーニ、園田高弘も聴いたけれど何か、オピッツにはドイツ人がドイツ物を弾く魔力を感じて参ってしまった。

見事としか言えないブラームス 評価
ソロ全集の続編として、オピッツがデイヴィス指揮名門バイエルン放送交響楽団のサポートを得て、全ピアノ協奏曲の登場だが、ソロの時よりもさらに味わい深い演奏を披露してくれていて、これまた、彼の代表盤になるに違いない。
ことに、2番の協奏曲では、古くはバックハウス、アラウ等、最近ではポリーニ、ツィメルマン等数多くの名盤がある中で、このオピッツ盤はその中でもひと際輝く、名盤中の名盤とも言える内容で、ブラームス=オピッツという図式が完全に確立されたと言える。

バイエルン交響楽団
オネゲル:交響曲全集



中古価格 ¥ 972

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2001-07-25
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
デュトワのオネゲル 評価
数少ないオネゲルの交響曲全集である。
全般的にサラリとした演奏であり、ミュンシュの怪演などと比較して物足りなさは残るだろう。
ただし、交響曲第4番は際だった名演である。
スイスの清澄な風が吹き渡ってくるかのようである(ミュンシュの演奏よりもよい)。
なお、音量・音質のセッティングには注意を要する。
レコーディング音量レベルは小さめなのでり、低音域が不足しがちである。
適正な音量・音質になるよう、聞きながら調節してから聞いた方がよい。
さもないと正しい評価ができないでしょう。

デュトワのオネゲル 評価
もっとも有名な作品、交響曲第3番「典礼風」は、ミンシュ、アンセルメなど従来の演奏では、非協和音の衝撃を弱め、目立たないように演奏していたが、デュトワは譜面どおりに演奏しており、この方が作曲者の意図を忠実に反映していると感じた。
第4番は、代表作「典礼風」と悲観的な第5番の間にあって、あまり知られていないが、美しい曲である。

バイエルン交響楽団
ドイツ・グラモフォン100年BOX



中古価格 ¥ 15,000 残り4個

発売元:ポリドール  発売日:1997-12-17
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
マーラー:交響曲全集



中古価格 ¥ 14,000 残り1個

発売元:ポリドール  発売日:1996-11-25
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ブルックナー、モーツァルト
バイエルン交響楽団
モーツァルト:レクイエム

新品価格 ¥ 1,740 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,810 (定価の6%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-07-04
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
モーツァルト:大ミサ曲ハ短調、アヴェ・ヴェルム・コルプス、エクスルターテ・ユビラーテ

新品価格 ¥ 1,771 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 1,350 (定価の30%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-07-04
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ブルックナー:交響曲 第8番 ハ短調(1890年稿)

新品価格 ¥ 2,108 (定価の16%引き)



発売元:BR-KLASSIK  発売日:2018-05-23
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ブルックナー:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 3,325 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-03-07
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ヨッフムの5番は特別です 評価
ブルックナーファンの座右の本に『音楽の手帖/ブルックナー』(1981年青土社刊)があります。
ここでヨッフムは5番の解釈について蘊蓄をかたむけています。
分析的な解釈と確固たる信念に基づく演奏ー5番は特にヨッフムが得意としていた演目です。
派手さはないかも知れません。
また、大向こうを唸らせるような所作とも無縁ですが、正統性(オーソドキシイ)とでもいうべき品格がこの盤にはあります。
新しい演奏がどんどんリリースされるなかにあって、この1枚の歴史的な価値は決して減じることはないと思います。
なお、詳しくは下記をご覧下さい。
http://spaces.msn.com/shokkou/

明るく楽天的で、厳しくない《5番》。 評価
私が所有するディスクの中で、こういう天気の良い日に山登りでもするような気持ち良さを感じる《5番》は数少ない…クナッパーツブッシュのウィーン盤くらいかな。
どうも、最近、厳しく構築されたブルックナーばかり聴いていた…こういう疲れない、むしろ、癒される演奏は久しぶりに聴くような気がします。
バイエルンの南ドイツ的な柔らかく豊かな響きが素晴らしい。

バイエルン交響楽団
ブルックナー:交響曲第6番

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 864 (定価の29%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-03-07
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
2,5,6番が好きなヘンタイ 評価
この演奏、まるで昨日録ってきたみたいに清新。
6番は7番よりもはるかにダイナミックな曲だがなぜか人気がない。
もしそのせいでこれを聞いたことがないなら、いますぐに聞くべし。
すらすら、さらさらと聞かせてくれる見事な演奏。
重すぎず、かといって軽すぎず。
南ドイツの楽天的なところを強調したらうがちすぎ?でも、あの荘厳なチェリビダッケ/ミュンヘンの演奏の対極に位置するような不思議な音色。
私はここのところずっとこれを車で聞いていて飽きが来ない。
1楽章の終わりなんか、もうちょっと粘って欲しいし、ティンパニが不完全燃焼かなと思えるけど、2楽章の美しさに魅せられ、ついつい何度もリピートされるに任せてしまう。

ブルックナーの大家、ヨッフムによる名盤です 評価
人気の5、7、8、9番に隠れ、今一つ、人気のない6番ですが、個人的には、第2楽章の美しさをはじめ、非常に好きな1曲です。
で、当アルバムの指揮者は、国際ブルックナー協会ドイツ支部の理事長を、長らく務めたブルックナーの大家、ヨッフムです。
ヨッフム指揮のブルックナーは、決して派手さがなく、じわじわと良さが湧き上がってくると言われますが、このアルバムも、その世評同様、最初の頃は、あっさり通り過ぎてしまうのですが、何回も聞いているうちに、虜になってしまう魅力を持ったアルバムです。
中でも、やはり、秀逸なのは、第2楽章の美しさ。
良く天上の音楽という形容をされる音がありますが、まさに、その言葉がぴったりの演奏です。

バイエルン交響楽団
ブルックナー:交響曲第3番

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 703 (定価の43%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-03-07
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
モーツァルト:ピアノ協奏曲第19番&第23番、他

新品価格 ¥ 1,451 (定価の16%引き)

中古価格 ¥ 1,630 (定価の5%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-05-11
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番&第24番



中古価格 ¥ 432 (定価の57%引き) 残り9個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2014-12-01
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ケンプ氏の心温まる語らいのひととき 評価
1977年録音の第22番は、80歳前の演奏で多少もたつきはあるかもしれませんが、心癒される演奏だと思います。
速いパッセージでも不用意(不連続)に突っ込むこともなく、ひとつひとつの音を丁寧に弾いているので、聴いていて安心感があります。
オケも、クラリネットが美しい音を奏でています。
1960年録音の第24番は、演奏時の年齢が前曲より若い分、演奏の巧さはさすがです。
速いパッセージを大きく盛り上げた後に、すっとオケの音に溶け込んで弱い音を繊細に奏でたり、強拍で強い音を弾くときもフレーズの出だしでは少しタメをつくるなど、角が立たずに心地よく歌っています。

ヒューマニズムに溢れたケンプの絶妙なタッチに脱帽!! 評価
70年代の録音である変ホ長調の22番では、指がもたれるというか、タッチミスがあるいうか、、ケンプのテクニックの衰えを感じさせられる部分もあるんだけど、、一音一音、確かめるように慈しむかのように丁寧に弾き込んでゆくケンプの姿勢にただただ頭が下がる思いである。
一方バンベルク響との24番は短調という曲の性格もあるが、、緊張感にみちた文句なしの名演である。

バイエルン交響楽団
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」

新品価格 ¥ 2,000 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 1,780 (定価の24%引き) 残り3個

発売元:キングレコード  発売日:2011-12-21
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ザンデルリング 心地よき落ち着いた演奏 評価
ザンデルリングのブルックナー4番は、「柔よく剛を制す」に似て、角張ったところがなく音楽が緩めのテンポのなか自然に滔々と流れていく印象。
一歩間違えば、締りのない弛みにも通じるリスクもあるが、そうならないのは指揮者、オーケストラともにブルックナーの音楽に対する強い愛惜の気持ちが根底にあるからだろう。
そこを汲み取れるか否かで本演奏の評価も違ってくる。
べームやテンシュテットのような直截の「熱さ」は感じないが、ライヴ盤ながら沈着さが全体を支配し、これはこれで心地よき落ち着いた演奏である。
バイエルン放送交響楽団の<音>はヨッフム時代に鍛えられ、独特の透明感があって聴きやすい。

バイエルン交響楽団
ブルックナー:交響曲第7番[(SACD Hybrid]

新品価格 ¥ 2,176 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 2,000 (定価の20%引き) 残り3個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2009-10-08
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ブルックナー:交響曲第3番



中古価格 ¥ 917 残り8個

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-05-18
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
クーベリック/独自のメローディクの威力 評価
3番の秀演である。
テンポは全般にかなり早い。
そのうえでアゴーギクは相当大胆に用いられる。
ブラームスはブルックナーの音楽は買っていなかったがドヴォルザークの「メロディ創造力」は高く評価していたと言われるが、クーベリックの演奏を聴いているとブルックナーのメロディがドヴォルザークと二重写しで錯覚して聞こえるような気すらする。
クーベリックの織りなすメロディは生気に満ち実に溌剌としている。
個々のメロディに愛着をもって音楽を再現している姿が眼に浮かぶような演奏である。
弦や管の各パートも、アド・リビトウム(自由度のあるテンポ)で情感たっぷりにメロディを奏でているように聞こえるが、それでいて全体のバランスや統一感はきりりとしている。

バイエルン交響楽団
ブルックナー:交響曲第4番

新品価格 ¥ 1,157 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 498 (定価の61%引き)

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-05-18
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
素晴らしい録音、この上ない演奏。 評価
ク-ベリック・バイエルン放響のブルックナ-4番は録音・演奏ともに実に素晴らしい。
録音の優秀さはマイクを通して収録していることを忘れてしまうほどで前後の奥行き、左右のバランス、各楽器の音量といい過不足がまったく無く正に特等席もの。
演奏もこの上なく、極めて自然な音がそれこそ大河のように流れる。
当盤を含むこのコンビによる1978-1980年頃のCBSソニ-への録音-シュ-マン、モ-ツアルトの交響曲-は優秀作品揃いだが中でもブル4は神がかり的といえる。
このCDが初めて売り出されたものを約20年間愛聴しているが他の演奏と比べてもやはり群を抜いている。

3番と聴き比べたいクーベリック流 評価
1979年11月の録音。
遅めのテンポでじっくりと熟成させるような演奏である。
クーベリックとバイエルン放送交響楽団(Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks)のコンビで聴くブルックナー演奏には、その背後に独特の思いや高いプライドがあるように思う。
クーベリックは、ブルックナーの「泰斗」ヨッフムの跡目をついで、このオケの特質にさらに磨きをかけてきたと言えるだろう。
彼は、1961〜1979年の永き期間にわたってこのオーケストラを指揮したが、スラヴ系作曲家、ハルトマンなど20世紀の作曲家に加えて、ブルックナーやマーラーも得意の演目だった。
音楽の自然の流れを重視しそこに熱い思いを注ぎ込むクーベリックの演奏スタイルは、時にフルトヴェングラーやテンシュテットの演奏を連想させる。

バイエルン交響楽団
モーツァルト:交響曲第40番&第41番

新品価格 ¥ 1,157 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 498 (定価の61%引き)

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-05-18
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
古き良き時代を感じさせる名演奏 評価
ベームやワルターもいいんだけど、個人的にはクーベリックやケルテスといったチェコ、ハンガリー出身の指揮者、モーツァルトを振ると格別の味わいがあるとおもう。
やっぱりオーストリー文化圏の風土。
民族的な土壌があるのかな???とにかく、純粋に音楽に耳を済ませてもらいたい。
ほんとに噛めば噛むほど、味わいがでてくるするめかなんかみたいにちょっと枯れててほんと、いいんだから。

ニュートラル 評価
基本的にニュートラルな演奏です。
(これは褒め言葉として言っています。
)モーツァルト音楽の特徴である甘さ、暗さ、憂鬱さなどを自然なタッチで描き出しているのは評価すべきだと思います。

んー…若い頃のウィーンでの録音のほうが良い。 評価
《40番》は、晩年のベームと似ている気もする…誰でも歳を重ねると、こうなるのだろうか。
ただ、ベームの場合、由緒正しいウィーンの風情が、そこはかとない「老いらくの恋」的なシミジミとした良さがある…ウィーンフィルの自発性も素晴らしいが。
このクーベリク盤は残念ながら、そういった主情的な魅力に乏しい、ただ年寄りが振ってる《40番》です…まあーさすがにクーベリクだけあって纏まりはあるが少し緩んでいる。
晩年の演奏という点ではバーンスタインの《40番》がアバウトな主情的な演奏に聞こえるが意外にキッチリとしていて素晴らしい。
《ジュピター》は緩徐楽章から先は退屈してしまった…これは明らかに若い頃の演奏のほうが解釈も明晰で推進力もある、彫りの深さもある。

バイエルン交響楽団
モーツァルト:交響曲第35番&第36番

新品価格 ¥ 1,046 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 235 (定価の81%引き)

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-05-18
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
颯爽、溌剌。品位、風韻、香気。 評価
「ハフナー」は、ウィーンで独立音楽家となったモーツァルトが『後宮からの逃走』を発表し、勢いに乗っている時に一気に書かれた若々しく溌剌としたシンフォニー。
クーベリックは、品位高く、香気を漂わせ、ウィーン的な、あるいは祝祭的な世界を形にする。
「リンツ」は、立ち寄ったリンツで4日間で書き上げられたハイドン風の名作。
第1楽章冒頭、モーツァルトが初めて作った、アダージョの序章での幕開け。
第2楽章アンダンテは悠々と、クーベリックらしい魅力が全開。
バイエルン放送交響楽団の音色も美しい。
第3楽章、3/4拍子のメヌエット、ハイドンの様式という服装の中に、モーツァルトがいて、楽しく聴ける。

古き良き時代を感じさせる名演奏 評価
ベームやワルターもいいんだけど、個人的にはクーベリックやケルテスといったチェコ、ハンガリー出身の指揮者、モーツァルトを振ると格別の味わいがあるとおもう。
やっぱりオーストリー文化圏の風土。
民族的な土壌があるのかな???とにかく、純粋に音楽に耳を済ませてもらいたい。
ほんとに噛めば噛むほど、味わいがでてくるするめかなんかみたいにちょっと枯れててほんと、いいんだから。

バイエルン交響楽団
モーツァルト:交響曲第38番&第39番

新品価格 ¥ 1,111 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 35 (定価の97%引き)

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-05-18
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
蛇足ですが・・・ 評価
クーベリックと日本では発音されますが、正しい発音は「クベリーク」です。
アクセントは後ろのリークにあります。
指揮者のみならず、正確な発音はないがしろにされ勝ちです。
ベートーベンも、正しくはベートホーフェンと言います。
日本語風で勿論結構ですが。
ちなみに演奏は折り紙つきです。
サヴァリッシュ教授にお会いした時に、モーツアルト解釈の基本だと仰っておられました。

リーダーズチョイスで1位に選ばれた名盤 評価
モーツァルトの音楽は演奏家を試す試金石のようなところがある。
めまぐるしい転調や天馬のごときメロディー、天才の早書きによる天性の即興など凡人では一筋縄でいかない音楽だからだ。
普通に演奏すれば退屈になり、奇を衒って工夫を試みれば曲の構成美を傷つけてしまう。
この難題をクリアするためにはモーツァルトのような天才の感性で接するか、長年の知識と経験を生かした風格のある匠の技で勝負するしかない。
クーベリックのこのCDは後者の模範ともいうべき演奏だ。
テンポは変化せず、可愛がりながら見守るような父性溢れた演奏で、はじめて聴くときは凡庸にしか聞こえないのに、繰り返し聴くことで指揮者の造詣の明るさが肌に感じられるようになる。

バイエルン交響楽団
モーツァルト : ピアノ協奏曲第23番・第27番



中古価格 ¥ 1,900 残り1個

発売元:キング・インターナショナル  発売日:2001-01-24
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
モーツァルト:戴冠ミサ



中古価格 ¥ 450

発売元:ポリドール  発売日:1997-02-05
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
モーツァルト : 交響曲第38番「プラハ」

新品価格 ¥ 600 (定価の68%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1996-10-21
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
至芸、モーツアルトの軽快さと劇的緊張感の絶妙表現。 評価
意表を突く重厚な「ドン・ジョバンニ」を思わせる第1楽章冒頭、これぞモーツァルトという刻みが聞こえてくると、生き生きとした躍動的世界へ。
習得された対位法の世界が展開されながら音が重ねられ、優美な旋律が歌われる。
1楽章内で、様々な構成要素が劇的な流れの中で組み立てられていく。
頭の中ですべての曲想と譜割りが出来上がっていたとされるモーツァルトだが、このためにいくつものスケッチを書き、仕上がりを設計した。
一貫して彼と彼の音楽を愛し支持したプラハで発表された、熱と創意と親密感あふれる曲の魅力をクーベリックの指揮とバイエルンの響きは、十分に引き出し、初演時の、作曲者とプラハの街の人々との関係を思い出させてくれる。

発売元のレビュー
モーツァルト : 交響曲第38番「プラハ」

特徴説明
ASIN: B00005G7XI

バイエルン交響楽団
ブルックナー:宗教曲集



中古価格 ¥ 3,492 残り8個

発売元:ポリドール  発売日:1995-12-21
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ヨッフムの大きな遺産 評価
大バッハの受難曲の陰に、数多くの名曲群、カンタータがあったように、ブルックナーの交響曲の陰に、多くの名合唱曲がある。
ブルックナーのオーケストレーションが、一番ワーグナーのそれと明確な差があるとすれば、合唱であろう。
そこには、敬虔さで満たされ、確信に満ち響き渡る。
交響曲をあれだけ書き直したブルックナーが、自信たっぷりに書いたような感じを受けるこれらの作品を知らずして、ブルックナーを語るべからず!さらに、ここでのヨッフムが本当に素晴らしい。
交響曲では、意外と名盤に恵まれない気がするが、ここでは渾身の演奏にひたすら感動するのみ!



シューベルト、マーラー
バイエルン交響楽団
シューベルト : 交響曲第9番「ザ・グレート」他 / ヘルマン・アーベントロート (Schubert: Symphony No.9 “The Great" etc. / Hermann Abendroth) [CD] [MONO] [国内プレス] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 3,510



発売元:ALTUS  発売日:2019-03-20
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
マーラー:交響曲第3番

新品価格 ¥ 2,484



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-09-26
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
シューベルト:交響曲第8番&第9番

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 698 (定価の43%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2017-03-07
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
マーラー :交響曲 第9番 ニ長調[SACD-Hybrid]

新品価格 ¥ 2,461 (定価の19%引き)

中古価格 ¥ 1,689 (定価の44%引き)

発売元:BR-KLASSIK  発売日:2017-02-17
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
マーラー(1860-1911) :交響曲 第3番 ニ短調[2枚組]

新品価格 ¥ 2,357 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 1,620 (定価の43%引き) 残り7個

発売元:BR-KLASSIK  発売日:2017-01-25
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
マーラー:交響曲第2番

新品価格 ¥ 1,224

中古価格 ¥ 635 (定価の48%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
クーベリックの音楽に対する姿勢が顕著に現れている演奏 評価
クーベリックのスタジオ録音はどれもその曲の「スタンダード」とレッテルを貼られ、あたかも初心者用の手引きであるかのような不当な評価を与えられているきらいがある。
裏返せば、それはどれも音楽的に大変高度な完成度に達していると捉える事もできるが、どこか醒めた目で見られがちのような気がしないでもない。
芸術を比較する事は無意味な事であるが、どの作曲家の作品においても常に二番煎じに甘んじた評価をされており(例外もある)、他の個性的な名演の影に隠れている。
けれども、それがクーベリックの演奏の本質ではないだろうか。
近年、クーベリックのライブ録音が次々に明るみになって、その指揮者感が覆されているとよく聞くが、それは間違いであろう。

バイエルン交響楽団
マーラー:交響曲 第6番

新品価格 ¥ 1,485 (定価の40%引き)

中古価格 ¥ 3,463 残り4個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2015-09-23
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団 マーラー:交響曲 第2番 ハ短調[DVD]

新品価格 ¥ 4,104

中古価格 ¥ 1,480 (定価の63%引き) 残り2個

発売元:Naxos Japan  発売日:2013-06-19
  

バイエルン交響楽団
マーラー:交響曲第3番

新品価格 ¥ 4,167 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 3,120 (定価の32%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-12-26
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
Viva!シューベルト

新品価格 ¥ 2,900

中古価格 ¥ 698 (定価の66%引き) 残り8個

発売元:EMIミュージック・ジャパン  発売日:2008-04-23
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
マーラー:交響曲第8番

新品価格 ¥ 1,224

中古価格 ¥ 723 (定価の41%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-09-21
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
隔世の感です 評価
30年以上前に、このクーベリックではなくショルティの「千人」を2ヶ月分の小遣いをはたいて購入しました。
買ってきたレコードをカセットに録音し、普段はラジカセで流しながら受験勉強に励んだものです。
そんな、受験勉強の戦友とも言うべきレコードも今はLPプレーヤーもなくロフトの奥に眠っています。
まあ、ご時世です。
時代は変わって気がつけばCDも不況で売れないとか。
仕事の資料探しにアマゾンをのぞけば、あるじゃないですか、かつての名盤の数々。
それもCD黎明期には3800円もしたしろものが1200円。
そこで買ったのはなぜかかつての盟友、ショルティ盤ではなくクーベリック盤。

クーベリックのマーラーはどれも秀逸 評価
当時のマーラー8番というと、ショルティ盤とこれぐらいだったのですが、 演奏は終始緊張感を持ったものです。
バーンスタイン盤とはアプローチが異なりますが、クーベリックの指揮は マーラーの交響曲を冷静に分析したもので、 30年ぐらいてっても色あせないものばかりです。

バイエルン交響楽団
シューベルト:交響曲第9番ハ長調「ザ・グレイト」



中古価格 ¥ 1,163 残り5個

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-06-22
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
金管が吼えない、癒しのグレート 評価
かつて、交響曲第9番といわれた、ハ長調の大交響曲(D.944)、通称、”ザ・グレイト”。
おなじみ、ベーム/ベルリンフィルの極め付けの名盤の他に、懐かしのヨッフム/バイエルン放送響、ワルター、カラヤン旧盤(1969)、遅いテンポならチェリビダッケ・レーグナー、最近のものではヴァント/BPOのものもある。
私としては、最も遅く説得力の強いチェリビダッケや、遅目のテンポで平淡・あっさりとしているが、滋味深いバルビローリ/ハレ管の新盤(1964)を愛聴してきた。
勿論、上述のベーム以下の演奏も、シューベルトの本質を突いた、活力のある精力的な演奏であるが、散々それらを聴いてきた今の私には、この曲に正面から対峙して聴こうという気になることは少なくなってしまっている。

肩の力が抜けたスケール感、溢れる楽想、横綱相撲じゃ☆☆☆☆☆ 評価
最近フルトヴェングラーの第二次大戦中のこの曲の録音を聴く機会を得ましたが、録音が悪いながらシンフォニックなドラマを作り出そうとするフルヴェン盤に対し、本盤はスケールの大きな表現、80歳を前にしたジュリーニ先生が、まさに老境を楽しむがごとく、シューベルトをいとおしむがごとく、集大成のように拡げた大風呂敷は圧巻。
フルトヴェングラーが巨匠なら、ジュリーニ先生は大巨匠ですわな。
ほいで、スケールが大きいだけでなく、溢れんばかりに出てくる楽想(これはシューベルトの天才としかいいようがないですが)が、実にやさしく、わての心に染み渡ってくるんやなー。

バイエルン交響楽団
シューベルト:ミサ曲第6番

新品価格 ¥ 1,104 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 753 (定価の41%引き)

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-06-22
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
シューベルトの凄さが分かる1枚です 評価
時代的にはベートーヴェンとほとんど被っているシューベルトですが、音の響きは遠く後期ロマン派をも先取りしています。
時としてプッチーニのオペラを髣髴させる斬新な和声と軽やかさ、合唱とオーケストラが一体となった響きの柔らかさ、時折垣間見える激しさとどこをとっても魅力的な作品です。
特にこのジュリー二版は管楽器の響きが美しく表情豊かに合唱をサポートしている点で群を抜いた演奏です。
おそらくこの曲のベスト版だと思います。
録音はもう少しクリアな方がいいのかもしれませんが、個人的には曲にマッチした重厚さがあって気に入っています。
非常に魅力的な曲とその演奏なので是非聞いてほしい1枚です。

静謐、明朗なミサ曲の名盤 評価
シューベルトで1曲だけ選べと言われれば、呻吟の末、この作曲家の最後の年に作られた『ミサ曲第6番』を取ることになるだろう。
ところがディスクがあまりにも少ない。
ジュリーニとバイエルン放送響のディスクは、その渇きを癒す1枚だ。
静謐な演奏であるが、明朗開放的な風通しがよいとでも言うべき演奏であり、ゆったりとした気分で音楽に浸れる。
これがヴァントなどになれば、謹厳拝聴せねばならなくなる。
それは勿論、偉大なる演奏なのだろうが、繰り返しては聴けないだろう。
ヴァントにこの曲のディスクがあったかどうかは知らないが。
第6曲「精霊によりて」の穏やかな、そして美しい三重唱と「十字架」のテーマの対照。

バイエルン交響楽団
シューベルト:交響曲第4番「悲劇的」&第8番「未完成」

新品価格 ¥ 1,157 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 325 (定価の74%引き)

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-06-22
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ヴェルディ:歌劇「椿姫」<抜粋>



中古価格 ¥ 711 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2001-12-27
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ブラームス、ドヴォルザーク
バイエルン交響楽団
ブラームス : 交響曲 第1番 | シューマン : 交響曲 第1番 (Hermann Abendroth) [CD] [日本語帯・解説付] [Live Recording]

新品価格 ¥ 2,426 (定価の30%引き)



発売元:ALTUS  発売日:2017-05-20
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ドヴォルザーク:交響曲 第8番/スーク:弦楽オーケストラのためのセレナード 変ホ長調 他

新品価格 ¥ 2,176 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 4,114 残り2個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2016-04-27
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
チャイコフスキー&ドヴォルザーク:弦楽セレナード

新品価格 ¥ 1,166 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 864 (定価の33%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-04-06
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全16曲)

新品価格 ¥ 2,280

中古価格 ¥ 887 (定価の46%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-22
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
これ一枚あれば十分 評価
クーべリックがバイエルン放送交響楽団の首席指揮者に就任して13年目の、まさにオケとして絶頂期の録音です。
彼はこの録音の2年前にスメタナの「わが祖国」で歴史に残る名演奏を披露しましたが、このドヴォルザークの「スラブ舞曲集」においてもその勢いは全く衰えず、極めて高い完成度で仕上げています。

バイエルン交響楽団
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 920 (定価の25%引き) 残り5個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
あまり注目されないが充実の内容 評価
変奏曲はどちらも活気と優しさの漂う手厚い響きで描かれており、ラストは美しい夕映えを見せてくれる。
ヨッフムのオーケストラコントロールは非常に巧み。
とりわけエルガーにおける管弦の出し入れは絶妙でロンドン交響楽団の共感ぶりも素晴らしい。
ワーグナーは文字通り埋め草という感じだがまずまずの内容でバイエルン放送響が昔から優れたオーケストラだったことは分かる。

バイエルン交響楽団
ドヴォルザーク:交響曲第5番

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 880 (定価の28%引き) 残り4個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
お手のもの? 評価
チェコ出身の巨匠、ラファエル・クーベリックによる同郷ドヴォルザークの一枚。
ベルリン・フィルの交響曲5番も素晴らしいが、手兵バイエルン放送交響楽団による三部作《自然と人生と愛》は、とてもパワフルで聞き応えがある。

バイエルン交響楽団
ドヴォルザーク:交響曲第2番

新品価格 ¥ 850 (定価の31%引き)

中古価格 ¥ 780 (定価の36%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-08
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ドヴォルザーク:作品集

新品価格 ¥ 1,543

中古価格 ¥ 480 (定価の68%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-01
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
グローカライゼイション(グローバリゼーション=普遍的音楽としてのドイツ音楽への同化と、ローカライゼーション=民族主義的傾向との見事な止揚という意味です)の先駆者としてのドヴォルザーク 評価
●カラヤン指揮ベルリン・フィルの「新世界交響曲」は多分1960年代の録音ですが、華麗にしてマッシヴなアンサンブルの精華。
チェコ的民族主義というよりドイツ的交響曲の正統派としてドヴォルザークを位置づけています。
かつて「新世界」入門と言えばカラヤンでした。
チェコ民族の自然と美を楽しみたかったら、クーベリック指揮チェコ・フィルかな? ●ボザール・トリオによるピアノ三重奏曲「ドゥムキー」は練達の演奏。
文句ない名演。
●ネヴィル・マリナー指揮アカデミー室内管弦楽団の「弦楽セレナード」は洗練された爽やかな叙情性が魅力的。
清潔で透明な録音もいい。

バイエルン交響楽団
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集全曲

新品価格 ¥ 1,099 (定価の15%引き)

中古価格 ¥ 556 (定価の57%引き) 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-05-20
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ブラームス:合唱曲集(BRAHMS, J.:ALT-RHAPSODIE CHORAL WORK)

新品価格 ¥ 1,094

中古価格 ¥ 959 残り4個

発売元:NEWTON CLASSICS  発売日:2014-02-19
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番&第2番

新品価格 ¥ 2,844 (定価の23%引き)

中古価格 ¥ 2,670 (定価の27%引き) 残り7個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2013-09-25
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
グリモーファンにはたまらなく魅力的な一枚! 評価
楽しみにしていたブラームスのピアノ協奏曲の新録音盤が発売になりました。
第1番の旧録音盤が1997年でしたので16年ぶりの再録音です。
旧盤と比較しながら聴いてみました。
オケの音色は旧盤のザンデルリンク盤が断然優れていると感じました。
深みが違います。
オケがリードし、グリモーがついていくスタイルがとても味わい深い演奏を醸し出していました。
グリモーのピアノはオケに溶け込んでいました。
しかし、今回は前回とは正反対です。
グリモーがリードし、オケがグリモーの独奏を演出するスタイルになっています。
少なくともネルソンスの指揮はそのように感じられます。

「ドイツ・ロマン音楽の内的世界と共鳴するものが自らの中にあり、それが自身の内省と一致する」-グリモー 評価
近年グリモーは集中的にブラームスのピアノ協奏曲に取り組んでおり、2013年1月には来日してN響と協奏曲第2番の見事な演奏を披露して話題ともなりました。
グリモーは、フランス人でありながら、ドビュッシーやラヴェル、フォーレなどのフランスものではなく、その活動に軸をシューマンやブラームスなどドイツ・ロマン派に置いています。
その理由として「ドイツ・ロマン音楽の内的世界と共鳴するものが自らの中にあり、それが自身の内省と一致するから」と説明しています。
グリモーの音楽は類い希です。
その透徹な響きや色彩の多彩さ、純度の高さのみならず、彼女にしか表現し得ないだろうと思われるたとえようもなくはかない絶美は、比類なき存在感を携えて万感胸に迫ります。

バイエルン交響楽団
マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団 - ブラームス:交響曲 第2番 ニ長調 Op.73/ヤナーチェク:グラゴル・ミサ[DVD]

新品価格 ¥ 4,104

中古価格 ¥ 2,000 (定価の51%引き) 残り1個

発売元:ナクソス・ジャパン  発売日:2013-07-24
  

バイエルン交響楽団
ブラームス:交響曲第1番&第4番

新品価格 ¥ 1,892 (定価の7%引き)

中古価格 ¥ 1,296 (定価の36%引き) 残り4個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2012-04-27
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ドヴォルザーク:スターバト・マーテル(全曲)



中古価格 ¥ 10,980 残り2個

発売元:BMG JAPAN  発売日:2008-10-22
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ドヴォルザーク:スターバト・マーテル

新品価格 ¥ 1,982 (定価の19%引き)

中古価格 ¥ 1,313 (定価の46%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-09-21
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ドヴォルザーク:スターバト・マーテル 評価
ハイドンの戦時のミサ曲との抱き合わせ2枚組みで、スターバト・マーテルは10曲80分を越す大曲ですので 1枚に収まらなかったのか最後の3曲はハイドンと一緒になっているのがやや扱い上は不便ですが、演奏内容は とても良い名演と思います。

バイエルン交響楽団
ブラームス:交響曲第4番



中古価格 ¥ 554 (定価の73%引き)

発売元:日本コロムビア  発売日:1996-09-08
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
隠れた名盤 評価
聴けば聴くほどよさがわかりますこの指揮者はスター性はありませんけど評価はもっと上げてもいいと思います

バイエルン交響楽団
ドヴォルザーク:序曲集



中古価格 ¥ 648 残り5個

発売元:ポリドール  発売日:1994-12-01
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ブラームス:アルト・ラプソディ



中古価格 ¥ 1,323 残り4個

発売元:BMGビクター  発売日:1993-06-23
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


シューマン、バッハ
バイエルン交響楽団
自由への讃歌/バーンスタイン・イン・ベルリン

新品価格 ¥ 1,706 (定価の12%引き)

中古価格 ¥ 1,766 (定価の9%引き) 残り1個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2018-07-04
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
BR KLASSIK ハイライト《レーベル・カタログ付》

新品価格 ¥ 1,080

中古価格 ¥ 622 (定価の42%引き) 残り1個

発売元:BR-KLASSIK  発売日:2016-10-28
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ローベルト・シューマン:ゲーテの「ファウスト」からの情景 WoO3[2CDs]

新品価格 ¥ 3,099 (定価の13%引き)

中古価格 ¥ 1,944 (定価の45%引き) 残り3個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2014-11-25
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
バッハ:オーボエとヴァイオリンのための協奏曲

新品価格 ¥ 13,550



発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2014-08-20
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ズービン・メータ『第九』~ 復興支援演奏会 in ミュンヘン[SACD-hybrid]



中古価格 ¥ 7,168 残り5個

発売元:Naxos Japan  発売日:2011-06-29
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
圧倒的な高音質と迫力 評価
2011年5月録音という最新の録音技術とSACDによる、音の分離、音域、ダイナミックレンジが素晴らしい。
しかもミュンヘンの3楽団3合唱団が日本の東北大震災支援のために協力した類希なチャリティ合同演奏ということで、「総ての人は友達」の大合唱に会場の熱気が伝わってくるようだ。
指揮者のズービン・メータは震災時に日本にいて、日本人の冷静さに感動したという。

バイエルン交響楽団
シューマン:ピアノ協奏曲 イ短

新品価格 ¥ 660 (定価の35%引き)

中古価格 ¥ 400 (定価の61%引き) 残り8個

発売元:ポリドール  発売日:2008-12-03
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
バッハ: ミサ曲ロ短調



中古価格 ¥ 1,728 残り4個

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-06-22
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
無人島にいや墓場に持ってゆく音楽とは・・ 評価
ジュリーニというひとはまえから好きだったけれど、この録音をはじめ、1990年代の彼の活動を録音で聴くたびにますます好きになった。
きっかけはこのバッハのロ短調ミサ曲である。
それにしても、なんという音楽だろう、こんなに歌わせているのにけして流麗な、いや、流麗過ぎる音楽にならず、音楽をすることの喜びにあふれているバッハ、わたしはジュリーニはナマで聴くことができなかった。
もし、この音楽をバイエルンのヘルクレス大ホールで聴いていたら、その翌日に飛び降りて死んでもよい、そんなふうに思うことにもなったろう。
クレドの音楽の素晴らしさ、オーケストラが控えめだけれども、ジュリーニの音楽を奏でている。

明るい輝きを持つバッハのミサ曲ロ短調 評価
バッハのミサ曲ロ短調は、宗教歌曲である以上、好き嫌いが明確に分かれる曲であろう。
そして、短調であるということは重々しい、暗い印象を与えることを示唆している。
実際、多くの指揮者はこの曲と取り組むに当たって、重厚さや荘重さを重視して演奏している。
しかし、バッハのバロック時代のキリスト教のミサの荘重さなどと無関係な日本人にとっては、正直、食傷しやすい曲であるのも事実と思われる。
しかし、ジュリーニはこの演奏でバッハのミサ曲ロ短調を、彼ならではのゆったりしたテンポの中で、あたかも長調の曲であるかの如く、明るく歌いあげる曲として演奏しきっている。

バイエルン交響楽団
シューマン:交響曲第1番&第2番

新品価格 ¥ 1,200 (定価の6%引き)

中古価格 ¥ 555 (定価の56%引き)

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-05-18
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
シューマン:交響曲第3番&第4番

新品価格 ¥ 2,800

中古価格 ¥ 432 (定価の66%引き)

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-05-18
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
シューマン:レクイエム

新品価格 ¥ 1,111 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 610 (定価の50%引き)

発売元:BMG JAPAN  発売日:2002-06-26
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
サン=サーンス:チェロ協奏曲

新品価格 ¥ 889 (定価の54%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:2000-11-01
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ヨーヨー・マのデビューアルバム 評価
1981年に、LPが発売されたとき(この時はサンサーンスとラロのみ)あまりにも完璧なテクニックに舌を巻いた覚えがある。
若々しくはつらつとした演奏です。
サン=サーンスに関して言えば、テンポの設定が最も適切だと思います。
私には、他の演奏はどれもどこかテンポの設定に違和感を感じるのです。
まあ、好みの問題なのでしょうが・・・

バイエルン交響楽団
エピローグ(1)~バッハ編



中古価格 ¥ 61 (定価の97%引き) 残り5個

発売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント  発売日:2000-01-22
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ピエ・イエス

新品価格 ¥ 3,500

中古価格 ¥ 296 (定価の84%引き)

発売元:ポリドール  発売日:1997-09-05
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
最後の1曲。BarberのAdagio for Stringsをお聴きください。 評価
普段はジャズばかり聴いているのだが、そうするとたまには、こういう身を清められるような音楽も聴きたくなります。
「PIEJESU:ピエ・イエス」ミサ曲のオムニバス盤と言っていいのでしょうか。
フォーレ、モーツアルト、シューベルト、バッハ、ベルリオーズ~と聞いてきて、やはりバッハが一番、それらしい雰囲気かなーなどと不謹慎な感想を感じた頃、最後11曲目Samuel Barberの「弦楽のためのアダージョ・作品11」を聴きました。

さすがグラモフォン、スーパーベスト101 評価
☆フォーレ、モーツァルト、シューベルト、J.S.バッハ、ヴェルディ、ベルリオーズ、ドヴォルザーク、バーバーなど、大作曲家の宗教的音楽を集めたCDです。
宗教的意味は別としても、どの曲もやはり心の奥や隙間に染み通るような魅力を持っている感じがします。
私は、特に、バーバーの〈11:弦楽のためのアダージョ〉が大好きで、浸り込み、何度も何度も繰り返して聞いています。

バイエルン交響楽団
シューマン : 交響曲 第1番「春」&第3番「ライン」

新品価格 ¥ 800 (定価の23%引き)

中古価格 ¥ 408 (定価の61%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1997-06-21
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
癖のない大人の演奏 評価
フルトヴェングラーやバーンスタインのような強烈な個性はないが、誠実で芳醇でフレッシュでバランスの取れた音楽を求める人にはクーベリックを薦めます。
元来シューマンの音楽は屈折した陰影や妙な技巧を凝らすゆえ、多少ぎこちなくなりがちなのですが、クーベリックはそれを美しくも生気あふれる演奏スタイルに還元します。
「癖のない大人の演奏」かな?

バイエルン交響楽団
バッハ:ミサ曲 ロ短調



中古価格 ¥ 2,800 残り3個

発売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント  発売日:1997-03-05
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
バッハ:クリスマス・オラトリオ



中古価格 ¥ 1,580

発売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント  発売日:1997-03-05
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
サン=サーンス:チェロ協奏曲

新品価格 ¥ 1,347 (定価の28%引き)

中古価格 ¥ 1 (定価の99%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1996-10-21
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
バッハ:ミサ曲ロ短調

新品価格 ¥ 5,700

中古価格 ¥ 921 (定価の82%引き)

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1994-12-12
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
シューマン:交響曲第2番&第4



中古価格 ¥ 1,000

発売元:ソニー・ミュージックレコーズ  発売日:1991-11-01
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ヴェートーヴェン、メンデルスゾーン
バイエルン交響楽団
クラウディオ・アバド ~ ザ・ラスト・コンサート (THE LAST CONCERT / Berliner Philharmoniker | Claudio Abbado) [2SACD Hybrid] [Live Recording] [輸入盤] [日本語帯・解説・歌詞対訳付]

新品価格 ¥ 4,800 (定価の1%引き)

中古価格 ¥ 3,580 (定価の26%引き) 残り9個

発売元:Berliner Philharmoniker Recordings  発売日:2018-04-21
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
メンデルスゾーン:作品集

新品価格 ¥ 3,150

中古価格 ¥ 594 (定価の61%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2016-03-01
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
メンデルスゾーンの宝箱 評価
ロマン派の作曲家の中でメンデルスゾーンがやや過小評価されているのは不思議なことです。
ゲーテも激賞した「モーツァルト以来の神童」ぶりに同時代人が嫉妬したせいかな? 旋律や和声は明らかにロマン派の本流を行くのに、形式的には見事な古典的均衡を保っているせいかな? しかしこの「メンデルスゾーンの名曲ばかりをCD2枚に詰め込んだ超廉価盤」を聞けば、彼がいかに多面的で素晴らしい作曲家であったかよく分かることでしょう。
泰西名画を音楽化したような見事な「フィンガルの洞窟」をカラヤンの豪華なタッチで。
中学の音楽鑑賞以来食傷気味になるほど聞かされてきた「メンコン=メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲 ホ短調」も、カラヤンの秘蔵っ子アンネ・ゾフィー・ムターのこってりとした美音で綿々と聞かされると新鮮な発見が。

バイエルン交響楽団
メンデルスゾーン : 交響曲 第2番 「賛歌」 (Felix Mendelssohn-Bartholdy : Symphonie Nr.2 'Lobgesang' / Karg | Landshamer | Schade | Chor & Symphonieorchester Des Bayerischen Rundfunks | Pablo Heras-Casado) [輸入盤・日本語解説付]

新品価格 ¥ 3,086



発売元:harmonia mundi France / King International  発売日:2014-12-10
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
メンデルスゾーン:劇音楽「真夏の夜の夢」から、他

新品価格 ¥ 3,599

中古価格 ¥ 951 (定価の22%引き) 残り8個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2012-05-09
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
メンデルスゾーン:真夏の夜の夢



中古価格 ¥ 2,788 残り6個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-09-21
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
運命*交響曲第5番ハ短調 [DVD]



中古価格 ¥ 4,800 残り2個

発売元:ニホンモニター・ドリームライフ  発売日:2000-12-16
  

バイエルン交響楽団
ブラームス&メンデルスゾーン : ヴァイオリン協奏曲

新品価格 ¥ 2,136 (定価の18%引き)

中古価格 ¥ 872 (定価の66%引き)

発売元:BMGメディアジャパン  発売日:1998-04-22
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
竹澤恭子らしさ 評価
今年3月にライヴを聴いてからファンになり買ってしまったCD…すばらしいです。
彼女らしい迷いのない芯の通った力強い演奏です。
ライヴの方がすばらしいと思ったのは仕方のないことだがすばらしい演奏であるのは間違いない。
ライヴで聴いた大阪シンフォニカーの東京公演が発売されれば理想かな?とは思うがブラームスのヴァイオリン協奏曲で悩む人には勧めたい。
(キングレコード関係者が見れば是非とも検討して頂きたい!)

いい仕事してますね 評価
どちらもロマンティックな演奏で、私は特にメンデルスゾーンが好きになりました。
録音も関係するのでしょうが、ビロードの上澄み液のような?少し細身でシルキーな音色がキュート。
それに表情がノーブルなんですよね。
オケとの一体感も感じました。
ブラームスは輝かしく正確なソロに芳醇なオケの組み合わせでずっと立派な演奏だと思いますが、私には少しこの演奏が、分厚いオーケストレーションの中でいかに竹澤さんのソロを惹きたてるかに重きをおいているように感じました。
演奏と関係ないですが、一児の母になられたとのことおめでとうございます~たらーん

バイエルン交響楽団
メンデルスゾーン : ピアノ協奏曲第1番ト短調



中古価格 ¥ 756 残り6個

発売元:ポリドール  発売日:1997-05-25
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
メンデルスゾーン:真夏の夜の夢*劇音楽

新品価格 ¥ 2,850

中古価格 ¥ 300

発売元:ポリドール  発売日:1992-11-26
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
メンデルスゾーン:真夏の夜の夢



中古価格 ¥ 570 残り6個

発売元:日本コロムビア  発売日:1990-08-21
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


ストラヴィンスキー、チャイコフスキー
バイエルン交響楽団
ストラヴィンスキー:春の祭典/火の鳥

新品価格 ¥ 2,238 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 1,944 (定価の22%引き) 残り3個

発売元:BR-KLASSIK  発売日:2018-11-16
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番

新品価格 ¥ 1,166 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 800 (定価の38%引き) 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2016-05-11
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番

新品価格 ¥ 916 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 515 (定価の49%引き)

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2015-12-08
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
アルゲリッチ演奏によるピアノ協奏曲のベスト・カップリング 評価
アルゲリッチはチャイコフスキー・ピアノ協奏曲第1番を、私が知る限り、アバド、デュトワ、コンドラシンとそれぞれ組んで録音を残しているが、その中では本作が最高だと思う。
ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番も最上級の演奏で、本作は実に豪華なカップリングだ。
いずれもアルゲリッチ30代の演奏だが、彼女の若き日の熱情がほとばしり、スケールの大きな、ライヴならではの名演となっている。
もちろん、繊細さも兼ね備えて。
クラシックをこれから聴いてみようという方でも、チャイコフスキーのピアノ協奏曲(特に冒頭部分)は聴いたことがあるはずだから、お求めやすく、かつ最高の演奏を収録した本作のような作品は間口を広げるのに最適だろう。

映画「シャイン」を見たなら、このCDを。 評価
映画「シャイン」を見て、初めてラフマニノフというピアニストを知った、音楽には全くの素人の者です。
いつかラフマニノフの3番をフル演奏で聞いてみようと思い立ち、手に取ったのが偶然にもこのアルゲリッチ。
なんとも鍵盤を叩きつけるような演奏に、つい引っ張り込まれてしまい、「あぁ、今まさにこの演奏中、彼女は髪を振り乱しながらのモーレツ演奏なんだろうなぁ」と思わせる、豪快で派手な指(否、腕か)さばき。
ピアノのイロハは私にはわかりませんが、「音楽は魂」などとつい叫びたくなるような情熱大陸が、己のハートに「わっさわっさ」と伝わってきます。

バイエルン交響楽団
ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ&ムソルグスキー:展覧会の絵

新品価格 ¥ 2,238 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 4,667 残り1個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2015-11-25
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
1812年、だったん人の踊り~ロシア音楽コンサート



中古価格 ¥ 1,080 (定価の33%引き) 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック  発売日:2015-06-24
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ショスタコーヴィチ&チャイコフスキー:交響曲 第6番

新品価格 ¥ 2,238 (定価の10%引き)

中古価格 ¥ 1,400 (定価の44%引き) 残り5個

発売元:BR KLASSIK  発売日:2014-05-28
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」/ストラヴィンスキー:組曲「火の鳥」

新品価格 ¥ 1,542 (定価の20%引き)

中古価格 ¥ 1,271 (定価の34%引き) 残り5個

発売元:SMJ  発売日:2012-12-05
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
無条件 評価
この指揮者のファンなので……。
この曲は、このくらい甘美に演奏してくれた方がハマると思います^^

バイエルン交響楽団
小澤征爾/マルタ・アルゲリッチ/バイエルン放送交響楽団 [DVD]



中古価格 ¥ 5,858 残り8個

発売元:ニホンモニター株式会社ドリームライフ事業部  発売日:2011-03-25
  

アルゲリッチ,42歳.すごい魅力です 評価
アルゲリッチを見たくてこれを買いました.彼女は1983年,小澤征爾/バイエルン放送交響楽団と合わせています.この人の音は知っているつもりですが,指使いを見るのは初めてです.見るからにいい腕っ節.それに中々の美人で,表情が何とも可愛い.その顔と腕と指で滑らかに音を繰り出す.やっぱり動画があると違います.音楽は目でも聴きます.この録画はカメラワークがとても良い.カメラはアルゲリッチ,小沢だけでなく木管にも必要かつ十分にスポット当てていて,ベートーヴェンのこの曲を視聴するなら,これは外せない.そんな気がしてきます.アルゲリッチはこの3年後にシノーポリ/フィルハーモニア管弦楽団(*)でやっています.私はこのCDを聴いて,彼女が放った右手の一発に驚き,感心し,レビューを書きました.どのようにしてあの一発を出すのか,ドキドキしながら彼女の右手を注視しました.何と小指で叩いています.力の弱い小指が3年後にあの炸裂音を叩き出したとは思えません.もしかしたら,中指を使っていた --- ? 本DVDでは,あのとき聴いた炸裂音はありません.それが少々心残りでした.それ以外は言うことなしの完璧! この曲のほか,ベートーヴェン エグモント序曲,ストラビンスキー 春の祭典が収録されていて.生気溢れる小澤征爾の指揮ぶりも楽しめます.という訳で星5とします.*

バイエルン交響楽団
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「火の鳥」/「春の祭典」

新品価格 ¥ 2,008 (定価の2%引き)



発売元:BR KLASSIK  発売日:2010-10-27
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲



中古価格 ¥ 3,440 残り2個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2008-05-28
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
★SHM-CD化は、大正解★ 評価
個人的には、もっとデジタル録音物のSHM-CD化を進めて欲しいと思っているから、複雑な気分で書きます。
今回のSHM-CD化の一覧を眺めて、この演奏は見逃せないと思った。
通常ポリカ盤が、なにか賑々しいまでに大味な、ラジオ放送からの海賊盤のような音質だったからだ。
(私の装置、実はアナログ時代のフィリップスのオケ録音とは相性が良ろしくないのだけれど、そこを差っ引いても)。
◆通常盤の感想◆マイク位置や残響調整の制約の多いライヴらしい音質。
アナログ特有のヒスノイズは、多めだが帯域がバラけてる感じで、耳当たりが良い。
会場ノイズもふわっと心地よい。

良い! 評価
大好きな一枚です。
もともとクラシックのCDは年に数回聞くかどうかという程度で、クラシックのファンというほどではありません。
名曲のサビの部分は好きですが、残りの部分は聞かないことが多いです。
そんな自分が、このCDは最初から最後まで思わず聞きほれてしまいます。
他のピアニストやアルゲリッチの他のバージョンも何枚か聞きましたが、このバージョンが個人的にはベストでした。
チャイコフスキーは甘美なだけに食傷しやすいと思いますが、このCDはいまだに飽きないです。
その点でも凄いし、購入して良かったと思います。

バイエルン交響楽団
チャイコフスキー:交響曲第4番、ピアノ協奏曲第1番

新品価格 ¥ 2,333 (定価の9%引き)

中古価格 ¥ 1,159 (定価の55%引き) 残り5個

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2007-10-24
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ストラヴィンスキー:火の鳥(1919年版)



中古価格 ¥ 1,200 残り7個

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-11-02
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
管が特に迫力を・・・ 評価
ラトビア生まれの指揮者ヤンソンスと、 氏が2003年から首席指揮者に就任している バイエルン放送交響楽団との一枚。
蘭コンセルトヘボウとのラフマニノフ『交響的舞曲』 でも感じたことだが、ヤンソンスのロシアものは テンポにキレがあり、管が特に迫力を持って感じる。

ヤンソンスのライヴシリーズ。今回はマツーエフを加えて。 評価
たいへん良好な関係にあるマリス・ヤンソンスとバイエルン放送交響楽団のライヴ録音シリーズの1枚。
ストラヴィンスキーとシチェドリンという魅力的なカップリングだ。
ロジオン・コンスタンチノヴィチ・シチェドリン(Rodion Konstantinovich Shchedrin)は1932年モスクワ生まれの現役の作曲家。
「社会主義リアリズム」路線を踏襲した一人と数えられるが、様々な葛藤があったことが伝えられている。
シチェドリンのピアノ協奏曲第5番は1999年に発表された作品。
プロコフィエフの影響を強く感じる第1楽章はグロテスクの表現も帯びており、ピアノとオーケストラのコントラストが面白い。

バイエルン交響楽団
チャイコフスキー:交響曲第6番

新品価格 ¥ 2,364 (定価の8%引き)

中古価格 ¥ 949 (定価の63%引き)

発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  発売日:2005-11-02
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
バルトーク:管弦楽のための協奏曲



中古価格 ¥ 1,188 残り3個

発売元:ユニバーサル ミュージック クラシック  発売日:2005-09-21
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
優しいバルトーク 評価
たとえばブーレーズのようなレントゲン写真のような精緻な演奏と比べると、やや物足りない部分もあるかもしれないが、響きは優しいクーベリックの人柄が出ている。
バイエルン放送響との録音が圧倒的に多い中、スメタナ「わが祖国より」と、このバルトークはボストン響との録音。
双方とも優れた演奏だ。

名盤です 評価
記憶が定かではありませんが、10年ぐらい前に一度CD化されて以来の発売かと思います。
ク-ベリックとBSOの録音は全て名盤です。
値段も安いし”オケコン”が好きなら是非どうぞ。

バイエルン交響楽団
春の祭典 [DVD]



中古価格 ¥ 2,998 残り2個

発売元:ニホンモニター・ドリームライフ  発売日:2005-06-22
  

指揮のお手本 評価
従来の価格は少々お高い状況でしたが、適正に近い価格になったようです。
この指揮者の特性を十分示せる曲としてあまり指揮したことのないオーケストラもののDVDです。
エネルギッシュな指揮ぶりが確認できるもので、リズムどりが「春の祭典」の理想的な指揮だという評価も複数の評論家から受けているのがよくわかります。
その後の演奏でウイーン・フィルも小澤の手でスムーズな音出しをしていたということで、その際の映像も残っているようなら是非DVD化してほしいものですね。

バイエルン交響楽団
ストラヴィンスキー、プロコフィエフ、ヘンツェ:ヴァイオリン協奏曲集

新品価格 ¥ 1,234

中古価格 ¥ 504 (定価の59%引き) 残り8個

発売元:ポリドール  発売日:2005-02-23
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
チャイコフスキー:P協奏曲第1



中古価格 ¥ 967

発売元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント  発売日:1993-10-16
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)


輸入盤
バイエルン交響楽団
10 Symphonies -CD+Blry-

新品価格 ¥ 5,725

中古価格 ¥ 6,545 残り1個

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2018-12-03
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ワーグナー : 楽劇「トリスタンとイゾルデ」(演奏会) (Wagner : Tristan und Isolde / Leonard Bernstein | Chor und Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks) [Blu-ray] [Live] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

新品価格 ¥ 5,433 (定価の16%引き)



発売元:C Major / King International  発売日:2018-07-12
  

バイエルン交響楽団
Mahler: Symphonien 1-9

新品価格 ¥ 5,787

中古価格 ¥ 11,026 残り1個

発売元:Br Klassik  発売日:2018-03-30
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
Sergey Rachmaninov: The Bells Symphonic Dances

新品価格 ¥ 1,420

中古価格 ¥ 1,419 残り2個

発売元:Br Klassik  発売日:2017-12-29
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
Sibelius: Symphonie Nr. 2, Finlandia, Karelia-Suite

新品価格 ¥ 1,358

中古価格 ¥ 1,357 残り4個

発売元:Br Klassik  発売日:2016-05-20
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
「イタリアのトランペット協奏曲」

新品価格 ¥ 1,519

中古価格 ¥ 857 残り4個

発売元:Tudor  発売日:2013-10-28
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
このままソリストとして通用します。 評価
タルコヴィ氏はベルリン・フィルの首席ですが、普通はオーケストラのトランペット奏者としては十分上手くても、なかなか、これほど難しいソロ曲を練習してすぐ吹けるというレベルを維持するのは難しいと思います。
しかし、そこが流石に天下のベルリン・フィルの首席です。
このアルバムに取り上げている曲は、ピッコロトランペットを使用するものが多く、オーケストラ使用楽器よりも音域が高く、コントロールが難しいもので、日頃からタルコヴィ氏が研鑽を積んでいることがよく分かります。
どの演奏も豊かで伸びる美しい音です。
ソプラノのエルドマンさんも大変に良い声の、上手いソプラノでガルッピ(チェンバロソナタしか知りませんでした)の演奏はこの曲の録音自体初めて聴きましたが、大変見事で、トランペットとソプラノのバランスが絶妙です。

発売元のレビュー
Tarkövi/Szulc/Erdmann

バイエルン交響楽団
Mariss Jansons: Beethoven Symphonies/ [Blu-ray] [Import]

新品価格 ¥ 8,689 (定価の19%引き)

中古価格 ¥ 27,937 残り1個

発売元:Arthaus  発売日:2013-09-30
  

発売元のレビュー
Annotation Mariss Jansons leads the Symphonieorchester Bayerischen Rundfunks in performances of Beethoven's nine symphonies, recorded live at the Suntory Hall, Tokyo, in 2012. The soloists featured are Christiane Karg, Mihoko Fujimura, Michael Schade and Michael Volle. Description This must be one of the year's best performances of the Ninth Symphony. Not a trace of lofty heroism here - Mariss Jansons and the Bavarian Radio Symphony Orchestra bring out the life-affirming aspects of the work, culminating in a hymn of heartfelt naturalness from which the audience draws inner strength,' (Mostly Classic).

バイエルン交響楽団
Salzburg Festival 2012: Strauss Wagner Brahms [Blu-ray]

新品価格 ¥ 1,565

中古価格 ¥ 1,247

発売元:Euroarts  発売日:2013-07-29
  

発売元のレビュー
Product Description Wiener Philharmoniker Mariss Jansons Nina Stemme Richard Strauss Don Juan Richard Wagner Wesendonck-Lieder Johannes Brahms Symphony No. 1 in C minor, Op. 68 Jansons stimulates the philharmonic powers and leads them to produce an unparalleled quality magical." Der Standard This concert programme dedicated to the second half of the 19th Century was one of the highlights of the 2012 Salzburg Festival Mariss Jansons, chief conductor of the Concertgebouw Orchestra and winner of the Cannes Classical Award, and soprano Nina Stemme offer a superlative concert experience" (Kurier). Swedish soprano Nina Stemme is outstanding in her peroformance of Wagner's Wesendonck-Lieder. Brilliant readings of Richard Strauss' tone poem Don Juan and Johannes Brahms symphony No. 1 complete this extraordinary concert performance. Picture format Blu-ray Disc: 1080i Full HD - 16:9 Sound format Blu-ray Disc: PCM Stereo, DTS-HD Master Audio 5.0 Region code: All (worldwide) Booklet notes: English, German, French Running time: 95 mins Review Stemme sounds magnificent as ever in this composer's music, with gloriously rich, dark chest register and arresting dramatic projection reminiscent of the great Kirsten Flagstad. --International Record Review, June 2014

バイエルン交響楽団
Virtuoso-Mahler: Symphony No.2 Resurrection

新品価格 ¥ 864

中古価格 ¥ 377 残り7個

発売元:Imports  発売日:2013-01-22
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
ダルベール:「出立」 (Eugen D'Albert: Die Abreise | The Departure / Jan Koetsier, Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks) [輸入盤]

新品価格 ¥ 1,097

中古価格 ¥ 4,346 残り1個

発売元:PROFIL  発売日:2012-06-12
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
Symphonies Nos. 3 & 4 (Hybr)

新品価格 ¥ 1,791

中古価格 ¥ 1,255 残り7個

発売元:Rco Live Holland  発売日:2009-10-13
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
Beethoven: The Amnesty International Concert - Symphononies Nos. 7 & 9 / Missa Solemnis

新品価格 ¥ 3,399

中古価格 ¥ 1,349

発売元:Deutsche Grammophon  発売日:2007-09-11
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
てんこ盛り。 評価
何枚も何枚もこれでもかと入っています。
とても聞ききれません、第5とか、序曲集、弦楽4重奏の14番などがはいっています。
でもお目当ては、やっぱり、ベルリンの壁が崩れた第九ですね。
友だちのフロイデをドイツ語の自由という言葉に置き換えて、演奏しているそうです。
ソリストたちが違和感を感じているのがはっきりわかります。
本当にベルリンの壁がくずれユダヤ系であるバーンスタインにベートーヴェンを好き勝手にいじられて、ドイツ人は喜んでいるのでしょうか?そんな気がします。
でもドイツ人にとって嬉しい事は嬉しいのだと、最後の方になって感じます。

バイエルン交響楽団
Shostakovich Complete Symphonies

新品価格 ¥ 3,461

中古価格 ¥ 3,136

発売元:EMI Classics  発売日:2006-07-30
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
現代的な感性で洗練されたショスタコーヴィチです 評価
マリス・ヤンソンス(Marris Jansons)指揮によるショスタコーヴィチの交響曲シリーズがついに全集となって完結した。
ショスターコヴィチ生誕100年にあたる2006年に全集化されたのは、あるいは予定通りなのだろうか?と思ってしまうが、かなりの長丁場だったことは録音年をみるとわかる。
最初の録音は第7番で1988年、最後に録音されたのが第13番で2005年のものなので、足掛け18年のプロジェクトということになる。
本盤の特徴としてまず、様々なオーケストラが起用されていることがある。
ベルリンフィル(第1番)、バイエルン放送交響楽団(第2番・第3番・第4番・第12番・第14番)、ウィーンフィル(第5番)、オスロフィル(第6番・第9番)、サンクトペテルスブルクフィル(第7番)、ピッツバーグ交響楽団(第8番)、フィラデルフィア管弦楽団(第10番・第11番)、ロンドンフィル(第15番)とかなり多彩で、オーケストラの聴き比べもできてしまう。

バイエルン交響楽団
The Klemperer Legacy - Beethoven: Symphonies Nos.4 & 5

新品価格 ¥ 6,735

中古価格 ¥ 1,000

発売元:EMI  発売日:2000-09-12
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
バイエルン交響楽団
Mahler Symphony 1

新品価格 ¥ 3,564

中古価格 ¥ 1,150 残り4個

発売元:Audite  発売日:2000-06-27
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
雄大豪快繊細華麗,驚くべき名演奏! 評価
マーラーの交響曲の中でも第1番というと,2番以後の大作に比べ,ややポピュラーな曲目で,響きも薄いイメージがあるが,この演奏は違う。
マーラーの大交響曲群のスケールの大きさ,響きの豊かさ,音楽の深さを備えた,壮大かつ清新なる第1番なのだ。
クーベリックは,技術優秀で細部の彫琢にも長けたオーケストラを,一期一会の気迫で豪快にドライブし,緩急自在,感興豊かに演奏している。
録音が優れていることも特筆され,そのダイナミックレンジの広さにより,マーラーの音楽の音響的な快楽を十分に味わうことができる。
他のレビュワーの方が,会場ノイズをかなり気にされているようだが,少なくとも私には,十分脳内補正の可能なレベルである。

マーラーは、クーベリックで聴きたい。 評価
マーラーの作曲技法のひとつは、様々な音の要素を等価に並列していくものだが、クーベリックの指揮では、カッコーの声、軍隊のラッパ、民謡の旋律、葬送曲、勝利の凱歌のファンファーレ、絶望、嘆きなどが自然な織物となって目の前に現れてくる。
社会の枠組みと共にソナタ形式が崩れた後の、マーラーが描いた現代社会と現代人と現代音楽の在り様を、クーベリックは彼らしい力がみなぎった雄大さの中に見せてくれる。
特に曲が舞曲のメロディーの中に入った時(第3楽章など)、マーラー×クーベリックが作り出す音楽は、とても魅力的なものになる。
プラハ生まれのクーベリックにとって、ボヘミア生まれのマーラーが書いた土着の旋律はきわめて身近で、自分の血の中に直接確認できるものだった。

バイエルン交響楽団
Kubelik Conducts Mahler Symphony 5

新品価格 ¥ 1,499

中古価格 ¥ 1,600 残り3個

発売元:Audite  発売日:2000-04-25
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
これを聴いたら、ほかは聴けません! 評価
この録音を聴いたら、この曲のほかの演奏は聴けません!そのくらいすごい録音ですね。
クーベリックには、スタジオ録音のマーラー全集もありますが、このライヴは、まるで『別人』です。
とにかくアグレッシヴ!こういうのを『豹変』っていうんでしょうか??クーベリック・ファンの方は、ご存じかもしれませんが、実は、クーベリックほど、スタジオとライヴの演奏が違った指揮者も珍しいといわれています。
一世代前のフルトヴェングラーもそういう傾向がありますね。
この演奏の緊張感、終楽章などの激しい高揚感、野蛮なくらい荒々しいほどのオーケストラ・ドライヴ、その醍醐味は、計り知れないほどです。

聴く度に目頭が熱くなりますがな 評価
クーベリックのスメタナはどれも大好きですが、マーラーもゴツいです。
本盤は1981年のミュンヘンでのライブで、全人間的な讃歌がものごっついスケール感で第五楽章で高揚し、結実して行く様は圧倒的。
(実際会場に居たわけではなく)ライブを録音したものを何度も聴いていることになるんですが、この終楽章では毎回、目頭が熱くなりよります。
オーケストラもウィーンフィルのように完璧にまとまった合奏でなく、ライブで燃え上がるクーベリックに呼応した各人の熱のこもったプレーが聴き取れるところが、かえってストレートなマーラーの心情・魂の迸りを表現しとるように思います。

バイエルン交響楽団
Sym 7-9

新品価格 ¥ 4,563

中古価格 ¥ 533

発売元:Dg Imports  発売日:2000-03-14
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
This is a valuable reissue in the Deutsche Grammophon Originals series, containing the first domestic appearance on compact disc for the eighth and ninth symphonies in Rafael Kubelik's globe-trotting Beethoven cycle from the mid-1970s (nine symphonies, nine different orchestras). Eagle-eyed collectors will have doubtless already snapped up the glowing Vienna PO seventh when it resurfaced a few years ago on the super-budget Belart label coupled with Kubelik's imposing Boston SO account of the fifth. Here it precedes an admirably lithe, yet beamingly affectionate reading of the eighth with the Cleveland Orchestra--a performance whose unforced musicality and twinkling wit will have you grinning with pleasure from first measure to last. Better still is the "Choral", recorded on Kubelik's home patch with his exemplary Bavarian Radio forces in the sublime acoustic of Munich's Herkulessaal. This is, not to beat about the bush, a truly great ninth, evincing a profound humanity, authority and wisdom distilled from a lifetime's experience on the podium. After a marvellously unforced, cogent account of the first movement, Kubelik brings a distinctive, delectably rustic spring to the scherzo. The heavenly slow movement is a miracle of flowing grace and tender intimacy, while the finale welds all the necessary lump-in-the-throat universality to a joyous sense of occasion. Vivid with beautifully balanced sound throughout (with Kubelik's antiphonally divided fiddles always exceptionally well captured), this is a most desirable Beethoven twofer.--Andrew Achenbach

バイエルン交響楽団
Lorin Maazel - Richard Strauss / Bavarian Radio Symphony Orchestra



中古価格 ¥ 648

発売元:RCA  発売日:1999-05-18
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
Richard Strauss's gift for evocative musical description was uncanny, to the point where it was joked he could set even a grocery list or a pint of beer to music. In fact, his various tone poems--the form with which he first gained fame as a composer--actually develop an orchestral vocabulary to depict topics ranging from Nietzsche's Superman to a fierce storm on the Alps and a day in the life of a nuclear family. This set gathers Lorin Maazel's interpretations from the last few years (with perhaps the greatest tone poem of the whole canon, Don Quixote, still to come in a planned future recording). Maazel--currently music director of the Orchestra of the Bavarian Radio, an ensemble of high-powered soloists modeled on Toscanini's famous NBC orchestra--is returning to some of these works for his third take, and his vision seems to have clarified in particular for the vistas of Ein Heldenleben and the Alpine Symphony as for the idealistic poetry of Death and Transfiguration and Don Juan. While these accounts don't achieve the degree of narrative thrust of Kempe's indispensable versions or the astonishing ensemble opulence of Karajan's Strauss, Maazel highlights his orchestra's solo prowess at every possible moment, and textures are often given a marvelous clarity. The feeling such technical perfection imparts can be distant, as in what should be the most fevered passages of Zarathustra. But Maazel brings a loving touch to the much-dismissed Domestic Symphony as well as conviction to the early Macbeth. And the orchestra's wizardry--particularly the winds--gives much pleasure, especially in the deftly humored account here of Till Eulenspiegel. Both Zarathustra and the Sinfonia Domestica are still available as single-CD issues, as well. --Thomas May

バイエルン交響楽団
Dvorak: Slavonic Dances Opp 46 & 72 / Kubelik, Bavarian Radio Symphony Orchestra

新品価格 ¥ 846

中古価格 ¥ 48

発売元:DGGOR  発売日:1998-03-17
  

バイエルン交響楽団  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
If you like your Slavonic Dances fast and furious, then this positively sizzling performance is for you. Rafael Kubel勛 always played Czech music with stress on swift tempos and razor sharp rhythms, and that places this record among the most purely exciting versions you'll ever hear of these popular little gems. But aside from mere speed, there's plenty of loving phrasing in the slower dances, and some deliciously perky solo desk playing from oboes, bassoons, and trumpets. The original CD issue sounded distinctly "canned," with a shrill upper register. That has been largely corrected on this mid-price remastering, adding considerably to the disc's purely musical attractions. -- David Hurwitz



PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION