ジョシュア・レッドマン、Joshua RedmanのCD,DVD,楽譜を紹介します。良い音楽はいつまでも色あせることなく、私達を感動させてくれます。ベストアルバム、グレーテストヒッツ、ライブ版、名曲集を紹介します。  

ジョシュア・レッドマン、Joshua RedmanのCD,DVD,楽譜,新曲,名曲,ベストの紹介,評判,レビュー,安売り価格,試聴,視聴,中古価格



ベストCD
ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
Eastwood After Hours: Live At Carnegie Hall

新品価格 ¥ 4,408

中古価格 ¥ 1,281 残り8個

発売元:Warner Bros / Wea  発売日:1997-09-30
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)



ライブ DVD
ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
Love for Sale/Live in Tokyo - Joshua Redman Quartet [DVD] [2013]

新品価格 ¥ 9,856

中古価格 ¥ 7,900 残り1個

発売元:Jazz Door  発売日:2014-01-13
  

発売元のレビュー
Joshua Redman Quartet - Love For Sale

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
Love for Sale/Live in Tokyo [DVD] [Import]

新品価格 ¥ 1,383 (定価の53%引き)



発売元:Jazz Door  発売日:2014-01-13
  

発売元のレビュー
NTSC, Region All Live performance from the Joshua Redman Quartet, recorded at Tokyo's Blue Note in 1998. 収録曲 1. Last Rites Of Rock And Roll, 2. I Had A King, 3. Chill, 4. Love For Sale, 5. Yesterdays クレジット Joshua bRed Man - Saxophones, Aaron Goldberg - Piano, Reuben Rogers - Bass, Gregory bHutchinson - Drums

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
イーストウッド ・アフター・アワーズ [DVD]

新品価格 ¥ 1,222

中古価格 ¥ 1,166

発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ  発売日:2011-12-06
  

ハリウッドで最もJazzを愛する男による至福のライヴ 評価
現在のアメリカ映画界で最もJazzへの愛と造詣が深いのは、もちろんイーストウッドとW・アレンである。
今作は、イーストウッド自身がプロデュースし、映画で使用したJazz音楽の数々をミュージシャンたちがカーネギー・ホールで演奏した模様を収めている。
99年にワーナーでCD化されたライヴ・ドキュメンタリー。

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
イーストウッド ・アフター・アワーズ [DVD]



中古価格 ¥ 1,500 残り1個

発売元:ワーナーエンターテイメントジャパン(株)  発売日:2009-07-08
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
バド・パウエルへの追想~ライヴ~ [DVD]



中古価格 ¥ 1,480 残り1個

発売元:日本コロムビア  発売日:2004-09-22
  

チックはヤマハの音を発明した 評価
東京のパルテノン多摩での映像をDVD化した作品。
よって同名のCD(1996年カリフォルニア、ロス・エンジェルスのマッド・ハッター・スタジオで録音)とはソース的に異なっているので注意が必要だ。
面子に古いタイプのトランペットとサックスを加えた編成がなかなか意図的で面白い。
チック・コリアのピアノを聴き続けて僕はこう結論づけたい。
1.チックのピアノのタッチの基本はエレクトリックの手法をアコースティック・ピアノに持ち込んだものである。
2.チックが徹底的にその音楽組成を研究したのはセロニアス・モンクとバド・パウエルであり、チックのピアノは2人の音楽手法を組み込んで完成した。

はじめてみたチックのDVDです。 評価
チックコリアは、学生時代の頃から聞いていました。
エレクトリックバンドやピアノソロで来日したときも見に行きました。
今回は、コンボでのDVDですが、チックのピアノはもちろんですが、ドラムのロイヘインズが見れるというのが購入のきっかけでした。
バドパウエルというのはあまりよくわかりませんが、知っている方には、この演奏はよく理解できるのではないでしょうか?自分としては、動いているロイヘインズのドラムを見て感激、なんだかわからないけどポリリズムなんかをたたいているのでは?ドラマーの方は、参考になるのではないでしょうか?ちょっとポップでないところが、聞きにくい方もいるかもしれないので星4つとしました。



ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
カンザス・シティ [DVD]



中古価格 ¥ 1,550 残り8個

発売元:コムストック・グループ  発売日:1999-11-17
  

音楽が熱いです。 評価
筋書き・出演者もかなり良いのですが、何より音楽! ジャズ好きでなくともきっと感動するはず。
アルトマンはこの映画の為に最高の演奏家を集め(ジョシュア・レッドマンとか)、最高のセットを組んで、そこで全曲ライヴ・レコーディングを行ったそうです。
当然サントラも必聴。

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
THE ROLLING STONES: BRIDGES TO BABYLON 1998 [VHS] [Import]

新品価格 ¥ 4,715

中古価格 ¥ 9,000 残り1個

発売元:Image Entertainment  発売日:1998-11-17
  

Amazonレビューのレビュー
Like any good brand, the Rolling Stones know to preserve the formula even when updating the package, and this long-form concert video underscores that market strategy. As with each of their tours since the early '80s, the quartet, augmented by a discreet auxiliary of backup musicians, gives the fans new eye candy while dishing up a familiar set list spiked with Mick Jagger's lip-smacking vocals and Keith Richards's signature guitar riffs. The visual twists are at once spectacular and conservative: a cyclopean main stage design with massive pillars (presumably the Babylonian connection), a vast oval video screen (shades of Big Brother), and a hydraulic bridge enabling a midconcert sortie into the audience, with the Stones playing a more stripped-down, intimate set on a small satellite stage. That huge physical setting doubtless made the live shows eye-filling rock spectacles, but the video crew necessarily accepts the limitations of the small screen, focusing more on close-ups of the band, rapid cuts, and racing, hand-held tracking shots to convey excitement while keeping the viewer close to the action. The evening's repertoire sticks to the band's most familiar hits, and if the Glimmer Twins occasionally slip their masks to let the routine show, the real wonder is how effectively they keep the playing focused. During the first half of the program, the band's newest songs (especially "Saint of Me" and "Out of Control") elicit conspicuously higher energy from the band, if not the audience. But just as the show seems doomed to a certain anomie, the escape onto the smaller, no-frills stage pumps up players and crowd alike, particularly when they launch into "Like a Rolling Stone," a cover that winds up sounding like a great idea too long deferred. --Sam Sutherland



CD
ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
スティル・ドリーミング

新品価格 ¥ 2,592



発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2018-05-25
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
STILL DREAMING

新品価格 ¥ 982

中古価格 ¥ 1,366 残り5個

発売元:NONES  発売日:2018-05-25
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
ニアネス

新品価格 ¥ 1,814 (定価の30%引き)

中古価格 ¥ 1,380 (定価の46%引き) 残り3個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2016-10-05
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
Nearness

新品価格 ¥ 1,264

中古価格 ¥ 1,250 残り9個

発売元:NONES  発売日:2016-09-09
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
The Bad Plus Joshua Redman

新品価格 ¥ 1,296

中古価格 ¥ 1,000 残り6個

発売元:Nonesuch  発売日:2015-06-09
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
ウォーキング・シャドウズ

新品価格 ¥ 2,228 (定価の19%引き)

中古価格 ¥ 1,000 (定価の63%引き) 残り6個

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2013-05-29
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やられた!Joshua嫌いのワタシも降参です! 評価
Joshua Redman、勿論マークしてますよ。
「Thelonious Monk Institute of Jazz - Sax Competition」で優勝した時から。
CDは全部持ってるし、ライブだってNYで1回、Tokyo Blue Noteは7回行った。
テクニックはスゴイ。
それはよくわかる。
分かりすぎる程にわかる。
でもそれだけ。
ダメ。
全然ダメ。
性に合わない。
彼の「音楽」には全然惹かれない。
▼ フラジオの連続の「女性の金切り声」のような甲高い音の羅列。
→「ねぇ、Tenor吹いてよ。
Tenorの美味しいトコロ(低音域)吹いてよ。
」▼ テクニックをこれ見よがしに見せつけるだけの「意味のないフレーズ」の連発→「サーカスの見世物小屋ですか?」「ねぇ君〜。

Ballads With Nice Band With Strings 評価
Joshuaのバラード集でStrings付きの曲も。
でも、Bass Larry Granadia、PfBrad Merdou、Drms Brian Bladeという超強力メンバーに支えられてJoshua エンジン全開。
聴き応え十分。
イイ。

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
Walking Shadows

新品価格 ¥ 1,283

中古価格 ¥ 540

発売元:Nonesuch  発売日:2013-05-14
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やられた!Joshua嫌いのワタシも降参です! 評価
Joshua Redman、勿論マークしてますよ。
「Thelonious Monk Institute of Jazz - Sax Competition」で優勝した時から。
CDは全部持ってるし、ライブだってNYで1回、Tokyo Blue Noteは7回行った。
テクニックはスゴイ。
それはよくわかる。
分かりすぎる程にわかる。
でもそれだけ。
ダメ。
全然ダメ。
性に合わない。
彼の「音楽」には全然惹かれない。
▼ フラジオの連続の「女性の金切り声」のような甲高い音の羅列。
→「ねぇ、Tenor吹いてよ。
Tenorの美味しいトコロ(低音域)吹いてよ。
」▼ テクニックをこれ見よがしに見せつけるだけの「意味のないフレーズ」の連発→「サーカスの見世物小屋ですか?」「ねぇ君〜。

Ballads With Nice Band With Strings 評価
Joshuaのバラード集でStrings付きの曲も。
でも、Bass Larry Granadia、PfBrad Merdou、Drms Brian Bladeという超強力メンバーに支えられてJoshua エンジン全開。
聴き応え十分。
イイ。

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
Moodswing (Bonus CD) (Reis) (Ogv) [12 inch Analog]

新品価格 ¥ 4,460



発売元:Nonesuch  発売日:2009-08-31
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
Captured Live !



中古価格 ¥ 2,800 残り5個

発売元:Jazz Door  発売日:2009-05-19
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
この頃の彼らのテンションと言ったらもう... 評価
この頃の彼らのテンションと言ったらもう、筆舌に尽くし難いものがあります。
同メンバで 'A Night In Tunisia' をやってるのがどこやらにも投稿されてますが、これもまた聴きもので、特にメルドーのテンションは絶好調です。
このアルバムでも同様で、とにかくみんな元気がいい!やっぱりジャズは若い奴らが元気にやってるのが一番インパクト強い。
でもこういうバンドは今はもう無いかなあ。

はっきりと名盤です ★7つ! 評価
Joshua Redman(ts),Brad Mehldau(pf),Christian McBride(b),Brian Blade(ds)による1994年のライブ。
私の学生時代の先輩でプロミュージシャンの方(名前を出せばすぐわかる有名なSaxの人)が「オレはジョシュアとかメルドーは好きじゃないけど、あのCDはすごいよ」って教えてくれたので聴いてみました。
1曲目の”The Deserving Many”からぶっ飛びました。
超高速のカッコイイ曲。
全員が怒涛のように疾走しています。
ジョシュアはバックの熱い演奏にプッシュされて吠えまくってます。
熱さも技術も兼ね揃えた怒涛のソロ。
ジャズ史上に残る名演じゃないでしょうか。
続くメルドーもいつものクールさはどうしちゃったの?っていうくらい感情をむき出しに爆発してます。

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
Spirit Of The Moment: Live At The Village Vanguard

新品価格 ¥ 7,293

中古価格 ¥ 1,045

発売元:Warner Bros / Wea  発売日:2001-03-27
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
やっぱりジャズはこうでなきゃ。 評価
若き四人のミュージシャン達の野心、エネルギー、センス、知性、そして演奏する喜びが、二枚組約150分になるこの作品にぎっしりと詰め込まれている。
聴き手の心を熱くするジョシュアのガッツ溢れるプレイ(そのテナーサックスの音、鳴りっぷりは最高)、ピーターの美しく華麗なピアノ(特にバラードでのリリカルなプレイにはため息が出る)、サウンドを支えるクリスのベース、そして要所で痛烈な一撃を加えるブライアンのドラムス。

ある意味頂点です。 評価
ジョシュアの2枚組ライブ。
ワンホーンカルテット。
オリジナルの合間に適度にスタンダードを挟むという硬軟どちらのファンにも嬉しい選曲。
キメキメの聴かせ所タップリのオリジナルは相変わらずカッコイイし、スローやバラード等でもソロ構築はドラマチック。
私の苦手なトレーン風モーダルナンバーもありますが、基本的にはライブ特有の長尺演奏でも飽きさせません。

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
ビヨンド

新品価格 ¥ 3,489

中古価格 ¥ 9 (定価の99%引き)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン  発売日:2000-04-19
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
Amazonレビューのレビュー
   、90年代以降に登場したテナー・サックス奏者のなかでは、ジョシュア・レッドマンは実力・人気とも飛び抜けている。
父親はオーネット・コールマンとの共演で知られるデューイ・レッドマンである。
   ジャズを演奏するにあたって、ハーバード大学卒という肩書きはとくに意味のあるものではない。
だが過去のジャズを勉強するにあたっては、それなりに役立つようだ。
非常に研究熱心で、ホーキンスからコルトレーンに至る歴代のテナー奏者を分析、そのうえで自身のスタイルを確立しようとしている。
   これは99年に録音した、自身のレギュラー・カルテットによる第1作。

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
Beyond

新品価格 ¥ 1,439

中古価格 ¥ 193

発売元:Warner Bros / Wea  発売日:2000-04-04
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
今のジャズも捨てたもんじゃない 評価
食わず嫌いだった。
ジャズは昔のものに限る、ということで、モダンジャズを中心に昔のジャズばかり聴いていたが、間違いだった。
今のジャズは、フュージョンと融合して区別できない刺激ののない、ただ聴き心地よさを追求した音楽だと思っていた。
実際、その種のジャズをFMから耳にしていた。
たまたま、amazonで検索していたらJushua Redmanに邂逅して、だめもとで購入してみたら、本物のジャズだった。
本盤聴いてわかるのは、古いジャズをきちんと昇華しているということです。
洗練された高尚なジャズにうっとり聞きほれた。
激しさから静寂、アルバム全体のバランスがとれている。

新しいジャズを聴いた感じです 評価
若手のサックスプレーヤーで本当に彼は飛びぬけているようなセンスある一枚でした。
<p>今までに無いようなスタイルと、スリリングでいて不思議な印象が強く聴いていて楽しくなりました。
多分、味付けが違うのでしょう。
<p>コルトレーンを聞き飽きた人、ニューアーティストでのサックスプレーヤーを聴いてみたい人、クラシックジャズをベースにしたコンテンポラリーを聞きたい人には是非お勧めできる事請け合いです。

Amazonレビューのレビュー
In the early years of his career, saxophonist Joshua Redman at times seemed burdened by expectations raised by record-label hype he knew was only partly justified. Beyond marks his emergence as a fully mature artist. The album includes some of Redman's strongest playing--the gorgeous ballad "Neverend," the slow-building tenor exchange with longtime friend Mark Turner on "Leap of Faith," the tongue-in-cheek grave dance on "Last Rites of Rock 'n' Roll." It also includes some of his most ambitious writing--the 13/4 time signature on "Courage," the 9/4 "Lopsided Lullaby," the 10/4 "Suspended Emanations." Redman's quartet with pianist Aaron Goldberg, bassist Reuben Rogers, and drummer Gregory Hutchinson displays the immediate, organic swing of a real touring band. One complaint, however: at 73 minutes, the album is two or three tracks too long. Whatever happened to the idea of saving a few choice outtakes for the inevitable career rediscovery 30 years from now? --Rick Mitchell

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
フリーダム・イン・ザ・グルーヴ



中古価格 ¥ 26

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1996-10-10
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
新たな一歩 評価
前作の「スピリット・オブ・ザ・モーメント」は凄かった。
凄すぎた。
もうそれ以上進むことができない所にジョシュアは思わず手を触れた。
そんなジョシュアが新しい道を探し求めるのは当然のことだろう。
そしてこのアルバムがその新しい最初の一歩だ。
  今回は前作のカルテットに新たにギターを加え、新たなグルーヴを追求しているらしく、そのサウンドは現代的に洗練されたものとなっている。
だけどその分、演奏全体が枠の中に収まってしまっているような感じで、安定感はあるが、少しスリルが足りないようにも思う。
ただそうは言っても4、7、9、10の演奏は文句なく素晴らしいものだし、ジョシュアのサックスも青空を行くように伸びやかで力強い。

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
スピリット・オブ・ザ・モーメント~ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード



中古価格 ¥ 1,450 (定価の62%引き) 残り5個

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1995-10-10
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
あまりの素晴らしさに正直驚いた! 評価
まともにストレートでしかも今を感じさせる96年 Joshua Redman カルテットは NY Village Vanguard ライブ!真っ向からのワンホーン・ジャズでありながら「いまさらのフォーマットで素直に演奏して、なにか新たに付け加える価値はあるのか」という発展史観的な疑念を粉々に吹き飛ばす力がある。
まず即興。
インスピレーションというより既にジャズが身体化していて、それが自然に発露しているという感じの自発性。
加えてテナーの音を変化自在に操って全てを聴かせどころに仕上げる楽器のマスターぶり。
流しているなと感じさせるところが見つからない。
例えばスタンダード[2]。

個性的なアレンジでライブの楽しい雰囲気が伝わってくるようだ。 評価
メンバーをブラッド メルドー(p)からピーター マーティン(p)へクリスチャン マクブライド(b)からクリストファー トーマス(b)へとチェンジして1995年ヴィレッジ ヴァンガードに望んだジョシュア レドマンのライブ音源。
個性派揃いのメンバーから、自身の音作りに最適なメンバーへと変貌を遂げたカルテット。
新生カルテットの意気込みを感じさせる凄まじいパワーだ。
小気味いいキメが楽しい「Jig-A-Jug」から始まり「my one and only love」へ。
この曲はどうしてもコルトレーンと比較してしまうのだが、ジョシュアのアプローチは正に新鮮そのもの。
しっとりとしたバラードから徐々にコルトレーンとは対照的な展開を見せていく。

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
ムード・スウィング

新品価格 ¥ 3,450

中古価格 ¥ 500 (定価の80%引き)

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1994-09-10
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
若き日の 評価
レッドマンはオールドファンからも賞賛されたように思える。
一部では物足りなさもあったようだけれど。

売り出し中のブラッドメルドーが参加しており、名盤の一つといえる気がする。
現在では二人とも電子楽器を用いたセッションを繰り返しているけれど、今後はどのように展開していくのか気になるところです。

印象に残る1枚 評価
最初に聴いたジョシュアレッドマンで、その後聴いた何枚かの中でも一番印象的だった一枚。
FMで聴いた2曲がとても印象的だったので購入したが、それ以外の曲も全てエモーショナルで、例えば映画の中のこんなシーンで流れたらと想像させてくれる。
その後のアルバムはイマイチ好きになれないが、この一枚は格別。

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
WISH



中古価格 ¥ 609 残り7個

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1993-10-10
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
ティアーズ・イン・ヘヴンを聴いてみよう 評価
パット・メセニーが参加しています。
クラプトンの名曲ティアーズ・イン・ヘブン。
これをテナーとギターのデュオで聴かせてくれます。
メセニーはガット弦のギターを使用してとても美しいコードを聴かせてくれます。
一度は耳にした事のある名曲。
メセニーが参加してないと収録されてなかったのではないでしょうか。

荒削りな若者らしい1枚! 評価
確かJ.レッドマンのデビュー作です。
現在の彼の盤と比べると、音色などが荒削りな感じですが、思いきりの良い演奏に好感が持てます。
ギターのメセニーはいつもの弦でない抑え目な音色で若者のサポート役に徹している感じがして微笑ましく感じます。
JOSHUAのオリジナル曲もいい感じで作曲センスの良さがこの頃から見え、昔のジャズスタンダードがそうだったように、ポップスのヒット曲を取り上げるなど音楽に対する考え方もこの頃からできているのだなあと感心してしまう1枚です。

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
Wish

新品価格 ¥ 1,439

中古価格 ¥ 285

発売元:Warner Bros / Wea  発売日:1993-09-30
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
これはいいですよ 評価
本人のお父様は、デューイ・レッドマン、そしてパット・メセニー、チャーリー・ヘイデンにビリー・ヒギンズ。
という訳で、共通項はオーネット・コールマン!そういう訳で(?)一曲目からしてオーネット・コールマンの曲でスタート。
最も注目なのは、ドラムの故ビリー・ヒギンズ。
音の懐が深いですね。
ふかふかのリズムでみなさん気持ち良さそうにプレイしてます。
今も良く聴きますですよ。
はい。
パット・メセニーのソロが素晴らしいのなんのって。
彼はロイ・ヘインズやビリーとやった方が、よりジャズっぽく、ジム・ホールみたいなプレイをするのでより好きです。

全編ライブならもっといいんだけど。。 評価
若手のJoshuaをメセニー・ヘイデン・ヒギンズの重鎮3人が暖かく育てている、、といった感じの作品。
<p>曲もバラエティに富んでいて悪くは無い。
秀逸なのはM9、M10のライブ録音。
非常によく録れていて、ジャズクラブの熱気が伝わってくる。
メセニーのギターの音でスネアのスナッピーが共振してたり、、聴いててニヤついてきますね。
観客が口々に「Yeah!」といいますがライブはほんとに「Yeah!」です。
<p>全編スタジオなら星3つ半、全編ライブなら星5つでもよいくらいなのだが。

Amazonレビューのレビュー
Tenor saxophonist Joshua Redman, the son of the magnificent but undervalued Dewey Redman, was touted as one of the young lions of jazz in the 1990s, spearheading a neo-bop revival upon the release of his 1992 debut. The acclaim was quickly followed by charges of hype, but on his second album, Wish, Redman proved worthy of the accolades. This is a surprisingly mature work for such a young player. Redman's soloing is assured, conversant with the blues, and filled with minor surprises. His exchange with guitarist Pat Metheny is superb, and the master rhythm section of Charlie Haden on bass and Billy Higgins on drums affords Redman plenty of rhythmic subtlety to apply his nuanced playing to. --John Swenson

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
ジョシュア・レッドマン



中古価格 ¥ 945 (定価の62%引き) 残り3個

発売元:ダブリューイーエー・ジャパン  発売日:1993-04-25
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman  試聴できます。(ボタン押下後のページ中段をご覧ください)
今をときめく・・・ 評価
ジョシュアの、痛快デビュー作。
<p>ブルースナンバー、スローバラード、モンクナンバー、オリジナル、ファンク、コルトレーン風モーダルナンバー、スタンダード、バップナンバーと、もうなんでもござれ。
発表当時これを聴いたときは、この人ここまでやっちゃって今後どうするんだろうなどと余計な心配までしてしまう程でしたが、その後のオリジナリティあふれる他の追随を許さぬ活躍ぶりはご存じの通り。
<p>どの演奏もクオリティ高いですが、やはりオリジナルの4、6あたりが、その後の活躍の萌芽を感じさせるというか、まあとにかくめっちゃカッコイイ。



楽譜
ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
The Jazz Ear: Conversations over Music

新品価格 ¥ 2,868

中古価格 ¥ 1,141 (定価の48%引き) 残り4個

発売元:Griffin  発売日:2009-10-27
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
The SAX vol.23 (ザ・サックス) 2007年 07月号 [雑誌]CD付



中古価格 ¥ 2,957 残り3個

発売元:アルソ出版  発売日:2007-05-25
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
The Music of Joshua Redman: Solo Transcriptions (Jazz Solo Series)

新品価格 ¥ 2,467 (定価の2%引き)

中古価格 ¥ 4,506 残り2個

発売元:Schaum Pubns  発売日:1998-01-01
  

発売元のレビュー
This book will serve as an insight into understanding the style of Joshua Redman, including a biography, discography and an analysis of each solo.



ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
THE SAX vol.54 (ザ・サックス) 2012年 09月号 [雑誌]

新品価格 ¥ 1,028

中古価格 ¥ 237 残り4個

発売元:アルソ出版  発売日:2012-07-25
  

ジョシュア・レッドマン、Joshua Redman
Come si ascolta il jazz. Conversazioni con Wayne Shorter, Pat Metheny, Sonny Rollins, Ornette Coleman, Joshua Redman, Branford Marsalis e altri

新品価格 ¥ 3,617

中古価格 ¥ 4,851 残り1個

発売元:Minimum Fax  発売日:2010-08-01
  



PART_SPRAY_LINK

ホーム:音楽リンク Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加